File:  [Local Repository] / gnujdoc / wget-1.5.3 / wget-ja.texi
Revision 1.2: download - view: text, annotated - select for diffs
Sat Jun 11 07:02:51 2005 UTC (15 years, 4 months ago) by futoshi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
Format html with makeinfo.
Some "@ininfo"s (for @menu and @top) replace to "@ifnottex"s.

    1: \input texinfo   @c -*-texinfo-*-
    2: @c %**start of header
    3: @setfilename wget-ja.info
    4: @settitle GNU Wget Manual
    5: @c Disable the monstrous rectangles beside overfull hbox-es.
    6: @finalout
    7: @c Use `odd' to print double-sided.
    8: @setchapternewpage on
    9: @c %**end of header
   10: 
   11: @c @documentlanguage ja
   12: 
   13: @iftex
   14: @c Remove this if you don't use A4 paper.
   15: @afourpaper
   16: @end iftex
   17: 
   18: @set VERSION 1.5.3
   19: @set UPDATED Sep 1998
   20: 
   21: @dircategory Net Utilities
   22: @dircategory World Wide Web
   23: @direntry
   24: * Wget(ja): (wget-ja).         The non-interactive network downloader.
   25: @end direntry
   26: 
   27: @ifinfo
   28: This file documents the the GNU Wget utility for downloading network
   29: data.
   30: 
   31: Copyright (C) 1996, 1997, 1998 Free Software Foundation, Inc.
   32: 
   33: Permission is granted to make and distribute verbatim copies of
   34: this manual provided the copyright notice and this permission notice
   35: are preserved on all copies.
   36: 
   37: @ignore
   38: Permission is granted to process this file through TeX and print the
   39: results, provided the printed document carries a copying permission
   40: notice identical to this one except for the removal of this paragraph
   41: (this paragraph not being relevant to the printed manual).
   42: @end ignore
   43: Permission is granted to copy and distribute modified versions of this
   44: manual under the conditions for verbatim copying, provided also that the
   45: sections entitled ``Copying'' and ``GNU General Public License'' are
   46: included exactly as in the original, and provided that the entire
   47: resulting derived work is distributed under the terms of a permission
   48: notice identical to this one.
   49: @end ifinfo
   50: 
   51: @titlepage
   52: @title GNU Wget
   53: @subtitle The noninteractive downloading utility
   54: @subtitle Updated for Wget @value{VERSION}, @value{UPDATED}
   55: @author by Hrvoje Nik@v{s}i@'{c}
   56: @c 翻訳:西尾 太
   57: 
   58: @page
   59: @vskip 0pt plus 1filll
   60: Copyright @copyright{} 1996, 1997, 1998 Free Software Foundation, Inc.
   61: 
   62: Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this
   63: manual provided the copyright notice and this permission notice are
   64: preserved on all copies.
   65: 
   66: Permission is granted to copy and distribute modified versions of this
   67: manual under the conditions for verbatim copying, provided also that the
   68: sections entitled ``Copying'' and ``GNU General Public License'' are
   69: included exactly as in the original, and provided that the entire
   70: resulting derived work is distributed under the terms of a permission
   71: notice identical to this one.
   72: 
   73: Permission is granted to copy and distribute translations of this manual
   74: into another language, under the above conditions for modified versions,
   75: except that this permission notice may be stated in a translation
   76: approved by the Free Software Foundation.
   77: @end titlepage
   78: 
   79: @ifnottex
   80: @node Top, Overview, (dir), (dir)
   81: @top Wget @value{VERSION}
   82: 
   83: このマニュアルは,GNU Wgetのバージョン@value{VERSION}のドキュメントで,
   84: ネットワークダウンロードのための,自由に利用可能なユーティリティです.
   85: 
   86: Copyright @copyright{} 1996, 1997, 1998 Free Software Foundation, Inc.
   87: 
   88: @menu
   89: * Overview::            Features of Wget.
   90: * Invoking::            Wget command-line arguments.
   91: * Recursive Retrieval:: Description of recursive retrieval.
   92: * Following Links::     The available methods of chasing links.
   93: * Time-Stamping::       Mirroring according to time-stamps.
   94: * Startup File::        Wget's initialization file.
   95: * Examples::            Examples of usage.
   96: * Various::             The stuff that doesn't fit anywhere else.
   97: * Appendices::          Some useful references.
   98: * Copying::             You may give out copies of Wget.
   99: * Concept Index::       Topics covered by this manual.
  100: @end menu
  101: @end ifnottex
  102: 
  103: @node Overview, Invoking, Top, Top
  104: @chapter 概要
  105: @cindex overview
  106: @cindex features
  107: 
  108: GNU Wgetは,World Wide Webから,@sc{http} (Hyper Text Transfer Protocol) 
  109: と@sc{ftp} (File Transfer Protocol)という,2つの最も広範囲で使用されるイ
  110: ンターネットプロトコルを使用してファイルを回収する,自由に利用可能なネッ
  111: トワークユーティリティです.それには,ダウンロードをより容易にする多くの
  112: 便利な特徴があり,それらは以下の通りです.
  113: 
  114: @itemize @bullet
  115: @item
  116: Wgetは対話的ではなく,それはユーザがログオンしていない間に,バックグラウ
  117: ンドで動作可能なことを意味します.このため,Wgetが仕事を終了するまでの間,
  118: 回収を開始しシステムから離れることができます.対称的に,ほとんどのウェブ
  119: ブラウザは常にユーザの存在を要求し,それは多くのデータを転送しているとき
  120: 大きな障害となります.
  121: 
  122: @sp 1
  123: @item
  124: Wgetは,@sc{html}ドキュメントと@sc{ftp}のディレクトリツリーの構造を通じ
  125: て,再帰的に降りることが可能で,それは,リモートサーバ上のものに類似した
  126: ディレクトリ階層のローカルなコピーを作成します.この特徴で,アーカイブと
  127: ホームページのミラーや,データ探索での@sc{www}ロボット(@pxref{Robots}) 
  128: のように,webを渡り歩くために使用が可能です.その精神で,Wgetは
  129: @code{norobots}の慣習を理解します.
  130: 
  131: @sp 1
  132: @item
  133: ファイル名のワイルドカードへの一致と,ディレクトリの再帰的なミラーは,
  134: @sc{ftp} で回収するとき利用可能です。Wgetは,@sc{http}と@sc{ftp}サーバの
  135: 両方でタイムスタンプ情報を読み,それをローカルに保存することができます.
  136: それでWgetは,リモートファイルの前回の回収からの変化を見て,変化がある場
  137: 合,新しいバージョンを自動的に回収することが可能です.これでWgetは,ホー
  138: ムページ同様,@sc{ftp}サイトのミラーに適します.
  139: 
  140: @sp 1
  141: @item
  142: Wgetは,遅いあるいは不安定な接続で,極めてうまく働き,それが完全に回収さ
  143: れるまで,または,ユーザが指定したリトライカウントに到達するまでリトライ
  144: します.それは,サーバがサポートする@sc{ftp}の@code{REST}と,@sc{http} 
  145: の@code{Range}を使用して,中断されたポイントからダウンロードを再開しよう
  146: とします.
  147: 
  148: @sp 1
  149: @item
  150: デフォルトで,Wgetはプロキシサーバをサポートし,それはネットワークの負荷
  151: を軽くし,回収の速度を上げ,そしてファイアーウォールの裏からのアクセスを
  152: 提供することができます.しかし,socks形式のゲートウェイの使用を要求する
  153: ファイアーウォールの裏にいる場合,socksライブラリを入手し,socksサポート
  154: を用いてwgetをビルドすることができます.Wgetは,受動的な@sc{ftp}ダウンロー
  155: ドもオプションとしてサポートします.
  156: 
  157: @sp 1
  158: @item
  159: 組込みの特徴は,希望するリンクをたどることを調整するメカニズムを提供しま
  160: す(@pxref{Following Links}) .
  161: 
  162: @sp 1
  163: @item
  164: 回収は,通常,ドットを出力しながら追跡し,それぞれのドットは受信したデー
  165: タの固定量(デフォルトで1KB)を表現します.これらの表現は好みによりカスタ
  166: マイズできます.
  167: 
  168: @sp 1
  169: @item
  170: ほとんどの特徴は,完全に構成変更可能で,それらは,コマンドラインオプショ
  171: ンや,初期化ファイル@file{.wgetrc} (@pxref{Startup File})を通じて行いま
  172: す.Wgetは,サイト設定のため,@dfn{グローバルな}スタートアップファイル
  173: (デフォルトで@file{/usr/local/etc/wgetrc})で定義可能です.
  174: 
  175: @sp 1
  176: @item
  177: 終りに,GNU Wgetはフリーソフトウェアです.これは誰でも,使用,再配布,そ
  178: して/また,Free Software Foundationが出版しているGNU 一般公有使用許諾書
  179: (@pxref{Copying})の用語の下での編集が可能だということを意味します.
  180: @end itemize
  181: 
  182: 
  183: @node Invoking, Recursive Retrieval, Overview, Top
  184: @chapter 呼び出し
  185: @cindex invoking
  186: @cindex command line
  187: @cindex arguments
  188: @cindex nohup
  189: 
  190: デフォルトで,Wgetは呼び出しが非常に簡単です.基本的な構文は以下の通りで
  191: す.
  192: 
  193: @example
  194: wget [@var{option}]@dots{} [@var{URL}]@dots{}
  195: @end example
  196: 
  197: Wgetは,コマンドラインで指定された全ての@sc{url}を,単にダウンロードしま
  198: す.@var{URL}は,以下で定義されるような@dfn{Uniform Resource Locator}で
  199: す.
  200: 
  201: しかし,Wgetのデフォルトパラメータをいくつか変更したいかもしれません.そ
  202: うするために2つの方法が可能で,永久的に適切なコマンドを@file{.wgetrc}
  203: (@pxref{Startup File})に追加したり,コマンドラインで指定したりできます.
  204: 
  205: @menu
  206: * URL Format::
  207: * Option Syntax::
  208: * Basic Startup Options::
  209: * Logging and Input File Options::
  210: * Download Options::
  211: * Directory Options::
  212: * HTTP Options::
  213: * FTP Options::
  214: * Recursive Retrieval Options::
  215: * Recursive Accept/Reject Options::
  216: @end menu
  217: 
  218: 
  219: @node URL Format, Option Syntax, Invoking, Invoking
  220: @section URLの書式
  221: @cindex URL
  222: @cindex URL syntax
  223: 
  224: @dfn{URL}は,Uniform Resource Locatorの省略です.uniform resource
  225: locatorはインターネットで利用可能なリソースに対する小さな文字列表示です.
  226: Wgetは@sc{url}構文を@sc{rfc1738}に従って理解します.これは,最も広く使用
  227: されている形式です(角カッコはオプション部分を意味します).
  228: 
  229: @example
  230: http://host[:port]/directory/file
  231: ftp://host[:port]/directory/file
  232: @end example
  233: 
  234: ユーザ名とパスワードを@sc{url}に符号化できます.
  235: 
  236: @example
  237: ftp://user:password@@host/path
  238: http://user:password@@host/path
  239: @end example
  240: 
  241: @var{user}または@var{password}のどちらか,または両方とも無くても構いませ
  242: ん.@sc{http}ユーザ名やパスワードのどちらか一方を抜いた場合,認証は送ら
  243: れません.@sc{ftp}ユーザ名を抜いた場合,@samp{anonymous}が使用されます.
  244: @sc{ftp}パスワードを抜いた場合,電子メールのアドレスがデフォルトパスワー
  245: ドとして提供されます.@footnote{ホームディレクトリに@file{.netrc}ファイ
  246: ルがある場合,パスワードはそこで探されます.}
  247: 
  248: @sc{url}で安全ではない符号化を@samp{%xy}として可能で,@code{xy}は文字の
  249: @sc{ascii}値の16進の表現です.共通の安全でない文字は,@samp{%}
  250: (@samp{%25}として引用),@samp{:} (@samp{%3A}として引用),そして@samp{@@}
  251: (@samp{%40}として引用)を含みます.安全でない文字の包括的なリストは,
  252: @sc{rfc1738}を参照してください.
  253: 
  254: Wgetは,@sc{ftp} @sc{url}の@code{type}の特徴もサポートします.デフォルト
  255: で,@sc{ftp}ドキュメントはバイナリモードで回収(type @samp{i})し,それは
  256: ダウンロードで変更されないことを意味します.その他の便利なモードは
  257: @samp{a} (@dfn{ASCII})モードで,それは異なるオペレーティングシステムの間
  258: で行の分離文字を変換し,そしてそれは,テキストファイルで役に立ちます.こ
  259: こに例があります.
  260: 
  261: @example
  262: ftp://host/directory/file;type=a
  263: @end example
  264: 
  265: 歴史的(ヒステリック?)な理由とそれらが広範囲に広がっているため,@sc{url}
  266: 指定の2つの選択する変数もサポートされます.
  267: 
  268: @sc{ftp}-only syntax (@code{NcFTP}でサポートされた):
  269: @example
  270: host:/dir/file
  271: @end example
  272: 
  273: @sc{http}-only syntax (@code{Netscape}で導入された):
  274: @example
  275: host[:port]/dir/file
  276: @end example
  277: 
  278: これらの2つの選択される形式は反対され,将来のサポートはやめる可能性があ
  279: ります.
  280: 
  281: これらの表記の違いを理解できなかったり,その使い方を知らない場合,
  282: @code{Lynx}や@code{Netscape}のような,好みのブラウザで使用する,明白な普
  283: 通の書式を使用してください.
  284: 
  285: 
  286: @node Option Syntax, Basic Startup Options, URL Format, Invoking
  287: @section オプションの構文
  288: @cindex option syntax
  289: @cindex syntax of options
  290: 
  291: Wgetは,引数を処理するためGNU getoptを使用しているので,全てのオプション
  292: は短い形式と長い形式があります.長いオプションは覚えやすくより便利ですが,
  293: 入力に時間がかかります.異なるオプションスタイルを自由に混ぜて使用したり,
  294: コマンドライン引数の後にオプションを指定したりできます.このため,以下の
  295: ように書くことができます.
  296: 
  297: @example
  298: wget -r --tries=10 http://fly.cc.fer.hr/ -o log
  299: @end example
  300: 
  301: オプションを受け入れる引数と引数の間のスペースは省略できます.@samp{-o
  302: log}の代わりに@samp{-olog}と書くことができます.
  303: 
  304: 引数を要求しないいくつかのオプションを,以下のようにまとめておくことがで
  305: きます.
  306: 
  307: @example
  308: wget -drc @var{URL}
  309: @end example
  310: 
  311: これは,以下と完全に等しくなります.
  312: 
  313: @example
  314: wget -d -r -c @var{URL}
  315: @end example
  316: 
  317: オプションは引数の後に指定できるので,それらは@samp{--}で終端できます.
  318: そのため,以下では@sc{url} @samp{-x}をダウンロードしようとし,@file{log} 
  319: に失敗を報告します.
  320: 
  321: @example
  322: wget -o log -- -x
  323: @end example
  324: 
  325: カンマでの分離を受け入れるオプションは,空のリストの指定はその値をクリア
  326: する慣習を全て考慮して,リストアップします.これで,@file{.wgetrc}の設定
  327: をクリアにすることが便利になります.例えば,@file{.wgetrc}が
  328: @code{exclude_directories}を@file{/cgi-bin}に設定する場合,以下の例は最
  329: 初にリセットし,それを除外するものとして@file{/~nobody}と
  330: @file{/~somebody}に設定します.@file{.wgetrc} (@pxref{Wgetrc Syntax})の
  331: リストをクリアにすることもできます.
  332: 
  333: @example
  334: wget -X '' -X /~nobody,/~somebody
  335: @end example
  336: 
  337: 
  338: @node Basic Startup Options, Logging and Input File Options, Option Syntax, Invoking
  339: @section 基本的なスタートアップオプション
  340: 
  341: @table @samp
  342: @item -V
  343: @itemx --version
  344: Wgetのバージョンを表示します.
  345: 
  346: @item -h
  347: @itemx --help
  348: Wgetのコマンドラインオプション全部を記述するヘルプメッセージを出力します.
  349: 
  350: @item -b
  351: @itemx --background
  352: スタートアップ直後にバックグラウンドに移行します.出力ファイルを
  353: @samp{-o}で指定しない場合,出力は@file{wget-log}にリダイレクトされます.
  354: 
  355: @cindex execute wgetrc command
  356: @item -e @var{command}
  357: @itemx --execute @var{command}
  358: @file{.wgetrc} (@pxref{Startup File})の一部のように,@var{command}を実行
  359: します.このようなコマンドは@file{.wgetrc}のコマンドの@emph{後に}実行さ
  360: れ,このためそれらに優先されます.
  361: @end table
  362: 
  363: 
  364: @node Logging and Input File Options, Download Options, Basic Startup Options, Invoking
  365: @section ログと入力ファイルオプション
  366: 
  367: @table @samp
  368: @cindex output file
  369: @cindex log file
  370: @item -o @var{logfile}
  371: @itemx --output-file=@var{logfile}
  372: 全てのメッセージを@var{logfile}でログを取ります.メッセージは通常,標準
  373: エラーに報告されます.
  374: 
  375: @cindex append to log
  376: @item -a @var{logfile}
  377: @itemx --append-output=@var{logfile}
  378: @var{logfile}に追加します.古いログファイルを上書きする代わりに,
  379: @var{logfile}に追加する以外,これは@samp{-o}と同じです.@var{logfile}が
  380: 無い場合は,新しいファイルを作成します.
  381: 
  382: @cindex debug
  383: @item -d
  384: @itemx --debug
  385: デバッグ出力に切替え,Wgetが正確に働かない場合,Wgetの開発に様々な重要な
  386: 情報として意味をなします.システム管理者が,デバッグサポート無しでのWget 
  387: のコンパイルを選択している可能性もあり,その場合@samp{-d}は働きません.
  388: デバッグサポートでのコンパイルは常に安全だということに注意してください--- 
  389: デバッグサポートでコンパイルされたWgetは,@samp{-d}で要求されるまで,デ
  390: バッグ情報を決して出力@emph{しません}.バグレポートを送るため@samp{-d}を
  391: 使用する方法の詳細は,@xref{Reporting Bugs}.
  392: 
  393: @cindex quiet
  394: @item -q
  395: @itemx --quiet
  396: Wgetの出力を止めます.
  397: 
  398: @cindex verbose
  399: @item -v
  400: @itemx --verbose
  401: 全ての利用可能なデータを用いて,冗長な出力を開始します.デフォルトの出力
  402: は冗長です.
  403: 
  404: @item -nv
  405: @itemx --non-verbose
  406: 冗長でない出力---完全に静かにするのではなく(そうするには@samp{-q}を使用
  407: してください)冗長を停止し,それはエラーメッセージと基本的な情報は,まだ
  408: 出力されることを意味します.
