File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / mule-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 鈴木悦子@津田塾大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =============================================================
    6: @c This is part of the Emacs manual.
    7: @c Copyright (C) 1997, 1999 Free Software Foundation, Inc.
    8: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    9: @node International, Major Modes, Frames, Top
   10: @c @chapter International Character Set Support
   11: @chapter 国際化文字集合の使い方
   12: @cindex MULE
   13: @c @cindex international scripts
   14: @c @cindex multibyte characters
   15: @c @cindex encoding of characters
   16: @cindex 国際化文字
   17: @cindex マルチバイト文字
   18: @cindex 文字の符号化
   19: 
   20: @c @cindex Chinese
   21: @c @cindex Devanagari
   22: @c @cindex Hindi
   23: @c @cindex Marathi
   24: @c @cindex Ethiopian
   25: @c @cindex Greek
   26: @cindex 中国語
   27: @cindex デバナーガリー
   28: @cindex ヒンディー語
   29: @cindex マラッタ語
   30: @cindex エチオピア語
   31: @cindex ギリシア語
   32: @cindex IPA
   33: @c @cindex Japanese
   34: @c @cindex Korean
   35: @c @cindex Lao
   36: @c @cindex Russian
   37: @c @cindex Thai
   38: @c @cindex Tibetan
   39: @c @cindex Vietnamese
   40: @cindex 日本語
   41: @cindex 韓国語
   42: @cindex ラオ語
   43: @cindex ロシア語
   44: @cindex タイ語
   45: @cindex チベット語
   46: @cindex ベトナム語
   47: @c   Emacs supports a wide variety of international character sets,
   48: @c including European variants of the Latin alphabet, as well as Chinese,
   49: @c Devanagari (Hindi and Marathi), Ethiopian, Greek, IPA, Japanese, Korean,
   50: @c Lao, Russian, Thai, Tibetan, and Vietnamese scripts.  These features
   51: @c have been merged from the modified version of Emacs known as MULE (for
   52: @c ``MULti-lingual Enhancement to GNU Emacs'')
   53: Emacsでは広範囲の国際化文字集合を使えます。
   54: ラテンアルファベットの変種であるヨーロッパの言語はもちろん、中国語、
   55: デバナーガリー(ヒンディー語とマラッタ語)、エチオピア語、ギリシア語、
   56: IPA(International Phonetic Alphabet、万国表音文字)、日本語、韓国語、
   57: ラオ語、ロシア語、タイ語、チベット語、ベトナム語の文字を含んでいます。
   58: これらの機能は、MULE(『MULti-lingual Enhancement to GNU Emacs』)と
   59: して知られるEmacsの修正版から併合しました。
   60: 
   61: @menu
   62: * International Intro::     Basic concepts of multibyte characters.
   63: * Enabling Multibyte::      Controlling whether to use multibyte characters.
   64: * Language Environments::   Setting things up for the language you use.
   65: * Input Methods::           Entering text characters not on your keyboard.
   66: * Select Input Method::     Specifying your choice of input methods.
   67: * Multibyte Conversion::    How single-byte characters convert to multibyte.
   68: * Coding Systems::          Character set conversion when you read and
   69:                               write files, and so on.
   70: * Recognize Coding::        How Emacs figures out which conversion to use.
   71: * Specify Coding::          Various ways to choose which conversion to use.
   72: * Fontsets::                Fontsets are collections of fonts
   73:                               that cover the whole spectrum of characters.
   74: * Defining Fontsets::       Defining a new fontset.
   75: * Single-Byte European Support::
   76:                             You can pick one European character set
   77:                             to use without multibyte characters.
   78: @end menu
   79: 
   80: @node International Intro, Enabling Multibyte, , International
   81: @c @section Introduction to International Character Sets
   82: @section 国際化文字集合の紹介
   83: 
   84: @c   The users of these scripts have established many more-or-less standard
   85: @c coding systems for storing files.  Emacs internally uses a single
   86: @c multibyte character encoding, so that it can intermix characters from
   87: @c all these scripts in a single buffer or string.  This encoding
   88: @c represents each non-ASCII character as a sequence of bytes in the range
   89: @c 0200 through 0377.  Emacs translates between the multibyte character
   90: @c encoding and various other coding systems when reading and writing
   91: @c files, when exchanging data with subprocesses, and (in some cases) in
   92: @c the @kbd{C-q} command (@pxref{Multibyte Conversion}).
   93: これらの文字のユーザーは、ファイルに格納するために、
   94: たくさんの標準的なコーディングシステムを確立してきました。
   95: Emacsは内部的には単一のマルチバイト文字符号化を使用しているので、
   96: 1つのバッファや1つの文字列の中に、
   97: これらのすべての文字を混ぜ合わせることができます。
   98: この符号化では、非ASCII文字を0200から0377の範囲のバイトの
   99: 並びとして表現します。
  100: Emacsは、ファイルを読み書きするとき、サブプロセスとデータを交換するとき、
  101: (場合によっては)@kbd{C-q}コマンドを使うときに、
  102: マルチバイト文字符号化と
  103: 他のさまざまなコーディングシステムのあいだで変換します
  104: (@pxref{Multibyte Conversion})。
  105: 
  106: @kindex C-h h
  107: @findex view-hello-file
  108: @c   The command @kbd{C-h h} (@code{view-hello-file}) displays the file
  109: @c @file{etc/HELLO}, which shows how to say ``hello'' in many languages.
  110: @c This illustrates various scripts.
