File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / rmail-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 粕川正充@お茶の水女子大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =============================================================
    6: @c This is part of the Emacs manual.
    7: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    8: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    9: @node Rmail, Dired, Sending Mail, Top
   10: @c @chapter Reading Mail with Rmail
   11: @chapter メイルの閲覧rmail
   12: @c @cindex Rmail
   13: @cindex rmail
   14: @c @cindex reading mail
   15: @cindex メイルを読む
   16: @findex rmail
   17: @findex rmail-mode
   18: @vindex rmail-mode-hook
   19: 
   20: @c   Rmail is an Emacs subsystem for reading and disposing of mail that you
   21: @c receive.  Rmail stores mail messages in files called Rmail files.
   22: @c Reading the message in an Rmail file is done in a special major mode,
   23: @c Rmail mode, which redefines most letters to run commands for managing
   24: @c mail.  The command @code{rmail-mode} is used to switch into Rmail mode,
   25: @c and it runs the hook @code{rmail-mode-hook} as usual, but don't run this
   26: @c command by hand; it can't do a reasonable job unless the buffer is
   27: @c visiting a proper Rmail file.
   28: rmailは、受け取ったメイルを読んだり処理したりするためのEmacsの
   29: サブシステムです。
   30: rmailは、メイルメッセージをrmailファイルと呼ばれるファイルに格納します。
   31: rmailファイル内のメッセージを読むには、
   32: rmailモードという特別なメジャーモードで行います。
   33: このモードでは、メイルを取り扱うコマンドを実行するように
   34: ほとんどのアルファベット文字を再定義しています。
   35: コマンド@code{rmail-mode}でrmailモードに切り替えます。
   36: するといつものようにフック@code{rmail-mode-hook}が実行されます。
   37: しかし、このコマンドを直接実行しないでください。
   38: 正しいrmailファイルを訪問しているバッファでない限り、
   39: このコマンドはまともに動きません。
   40: 
   41: @menu
   42: * Basic: Rmail Basics.       Basic concepts of Rmail, and simple use.
   43: * Scroll: Rmail Scrolling.   Scrolling through a message.
   44: * Motion: Rmail Motion.      Moving to another message.
   45: * Deletion: Rmail Deletion.  Deleting and expunging messages.
   46: * Inbox: Rmail Inbox.        How mail gets into the Rmail file.
   47: * Files: Rmail Files.        Using multiple Rmail files.
   48: * Output: Rmail Output.	     Copying message out to files.
   49: * Labels: Rmail Labels.      Classifying messages by labeling them.
   50: * Attrs: Rmail Attributes.   Certain standard labels, called attributes.
   51: * Reply: Rmail Reply.        Sending replies to messages you are viewing.
   52: * Summary: Rmail Summary.    Summaries show brief info on many messages.
   53: * Sort: Rmail Sorting.       Sorting messages in Rmail.
   54: * Display: Rmail Display.    How Rmail displays a message; customization.
   55: * Editing: Rmail Editing.    Editing message text and headers in Rmail.
   56: * Digest: Rmail Digest.      Extracting the messages from a digest message.
   57: * Out of Rmail::	     Converting an Rmail file to mailbox format.
   58: * Rot13: Rmail Rot13.	     Reading messages encoded in the rot13 code.
   59: * Movemail: Movemail.        More details of fetching new mail.
   60: @end menu
   61: 
   62: @node Rmail Basics, Rmail Scrolling, , Rmail
   63: @c @section Basic Concepts of Rmail
   64: @section rmailの基本概念
   65: 
   66: @c @cindex primary Rmail file
   67: @cindex 主rmailファイル
   68: @vindex rmail-file-name
   69: @c   Using Rmail in the simplest fashion, you have one Rmail file
   70: @c @file{~/RMAIL} in which all of your mail is saved.  It is called your
   71: @c @dfn{primary Rmail file}.  The command @kbd{M-x rmail} reads your primary
   72: @c Rmail file, merges new mail in from your inboxes, displays the first
   73: @c message you haven't read yet, and lets you begin reading.  The variable
   74: @c @code{rmail-file-name} specifies the name of the primary Rmail file.
   75: もっとも簡単なrmailの使い方では、
   76: @file{~/RMAIL}という1つのrmailファイルにすべてのメイルを保存します。
   77: これを@dfn{主rmailファイル}(primary Rmail file)といいます。
   78: コマンド@kbd{M-x rmail}は、主rmailファイルを読み込み、inbox
   79: @footnote{【訳注】
   80: システムが到着メイルを格納するファイルのこと。
   81: 実際のファイル名はシステムに依存する。}
   82: 内の新しいメイルを併合して、最初の未読メッセージを表示して
   83: メイルを読み始められるようにします。
   84: 変数@code{rmail-file-name}で、主rmailファイルの名前を指定します。
   85: 
   86: @c   Rmail uses narrowing to hide all but one message in the Rmail file.
   87: @c The message that is shown is called the @dfn{current message}.  Rmail
   88: @c mode's special commands can do such things as delete the current
   89: @c message, copy it into another file, send a reply, or move to another
   90: @c message.  You can also create multiple Rmail files and use Rmail to move
   91: @c messages between them.
   92: rmailは、rmailファイルの1つのメッセージだけが見えるようにナロイングします。
   93: 表示されているメッセージを@dfn{カレントメッセージ}(current message)と
   94: 呼びます。
   95: rmailモードの特別なコマンドを使えば、
   96: カレントメッセージを削除@footnote{【訳注】
   97: あとで説明されるように、
   98: 「削除」といっても実際には「削除印」を付けるだけ。}
   99: する、別のファイルへコピーする、返信を送る、
  100: 別のメッセージへ移動することができます。
  101: また、複数のrmailファイルを作って、
  102: それらのあいだでメッセージを移すこともできます。
  103: 
  104: @c @cindex message number
  105: @cindex メッセージ番号
  106: @c   Within the Rmail file, messages are normally arranged sequentially in
  107: @c order of receipt; you can specify other ways to sort them.  Messages are
  108: @c assigned consecutive integers as their @dfn{message numbers}.  The
  109: @c number of the current message is displayed in Rmail's mode line,
  110: @c followed by the total number of messages in the file.  You can move to a
  111: @c message by specifying its message number with the @kbd{j} key
  112: @c (@pxref{Rmail Motion}).
  113: rmailファイル内では、一般にメッセージは受け取った順に並べられます。
  114: 別の順序にソートすることもできます。
  115: メッセージには@dfn{メッセージ番号}(message numbers)
  116: として連続した整数が割り振られます。
  117: カレントメッセージの番号は、rmailのモード行に表示され、
  118: そのあとにファイル内の総メッセージ数も表示されます。
  119: @kbd{j}キーにメッセージ番号を指定すれば、その番号のメッセージに移動できます
  120: (@pxref{Rmail Motion})。
  121: 
  122: @c @kindex s @r{(Rmail)}
  123: @kindex s @r{(rmail)}
  124: @findex rmail-save
  125: @c   Following the usual conventions of Emacs, changes in an Rmail file
  126: @c become permanent only when the file is saved.  You can save it with
  127: @c @kbd{s} (@code{rmail-save}), which also expunges deleted messages from
  128: @c the file first (@pxref{Rmail Deletion}).  To save the file without
  129: @c expunging, use @kbd{C-x C-s}.  Rmail also saves the Rmail file after
  130: @c merging new mail from an inbox file (@pxref{Rmail Inbox}).
  131: Emacsの習慣に従って、rmailファイルの変更は
  132: ファイルを保存したときにだけ反映されます。
  133: @kbd{s}(@code{rmail-save})で保存しますが、
  134: 削除(@pxref{Rmail Deletion})と
  135: 指定されたメッセージをファイルからまず抹消します。
  136: 抹消せずにファイルを保存するには、@kbd{C-x C-s}を使います。
  137: さらに、inboxから新着メイルを併合したあとにも
  138: rmailファイルを保存します
  139: (@pxref{Rmail Inbox})。
  140: 
  141: @c @kindex q @r{(Rmail)}
  142: @kindex q @r{(rmail)}
  143: @findex rmail-quit
  144: @c @kindex b @r{(Rmail)}
  145: @kindex b @r{(rmail)}
  146: @findex rmail-bury
  147: @c   You can exit Rmail with @kbd{q} (@code{rmail-quit}); this expunges and
  148: @c saves the Rmail file and then switches to another buffer.  But there is
  149: @c no need to `exit' formally.  If you switch from Rmail to editing in
  150: @c other buffers, and never happen to switch back, you have exited.  (The
  151: @c Rmail command @kbd{b}, @code{rmail-bury}, does this for you.)  Just make
  152: @c sure to save the Rmail file eventually (like any other file you have
  153: @c changed).  @kbd{C-x s} is a good enough way to do this
  154: @c (@pxref{Saving}).
  155: rmailを終了するには@kbd{q}(@code{rmail-quit})を使います。
  156: (メッセージを)抹消しrmailファイルを保存してから、
  157: 別のバッファに切り替えます。
  158: しかし、正しく「終了」する必要はありません。
  159: rmailから別のバッファへ切り替えて、
  160: そのあと戻らなければ終了したことになります。
  161: (rmailコマンド@kbd{b}、@code{rmail-bury}がこれを行う。)
  162: (変更したファイルにするのと同様に)
  163: rmailファイルを確実に保存するようにしてください。
  164: これには、@kbd{C-x s}がよいでしょう
  165: (@pxref{Saving})。
  166: 
  167: @node Rmail Scrolling, Rmail Motion, Rmail Basics, Rmail
  168: @c @section Scrolling Within a Message
  169: @section メッセージをスクロールする
  170: 
  171: @c   When Rmail displays a message that does not fit on the screen, you
  172: @c must scroll through it to read the rest.  You could do this with 
  173: @c @kbd{C-v}, @kbd{M-v} and @kbd{M-<}, but in Rmail scrolling is so
  174: @c frequent that it deserves to be easier to type.
  175: rmailが表示するメッセージが画面に入りきらないとき、
  176: 残りの部分を読むにはスクロールする必要があります。
  177: これには、@kbd{C-v}、@kbd{M-v}、@kbd{M-<}を使いますが、
  178: rmailではスクロールを頻繁に行うので、もっと簡単な操作を用意してあります。
  179: 
  180: @table @kbd
  181: @item @key{SPC}
  182: @c Scroll forward (@code{scroll-up}).
  183: 先へ進める(@code{scroll-up})。
  184: @item @key{DEL}
  185: @c Scroll backward (@code{scroll-down}).
  186: まえへ戻す(@code{scroll-down})。
  187: @item .
  188: @c Scroll to start of message (@code{rmail-beginning-of-message}).
  189: メッセージの先頭へ戻る(@code{rmail-beginning-of-message})。
  190: @end table
  191: 
  192: @c @kindex SPC @r{(Rmail)}
  193: @c @kindex DEL @r{(Rmail)}
  194: @kindex SPC @r{(rmail)}
  195: @kindex DEL @r{(rmail)}
  196: @c   Since the most common thing to do while reading a message is to scroll
  197: @c through it by screenfuls, Rmail makes @key{SPC} and @key{DEL} synonyms of
  198: @c @kbd{C-v} (@code{scroll-up}) and @kbd{M-v} (@code{scroll-down})
  199: メッセージを読むときもっとも多く行うことは
  200: 画面単位でのスクロールなので、
  201: rmailでは、@key{SPC}と@key{DEL}は、それぞれ、
  202: @kbd{C-v}(@code{scroll-up})と@kbd{M-v}(@code{scroll-down})の
  203: 同義になっています。
  204: 
  205: @c @kindex . @r{(Rmail)}
  206: @kindex . @r{(rmail)}
  207: @findex rmail-beginning-of-message
  208: @c   The command @kbd{.} (@code{rmail-beginning-of-message}) scrolls back to the
  209: @c beginning of the selected message.  This is not quite the same as @kbd{M-<}:
  210: @c for one thing, it does not set the mark; for another, it resets the buffer
  211: @c boundaries to the current message if you have changed them.
  212: コマンド@kbd{.}(@code{rmail-beginning-of-message})は、
  213: 選択されているメッセージの先頭に移動します。
  214: このコマンドは@kbd{M-<}とまったく同じというわけではありません。
  215: まず、マークを設定しません。
  216: さらに、カレントメッセージを変更してあるとバッファの境界を再設定します。
  217: 
  218: @node Rmail Motion, Rmail Deletion, Rmail Scrolling, Rmail
  219: @c @section Moving Among Messages
  220: @section メッセージ間での移動
  221: 
  222: @c   The most basic thing to do with a message is to read it.  The way to
  223: @c do this in Rmail is to make the message current.  The usual practice is
  224: @c to move sequentially through the file, since this is the order of
  225: @c receipt of messages.  When you enter Rmail, you are positioned at the
  226: @c first message that you have not yet made current (that is, the first one
  227: @c that has the @samp{unseen} attribute; @pxref{Rmail Attributes}).  Move
  228: @c forward to see the other new messages; move backward to reexamine old
  229: @c messages.
  230: もっとも基本的な操作は、メッセージを読むことです。
  231: rmailでこれを行うには、メッセージをカレントメッセージにします。
  232: メッセージは受け取った順に並んでいるので、
  233: 通常はファイルの中を順に移動して読んでいきます。
  234: rmailに入ると、カレントメッセージにしたことがない最初のメッセージから始まります
  235: (つまり、未読を意味する@samp{unseen}属性が付いている最初のもの。
  236: @pxref{Rmail Attributes})。
  237: 先へ進めば他の新しいメッセージを読めます。
  238: まえへ戻れば古いメッセージを読み直せます。
  239: 
  240: @table @kbd
  241: @item n
  242: @c Move to the next nondeleted message, skipping any intervening deleted
  243: @c messages (@code{rmail-next-undeleted-message}).
  244: 削除されたメッセージを飛ばして、
  245: 削除されていないつぎのメッセージへ移動する
  246: (@code{rmail-next-undeleted-message})。
  247: @item p
  248: @c Move to the previous nondeleted message
  249: @c (@code{rmail-previous-undeleted-message}).
  250: 削除されていないまえのメッセージへ移動する
  251: (@code{rmail-previous-undeleted-message})。
  252: @item M-n
  253: @c Move to the next message, including deleted messages
  254: @c (@code{rmail-next-message}).
  255: 削除されたメッセージも含めてつぎのメッセージへ移動する
  256: (@code{rmail-next-message})。
  257: @item M-p
  258: @c Move to the previous message, including deleted messages
  259: @c (@code{rmail-previous-message}).
  260: 削除されたメッセージも含めてまえのメッセージへ移動する
  261: (@code{rmail-previous-message})。
  262: @item j
  263: @c Move to the first message.  With argument @var{n}, move to
  264: @c message number @var{n} (@code{rmail-show-message}).
  265: 最初のメッセージへ移動する。
  266: 数引数@var{n}を指定すると、メッセージ番号@var{n}のメッセージへ移動する
  267: (@code{rmail-show-message})。
  268: @item >
  269: @c Move to the last message (@code{rmail-last-message}).
  270: 最後のメッセージへ移動する(@code{rmail-last-message})。
  271: @item <
  272: @c Move to the first message (@code{rmail-first-message}).
  273: 最初のメッセージへ移動する(@code{rmail-first-message})。
  274: 
  275: @item M-s @var{regexp} @key{RET}
  276: @c Move to the next message containing a match for @var{regexp}
  277: @c (@code{rmail-search}).