  409: 
  410: @cindex input-file
  411: @item -i @var{file}
  412: @itemx --input-file=@var{file}
  413: @var{file}から@sc{url}を読み込み,その場合,@sc{url}はコマンドラインに置
  414: く必要はありません.コマンド行と入力ファイルの両方に@sc{url}がある場合,
  415: コマンド行のものが最初に回収されます.@var{file}は@sc{html}ドキュメント
  416: にする必要はありません(しかし,害が無い場合です)---@sc{url}だけ順番にリ
  417: ストアップされている場合,それで十分です.
  418: 
  419: しかし,@samp{--force-html}を指定した場合,ドキュメントは@samp{html}と見
  420: なされます.この場合,相対的なリンクで問題があるかもしれず,それは,
  421: @code{<base href="@var{url}">}をドキュメントに加えたり,コマンドラインで
  422: @samp{--base=@var{url}}を指定することで解決できます.
  423: 
  424: @cindex force html
  425: @item -F
  426: @itemx --force-html
  427: ファイルから入力を読み込むとき,@sc{html}ファイルとして扱うことを強制し
  428: ます.これで,ローカルディスクの既存の@sc{html}ファイルからの相対的なリ
  429: ンクを,@sc{html}に@code{<base href="@var{url}">}を加えたり,
  430: @samp{--base}コマンドラインオプションを使用することで回収できます.
  431: @end table
  432: 
  433: 
  434: @node Download Options, Directory Options, Logging and Input File Options, Invoking
  435: @section ダウンロードオプション
  436: 
  437: @table @samp
  438: @cindex retries
  439: @cindex tries
  440: @cindex number of retries
  441: @item -t @var{number}
  442: @itemx --tries=@var{number}
  443: リトライの回数を@var{number}に設定します.0や@samp{inf}の指定は,無限に
  444: リトライします.
  445: 
  446: @item -O @var{file}
  447: @itemx --output-document=@var{file}
  448: ドキュメントは適切なファイルに書かれませんが,全て一緒に連結され,
  449: @var{file}に書き込まれます.@var{file}が既にある場合,上書きされます.
  450: @var{file}が@samp{-}の場合,ドキュメントは標準出力に書き込まれます.この
  451: オプションを含めると,挑戦回数を1に自動的に設定します.
  452: 
  453: @cindex no-clobber
  454: @item -nc
  455: @itemx --no-clobber
  456: いくつかのファイルの再帰的な回収で,階層ディレクトリに保存するとき,既存
  457: のファイルを破壊しません.このオプションは,多くのファイルの回収で中止し
  458: たところから続けたいとき,@emph{非常に}便利です.ファイルが@samp{.html} 
  459: や(yuck)@samp{.htm}接尾子を持つとき,それらはローカルディスクからロード
  460: され,それがウェブから回収されたものの場合,統合されます.
  461: 
  462: @cindex continue retrieval
  463: @item -c
  464: @itemx --continue
  465: 既存のファイルの取得を続けます.これは,他のプログラムで開始したダウンロー
  466: ドや,前回のWgetのインスタンスを終了したいとき便利です.以下のように書く
  467: ことができます.
  468: 
  469: @example
  470: wget -c ftp://sunsite.doc.ic.ac.uk/ls-lR.Z
  471: @end example
  472: 
  473: 現在のディレクトリにファイル名@file{ls-lR.Z}がある場合,Wgetは,それがリ
  474: モートファイルの最初の位置だと考え,ローカルファイルと同じ長さのオフセッ
  475: トから回収を続けるためサーバに要求します.
  476: 
  477: Wgetに,接続が失われたとき中止したところで回収を続けさせたいだけの場合,
  478: このオプションを指定する必要が無いことに注意してください---Wgetは,これ
  479: をデフォルトで行います.他の@sc{ftp}クライアントで保存されたり,キルされ
  480: たWgetが残した,既に半分回収しているファイルの回収を続けたいときだけ,こ
  481: のオプションを指定する必要があります.
  482: 
  483: @samp{-c}が無い場合,前の例はリモートファイルを@file{ls-lR.Z.1}にダウン
  484: ロードを開始するだけです.@samp{-c}オプションは,@code{Range}ヘッダをサ
  485: ポートする@sc{http}サーバに対する適応も可能です.
  486: 
  487: @cindex dot style
  488: @cindex retrieval tracing style
  489: @item --dot-style=@var{style}
  490: 回収形式を@var{style}に設定します.Wgetは画面にドットを出力しながらそれ
  491: ぞれのドキュメントの回収を追跡し,それぞれのドットは回収されたデータの固
  492: 定量を表現します.あらゆるドットの数は,数えやすくするため,@dfn{クラス
  493: タ}で分けられます.このオプションで,前もって定義された形式,ドットが表
  494: 現するバイト数の定義,クラスタ内のドット数,そして行のドット数の1つを選
  495: 択できます.
  496: 
  497: @code{default}形式を用いた場合,それぞれのドットは1Kを表現し,クラスタ内
  498: に10ドット,1行に50ドットあります.@code{binary}形式は,より``コンピュー
  499: タ''ライクの起源です---8Kが1ドット,16ドットが1クラスタで,48ドットが1行
  500: です(1行384Kになります).@code{mega}形式は,非常に大きなファイルのダウン
  501: ロードに適しています---それぞれのドットが64Kの回収,クラスタ内に8ドット,
  502: そしてそれぞれの行が48ドットになります(それぞれの行は3M含みます).
  503: @code{micro}スタイルは,その正反対です.それは小さなファイルのダウンロー
  504: ドに適していて,128バイトが1ドット,8ドットが1クラスタ,そして48ドット
  505: (6K)が1行になります.
  506: 
  507: @item -N
  508: @itemx --timestamping
  509: タイムスタンプを開始します.詳細は,@xref{Time-Stamping}.
  510: 
  511: @cindex server response, print
  512: @item -S
  513: @itemx --server-response
  514: @sc{http}サーバが送るヘッダを出力したり,@sc{ftp}サーバに返事を送ったり
  515: します.
  516: 
  517: @cindex Wget as spider
  518: @cindex spider
  519: @item --spider
  520: このオプションで呼び出された場合,WgetはWeb @dfn{spider}として動作し,そ
  521: れはページをダウンロードせずその存在を調査することを意味します.例えば,
  522: 以下のようにブックマークの調査で使用できます.
  523: 
  524: 
  525: @example
  526: wget --spider --force-html -i bookmarks.html
  527: @end example
  528: 
  529: この特徴は,Wgetを真の@sc{www} spiderの能力に近づけるため,さらにより多
  530: くの仕事が必要です.
  531: 
  532: @cindex timeout
  533: @item -T seconds
  534: @itemx --timeout=@var{seconds}
  535: 読み込みタイムアウトを@var{seconds}秒に設定します.ネットワーク読み込み
  536: が発生するときはいつでも,ファイルディスクリプタはタイムアウトを調査し,
  537: それ以外では,接続をペンディングのままにします(読み込みを中断しません).
  538: デフォルトタイムアウトは900秒(15分)です.タイムアウトを0に設定するとタイ
  539: ムアウトの調査はできません.
  540: 
  541: 何を行っているか分からない場合,このオプションでタイムアウトのデフォルト
  542: 値を小さくしないでください.
  543: 
  544: @cindex pause
  545: @cindex wait
  546: @item -w @var{seconds}
  547: @itemx --wait=@var{seconds}
  548: 回収の間で,指定した秒数待ちます.要求の生成を少なくすることでサーバの負
  549: 荷を軽くするので,このオプションの使用は勧められます.秒の代わりに時間を
  550: @code{m}で後置した分,@code{h}を後置した時間,@code{d}を後置した1日で指
  551: 定できます.
  552: 
  553: このオプションに大きな値を指定すると,ネットワークや接続先のホストが落ち
  554: た場合,Wgetはリトライする前にネットワークエラーを治すのに予測される,相
  555: 当長い時間待つことができるので役に立ちます.
  556: 
  557: @cindex proxy
  558: @item -Y on/off
  559: @itemx --proxy=on/off
  560: プロキシサポートを開始/停止します.適切な環境変数が定義されている場合,
  561: プロキシはデフォルトです.
  562: 
  563: @cindex quota
  564: @item -Q @var{quota}
  565: @itemx --quota=@var{quota}
  566: 自動回収に対するダウンロードクォータを指定します.値は(デフォルトで)バイ
  567: ト,(@samp{k}の後置で)キロバイト,(@samp{m}の後置で)メガバイトで指定され
  568: ます.
  569: 
  570: クォータは単一ファイルのダウンロードで効果が無いことに注意してください.
  571: そのため,@samp{wget -Q10k ftp://wuarchive.wustl.edu/ls-lR.gz}のように指
  572: 定した場合,@file{ls-lR.gz}全体がダウンロードされます.いくつかの
  573: @sc{url}がコマンドラインで指定されたときも,同様なことが生じます.しかし,
  574: 回収が再帰的なときや入力ファイルからのとき,クォータは重視されます.こう
  575: して,安全に@samp{wget -Q2m -i sites}と入力ことができます---ダウンロード
  576: はクォータ以上になったとき中止します.
  577: 
  578: クォータを0や@samp{inf}に設定すると,ダウンロードクォータは無制限になり
  579: ます.
  580: @end table
  581: 
  582: 
  583: @node Directory Options, HTTP Options, Download Options, Invoking
  584: @section ディレクトリオプション
  585: 
  586: @table @samp
  587: @item -nd
  588: @itemx --no-directories
  589: 再帰的に回収するとき,ディレクトリの階層を作成しません.このオプションを
  590: 開始すると,全てのファイルは現在のディレクトリに上書き無しで保存されます
  591: (名前が1度以上現れる場合,ファイル名は拡張子@samp{.n}が付きます).
  592: 
  593: @item -x
  594: @itemx --force-directories
  595: @samp{-nd}の反対です---階層無しで作成されていても,ディレクトリ階層を作
  596: 成します.例えば,@samp{wget -x http://fly.cc.fer.hr/robots.txt}はファイ
  597: ルを@file{fly.cc.fer.hr/robots.txt}にダウンロードします.
  598: 
  599: @item -nH
  600: @itemx --no-host-directories
  601: ホストを前置したディレクトリの生成を不可にします.デフォルトで,Wgetを
  602: @samp{-r http://fly.cc.fer.hr/}を用いて呼び出した場合,
  603: @file{fly.cc.fer.hr/}で始まるディレクトリ構造を作成します.このオプショ
  604: ンはそのような動作を不可にします.
  605: 
  606: @cindex cut directories
  607: @item --cut-dirs=@var{number}
  608: ディレクトリコンポーネントの@var{number}を無視します.再帰的回収で保存さ
  609: れたディレクトリ上の,きめ細かい制御でこれは便利です.
  610: 
  611: 例えば,@samp{ftp://ftp.xemacs.org/pub/xemacs/}ディレクトリの取得すると
  612: します.@samp{-r}で回収した場合,@file{ftp.xemacs.org/pub/xemacs/}以下に
  613: ローカル保存されます.一方,@samp{-nH}オプションは@file{ftp.xemacs.org/} 
  614: の部分を削除し,@file{pub/xemacs}で保存します.これは@samp{--cut-dirs}が
  615: 役に立つところです.それは,Wgetにリモートディレクトリコンポーネントの
  616: @var{number}を見ないようにさせます.ここに,@samp{--cut-dirs}オプション
  617: が働くいくつかの例があります.
  618: 
  619: @example
  620: @group
  621: No options        -> ftp.xemacs.org/pub/xemacs/
  622: -nH               -> pub/xemacs/
  623: -nH --cut-dirs=1  -> xemacs/
  624: -nH --cut-dirs=2  -> .
  625: 
  626: --cut-dirs=1      -> ftp.xemacs.org/xemacs/
  627: ...
  628: @end group
  629: @end example
  630: 
  631: ディレクトリ構造を取り除きたいだけの場合,このオプションは@samp{-nd}と
  632: @samp{-P}の組合せに似ています.しかし,@samp{-nd}とは異なり,
  633: @samp{--cut-dirs}はサブディレクトリを失いません---例えば,@samp{-nH
  634: --cut-dirs=1}を用いた場合,@file{beta/}サブディレクトリは,期待通りに
  635: @file{xemacs/beta}に置かれます.
  636: 
  637: @cindex directory prefix
  638: @item -P @var{prefix}
  639: @itemx --directory-prefix=@var{prefix}
  640: ディレクトリプレフィクスを@var{prefix}に設定します.@dfn{ディレクトリプ
  641: レフィクス}は,他の全てのファイルとサブディレクトリが保存されるディレク
  642: トリで,すなわち回収ツリーのトップです.デフォルトは@samp{.}(カレントディ
  643: レクトリ)です.
  644: @end table
  645: 
  646: 
  647: @node HTTP Options, FTP Options, Directory Options, Invoking
  648: @section HTTPオプション
  649: 
  650: @table @samp
  651: @cindex http user
  652: @cindex http password
  653: @cindex authentication
  654: @item --http-user=@var{user}
  655: @itemx --http-passwd=@var{password}
  656: @sc{http}サーバでのユーザ名を@var{user}に,そしてパスワードを
  657: @var{password}に指定します.試みる形式によって,Wgetは@code{basic} (安全
  658: でない),または@code{digest}認証手法のどちらかを用いて符号化します.
  659: 
  660: もう1つの方法は,ユーザ名とパスワードを@sc{url}自身に書く方法です
  661: (@pxref{URL Format}).Wgetの安全な発行についての詳細は,@xref{Security
  662: Considerations}.
  663: 
  664: @cindex proxy
  665: @cindex cache
  666: @item -C on/off
  667: @itemx --cache=on/off
  668: オフに設定したとき,サーバサイドのキャッシュを不可にします.この場合,
  669: Wgetは,リモートサービスからファイルを得るため,キャッシュバージョンを返
  670: す代わりに,リモートサーバに適切なディレクティブ(@samp{Pragma:
  671: no-cache})を送ります.これは,プロキシサーバの時代遅れのドキュメントを回
  672: 収し,クリアするときに特に役立ちます.
  673: 
  674: キャッシュはデフォルトで許可されます.
  675: 
  676: @cindex Content-Length, ignore
  677: @cindex ignore length
  678: @item --ignore-length
  679: 残念ながら,@sc{http}サーバ(より正確には@sc{cgi}プログラム)は,偽の
  680: @code{Content-Length}ヘッダを送り,それでは,ドキュメント全てが回収され
  681: ないので,Wgetがおかしくなります.Wgetが同じドキュメントを何度も何度も回
  682: 収し,そのたび毎に(通常でない)接続が同じバイト数で閉じている報告を得る場
  683: 合,この症状を見付けることができます.
  684: 
  685: このオプションを用いた場合,Wgetは@code{Content-Length}ヘッダを---まるで
  686: 存在しないかのように---無視します.
  687: 
  688: @cindex header, add
  689: @item --header=@var{additional-header}
  690: @var{additional-header}を@sc{http}に渡すために定義します.ヘッダは,1つ
  691: 以上の空白ではない文字の前に@samp{:}を含み,改行を含めてはなりません.
  692: 
  693: 1つ以上の追加ヘッダを,1度以上@samp{--header}を指定することで定義できま
  694: す.
  695: 
  696: @example
  697: @group
  698: wget --header='Accept-Charset: iso-8859-2' \
  699:      --header='Accept-Language: hr'        \
  700:        http://fly.cc.fer.hr/
  701: @end group
  702: @end example
  703: 
  704: ヘッダ値として空の文字列を指定すると,以前ユーザが定義した全てのヘッダを
  705: クリアします.
  706: 
  707: @cindex proxy user
  708: @cindex proxy password
  709: @cindex proxy authentication
  710: @item --proxy-user=@var{user}
  711: @itemx --proxy-passwd=@var{password}
  712: プロキシサーバの認証に対する,ユーザ名@var{user}とパスワード
  713: @var{password}を指定します.Wgetはこれらを@code{basic}認証手法で符号化し
  714: ます.
  715: 
  716: @cindex server response, save
  717: @item -s
  718: @itemx --save-headers
  719: @sc{http}サーバがファイルにつけて送ったヘッダを,空白行で分けて,実際の
  720: 内容の前につけて保存します.
  721: 
  722: @cindex user-agent
  723: @item -U @var{agent-string}
  724: @itemx --user-agent=@var{agent-string}
  725: @var{agent-string}として@sc{http}サーバを識別します.
  726: 
  727: @sc{http}プロトコルは,クライアントが@code{User-Agent}ヘッダフィールドを
  728: 用いた自分自身の識別を許可します.これで@sc{www}ソフトウェアの区別が可能
  729: となり,通常,プロトコル違反の追跡目的には十分です.Wgetは通常
  730: @samp{Wget/@var{version}}として識別され,@var{version}はWgetの現在のバー
  731: ジョンナンバーです.
  732: 
  733: しかし,サイトによっては@code{User-Agent}が供給する情報によって出力を調
  734: 整するポリシーを課すことが知られています.概念的に,これはそんなに悪い考
  735: えではないので,@code{Mozilla}やMicrosoft @code{Internet Explorer}以外の
  736: クライアントに情報の提供を拒否するように乱用されていました.このオプショ
  737: ンで,Wgetが発行する@code{User-Agent}を変更できます.このオプションの使
  738: 用は,行っていることを本当に知らない場合,思い留まってください.
  739: 
  740: Netscape Communications Corp.は,@code{User-Agent}として@samp{Mozilla}の
  741: 不正転送は著作権違反だと主張していて,それは訴訟されることに@strong{注意}
  742: してください.WgetをMozillaとして間違って述べては@strong{なりません}.
  743: @end table
  744: 
  745: 
  746: @node FTP Options, Recursive Retrieval Options, HTTP Options, Invoking
  747: @section FTPオプション
  748: 
  749: @table @samp
  750: @cindex retrieve symbolic links
  751: @item --retr-symlinks
  752: @sc{ftp}サイトのシンボリックリンクを,プレーンファイルであるかのように回
  753: 収します.すなわちローカルにリンクを作成しません.
  754: 
  755: @cindex globbing, toggle
  756: @item -g on/off
  757: @itemx --glob=on/off
  758: @sc{ftp}グラブをオン/オフします.グラブは,シェルのような特別文字
  759: (@dfn{ワイルドカード})を意味し,同じディレクトリから一度に1つ以上のファ
  760: イルを回収するための@samp{*},@samp{?},@samp{[}と@samp{]}のようなもので,
  761: 以下のようにします.
  762: 
  763: @example
  764: wget ftp://gnjilux.cc.fer.hr/*.msg
  765: @end example
  766: 
  767: デフォルトで,@sc{url}がグラブ文字を含む場合,グラブはオンです.このオプ
  768: ションは,永久的にグラブのオン/オフに使用できます.