  111: コマンド@kbd{C-h h}(@code{view-hello-file})は、
  112: 多くの言語で『hello』と書いたファイル@file{etc/HELLO}を表示します。
  113: これは、さまざまな字体を例示します。
  114: 
  115: @c   Keyboards, even in the countries where these character sets are used,
  116: @c generally don't have keys for all the characters in them.  So Emacs
  117: @c supports various @dfn{input methods}, typically one for each script or
  118: @c language, to make it convenient to type them.
  119: これらの文字集合を使っている国々であっても、
  120: 一般にキーボードには、
  121: それらすべての文字に対するキーはありません。
  122: ですから、Emacsではさまざまな@dfn{入力方式}(input methods)
  123: @footnote{【訳注】GNU Emacsをインストールする時点で、
  124: 対応する版のLEIM(Library of Emacs Input Method)のソースを
  125: GNU Emacsのソースディレクトリに展開しておくと、
  126: 自動的にインストールされる。}を使って、
  127: 便利に文字を打ち込めるようにします。
  128: 典型的には、1つの字体や1つの言語について1つの入力方式があります。
  129: 
  130: @kindex C-x RET
  131: @c   The prefix key @kbd{C-x @key{RET}} is used for commands that pertain
  132: @c to multibyte characters, coding systems, and input methods.
  133: プレフィックスキー@kbd{C-x @key{RET}}は、
  134: マルチバイト文字、コーディングシステム、入力方式に関係するコマンドに使います。
  135: 
  136: @node Enabling Multibyte, Language Environments, International Intro, International
  137: @c @section Enabling Multibyte Characters
  138: @section マルチバイト文字を使用可能にする
  139: 
  140: @c   You can enable or disable multibyte character support, either for
  141: @c Emacs as a whole, or for a single buffer.  When multibyte characters are
  142: @c disabled in a buffer, then each byte in that buffer represents a
  143: @c character, even codes 0200 through 0377.  The old features for
  144: @c supporting the European character sets, ISO Latin-1 and ISO Latin-2,
  145: @c work as they did in Emacs 19 and also work for the other ISO 8859
  146: @c character sets.
  147: Emacs全体やバッファごとにマルチバイト文字の使用可/使用不可を設定できます。
  148: バッファでマルチバイト文字を使用不可にすると、
  149: そのバッファ内の各バイトは1つの文字を表します。
  150: たとえコードが0200から0377のあいだであってもそうです。
  151: ヨーロッパの文字集合であるISO Latin-1とISO Latin-2を扱う古い機能は、
  152: Emacs 19で動作していたように動き、
  153: 他のISO 8859文字集合に対しても動作します。
  154: 
  155: @c   However, there is no need to turn off multibyte character support to
  156: @c use ISO Latin; the Emacs multibyte character set includes all the
  157: @c characters in these character sets, and Emacs can translate
  158: @c automatically to and from the ISO codes.
  159: しかし、ISO Latinを使うために、
  160: マルチバイト文字を使用不可にする必要はありません。
  161: Emacsのマルチバイト文字集合にはこれらの文字集合のすべての文字が含まれ、
  162: EmacsはこれらのISOコードと相互に自動的に変換できます。
  163: 
  164: @c   To edit a particular file in unibyte representation, visit it using
  165: @c @code{find-file-literally}.  @xref{Visiting}.  To convert a buffer in
  166: @c multibyte representation into a single-byte representation of the same
  167: @c characters, the easiest way is to save the contents in a file, kill the
  168: @c buffer, and find the file again with @code{find-file-literally}.  You
  169: @c can also use @kbd{C-x @key{RET} c}
  170: @c (@code{universal-coding-system-argument}) and specify @samp{raw-text} as
  171: @c the coding system with which to find or save a file.  @xref{Specify
  172: @c Coding}.  Finding a file as @samp{raw-text} doesn't disable format
  173: @c conversion, uncompression and auto mode selection as
  174: @c @code{find-file-literally} does.
  175: 特定のファイルをユニバイト表現で編集するには、
  176: @code{find-file-literally}を使ってファイルを訪問します。
  177: @xref{Visiting}。
  178: マルチバイト表現のバッファを同じ文字の1バイト表現に変換するには、
  179: もっとも簡単な方法は、内容をファイルに保存してから、バッファを削除し、
  180: @code{find-file-literally}でそのファイルを訪問し直します。
  181: @kbd{C-x @key{RET} c}(@code{universal-coding-system-argument})を使って、
  182: ファイルを探したり保存するときのコーディングシステムとして
  183: @samp{raw-text}を指定することもできます。
  184: @xref{Specify Coding}。
  185: @samp{raw-text}としてファイルを探しても、
  186: @code{find-file-literally}のようには、
  187: 書式変換、圧縮の展開、モードの自動選択を禁止しません。
  188: 
  189: @vindex enable-multibyte-characters
  190: @vindex default-enable-multibyte-characters
  191: @c   To turn off multibyte character support by default, start Emacs with
  192: @c the @samp{--unibyte} option (@pxref{Initial Options}), or set the
  193: @c environment variable @samp{EMACS_UNIBYTE}.  You can also customize
  194: @c @code{enable-multibyte-characters} or, equivalently, directly set the
  195: @c variable @code{default-enable-multibyte-characters} in your init file to
  196: @c have basically the same effect as @samp{--unibyte}.