  278: 正規表現@var{regexp}に一致するつぎのメッセージへ移動する
  279: (@code{rmail-search})。
  280: 
  281: @item - M-s @var{regexp} @key{RET}
  282: @c Move to the previous message containing a match for @var{regexp}.
  283: 正規表現@var{regexp}に一致するまえのメッセージへ移動する。
  284: @end table
  285: 
  286: @c @kindex n @r{(Rmail)}
  287: @c @kindex p @r{(Rmail)}
  288: @c @kindex M-n @r{(Rmail)}
  289: @c @kindex M-p @r{(Rmail)}
  290: @kindex n @r{(rmail)}
  291: @kindex p @r{(rmail)}
  292: @kindex M-n @r{(rmail)}
  293: @kindex M-p @r{(rmail)}
  294: @findex rmail-next-undeleted-message
  295: @findex rmail-previous-undeleted-message
  296: @findex rmail-next-message
  297: @findex rmail-previous-message
  298: @c   @kbd{n} and @kbd{p} are the usual way of moving among messages in
  299: @c Rmail.  They move through the messages sequentially, but skip over
  300: @c deleted messages, which is usually what you want to do.  Their command
  301: @c definitions are named @code{rmail-next-undeleted-message} and
  302: @c @code{rmail-previous-undeleted-message}.  If you do not want to skip
  303: @c deleted messages---for example, if you want to move to a message to
  304: @c undelete it---use the variants @kbd{M-n} and @kbd{M-p}
  305: @c (@code{rmail-next-message} and @code{rmail-previous-message}).  A
  306: @c numeric argument to any of these commands serves as a repeat
  307: @c count.@refill
  308: @kbd{n}と@kbd{p}は、rmailでメッセージ間を移動する普通の方法です。
  309: これらのコマンドは、メッセージ間を順々に移動していきますが、
  310: 期待どおりに削除されたメッセージは飛び越えます。
  311: コマンドの定義名は@code{rmail-next-undeleted-message}と
  312: @code{rmail-previous-undeleted-message}です。
  313: 削除されたメッセージを飛び越したくない場合、
  314: たとえば、削除されたメッセージをアンデリート@footnote{【訳注】
  315: メッセージに付けた削除印を消すこと。}したいときは、
  316: (@kbd{n}や@kbd{p}の)変形である
  317: @kbd{M-n}や@kbd{M-p}(@code{rmail-next-message}、
  318: @code{rmail-previous-message})を使います。
  319: これらのコマンドに数引数を指定すると、反復回数とみなします。
  320: 
  321: @c   In Rmail, you can specify a numeric argument by typing just the
  322: @c digits.  You don't need to type @kbd{C-u} first.
  323: rmailでは、数字を打つだけで数引数を指定できます。
  324: 始めに@kbd{C-u}を打つ必要はありません。
  325: 
  326: @c @kindex M-s @r{(Rmail)}
  327: @kindex M-s @r{(rmail)}
  328: @findex rmail-search
  329: @c @cindex searching in Rmail
  330: @cindex rmailの探索
  331: @c   The @kbd{M-s} (@code{rmail-search}) command is Rmail's version of
  332: @c search.  The usual incremental search command @kbd{C-s} works in Rmail,
  333: @c but it searches only within the current message.  The purpose of
  334: @c @kbd{M-s} is to search for another message.  It reads a regular
  335: @c expression (@pxref{Regexps}) nonincrementally, then searches starting at
  336: @c the beginning of the following message for a match.  It then selects
  337: @c that message.  If @var{regexp} is empty, @kbd{M-s} reuses the regexp
  338: @c used the previous time.
  339: @kbd{M-s}(@code{rmail-search})コマンドは、rmailにおける探索を行います。
  340: 通常のインクリメンタルサーチコマンド@kbd{C-s}もrmailで使えますが、
  341: これはカレントメッセージの中だけを探索します。
  342: @kbd{M-s}コマンドの目的は、他のメッセージを探すことです。
  343: 正規表現(@pxref{Regexps})を読み終えてから、
  344: つぎのメッセージの先頭から一致するものを探し始めます。
  345: そしてみつかったメッセージを選択します。
  346: @var{regexp}が空だと@kbd{M-s}は最後に使った正規表現を再使用します。
  347: 
  348: @c   To search backward in the file for another message, give @kbd{M-s} a
  349: @c negative argument.  In Rmail you can do this with @kbd{- M-s}.
  350: ファイル内で逆向きに他のメッセージを探索するには、
  351: @kbd{M-s}に負の数引数を指定します。
  352: rmailでは、@kbd{- M-s}と打てばよいのです。
  353: 
  354: @c   It is also possible to search for a message based on labels.
  355: @c @xref{Rmail Labels}.
  356: ラベルをもとにメッセージを探索することもできます。
  357: @xref{Rmail Labels}。
  358: 
  359: @c @kindex j @r{(Rmail)}
  360: @c @kindex > @r{(Rmail)}
  361: @c @kindex < @r{(Rmail)}
  362: @kindex j @r{(rmail)}
  363: @kindex > @r{(rmail)}
  364: @kindex < @r{(rmail)}
  365: @findex rmail-show-message
  366: @findex rmail-last-message
  367: @findex rmail-first-message
  368: @c   To move to a message specified by absolute message number, use @kbd{j}
  369: @c (@code{rmail-show-message}) with the message number as argument.  With
  370: @c no argument, @kbd{j} selects the first message.  @kbd{<}
  371: @c (@code{rmail-first-message}) also selects the first message.  @kbd{>}
  372: @c (@code{rmail-last-message}) selects the last message.
  373: メッセージ番号を指定してメッセージへ移動するには、
  374: メッセージ番号を引数として@kbd{j}(@code{rmail-show-message})を使います。
  375: 引数がないと@kbd{j}は最初のメッセージを選択します。
  376: @kbd{<}(@code{rmail-first-message})も最初のメッセージを選択します。 
  377: @kbd{>}(@code{rmail-last-message})は最後のメッセージを選択します。
  378: 
  379: @node Rmail Deletion, Rmail Inbox, Rmail Motion, Rmail
  380: @c @section Deleting Messages
  381: @section メッセージの削除
  382: 
  383: @c @cindex deletion (Rmail)
  384: @cindex 削除(rmail)
  385: @c   When you no longer need to keep a message, you can @dfn{delete} it.  This
  386: @c flags it as ignorable, and some Rmail commands pretend it is no longer
  387: @c present; but it still has its place in the Rmail file, and still has its
  388: @c message number.
  389: メッセージを保存しておく必要がなくなったら、
  390: そのメッセージを@dfn{削除}(delete)できます。
  391: 「無視せよ」という意味の削除印をメッセージに付けます。
  392: すると、いくつかのrmailコマンドはそのメッセージが存在しないものとして扱います。
  393: しかし、そのメッセージはまだrmailファイルの中にあって、
  394: メッセージ番号も付いています。
  395: 
  396: @c @cindex expunging (Rmail)
  397: @cindex 抹消(rmail)
  398: @c   @dfn{Expunging} the Rmail file actually removes the deleted messages.
  399: @c The remaining messages are renumbered consecutively.  Expunging is the only
  400: @c action that changes the message number of any message, except for
  401: @c undigestifying (@pxref{Rmail Digest}).
  402: rmailファイルを@dfn{抹消}(expunging)すると、
  403: 削除印が付いたメッセージを本当に消し去ります。
  404: 残ったメッセージには番号を順に振り直します。
  405: 抹消は、アンダイジェスト(@pxref{Rmail Digest})を除いて、
  406: メッセージ番号を変更する唯一の動作です。
  407: 
  408: @table @kbd
  409: @item d
  410: @c Delete the current message, and move to the next nondeleted message
  411: @c (@code{rmail-delete-forward}).
  412: カレントメッセージを削除し、
  413: 削除されていないつぎのメッセージへ移動する
  414: (@code{rmail-delete-forward})。
  415: @item C-d
  416: @c Delete the current message, and move to the previous nondeleted
  417: @c message (@code{rmail-delete-backward}).
  418: カレントメッセージを削除し、
  419: 削除されていないまえのメッセージへ移動する
  420: (@code{rmail-delete-backward})。
  421: @item u
  422: @c Undelete the current message, or move back to a deleted message and
  423: @c undelete it (@code{rmail-undelete-previous-message}).
  424: カレントメッセージをアンデリートする、あるいは、
  425: 削除されたまえのメッセージへ戻ってアンデリートする
  426: (@code{rmail-undelete-previous-message})。
  427: @item x
  428: @c Expunge the Rmail file (@code{rmail-expunge}).
  429: rmailファイル(の削除の付いたメッセージ)を抹消する
  430: (@code{rmail-expunge})。
  431: @end table
  432: 
  433: @c @kindex d @r{(Rmail)}
  434: @c @kindex C-d @r{(Rmail)}
  435: @kindex d @r{(rmail)}
  436: @kindex C-d @r{(rmail)}
  437: @findex rmail-delete-forward
  438: @findex rmail-delete-backward
  439: @c   There are two Rmail commands for deleting messages.  Both delete the
  440: @c current message and select another message.  @kbd{d}
  441: @c (@code{rmail-delete-forward}) moves to the following message, skipping
  442: @c messages already deleted, while @kbd{C-d} (@code{rmail-delete-backward})
  443: @c moves to the previous nondeleted message.  If there is no nondeleted
  444: @c message to move to in the specified direction, the message that was just
  445: @c deleted remains current.  A numeric argument to either command reverses
  446: @c the direction of motion after deletion.
  447: rmailにはメッセージを削除するコマンドが2つあります。
  448: どちらもカレントメッセージを削除し、別のメッセージを選択します。
  449: @kbd{d}(@code{rmail-delete-forward})は
  450: すでに削除したメッセージを飛ばしてつぎのメッセージへ移動しますが、
  451: @kbd{C-d}(@code{rmail-delete-backward})はまえのメッセージへ移動します。
  452: 指定した方向に削除されていないメッセージがないときは、
  453: 削除したばかりのメッセージがカレントメッセージのままです。
  454: どちらのコマンドに対しても、数引数を指定すると、
  455: 削除後の移動方向を反転します。
  456: 
  457: @vindex rmail-delete-message-hook
  458: @c   Whenever Rmail deletes a message, it invokes the function(s) listed in
  459: @c @code{rmail-delete-message-hook}.  When the hook functions are invoked,
  460: @c the message has been marked deleted, but it is still the current message
  461: @c in the Rmail buffer.
  462: rmailがメッセージを削除するときはいつでも、
  463: @code{rmail-delete-message-hook}に登録されている関数(群)を起動します。
  464: フック関数が起動されるときには、メッセージに削除印が付いていますが、
  465: rmailバッファではそのメッセージはカレントメッセージのままです。
  466: 
  467: @c @cindex undeletion (Rmail)
  468: @cindex アンデリート(rmail)
  469: @c @kindex x @r{(Rmail)}
  470: @kindex x @r{(rmail)}
  471: @findex rmail-expunge
  472: @c @kindex u @r{(Rmail)}
  473: @kindex u @r{(rmail)}
  474: @findex rmail-undelete-previous-message
  475: @c   To make all the deleted messages finally vanish from the Rmail file,
  476: @c type @kbd{x} (@code{rmail-expunge}).  Until you do this, you can still
  477: @c @dfn{undelete} the deleted messages.  The undeletion command, @kbd{u}
  478: @c (@code{rmail-undelete-previous-message}), is designed to cancel the
  479: @c effect of a @kbd{d} command in most cases.  It undeletes the current
  480: @c message if the current message is deleted.  Otherwise it moves backward
  481: @c to previous messages until a deleted message is found, and undeletes
  482: @c that message.
  483: 削除したすべてのメッセージをrmailファイルから本当に消すには
  484: @kbd{x}(@code{rmail-expunge})と打ちます。
  485: これを実行するまえならば、@dfn{アンデリート}(undelete)、つまり、
  486: メッセージの削除印を消すことができます。
  487: アンデリートコマンド、@kbd{u}(@code{rmail-undelete-previous-message})は
  488: @kbd{d}コマンドの効果をほとんどの場合打ち消します。
  489: カレントメッセージが削除されていれば、
  490: カレントメッセージをアンデリートします。
  491: そうでなければ、削除されたメッセージが
  492: みつかるまでまえへ戻り、そのメッセージをアンデリートします。
  493: 
  494: @c   You can usually undo a @kbd{d} with a @kbd{u} because the @kbd{u}
  495: @c moves back to and undeletes the message that the @kbd{d} deleted.  But
  496: @c this does not work when the @kbd{d} skips a few already-deleted messages
  497: @c that follow the message being deleted; then the @kbd{u} command
  498: @c undeletes the last of the messages that were skipped.  There is no clean
  499: @c way to avoid this problem.  However, by repeating the @kbd{u} command,
  500: @c you can eventually get back to the message that you intend to
  501: @c undelete.  You can also select a particular deleted message with
  502: @c the @kbd{M-p} command, then type @kbd{u} to undelete it.
  503: 普通は@kbd{u}で@kbd{d}をアンドゥできます。
  504: なぜなら、@kbd{d}で削除したメッセージを
  505: まえへ戻って探してそのメッセージを@kbd{u}がアンデリートするからです。
  506: しかし、@kbd{d}がメッセージを削除してから
  507: 後続のすでに削除されたメッセージを飛び越す場合には、
  508: うまくいきません。
  509: この場合、@kbd{u}コマンドは飛び越したメッセージのうちの
  510: 最後のものをアンデリートします。
  511: この問題を回避する簡単な方法はありません。
  512: ですが、@kbd{u}コマンドを繰り返せば、
  513: 最終的にはアンデリートしたいメッセージに辿り着きます。
  514: あるいは、@kbd{M-p}コマンドで目的の削除されたメッセージに移動してから
  515: @kbd{u}を打ってアンデリートします。
  516: 
  517: @c   A deleted message has the @samp{deleted} attribute, and as a result
  518: @c @samp{deleted} appears in the mode line when the current message is
  519: @c deleted.  In fact, deleting or undeleting a message is nothing more than
  520: @c adding or removing this attribute.  @xref{Rmail Attributes}.
  521: 削除されたメッセージには、@samp{deleted}という属性が付きます。
  522: その結果、カレントメッセージが削除されていると
  523: モード行に@samp{deleted}と表示されます。
  524: メッセージを削除する、あるいは、アンデリートすると、
  525: 実際には、メッセージにこの属性を付加する、あるいは、取り去るだけです。
  526: @xref{Rmail Attributes}。
  527: 
  528: @node Rmail Inbox, Rmail Files, Rmail Deletion, Rmail
  529: @c @section Rmail Files and Inboxes
  530: @section rmailファイルとinbox
  531: @c @cindex inbox file
  532: @cindex inboxファイル
  533: 
  534: @c   The operating system places incoming mail for you in a file that we
  535: @c call your @dfn{inbox}.  When you start up Rmail, it runs a C program
  536: @c called @code{movemail} to copy the new messages from your inbox into
  537: @c your primary Rmail file, which also contains other messages saved from
  538: @c previous Rmail sessions.  It is in this file that you actually read the
  539: @c mail with Rmail.  This operation is called @dfn{getting new mail}.  You
  540: @c can get new mail at any time in Rmail by typing @kbd{g}.