  769: 
  770: シェルによる拡張から保護するため,@sc{url}を引用符で囲む必要があるかもし
  771: れません.グラブはWgetにディレクトリリストを探させ,それはシステムで指定
  772: されます.これは,現在の仕事が@sc{ftp}サーバでのみ働く理由です(そしてそ
  773: れは,Unix @code{ls}出力をエミュレートします).
  774: 
  775: @cindex passive ftp
  776: @item --passive-ftp
  777: @dfn{passive} @sc{ftp}回収手法を使用し,そして,そこでクライアントはデー
  778: タ接続を開始します.これは,@sc{ftp}をファイアーウォールの後ろで働かせる
  779: ため,必要なときもあります.
  780: @end table
  781: 
  782: 
  783: @node Recursive Retrieval Options, Recursive Accept/Reject Options, FTP Options, Invoking
  784: @section 再帰的な回収オプション
  785: 
  786: @table @samp
  787: @item -r
  788: @itemx --recursive
  789: 再帰的な回収を開始します.詳細は@xref{Recursive Retrieval}.
  790: 
  791: @item -l @var{depth}
  792: @itemx --level=@var{depth}
  793: 再帰的な最大深度レベルを@var{depth}に設定します.(@pxref{Recursive
  794: Retrieval}).デフォルト最大深度は5です.
  795: 
  796: @cindex proxy filling
  797: @cindex delete after retrieval
  798: @cindex filling proxy cache
  799: @item --delete-after
  800: このオプションは,ダウンロードした@emph{後},全ての単一ファイルを削除す
  801: るよう,Wgetに伝えます.それはプロキシから取得した一般的なページに対し便
  802: 利で,例えば以下のようにします.
  803: 
  804: @example
  805: wget -r -nd --delete-after http://whatever.com/~popular/page/
  806: @end example
  807: 
  808: @samp{-r}オプションは再帰的に回収し,@samp{-nd}はディレクトリを作成しま
  809: せん.
  810: 
  811: @cindex conversion of links
  812: @cindex links conversion
  813: @item -k
  814: @itemx --convert-links
  815: 相対的でないリンクをローカルの相対的なものに変換します.実際にダウンロー
  816: ドされたドキュメントの参照のみが変換されます.残りは変換されません.
  817: 
  818: ダウンロード後のみ,Wgetはリンクがダウンロードされたことを知ることができ
  819: ます.そのため,@samp{-k}が行う多くの仕事は,ダウンロード後に実行されま
  820: す.
  821: 
  822: @item -m
  823: @itemx --mirror
  824: ミラーに適したオプションを開始します.このオプションは回収とタイムスタン
  825: プを開始し,無限の再帰深度を設定し,@sc{ftp}ディレクトリリストを保ちます.
  826: 現在は,@samp{-r -N -l inf -nr}と同じです.
  827: 
  828: @item -nr
  829: @itemx --dont-remove-listing
  830: @sc{ftp}の回収で生成された,一時的な@file{.listing}を削除しません.通常,
  831: これらのフィルは@sc{ftp}サーバから得た生のディレクトリリストを含みます.
  832: それを削除しないことで,ミラーの実行時やデバッグ目的で,完全にリモートの
  833: ファイルリストへのアクセスを便利にします.
  834: @end table
  835: 
  836: 
  837: @node Recursive Accept/Reject Options,  , Recursive Retrieval Options, Invoking
  838: @section 再帰の適応/拒絶オプション
  839: 
  840: @table @samp
  841: @item -A @var{acclist} --accept @var{acclist}
  842: @itemx -R @var{rejlist} --reject @var{rejlist}
  843: 受け入れるまたは拒絶するため,カンマで分けられたファイル名の接尾子やパター
  844: ンを指定します(詳細は,@xref{Types of Files}.).
  845: 
  846: @item -D @var{domain-list}
  847: @itemx --domains=@var{domain-list}
  848: 受け入れるドメインと,@sc{dns}が探すものを設定し,そのとき
  849: @var{domain-list}はカンマで分けられたリストとなります.@samp{-H}を開始し
  850: ないことに注意してください.このオプションは,1つのホストのみ補っている
  851: 場合でも(@pxref{Domain Acceptance}),動作を速くします.
  852: 
  853: @item --exclude-domains @var{domain-list}
  854: @sc{dns}検索から,カンマで分けられた@var{domain-list}で与えるドメインを
  855: 削除します(@pxref{Domain Acceptance}).
  856: 
  857: @item -L
  858: @itemx --relative
  859: 相対的なリンクのみたどります.たとえ同じホストの場合でも,乱すこと無く,
  860: 特定のホームページを指定して回収するとき便利です(@pxref{Relative Links}).
  861: 
  862: @cindex follow FTP links
  863: @item --follow-ftp
  864: @sc{html}ドキュメントからの@sc{ftp}リンクをたどります.このオプションが
  865: 無い場合,Wgetは全ての@sc{ftp}リンクを無視します.
  866: 
  867: @item -H
  868: @itemx --span-hosts
  869: 再帰的な回収時に,ホストに跨ることを可能とします(@pxref{All Hosts}).
  870: 
  871: @item -I @var{list}
  872: @itemx --include-directories=@var{list}
  873: ダウンロード時に,だどりたいディレクトリのカンマで分けられたリストを指定
  874: します(詳細は,@xref{Directory-Based Limits}.).@var{list}の要素はワイル
  875: ドカードを含ることができます.
  876: 
  877: @item -X @var{list}
  878: @itemx --exclude-directories=@var{list}
  879: ダウンロードから削除したいディレクトリの,カンマで分けられたリストを指定
  880: します(詳細は,@xref{Directory-Based Limits}.).@var{list}の要素はワイル
  881: ドカードを含められます.
  882: 
  883: @item -nh
  884: @itemx --no-host-lookup
  885: 時間がかかる,ほとんど全てのホストの@sc{dns}検索を不可にします
  886: (@pxref{Host Checking}).
  887: 
  888: @item -np
  889: @item --no-parent
  890: 再帰的な回収時に,親ディレクトリへ登りません.特定の階層@emph{以下の}ファ
  891: イルのみダウンロードすることを保証するので,これは便利なオプションです.
  892: 詳細は,@xref{Directory-Based Limits}.
  893: @end table
  894: 
  895: 
  896: @node Recursive Retrieval, Following Links, Invoking, Top
  897: @chapter 再帰的な回収
  898: @cindex recursion
  899: @cindex retrieving
  900: @cindex recursive retrieval
  901: 
  902: GNU Wgetは,Web(または,単一の@sc{http}や@sc{ftp}サーバ)の部分を,最初の
  903: 深さからのリンク,そしてディレクトリ構造を渡り歩くことができます.これは
  904: @dfn{再帰的}回収,または@dfn{再帰}と呼ばれます.
  905: 
  906: @sc{http} @sc{url}を用いると,Wgetは与えられた@sc{url}から得た@sc{html},
  907: @code{href}や@code{src}のようなマークアップを通じて@sc{html}ドキュメント
  908: が参照していたファイルを回収するドキュメントを,回収統合します.新たにダ
  909: ウンロードされたファイルも@code{text/html}形式の場合,それは解析され更に
  910: 続けます.
  911: 
  912: 回収が下降する最大の@dfn{深度}は,@samp{-l}オプションで指定されます(デフォ
  913: ルトの最大深度は5階層です).@xref{Recursive Retrieval}.
  914: 
  915: @sc{ftp} @sc{url}を再帰的に回収するとき,Wgetはリモートサーバの与えられ
  916: た(指定された深度以上のサブディレクトリを含め)ディレクトリツリーから,全
  917: てのデータを回収し,ローカルにミラーイメージを作成します.@sc{ftp}の回収
  918: も,@code{depth}パラメータで制限されます.
  919: 
  920: デフォルトで,Wgetはローカルディレクトリツリーを作成し,それはリモートサー
  921: バで見つかったものに対応します.
  922: 
  923: 再帰的回収は複数の応用が可能で,最も重要なものはミラーです.それは,
  924: @sc{www}プレゼンテーションと,その他のネットワーク接続が遅い時に,ファイ
  925: ルをローカルに保存することでバイパスするために役立ちます.
  926: 
  927: 再帰呼び出しは,ネットワークを通じたデータの高速転送のため,システムの過
  928: 負荷を起こす可能性があることを警告します.これらは全て,他のユーザの仕事
  929: を妨げる可能性があります.ミラーしている外部サーバも同じことです--- 連続
  930: 的な取得のより多くの要求は,その負荷をより大きくします.
  931: 
  932: 不注意な回収は,ファイルシステムを制御不能なまでに一杯にし,それでマシン
  933: は停止するはずです.
  934: 
  935: 負荷は,最大再帰レベル(@samp{-l})を低くする,またはリトライ回数
  936: (@samp{-t})を低くすることで最小にできます.リモートサーバへの要求を遅く
  937: するため,@samp{-w}オプションの使用や,同様に,リンクをたどる
  938: (@pxref{Following Links})数を小さくする多数のオプションも考えることもで
  939: きます.
  940: 
  941: 再帰的な回収は,正確に使用されると良いものです.不注意で破壊を引き起こす
  942: ことが無いようあらゆる用心を図ってください.
  943: 
  944: 
  945: @node Following Links, Time-Stamping, Recursive Retrieval, Top
  946: @chapter リンクの追跡
  947: @cindex links
  948: @cindex following links
  949: 
  950: 再帰的な回収で,不必要なデータの回収を導くことは望みません.ほとんどいつ
  951: も,正確にダウンロードしたいものと,Wgetにたどらせたい特定のリンクのみを
  952: ユーザは心に留めます.
  953: 
  954: 例えば,@samp{fly.cc.fer.hr}から音楽のアーカイブをダウンロードしたい場合,
  955: アーカイブの曖昧な部分を参照して生じる,全てのホームページのダウンロード
  956: を望みません.
  957: 
  958: たどりたいリンクを正確に調整することを可能とする,いくつかのメカニズムが
  959: Wgetにはあります.
  960: 
  961: @menu
  962: * Relative Links::         Follow relative links only.
  963: * Host Checking::          Follow links on the same host.
  964: * Domain Acceptance::      Check on a list of domains.
  965: * All Hosts::              No host restrictions.
  966: * Types of Files::         Getting only certain files.
  967: * Directory-Based Limits:: Getting only certain directories.
  968: * FTP Links::              Following FTP links.
  969: @end menu
  970: 
  971: @node Relative Links, Host Checking, Following Links, Following Links
  972: @section 相対的なリンク
  973: @cindex relative links
  974: 
  975: 相対的なリンクのみたどるとき(option @samp{-L}),再帰的な回収はホストを決
  976: して跨ぎません.@sc{dns}検索の貴重な時間は実行されず,ネットワークの最低
  977: 限の負担で,非常に速く処理されます.これはよくあるニーズで,様々な
  978: @code{x2html}コンバータの出力をミラーするとき,それらは相対リンクを生成
  979: するので特に適しています.
  980: 
  981: 
  982: @node Host Checking, Domain Acceptance, Relative Links, Following Links
  983: @section ホストの調査
  984: @cindex DNS lookup
  985: @cindex host lookup
  986: @cindex host checking
  987: 
  988: 相対的リンクを単にだどる欠点は,人間は実際には同じホストと実際には同じペー
  989: ジに対し絶対的リンクを混ぜることが多いためです.このモード(リンクをたど
  990: るデフォルトモード)では,同じホストを参照する全ての@sc{url}は回収されま
  991: す.
  992: 
  993: このオプションの問題は,ホストとドメインの別名です.実際,Wgetが
  994: @samp{regoc.srce.hr}と@samp{www.srce.hr}が同じホストであるとか,
  995: @samp{fly.cc.fer.hr}が@samp{fly.cc.etf.hr}と同じホストであるとかを知る方
  996: 法はありません.絶対的リンクに出会うときはいつも,同じホストを扱っている
  997: 可能性を調査するため,ホストは@code{gethostbyname}で@sc{dns}検索されます.
  998: @code{gethostbyname}の結果はキャッシュされますが,非常に遅くなり,例えば,
  999: 異なるホストのホームページの大きな索引を扱うときです(それぞれのホストに
 1000: 対しそうする必要があり,開始ホストの別名@emph{かどうか}を知るため,
 1001: @sc{dns}解決されるためです).
 1002: 
 1003: オーバーヘッドを避けるため,@samp{-nh}を使用でき,それは@sc{dns}解決と,
 1004: Wgetにホストを文字通り比較させることを停止します.これはことを非常に速く
 1005: 実行させますが,信頼性も小さくなるでしょう(例えば,@samp{www.srce.hr}と
 1006: @samp{regoc.srce.hr}は異なるホストとして,フラグが立ちます).
 1007: 
 1008: 現在の@sc{http}サーバは,1つのIPアドレスで異なる@dfn{virtual servers} ホ
 1009: ストとなることが可能で,それぞれは独自のディレクトリ階層があります.その
 1010: ような``サーバ''は,ホスト名(全て同じIPアドレスを持ちます)で区別されます.
 1011: これが働くため,クライアントは@code{Host}ヘッダを送る必要があり,それは
 1012: Wgetが行います.しかしこの場合,Wgetはホストの``実際の''アドレスを占って
 1013: みたり,それぞれのアクセスに対し同じホスト名を使用してみてはならず,すな
 1014: わち,@samp{-nh}をオンにする必要があります.
 1015: 
 1016: 言い替えると,@samp{-nh}オプションは,ホスト名で区別されたバーチャルサー
 1017: バからの回収を可能とするために使用する必要があります.そのようなサーバの
 1018: 設定が増えるにつれ,@samp{-nh}の動作は,将来デフォルトとなるかもしれませ
 1019: ん.
 1020: 
 1021: 
 1022: @node Domain Acceptance, All Hosts, Host Checking, Following Links
 1023: @section ドメインの受け入れ
 1024: 
 1025: @samp{-D}オプションを用いて,たどるドメインを指定できます.このリストに
 1026: 無いホストドメインは,@sc{dns}解決されません.このため,@sc{mit}の外側を
 1027: 検索しないことを確実にするため,@samp{-Dmit.edu}を指定することができます.
 1028: これは非常に重要で役に立ちます.それは,@samp{-D}が@samp{-H} (全てのホス
 1029: トを跨ぐ)を暗示しないことを意味し,それは特に指定する必要があります.全
 1030: てのホストの調査をほとんど全て信頼する場合,速くことを進めるため,このオ
 1031: プションの使用は自由だと考えてください.以下のように呼び出します.
 1032: 
 1033: @example
 1034: wget -r -D.hr http://fly.cc.fer.hr/
 1035: @end example
 1036: 
 1037: @samp{.hr}ドメインのホストのみ@samp{fly.cc.fer.hr}と同じということを
 1038: @sc{dns}検索で確実にします.そして,@samp{fly.cc.etf.hr}は(一度だけ!)調
 1039: 査され,同じだと分かりますが,@samp{www.gnu.ai.mit.edu}は調査さえされま
 1040: せん.
 1041: 
 1042: もちろん,ドメインの受け入れは,その中のホストを跨ぐことで,特定のドメイ
 1043: ンを回収する制限が使用できますが,そのときは特に@samp{-H}を指定する必要
 1044: があります.例えば,以下のようにします.
 1045: 
 1046: @example
 1047: wget -r -H -Dmit.edu,stanford.edu http://www.mit.edu/
 1048: @end example
 1049: 
 1050: これは@samp{http://www.mit.edu/}で開始し,@sc{mit}とStanfordを跨ってたど
 1051: ります.
 1052: 
 1053: 指定から外したいドメインがある場合,@samp{--exclude-domains}で行うことが
 1054: でき,それは@samp{-D}の引数と同じ形式を受け入れますが,リストアップされ
 1055: た全てのドメインを@emph{除外}します.例えば,@samp{sunsite.foo.edu}以外
 1056: の@samp{foo.edu}ドメインから,全てのホストをダウンロードしたい場合,以下
 1057: のようにすることで可能です.
 1058: 
 1059: @example
 1060: wget -rH -Dfoo.edu --exclude-domains sunsite.foo.edu http://www.foo.edu/
 1061: @end example
 1062: 
 1063: 
 1064: @node All Hosts, Types of Files, Domain Acceptance, Following Links
 1065: @section 全てのホスト
 1066: @cindex all hosts
 1067: @cindex span hosts
 1068: 
 1069: @samp{-D}無しで@samp{-H}が指定されたとき,全てのホストは自由に跨げます.
 1070: 最大深度以外,Wgetがドキュメントを取ってくるネットの部分がどこであれ,制
 1071: 限がありません.@samp{www.yahoo.com}にページ参照があった場合,そうします.
 1072: そのようなオプションは,それ自身滅多に役に立ちません.
 1073: 
 1074: 
 1075: @node Types of Files, Directory-Based Limits, All Hosts, Following Links
 1076: @section ファイルの形式
 1077: @cindex types of files
 1078: 
 1079: ウェブから資料をダウンロードするとき,特定のファイル形式のみを回収するよ
 1080: う,制限したいときもよくあります.例えば,@sc{gifs}をダウンロードするこ
 1081: とに興味がある場合,ポストスクリプトのドキュメントでの負荷は嬉しいはずが
 1082: 無く,逆もまたそうです.
 1083: 
 1084: Wgetは,この問題を扱う2つのオプションを提案します.それぞれのオプション
 1085: は,短い名前,長い名前,そして@file{.wgetrc}内の等価コマンドをリストアッ
 1086: プします.
 1087: 
 1088: @cindex accept wildcards
 1089: @cindex accept suffixes
 1090: @cindex wildcards, accept
 1091: @cindex suffixes, accept
 1092: @table @samp
 1093: @item -A @var{acclist}
 1094: @itemx --accept @var{acclist}
 1095: @itemx accept = @var{acclist}
 1096: @samp{--accept}オプションの引数は,Wgetが再帰的な回収の間にダウンロード
 1097: するファイルの,接尾子やパターンのリストです.接尾子はファイルの終りの部
 1098: 分で,``通常の''文字列,例えば@samp{gif}や@samp{.jpg}から成り立ちます.
 1099: パターンマッチはシェルのワイルドカードを含み,例えば,@samp{books*}や
 1100: @samp{zelazny*196[0-9]*}です.
 1101: 
 1102: そして,@samp{wget -A gif,jpg}を指定すると,Wgetは@samp{gif}や@samp{jpg} 
 1103: で終るファイルのみ,すなわち@sc{gif}と@sc{jpeg}をダウンロードします.一
 1104: 方,@samp{wget -A "zelazny*196[0-9]*"}は,@samp{zelazny}で始まり,その中
 1105: に1960から1969までの数字を含むファイルのみをダウンロードします.パターン
 1106: マッチが働く方法の記述のため,シェルのマニュアルを探してください.