  197: デフォルトでマルチバイト文字を使用不可にするには、
  198: @samp{--unibyte}オプション(@pxref{Initial Options})を
  199: 指定してEmacsを始めるか、あるいは、
  200: 環境変数@samp{EMACS_UNIBYTE}を設定します。
  201: @samp{--unibyte}と同等な効果を得るには、
  202: @code{enable-multibyte-characters}をカスタマイズするか、
  203: これと等価に、初期化ファイル内で、
  204: 変数@code{default-enable-multibyte-characters}を直接設定します。
  205: 
  206: @c   Multibyte strings are not created during initialization from the
  207: @c values of environment variables, @file{/etc/passwd} entries etc.@: that
  208: @c contain non-ASCII 8-bit characters.  However, the initialization file is
  209: @c normally read as multibyte---like Lisp files in general---even with
  210: @c @samp{--unibyte}.  To avoid multibyte strings being generated by
  211: @c non-ASCII characters in it, put @samp{-*-unibyte: t;-*-} in a comment on
  212: @c the first line.  Do the same for initialization files for packages like
  213: @c Gnus.
  214: 環境変数の値、@file{/etc/passwd}の内容などの非ASCII 8ビット文字からの
  215: 初期化中にはマルチバイト文字列は作られません。
  216: しかし、@samp{--unibyte}を指定したとしても、
  217: 一般のLispファイルのように、初期化ファイルは、通常、
  218: マルチバイトとして読み込みます。
  219: それらに含まれる非ASCII文字からマルチバイト文字列が生成されるのを防ぐには、
  220: 1行目の注釈に@samp{-*-unibyte: t;-*-}を入れておきます。
  221: gnusなどのパッケージの初期化ファイルでも同じことをします。
  222: 
  223: @c   The mode line indicates whether multibyte character support is enabled
  224: @c in the current buffer.  If it is, there are two or more characters (most
  225: @c often two dashes) before the colon near the beginning of the mode line.
  226: @c When multibyte characters are not enabled, just one dash precedes the
  227: @c colon.
  228: モード行には、カレントバッファでマルチバイト文字が使用可かどうか表示されます。
  229: 使用可ならば、モード行の先頭付近のコロンのまえに
  230: 2文字か数文字(ほとんどの場合ダッシュ2個)があります。
  231: マルチバイト文字が使用不可ならば、コロンのまえにはダッシュが1個だけです。
  232: 
  233: @node Language Environments, Input Methods, Enabling Multibyte, International
  234: @c @section Language Environments
  235: @c @cindex language environments
  236: @section 言語環境
  237: @cindex 言語環境
  238: 
  239: @c   All supported character sets are supported in Emacs buffers whenever
  240: @c multibyte characters are enabled; there is no need to select a
  241: @c particular language in order to display its characters in an Emacs
  242: @c buffer.  However, it is important to select a @dfn{language environment}
  243: @c in order to set various defaults.  The language environment really
  244: @c represents a choice of preferred script (more or less) rather than a
  245: @c choice of language.
  246: マルチバイト文字が使用可のときはいつでも、
  247: すべての扱える文字集合をEmacsバッファの中で使えます。
  248: ある言語の文字を表示するために、
  249: Emacsバッファでその言語を選択する必要はありません。
  250: しかし、さまざまなデフォルトを設定するために@dfn{言語環境}を
  251: 選択しておくことは重要です。
  252: 言語環境は、言語の選択というより、
  253: (多かれ少なかれ)実際には好みの文字を表します。
  254: 
  255: @c   The language environment controls which coding systems to recognize
  256: @c when reading text (@pxref{Recognize Coding}).  This applies to files,
  257: @c incoming mail, netnews, and any other text you read into Emacs.  It may
  258: @c also specify the default coding system to use when you create a file.
  259: @c Each language environment also specifies a default input method.
  260: 言語環境は、テキストを読み込むときにどのコーディングシステムを認識するかを
  261: 制御します(@pxref{Recognize Coding})。
  262: 言語環境は、ファイル、到着メイル、ニュース、
  263: Emacsへ読み込むその他のテキストに適用されます。
  264: 言語環境は、ファイルを作成したときに使うデフォルトの
  265: コーディングシステムを指定することもあります。
  266: 各言語環境は、デフォルトの入力方式も指定します。
  267: 
  268: @findex set-language-environment
  269: @c   The way to select a language environment is with the command @kbd{M-x
  270: @c set-language-environment}.  It makes no difference which buffer is
  271: @c current when you use this command, because the effects apply globally to
  272: @c the Emacs session.  The supported language environments include:
  273: 言語環境を選択するには、
  274: コマンド@kbd{M-x set-language-environment}を使います。
  275: このコマンドを使ったときにどのバッファが
  276: カレントバッファであるかは関係ありません。
  277: というのは、その効力は、そのEmacsセッションに全体に適用されるからです。
  278: 以下の言語環境を使えます。
  279: 
  280: @quotation
  281: @c Chinese-BIG5, Chinese-CNS, Chinese-GB, Cyrillic-Alternativnyj,
  282: @c Cyrillic-ISO, Cyrillic-KOI8, Devanagari, English, Ethiopic, Greek,
  283: @c Hebrew, Japanese, Korean, Lao, Latin-1, Latin-2, Latin-3, Latin-4,
  284: @c Latin-5, Thai, Tibetan, and Vietnamese.
  285: Chinese-BIG5、Chinese-CNS、Chinese-GB、Cyrillic-Alternativnyj、
  286: Cyrillic-ISO、Cyrillic-KOI8、Devanagari、English、Ethiopic、Greek、
  287: Hebrew、Japanese、Korean、Lao、Latin-1、Latin-2、Latin-3、Latin-4、
  288: Latin-5、Thai、Tibetan、Vietnamese。
  289: @end quotation
  290: 
  291: @c   Some operating systems let you specify the language you are using by
  292: @c setting locale environment variables.  Emacs handles one common special
  293: @c case of this: if your locale name for character types contains the
  294: @c string @samp{8859-@var{n}}, Emacs automatically selects the
  295: @c corresponding language environment.