  541: オペレーティングシステムは、@dfn{inbox}と呼ばれるファイルに
  542: 到着したメイルを格納します。
  543: rmailを起動すると、@code{movemail}と呼ばれるCプログラムが走り、
  544: inboxから主rmailファイルへ新着メッセージをコピーします。
  545: ただし、主rmailファイルには、以前のrmailセッションで保存したメッセージも
  546: 入っています。
  547: 実際にrmailで読むメイルはこのファイルの中にあるのです。
  548: この操作を、@dfn{新着メイルの取得}といいます。
  549: rmail内で@kbd{g}と打てば、いつでも新着メイルを取得できます。
  550: 
  551: @vindex rmail-primary-inbox-list
  552: @c @cindex @code{MAIL} environment variable
  553: @cindex 環境変数@code{MAIL}
  554: @cindex @code{MAIL}(環境変数)
  555: @c   The variable @code{rmail-primary-inbox-list} contains a list of the
  556: @c files which are inboxes for your primary Rmail file.  If you don't set
  557: @c this variable explicitly, it is initialized from the @code{MAIL}
  558: @c environment variable, or, as a last resort, set to @code{nil}, which
  559: @c means to use the default inbox.  The default inbox is
  560: @c @file{/var/mail/@var{username}}, @file{/usr/spool/mail/@var{username}},
  561: @c or @file{/usr/mail/@var{username}}, depending on your operating system.
  562: 変数@code{rmail-primary-inbox-list}には、
  563: 主rmailファイルのinboxとなるファイルのリストを格納します。
  564: この変数を明示的に設定しなければ、
  565: 環境変数@code{MAIL}で初期化するか、あるいは、
  566: 最後の手段として、デフォルトのinboxを使うことを意味する
  567: @code{nil}に設定します。
  568: デフォルトのinboxはオペレーティングシステムに依存して、
  569: @file{/var/mail/@var{username}}、@file{/usr/spool/mail/@var{username}}、
  570: @file{/usr/mail/@var{username}}になります。
  571: 
  572: @c   To see what the default is on your system, use @kbd{C-h v
  573: @c rmail-primary-inbox @key{RET}}.  You can specify the inbox file(s) for
  574: @c any Rmail file with the command @code{set-rmail-inbox-list}; see
  575: @c @ref{Rmail Files}.
  576: システムのデフォルトを調べるには、
  577: @kbd{C-h v rmail-primary-inbox @key{RET}}を使います。
  578: コマンド@code{set-rmail-inbox-list}で、
  579: 任意のrmailファイルに対して使うinboxファイルを指定できます。
  580: @ref{Rmail Files}を参照してください。
  581: 
  582: @c   There are two reasons for having separate Rmail files and inboxes.
  583: rmailファイルとinboxに分ける理由は2つあります。
  584: 
  585: @enumerate
  586: @item
  587: @c The inbox file format varies between operating systems and according to
  588: @c the other mail software in use.  Only one part of Rmail needs to know
  589: @c about the alternatives, and it need only understand how to convert all
  590: @c of them to Rmail's own format.
  591: inboxのファイル形式は、オペレーティングシステムや
  592: 使用するメイルソフトに依存して異なる。
  593: rmailの一部分だけが違いを知っていればよく、
  594: しかも、rmail独自の形式への変換方法だけを知っていればよい。
  595: 
  596: @item
  597: @c It is very cumbersome to access an inbox file without danger of losing
  598: @c mail, because it is necessary to interlock with mail delivery.
  599: @c Moreover, different operating systems use different interlocking
  600: @c techniques.  The strategy of moving mail out of the inbox once and for
  601: @c all into a separate Rmail file avoids the need for interlocking in all
  602: @c the rest of Rmail, since only Rmail operates on the Rmail file.
  603: メイル紛失という危険を犯さずにinboxを参照するのはたいへん厄介である。
  604: というのは、メイル配送プログラムと相互排除を行う必要があるから。
  605: さらに、オペレーティングシステムごとに相互排除の手法が異なる。
  606: いったんinboxからメイルを取り出し、あとは別のrmailファイルを使う方式では、
  607: rmailファイルしか扱わないのでrmailの各所で相互排除する必要がなくなる。
  608: @end enumerate
  609: 
  610: @c   Rmail was written to use Babyl format as its internal format.  Since
  611: @c then, we have recognized that the usual inbox format on Unix and GNU
  612: @c systems is adequate for the job, and we plan to change Rmail to use that
  613: @c as its internal format.  However, the Rmail file will still be separate
  614: @c from the inbox file, even on systems where their format is the same.
  615: rmailでは独自の内部形式(Babyl形式)を使っています。
  616: 当初からUNIXやGNUシステムの普通のinbox形式で十分であると気づいていて、
  617: inbox形式を内部形式として使おうと計画しています。
  618: しかし、たとえファイルの形式が同一であっても、
  619: rmailファイルはinboxファイルとは独立して存在し続けるでしょう。
  620: 
  621: @node Rmail Files, Rmail Output, Rmail Inbox, Rmail
  622: @c @section Multiple Rmail Files
  623: @section 複数のrmailファイルの扱い方
  624: 
  625: @c   Rmail operates by default on your @dfn{primary Rmail file}, which is named
  626: @c @file{~/RMAIL} and receives your incoming mail from your system inbox file.
  627: @c But you can also have other Rmail files and edit them with Rmail.  These
  628: @c files can receive mail through their own inboxes, or you can move messages
  629: @c into them with explicit Rmail commands (@pxref{Rmail Output}).
  630: rmailはデフォルトでは個人の主rmailファイルを操作します。
  631: このファイルは、@file{~/RMAIL}という名前で、
  632: システムのinboxファイルから到着メイルを受け取ります。
  633: しかし、別のrmailファイルを作ってそれをrmailで編集することもできます。
  634: これらのファイルはそれぞれ独自のinboxからメイルを受け取ったり、
  635: あるいは、rmailコマンドでそれらのあいだでメッセージを移せます
  636: (@pxref{Rmail Output})。
  637: 
  638: @table @kbd
  639: @item i @var{file} @key{RET}
  640: @c Read @var{file} into Emacs and run Rmail on it (@code{rmail-input}).
  641: @var{file}をEmacsに読み込み、それに対してrmailを実行する
  642: (@code{rmail-input})。
  643: 
  644: @item M-x set-rmail-inbox-list @key{RET} @var{files} @key{RET}
  645: @c Specify inbox file names for current Rmail file to get mail from.
  646: 現在のrmailファイルに対してメイルを取り込むinboxファイルを指定する。
  647: 
  648: @item g
  649: @c Merge new mail from current Rmail file's inboxes
  650: @c (@code{rmail-get-new-mail}).
  651: 現在のrmailファイルのinboxから新着メイルを取得する
  652: (@code{rmail-get-new-mail})。
  653: 
  654: @item C-u g @var{file} @key{RET}
  655: @c Merge new mail from inbox file @var{file}.
  656: inboxファイル@var{file}から新着メイルを取得する。
  657: @end table
  658: 
  659: @c @kindex i @r{(Rmail)}
  660: @kindex i @r{(rmail)}
  661: @findex rmail-input
  662: @c   To run Rmail on a file other than your primary Rmail file, you may use
  663: @c the @kbd{i} (@code{rmail-input}) command in Rmail.  This visits the file
  664: @c in Rmail mode.  You can use @kbd{M-x rmail-input} even when not in
  665: @c Rmail.
  666: 主rmailファイル以外のファイルに対してrmailを実行するには、
  667: rmailで@kbd{i}(@code{rmail-input})コマンドを使います。
  668: このコマンドは、指定されたファイルをrmailモードで訪問します。
  669: rmailの外からでも@kbd{M-x rmail-input}を使えます。
  670: 
  671: @c   The file you read with @kbd{i} should normally be a valid Rmail file.
  672: @c If it is not, Rmail tries to decompose it into a stream of messages in
  673: @c various known formats.  If it succeeds, it converts the whole file to an
  674: @c Rmail file.  If you specify a file name that doesn't exist, @kbd{i}
  675: @c initializes a new buffer for creating a new Rmail file.
  676: @kbd{i}で読み込むファイルは、  通常、正しいrmailファイルであるべきです。
  677: そうでなければ、rmailは既知のさまざまな形式を用いて
  678: メッセージに分解しようと試みます。
  679: それに成功すれば、ファイル全体をrmailファイルに変換します。
  680: 存在しないファイル名を指定すると、
  681: @kbd{i}コマンドは新たなrmailファイル用の新しいバッファを初期化します。
  682: 
  683: @vindex rmail-secondary-file-directory
  684: @vindex rmail-secondary-file-regexp
  685: @c   You can also select an Rmail file from a menu.  Choose first the menu
  686: @c bar Classify item, then from the Classify menu choose the Input Rmail
  687: @c File item; then choose the Rmail file you want.  The variables
  688: @c @code{rmail-secondary-file-directory} and
  689: @c @code{rmail-secondary-file-regexp} specify which files to offer in the
  690: @c menu: the first variable says which directory to find them in; the
  691: @c second says which files in that directory to offer (all those that match
  692: @c the regular expression).  These variables also apply to choosing a file
  693: @c for output (@pxref{Rmail Output}).
  694: メニューからrmailファイルを選択することもできます。
  695: まず、メニューバーから項目Classifyを選びます。
  696: 続いて、Classifyメニューから項目Input Rmail Fileを選びます。
  697: そして、望みのrmailファイルを選択します。
  698: 変数@code{rmail-secondary-file-directory}と 
  699: 変数@code{rmail-secondary-file-regexp}で、
  700: メニューに含めるべきファイルを指定します。
  701: 最初の変数では探すべきディレクトリを指定し、
  702: 2番目の変数ではディレクトリ中のどのファイルか
  703: (正規表現に一致するもの)を指定します。
  704: これらの変数は出力用のファイルを選択するときにも使われます。
  705: 
  706: @findex set-rmail-inbox-list
  707: @c   Each Rmail file can contain a list of inbox file names; you can specify
  708: @c this list with @kbd{M-x set-rmail-inbox-list @key{RET} @var{files}
  709: @c @key{RET}}.  The argument can contain any number of file names, separated
  710: @c by commas.  It can also be empty, which specifies that this file should
  711: @c have no inboxes.  Once a list of inboxes is specified, the Rmail file
  712: @c remembers it permanently until you specify a different list.
  713: 各rmailファイルには、inboxファイル名の一覧を持たせることができます。
  714: この一覧は、@kbd{M-x set-rmail-inbox-list @key{RET}
  715: @var{files} @key{RET}}で指定します。
  716: 引数には、コンマで区切っていくつもファイル名を書けます。
  717: 引数が空でもかまいませんが、その場合、
  718: そのファイルにはinboxがないという指定になります。
  719: いったんinboxの一覧を指定すれば、新たに指定し直さない限り、
  720: rmailファイルはそれを覚えています。
  721: 
  722: @c   As a special exception, if your primary Rmail file does not specify any
  723: @c inbox files, it uses your standard system inbox.
  724: 特別な例外として、主rmailファイルにinboxファイルを指定しないと、
  725: システム標準のinboxを使用します。
  726: 
  727: @c @kindex g @r{(Rmail)}
  728: @kindex g @r{(rmail)}
  729: @findex rmail-get-new-mail
  730: @c   The @kbd{g} command (@code{rmail-get-new-mail}) merges mail into the
  731: @c current Rmail file from its specified inboxes.  If the Rmail file
  732: @c has no inboxes, @kbd{g} does nothing.  The command @kbd{M-x rmail}
  733: @c also merges new mail into your primary Rmail file.
  734: @kbd{g}(@code{rmail-get-new-mail})コマンドは、
  735: 指定されたinboxから現在のrmailファイルにメイルを併合します。
  736: rmailファイルにinboxが指定されていなければ、@kbd{g}は何もしません。
  737: コマンド@kbd{M-x rmail}も、主rmailファイルに新着メイルを併合します。
  738: 
  739: @c   To merge mail from a file that is not the usual inbox, give the
  740: @c @kbd{g} key a numeric argument, as in @kbd{C-u g}.  Then it reads a file
  741: @c name and merges mail from that file.  The inbox file is not deleted or
  742: @c changed in any way when @kbd{g} with an argument is used.  This is,
  743: @c therefore, a general way of merging one file of messages into another.
  744: 普通のinboxでないファイルからメイルを併合するには、
  745: @kbd{C-u g}のように@kbd{g}キーに数引数を指定します。
  746: すると、ファイル名を読み取り、そのファイルからメイルを併合します。
  747: @kbd{g}に引数を指定したときには、
  748: inboxファイルを削除したり変更したりしません。
  749: したがって、これは、メッセージファイルを別のメッセージファイルへ
  750: 併合する一般的な方法です。
  751: 
  752: @node Rmail Output, Rmail Labels, Rmail Files, Rmail
  753: @c @section Copying Messages Out to Files
  754: @section ファイルへのメッセージのコピー
  755: 
  756: @c   These commands copy messages from an Rmail file into another file.
  757: 以下のコマンドで、rmailファイルから別のファイルへメッセージをコピーできます。
  758: 
  759: @table @kbd
  760: @item o @var{file} @key{RET}
  761: @c Append a copy of the current message to the file @var{file}, using Rmail
  762: @c file format by default (@code{rmail-output-to-rmail-file}).
  763: デフォルトではrmailファイル形式を用いて、
  764: カレントメッセージのコピーをファイル@var{file}へ追加する。
  765: (@code{rmail-output-to-rmail-file})。
  766: 
  767: @item C-o @var{file} @key{RET}
  768: @c Append a copy of the current message to the file @var{file}, using
  769: @c system inbox file format by default (@code{rmail-output}).
  770: デフォルトではシステムのinboxファイル形式を用いて、
  771: カレントメッセージのコピーをファイル@var{file}へ追加する。
  772: 
  773: @item w @var{file} @key{RET}
  774: @c Output just the message body to the file @var{file}, taking the default
  775: @c file name from the message @samp{Subject} header.
  776: メッセージのヘッダ@samp{Subject}からデフォルトのファイル名を作り、
  777: メッセージの本文だけをファイル@var{file}に書き出す。
  778: @end table
  779: 
  780: @c @kindex o @r{(Rmail)}
  781: @kindex o @r{(rmail)}
  782: @findex rmail-output-to-rmail-file
  783: @c @kindex C-o @r{(Rmail)}
  784: @kindex C-o @r{(rmail)}
  785: @findex rmail-output
  786: @c   The commands @kbd{o} and @kbd{C-o} copy the current message into a
  787: @c specified file.  This file may be an Rmail file or it may be in system
  788: @c inbox format; the output commands ascertain the file's format and write
  789: @c the copied message in that format.
  790: コマンド@kbd{o}と@kbd{C-o}は、
  791: カレントメッセージを指定したファイルへコピーします。
  792: そのファイルは、rmailファイルでもシステムのinbox形式でもかまいません。
  793: 出力コマンドは、ファイルの形式を確かめその形式に従って
  794: メッセージのコピーを書き込みます。
  795: 
  796: @c   When copying a message to a file in Unix mail file format, these
  797: @c commands include whichever header fields are currently visible.  Use the
  798: @c @kbd{t} command first, if you wish, to specify which headers to show
  799: @c (and copy).