 1107: 
 1108: もちろん,あらゆる数の接尾子とパターンをカンマで分けたリストで組み合わせ
 1109: ることや,@samp{-A}の引数として与えることができます.
 1110: 
 1111: @cindex reject wildcards
 1112: @cindex reject suffixes
 1113: @cindex wildcards, reject
 1114: @cindex suffixes, reject
 1115: @item -R @var{rejlist}
 1116: @itemx --reject @var{rejlist}
 1117: @itemx reject = @var{rejlist}
 1118: @samp{--reject}オプションは@samp{--accept}と同じように働きますが,その論
 1119: 理は反対です.Wgetは,リストの接尾子(やパターン)に一致するもの@emph{以外
 1120: の},全てのファイルをダウンロードします.
 1121: 
 1122: そして,扱いにくい@sc{mpeg}と@sc{.au}ファイル以外の,ページ全体をダウン
 1123: ロードしたい場合,@samp{wget -R mpg,mpeg,au}を使用できます.同様に,
 1124: @samp{bjork}で始まるファイル以外全てをダウンロードするため,@samp{wget
 1125: -R "bjork*"}を使用してください.引用符はシェルによる展開を妨げるためです.
 1126: @end table
 1127: 
 1128: @samp{-A}と@samp{-R}オプションは,回収するファイルのより良い調整を達成す
 1129: るため,組み合わせることができます.例えば,@samp{wget -A "*zelazny*" -R
 1130: .ps}は,名前の一部に@samp{zelazny}を持ち,ポストスクリプト@emph{ではない}
 1131: 全てのファイルをダウンロードします.
 1132: 
 1133: これら2つのオプションは,@sc{html}ファイルのダウンロードで,効果が無いこ
 1134: とに注意してください.Wgetは全ての@sc{html}をリンク先を知るためにロード
 1135: する必要があります---再帰的な回収は,そうしなければ意味がありません.
 1136: 
 1137: 
 1138: @node Directory-Based Limits, FTP Links, Types of Files, Following Links
 1139: @section ディレクトリベースの制限
 1140: @cindex directories
 1141: @cindex directory limits
 1142: 
 1143: 他のリンクを追う能力にもかかわらず,ファイルがあるディレクトリを基に,回
 1144: 収するファイルの制限を置くことは便利なときも良くあります.これには多くの
 1145: 理由があります---ホームページは合理的なディレクトリ構造に組織化されてい
 1146: るかもしれません.またはいくつかのディレクトリ,例えば@file{/cgi-bin}や
 1147: @file{/dev}ディレクトリは,無用な情報を含むかもしれません.
 1148: 
 1149: Wgetは,これらの要求を扱うため,3つの異なるオプションを提案します.それ
 1150: ぞれのオプションは,短い名前,長い名前,そして@file{.wgetrc}内の等価コマ
 1151: ンドをリストアップします.
 1152: 
 1153: @cindex directories, include
 1154: @cindex include directories
 1155: @cindex accept directories
 1156: @table @samp
 1157: @item -I @var{list}
 1158: @itemx --include @var{list}
 1159: @itemx include_directories = @var{list}
 1160: @samp{-I}オプションは,カンマで分けられた回収に含めるディレクトリのリス
 1161: トを受け入れます.他のあらゆるディレクトリは単に無視されます.ディレクト
 1162: リは絶対パスです.
 1163: 
 1164: そして,@samp{http://host/people/bozo/}から@file{/people}ディレクトリの
 1165: bozoの仲間へのリンクと@file{/cgi-bin}の偽りのスクリプトのみだどってダウ
 1166: ンロードしたい場合,以下のように指定できます.
 1167: 
 1168: @example
 1169: wget -I /people,/cgi-bin http://host/people/bozo/
 1170: @end example
 1171: 
 1172: @cindex directories, exclude
 1173: @cindex exclude directories
 1174: @cindex reject directories
 1175: @item -X @var{list}
 1176: @itemx --exclude @var{list}
 1177: @itemx exclude_directories = @var{list}
 1178: @samp{-X}オプションは@samp{-I}の正反対です---これは,ダウンロードから
 1179: @emph{除外する}ディレクトリのリストです.例えば,Wgetで@file{/cgi-bin}ディ
 1180: レクトリからのものをダウンロードしたくない場合,コマンドラインで@samp{-X
 1181: /cgi-bin}を指定してください.
 1182: 
 1183: @samp{-A}/@samp{-R}と同様に,これら2つのオプションは,サブディレクトリの
 1184: ダウンロードでより良く調整するため,組み合わせることができます.例えば,
 1185: @file{/pub/worthless}以外の@file{/pub}階層からの全てをロードしたい場合,
 1186: @samp{-I/pub -X/pub/worthless}を指定してください.
 1187: 
 1188: @cindex no parent
 1189: @item -np
 1190: @itemx --no-parent
 1191: @itemx no_parent = on
 1192: 最も単純に,ディレクトリを制限する良く利用される便利な方法は,開始より
 1193: @emph{上の}階層を参照するリンクの回収を許可しないことで,すなわち,親の
 1194: ディレクトリ等への上昇を許可しないことです.
 1195: 
 1196: @samp{--no-parent}オプション(短いものは@samp{-np})は,この場合便利です.
 1197: その利用は,今居る階層から出ないことを保証します.Wgetを以下のようにして
 1198: 呼び出したとします.
 1199: 
 1200: @example
 1201: wget -r --no-parent http://somehost/~luzer/my-archive/
 1202: @end example
 1203: 
 1204: @file{/~his-girls-homepage/}や@file{/~luzer/all-my-mpegs/}へ参照するもの
 1205: は参照するものをたどらないので安心できます.興味があるアーカイブのみダウ
 1206: ンロードされます.特に,それはより知的な方法でリダイレクトを処理するだけ
 1207: なので,@samp{--no-parent}は@samp{-I/~luzer/my-archive}に似ています.
 1208: @end table
 1209: 
 1210: 
 1211: @node FTP Links,  , Directory-Based Limits, Following Links
 1212: @section FTPリンクをだどる
 1213: @cindex following ftp links
 1214: 
 1215: @sc{ftp}の規則は,そうさせる必要があるので,幾分特殊です.@sc{html}ドキュ
 1216: メントの@sc{ftp}リンクは参照の目的を含むことが多く,デフォルトでダウンロー
 1217: ドするため不便なことがよくあります.
 1218: 
 1219: @sc{html}ドキュメントから@sc{ftp}へのリンクをたどらせるため,
 1220: @samp{--follow-ftp}オプションを指定する必要があります.そうすることで,
 1221: @sc{ftp}リンクは,@samp{-H}の設定にかかわらずホストを跨ぎます.@sc{ftp} 
 1222: リンクが@sc{http}サーバと同じホストを示すことが滅多にないので,これは論
 1223: 理的です.同様の理由で@samp{-L}オプションは,そのようなダウンロードで効
 1224: 果がありません.一方,ドメインの受け入れ(@samp{-D})と接尾子の規則
 1225: (@samp{-A}と@samp{-R})は通常適用されます.
 1226: 
 1227: また,@sc{ftp}ディレクトリへのリンクをたどることは,再帰的回収以上ではな
 1228: いことに注意してください.
 1229: 
 1230: 
 1231: @node Time-Stamping, Startup File, Following Links, Top
 1232: @chapter タイムスタンプ
 1233: @cindex time-stamping
 1234: @cindex timestamping
 1235: @cindex updating the archives
 1236: @cindex incremental updating
 1237: 
 1238: インターネットからの情報のミラーの側面で最も重要なことの1つは,アーカイ
 1239: ブの更新です.
 1240: 
 1241: アーカイブを何度も何度もダウンロードすると,わずかに変更されたファイルの
 1242: 置換だけでは勿体なく,それは,バンド帯域とお金の無駄使いと更新する時間の
 1243: 両方の意味です.これは,全てのミラーツールが逐次的な更新のオプションを提
 1244: 案する理由です.
 1245: 
 1246: そのような更新メカニズムは,リモートサーバが@dfn{新しい}ファイルの検索で,
 1247: スキャンされることを意味します.これらの新しいファイルのみ,古いものに置
 1248: 換されます.
 1249: 
 1250: 以下の2つの条件のどちらか1つが当てはまる場合,ファイルは新しいものと考え
 1251: られます.
 1252: 
 1253: @enumerate
 1254: @item
 1255: その名前のファイルが,ローカルにまだ存在しない.
 1256: 
 1257: @item
 1258: その名前のファイルが存在するが,リモートファイルがローカルファイルより後
 1259: で編集されている.
 1260: @end enumerate
 1261: 
 1262: これをインプリメントするため,プログラムは,リモートとローカルの両方のファ
 1263: イルが最後に更新された時間に気付いている必要があります.そのような情報は,
 1264: @dfn{タイムスタンプ}と呼ばれます.
 1265: 
 1266: GNU Wgetのタイムスタンプは,@samp{--timestamping} (@samp{-N})オプション
 1267: や,@file{.wgetrc}での@code{timestamping = on}の命令を通じて開始されます.
 1268: このオプションで,それぞれのファイルをダウンロードするため,Wgetは,存在
 1269: する同じ名前のローカルファイルを調査します.それが存在し,リモートファイ
 1270: ルが古い場合,Wgetはそれをダウンロードしません.
 1271: 
 1272: ローカルファイルが存在しない場合や,ファイルサイズが一致しない場合,Wget
 1273: はタイムスタンプを気にせずに,リモートファイルをダウンロードします.
 1274: 
 1275: @menu
 1276: * Time-Stamping Usage::
 1277: * HTTP Time-Stamping Internals::
 1278: * FTP Time-Stamping Internals::
 1279: @end menu
 1280: 
 1281: @node Time-Stamping Usage, HTTP Time-Stamping Internals, Time-Stamping, Time-Stamping
 1282: @section タイムスタンプの利用
 1283: @cindex time-stamping usage
 1284: @cindex usage, time-stamping
 1285: 
 1286: タイムスタンプの利用は単純です.編集日時を保つため,ダウンロードしたいファ
 1287: イルに対し以下のようにします.
 1288: 
 1289: @example
 1290: wget -S http://www.gnu.ai.mit.edu/
 1291: @end example
 1292: 
 1293: 単純に@code{ls -l}すると,ローカルファイルのタイムスタンプが,サーバから
 1294: 返されるような@code{Last-Modified}のステータスと同じになります.タイムス
 1295: タンプ情報は,見ることを可能にするため,たとえ@samp{-N}がない場合でもロー
 1296: カルに維持されます.
 1297: 
 1298: 数日後,Wgetにリモートファイルが変化したかどうか調査させ,変化した場合ダ
 1299: ウンロードしたい場合もあります.
 1300: 
 1301: @example
 1302: wget -N http://www.gnu.ai.mit.edu/
 1303: @end example
 1304: 
 1305: Wgetはサーバに最後に編集した日付を尋ねます.ローカルファイルがより新しい
 1306: 場合,リモートファイルは再取得されません.しかし,リモートファイルがより
 1307: 最新の場合,Wgetは通常の取得処理を行います.
 1308: 
 1309: @sc{ftp}でも同じように行います.例えば以下のようにします.
 1310: 
 1311: @example
 1312: wget ftp://ftp.ifi.uio.no/pub/emacs/gnus/*
 1313: @end example
 1314: 
 1315: @code{ls}は,リモートサーバの状態に依存して,設定されているタイムスタン
 1316: プを表示します.@samp{-N}を伴うコマンドの再発行は,編集されたファイル
 1317: @emph{のみ},Wgetに再取得させます.
 1318: 
 1319: @sc{http}と@sc{ftp}の回収の両方で,(@samp{-N}にかかわらず)Wgetは,タイム
 1320: スタンプを取得した場合,すなはち,@sc{ftp}に対するディレクトリリストや,
 1321: @sc{http}に対する@code{Last-Modified}ヘッダの取得で,ローカルファイルに
 1322: 正しいタイムスタンプを打ちます.
 1323: 
 1324: 毎週,GNUアーカイブをミラーしたい場合,毎週以下のコマンドを入力するでしょ
 1325: う.
 1326: 
 1327: @example
 1328: wget --timestamping -r ftp://prep.ai.mit.edu/pub/gnu/
 1329: @end example
 1330: 
 1331: 
 1332: @node HTTP Time-Stamping Internals, FTP Time-Stamping Internals, Time-Stamping Usage, Time-Stamping
 1333: @section HTTPタイムスタンプの内部
 1334: @cindex http time-stamping
 1335: 
 1336: @sc{http}のタイムスタンプは,@code{Last-Modified}ヘッダの調査により実行
 1337: されます.@sc{http}でファイル@file{foo.html}を回収したい場合,Wgetは
 1338: @file{foo.html}がローカルに存在しているかどうかを調べます.存在しない場
 1339: 合,@file{foo.html}は無条件に回収されます.
 1340: 
 1341: ローカルにファイルがある場合,Wgetは最初にローカルのタイムスタンプを調べ
 1342: (@code{ls -l}でそれを調べることに似ています),そして,リモートファイルの
 1343: 情報を要求するため,@code{HEAD}要求をリモートサーバに送ります.
 1344: 
 1345: @code{Last-Modified}ヘッダは,ファイルがより最近編集され(``新しく''され) 
 1346: たことを知るために調べられます.リモートファイルがより新しい場合,ダウン
 1347: ロードされます.古い場合,Wgetは諦めます.@footnote{追加の調査として,
 1348: Wgetは@code{Content-Length}ヘッダを見て,そして大きさを比較します.同じ
 1349: ではない場合,リモートファイルはタイムスタンプ告げることにかかわらず,ダ
 1350: ウンロードされます.}
 1351: 
 1352: おそらく,@sc{http}タイムスタンプは,@code{If-Modified-Since}要求を使用
 1353: してインプリメントされるべきです.
 1354: 
 1355: 
 1356: @node FTP Time-Stamping Internals,  , HTTP Time-Stamping Internals, Time-Stamping
 1357: @section FTPタイムスタンプの内部
 1358: @cindex ftp time-stamping
 1359: 
 1360: 理論上,@sc{ftp}タイムスタンプは@sc{http}と同じように働きますが,
 1361: @sc{ftp}にはヘッダがありません---タイムスタンプはディレクトリリストから
 1362: 受け取るはずです.
 1363: 
 1364: それぞれのディレクトリファイルを回収するため,Wgetはリストの取得に
 1365: @code{LIST}コマンドを使用します.それは,Unix @code{ls -l}リストと想定し
 1366: リストを解析し,タイムスタンプを抽出します.残りは正確に@sc{http}と同じ
 1367: です.
 1368: 
 1369: 全てのディレクトリリストがUnix形式のリストだという仮定は,非常に不自然に
 1370: 感じるかもしれませんが,経験的にはそうではなく,その理由は,多くの非Unix
 1371: @sc{ftp}サーバが,ほとんど(全て?)のクライアントがそれを理解できるので,
 1372: Unixのようなリスト書式を使用しているためです.@sc{rfc959}定義が,タイム
 1373: スタンプはいうまでもなく,ファイルリストを取得する標準的な方法ではないこ
 1374: とを覚えておいてください.我々は,将来の標準がこのように定義されることを
 1375: 期待することしかできません.
 1376: 
 1377: もう1つの非標準の解決方法は,(評判のよい@code{wu-ftpd}を含め)いくつかの
 1378: @sc{ftp}サーバがサポートする@code{MDTM}コマンドの使用を含み,それは指定
 1379: したファイルの正確な時間を返します.Wgetは,将来このコマンドをサポートす
 1380: るかもしれません.
 1381: 
 1382: 
 1383: @node Startup File, Examples, Time-Stamping, Top
 1384: @chapter スタートアップファイル
 1385: @cindex startup file
 1386: @cindex wgetrc
 1387: @cindex .wgetrc
 1388: @cindex startup
 1389: @cindex .netrc
 1390: 
 1391: コマンドライン引数で,Wgetのデフォルト設定を変更する方法を知ると,これら
 1392: の設定を永久的に行いたいと思うかも知れません.Wgetスタートアップファイル---
 1393: @file{.wgetrc}---を作成するという便利な方法でそうすることができます.
 1394: 
 1395: さらに,@file{.wgetrc}は``主な''初期化ファイルで,強固なパスワードに対す
 1396: る特別な能力があるので便利です.このためWgetは,@file{$HOME/.netrc}があ
 1397: る場合は,その内容を読み込み翻訳します.@file{.netrc}書式はシステムのマ
 1398: ニュアルで見つかります.
 1399: 
 1400: Wgetは、コマンドの限定されたセットを認識して、スタートアップ時に
 1401: @file{.wgetrc}を読みます。
 1402: 
 1403: @menu
 1404: * Wgetrc Location::   Location of various wgetrc files.
 1405: * Wgetrc Syntax::     Syntax of wgetrc.
 1406: * Wgetrc Commands::   List of available commands.
 1407: * Sample Wgetrc::     A wgetrc example.
 1408: @end menu
 1409: 
 1410: @node Wgetrc Location, Wgetrc Syntax, Startup File, Startup File
 1411: @section Wgetrcの場所
 1412: @cindex wgetrc location
 1413: @cindex location of wgetrc
 1414: 
 1415: 初期化時,Wgetはデフォルトで@file{/usr/local/etc/wgetrc} (または,Wgetが
 1416: そこにインストールされていない場合,@file{/usr/local}ではない接頭辞)であ
 1417: る@dfn{global}なスタートアップファイルを探し,存在する場合はそれからコマ
 1418: ンドを読み込みます.
 1419: 
 1420: それから,ユーザファイルを探します.環境変数@code{WGETRC}が設定されてい
 1421: る場合,そのファイルをロードしようとします.失敗した場合,それ以上何もし
 1422: ません.
 1423: 
 1424: @code{WGETRC}が設定されていない場合,Wgetは@file{$HOME/.wgetrc}をロード
 1425: しようとします.
 1426: 
 1427: ユーザ設定がシステム全体のものの後にロードされるということは,ユーザの
 1428: wgetrcと衝突した場合,システム全体のwgetrc(デフォルトで
 1429: @file{/usr/local/etc/wgetrc})に@emph{優先}するということを意味します.全
 1430: 体主義の管理者は不在です!
 1431: 
 1432: 
 1433: @node Wgetrc Syntax, Wgetrc Commands, Wgetrc Location, Startup File
 1434: @section Wgetrcの構文
 1435: @cindex wgetrc syntax
 1436: @cindex syntax of wgetrc
 1437: 
 1438: wgetrcコマンドの構文は単純です.
 1439: 
 1440: @example
 1441: variable = value
 1442: @end example
 1443: 
 1444: @dfn{変数}は@dfn{コマンド}とも呼ばれます.有効な@dfn{値}は異なるコマンド
 1445: に対し異なります.