  296: いくつかのオペレーティングシステムでは、
  297: ローケル(locale)環境変数を設定することで言語を指定できます。
  298: Emacsは、このよくある特別な場面を扱います。
  299: 文字種を表すローケル名が文字列@samp{8859-@var{n}}を含むなら、
  300: Emacsは自動的に対応する言語環境を選択します。
  301: 
  302: @kindex C-h L
  303: @findex describe-language-environment
  304: @c   To display information about the effects of a certain language
  305: @c environment @var{lang-env}, use the command @kbd{C-h L @var{lang-env}
  306: @c @key{RET}} (@code{describe-language-environment}).  This tells you which
  307: @c languages this language environment is useful for, and lists the
  308: @c character sets, coding systems, and input methods that go with it.  It
  309: @c also shows some sample text to illustrate scripts used in this language
  310: @c environment.  By default, this command describes the chosen language
  311: @c environment.
  312: ある言語環境@var{lang-env}の効果についての情報を表示するには、
  313: コマンド@kbd{C-h L @var{lang-env} @key{RET}}
  314: (@code{describe-language-environment})を使います。
  315: このコマンドは、その言語環境がどの言語に役立つのか、
  316: その言語で使われる文字集合、コーディングシステム、
  317: 入力方式の一覧を表示します。
  318: また、その言語環境で使われる文字を例示する例文も表示します。
  319: デフォルトでは、このコマンドは選択されている言語環境を記述します。
  320: 
  321: @vindex set-language-environment-hook
  322: @c   You can customize any language environment with the normal hook
  323: @c @code{set-language-environment-hook}.  The command
  324: @c @code{set-language-environment} runs that hook after setting up the new
  325: @c language environment.  The hook functions can test for a specific
  326: @c language environment by checking the variable
  327: @c @code{current-language-environment}.
  328: どの言語環境もノーマルフック@code{set-language-environment-hook}で
  329: カスタマイズできます。
  330: コマンド@code{set-language-environment}は、
  331: 新しい言語環境を設定したあとでこのフックを実行します。
  332: フック関数では、変数@code{current-language-environment}を検査すれば、
  333: 言語環境を知ることができます。
  334: 
  335: @vindex exit-language-environment-hook
  336: @c   Before it starts to set up the new language environment,
  337: @c @code{set-language-environment} first runs the hook
  338: @c @code{exit-language-environment-hook}.  This hook is useful for undoing
  339: @c customizations that were made with @code{set-language-environment-hook}.
  340: @c For instance, if you set up a special key binding in a specific language
  341: @c environment using @code{set-language-environment-hook}, you should set
  342: @c up @code{exit-language-environment-hook} to restore the normal binding
  343: @c for that key.
  344: @code{set-language-environment}は、新しい言語環境を設定し始めるまえに、
  345: まずフック@code{exit-language-environment-hook}を実行します。
  346: このフックは、(直前の言語環境を設定した)
  347: @code{set-language-environment}で施したカスタマイズをもとに戻すのに便利です。
  348: たとえば、@code{set-language-environment-hook}を使って設定した
  349: 特定の言語環境で特別なキーバインディングを定義したときには、
  350: それをそのキーのもとのバインディングに戻すために
  351: @code{exit-language-environment-hook}を設定するべきです。
  352: 
  353: @node Input Methods, Select Input Method, Language Environments, International
  354: @c @section Input Methods
  355: @section 入力方式
  356: 
  357: @c @cindex input methods
  358: @c   An @dfn{input method} is a kind of character conversion designed
  359: @c specifically for interactive input.  In Emacs, typically each language
  360: @c has its own input method; sometimes several languages which use the same
  361: @c characters can share one input method.  A few languages support several
  362: @c input methods.
  363: @dfn{入力方式}(input method)は、
  364: 対話的に入力するために特別に設計された文字変換の一種です。
  365: Emacsでは、典型的には、各言語向けに専用の入力方式があります。
  366: ときには、同じ文字を使ういくつかの言語で入力方式を共有します。
  367: 複数の入力方式を使う言語も少しはあります。
  368: 
  369: @c   The simplest kind of input method works by mapping ASCII letters into
  370: @c another alphabet.  This is how the Greek and Russian input methods work.
  371: 入力方式のもっとも単純なものは、ASCII文字を別のアルファベットに
  372: 対応させることで動作します。
  373: ギリシア語とロシア語の入力方式はこのように動作します。
  374: 
  375: @c   A more powerful technique is composition: converting sequences of
  376: @c characters into one letter.  Many European input methods use composition
  377: @c to produce a single non-ASCII letter from a sequence that consists of a
  378: @c letter followed by accent characters (or vice versa).  For example, some
  379: @c methods convert the sequence @kbd{a'} into a single accented letter.
  380: @c These input methods have no special commands of their own; all they do
  381: @c is compose sequences of printing characters.
  382: より強力な方法は合成で、文字の列を1つの文字に変換します。
  383: 多くのヨーロッパの入力方式は、文字のうしろにアクセント文字が続く列
  384: (あるいはその逆順)から、1つの非ASCII文字を生成する合成を使います。
  385: たとえば、いくつかの入力方式では、
  386: 文字の列@kbd{a'}を1つのアクセント付き文字に変換します。
  387: これらの入力方式には、その方式に固有の特別なコマンドはありません。
  388: 印字文字の列を合成するだけです。
  389: 
  390: @c   The input methods for syllabic scripts typically use mapping followed
  391: @c by composition.  The input methods for Thai and Korean work this way.
  392: @c First, letters are mapped into symbols for particular sounds or tone
  393: @c marks; then, sequences of these which make up a whole syllable are
  394: @c mapped into one syllable sign.