  800: メッセージをUNIXのmailファイル形式のファイルにコピーする場合、
  801: これらのコマンドは現在表示しているヘッダもコピーします。
  802: 表示(しコピー)するヘッダを指定したい場合には、
  803: あらかじめ@kbd{t}コマンドを使ってください。
  804: 
  805: @c   The @kbd{o} and @kbd{C-o} commands differ in two ways: each has its
  806: @c own separate default file name, and each specifies a choice of format to
  807: @c use when the file does not already exist.  The @kbd{o} command uses
  808: @c Rmail format when it creates a new file, while @kbd{C-o} uses system
  809: @c inbox format for a new file.  The default file name for @kbd{o} is the
  810: @c file name used last with @kbd{o}, and the default file name for
  811: @c @kbd{C-o} is the file name used last with @kbd{C-o}.
  812: コマンド@kbd{o}と@kbd{C-o}は2つの点で異ります。
  813: それぞれ、独自のデフォルトのファイル名を持ち、
  814: ファイルが既存でない場合に使用する形式も別です。
  815: 新たにファイルを作成するとき、
  816: @kbd{o}コマンドはrmail形式を使いますが、
  817: @kbd{C-o}コマンドはシステムのinbox形式を使います。
  818: デフォルトのファイル名は、
  819: @kbd{o}では最後に@kbd{o}で使ったものになり、
  820: @kbd{C-o}も最後に@kbd{C-o}で使ったものです。
  821: 
  822: @c   If the output file is an Rmail file currently visited in an Emacs buffer,
  823: @c the output commands copy the message into that buffer.  It is up to you
  824: @c to save the buffer eventually in its file.
  825: 出力ファイルが、現在Emacsバッファで訪れているrmailファイルのときには、
  826: 出力コマンドはメッセージをバッファにコピーします。
  827: そのバッファをファイルに保存するのはユーザーの責任です。
  828: 
  829: @c @kindex w @r{(Rmail)}
  830: @kindex w @r{(rmail)}
  831: @findex rmail-output-body-to-file
  832: @c   Sometimes you may receive a message whose body holds the contents of a
  833: @c file.  You can save the body to a file (excluding the message header)
  834: @c with the @kbd{w} command (@code{rmail-output-body-to-file}).  Often
  835: @c these messages contain the intended file name in the @samp{Subject}
  836: @c field, so the @kbd{w} command uses the @samp{Subject} field as the
  837: @c default for the output file name.  However, the file name is read using
  838: @c the minibuffer, so you can specify a different name if you wish.
  839: ときどき、ファイルの内容をそのまま本文にしたようなメッセージを
  840: 受け取ることもあるでしょう。
  841: @kbd{w}(@code{rmail-output-body-to-file})コマンドで、
  842: (メッセージのヘッダを除いて)本文をファイルに保存できます。
  843: こうしたメッセージでは、@samp{Subject}フィールドに意図するファイル名が
  844: 入れていることがままあるので、
  845: @kbd{w}コマンドはデフォルトの出力ファイル名に
  846: @samp{Subject}フィールドを使います。
  847: しかし、ミニバッファでファイル名を読み取るので、
  848: 好きなファイル名を指定できます。
  849: 
  850: @c   You can also output a message to an Rmail file chosen with a menu.
  851: @c Choose first the menu bar Classify item, then from the Classify menu
  852: @c choose the Output Rmail File menu item; then choose the Rmail file you want.
  853: @c This outputs the current message to that file, like the @kbd{o} command.
  854: @c The variables @code{rmail-secondary-file-directory} and
  855: @c @code{rmail-secondary-file-regexp} specify which files to offer in the
  856: @c menu: the first variable says which directory to find them in; the
  857: @c second says which files in that directory to offer (all those that match
  858: @c the regular expression).
  859: メニューを使ってrmailファイルにメッセージを出力することもできます。
  860: まず、メニューバーの項目Classifyを選択し、
  861: Classifyメニューから項目Output Rmail File Menuを選択します。
  862: そして、望むrmailファイルを選択します。
  863: これは、@kbd{o}コマンドのように、
  864: カレントメッセージをそのファイルに出力します。
  865: 変数@code{rmail-secondary-file-directory}と 
  866: 変数@code{rmail-secondary-file-regexp}で、
  867: メニューに含めるべきファイル名を選択します。
  868: 最初の変数では探すべきディレクトリを指定し、
  869: 2番目の変数ではディレクトリ中のどのファイルか
  870: (正規表現に一致するもの)を指定します。
  871: 
  872: @vindex rmail-delete-after-output
  873: @c   Copying a message gives the original copy of the message the
  874: @c @samp{filed} attribute, so that @samp{filed} appears in the mode line
  875: @c when such a message is current.  If you like to keep just a single copy
  876: @c of every mail message, set the variable @code{rmail-delete-after-output}
  877: @c to @code{t}; then the @kbd{o} and @kbd{C-o} commands delete the original
  878: @c message after copying it.  (You can undelete the original afterward if
  879: @c you wish.)
  880: メッセージをコピーすると、もとのメッセージには@samp{filed}属性が付きます。
  881: そのメッセージがカレントメッセージになると、
  882: モード行に@samp{filed}と表示されます。
  883: メイルメッセージをそれぞれ1個だけにしておきたい場合には、
  884: 変数@code{rmail-delete-after-output}に@code{t}を設定します。 
  885: すると、コマンド@kbd{o}と@kbd{C-o}は、メッセージをコピーすると
  886: もとのメッセージを削除します。
  887: (必要ならば、もとのメッセージをアンデリートできます。)
  888: 
  889: @c   Copying messages into files in system inbox format uses the header
  890: @c fields that are displayed in Rmail at the time.  Thus, if you use the
  891: @c @kbd{t} command to view the entire header and then copy the message, the
  892: @c entire header is copied.  @xref{Rmail Display}.
  893: システムのinbox形式でファイルにメッセージをコピーするときには、
  894: rmailで今表示しているヘッダフィールドを使います。
  895: したがって、@kbd{t}コマンドを使ってヘッダ全体を見えるようにしてから
  896: メッセージをコピーすると、ヘッダ全体がコピーされます。
  897: @xref{Rmail Display}。
  898: 
  899: @vindex rmail-output-file-alist
  900: @c   The variable @code{rmail-output-file-alist} lets you specify
  901: @c intelligent defaults for the output file, based on the contents of the
  902: @c current message.  The value should be a list whose elements have this
  903: @c form:
  904: 変数@code{rmail-output-file-alist}を使うと、
  905: カレントメッセージの内容に基づいて
  906: デフォルトの出力ファイルを賢く指定できます。
  907: 値はつぎの形式の要素から成るリストである必要があります。
  908: 
  909: @example
  910: (@var{regexp} . @var{name-exp})
  911: @end example
  912: 
  913: @noindent
  914: @c If there's a match for @var{regexp} in the current message, then the
  915: @c default file name for output is @var{name-exp}.  If multiple elements
  916: @c match the message, the first matching element decides the default file
  917: @c name.  The subexpression @var{name-exp} may be a string constant giving
  918: @c the file name to use, or more generally it may be any Lisp expression
  919: @c that returns a file name as a string.  @code{rmail-output-file-alist}
  920: @c applies to both @kbd{o} and @kbd{C-o}.
  921: カレントメッセージが@var{regexp}で指定されるパターンに一致すると、
  922: デフォルトの出力ファイル名は@var{name-exp}になります。
  923: 複数の要素がメッセージに一致する場合は、
  924: 最初に一致した要素がデフォルトのファイル名になります。
  925: 部分要素@var{name-exp}は、ファイル名を指定する文字列か、
  926: より一般的には、文字列としてファイル名を返すLisp式です。
  927: 変数@code{rmail-output-file-alist}は、
  928: @kbd{o}と@kbd{C-o}の両方に適用されます。
  929: 
  930: @node Rmail Labels, Rmail Attributes, Rmail Output, Rmail
  931: @c @section Labels
  932: @section ラベル
  933: @c @cindex label (Rmail)
  934: @c @cindex attribute (Rmail)
  935: @cindex ラベル(rmail)
  936: @cindex 属性(rmail)
  937: 
  938: @c   Each message can have various @dfn{labels} assigned to it as a means
  939: @c of classification.  Each label has a name; different names are different
  940: @c labels.  Any given label is either present or absent on a particular
  941: @c message.  A few label names have standard meanings and are given to
  942: @c messages automatically by Rmail when appropriate; these special labels
  943: @c are called @dfn{attributes}.
  944: 各メッセージには分類のためにいろいろな@dfn{ラベル}(label)が付きます。
  945: 各ラベルには名前があって、名前が異なれば別のラベルです。
  946: どのラベルもメッセージに付いているか付いていないかのどちらかです。
  947: 少数のラベル名には標準的な意味があり、
  948: 適切な場合にはrmailが自動的にメッセージに付けます。
  949: これらの特別なラベルを@dfn{属性}(attribute)と呼びます。
  950: @ifinfo
  951: @c (@xref{Rmail Attributes}.)
  952: (@pxref{Rmail Attributes}。)
  953: @end ifinfo
  954: @c All other labels are assigned only by users.
  955: それ以外のすべてのラベルはユーザーだけが付けます。
  956: 
  957: @table @kbd
  958: @item a @var{label} @key{RET}
  959: @c Assign the label @var{label} to the current message (@code{rmail-add-label}).
  960: カレントメッセージにラベル@var{label}を付ける
  961: (@code{rmail-add-label})。
  962: @item k @var{label} @key{RET}
  963: @c Remove the label @var{label} from the current message (@code{rmail-kill-label}).
  964: カレントメッセージからラベル@var{label}を取り去る
  965: (@code{rmail-kill-label})。
  966: @item C-M-n @var{labels} @key{RET}
  967: @c Move to the next message that has one of the labels @var{labels}
  968: @c (@code{rmail-next-labeled-message}).
  969: ラベル群@var{labels}のどれか1つを持つつぎのメッセージへ移動する
  970: (@code{rmail-next-labeled-message})。
  971: @item C-M-p @var{labels} @key{RET}
  972: @c Move to the previous message that has one of the labels @var{labels}
  973: @c (@code{rmail-previous-labeled-message}).
  974: ラベル群@var{labels}のどれか1つを持つまえのメッセージへ移動する
  975: (@code{rmail-previous-labeled-message})。
  976: @item C-M-l @var{labels} @key{RET}
  977: @c Make a summary of all messages containing any of the labels @var{labels}
  978: @c (@code{rmail-summary-by-labels}).
  979: ラベル群@var{labels}のどれかを持つすべての
  980: メッセージのサマリを作成する
  981: (@code{rmail-summary-by-labels})。
  982: @end table
  983: 
  984: @c @kindex a @r{(Rmail)}
  985: @c @kindex k @r{(Rmail)}
  986: @kindex a @r{(rmail)}
  987: @kindex k @r{(rmail)}
  988: @findex rmail-add-label
  989: @findex rmail-kill-label
  990: @c   The @kbd{a} (@code{rmail-add-label}) and @kbd{k}
  991: @c (@code{rmail-kill-label}) commands allow you to assign or remove any
  992: @c label on the current message.  If the @var{label} argument is empty, it
  993: @c means to assign or remove the same label most recently assigned or
  994: @c removed.
  995: コマンド@kbd{a}(@code{rmail-add-label})と
  996: @kbd{k}(@code{rmail-kill-label})で、
  997: カレントメッセージに任意のラベルを付けたり取り去ったりできます。
  998: 引数が空の場合は、もっとも最近に付けたり取り去ったりしたものと
  999: 同じラベルを意味します。
 1000: 
 1001: @c   Once you have given messages labels to classify them as you wish, there
 1002: @c are two ways to use the labels: in moving and in summaries.
 1003: 分類するためのラベルをメッセージにいったん付ければ、
 1004: そのラベルを使って2つのこと、つまり、移動とサマリ作成ができます。
 1005: 
 1006: @c @kindex C-M-n @r{(Rmail)}
 1007: @c @kindex C-M-p @r{(Rmail)}
 1008: @kindex C-M-n @r{(rmail)}
 1009: @kindex C-M-p @r{(rmail)}
 1010: @findex rmail-next-labeled-message
 1011: @findex rmail-previous-labeled-message
 1012: @c   The command @kbd{C-M-n @var{labels} @key{RET}}
 1013: @c (@code{rmail-next-labeled-message}) moves to the next message that has
 1014: @c one of the labels @var{labels}.  The argument @var{labels} specifies one
 1015: @c or more label names, separated by commas.  @kbd{C-M-p}
 1016: @c (@code{rmail-previous-labeled-message}) is similar, but moves backwards
 1017: @c to previous messages.  A numeric argument to either command serves as a
 1018: @c repeat count.
 1019: コマンド@kbd{C-M-n @var{labels} @key{RET}}(@code{rmail-next-labeled-message})
 1020: は、ラベル群@var{labels}のどれか1つを持つつぎのメッセージへ移動します。
 1021: 引数@var{labels}には、1つのラベル名、あるいは、
 1022: コンマで区切って複数のラベル名を指定します。
 1023: @kbd{C-M-p}(@code{rmail-previous-labeled-message})も同様ですが、
 1024: まえのメッセージへ向かって逆向きに移動します。
 1025: これらのコマンドに対する数引数は、反復回数になります。
 1026: 
 1027: @c   The command @kbd{C-M-l @var{labels} @key{RET}}
 1028: @c (@code{rmail-summary-by-labels}) displays a summary containing only the
 1029: @c messages that have at least one of a specified set of labels.  The
 1030: @c argument @var{labels} is one or more label names, separated by commas.
 1031: @c @xref{Rmail Summary}, for information on summaries.@refill
 1032: コマンド@kbd{C-M-l @var{labels} @key{RET}}(@code{rmail-summary-by-labels})
 1033: は、指定したラベルの集まりの中の少なくとも1つのラベルを持つような
 1034: メッセージからなるサマリを表示します。
 1035: 引数@var{labels}は、1つのラベル名、あるいは、
 1036: コンマで区切った複数のラベル名です。
 1037: サマリについては、@xref{Rmail Summary}。
 1038: 
 1039: @c   If the @var{labels} argument to @kbd{C-M-n}, @kbd{C-M-p} or
 1040: @c @kbd{C-M-l} is empty, it means to use the last set of labels specified
 1041: @c for any of these commands.
 1042: @kbd{C-M-n}、@kbd{C-M-p}、@kbd{C-M-l}に対する引数@var{labels}が空の場合には、
 1043: これらのコマンドのどれかにもっとも最近に指定したラベルの集まりを意味します。
 1044: 
 1045: @node Rmail Attributes, Rmail Reply, Rmail Labels, Rmail
 1046: @c @section Rmail Attributes
 1047: @section rmailの属性
 1048: 
 1049: @c   Some labels such as @samp{deleted} and @samp{filed} have built-in
 1050: @c meanings and are assigned to or removed from messages automatically at
 1051: @c appropriate times; these labels are called @dfn{attributes}.  Here is a
 1052: @c list of Rmail attributes:
 1053: @samp{deleted}や@samp{filed}のようなラベルのいくつかには
 1054: 組み込みの意味付けがあり、
 1055: 適切なときに自動的にメッセージに付けられたり取り去られたりします。
 1056: このようなラベルを@dfn{属性}(attribute)と呼びます。
 1057: 以下はrmailの属性の一覧です。
 1058: 
 1059: @table @samp
 1060: @item unseen
 1061: @c Means the message has never been current.  Assigned to messages when
 1062: @c they come from an inbox file, and removed when a message is made
 1063: @c current.  When you start Rmail, it initially shows the first message
 1064: @c that has this attribute.