 1446: 
 1447: コマンドは大文字小文字とアンダースコアを識別しません.このため,
 1448: @samp{DIr__PrefiX}は@samp{dirprefix}と同じです.@samp{#}で始まる行と空白
 1449: のみ含む行は,空行として捨てられます.
 1450: 
 1451: カンマで分けられたリストを期待するコマンドは,空のコマンドでリストをクリ
 1452: アします.そのため,全体的な@file{wgetrc}で指定された拒絶するリストをリ
 1453: セットしたい場合,以下のようにして行うことができます.
 1454: 
 1455: @example
 1456: reject =
 1457: @end example
 1458: 
 1459: 
 1460: @node Wgetrc Commands, Sample Wgetrc, Wgetrc Syntax, Startup File
 1461: @section Wgetrcコマンド
 1462: @cindex wgetrc commands
 1463: 
 1464: コマンドの完全なセットは以下にリストアップされていて,@samp{=}以下の文字
 1465: は,コマンドに渡す値を意味します.@samp{on/off}は@samp{on}または
 1466: @samp{off} (同様に@samp{1}または@samp{0}),@var{string}は空ではない文字
 1467: 列,また,@var{n}は正の整数です.例えば,デフォルトでプロキシサーバの使
 1468: 用を不可にするため,@samp{use_proxy = off}のように指定できます.適切な場
 1469: 合は,無限値に対し@samp{inf}を使用できます.
 1470: 
 1471: ほとんどのコマンドは,コマンドラインオプションと同じですが
 1472: (@pxref{Invoking}),時代遅れのものや滅多に使用されないものは例外です.
 1473: 
 1474: @table @asis
 1475: @item accept/reject = @var{string}
 1476: @samp{-A}/@samp{-R} (@pxref{Types of Files})と同じです.
 1477: 
 1478: @item add_hostdir = on/off
 1479: ホストが前置したファイル名を利用可/不可にします.@samp{-nH}はそれを不可
 1480: にします.
 1481: 
 1482: @item continue = on/off
 1483: 回収の継続を利用可/不可にし,それは@samp{-c} (利用可にする)と同じです.
 1484: 
 1485: @item background = on/off
 1486: バックグランドへの移行を可/不可にし,それは@samp{-b} (利用可にする)と同
 1487: じです.
 1488: 
 1489: @c @item backups = @var{number}
 1490: @c #### Document me!
 1491: @item base = @var{string}
 1492: 相対的な@sc{url}のベースを設定し,それは@samp{-B}と同じです.
 1493: 
 1494: @item cache = on/off
 1495: オフに設定した場合,サーバキャッシュを不可にします.@samp{-C}オプション
 1496: を参照してください.
 1497: 
 1498: @item convert links = on/off
 1499: 相対的でないリンクをローカルに変換します.それは@samp{-k}と同じです.
 1500: 
 1501: @item cut_dirs = @var{n}
 1502: @var{n}個のリモートディレクトリコンポーネントを無視します.
 1503: 
 1504: @item debug = on/off
 1505: デバッグモードで,それは@samp{-d}と同じです.
 1506: 
 1507: @item delete_after = on/off
 1508: ダウンロード後削除し,それは@samp{--delete-after}と同じです.
 1509: 
 1510: @item dir_prefix = @var{string}
 1511: ディレクトリツリーのトップで,それは@samp{-P}と同じです.
 1512: 
 1513: @item dirstruct = on/off
 1514: ディレクトリ構造のオン/オフを切替え,それは,それぞれ@samp{-x}や
 1515: @samp{-nd}と同じです.
 1516: 
 1517: @item domains = @var{string}
 1518: @samp{-D} (@pxref{Domain Acceptance})と同じです.
 1519: 
 1520: @item dot_bytes = @var{n}
 1521: 回収中に見ている1ドットが``含む''バイト数(デフォルトで1024)を指定します.
 1522: 値に@samp{k}や@samp{m}を後置することが可能で,それぞれキロバイトとメガバ
 1523: イトの代わりです.ドットの設定で,必要に応じてドットの回収を適応させたり,
 1524: 前もって定義された@dfn{形式}を使用できます(@pxref{Download Options}).
 1525: 
 1526: @item dots_in_line = @var{n}
 1527: 回収中にそれぞれの行に出力するドットの数(デフォルトで50)を指定します.
 1528: 
 1529: @item dot_spacing = @var{n}
 1530: 1クラスタのドットの数(デフォルトで10)を指定します.
 1531: 
 1532: @item dot_style = @var{string}
 1533: @samp{--dot-style}を用いるように,ドットの回収@dfn{形式}を指定します.
 1534: 
 1535: @item exclude_directories = @var{string}
 1536: ダウンロードから除外したいディレクトリのカンマで分けられたリストを指定し,
 1537: それは@samp{-X} (@pxref{Directory-Based Limits})と同じです.
 1538: 
 1539: @item exclude_domains = @var{string}
 1540: @samp{--exclude-domains} (@pxref{Domain Acceptance})と同じです.
 1541: 
 1542: @item follow_ftp = on/off
 1543: @sc{html}ドキュメントから@sc{ftp}リンクをたどり,それは@samp{-f}と同じで
 1544: す.
 1545: 
 1546: @item force_html = on/off
 1547: オンに設定された場合,入力ファイル名が@sc{html}ドキュメントと同じと見な
 1548: すことを強制し,それは@samp{-F}と同じです.
 1549: 
 1550: @item ftp_proxy = @var{string}
 1551: 環境で指定されたものの代わりに,@var{string}を@sc{ftp}プロキシとして使用
 1552: します.
 1553: 
 1554: @item glob = on/off
 1555: グラブをオン/オフし,それは@samp{-g}と同じです.
 1556: 
 1557: @item header = @var{string}
 1558: @samp{--header}のように,追加ヘッダを定義します.
 1559: 
 1560: @item http_passwd = @var{string}
 1561: @sc{http}パスワードを設定します.
 1562: 
 1563: @item http_proxy = @var{string}
 1564: 環境で指定されたものの代わりに,@var{string}を@sc{http}プロキシとして使
 1565: 用します.
 1566: 
 1567: @item http_user = @var{string}
 1568: @sc{http}ユーザを@var{string}に設定します.
 1569: 
 1570: @item ignore_length = on/off
 1571: オンに設定した場合,@code{Content-Length}ヘッダを無視します.
 1572: @samp{--ignore-length}と同じです.
 1573: 
 1574: @item include_directories = @var{string}
 1575: ダウンロード時にだどりたい,カンマで分けられたディレクトリのリストを指定
 1576: し,それは@samp{-I}と同じです.
 1577: 
 1578: @item input = @var{string}
 1579: @samp{-i}のように,@var{string}から@sc{url}を読み込みます.
 1580: 
 1581: @item kill_longer = on/off
 1582: content-lengthヘッダで指定されているより長いデータを無効だと考え(そして
 1583: それを回収し)ます.デフォルトの動作はそこにあるデータと同じだけ保存し,
 1584: つまり@code{Content-Length}の値より大きいまたは同じであると規定されます.
 1585: 
 1586: @item logfile = @var{string}
 1587: ログファイルを設定し,それは@samp{-o}と同じです.
 1588: 
 1589: @item login = @var{string}
 1590: @sc{ftp}に対するリモートマシンでのユーザ名です.デフォルトは
 1591: @samp{anonymous}です.
 1592: 
 1593: @item mirror = on/off
 1594: ミラーリングをオン/オフします.@samp{-m}と同じです.
 1595: 
 1596: @item netrc = on/off
 1597: netrcの読み込みをオン/オフします.
 1598: 
 1599: @item noclobber = on/off
 1600: @samp{-nc}と同じです.
 1601: 
 1602: @item no_parent = on/off
 1603: @samp{--no-parent} (@pxref{Directory-Based Limits})のように,ディレクト
 1604: リ階層外部への回収を禁止します.
 1605: 
 1606: @item no_proxy = @var{string}
 1607: 環境で指定したものの代わりに,プロキシの負荷を避けるため,@var{string}を
 1608: カンマで分けられたドメインのリストとして使用します.
 1609: 
 1610: @item output_document = @var{string}
 1611: 出力ファイル名を設定し,それは@samp{-O}と同じです.
 1612: 
 1613: @item passive_ftp = on/off
 1614: パッシブ@sc{ftp}に設定し,それは@samp{--passive-ftp}と同じです.
 1615: 
 1616: @item passwd = @var{string}
 1617: @sc{ftp}パスワードを@var{password}に設定します.設定していない場合,パス
 1618: ワードのデフォルトは@samp{username@@hostname.domainname}です.
 1619: 
 1620: @item proxy_user = @var{string}
 1621: @samp{--proxy-user}のように,プロキシ認証のユーザ名を@var{string}に設定
 1622: します.
 1623: 
 1624: @item proxy_passwd = @var{string}
 1625: @samp{--proxy-passwd}のように,プロキシ認証のパスワードを@var{string}に
 1626: 設定します.
 1627: 
 1628: @item quiet = on/off
 1629: 静かなモードで,それは@samp{-q}と同じです.
 1630: 
 1631: @item quota = @var{quota}
 1632: ダウンロードのクォータを指定し,それは全体的なwgetrcに置くと便利です.ダ
 1633: ウンロードクォータが指定された場合,Wgetは,ダウンロードの合計がクォータ
 1634: より大きくなった後,回収を停止します.クォータはバイト(デフォルト),キロ
 1635: バイト(@samp{k}の追加),またはメガバイト(@samp{m}の追加)で指定できます.
 1636: このため,@samp{quota = 5m}はクォータを5メガバイトに設定します.ユーザの
 1637: スタートアップファイルがシステム設定に優先することに注意してください.
 1638: 
 1639: @item reclevel = @var{n}
 1640: 再帰のレベルで,それは@samp{-l}と同じです.
 1641: 
 1642: @item recursive = on/off
 1643: 再帰をオン/オフし,それは@samp{-r}と同じです.
 1644: 
 1645: @item relative_only = on/off
 1646: 相対リンクのみをたどり,それは@samp{-L} (@pxref{Relative Links})と同じで
 1647: す.
 1648: 
 1649: @item remove_listing = on/off
 1650: オンに設定された場合,Wgetがダウンロードした@sc{ftp}リストを削除します.
 1651: オフの設定は@samp{-nr}と同じです.
 1652: 
 1653: @item retr_symlinks = on/off
 1654: オンに設定したとき,シンボリックリンクをプレーンファイルであるかのように
 1655: 回収します.@samp{--retr-symlinks}と同じです.
 1656: 
 1657: @item robots = on/off
 1658: @file{/robots.txt}ファイル(@pxref{Robots})を使用します(または使用しませ
 1659: ん)デフォルト(@samp{on})を変更する前に,自分が行っていることが分かってい
 1660: るか確かめてください.
 1661: 
 1662: @item server_response = on/off
 1663: @sc{http}と@sc{ftp}サーバのレスポンスの出力を行うかどうか選択し,それは
 1664: @samp{-S}と同じです.
 1665: 
 1666: @item simple_host_check = on/off
 1667: @samp{-nh} (@pxref{Host Checking})と同じです.
 1668: 
 1669: @item span_hosts = on/off
 1670: @samp{-H}と同じです.
 1671: 
 1672: @item timeout = @var{n}
 1673: タイムアウトの値を設定し,それは@samp{-T}と同じです.
 1674: 
 1675: @item timestamping = on/off
 1676: タイムスタンプのオン/オフを切替えます.@samp{-N} (@pxref{Time-Stamping}) 
 1677: と同じです.
 1678: 
 1679: @item tries = @var{n}
 1680: @sc{url}毎の再挑戦回数を設定し,それは@samp{-t}と同じです.
 1681: 
 1682: @item use_proxy = on/off
 1683: プロキシサポートのオン/オフを切替えます.@samp{-Y}と同じです.
 1684: 
 1685: @item verbose = on/off
 1686: 冗長出力のオン/オフを切替えます.@samp{-v}/@samp{-nv}と同じです.
 1687: 
 1688: @item wait = @var{n}
 1689: 回収の間で@var{n}秒待ち,それは@samp{-w}と同じです.
 1690: @end table
 1691: 
 1692: 
 1693: @node Sample Wgetrc,  , Wgetrc Commands, Startup File
 1694: @section Wgetrcの見本
 1695: @cindex sample wgetrc
 1696: 
 1697: これは,配布物で与えられる初期化ファイルの例です.それは2つの部分に分け
 1698: られます---1つは全体的な使用で(全体的なスタートアップファイルに適してい
 1699: ます),もう1つはローカルで使用するもの(@file{$HOME/.wgetrc}に適していま
 1700: す)です.変更には注意してください.
 1701: 
 1702: 全ての行がコメントアウトされていることに注意してください.効果を得たいあ
 1703: らゆる行に対し,行の前に前置された@samp{#}を削除する必要があります.
 1704: 
 1705: @example
 1706: ###
 1707: ### Sample Wget initialization file .wgetrc
 1708: ###
 1709: 
 1710: ## You can use this file to change the default behaviour of wget or to
 1711: ## avoid having to type many many command-line options. This file does
 1712: ## not contain a comprehensive list of commands -- look at the manual
 1713: ## to find out what you can put into this file.
 1714: ## 
 1715: ## Wget initialization file can reside in /usr/local/etc/wgetrc
 1716: ## (global, for all users) or $HOME/.wgetrc (for a single user).
 1717: ##
 1718: ## To use any of the settings in this file, you will have to uncomment
 1719: ## them (and probably change them).
 1720: 
 1721: 
 1722: ##
 1723: ## Global settings (useful for setting up in /usr/local/etc/wgetrc).
 1724: ## Think well before you change them, since they may reduce wget's
 1725: ## functionality, and make it behave contrary to the documentation:
 1726: ##
 1727: 
 1728: # You can set retrieve quota for beginners by specifying a value
 1729: # optionally followed by 'K' (kilobytes) or 'M' (megabytes).  The
 1730: # default quota is unlimited.
 1731: #quota = inf
 1732: 
 1733: # You can lower (or raise) the default number of retries when
 1734: # downloading a file (default is 20).
 1735: #tries = 20
 1736: 
 1737: # Lowering the maximum depth of the recursive retrieval is handy to
 1738: # prevent newbies from going too "deep" when they unwittingly start
 1739: # the recursive retrieval.  The default is 5.
 1740: #reclevel = 5
 1741: 
 1742: # Many sites are behind firewalls that do not allow initiation of
 1743: # connections from the outside.  On these sites you have to use the
 1744: # `passive' feature of FTP.  If you are behind such a firewall, you
 1745: # can turn this on to make Wget use passive FTP by default.
 1746: #passive_ftp = off
 1747: 
 1748: 
 1749: ##
 1750: ## Local settings (for a user to set in his $HOME/.wgetrc).  It is
 1751: ## *highly* undesirable to put these settings in the global file, since
 1752: ## they are potentially dangerous to "normal" users.
 1753: ##
 1754: ## Even when setting up your own ~/.wgetrc, you should know what you
 1755: ## are doing before doing so.
 1756: ##
 1757: 
 1758: # Set this to on to use timestamping by default:
 1759: #timestamping = off
 1760: 
 1761: # It is a good idea to make Wget send your email address in a `From:'
 1762: # header with your request (so that server administrators can contact
 1763: # you in case of errors).  Wget does *not* send `From:' by default.
 1764: #header = From: Your Name <username@@site.domain>
 1765: 
 1766: # You can set up other headers, like Accept-Language.  Accept-Language
 1767: # is *not* sent by default.
 1768: #header = Accept-Language: en
 1769: 
 1770: # You can set the default proxy for Wget to use.  It will override the
 1771: # value in the environment.
 1772: #http_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/
 1773: 
 1774: # If you do not want to use proxy at all, set this to off.
 1775: #use_proxy = on
 1776: 
 1777: # You can customize the retrieval outlook.  Valid options are default,
 1778: # binary, mega and micro.
 1779: #dot_style = default
 1780: 
 1781: # Setting this to off makes Wget not download /robots.txt.  Be sure to
 1782: # know *exactly* what /robots.txt is and how it is used before changing
 1783: # the default!
 1784: #robots = on
 1785: 
 1786: # It can be useful to make Wget wait between connections.  Set this to
 1787: # the number of seconds you want Wget to wait.
 1788: #wait = 0
 1789: 
 1790: # You can force creating directory structure, even if a single is being
 1791: # retrieved, by setting this to on.
 1792: #dirstruct = off
 1793: 
 1794: # You can turn on recursive retrieving by default (don't do this if
 1795: # you are not sure you know what it means) by setting this to on.
 1796: #recursive = off
 1797: 
 1798: # To have Wget follow FTP links from HTML files by default, set this
 1799: # to on:
 1800: #follow_ftp = off
 1801: @end example
 1802: 
 1803: 
 1804: @node Examples, Various, Startup File, Top
 1805: @chapter 例
 1806: @cindex examples
 1807: 
 1808: 明確さのため,例は3つのセクションにクラス分けされています.最初のセクショ
 1809: ンは初心者のためのチュートリアルです.2番目のセクションは,より複雑なプ
 1810: ログラムの特徴のいくつかを説明します.3番目のセクションは,ミラー管理者
 1811: のためのアドバイスと,同様に,より複雑な特徴(ひねくれた呼び出しもありま
 1812: す)を説明します.
 1813: 
 1814: @menu
 1815: * Simple Usage::        Simple, basic usage of the program.
 1816: * Advanced Usage::      Advanced techniques of usage.
 1817: * Guru Usage::          Mirroring and the hairy stuff.
 1818: @end menu
 1819: 
 1820: @node Simple Usage, Advanced Usage, Examples, Examples
 1821: @section 簡単な使用方法
 1822: 
 1823: @itemize @bullet
 1824: @item
 1825: @sc{url}をダウンロードしたいとします.以下のように入力します.
 1826: 
 1827: @example
 1828: wget http://fly.cc.fer.hr/
 1829: @end example
 1830: 
 1831: レスポンスは以下のようになります.
 1832: 
 1833: @example
 1834: @group
 1835: --13:30:45--  http://fly.cc.fer.hr:80/en/
 1836:            => `index.html'
 1837: Connecting to fly.cc.fer.hr:80... connected!
 1838: HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
 1839: Length: 4,694 [text/html]
 1840: 
 1841:     0K -> ....                                                   [100%]
 1842: 
 1843: 13:30:46 (23.75 KB/s) - `index.html' saved [4694/4694]
 1844: @end group
 1845: @end example
 1846: 
 1847: @item
 1848: しかし,接続が遅い場合やファイルが長いとき,何が生じるのでしょうか? 接続
 1849: は,ファイル全体を回収する前に1度以上失敗するでしょう.この場合,Wgetは
 1850: ファイル全体を取得する,または再挑戦の回数(デフォルトで20)を越えるまで,
 1851: ファイルの取得を試みます.ファイル全体を安全に得る保証のため,試みる回数
 1852: を45に変更することは簡単です.