  395: 音節文字用の入力方式では、典型的には、対応付けたあとで合成します。
  396: タイ語と韓国語の入力方式は、この方法で動作します。
  397: まず、文字を音声記号に対応付けます。
  398: そして、1つの音節全体を構成するそれらの列を1つの音節記号に対応付けます。
  399: 
  400: @c   Chinese and Japanese require more complex methods.  In Chinese input
  401: @c methods, first you enter the phonetic spelling of a Chinese word (in
  402: @c input method @code{chinese-py}, among others), or a sequence of portions
  403: @c of the character (input methods @code{chinese-4corner} and
  404: @c @code{chinese-sw}, and others).  Since one phonetic spelling typically
  405: @c corresponds to many different Chinese characters, you must select one of
  406: @c the alternatives using special Emacs commands.  Keys such as @kbd{C-f},
  407: @c @kbd{C-b}, @kbd{C-n}, @kbd{C-p}, and digits have special definitions in
  408: @c this situation, used for selecting among the alternatives.  @key{TAB}
  409: @c displays a buffer showing all the possibilities.
  410: 中国語や日本語では、より複雑な方法が必要です。
  411: 中国語の入力方式では、まず、中国語の単語の発音表記を入力する
  412: (とりわけ入力方式@code{chinese-py})か、
  413: 1文字の各部分部分の列(とりわけ入力方式@code{chinese-4corner}や
  414: @code{chinese-sw})を入力します。
  415: 1つの発音表記は、普通、多くの異なる中国語の文字に対応しているので、
  416: 特別なEmacsコマンドを使って候補群から1つを選ぶ必要があります。
  417: @kbd{C-f}、@kbd{C-b}、@kbd{C-n}、@kbd{C-p}と数字キーは、
  418: この状況で候補を選ぶために使われる特別な定義になっています。
  419: @key{TAB}は、すべての候補をバッファに表示します。
  420: 
  421: @c    In Japanese input methods, first you input a whole word using
  422: @c phonetic spelling; then, after the word is in the buffer, Emacs converts
  423: @c it into one or more characters using a large dictionary.  One phonetic
  424: @c spelling corresponds to many differently written Japanese words, so you
  425: @c must select one of them; use @kbd{C-n} and @kbd{C-p} to cycle through
  426: @c the alternatives.
  427: 日本語の入力方式@footnote{【訳注】言語環境が@code{Japanese}のときに
  428: デフォルトで使用されるLEIMに含まれているもの。
  429: 「ローマ字→ひらがな→漢字」と変換するが、あまい使いやすくはない。
  430: WNN、かんな、SKKなどを使うには、Emacsの配布とは別の非公式パッチを
  431: 自前で当てる必要がある。
  432: ただし、これらを用いた場合、日本語を入力できない場面もあることを
  433: 承知しておく必要がある。}
  434: では、まず、発音表記を使って1つの単語全体を入力します。
  435: そして、単語がバッファに入ったあとで、
  436: Emacsは大きな辞書を使って1つ以上の文字へ変換します。
  437: 1つの発音表記は、たくさんの異なる日本語の単語に対応しているので、
  438: その中から選ぶ必要があります。
  439: 候補を巡回するには、@kbd{C-n}や@kbd{C-p}を使います。
  440: 
  441: @c   Sometimes it is useful to cut off input method processing so that the
  442: @c characters you have just entered will not combine with subsequent
  443: @c characters.  For example, in input method @code{latin-1-postfix}, the
  444: @c sequence @kbd{e '} combines to form an @samp{e} with an accent.  What if
  445: @c you want to enter them as separate characters?
  446: ときには、入力方式での処理を切り離したほうが便利なことがあります。
  447: そうすれば、入力した文字は後続の入力文字と結合されません。
  448: たとえば、入力方式@code{latin-1-postfix}では、
  449: キー列@kbd{e '}は結合されてアクセント付き@samp{e}になります。
  450: これらを別々の文字として入力したいときはどうするのでしょう?
  451: 
  452: @c   One way is to type the accent twice; that is a special feature for
  453: @c entering the separate letter and accent.  For example, @kbd{e ' '} gives
  454: @c you the two characters @samp{e'}.  Another way is to type another letter
  455: @c after the @kbd{e}---something that won't combine with that---and
  456: @c immediately delete it.  For example, you could type @kbd{e e @key{DEL}
  457: @c '} to get separate @samp{e} and @samp{'}.
  458: 1つの方法は、アクセントを2回打つことです。
  459: これは、アルファベットとアクセントを別々に入力する特別な機能です。
  460: たとえば、@kbd{e ' '}は、2つの文字@samp{e'}になります。
  461: 別の方法は、@kbd{e}のあとに結合されない別の文字を打ってから、
  462: すぐにそれを消すことです。
  463: たとえば、 @samp{e}と@samp{'}を入力するには、@kbd{e e @key{DEL}'}と打ちます。
  464: 
  465: @c   Another method, more general but not quite as easy to type, is to use
  466: @c @kbd{C-\ C-\} between two characters to stop them from combining.  This
  467: @c is the command @kbd{C-\} (@code{toggle-input-method}) used twice.
  468: 別の方法はより一般的ですが、打つのは簡単ではありません。
  469: 2つの文字のあいだで@kbd{C-\ C-\}を打って、結合を止めます。
  470: これは、コマンド@kbd{C-\}(@code{toggle-input-method})を2回使っています。
  471: @ifinfo
  472: @c @xref{Select Input Method}.
  473: @xref{Select Input Method}。
  474: @end ifinfo
  475: 
  476: @c   @kbd{C-\ C-\} is especially useful inside an incremental search,
  477: @c because it stops waiting for more characters to combine, and starts
  478: @c searching for what you have already entered.