 1065: メッセージが一度もカレントメッセージになったことがないことを意味する。
 1066: inboxファイルから取り込またときにメッセージに付けられ、
 1067: メッセージがカレントメッセージになると取り去られる。
 1068: rmailを起動すると、まずこの属性を持つ最初のメッセージが表示される。
 1069: @item deleted
 1070: @c Means the message is deleted.  Assigned by deletion commands and
 1071: @c removed by undeletion commands (@pxref{Rmail Deletion}).
 1072: メッセージが削除されたことを意味する。
 1073: 削除コマンドが付け、アンデリートコマンドが取り去る
 1074: (@pxref{Rmail Deletion})。
 1075: @item filed
 1076: @c Means the message has been copied to some other file.  Assigned by the
 1077: @c file output commands (@pxref{Rmail Files}).
 1078: メッセージは他のファイルへコピーされたことを意味する。
 1079: ファイル出力コマンドが付ける
 1080: (@pxref{Rmail Files})。
 1081: @item answered
 1082: @c Means you have mailed an answer to the message.  Assigned by the @kbd{r}
 1083: @c command (@code{rmail-reply}).  @xref{Rmail Reply}.
 1084: メッセージに返信したことを意味する。
 1085: @kbd{r}(@code{rmail-reply})コマンドが付ける。
 1086: @pxref{Rmail Reply}。
 1087: @item forwarded
 1088: @c Means you have forwarded the message.  Assigned by the @kbd{f} command
 1089: @c (@code{rmail-forward}).  @xref{Rmail Reply}.
 1090: メッセージを他者に転送したことを意味する。
 1091: @kbd{f}(@code{rmail-forward})コマンドが付ける。
 1092: @pxref{Rmail Reply}。
 1093: @item edited
 1094: @c Means you have edited the text of the message within Rmail.
 1095: @c @xref{Rmail Editing}.
 1096: rmail内でメッセージのテキストを編集したことを意味する。
 1097: @pxref{Rmail Editing}。
 1098: @item resent
 1099: @c Means you have resent the message.  Assigned by the command @kbd{M-x
 1100: @c rmail-resend}.  @xref{Rmail Reply}.
 1101: メッセージを再送信したことを意味する。
 1102: @kbd{M-xrmail-resend}コマンドが付ける。
 1103: @pxref{Rmail Reply}。
 1104: @end table
 1105: 
 1106: @c   All other labels are assigned or removed only by the user, and have no
 1107: @c standard meaning.
 1108: これら以外のすべてのラベルはユーザーだけが付けたり取り去ったりするのであって、
 1109: 標準的な意味はまったくありません。
 1110: 
 1111: @node Rmail Reply, Rmail Summary, Rmail Attributes, Rmail
 1112: @c @section Sending Replies
 1113: @section 返事の送信
 1114: 
 1115: @c   Rmail has several commands that use Mail mode to send outgoing mail.
 1116: @c @xref{Sending Mail}, for information on using Mail mode, including
 1117: @c certain features meant to work with Rmail.  What this section documents
 1118: @c are the special commands of Rmail for entering Mail mode.  Note that the
 1119: @c usual keys for sending mail---@kbd{C-x m}, @kbd{C-x 4 m}, and @kbd{C-x 5
 1120: @c m}---are available in Rmail mode and work just as they usually do.
 1121: rmailには、メイルの送信にメイル(mail)モードを使うコマンドが
 1122: いくつかあります。
 1123: メイル(mail)モードの使用方法については、rmailから使えるある種の機能も含めて、
 1124: @xref{Sending Mail}。
 1125: 本節では、メイル(mail)モードへ入るrmailに特有のコマンドを説明します。
 1126: メイル送信のための通常のキー、
 1127: @kbd{C-x m}、@kbd{C-x 4 m}、@kbd{C-x 5 m}は、
 1128: rmailモードでも使え、その動作もまったく同じであることに注意してください。
 1129: 
 1130: @table @kbd
 1131: @item m
 1132: @c Send a message (@code{rmail-mail}).
 1133: メッセージを送信する(@code{rmail-mail})。
 1134: @item c
 1135: @c Continue editing the already started outgoing message (@code{rmail-continue}).
 1136: 書き始めたメッセージの編集を再開する(@code{rmail-continue})。
 1137: @item r
 1138: @c Send a reply to the current Rmail message (@code{rmail-reply}).
 1139: カレントメッセージに対する返事を送信する(@code{rmail-reply})。
 1140: @item f
 1141: @c Forward the current message to other users (@code{rmail-forward}).
 1142: カレントメッセージを他のユーザーに転送する(@code{rmail-forward})。
 1143: @item C-u f
 1144: @c Resend the current message to other users (@code{rmail-resend}).
 1145: カレントメッセージを他のユーザーに再送信する(@code{rmail-resend})。
 1146: @item M-m
 1147: @c Try sending a bounced message a second time (@code{rmail-retry-failure}).
 1148: 送信できずに戻ってきたメッセージを再度送信する
 1149: (@code{rmail-retry-failure})。
 1150: @end table
 1151: 
 1152: @c @kindex r @r{(Rmail)}
 1153: @kindex r @r{(rmail)}
 1154: @findex rmail-reply
 1155: @c @cindex reply to a message
 1156: @cindex メッセージへの返信
 1157: @c   The most common reason to send a message while in Rmail is to reply to
 1158: @c the message you are reading.  To do this, type @kbd{r}
 1159: @c (@code{rmail-reply}).  This displays the @samp{*mail*} buffer in another
 1160: @c window, much like @kbd{C-x 4 m}, but preinitializes the @samp{Subject},
 1161: @c @samp{To}, @samp{CC} and @samp{In-reply-to} header fields based on the
 1162: @c message you are replying to.  The @samp{To} field starts out as the
 1163: @c address of the person who sent the message you received, and the
 1164: @c @samp{CC} field starts out with all the other recipients of that
 1165: @c message.
 1166: rmailからメッセージを送信するのは、ほとんどの場合、
 1167: 読んでいるメッセージに返信するためでしょう。
 1168: それには、@kbd{r}(@code{rmail-reply})と打ちます。
 1169: すると、@kbd{C-x 4 m}のように
 1170: 別のウィンドウに@samp{*mail*}バッファが表示されますが、
 1171: 返事を出そうとするメッセージに基づいて
 1172: @samp{Subject}、@samp{To}、@samp{CC}、@samp{In-reply-to}の
 1173: ヘッダフィールドがあらかじめ埋められています。
 1174: @samp{To}フィールドにはそのメッセージの送信者が書かれ、
 1175: @samp{CC}フィールドにはそのメッセージのすべての受信者が書かれます。
 1176: 
 1177: @vindex rmail-dont-reply-to-names
 1178: @c   You can exclude certain recipients from being placed automatically in
 1179: @c the @samp{CC}, using the variable @code{rmail-dont-reply-to-names}.  Its
 1180: @c value should be a regular expression (as a string); any recipient that
 1181: @c the regular expression matches, is excluded from the @samp{CC} field.
 1182: @c The default value matches your own name, and any name starting with
 1183: @c @samp{info-}.  (Those names are excluded because there is a convention
 1184: @c of using them for large mailing lists to broadcast announcements.)
 1185: 変数@code{rmail-dont-reply-to-names}を使うと、
 1186: @samp{CC}に自動的に含まれる受信者から特定の受信者を除くことができます。
 1187: この変数の値は(文字列で表した)正規表現である必要があります。
 1188: この正規表現に一致する受信者は@samp{CC}フィールドから除かれます。
 1189: デフォルトの値は、あなた自身の名前と@samp{info-}で始まる名前です。
 1190: (このような名前は、
 1191: 大規模なメイリングリストで全員に送信するために使う習慣があるから。)
 1192: 
 1193: @c   To omit the @samp{CC} field completely for a particular reply, enter
 1194: @c the reply command with a numeric argument: @kbd{C-u r} or @kbd{1 r}.
 1195: @samp{CC}フィールドを完全に省いて返信したいときには、
 1196: 数引数を指定して返信コマンドを入力します。
 1197: つまり、@kbd{C-u r}や@kbd{1 r}です。
 1198: 
 1199: @c   Once the @samp{*mail*} buffer has been initialized, editing and
 1200: @c sending the mail goes as usual (@pxref{Sending Mail}).  You can edit the
 1201: @c presupplied header fields if they are not right for you.  You can also
 1202: @c use the commands of Mail mode (@pxref{Mail Mode}), including @kbd{C-c
 1203: @c C-y} which yanks in the message that you are replying to.  You can
 1204: @c switch to the Rmail buffer, select a different message there, switch
 1205: @c back, and yank the new current message.
 1206: ひとたび@samp{*mail*}バッファが初期化されれば、
 1207: メイルの編集や送信は通常どおりです
 1208: (@pxref{Sending Mail})。
 1209: あらかじめ用意されたヘッダフィールドが適切でなければ、
 1210: 編集してかまいません。
 1211: また、メイル(mail)モードのコマンドを使うこともでき
 1212: (@pxref{Mail Mode})、
 1213: @kbd{C-c C-y}コマンドでもとの返信メッセージをヤンクすることもできます。
 1214: rmailバッファに切り替えてから別のメッセージを選択し、
 1215: もとに戻って新しいカレントメッセージをヤンクしてもかまいません。
 1216: 
 1217: @c @kindex M-m @r{(Rmail)}
 1218: @kindex M-m @r{(rmail)}
 1219: @findex rmail-retry-failure
 1220: @c @cindex retrying a failed message
 1221: @cindex 失敗したメッセージの再送信
 1222: @vindex rmail-retry-ignored-headers
 1223: @c   Sometimes a message does not reach its destination.  Mailers usually
 1224: @c send the failed message back to you, enclosed in a @dfn{failure
 1225: @c message}.  The Rmail command @kbd{M-m} (@code{rmail-retry-failure})
 1226: @c prepares to send the same message a second time: it sets up a
 1227: @c @samp{*mail*} buffer with the same text and header fields as before.  If
 1228: @c you type @kbd{C-c C-c} right away, you send the message again exactly
 1229: @c the same as the first time.  Alternatively, you can edit the text or
 1230: @c headers and then send it.  The variable
 1231: @c @code{rmail-retry-ignored-headers}, in the same format as
 1232: @c @code{rmail-ignored-headers} (@pxref{Rmail Display}), controls which
 1233: @c headers are stripped from the failed message when retrying it; it
 1234: @c defaults to @code{nil}.
 1235: メッセージが相手先へ届かない場合があります。
 1236: メイル配送プログラムは、通常、
 1237: 失敗したメッセージを@dfn{失敗メッセージ}に同封して
 1238: 発信者に送り返します。
 1239: rmailのコマンド@kbd{M-m}(@code{rmail-retry-failure})は、
 1240: 同じメッセージを再送する準備をします。
 1241: 前回と同じ本文とヘッダフィールドで@samp{*mail*}バッファを立ち上げます。
 1242: すぐに@kbd{C-c C-c}と打つと、
 1243: 前回とまったく同様にメッセージを再送信します。
 1244: あるいは、本文やヘッダを編集してから送信することもできます。
 1245: 変数@code{rmail-ignored-headers}(@pxref{Rmail Display})と同じ形式の
 1246: 変数@code{rmail-retry-ignored-headers}は、
 1247: 再送信するときに送信に失敗したメッセージから取り除くヘッダを制御します。
 1248: デフォルトでは@code{nil}です。
 1249: 
 1250: @c @kindex f @r{(Rmail)}
 1251: @kindex f @r{(rmail)}
 1252: @findex rmail-forward
 1253: @c @cindex forwarding a message
 1254: @cindex メッセージの転送
 1255: @c   Another frequent reason to send mail in Rmail is to @dfn{forward} the
 1256: @c current message to other users.  @kbd{f} (@code{rmail-forward}) makes
 1257: @c this easy by preinitializing the @samp{*mail*} buffer with the current
 1258: @c message as the text, and a subject designating a forwarded message.  All
 1259: @c you have to do is fill in the recipients and send.  When you forward a
 1260: @c message, recipients get a message which is ``from'' you, and which has
 1261: @c the original message in its contents.
 1262: rmailからメッセージを送信する別の場面は、
 1263: 他のユーザーにメッセージを@dfn{転送}(forward)することでしょう。
 1264: @kbd{f}(@code{rmail-forward})はこれを簡単に行えるようにします。
 1265: つまり、カレントメッセージをテキストとして@samp{*mail*}バッファを初期化し、
 1266: @samp{Subject}も転送メッセージである旨の初期化をします。
 1267: あとは、受信者を埋め込んで送信するだけです。
 1268: メッセージを転送したとき、受信者はあなた『から』メッセージを受け取りますが、
 1269: 内容はもとのメッセージのままです。
 1270: 
 1271: @findex unforward-rmail-message
 1272: @c   Forwarding a message encloses it between two delimiter lines.  It also
 1273: @c modifies every line that starts with a dash, by inserting @w{@samp{- }}
 1274: @c at the start of the line.  When you receive a forwarded message, if it
 1275: @c contains something besides ordinary text---for example, program source
 1276: @c code---you might find it useful to undo that transformation.  You can do
 1277: @c this by selecting the forwarded message and typing @kbd{M-x
 1278: @c unforward-rmail-message}.  This command extracts the original forwarded
 1279: @c message, deleting the inserted @w{@samp{- }} strings, and inserts it
 1280: @c into the Rmail file as a separate message immediately following the
 1281: @c current one.
 1282: 転送されるメッセージは、2つの区切り行に挟まれています。
 1283: また、各行は、行頭に@w{@samp{- }}を挿入してハイフンで始まるように
 1284: 修正されます。
 1285: 転送メッセージを受け取って、たとえばプログラムのソースコードのように
 1286: 文書以外に何か役立つようなものが含まれているときには、
 1287: このような変更をもとに戻せたら便利です。
 1288: これを行うには、転送メッセージを選択して
 1289: @kbd{M-x unforward-rmail-message}と打ちます。
 1290: このコマンドは、挿入された@w{@samp{- }}を削除してもとのメッセージを取り出し、
 1291: それをrmailファイルのカレントメッセージの直後に別のメッセージとして挿入します。
 1292: 
 1293: @findex rmail-resend
 1294: @c   @dfn{Resending} is an alternative similar to forwarding; the
 1295: @c difference is that resending sends a message that is ``from'' the
 1296: @c original sender, just as it reached you---with a few added header fields
 1297: @c @samp{Resent-from} and @samp{Resent-to} to indicate that it came via
 1298: @c you.  To resend a message in Rmail, use @kbd{C-u f}.  (@kbd{f} runs
 1299: @c @code{rmail-forward}, which is programmed to invoke @code{rmail-resend}
 1300: @c if you provide a numeric argument.)