 1853: 
 1854: @example
 1855: wget --tries=45 http://fly.cc.fer.hr/jpg/flyweb.jpg
 1856: @end example
 1857: 
 1858: @item
 1859: さて,Wgetにバックグラウンドで働くようにし,その進捗状況をログファイル
 1860: @file{log}に書き出します.@samp{--tries}と入力は大変なので,我々は
 1861: @samp{-t}を使用します.
 1862: 
 1863: @example
 1864: wget -t 45 -o log http://fly.cc.fer.hr/jpg/flyweb.jpg &
 1865: @end example
 1866: 
 1867: 行の終りのアンパーサンドはWgetがバックグラウンドで働くことを確実にします.
 1868: 再挑戦の回数を無制限にするため,@samp{-t inf}を使用してください.
 1869: 
 1870: @item
 1871: @sc{ftp}の使用は単純です.Wgetはログインとパスワードも世話します.
 1872: 
 1873: @example
 1874: @group
 1875: $ wget ftp://gnjilux.cc.fer.hr/welcome.msg
 1876: --10:08:47--  ftp://gnjilux.cc.fer.hr:21/welcome.msg
 1877:            => `welcome.msg'
 1878: Connecting to gnjilux.cc.fer.hr:21... connected!
 1879: Logging in as anonymous ... Logged in!
 1880: ==> TYPE I ... done.  ==> CWD not needed.
 1881: ==> PORT ... done.    ==> RETR welcome.msg ... done.
 1882: Length: 1,340 (unauthoritative)
 1883: 
 1884:     0K -> .                                                      [100%]
 1885: 
 1886: 10:08:48 (1.28 MB/s) - `welcome.msg' saved [1340]
 1887: @end group
 1888: @end example
 1889: 
 1890: @item
 1891: ディレクトリを指定する場合,Wgetはディレクトリリストを回収し,それを解析
 1892: し@sc{html}に変換します.以下を試してみてください.
 1893: 
 1894: @example
 1895: wget ftp://prep.ai.mit.edu/pub/gnu/
 1896: lynx index.html
 1897: @end example
 1898: @end itemize
 1899: 
 1900: 
 1901: @node Advanced Usage, Guru Usage, Simple Usage, Examples
 1902: @section 高度な使用方法
 1903: 
 1904: @itemize @bullet
 1905: @item
 1906: ファイルから@sc{url}のリストを読み込みたいとします.それは問題ありません.
 1907: 
 1908: @example
 1909: wget -i file
 1910: @end example
 1911: 
 1912: ファイル名として@samp{-}を指定した場合,@sc{url}は標準入力から読み込まれ
 1913: ます.
 1914: 
 1915: @item
 1916: GNU @sc{www}サイトのミラーイメージを(オリジナルと同じディレクトリ構造で),
 1917: ドキュメント毎に1度の挑戦だけで作成し,動作のログを@file{gnulog}に保存し
 1918: ます.
 1919: 
 1920: @example
 1921: wget -r -t1 http://www.gnu.ai.mit.edu/ -o gnulog
 1922: @end example
 1923: 
 1924: @item
 1925: Yahooのリンクの最初のレイヤーを回収します.
 1926: 
 1927: @example
 1928: wget -r -l1 http://www.yahoo.com/
 1929: @end example
 1930: 
 1931: @item
 1932: オリジナルのサーバのヘッダを見せながら,@samp{www.lycos.com}のindex.html
 1933: を回収します.
 1934: 
 1935: @example
 1936: wget -S http://www.lycos.com/
 1937: @end example
 1938: 
 1939: @item
 1940: サーバヘッダをファイルに保存します.
 1941: @example
 1942: wget -s http://www.lycos.com/
 1943: more index.html
 1944: @end example
 1945: 
 1946: @item
 1947: @samp{wuarchive.wustl.edu}の最初の2つのレベルを回収し,/tmpに保存します.
 1948: 
 1949: @example
 1950: wget -P/tmp -l2 ftp://wuarchive.wustl.edu/
 1951: @end example
 1952: 
 1953: @item
 1954: @sc{http}ディレクトリから全ての@sc{gif}ダウンロードしたいものとします.
 1955: @sc{http}の回収はグラブをサポートしないので,@samp{wget
 1956: http://host/dir/*.gif}は動作しません.その場合以下を使用します.
 1957: 
 1958: @example
 1959: wget -r -l1 --no-parent -A.gif http://host/dir/
 1960: @end example
 1961: 
 1962: それはわずかなkludgeですが,働きます.@samp{-r -l1}は,最大深度が1の再帰
 1963: 的な回収(@pxref{Recursive Retrieval})を意味します.@samp{--no-parent}は
 1964: 親ディレクトリへの参照を無視すること(@pxref{Directory-Based Limits})を意
 1965: 味し,@samp{-A.gif}は@sc{gif}ファイルのみをダウンロードすることを意味し
 1966: ます.@samp{-A "*.gif"}も働きます.
 1967: 
 1968: @item
 1969: Wgetが中断したとき,ダウンロード中だったとします.さて,既に存在するファ
 1970: イルをclobberしたくはありません.そして,以下のようにします.
 1971: 
 1972: @example
 1973: wget -nc -r http://www.gnu.ai.mit.edu/
 1974: @end example
 1975: 
 1976: @item
 1977: @sc{http}や@sc{ftp}のユーザ名とパスワードを符号化したい場合,適切な
 1978: @sc{url}構文(@pxref{URL Format})を使用してください.
 1979: 
 1980: @example
 1981: wget ftp://hniksic:mypassword@@jagor.srce.hr/.emacs
 1982: @end example
 1983: 
 1984: @item
 1985: デフォルトの回収の視覚化(1Kで1ドット,クラスタ毎に10ドット,そして1行に
 1986: 50ドット)が好きではない場合,ドットの設定(@pxref{Wgetrc Commands})でカス
 1987: タマイズすることができます.例えば,1ドット8Kで1行512Kの``バイナリ''スタ
 1988: イルの回収を好む人もたくさんいます.
 1989: 
 1990: @example
 1991: wget --dot-style=binary ftp://prep.ai.mit.edu/pub/gnu/README
 1992: @end example
 1993: 
 1994: 以下のように,他のスタイルを試すこともできます.
 1995: 
 1996: @example
 1997: wget --dot-style=mega ftp://ftp.xemacs.org/pub/xemacs/xemacs-20.4/xemacs-20.4.tar.gz
 1998: wget --dot-style=micro http://fly.cc.fer.hr/
 1999: @end example
 2000: 
 2001: これらの設定を永久的に行うため,前述(@pxref{Sample Wgetrc})したように
 2002: @file{.wgetrc}に書いてください.
 2003: @end itemize
 2004: 
 2005: 
 2006: @node Guru Usage,  , Advanced Usage, Examples
 2007: @section グルの使用方法
 2008: 
 2009: @cindex mirroring
 2010: @itemize @bullet
 2011: @item
 2012: ページ(または@sc{ftp}サブディレクトリ)のミラーをWgetに保持させたい場合,
 2013: @samp{-r -N}に対する省略形の@samp{--mirror} (@samp{-m})を使用してくださ
 2014: い.日曜日毎にサイトを再調査を依頼するため,Wgetをcrontabファイルに置く
 2015: ことができます.
 2016: 
 2017: @example
 2018: crontab
 2019: 0 0 * * 0 wget --mirror ftp://ftp.xemacs.org/pub/xemacs/ -o /home/me/weeklog
 2020: @end example
 2021: 
 2022: @item
 2023: 誰かのホームページと同じにしたいと思うかもしれません.しかし,これらの全
 2024: ての画像をダウンロードしたくはありません---@sc{html}のみに興味があるとし
 2025: ます.
 2026: 
 2027: @example
 2028: wget --mirror -A.html http://www.w3.org/
 2029: @end example
 2030: 
 2031: @item
 2032: しかし,ネットワーク的に近いホストをミラーしてはどうでしょう? 全ての
 2033: @sc{dns}解決のため,余りに遅く感じます.単に@samp{-D} (@pxref{Domain
 2034: Acceptance})を使用してください.
 2035: 
 2036: @example
 2037: wget -rN -Dsrce.hr http://www.srce.hr/
 2038: @end example
 2039: 
 2040: さて,Wgetは@samp{regoc.srce.hr}が@samp{www.srce.hr}と同じことを,正しく
 2041: 判別しますが,@samp{www.mit.edu}へのリンクは考慮しません.
 2042: 
 2043: @item
 2044: プレゼンテーションを持っていて,絶対リンクを相対リンクに変換したいと考え
 2045: るでしょうか?  @samp{-k}を使用してください.
 2046: 
 2047: @example
 2048: wget -k -r @var{URL}
 2049: @end example
 2050: 
 2051: @cindex redirecting output
 2052: @item
 2053: 出力ドキュメントを,ファイルの代わりに標準出力にしたいと思いますか? OK,
 2054: しかし,Wgetは自動的にWgetの出力と回収されたドキュメントが混ざるのを避け
 2055: るため,黙ります(@samp{--quiet}に切替えます).
 2056: 
 2057: @example
 2058: wget -O - http://jagor.srce.hr/ http://www.srce.hr/
 2059: @end example
 2060: 
 2061: 2つのオプションを統合して,奇妙なパイプラインで,リモートホストリストか
 2062: らドキュメント回収することもできます.
 2063: 
 2064: @example
 2065: wget -O - http://cool.list.com/ | wget --force-html -i -
 2066: @end example
 2067: @end itemize
 2068: 
 2069: 
 2070: @node Various, Appendices, Examples, Top
 2071: @chapter 様々なもの
 2072: @cindex various
 2073: 
 2074: この章は,どこにも適さなかったあらゆるものを含みます.
 2075: 
 2076: @menu
 2077: * Proxies::             Support for proxy servers
 2078: * Distribution::        Getting the latest version.
 2079: * Mailing List::        Wget mailing list for announcements and discussion.
 2080: * Reporting Bugs::      How and where to report bugs.
 2081: * Portability::         The systems Wget works on.
 2082: * Signals::             Signal-handling performed by Wget.
 2083: @end menu
 2084: 
 2085: @node Proxies, Distribution, Various, Various
 2086: @section プロキシ
 2087: @cindex proxies
 2088: 
 2089: @dfn{プロキシ}は,リモートサーバからローカルクライアントにデータを転送す
 2090: るために設計された,特別な目的の@sc{http}サーバです.プロキシの1つの典型
 2091: 的な使用は,遅い接続にいるユーザのため,ネットワーク負荷を軽くすることで
 2092: す.これは,転送したデータをキャッシュするプロキシを通じて,全ての
 2093: @sc{http}と@sc{ftp}の要求の経路を作ることで達成します.キャッシュリソー
 2094: スが再び要求されたとき,プロキシはキャッシュからデータを返します.プロキ
 2095: シのもう1つの使用は,(セキュリティの理由で)インターネットに残されている
 2096: ものから,内部のネットワークを分けてい会社のためです.Webから情報を得る
 2097: ため,それらのユーザは,認証されたプロキシを使用してリモートデータに接続
 2098: し回収します.
 2099: 
 2100: Wgetは,@sc{http}と@sc{ftp}の回収の両方でプロキシをサポートします.Wget
 2101: が認識できるように,プロキシの位置を指定する標準的な方法は,以下の環境変
 2102: 数を使用することです.
 2103: 
 2104: @table @code
 2105: @item http_proxy
 2106: この変数は,@sc{http}に接続するためのプロキシの@sc{url}を含むべきです.
 2107: 
 2108: @item ftp_proxy
 2109: この変数は,@sc{ftp}に接続するためのプロキシの@sc{url}を含むべきです.
 2110: @sc{http_proxy}と@sc{ftp_proxy}を同じ@sc{url}に設定することは,全く普通
 2111: です.
 2112: 
 2113: @item no_proxy
 2114: この変数は,カンマで分けられた,プロキシを使用し@emph{ない},ドメイン拡
 2115: 張子のリストです.例えば,@code{no_proxy}の値が@samp{.mit.edu}の場合,プ
 2116: ロキシはMITからのドキュメントの回収で使用されません.
 2117: @end table
 2118: 
 2119: 環境変数に加えて,プロキシの位置や設定はWget自身から指定できます.
 2120: 
 2121: @table @samp
 2122: @item -Y on/off
 2123: @itemx --proxy=on/off
 2124: @itemx proxy = on/off
 2125: このオプションは,プロキシサポートのオン/オフを切替えます.適切な環境変
 2126: 数が設定されている場合,プロキシサポートはデフォルトでオンです.
 2127: 
 2128: @item http_proxy = @var{URL}
 2129: @itemx ftp_proxy = @var{URL}
 2130: @itemx no_proxy = @var{string}
 2131: これらのスタートアップファイル変数で,環境で指定されているプロキシの設定
 2132: に優先します.
 2133: @end table
 2134: 
 2135: プロキシサーバの使用を可能にするため,認証を要求するサーバもあります.認
 2136: 証は,@dfn{ユーザ名}と@dfn{パスワード}から成り立ち,それはWgetが送るはず
 2137: です.@sc{http}認証と同様に,いくつかの認証手法が存在します.プロキシ認
 2138: 証のため,@code{Basic}認証手法のみ,現在インプリメントされています.
 2139: 
 2140: ユーザ名とパスワードを,プロキシ@sc{url}またはコマンドラインオプションの
 2141: どちらかで指定できます.会社のプロキシが,@samp{proxy.srce.hr}の8001ポー
 2142: トに位置していると仮定すると,認証データを含むプロキシ@sc{url}の位置は以
 2143: 下のようになります.
 2144: 
 2145: @example
 2146: http://hniksic:mypassword@@proxy.company.com:8001/
 2147: @end example
 2148: 
 2149: 代わりに,プロキシユーザ名とパスワードを設定するため,@samp{proxy-user}
 2150: と@samp{proxy-password}オプションと,等価の@file{.wgetrc}での
 2151: @code{proxy_user}と@code{proxy_passwd}の設定を使用できます.
 2152: 
 2153: 
 2154: @node Distribution, Mailing List, Proxies, Various
 2155: @section 配布
 2156: @cindex latest version
 2157: 
 2158: 全てのGNUユーティリティのように,Wgetの最近のバージョンは,GNUアーカイブ
 2159: サイトprep.ai.mit.eduとそのミラーで見つかります.例えば,Wget
 2160: @value{VERSION}は,
 2161: @url{ftp://prep.ai.mit.edu/pub/gnu/wget-@value{VERSION}.tar.gz}で見付け
 2162: ることができます.
 2163: 
 2164: 
 2165: @node Mailing List, Reporting Bugs, Distribution, Various
 2166: @section メーリングリスト
 2167: @cindex mailing list
 2168: @cindex list
 2169: 
 2170: Wgetは,@email{wget@@sunsite.auc.dk}に,Karsten Thygesenのおかげで,独自
 2171: のメーリングリストがあります.メーリングリストはWgetの特徴とwebの議論,
 2172: Wgetのバグレポート(大衆にとって重要だと思うもの),そしてメールでのアナウ
 2173: ンスのためです.購読を歓迎します.リスト上の人々が多ければ多いほど良いで
 2174: しょう!
 2175: 
 2176: 購読するために,@email{wget-subscribe@@sunsite.auc.dk}にメールを送ってく
 2177: ださい.サブジェクトに魔法の呪文@samp{subscribe}を書いてください.
 2178: @email{wget-unsubscribe@@sunsite.auc.dk}にメールを送ることで購読を止めて
 2179: ください.
 2180: 
 2181: メーリングリストは@url{http://fly.cc.fer.hr/archive/wget}に保存されます.
 2182: 
 2183: 
 2184: @node Reporting Bugs, Portability, Mailing List, Various
 2185: @section バグの報告
 2186: @cindex bugs
 2187: @cindex reporting bugs
 2188: @cindex bug reports
 2189: 
 2190: GNU Wgetに関するバグレポートを@email{bug-wget@@gnu.org}に送ることを歓迎
 2191: します.大衆にとってバグだと思ったもの(すなわち,より多くの人々が知らさ
 2192: れるべきであるもの)は,@email{wget@@sunsite.auc.dk}のメーリングリストに
 2193: Ccすることができます.
 2194: 
 2195: 実際にバグレポートを提出する前に,以下の2,3の単純なガイドラインに従って
 2196: みてください.
 2197: 
 2198: @enumerate
 2199: @item
 2200: 動作が本当にバグだということを確認してみてください.Wgetが壊れた場合,そ
 2201: れはバグです.Wgetがドキュメントのように動作しない場合,それはバグです.
 2202: 奇妙な動作をするが,期待した動作をさせる方法について確かではない場合,お
 2203: そらくバグです.
 2204: 
 2205: @item
 2206: できるだけ単純な状況で,バグを繰り返してみてください.例えば,Wgetが
 2207: @samp{wget -rLl0 -t5 -Y0 http://yoyodyne.com -o /tmp/log}で壊れる場合,
 2208: より単純なオプション設定で壊れるかどうか,見てみるべきです.
 2209: 
 2210: また,@file{.wgetrc}の内容を知ることに興味がありはしますが,バグメッセー
 2211: ジにそれをそのままダンプするのは,余り良いアイディアではありません.代わ
 2212: りに,@file{.wgetrc}を伴うバグの報告が道を外れていないか,最初に見るべき
 2213: です.@file{.wgetrc}の設定がバグに影響があることが分かる場合のみ,ファイ
 2214: ルの適切な部分をメールすべきです.
 2215: 
 2216: @item
 2217: Wgetを@samp{-d}オプションで開始し,ログ(または,その適切な部分)を送って
 2218: ください.Wgetがデバッグのサポート無しでコンパイルされている場合,再コン
 2219: パイルしてください.デバッグサポートをオンにしたバグの追跡は,@emph{非常
 2220: に}簡単になります.
 2221: 
 2222: @item
 2223: Wgetが壊れた場合,デバッガで動作してみてください.例えば,逆追跡するため,
 2224: @code{gdb `which wget` core}とし@code{where}と入力します.
 2225: 
 2226: @item
 2227: バグがある場所を見付け,それをフィクスしパッチを送ってください.:-)
 2228: @end enumerate
 2229: 
 2230: 
 2231: @node Portability, Signals, Reporting Bugs, Various
 2232: @section 移植
 2233: @cindex portability
 2234: @cindex operating systems
 2235: 
 2236: Wgetは,構築とコンフィグレーションにGNU Autoconfを使用していて,特定の
 2237: Unixの``特別な''超凄くカッコいい特徴の使用を避けているので,全ての一般の
 2238: Unixの類でコンパイル(と動作)するでしょう.