  479: @kbd{C-\ C-\}は、インクリメンタルサーチの中では特に便利です。
  480: というのは、結合する文字を待つことを止めて、
  481: すでに入力したものを探索し始めるからです。
  482: 
  483: @vindex input-method-verbose-flag
  484: @vindex input-method-highlight-flag
  485: @c   The variables @code{input-method-highlight-flag} and
  486: @c @code{input-method-verbose-flag} control how input methods explain what
  487: @c is happening.  If @code{input-method-highlight-flag} is non-@code{nil},
  488: @c the partial sequence is highlighted in the buffer.  If
  489: @c @code{input-method-verbose-flag} is non-@code{nil}, the list of possible
  490: @c characters to type next is displayed in the echo area (but not when you
  491: @c are in the minibuffer).
  492:  変数@code{input-method-highlight-flag}と
  493: @code{input-method-verbose-flag}は、
  494: 入力方式に何が進行中かをどのように表示させるかを制御します。
  495: @code{input-method-highlight-flag}が@code{nil}以外ならば、
  496: バッファでは(入力途中の)部分列を強調表示します。
  497: @code{input-method-verbose-flag}が@code{nil}以外ならば、
  498: (ミニバッファの中でなければ)
  499: つぎに打鍵できる文字の一覧をエコー領域に表示します。
  500: 
  501: @node Select Input Method, Multibyte Conversion, Input Methods, International
  502: @c @section Selecting an Input Method
  503: @section 入力方式の選択
  504: 
  505: @table @kbd
  506: @item C-\
  507: @c Enable or disable use of the selected input method.
  508: 選択されている入力方式をオン/オフする。
  509: 
  510: @item C-x @key{RET} C-\ @var{method} @key{RET}
  511: @c Select a new input method for the current buffer.
  512: カレントバッファに対して新しい入力方式を選択する。
  513: 
  514: @item C-h I @var{method} @key{RET}
  515: @itemx C-h C-\ @var{method} @key{RET}
  516: @findex describe-input-method
  517: @kindex C-h I
  518: @kindex C-h C-\
  519: @c Describe the input method @var{method} (@code{describe-input-method}).
  520: @c By default, it describes the current input method (if any).
  521: @c This description should give you the full details of how to
  522: @c use any particular input method.
  523: 入力方式@var{method}について説明する(@code{describe-input-method})。
  524: デフォルトでは、(あれば)現在の入力方式を説明する。
  525: この説明で、ある入力方式の使い方の詳細がわかるはず。
  526: 
  527: @item M-x list-input-methods
  528: @c Display a list of all the supported input methods.
  529: 使用可能なすべての入力方式の一覧を表示する。
  530: @end table
  531: 
  532: @findex set-input-method
  533: @vindex current-input-method
  534: @kindex C-x RET C-\
  535: @c   To choose an input method for the current buffer, use @kbd{C-x
  536: @c @key{RET} C-\} (@code{set-input-method}).  This command reads the
  537: @c input method name with the minibuffer; the name normally starts with the
  538: @c language environment that it is meant to be used with.  The variable
  539: @c @code{current-input-method} records which input method is selected.
  540: カレントバッファに対する入力方式を選ぶには、
  541: @kbd{C-x @key{RET} C-\}(@code{set-input-method})を使います。
  542: このコマンドは、ミニバッファで入力方式名を読みます。
  543: その名前は、通常、一緒に使うことを意図された言語環境で始まります。
  544: 変数@code{current-input-method}は、どの入力方式を選択したかを記録します。
  545:   
  546: @findex toggle-input-method
  547: @kindex C-\
  548: @c   Input methods use various sequences of ASCII characters to stand for
  549: @c non-ASCII characters.  Sometimes it is useful to turn off the input
  550: @c method temporarily.  To do this, type @kbd{C-\}
  551: @c (@code{toggle-input-method}).  To reenable the input method, type
  552: @c @kbd{C-\} again.
  553: 入力方式は、非ASCII文字を入力するために、さまざまなASCII文字の列を使います。
  554: ときには、一時的に入力方式をオフにできると便利なこともあります。
  555: そうするには、@kbd{C-\}(@code{toggle-input-method})と打ちます。
  556: 入力方式をふたたびオンにするには、@kbd{C-\}をもう一度打ちます。
  557: 
  558: @c   If you type @kbd{C-\} and you have not yet selected an input method,
  559: @c it prompts for you to specify one.  This has the same effect as using
  560: @c @kbd{C-x @key{RET} C-\} to specify an input method.
  561: @kbd{C-\}を打ったときに、入力方式をまだ選択していないと、
  562: 入力方式を指定するように聞いてきます。
  563: これは、入力方式を指定するために
  564: @kbd{C-x @key{RET} C-\}を使うのと同じ効果があります。
  565: 
  566: @vindex default-input-method
  567: @c   Selecting a language environment specifies a default input method for
  568: @c use in various buffers.  When you have a default input method, you can
  569: @c select it in the current buffer by typing @kbd{C-\}.  The variable
  570: @c @code{default-input-method} specifies the default input method
  571: @c (@code{nil} means there is none).
  572: 言語環境を選択すると、さまざまなバッファで使う
  573: デフォルトの入力方式を指定します。
  574: デフォルトの入力方式を指定してあれば、
  575: @kbd{C-\}と打てばカレントバッファでそれを選択できます。
  576: 変数@code{default-input-method}は、デフォルトの入力方式を指定します
  577: (@code{nil}は入力方式なしの意味)。
  578: 
  579: @findex quail-set-keyboard-layout
  580: @c   Some input methods for alphabetic scripts work by (in effect)
  581: @c remapping the keyboard to emulate various keyboard layouts commonly used
  582: @c for those scripts.  How to do this remapping properly depends on your
  583: @c actual keyboard layout.  To specify which layout your keyboard has, use
  584: @c the command @kbd{M-x quail-set-keyboard-layout}.