 1301: @dfn{再送}(resending)は転送に似ている別の手段です。
 1302: 異なる点は、再送はもともとの送信者『から』メッセージをもう一度送ることです。
 1303: また、あなたから送られたことを示すために
 1304: @samp{Resent-from}と@samp{Resent-to}のヘッダフィールドが付加されます。
 1305: rmailでメッセージを再送するには、@kbd{C-u f}を使います。
 1306: (@kbd{f}は@code{rmail-forward}を実行するが、
 1307: 数引数を指定すると@code{rmail-resend}を実行するようになっている。)
 1308: 
 1309: @c @kindex m @r{(Rmail)}
 1310: @kindex m @r{(rmail)}
 1311: @findex rmail-mail
 1312: @c   The @kbd{m} (@code{rmail-mail}) command is used to start editing an
 1313: @c outgoing message that is not a reply.  It leaves the header fields empty.
 1314: @c Its only difference from @kbd{C-x 4 m} is that it makes the Rmail buffer
 1315: @c accessible for @kbd{C-c C-y}, just as @kbd{r} does.  Thus, @kbd{m} can be
 1316: @c used to reply to or forward a message; it can do anything @kbd{r} or @kbd{f}
 1317: @c can do.@refill
 1318: @kbd{m}(@code{rmail-mail})コマンドは、
 1319: 返信ではない送信メッセージを編集し始めるのに使います。
 1320: ヘッダフィールドは空のままです。
 1321: このコマンドと@kbd{C-x 4 m}との唯一の違いは、
 1322: ちょうど@kbd{r}がするように
 1323: @kbd{C-c C-y}でrmailバッファを参照できるようにすることです。
 1324: したがって、@kbd{m}コマンドでメッセージに返信したり転送したりできます。
 1325: @kbd{r}や@kbd{f}でできることは何でもできます。
 1326: 
 1327: @c @kindex c @r{(Rmail)}
 1328: @kindex c @r{(rmail)}
 1329: @findex rmail-continue
 1330: @c   The @kbd{c} (@code{rmail-continue}) command resumes editing the
 1331: @c @samp{*mail*} buffer, to finish editing an outgoing message you were
 1332: @c already composing, or to alter a message you have sent.@refill
 1333: @kbd{c}(@code{rmail-continue})コマンドは、
 1334: 書きかけのメッセージの編集を完了したり、
 1335: 送信したメッセージを変更したりするために
 1336: @samp{*mail*}バッファの編集を再開します。
 1337: 
 1338: @vindex rmail-mail-new-frame
 1339: @c   If you set the variable @code{rmail-mail-new-frame} to a
 1340: @c non-@code{nil} value, then all the Rmail commands to start sending a
 1341: @c message create a new frame to edit it in.  This frame is deleted when
 1342: @c you send the message, or when you use the @samp{Don't Send} item in the
 1343: @c @samp{Mail} menu.
 1344: 変数@code{rmail-mail-new-frame}に@code{nil}以外の値を設定すると、
 1345: メッセージの送信を始めるすべてのrmailコマンドは編集用に新しいフレームを
 1346: 作ります。
 1347: メッセージを送信したり@samp{Mail}メニューの項目@samp{Don't Send}を使うと、
 1348: このフレームは削除されます。
 1349: 
 1350: @c   All the Rmail commands to send a message use the mail-composition
 1351: @c method that you have chosen (@pxref{Mail Methods}).
 1352: メッセージを送信するためすべてのrmailコマンドは、
 1353: あなたが選択したメイル作成方式を使います
 1354: (@pxref{Mail Methods})。
 1355: 
 1356: @node Rmail Summary, Rmail Sorting, Rmail Reply, Rmail
 1357: @c @section Summaries
 1358: @section rmailのサマリ機能
 1359: @c @cindex summary (Rmail)
 1360: @cindex サマリ(rmail)
 1361: 
 1362: @c   A @dfn{summary} is a buffer containing one line per message to give
 1363: @c you an overview of the mail in an Rmail file.  Each line shows the
 1364: @c message number, the sender, the labels, and the subject.  Almost all
 1365: @c Rmail commands are valid in the summary buffer also; these apply to the
 1366: @c message described by the current line of the summary.  Moving point in
 1367: @c the summary buffer selects messages as you move to their summary lines.
 1368: @dfn{サマリ}(summary)とは、
 1369: rmailファイルにあるメイルの概要を示すために
 1370: 1メッセージにつき1行の情報を収めたバッファです。
 1371: 各行には、メッセージ番号、送信者、ラベル、
 1372: サブジェクト(@samp{Subject}の内容)が表示されます。
 1373: ほとんどすべてのrmailコマンドはサマリバッファでも有効で、
 1374: サマリの現在行が指すメッセージに適用されます。
 1375: サマリバッファでポイントを動かすと、
 1376: ポイントがある行が指すメッセージを選択します。
 1377: 
 1378: @c   A summary buffer applies to a single Rmail file only; if you are
 1379: @c editing multiple Rmail files, each one can have its own summary buffer.
 1380: @c The summary buffer name is made by appending @samp{-summary} to the
 1381: @c Rmail buffer's name.  Normally only one summary buffer is displayed at a
 1382: @c time.
 1383: 1つのサマリバッファは、それに対応した1つのrmailファイルにしか適用されません。
 1384: 複数のrmailファイルを編集している場合には、
 1385: それぞれに専用のサマリバッファを作れます。
 1386: サマリバッファの名前は、rmailバッファの名前に@samp{-summary}を
 1387: 付け加えたものです。
 1388: 通常、一度に表示されるサマリバッファは1つだけです。
 1389: 
 1390: @menu
 1391: * Rmail Make Summary::	     Making various sorts of summaries.
 1392: * Rmail Summary Edit::	     Manipulating messages from the summary.
 1393: @end menu
 1394: 
 1395: @node Rmail Make Summary, Rmail Summary Edit, , Rmail Summary
 1396: @c @subsection Making Summaries
 1397: @subsection サマリの作成
 1398: 
 1399: @c   Here are the commands to create a summary for the current Rmail file.
 1400: @c Once the Rmail file has a summary buffer, changes in the Rmail file
 1401: @c (such as deleting or expunging messages, and getting new mail)
 1402: @c automatically update the summary.
 1403: 現在のrmailファイルのサマリを作成するコマンドを説明します。
 1404: いったんrmailファイルに対するサマリバッファを作っておくと、
 1405: (メッセージの削除/抹消、新着メイルの取得などで)
 1406: rmailファイルが変更されると自動的にサマリも更新されます。
 1407: 
 1408: @table @kbd
 1409: @item h
 1410: @itemx C-M-h
 1411: @c Summarize all messages (@code{rmail-summary}).
 1412: すべてのメッセージのサマリを作成する(@code{rmail-summary})。
 1413: @item l @var{labels} @key{RET}
 1414: @itemx C-M-l @var{labels} @key{RET}
 1415: @c Summarize messages that have one or more of the specified labels
 1416: @c (@code{rmail-summary-by-labels}).
 1417: 指定したラベルのいずれかを含むメッセージのサマリを作成する
 1418: (@code{rmail-summary-by-labels})。
 1419: @item C-M-r @var{rcpts} @key{RET}
 1420: @c Summarize messages that have one or more of the specified recipients
 1421: @c (@code{rmail-summary-by-recipients}).
 1422: 指定した受信者名のいずれかを含むメッセージのサマリを作成する
 1423: (@code{rmail-summary-by-recipients})。
 1424: @item C-M-t @var{topic} @key{RET}
 1425: @c Summarize messages that have a match for the specified regexp
 1426: @c @var{topic} in their subjects (@code{rmail-summary-by-topic}).
 1427: 指定した正規表現@var{topic}に一致するサブジェクトを持つ
 1428: メッセージのサマリを作成する(@code{rmail-summary-by-topic})。
 1429: @end table
 1430: 
 1431: @c @kindex h @r{(Rmail)}
 1432: @kindex h @r{(rmail)}
 1433: @findex rmail-summary
 1434: @c   The @kbd{h} or @kbd{C-M-h} (@code{rmail-summary}) command fills the summary buffer
 1435: @c for the current Rmail file with a summary of all the messages in the file.
 1436: @c It then displays and selects the summary buffer in another window.
 1437: コマンド@kbd{h}や@kbd{C-M-h}(@code{rmail-summary})は、
 1438: 現在のrmailファイルのサマリバッファを
 1439: このファイルの全メッセージのサマリで満たします。
 1440: そして、別のウィンドウにサマリバッファを表示し選択します。
 1441: 
 1442: @c @kindex l @r{(Rmail)}
 1443: @c @kindex C-M-l @r{(Rmail)}
 1444: @kindex l @r{(rmail)}
 1445: @kindex C-M-l @r{(rmail)}
 1446: @findex rmail-summary-by-labels
 1447: @c   @kbd{C-M-l @var{labels} @key{RET}} (@code{rmail-summary-by-labels}) makes
 1448: @c a partial summary mentioning only the messages that have one or more of the
 1449: @c labels @var{labels}.  @var{labels} should contain label names separated by
 1450: @c commas.@refill
 1451: @kbd{C-M-l @var{labels} @key{RET}}(@code{rmail-summary-by-labels})は、
 1452: ラベル@var{labels}のいずれかを含むメッセージに対する部分的なサマリを作ります。
 1453: @var{labels}はラベル名をコンマで区切ったものである必要があります。
 1454: 
 1455: @c @kindex C-M-r @r{(Rmail)}
 1456: @kindex C-M-r @r{(rmail)}
 1457: @findex rmail-summary-by-recipients
 1458: @c   @kbd{C-M-r @var{rcpts} @key{RET}} (@code{rmail-summary-by-recipients})
 1459: @c makes a partial summary mentioning only the messages that have one or more
 1460: @c of the recipients @var{rcpts}.  @var{rcpts} should contain mailing
 1461: @c addresses separated by commas.@refill
 1462: @kbd{C-M-r @var{rcpts} @key{RET}}(@code{rmail-summary-by-recipients})は、
 1463: 受信者名@var{rcpts}のいずれかを含むメッセージに対する部分的な
 1464: サマリを作ります。
 1465: @var{rcpts}はメイルアドレスをコンマで区切ったものである必要があります。
 1466: 
 1467: @c @kindex C-M-t @r{(Rmail)}
 1468: @kindex C-M-t @r{(rmail)}
 1469: @findex rmail-summary-by-topic
 1470: @c   @kbd{C-M-t @var{topic} @key{RET}} (@code{rmail-summary-by-topic})
 1471: @c makes a partial summary mentioning only the messages whose subjects have
 1472: @c a match for the regular expression @var{topic}.
 1473: @kbd{C-M-t @var{topic} @key{RET}}(@code{rmail-summary-by-topic})は、
 1474: 正規表現@var{topic}に一致するサブジェクトを持つメッセージに対する
 1475: 部分的なサマリを作成します。
 1476: 
 1477: @c   Note that there is only one summary buffer for any Rmail file; making one
 1478: @c kind of summary discards any previously made summary.
 1479: どのrmailファイルにも1つのサマリバッファしかないことに注意してください。
 1480: ある種類のサマリを作成すると、それ以前のサマリは消されてしまいます。
 1481: 
 1482: @vindex rmail-summary-window-size
 1483: @vindex rmail-summary-line-count-flag
 1484: @c   The variable @code{rmail-summary-window-size} says how many lines to
 1485: @c use for the summary window.  The variable
 1486: @c @code{rmail-summary-line-count-flag} controls whether the summary line
 1487: @c for a message should include the line count of the message.
 1488: 変数@code{rmail-summary-window-size}は、
 1489: サマリウィンドウに使う行数を指定します。
 1490: 変数@code{rmail-summary-line-count-flag} は、
 1491: 各メッセージのサマリ行にメッセージの行数を表示するかどうかを制御します。
 1492: 
 1493: @node Rmail Summary Edit,  , Rmail Make Summary, Rmail Summary
 1494: @c @subsection Editing in Summaries
 1495: @subsection サマリでの編集
 1496: 
 1497: @c   You can use the Rmail summary buffer to do almost anything you can do
 1498: @c in the Rmail buffer itself.  In fact, once you have a summary buffer,
 1499: @c there's no need to switch back to the Rmail buffer.
 1500: rmailバッファ自体にできることは、
 1501: rmailサマリバッファでもほとんどできます。
 1502: 実際、いったんサマリバッファを作っておけば、
 1503: rmailバッファに切り替える必要はありません。
 1504: 
 1505: @c   You can select and display various messages in the Rmail buffer, from
 1506: @c the summary buffer, just by moving point in the summary buffer to
 1507: @c different lines.  It doesn't matter what Emacs command you use to move
 1508: @c point; whichever line point is on at the end of the command, that
 1509: @c message is selected in the Rmail buffer.
 1510: サマリバッファ上でポイントを行から行へ移動するだけで、
 1511: サマリバッファからrmailバッファのさまざまなメッセージを選択し表示できます。
 1512: どんなEmacsコマンドを使ってポイントを移動してもかまいません。
 1513: コマンドを実行し終ったときにポイントがある行がどこであっても、
 1514: rmailバッファのそれに対応するメッセージが選択されます。
 1515: 
 1516: @c   Almost all Rmail commands work in the summary buffer as well as in the
 1517: @c Rmail buffer.  Thus, @kbd{d} in the summary buffer deletes the current
 1518: @c message, @kbd{u} undeletes, and @kbd{x} expunges.  @kbd{o} and @kbd{C-o}
 1519: @c output the current message to a file; @kbd{r} starts a reply to it.  You
 1520: @c can scroll the current message while remaining in the summary buffer
 1521: @c using @key{SPC} and @key{DEL}.
 1522: ほとんどすべてのrmailコマンドは、rmailバッファと同様にサマリバッファ
 1523: でも機能します。
 1524: つまり、
 1525: @kbd{d}はサマリバッファでもカレントメッセージを削除し、
 1526: @kbd{u}はアンデリートし、@kbd{x}は抹消します。
 1527: @kbd{o}と@kbd{C-o}はカレントメッセージをファイルに書き込みます。
 1528: @kbd{r}は返信を開始します。
 1529: サマリバッファにいても、
 1530: @key{SPC}と@key{DEL}を使ってカレントメッセージをスクロールできます。
 1531: 
 1532: @c   The Rmail commands to move between messages also work in the summary
 1533: @c buffer, but with a twist: they move through the set of messages included
 1534: @c in the summary.  They also ensure the Rmail buffer appears on the screen
 1535: @c (unlike cursor motion commands, which update the contents of the Rmail
 1536: @c buffer but don't display it in a window unless it already appears).
 1537: @c Here is a list of these commands:
 1538: メッセージのあいだを移動するrmailコマンドもサマリバッファで使えますが、
 1539: 事情が少々違っています。
 1540: つまり、現在サマリが作られているメッセージのあいだでしか移動できません。
 1541: また、rmailバッファが必ず画面に表示されるようにします。
 1542: (カーソル移動のコマンドはrmailバッファの内容を更新しますが、
 1543: rmailバッファがウィンドウに表示されていなければ表示されません。)
 1544: 以下はこれらのコマンドの一覧です。
 1545: 
 1546: @table @kbd
 1547: @item n
 1548: @c Move to next line, skipping lines saying `deleted', and select its
 1549: @c message.
 1550: (削除された)「deleted」となっている行を
 1551: 飛び越してつぎの行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1552: @item p
 1553: @c Move to previous line, skipping lines saying `deleted', and select
 1554: @c its message.
 1555: (削除された)「deleted」となっている行を
 1556: 飛び越してまえの行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1557: @item M-n
 1558: @c Move to next line and select its message.
 1559: つぎの行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1560: @item M-p
 1561: @c Move to previous line and select its message.