 2239: 
 2240: 様々なWgetのバージョンが,多種のUnixシステムでコンパイルされテストされて
 2241: いて,それには,Solaris,Linux,SunOS,OSF (aka Digital Unix),Ultrix,
 2242: *BSD,IRIX,その他を含みます.包括的なリストのため,配布されたディレクト
 2243: リのファイル@file{MACHINES}を参照してください.そこにリストアップされて
 2244: いないアーキテクチャでコンパイルした場合,更新するために知らせてください.
 2245: 
 2246: Wgetは,@file{MACHINES}にリストアップされていない,他のUnixシステムでも
 2247: コンパイルすべきです.そうされていない場合,知らせてください.
 2248: 
 2249: 親切な貢献者のおかげで,Wgetのこのバージョンは,Microsoft Windows 95と
 2250: Windows NTのプラットホームで,コンパイルし動作します.それは,ネットワー
 2251: クソフトウェアとしてWinsockを用いて,MS Visual C++ 4.0,Watcom,そして
 2252: Borland Cコンパイラを使用してコンパイルが成功しています.当然,Unixで利
 2253: 用可能ないくつかの特徴に障害がありますが,Windowsを押しつけられている人々
 2254: に代用として働きます.Windowsの移植は,@strong{テストも管理もしていない} 
 2255: ことに注意してください---全ての疑問と問題は,管理者が見るであろう,
 2256: @email{wget@@sunsite.auc.dk}のWgetメーリングリストに報告すべきです.
 2257: 
 2258: 
 2259: @node Signals,  , Portability, Various
 2260: @section シグナル
 2261: @cindex signal handling
 2262: @cindex hangup
 2263: 
 2264: Wgetの目的がバックグラウンドで動作することなので,ハングアップシグナル
 2265: (@code{SIGHUP})を受け取り,それを無視します.出力が標準出力の場合,ファ
 2266: イル名@file{wget-log}にリダイレクトされます.それ以外では,@code{SIGHUP} 
 2267: は無視されます.これは,開始後Wgetの出力をリダイレクトしたい場合便利です.
 2268: 
 2269: @example
 2270: $ wget http://www.ifi.uio.no/~larsi/gnus.tar.gz &
 2271: $ kill -HUP %%     # Redirect the output to wget-log
 2272: @end example
 2273: 
 2274: それ以外に,Wgetはあらゆるシグナルに干渉しようとしません.@kbd{C-c},
 2275: @code{kill -TERM}と@code{kill -KILL}は同様にそれをキルします.
 2276: 
 2277: 
 2278: @node Appendices, Copying, Various, Top
 2279: @chapter 付録
 2280: 
 2281: この章は,私が役に立つと考えるリファレンスを含み,それはロボットの除外の
 2282: 標準仕様のようなものと,また,GNU Wgetへの貢献者のリストです.
 2283: 
 2284: @menu
 2285: * Robots::                  Wget as a WWW robot.
 2286: * Security Considerations:: Security with Wget.
 2287: * Contributors::            People who helped.
 2288: @end menu
 2289: 
 2290: @node Robots, Security Considerations, Appendices, Appendices
 2291: @section ロボット
 2292: @cindex robots
 2293: @cindex robots.txt
 2294: @cindex server maintenance
 2295: 
 2296: Wgetはwebを渡り歩くことが可能なので,それはWeb@dfn{ロボット}の1つとして
 2297: 数えられます.このため,Wgetは@dfn{Robots Exclusion Standard} (@sc{res}) 
 2298: を理解します---@file{/robots.txt}の内容は,Wgetの徘徊からシステムの一部
 2299: を保護するためサーバ管理者が使用します.
 2300: 
 2301: ロボット拒否のサポートは再帰的回収時のみオンに切替えられ,最初のページに
 2302: 対しては行い@emph{ません}.このため,以下のように発行します.
 2303: 
 2304: @example
 2305: wget -r http://fly.cc.fer.hr/
 2306: @end example
 2307: 
 2308: fly.cc.fer.hrの最初のインデクッスはダウンロードされます.Wgetが同じホス
 2309: トでダウンロードする価値があるものを見付けた場合,@emph{そのとき}だけロ
 2310: ボットがロードされ,全てのリンクをロードするかどうか決定します.
 2311: @file{/robots.txt}は,ホスト毎に1度ロードされます.Wgetは@code{META}タグ
 2312: ロボットをサポートしません.
 2313: 
 2314: ロボット拒否の標準の記述が書かれていて,Martijn Koster
 2315: @email{m.koster@@webcrawler.com}が管理しています.彼の許可で,@sc{res}の
 2316: 文章化されたバージョンを(わずかに修正して)提供します.
 2317: 
 2318: 
 2319: @menu
 2320: * Introduction to RES::
 2321: * RES Format::
 2322: * User-Agent Field::
 2323: * Disallow Field::
 2324: * Norobots Examples::
 2325: @end menu
 2326: 
 2327: @node Introduction to RES, RES Format, Robots, Robots
 2328: @subsection RESの紹介
 2329: @cindex norobots introduction
 2330: 
 2331: @dfn{WWWロボット} (または,@dfn{wanderers}や@dfn{spiders}と呼ばれます)は,
 2332: リンクされたページの再帰的な回収で,World Wide Webで多くのページを渡り歩
 2333: くプログラムです.詳細はロボットのページを参照してください.
 2334: 
 2335: 1993と1994にロボットが訪問した@sc{www}サーバで,様々な理由で歓迎されない
 2336: ときがありました.これらの理由はロボットの特有の時もあり,例えば,あるロ
 2337: ボットが,矢つぎばやの要求でサーバを身動きできなくしたり,同じファイルを
 2338: 何度も回収したりという理由でした.他の状況では,ロボットは不適切な
 2339: @sc{www}サーバの部分を渡り歩くこともあり,例えばそれは,非常に深い仮想ツ
 2340: リー,複製された情報,一時的な情報,また(投票のような)サイトに影響のある
 2341: cgiスクリプトです.
 2342: 
 2343: これらの事件は,アクセスすべきではないサーバの部分をロボットに示すため,
 2344: @sc{www}サーバに対し確立されたメカニズムが必要だということを示しました.
 2345: この標準は,操作上の解決の必要性を扱います.
 2346: 
 2347: このドキュメントは,ロボットの著者の大多数とロボットに興味があるその他の
 2348: 人々の間ででの,ロボットメーリングリスト(@code{robots@@webcrawler.com}) 
 2349: での1994年6月30日の合意を表します.それは,テクニカルWorld Wide Web
 2350: (@code{www-talk@@info.cern.ch})での議論に対し開かれました.このドキュメ
 2351: ントは,同じタイトルでの前の仕事のドラフトを基本にしています.
 2352: 
 2353: 標準本体に支持されたり,商用組織に所有されたりしている,公的な標準ではあ
 2354: りません.それは,誰に対しても強制力はなく,そこには現在と将来のロボット
 2355: 全てがそれを使用するという保証もありません.ロボットからの期待しないアク
 2356: セスから@sc{www}サーバを守るため,ロボットの著者の多くが@sc{www}コミュニ
 2357: ティーに提案する,共通のファシリティだと考えてください.
 2358: 
 2359: このドキュメントの最近のバージョンは,
 2360: 
 2361: @url{http://info.webcrawler.com/mak/projects/robots/norobots.html}
 2362: 
 2363: @noindent
 2364: で見つけることができます.
 2365: 
 2366: 
 2367: @node RES Format, User-Agent Field, Introduction to RES, Robots
 2368: @subsection RESの書式
 2369: @cindex norobots format
 2370: 
 2371: @file{/robots.txt}ファイルの書式と意味論は以下の通りです.
 2372: 
 2373: ファイルは,1つ以上の(@code{CR},@code{CR/NL},または@code{NL}で終端され
 2374: た)空白行で分けられた,1つ以上のレコードから成り立ちます.それぞれのレコー
 2375: ドは以下の形式の行から成り立ちます.
 2376: 
 2377: @example
 2378: <field>:<optionalspace><value><optionalspace>
 2379: @end example
 2380: 
 2381: フィールド名は,大文字小文字を認識します.
 2382: 
 2383: コメントは,UNIXボーンシェルの慣習を使用して,ファイルに含めることができ
 2384: ます.@samp{#}文字は,(もしあれば)前にスペースがあることをを示すために使
 2385: 用され,行の残りは行の終りまで削除されます.コメントのみを含む行は,完全
 2386: に削除され,それゆえレコードの境界を示しません.
 2387: 
 2388: レコードは1つ以上の代理ユーザ行で始まり,以下で詳述する1つ以上の不許可行
 2389: が続きます.理解できないヘッダは無視されます.
 2390: 
 2391: 空の@file{/robots.txt}ファイルの存在は明示的に関連付された意味論を持たず,
 2392: まるで存在しないかのように扱われ,すなわち,すべてのロボットは歓迎されて
 2393: いると考えます.
 2394: 
 2395: 
 2396: @node User-Agent Field, Disallow Field, RES Format, Robots
 2397: @subsection 代理ユーザフィールド
 2398: @cindex norobots user-agent
 2399: 
 2400: このフィールドの値は,レコードがアクセスポリシーを記述しているロボットの
 2401: 名前です.
 2402: 
 2403: 1つ以上の代理ユーザフィールドが存在する場合,レコードは1つ以上のロボット
 2404: に対しアクセスポリシーを示す記述です.少なくとも1つのフィールドがレコー
 2405: ド毎に存在するしている必要があります.
 2406: 
 2407: ロボットは,このフィールドの解釈を自由に行います.バージョン情報が無い大
 2408: 文字小文字の基底文字の一致が推奨されます.
 2409: 
 2410: 値が@samp{*}の場合,レコードは,あらゆるロボットに対するデフォルトのアク
 2411: セスポリシーが,他のレコードに一致していないことを記述します.多くのその
 2412: ようなレコードが,@file{/robots.txt}ファイルにあることは許可されません.
 2413: 
 2414: 
 2415: @node Disallow Field, Norobots Examples, User-Agent Field, Robots
 2416: @subsection 不許可フィールド
 2417: @cindex norobots disallow
 2418: 
 2419: このフィールドの値は,訪問されない特定の@sc{url}を指定します.これはフル
 2420: パスでも部分的なパスでも可能です.この値で始まるあらゆる@sc{url}は回収で
 2421: きません.例えば,@w{@samp{Disallow: /help}}は@samp{/help.html}と
 2422: @samp{/help/index.html}の両方を不許可にするのに対し,@w{@samp{Disallow:
 2423: /help/}}は@samp{/help/index.html}を不許可にしますが,@samp{/help.html}は
 2424: 許可します.
 2425: 
 2426: あらゆる空の値は,全ての@sc{url}が回収できることを示します.少なくとも1
 2427: つの不許可フィールドがレコードに存在する必要があります.
 2428: 
 2429: 
 2430: @node Norobots Examples,  , Disallow Field, Robots
 2431: @subsection ロボット拒否の例
 2432: @cindex norobots examples
 2433: 
 2434: 以下の@samp{/robots.txt}ファイルの例は,ロボットが
 2435: @samp{/cyberworld/map/}や@samp{/tmp/}で始まるあらゆる@sc{url}を訪問でき
 2436: ないように指定します.
 2437: 
 2438: @example
 2439: # robots.txt for http://www.site.com/
 2440: 
 2441: User-agent: *
 2442: Disallow: /cyberworld/map/ # This is an infinite virtual URL space
 2443: Disallow: /tmp/ # these will soon disappear
 2444: @end example
 2445: 
 2446: この@samp{/robots.txt}ファイルの例は,@samp{cybermapper}と呼ばれるロボッ
 2447: トを除き,全てのロボットが@samp{/cyberworld/map/}で始まる@sc{url}を訪問
 2448: できないように指定します.
 2449: 
 2450: @example
 2451: # robots.txt for http://www.site.com/
 2452: 
 2453: User-agent: *
 2454: Disallow: /cyberworld/map/ # This is an infinite virtual URL space
 2455: 
 2456: # Cybermapper knows where to go.
 2457: User-agent: cybermapper
 2458: Disallow:
 2459: @end example
 2460: 
 2461: この例は,このサイトを訪問できないことを示します.
 2462: 
 2463: @example
 2464: # go away
 2465: User-agent: *
 2466: Disallow: /
 2467: @end example
 2468: 
 2469: 
 2470: @node Security Considerations, Contributors, Robots, Appendices
 2471: @section セキュリティの考慮
 2472: @cindex security
 2473: 
 2474: Wgetを使用するとき,それが暗号化されていないパスワードをネットワークに流
 2475: すことを知っている必要があり,それはセキュリティの問題を提示するかもしれ
 2476: ません.ここに主な発行と,いくつかの解決があります.
 2477: 
 2478: @enumerate
 2479: @item
 2480: コマンドラインのパスワードは,@code{ps}を使用で見ることができます.これ
 2481: が問題の場合,コマンドラインからパスワードを置くことを避けてください---
 2482: 例えば,このために@file{.netrc}を使用することができます.
 2483: 
 2484: @item
 2485: 安全でない@dfn{基本的な}認証方式を使用すると,暗号化されていないパスワー
 2486: ドがネットワークのルータとゲートウェイと通じて転送されます.
 2487: 
 2488: @item
 2489: @sc{ftp}パスワードも暗号化されません.現在これに関しては良い解決方があり
 2490: ません.
 2491: 
 2492: @item
 2493: Wgetの``通常の''出力はパスワードを隠そうとしますが,デバッグログは,あら
 2494: ゆる形式でそれらを表示します.この問題は,バグの報告を送るとき注意するこ
 2495: とで避けます(そう,それらを私に送るときもです).
 2496: @end enumerate
 2497: 
 2498: 
 2499: @node Contributors,  , Security Considerations, Appendices
 2500: @section 寄稿者
 2501: @cindex contributors
 2502: 
 2503: @iftex
 2504: GNU WgetはHrvoje Nik@v{s}i@'{c} @email{hniksic@@srce.hr}によって書かれま
 2505: した.
 2506: @end iftex
 2507: @ifinfo
 2508: GNU WgetはHrvoje Niksic @email{hniksic@@srce.hr}によって書かれました.
 2509: @end ifinfo
 2510: しかしその開発は,バグレポート,特徴の提案,パッチや感謝状など,多くの人々
 2511: の助けが無ければ,非常に遠いものとなっていたはずです.
 2512: 
 2513: 以下の人々に特別な感謝を送ります(順不同).
 2514: 
 2515: @itemize @bullet
 2516: @item
 2517: Karsten Thygesen---メーリングリストと初期の@sc{ftp}スペースの寄付.
 2518: 
 2519: @item
 2520: Shawn McHorse---バグレポートとパッチ.
 2521: 
 2522: @item
 2523: Kaveh R. Ghazi---毎度の@code{ansi2knr}変換.
 2524: 
 2525: @item
 2526: Gordon Matzigkeit---@file{.netrc}サポート.
 2527: 
 2528: @item
 2529: @iftex
 2530: Zlatko @v{C}alu@v{s}i@'{c}, Tomislav Vujec and Dra@v{z}en
 2531: Ka@v{c}ar---特徴の提案と,``哲学的な''議論.
 2532: @end iftex
 2533: @ifinfo
 2534: Zlatko Calusic, Tomislav Vujec and Drazen Kacar---特徴の提案と,``哲学的
 2535: な''議論.
 2536: @end ifinfo
 2537: 
 2538: @item
 2539: Darko Budor---Windowsへの初期移植.
 2540: 
 2541: @item
 2542: Antonio Rosella---イタリア語翻訳の助けと提案.
 2543: 
 2544: @item
 2545: @iftex
 2546: Tomislav Petrovi@'{c}, Mario Miko@v{c}evi@'{c}---多くのバグレポートと提
 2547: 案.
 2548: @end iftex
 2549: @ifinfo
 2550: Tomislav Petrovic, Mario Mikocevic---多くのバグレポートと提案.
 2551: @end ifinfo
 2552: 
 2553: @item
 2554: @iftex
 2555: Fran@,{c}ois Pinard---多くの徹底的なバグレポートと議論.
 2556: @end iftex
 2557: @ifinfo
 2558: Francois Pinard---多くの徹底的なバグレポートと議論.
 2559: @end ifinfo
 2560: 
 2561: @item
 2562: Karl Eichwalder---国際化とその他の多くの手助け.
 2563: 
 2564: @item
 2565: Junio Hamano---Opieと@sc{http} @code{Digest}認証に対するサポートの寄付.
 2566: 
 2567: @item
 2568: Brian Gough---豊富な寄付.
 2569: @end itemize
 2570: 
 2571: 以下の人々は,パッチ,バグ/ビルドレポート,役立つ提案,ベータテスト,ファ
 2572: ンメールと管理者が喜ばしいと感じるあらゆることを提供してくれました.
 2573: 
 2574: Tim Adam,
 2575: Martin Baehr,
 2576: Dieter Baron,
 2577: Roger Beeman and the Gurus at Cisco,
 2578: Mark Boyns,
 2579: John Burden,
 2580: Wanderlei Cavassin,
 2581: Gilles Cedoc,
 2582: Tim Charron,
 2583: Noel Cragg,
 2584: @iftex
 2585: Kristijan @v{C}onka@v{s},
 2586: @end iftex
 2587: @ifinfo
 2588: Kristijan Conkas,
 2589: @end ifinfo
 2590: @iftex
 2591: Damir D@v{z}eko,
 2592: @end iftex
 2593: @ifinfo
 2594: Damir Dzeko,
 2595: @end ifinfo
 2596: Andrew Davison,
 2597: Ulrich Drepper,
 2598: Marc Duponcheel,
 2599: @iftex
 2600: Aleksandar Erkalovi@'{c},
 2601: @end iftex
 2602: @ifinfo
 2603: Aleksandar Erkalovic,
 2604: @end ifinfo
 2605: Andy Eskilsson,
 2606: Masashi Fujita,
 2607: Howard Gayle,
 2608: Marcel Gerrits,
 2609: Hans Grobler,
 2610: Mathieu Guillaume,
 2611: Karl Heuer,
 2612: Gregor Hoffleit,
 2613: Erik Magnus Hulthen,
 2614: Richard Huveneers,
 2615: Simon Josefsson,
 2616: @iftex
 2617: Mario Juri@'{c},
 2618: @end iftex
 2619: @ifinfo
 2620: Mario Juric,
 2621: @end ifinfo
 2622: @iftex
 2623: Goran Kezunovi@'{c},
 2624: @end iftex
 2625: @ifinfo
 2626: Goran Kezunovic,
 2627: @end ifinfo
 2628: Robert Kleine,
 2629: Fila Kolodny,
 2630: Alexander Kourakos,
 2631: Martin Kraemer,
 2632: @tex
 2633: $\Sigma\acute{\iota}\mu o\varsigma\;
 2634: \Xi\varepsilon\nu\iota\tau\acute{\epsilon}\lambda\lambda\eta\varsigma$
 2635: (Simos KSenitellis),
 2636: @end tex
 2637: @ifinfo
 2638: Simos KSenitellis,
 2639: @end ifinfo
 2640: Tage Stabell-Kulo,
 2641: Hrvoje Lacko,
 2642: Dave Love,
 2643: Jordan Mendelson,
 2644: Lin Zhe Min,
 2645: Charlie Negyesi,
 2646: Andrew Pollock,
 2647: Steve Pothier,
 2648: Marin Purgar,
 2649: Jan Prikryl,
 2650: Keith Refson,
 2651: Tobias Ringstrom,
 2652: @c Texinfo doesn't grok @'{@i}, so we have to use TeX itself.