  585: アルファベット文字に対するいくつかの入力方式は、
  586: その文字向けに一般的に使用されるさまざまなキーボード配列を
  587: エミュレートするようにキーボードを
  588: (実質的に)マッピングし直すことで動作します。
  589: マッピングし直す方法は、あなたの実際のキーボード配列に依存します。
  590: 使っているキーボード配列を指定するには、
  591: コマンド@kbd{M-x quail-set-keyboard-layout}を使います。
  592: 
  593: @findex list-input-methods
  594: @c   To display a list of all the supported input methods, type @kbd{M-x
  595: @c list-input-methods}.  The list gives information about each input
  596: @c method, including the string that stands for it in the mode line.
  597: 使用可能なすべての入力方式の一覧を表示するには、
  598: @kbd{M-x list-input-methods}と打ちます。
  599: この一覧には、モード行に表示される入力方式を表す文字列を含めて、
  600: 各入力方式についての情報が示されます。
  601: 
  602: @node Multibyte Conversion, Coding Systems, Select Input Method, International
  603: @c @section Unibyte and Multibyte Non-ASCII characters
  604: @section ユニバイトとマルチバイトの非ASCII文字
  605: 
  606: @c   When multibyte characters are enabled, character codes 0240 (octal)
  607: @c through 0377 (octal) are not really legitimate in the buffer.  The valid
  608: @c non-ASCII printing characters have codes that start from 0400.
  609: マルチバイト文字が使用可のときには、
  610: 文字コード0240(8進数)から0377(8進数)の文字は、
  611: 実際にそのままではバッファ内に存在しません。
  612: 正しい非ASCII印字文字は、0400から始まるコードになります。
  613: 
  614: @c   If you type a self-inserting character in the invalid range 0240
  615: @c through 0377, Emacs assumes you intended to use one of the ISO
  616: @c Latin-@var{n} character sets, and converts it to the Emacs code
  617: @c representing that Latin-@var{n} character.  You select @emph{which} ISO
  618: @c Latin character set to use through your choice of language environment
  619: 0240から0377の不正な範囲の自己挿入文字を打った場合、
  620: Emacsは、ISO Latin-@var{n}文字集合の1つを使おうとしていると仮定して、
  621: Latin-@var{n}の文字を表すEmacsのコードに変換します。
  622: 言語環境の選択を介して、@emph{どの}ISO Latin文字集合を使うのか指定できます
  623: @iftex
  624: @c (see above).
  625: (上記参照)。
  626: @end iftex
  627: @ifinfo
  628: @c (@pxref{Language Environments}).
  629: (@pxref{Language Environments})。
  630: @end ifinfo
  631: @c If you do not specify a choice, the default is Latin-1.
  632: 何も選んでないと、デフォルトはLatin-1です。
  633: 
  634: @c   The same thing happens when you use @kbd{C-q} to enter an octal code
  635: @c in this range.
  636: @kbd{C-q}でこの範囲の8進コードを入力すると、同じことが起こります。
  637: 
  638: @node Coding Systems, Recognize Coding, Multibyte Conversion, International
  639: @c @section Coding Systems
  640: @c @cindex coding systems
  641: @section コーディングシステム
  642: @cindex コーディングシステム
  643: 
  644: @c   Users of various languages have established many more-or-less standard
  645: @c coding systems for representing them.  Emacs does not use these coding
  646: @c systems internally; instead, it converts from various coding systems to
  647: @c its own system when reading data, and converts the internal coding
  648: @c system to other coding systems when writing data.  Conversion is
  649: @c possible in reading or writing files, in sending or receiving from the
  650: @c terminal, and in exchanging data with subprocesses.
  651: さまざまな言語を使うユーザーは、
  652: それらを表現するための標準的な
  653: コーディングシステムを数多く確立してきました。
  654: Emacsはこれらのコーディングシステムを内部的には使用しません。
  655: そのかわり、データを読むときには、
  656: さまざまなコーディングシステムからEmacs独自のコーディングシステムに変換し、
  657: データを書くときには、
  658: 内部コーディングシステムから他のコーディングシステムに変換します。
  659: ファイルの読み書き、端末とのやりとり、サブプロセスとのデータ交換において、
  660: 変換できます。
  661: 
  662: @c   Emacs assigns a name to each coding system.  Most coding systems are
  663: @c used for one language, and the name of the coding system starts with the
  664: @c language name.  Some coding systems are used for several languages;
  665: @c their names usually start with @samp{iso}.  There are also special
  666: @c coding systems @code{no-conversion}, @code{raw-text} and
  667: @c @code{emacs-mule} which do not convert printing characters at all.
  668: Emacsは各コーディングシステムに名前を付けています。
  669: 多くのコーディングシステムは、1つの言語で使用されるので、
  670: コーディングシステムの名前は、言語の名前で始まります。
  671: いくつかのコーディングシステムは、いくつもの言語で使用されます。
  672: その場合、コーディングシステムの名前は、通常、@samp{iso}で始まります。
  673: 印字文字をまったく変換しない特別なコーディングシステム、
  674: @code{no-conversion}、@code{raw-text}、@code{emacs-mule}もあります。
  675: 
  676: @c @cindex end-of-line conversion
  677: @cindex 行末変換
  678: @c   In addition to converting various representations of non-ASCII
  679: @c characters, a coding system can perform end-of-line conversion.  Emacs
  680: @c handles three different conventions for how to separate lines in a file:
  681: @c newline, carriage-return linefeed, and just carriage-return.