 1562: まえの行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1563: @item >
 1564: @c Move to the last line, and select its message.
 1565: 最後の行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1566: @item <
 1567: @c Move to the first line, and select its message.
 1568: 最初の行に移動し、そのメッセージを選択する。
 1569: @item M-s @var{pattern} @key{RET}
 1570: @c Search through messages for @var{pattern} starting with the current
 1571: @c message; select the message found, and move point in the summary buffer
 1572: @c to that message's line.
 1573: カレントメッセージから始めて@var{pattern}に一致するメッセージを探索する。
 1574: みつかったメッセージを選択し、
 1575: サマリバッファ内のそのメッセージに対応する行にポイントを移動する。
 1576: @end table
 1577: 
 1578: @vindex rmail-redisplay-summary
 1579: @c   Deletion, undeletion, and getting new mail, and even selection of a
 1580: @c different message all update the summary buffer when you do them in the
 1581: @c Rmail buffer.  If the variable @code{rmail-redisplay-summary} is
 1582: @c non-@code{nil}, these actions also bring the summary buffer back onto
 1583: @c the screen.
 1584: rmailバッファで、削除、アンデリート、新着メイルの取得、
 1585: 別のメッセージの選択を実行すると、サマリバッファを必ず更新します。
 1586: 変数@code{rmail-redisplay-summary}が@code{nil}以外ならば、
 1587: これらのコマンドを実行するとサマリバッファは画面に表示されます。
 1588: 
 1589: @c @kindex Q @r{(Rmail summary)}
 1590: @kindex Q @r{(rmailサマリ)}
 1591: @findex rmail-summary-wipe
 1592: @c @kindex q @r{(Rmail summary)}
 1593: @kindex q @r{(rmailサマリ)}
 1594: @findex rmail-summary-quit
 1595: @c   When you are finished using the summary, type @kbd{Q}
 1596: @c (@code{rmail-summary-wipe}) to delete the summary buffer's window.  You
 1597: @c can also exit Rmail while in the summary: @kbd{q}
 1598: @c (@code{rmail-summary-quit}) deletes the summary window, then exits from
 1599: @c Rmail by saving the Rmail file and switching to another buffer.
 1600: サマリを使い終ったら@kbd{Q}(@code{rmail-summary-wipe})と打って
 1601: サマリバッファのウィンドウを削除します。
 1602: サマリでrmailを終了することもできます。
 1603: @kbd{q}(@code{rmail-summary-quit})はサマリウィンドウを削除し、
 1604: rmailファイルを保存してrmailを抜け、別のバッファに切り替えます。
 1605: 
 1606: @node Rmail Sorting, Rmail Display, Rmail Summary, Rmail
 1607: @c @section Sorting the Rmail File
 1608: @section rmailファイルのソート
 1609: 
 1610: @table @kbd
 1611: @item M-x rmail-sort-by-date
 1612: @c Sort messages of current Rmail file by date.
 1613: 現在のrmailファイルのメッセージを日付順にソートする。
 1614: 
 1615: @item M-x rmail-sort-by-subject
 1616: @c Sort messages of current Rmail file by subject.
 1617: 現在のrmailファイルのメッセージを@samp{Subject}順にソートする。
 1618: 
 1619: @item M-x rmail-sort-by-author
 1620: @c Sort messages of current Rmail file by author's name.
 1621: 現在のrmailファイルのメッセージを筆者名順にソートする。
 1622: 
 1623: @item M-x rmail-sort-by-recipient
 1624: @c Sort messages of current Rmail file by recipient's names.
 1625: 現在のrmailファイルのメッセージを受け手名順にソートする。
 1626: 
 1627: @item M-x rmail-sort-by-correspondent
 1628: @c Sort messages of current Rmail file by the name of the other
 1629: @c correspondent.
 1630: 現在のrmailファイルのメッセージを他の文通者名順にソートする。
 1631: 
 1632: @item M-x rmail-sort-by-lines
 1633: @c Sort messages of current Rmail file by size (number of lines).
 1634: 現在のrmailファイルのメッセージを行数順にソートする。
 1635: 
 1636: @item M-x rmail-sort-by-keywords @key{RET} @var{labels} @key{RET}
 1637: @c Sort messages of current Rmail file by labels.  The argument
 1638: @c @var{labels} should be a comma-separated list of labels.  The order of
 1639: @c these labels specifies the order of messages; messages with the first
 1640: @c label come first, messages with the second label come second, and so on.
 1641: @c Messages which have none of these labels come last.
 1642: 現在のrmailファイルのメッセージをラベル順にソートする。
 1643: 引数 @var{labels}は、コンマで区切られたラベルの並びである必要がある。
 1644: ラベルの順序がメッセージの順序を決める。
 1645: 最初のラベルを持つメッセージが最初にきて、
 1646: 2番目のラベルを持つものが2番目にくるというようになる。
 1647: 指定したラベルも持たないメッセージは最後にくる。
 1648: @end table
 1649: 
 1650: @c   The Rmail sort commands perform a @emph{stable sort}: if there is no
 1651: @c reason to prefer either one of two messages, their order remains
 1652: @c unchanged.  You can use this to sort by more than one criterion.  For
 1653: @c example, if you use @code{rmail-sort-by-date} and then
 1654: @c @code{rmail-sort-by-author}, messages from the same author appear in
 1655: @c order by date.
 1656: rmailのソートコマンドは、@emph{順序を保存するソート}(stable sort)を行います。
 1657: 2つのメッセージのどちらを先にするか明確な基準がないときには、
 1658: その順序関係は保存されます。
 1659: これを用いれば、複数の基準でソートできます。
 1660: たとえば、@code{rmail-sort-by-date}を使ってから
 1661: @code{rmail-sort-by-author}を使うと、
 1662: 同じ筆者のメッセージは日付順に並びます。
 1663: 
 1664: @c   With a numeric argument, all these commands reverse the order of
 1665: @c comparison.  This means they sort messages from newest to oldest, from
 1666: @c biggest to smallest, or in reverse alphabetical order.
 1667: 数引数を指定するとこれらのすべてのコマンドは逆順序に並べます。
 1668: つまり、新しいものから古いものへ、大きなものから小さなものへ、
 1669: アルファベットの逆順にメッセージをソートします。
 1670: 
 1671: @node Rmail Display, Rmail Editing, Rmail Sorting, Rmail
 1672: @c @section Display of Messages
 1673: @section メッセージの表示
 1674: 
 1675: @c   Rmail reformats the header of each message before displaying it for
 1676: @c the first time.  Reformatting hides uninteresting header fields to
 1677: @c reduce clutter.  You can use the @kbd{t} command to show the entire
 1678: @c header or to repeat the header reformatting operation.
 1679: 初めてメッセージを表示するとき、rmailはメッセージのヘッダを
 1680: 整形し直してから表示します。
 1681: むだな表示を削るために重要でないヘッダフィールドを隠します。
 1682: @kbd{t}コマンドを使うと、ヘッダ全体を表示したり再度整形することができます。
 1683: 
 1684: @table @kbd
 1685: @item t
 1686: @c Toggle display of complete header (@code{rmail-toggle-header}).
 1687: ヘッダ全体を表示するかどうかを切り替える(@code{rmail-toggle-header})。
 1688: @end table
 1689: 
 1690: @vindex rmail-ignored-headers
 1691: @c   Reformatting the header involves deleting most header fields, on the
 1692: @c grounds that they are not interesting.  The variable
 1693: @c @code{rmail-ignored-headers} holds a regular expression that specifies
 1694: @c which header fields to hide in this way---if it matches the beginning of
 1695: @c a header field, that whole field is hidden.
 1696: ヘッダの整形では、各ヘッダフィールドの重要性に基づいて
 1697: ほとんどのヘッダフィールドを削除することになります。
 1698: 変数@code{rmail-ignored-headers}には、このようにして隠すヘッダフィールドを
 1699: 指定する正規表現を記述します。
 1700: ヘッダフィールドの先頭部分がこの正規表現に一致すると
 1701: そのフィールド全体を隠します。
 1702: 
 1703: @c @kindex t @r{(Rmail)}
 1704: @kindex t @r{(rmail)}
 1705: @findex rmail-toggle-header
 1706: @c   Rmail saves the complete original header before reformatting; to see
 1707: @c it, use the @kbd{t} command (@code{rmail-toggle-header}).  This
 1708: @c discards the reformatted headers of the current message and displays it
 1709: @c with the original header.  Repeating @kbd{t} reformats the message
 1710: @c again.  Selecting the message again also reformats.
 1711: rmailは整形を行うまえにもとのヘッダ全体を保存します。
 1712: これを見るには@kbd{t}(@code{rmail-toggle-header})コマンドを使います。
 1713: カレントメッセージの整形されたヘッダを捨て、もとのヘッダを表示します。
 1714: @kbd{t}を再度実行すると、メッセージのヘッダを再度整形します。
 1715: メッセージを選択し直しても再度整形します。
 1716: 
 1717: @c   One consequence of this is that if you edit the reformatted header
 1718: @c (using @kbd{e}; @pxref{Rmail Editing}), subsequent use of @kbd{t} will
 1719: @c discard your edits.  On the other hand, if you use @kbd{e} after
 1720: @c @kbd{t}, to edit the original (unreformatted) header, those changes are
 1721: @c permanent.
 1722: この結果として、(@pxref{Rmail Editing})
 1723: 整形されたヘッダを(@kbd{e}コマンドで)編集しても、
 1724: そのあとに@kbd{t}を使うと編集したものは破棄されます(@pxref{Rmail Editing})。
 1725: 一方、@kbd{t}のあとに@kbd{e}を使って
 1726: もとの(整形していない)ヘッダを編集すると、その変更は保存されます。
 1727: 
 1728: @c   When the @kbd{t} command has a prefix argument, a positive argument
 1729: @c means to show the reformatted header, and a zero or negative argument
 1730: @c means to show the full header.
 1731: @kbd{t}コマンドに数引数を付けると、
 1732: 正の引数ならは整形したヘッダを表示し、
 1733: ゼロか負ならばヘッダ全体を表示します。
 1734: 
 1735: @vindex rmail-highlighted-headers
 1736: @c   When used with a window system that supports multiple fonts, Rmail
 1737: @c highlights certain header fields that are especially interesting---by
 1738: @c default, the @samp{From} and @samp{Subject} fields.  The variable
 1739: @c @code{rmail-highlighted-headers} holds a regular expression that
 1740: @c specifies the header fields to highlight; if it matches the beginning of
 1741: @c a header field, that whole field is highlighted.
 1742: 複数のフォントを使えるウィンドウシステムで使用すると、
 1743: rmailは特に重要なある種のヘッダフィールドを強調表示します。
 1744: デフォルトでは、 @samp{From}フィールドと@samp{Subject}フィールドです。
 1745: 変数@code{rmail-highlighted-headers}には、強調表示したいヘッダフィールドを
 1746: 指定する正規表現を記述します。
 1747: ヘッダフィールドの先頭部分がこの正規表現に一致すると
 1748: そのフィールド全体を強調表示します。
 1749: 
 1750: @c   If you specify unusual colors for your text foreground and background,
 1751: @c the colors used for highlighting may not go well with them.  If so,
 1752: @c specify different colors for the @code{highlight} face.  That is worth
 1753: @c doing because the @code{highlight} face is used for other kinds of
 1754: @c highlighting as well.  @xref{Faces}, for how to do this.
 1755: テキストの前景や背景に標準的でない色を指定すると、
 1756: うまく強調表示できないこともあります。
 1757: そのような場合には、@code{highlight}フェイスに別の色を指定します。
 1758: @code{highlight}フェイスはrmail以外の強調表示にも使われるので、
 1759: 指定を行う価値があります。
 1760: 方法は、@xref{Faces}。
 1761: 
 1762: @c   To turn off highlighting entirely in Rmail, set
 1763: @c @code{rmail-highlighted-headers} to @code{nil}.
 1764: rmailの強調表示をすべてやめるには、
 1765: 変数@code{rmail-highlighted-headers}に@code{nil}を設定してください。
 1766: 
 1767: @node Rmail Editing, Rmail Digest, Rmail Display, Rmail
 1768: @c @section Editing Within a Message
 1769: @section メッセージの編集
 1770: 
 1771: @c   Most of the usual Emacs commands are available in Rmail mode, though a
 1772: @c few, such as @kbd{C-M-n} and @kbd{C-M-h}, are redefined by Rmail for
 1773: @c other purposes.  However, the Rmail buffer is normally read only, and
 1774: @c most of the letters are redefined as Rmail commands.  If you want to
 1775: @c edit the text of a message, you must use the Rmail command @kbd{e}.
 1776: rmailモードでも通常のEmacsコマンドのほとんどを使えますが、
 1777: @kbd{C-M-n}や@kbd{C-M-h}のように他の目的のためにrmailで再定義された
 1778: ものもいくつかあります。
 1779: しかし、rmail バッファは通常読み出し専用であり、
 1780: アルファベット文字のほとんどもrmailコマンドとして再定義されています。
 1781: メッセージのテキストを編集したいときには、
 1782: rmailコマンド@kbd{e}を使う必要があります。
 1783: 
 1784: @table @kbd
 1785: @item e
 1786: @c Edit the current message as ordinary text.
 1787: カレントメッセージを通常のテキストとして編集する。
 1788: @end table
 1789: 
 1790: @c @kindex e @r{(Rmail)}
 1791: @kindex e @r{(rmail)}
 1792: @findex rmail-edit-current-message
 1793: @c   The @kbd{e} command (@code{rmail-edit-current-message}) switches from
 1794: @c Rmail mode into Rmail Edit mode, another major mode which is nearly the
 1795: @c same as Text mode.  The mode line indicates this change.
 1796: @kbd{e}(@code{rmail-edit-current-message})コマンドは、
 1797: rmailモードからrmail編集(rmail-edit)モードに移行します。
 1798: このモードは、テキスト(text)モードとほとんど同じ別のメジャーモードです。
 1799: モード行にこの変化が表示されます。
 1800: 
 1801: @c   In Rmail Edit mode, letters insert themselves as usual and the Rmail
 1802: @c commands are not available.  When you are finished editing the message and
 1803: @c are ready to go back to Rmail, type @kbd{C-c C-c}, which switches back to
 1804: @c Rmail mode.  Alternatively, you can return to Rmail mode but cancel all the
 1805: @c editing that you have done, by typing @kbd{C-c C-]}.
 1806: rmail編集(rmail-edit)モードでは、文字は通常どおり挿入でき、
 1807: rmailコマンドは使えません。
 1808: メッセージを編集し終えてrmailへ戻るには、
 1809: @kbd{C-c C-c}と打ちます。
 1810: するとrmailモードに戻ります。
 1811: あるいは、行った編集をすべて取り消してrmailモードに戻るには、
 1812: @kbd{C-c C-]}と打ちます。
 1813: 
 1814: @vindex rmail-edit-mode-hook
 1815: @c   Entering Rmail Edit mode runs the hook @code{text-mode-hook}; then it
 1816: @c runs the hook @code{rmail-edit-mode-hook} (@pxref{Hooks}).  It adds the
 1817: @c attribute @samp{edited} to the message.  It also displays the full
 1818: @c headers of the message, so that you can edit the headers as well as the
 1819: @c body of the message, and your changes in the the headers will be
 1820: @c permanent.