 2653: @tex
 2654: Juan Jos\'{e} Rodr\'{\i}gues,
 2655: @end tex
 2656: @ifinfo
 2657: Juan Jose Rodrigues,
 2658: @end ifinfo
 2659: Heinz Salzmann,
 2660: Robert Schmidt,
 2661: Toomas Soome,
 2662: Sven Sternberger,
 2663: Markus Strasser,
 2664: Szakacsits Szabolcs,
 2665: Mike Thomas,
 2666: Russell Vincent,
 2667: Douglas E. Wegscheid,
 2668: Jasmin Zainul,
 2669: @iftex
 2670: Bojan @v{Z}drnja,
 2671: @end iftex
 2672: @ifinfo
 2673: Bojan Zdrnja,
 2674: @end ifinfo
 2675: Kristijan Zimmer.
 2676: 
 2677: 記載忘れの方へ謝罪し,そしてWgetメーリングリストの全ての方に多いに感謝し
 2678: ます.
 2679: 
 2680: 
 2681: @node Copying, Concept Index, Appendices, Top
 2682: @unnumbered GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
 2683: @cindex copying
 2684: @cindex GPL
 2685: @center Version 2, June 1991
 2686: 
 2687: @display
 2688: Copyright @copyright{} 1989, 1991 Free Software Foundation, Inc.
 2689: 675 Mass Ave, Cambridge, MA 02139, USA
 2690: 
 2691: Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
 2692: of this license document, but changing it is not allowed.
 2693: @end display
 2694: 
 2695: @unnumberedsec Preamble
 2696: 
 2697:   The licenses for most software are designed to take away your
 2698: freedom to share and change it.  By contrast, the GNU General Public
 2699: License is intended to guarantee your freedom to share and change free
 2700: software---to make sure the software is free for all its users.  This
 2701: General Public License applies to most of the Free Software
 2702: Foundation's software and to any other program whose authors commit to
 2703: using it.  (Some other Free Software Foundation software is covered by
 2704: the GNU Library General Public License instead.)  You can apply it to
 2705: your programs, too.
 2706: 
 2707:   When we speak of free software, we are referring to freedom, not
 2708: price.  Our General Public Licenses are designed to make sure that you
 2709: have the freedom to distribute copies of free software (and charge for
 2710: this service if you wish), that you receive source code or can get it
 2711: if you want it, that you can change the software or use pieces of it
 2712: in new free programs; and that you know you can do these things.
 2713: 
 2714:   To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
 2715: anyone to deny you these rights or to ask you to surrender the rights.
 2716: These restrictions translate to certain responsibilities for you if you
 2717: distribute copies of the software, or if you modify it.
 2718: 
 2719:   For example, if you distribute copies of such a program, whether
 2720: gratis or for a fee, you must give the recipients all the rights that
 2721: you have.  You must make sure that they, too, receive or can get the
 2722: source code.  And you must show them these terms so they know their
 2723: rights.
 2724: 
 2725:   We protect your rights with two steps: (1) copyright the software, and
 2726: (2) offer you this license which gives you legal permission to copy,
 2727: distribute and/or modify the software.
 2728: 
 2729:   Also, for each author's protection and ours, we want to make certain
 2730: that everyone understands that there is no warranty for this free
 2731: software.  If the software is modified by someone else and passed on, we
 2732: want its recipients to know that what they have is not the original, so
 2733: that any problems introduced by others will not reflect on the original
 2734: authors' reputations.
 2735: 
 2736:   Finally, any free program is threatened constantly by software
 2737: patents.  We wish to avoid the danger that redistributors of a free
 2738: program will individually obtain patent licenses, in effect making the
 2739: program proprietary.  To prevent this, we have made it clear that any
 2740: patent must be licensed for everyone's free use or not licensed at all.
 2741: 
 2742:   The precise terms and conditions for copying, distribution and
 2743: modification follow.
 2744: 
 2745: @iftex
 2746: @unnumberedsec TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
 2747: @end iftex
 2748: @ifinfo
 2749: @center TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
 2750: @end ifinfo
 2751: 
 2752: @enumerate
 2753: @item
 2754: This License applies to any program or other work which contains
 2755: a notice placed by the copyright holder saying it may be distributed
 2756: under the terms of this General Public License.  The ``Program'', below,
 2757: refers to any such program or work, and a ``work based on the Program''
 2758: means either the Program or any derivative work under copyright law:
 2759: that is to say, a work containing the Program or a portion of it,
 2760: either verbatim or with modifications and/or translated into another
 2761: language.  (Hereinafter, translation is included without limitation in
 2762: the term ``modification''.)  Each licensee is addressed as ``you''.
 2763: 
 2764: Activities other than copying, distribution and modification are not
 2765: covered by this License; they are outside its scope.  The act of
 2766: running the Program is not restricted, and the output from the Program
 2767: is covered only if its contents constitute a work based on the
 2768: Program (independent of having been made by running the Program).
 2769: Whether that is true depends on what the Program does.
 2770: 
 2771: @item
 2772: You may copy and distribute verbatim copies of the Program's
 2773: source code as you receive it, in any medium, provided that you
 2774: conspicuously and appropriately publish on each copy an appropriate
 2775: copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact all the
 2776: notices that refer to this License and to the absence of any warranty;
 2777: and give any other recipients of the Program a copy of this License
 2778: along with the Program.
 2779: 
 2780: You may charge a fee for the physical act of transferring a copy, and
 2781: you may at your option offer warranty protection in exchange for a fee.
 2782: 
 2783: @item
 2784: You may modify your copy or copies of the Program or any portion
 2785: of it, thus forming a work based on the Program, and copy and
 2786: distribute such modifications or work under the terms of Section 1
 2787: above, provided that you also meet all of these conditions:
 2788: 
 2789: @enumerate a
 2790: @item
 2791: You must cause the modified files to carry prominent notices
 2792: stating that you changed the files and the date of any change.
 2793: 
 2794: @item
 2795: You must cause any work that you distribute or publish, that in
 2796: whole or in part contains or is derived from the Program or any
 2797: part thereof, to be licensed as a whole at no charge to all third
 2798: parties under the terms of this License.
 2799: 
 2800: @item
 2801: If the modified program normally reads commands interactively
 2802: when run, you must cause it, when started running for such
 2803: interactive use in the most ordinary way, to print or display an
 2804: announcement including an appropriate copyright notice and a
 2805: notice that there is no warranty (or else, saying that you provide
 2806: a warranty) and that users may redistribute the program under
 2807: these conditions, and telling the user how to view a copy of this
 2808: License.  (Exception: if the Program itself is interactive but
 2809: does not normally print such an announcement, your work based on
 2810: the Program is not required to print an announcement.)
 2811: @end enumerate
 2812: 
 2813: These requirements apply to the modified work as a whole.  If
 2814: identifiable sections of that work are not derived from the Program,
 2815: and can be reasonably considered independent and separate works in
 2816: themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
 2817: sections when you distribute them as separate works.  But when you
 2818: distribute the same sections as part of a whole which is a work based
 2819: on the Program, the distribution of the whole must be on the terms of
 2820: this License, whose permissions for other licensees extend to the
 2821: entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote it.
 2822: 
 2823: Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
 2824: your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
 2825: exercise the right to control the distribution of derivative or
 2826: collective works based on the Program.
 2827: 
 2828: In addition, mere aggregation of another work not based on the Program
 2829: with the Program (or with a work based on the Program) on a volume of
 2830: a storage or distribution medium does not bring the other work under
 2831: the scope of this License.
 2832: 
 2833: @item
 2834: You may copy and distribute the Program (or a work based on it,
 2835: under Section 2) in object code or executable form under the terms of
 2836: Sections 1 and 2 above provided that you also do one of the following:
 2837: 
 2838: @enumerate a
 2839: @item
 2840: Accompany it with the complete corresponding machine-readable
 2841: source code, which must be distributed under the terms of Sections
 2842: 1 and 2 above on a medium customarily used for software interchange; or,
 2843: 
 2844: @item
 2845: Accompany it with a written offer, valid for at least three
 2846: years, to give any third party, for a charge no more than your
 2847: cost of physically performing source distribution, a complete
 2848: machine-readable copy of the corresponding source code, to be
 2849: distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a medium
 2850: customarily used for software interchange; or,
 2851: 
 2852: @item
 2853: Accompany it with the information you received as to the offer
 2854: to distribute corresponding source code.  (This alternative is
 2855: allowed only for noncommercial distribution and only if you
 2856: received the program in object code or executable form with such
 2857: an offer, in accord with Subsection b above.)
 2858: @end enumerate
 2859: 
 2860: The source code for a work means the preferred form of the work for
 2861: making modifications to it.  For an executable work, complete source
 2862: code means all the source code for all modules it contains, plus any
 2863: associated interface definition files, plus the scripts used to
 2864: control compilation and installation of the executable.  However, as a
 2865: special exception, the source code distributed need not include
 2866: anything that is normally distributed (in either source or binary
 2867: form) with the major components (compiler, kernel, and so on) of the
 2868: operating system on which the executable runs, unless that component
 2869: itself accompanies the executable.
 2870: 
 2871: If distribution of executable or object code is made by offering
 2872: access to copy from a designated place, then offering equivalent
 2873: access to copy the source code from the same place counts as
 2874: distribution of the source code, even though third parties are not
 2875: compelled to copy the source along with the object code.
 2876: 
 2877: @item
 2878: You may not copy, modify, sublicense, or distribute the Program
 2879: except as expressly provided under this License.  Any attempt
 2880: otherwise to copy, modify, sublicense or distribute the Program is
 2881: void, and will automatically terminate your rights under this License.
 2882: However, parties who have received copies, or rights, from you under
 2883: this License will not have their licenses terminated so long as such
 2884: parties remain in full compliance.
 2885: 
 2886: @item
 2887: You are not required to accept this License, since you have not
 2888: signed it.  However, nothing else grants you permission to modify or
 2889: distribute the Program or its derivative works.  These actions are
 2890: prohibited by law if you do not accept this License.  Therefore, by
 2891: modifying or distributing the Program (or any work based on the
 2892: Program), you indicate your acceptance of this License to do so, and
 2893: all its terms and conditions for copying, distributing or modifying
 2894: the Program or works based on it.
 2895: 
 2896: @item
 2897: Each time you redistribute the Program (or any work based on the
 2898: Program), the recipient automatically receives a license from the
 2899: original licensor to copy, distribute or modify the Program subject to
 2900: these terms and conditions.  You may not impose any further
 2901: restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein.
 2902: You are not responsible for enforcing compliance by third parties to
 2903: this License.
 2904: 
 2905: @item
 2906: If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent
 2907: infringement or for any other reason (not limited to patent issues),
 2908: conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or
 2909: otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not
 2910: excuse you from the conditions of this License.  If you cannot
 2911: distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this
 2912: License and any other pertinent obligations, then as a consequence you
 2913: may not distribute the Program at all.  For example, if a patent
 2914: license would not permit royalty-free redistribution of the Program by
 2915: all those who receive copies directly or indirectly through you, then
 2916: the only way you could satisfy both it and this License would be to
 2917: refrain entirely from distribution of the Program.
 2918: 
 2919: If any portion of this section is held invalid or unenforceable under
 2920: any particular circumstance, the balance of the section is intended to
 2921: apply and the section as a whole is intended to apply in other
 2922: circumstances.
 2923: 
 2924: It is not the purpose of this section to induce you to infringe any
 2925: patents or other property right claims or to contest validity of any
 2926: such claims; this section has the sole purpose of protecting the
 2927: integrity of the free software distribution system, which is
 2928: implemented by public license practices.  Many people have made
 2929: generous contributions to the wide range of software distributed
 2930: through that system in reliance on consistent application of that
 2931: system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing
 2932: to distribute software through any other system and a licensee cannot
 2933: impose that choice.
 2934: 
 2935: This section is intended to make thoroughly clear what is believed to
 2936: be a consequence of the rest of this License.
 2937: 
 2938: @item
 2939: If the distribution and/or use of the Program is restricted in
 2940: certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the
 2941: original copyright holder who places the Program under this License
 2942: may add an explicit geographical distribution limitation excluding
 2943: those countries, so that distribution is permitted only in or among
 2944: countries not thus excluded.  In such case, this License incorporates
 2945: the limitation as if written in the body of this License.
 2946: 
 2947: @item
 2948: The Free Software Foundation may publish revised and/or new versions
 2949: of the General Public License from time to time.  Such new versions will
 2950: be similar in spirit to the present version, but may differ in detail to
 2951: address new problems or concerns.
 2952: 
 2953: Each version is given a distinguishing version number.  If the Program
 2954: specifies a version number of this License which applies to it and ``any
 2955: later version'', you have the option of following the terms and conditions
 2956: either of that version or of any later version published by the Free
 2957: Software Foundation.  If the Program does not specify a version number of
 2958: this License, you may choose any version ever published by the Free Software
 2959: Foundation.
 2960: 
 2961: @item
 2962: If you wish to incorporate parts of the Program into other free
 2963: programs whose distribution conditions are different, write to the author
 2964: to ask for permission.  For software which is copyrighted by the Free
 2965: Software Foundation, write to the Free Software Foundation; we sometimes
 2966: make exceptions for this.  Our decision will be guided by the two goals
 2967: of preserving the free status of all derivatives of our free software and
 2968: of promoting the sharing and reuse of software generally.
 2969: 
 2970: @iftex
 2971: @heading NO WARRANTY
 2972: @end iftex
 2973: @ifinfo
 2974: @center NO WARRANTY
 2975: @end ifinfo
 2976: @cindex no warranty
 2977: 
 2978: @item
 2979: BECAUSE THE PROGRAM IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO WARRANTY
 2980: FOR THE PROGRAM, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW.  EXCEPT WHEN
 2981: OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR OTHER PARTIES
 2982: PROVIDE THE PROGRAM ``AS IS'' WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EITHER EXPRESSED
 2983: OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
 2984: MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  THE ENTIRE RISK AS
 2985: TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE PROGRAM IS WITH YOU.  SHOULD THE
 2986: PROGRAM PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING,
 2987: REPAIR OR CORRECTION.
 2988: 
 2989: @item
 2990: IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN WRITING
 2991: WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY AND/OR
 2992: REDISTRIBUTE THE PROGRAM AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU FOR DAMAGES,
 2993: INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING
 2994: OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE PROGRAM (INCLUDING BUT NOT LIMITED
 2995: TO LOSS OF DATA OR DATA BEING RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY
 2996: YOU OR THIRD PARTIES OR A FAILURE OF THE PROGRAM TO OPERATE WITH ANY OTHER
 2997: PROGRAMS), EVEN IF SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE
 2998: POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES.
 2999: @end enumerate
 3000: 
 3001: @iftex
 3002: @heading END OF TERMS AND CONDITIONS
 3003: @end iftex
 3004: @ifinfo
 3005: @center END OF TERMS AND CONDITIONS
 3006: @end ifinfo
 3007: 
 3008: @page
 3009: @unnumberedsec How to Apply These Terms to Your New Programs
 3010: 
 3011:   If you develop a new program, and you want it to be of the greatest
 3012: possible use to the public, the best way to achieve this is to make it
 3013: free software which everyone can redistribute and change under these terms.
 3014: 
 3015:   To do so, attach the following notices to the program.  It is safest
 3016: to attach them to the start of each source file to most effectively
 3017: convey the exclusion of warranty; and each file should have at least
 3018: the ``copyright'' line and a pointer to where the full notice is found.
 3019: 
 3020: @smallexample
 3021: @var{one line to give the program's name and an idea of what it does.}
 3022: Copyright (C) 19@var{yy}  @var{name of author}
 3023: 
 3024: This program is free software; you can redistribute it and/or
 3025: modify it under the terms of the GNU General Public License
 3026: as published by the Free Software Foundation; either version 2
 3027: of the License, or (at your option) any later version.
 3028: 
 3029: This program is distributed in the hope that it will be useful,
 3030: but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
 3031: MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
 3032: GNU General Public License for more details.
 3033: 
 3034: You should have received a copy of the GNU General Public License
 3035: along with this program; if not, write to the Free Software
 3036: Foundation, Inc., 675 Mass Ave, Cambridge, MA 02139, USA.
 3037: @end smallexample
 3038: 
 3039: Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.
 3040: 
 3041: If the program is interactive, make it output a short notice like this
 3042: when it starts in an interactive mode:
 3043: 
 3044: @smallexample
 3045: Gnomovision version 69, Copyright (C) 19@var{yy} @var{name of author}
 3046: Gnomovision comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details
 3047: type `show w'.  This is free software, and you are welcome
 3048: to redistribute it under certain conditions; type `show c' 
 3049: for details.
 3050: @end smallexample
 3051: 
 3052: The hypothetical commands @samp{show w} and @samp{show c} should show
 3053: the appropriate parts of the General Public License.  Of course, the
 3054: commands you use may be called something other than @samp{show w} and
 3055: @samp{show c}; they could even be mouse-clicks or menu items---whatever
 3056: suits your program.
 3057: 
 3058: You should also get your employer (if you work as a programmer) or your
 3059: school, if any, to sign a ``copyright disclaimer'' for the program, if
 3060: necessary.  Here is a sample; alter the names:
 3061: 
 3062: @smallexample
 3063: @group
 3064: Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright
 3065: interest in the program `Gnomovision'
 3066: (which makes passes at compilers) written 
 3067: by James Hacker.
 3068: 
 3069: @var{signature of Ty Coon}, 1 April 1989
 3070: Ty Coon, President of Vice
 3071: @end group
 3072: @end smallexample
 3073: 
 3074: This General Public License does not permit incorporating your program into
 3075: proprietary programs.  If your program is a subroutine library, you may
 3076: consider it more useful to permit linking proprietary applications with the
 3077: library.  If this is what you want to do, use the GNU Library General
 3078: Public License instead of this License.
 3079: 
 3080: 
 3081: @node Concept Index,  , Copying, Top
 3082: @unnumbered 概念の索引
 3083: @printindex cp
 3084: 
 3085: @contents
 3086: 
 3087: @bye

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>