 1821: rmail編集(rmail-edit)モードに入るとき、
 1822: フック@code{text-mode-hook}が実行されます。
 1823: それからフック@code{rmail-edit-mode-hook} が実行されます 
 1824: (@pxref{Hooks})。
 1825: メッセージには属性@samp{edited} が付けられます。
 1826: さらに、メッセージのヘッダ全体が表示されるので、
 1827: メッセージの本文と同様にヘッダも編集できます。
 1828: ヘッダに対する変更も保存されます。
 1829: 
 1830: @node Rmail Digest, Out of Rmail, Rmail Editing, Rmail
 1831: @c @section Digest Messages
 1832: @section ダイジェストメッセージ
 1833: @c @cindex digest message
 1834: @c @cindex undigestify
 1835: @cindex ダイジェストメッセージ
 1836: @cindex アンダイジェスト
 1837: 
 1838: @c   A @dfn{digest message} is a message which exists to contain and carry
 1839: @c several other messages.  Digests are used on some moderated mailing
 1840: @c lists; all the messages that arrive for the list during a period of time
 1841: @c such as one day are put inside a single digest which is then sent to the
 1842: @c subscribers.  Transmitting the single digest uses much less computer
 1843: @c time than transmitting the individual messages even though the total
 1844: @c size is the same, because the per-message overhead in network mail
 1845: @c transmission is considerable.
 1846: @dfn{ダイジェストメッセージ}(digest message)は、
 1847: 数個のメッセージをまとめて運ぶためのメッセージです。
 1848: ダイジェストは管理人のいるメイリングリスト上で使われます。
 1849: 1日単位などの一定期間内にリスト宛に受け取ったすべてのメッセージを
 1850: 1つのダイジェストにまとめて加入者に送ります。
 1851: 合計のサイズが同じであったとしても、ダイジェストにして送るほうが
 1852: 個々にメッセージを送るよりコンピュータの使用時間がずっと少なくてすみます。
 1853: というのは、メイル送信に必要なメッセージあたりのネットワーク上の
 1854: オーバーヘッドがとても大きいからです。
 1855: 
 1856: @findex undigestify-rmail-message
 1857: @c   When you receive a digest message, the most convenient way to read it is
 1858: @c to @dfn{undigestify} it: to turn it back into many individual messages.
 1859: @c Then you can read and delete the individual messages as it suits you.
 1860: ダイジェストメッセージを受け取ったならば、
 1861: もっとも簡単な読み方は、それを@dfn{アンダイジェスト}(undigestify)して
 1862: 個々のメッセージに戻すことです。
 1863: そうすれば好きなように、個々のメッセージを読んだり削除したりできます。
 1864: 
 1865: @c   To do this, select the digest message and type the command @kbd{M-x
 1866: @c undigestify-rmail-message}.  This extracts the submessages as separate
 1867: @c Rmail messages, and inserts them following the digest.  The digest
 1868: @c message itself is flagged as deleted.
 1869: アンダイジェストするには、ダイジェストメッセージを選び、
 1870: コマンド@kbd{M-x undigestify-rmail-message}を打ちます。
 1871: これは、(ダイジェストメッセージ内の)サブメッセージを別々の
 1872: rmailメッセージとして取り出し、ダイジェストのあとに
 1873: それらのメッセージを挿入します。
 1874: ダイジェストメッセージ自体は削除されます。
 1875: 
 1876: @node Out of Rmail, Rmail Rot13, Rmail Digest, Rmail
 1877: @c @section Converting an Rmail File to Inbox Format
 1878: @section rmailファイルからinbox形式への変換
 1879: 
 1880: @findex unrmail
 1881: @c   The command @kbd{M-x unrmail} converts a file in Rmail format to inbox
 1882: @c format (also known as the system mailbox format), so that you can use it
 1883: @c with other mail-editing tools.  You must specify two arguments, the name
 1884: @c of the Rmail file and the name to use for the converted file.  @kbd{M-x
 1885: @c unrmail} does not alter the Rmail file itself.
 1886: コマンド @kbd{M-x unrmail}は、rmail形式のファイルを
 1887: (システムのメイルボックス形式としても知られる)inbox形式に変換します。
 1888: こうすると、そのファイルを別のメイル編集ツールでも使えるようになります。
 1889: 2つの引数、rmailファイル名と変換後のファイル名を指定する必要があります。
 1890: @kbd{M-x unrmail}はrmailファイル自体には変更を加えません。
 1891: 
 1892: @node Rmail Rot13, Movemail, Out of Rmail, Rmail
 1893: @c @section Reading Rot13 Messages
 1894: @section rot13メッセージの読み方
 1895: @c @cindex rot13 code
 1896: @cindex rot13暗号
 1897: 
 1898: @c   Mailing list messages that might offend some readers are sometimes
 1899: @c encoded in a simple code called @dfn{rot13}---so named because it
 1900: @c rotates the alphabet by 13 letters.  This code is not for secrecy, as it
 1901: @c provides none; rather, it enables those who might be offended to avoid
 1902: @c ever seeing the real text of the message.
 1903: 特定の読者に不快を与える可能性があるメイリングリストのメッセージは、
 1904: @dfn{rot13}と呼ばれる単純な方法で暗号化してある場合があります。
 1905: この名前は、アルファベットを13文字分巡回させることに由来します。
 1906: これは機密保持のためではなく、そのような機能もありません。
 1907: 不快に感じるかもしれない読者が
 1908: メッセージの本当の本文を見ないようにするために使います。
 1909: 
 1910: @findex rot13-other-window
 1911: @c   To view a buffer using the rot13 code, use the command @kbd{M-x
 1912: @c rot13-other-window}.  This displays the current buffer in another window
 1913: @c which applies the code when displaying the text.
 1914: rot13暗号を使っているバッファを見るには、
 1915: コマンド@kbd{M-x rot13-other-window}を使います。
 1916: テキストを表示するときに暗号を解いて
 1917: 別のウィンドウにカレントバッファを表示します。
 1918: 
 1919: @node Movemail,  , Rmail Rot13, Rmail
 1920: @c @section @code{movemail} and POP
 1921: @section @code{movemail}とPOP
 1922: @c @cindex @code{movemail} program
 1923: @cindex @code{movemail}プログラム
 1924: 
 1925: @vindex rmail-preserve-inbox
 1926: @c   When getting new mail, Rmail first copies the new mail from the inbox
 1927: @c file to the Rmail file; then it saves the Rmail file; then it truncates
 1928: @c the inbox file.  This way, a system crash may cause duplication of mail
 1929: @c between the inbox and the Rmail file, but cannot lose mail.  If
 1930: @c @code{rmail-preserve-inbox} is non-@code{nil}, then Rmail will copy new
 1931: @c mail from the inbox file to the Rmail file without truncating the inbox
 1932: @c file.  You may wish to set this, for example, on a portable computer you
 1933: @c use to check your mail via POP while traveling, so that your mail will
 1934: @c remain on the server and you can save it later on your workstation.
 1935: 新着メイルを取得するとき、rmailはまずinboxファイルからrmailファイルに
 1936: 新着メイルをコピーします。
 1937: それから、rmailファイルを保存します。
 1938: そして、inboxファイルの内容を消します。
 1939: こうすると、システムがクラッシュするとinboxとrmailファイルに
 1940: メイルを重複して持つことになりますが、
 1941: メイルを紛失することはありえません。
 1942: 変数@code{rmail-preserve-inbox}が@code{nil}以外ならば、
 1943: rmailは、inboxファイルからrmailファイルに新着メイルをコピーしてから
 1944: inboxファイルの内容を消しません。
 1945: たとえば、旅行中は携帯コンピュータでPOPを介してメイルを調べ、
 1946: メイルをサーバーに残しておいてあとでワークステーションに保存するように
 1947: するには、このような設定をします。
 1948: 
 1949: @c   In some cases, Rmail copies the new mail from the inbox file
 1950: @c indirectly.  First it runs the @code{movemail} program to move the mail
 1951: @c from the inbox to an intermediate file called
 1952: @c @file{~/.newmail-@var{inboxname}}.  Then Rmail merges the new mail from
 1953: @c that file, saves the Rmail file, and only then deletes the intermediate
 1954: @c file.  If there is a crash at the wrong time, this file continues to
 1955: @c exist, and Rmail will use it again the next time it gets new mail from
 1956: @c that inbox.
 1957: 場合によっては、rmailは間接的にinboxファイルから新着メイルをコピーします。
 1958: まず、@code{movemail}プログラムを実行して、
 1959: inboxから@file{~/.newmail-@var{inboxname}}という中間ファイルに
 1960: メイルを移動します。
 1961: それから、rmailは中間ファイルから新着メイルを併合して
 1962: rmailファイルを保存してから中間ファイルを削除します。
 1963: これを実行中の都合が悪いときにクラッシュすると中間ファイルが残ってしまい、
 1964: rmailがつぎにinboxから新着メイルを
 1965: 取得するときにまたそのファイルを使ってしまいます。
 1966: 
 1967: @pindex movemail
 1968: @c   If Rmail is unable to convert the data in
 1969: @c @file{~/.newmail-@var{inboxname}} into Babyl format, it renames the file
 1970: @c to @file{~/RMAILOSE.@var{n}} (@var{n} is an integer chosen to make the
 1971: @c name unique) so that Rmail will not have trouble with the data again.
 1972: @c You should look at the file, find whatever message confuses Rmail
 1973: @c (probably one that includes the control-underscore character, octal code
 1974: @c 037), and delete it.  Then you can use @kbd{1 g} to get new mail from
 1975: @c the corrected file.
 1976: rmailが@file{~/.newmail-@var{inboxname}}のデータを独自形式(Babyl形式)
 1977: に変換できないと、同じデータでトラブルが再発しないように
 1978: ファイル名を@file{~/RMAILOSE.@var{n}}
 1979: (@var{n}は名前が一意になるような整数)に変えます。
 1980: このファイルを調べて、rmailが解釈できなかったメッセージ
 1981: (たぶん、コントロール下線の文字、8進コード037を使ったメッセージかもしれない)
 1982: を探してそれを削除します。
 1983: そうしてから、@kbd{1 g}コマンドを使って修正したファイルから
 1984: 新着メイルを取り込みます。
 1985: 
 1986: @c   Some sites use a method called POP for accessing users' inbox data
 1987: @c instead of storing the data in inbox files.  @code{movemail} can work
 1988: @c with POP if you compile it with the macro @code{MAIL_USE_POP} defined.
 1989: @c (You can achieve that by specifying @samp{--with-pop} when you run
 1990: @c @code{configure} during the installation of Emacs.)
 1991: @c @code{movemail} only works with POP3, not with older
 1992: @c versions of POP.
 1993: inboxファイルにデータを保存するかわりに、
 1994: POPと呼ばれる方法を用いてユーザーのinboxのデータを参照する
 1995: 場合もあります。
 1996: @code{movemail}をコンパイルするときにマクロ@code{MAIL_USE_POP}を定義して
 1997: コンパイルすれば@code{movemail}はPOPを使って動きます。
 1998: (Emacsをインストールするとき、
 1999: @samp{--with-pop}を指定して@code{configure}を実行すれば、
 2000: このようにできる。)
 2001: @code{movemail}はPOP3でしか動かず、POPの古いバージョンでは使えません。
 2002: 
 2003: @c @cindex @code{MAILHOST} environment variable
 2004: @cindex 環境変数@code{MAILHOST}
 2005: @cindex @code{MAILHOST}(環境変数)
 2006: @cindex POP inboxes
 2007: @c   Assuming you have compiled and installed @code{movemail}
 2008: @c appropriately, you can specify a POP inbox by using a ``file name'' of
 2009: @c the form @samp{po:@var{username}}, in the inbox list of an Rmail file.
 2010: @c @code{movemail} handles such a name by opening a connection to the POP
 2011: @c server.  The @code{MAILHOST} environment variable specifies the machine
 2012: @c to look for the server on.
 2013: @code{movemail}を適切にコンパイルしてインストールしたとすると、
 2014: rmailファイルのinboxリストで、
 2015: @samp{po:@var{username}}の形の『ファイル名』でPOPのinboxを指定できます。
 2016: @code{movemail}は、そのような名前に対しては、
 2017: POPサーバーに対する接続を開きます。
 2018: @code{MAILHOST}環境変数で、どのマシンでサーバーを探すかを指定します。
 2019: 
 2020: @vindex rmail-pop-password
 2021: @vindex rmail-pop-password-required
 2022: @c   Accessing mail via POP may require a password.  If the variable
 2023: @c @code{rmail-pop-password} is non-@code{nil}, it specifies the password
 2024: @c to use for POP.  Alternatively, if @code{rmail-pop-password-required} is
 2025: @c non-@code{nil}, then Rmail asks you for the password to use.
 2026: POP経由でメイルを参照するにはパスワードが必要です。
 2027: 変数@code{rmail-pop-password}が@code{nil}以外のときは、
 2028: これはPOPに対してを使うパスワードを指定します。
 2029: あるいは、変数@code{rmail-pop-password-required}が@code{nil}以外ならば、
 2030: rmailはユーザーにパスワードを尋ねます。
 2031: 
 2032: @vindex rmail-movemail-flags
 2033: @c   If you need to pass additional command-line flags to @code{movemail},
 2034: @c set the variable @code{rmail-movemail-flags} a list of the flags you
 2035: @c wish to use.  Do not use this variable to pass the @samp{-p} flag to
 2036: @c preserve your inbox contents; use @code{rmail-preserve-inbox} instead.
 2037: @code{movemail}にコマンド行オプションを追加する必要があるときには、
 2038: 変数@code{rmail-movemail-flags}に指定したいオプションのリストを設定します。
 2039: inboxの内容を保存するオプション@samp{-p}を指定するために
 2040: この変数を使わないでください。
 2041: かわりに@code{rmail-preserve-inbox}を使ってください。
 2042: 
 2043: @c @cindex Kerberos POP authentication
 2044: @cindex Kerberos POP認証
 2045: @c   The @code{movemail} program installed at your site may support
 2046: @c Kerberos authentication.  If it is
 2047: @c supported, it is used by default whenever you attempt to retrieve
 2048: @c POP mail when @code{rmail-pop-password} and
 2049: @c @code{rmail-pop-password-required} are unset.
 2050: 読者のサイトでインストールした@code{movemail}プログラムは、
 2051: Kerberos認証を使うかもしれません。
 2052: その場合、
 2053: @code{rmail-pop-password}と@code{rmail-pop-password-required}が設定されて
 2054: いなければ、POPでメイルを取得するときにデフォルトで
 2055: Kerberos認証を使います。
 2056: 
 2057: @c @cindex POP inboxes in reverse order
 2058: @cindex 逆順序のPOP inbox
 2059: @c   Some POP servers store messages in reverse order.  If your server does
 2060: @c this, and you would rather read your mail in the order in which it was
 2061: @c received, you can tell @code{movemail} to reverse the order of
 2062: @c downloaded messages by adding the @samp{-r} flag to
 2063: @c @code{rmail-movemail-flags}.
 2064: POPサーバーによってはメッセージを逆順序に保存します。
 2065: そのようなサーバーで受信順にメイルを読むには、
 2066: @code{rmail-movemail-flags}にフラグ@samp{-r}を追加して、
 2067: ダウンロードしたメッセージを逆順にするように
 2068: @code{movemail}に指示します。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>