  682: 非ASCII文字のさまざまな表現形の変換に加えて、
  683: コーディングシステムは行末変換も行います。
  684: Emacsは、ファイル内の行の区切り方として、
  685: 3つの異なる変換を扱えます。
  686: つまり、改行、復帰改行、復帰です。
  687: 
  688: @table @kbd
  689: @item C-h C @var{coding} @key{RET}
  690: @c Describe coding system @var{coding}.
  691: コーディングシステム@var{coding}を説明する。
  692: 
  693: @item C-h C @key{RET}
  694: @c Describe the coding systems currently in use.
  695: 現在使用しているコーディングシステムを説明する。
  696: 
  697: @item M-x list-coding-systems
  698: @c Display a list of all the supported coding systems.
  699: 使用可能なすべてのコーディングシステムの一覧を表示する。
  700: @end table
  701: 
  702: @kindex C-h C
  703: @findex describe-coding-system
  704: @c   The command @kbd{C-h C} (@code{describe-coding-system}) displays
  705: @c information about particular coding systems.  You can specify a coding
  706: @c system name as argument; alternatively, with an empty argument, it
  707: @c describes the coding systems currently selected for various purposes,
  708: @c both in the current buffer and as the defaults, and the priority list
  709: @c for recognizing coding systems (@pxref{Recognize Coding}).
  710: コマンド@kbd{C-h C}(@code{describe-coding-system})は、
  711: 特定のコーディングシステムについての情報を表示します。
  712: 引数にコーディングシステム名を指定できます。
  713: あるいは、引数が空のときには、
  714: カレントバッファに対するものとデフォルトの両方について、
  715: さまざまな目的のために選択されている現在のコーディングシステムと、
  716: コーディングシステムを認識するための優先順位表を説明します。
  717: (@pxref{Recognize Coding})。
  718: 
  719: @findex list-coding-systems
  720: @c   To display a list of all the supported coding systems, type @kbd{M-x
  721: @c list-coding-systems}.  The list gives information about each coding
  722: @c system, including the letter that stands for it in the mode line
  723: @c (@pxref{Mode Line}).
  724: 利用可能なすべてのコーディングシステムの一覧を表示するには、
  725: @kbd{M-x list-coding-systems}と打ちます。
  726: モード行に表示される文字を含めて、
  727: 各コーディングシステムについての情報の一覧を表示します(@pxref{Mode Line})。
  728: 
  729: @c @cindex end-of-line conversion
  730: @c @cindex MS-DOS end-of-line conversion
  731: @c @cindex Macintosh end-of-line conversion
  732: @cindex 行末変換
  733: @cindex MS-DOS行末変換
  734: @cindex Macintosh行末変換
  735: @c   Each of the coding systems that appear in this list---except for
  736: @c @code{no-conversion}, which means no conversion of any kind---specifies
  737: @c how and whether to convert printing characters, but leaves the choice of
  738: @c end-of-line conversion to be decided based on the contents of each file.
  739: @c For example, if the file appears to use the sequence carriage-return
  740: @c linefeed to separate lines, DOS end-of-line conversion will be used.
  741: いかなる種類の変換も行わない@code{no-conversion}を除いて、
  742: この一覧に現れる各コーディングシステムは
  743: 印字文字をどのように変換する/しないを指定します。
  744: しかし、行末変換は、各ファイルの内容に基づいて決定されます。
  745: たとえば、ファイルが行区切りに復帰改行を使用しているように思われるときには、
  746: その行末変換を使います。
  747: 
  748: @c   Each of the listed coding systems has three variants which specify
  749: @c exactly what to do for end-of-line conversion:
  750: 一覧の各コーディングシステムには、
  751: どのように行末変換するかを正確に指定する3つの変種があります。
  752: 
  753: @table @code
  754: @item @dots{}-unix
  755: @c Don't do any end-of-line conversion; assume the file uses
  756: @c newline to separate lines.  (This is the convention normally used
  757: @c on Unix and GNU systems.)
  758: 行末変換を行わない。
  759: ファイルでは、行区切りに改行を使用していると仮定する。
  760: (これは、UNIXとGNUシステムで普通に使用される変換。)
  761: 
  762: @item @dots{}-dos
  763: @c Assume the file uses carriage-return linefeed to separate lines, and do
  764: @c the appropriate conversion.  (This is the convention normally used on
  765: @c Microsoft systems.@footnote{It is also specified for MIME `text/*'
  766: @c bodies and in other network transport contexts.  It is different
  767: @c from the SGML reference syntax record-start/record-end format which
  768: @c Emacs doesn't support directly.})
  769: ファイルでは、行区切りに復帰改行を使用していると仮定し、適当な変換を行う。
  770: (これは、Microsoftシステムで普通に使用される変換。
  771: @footnote{MIMEの「text/*」の本体や、
  772: 他のネットワーク転送の場面でも指定される。
  773: Emacsが直接には扱えない
  774: SGMLの参照構文であるrecord-start/record-end書式とは異なる。})
  775: 
  776: @item @dots{}-mac
  777: @c Assume the file uses carriage-return to separate lines, and do the
  778: @c appropriate conversion.  (This is the convention normally used on the
  779: @c Macintosh system.)
  780: ファイルでは、行区切りに復帰を使用していると仮定し、適当な変換を行う。
  781: (これは、Machintoshシステムで普通に使用される変換。)
  782: @end table
  783: 
  784: @c   These variant coding systems are omitted from the
  785: @c @code{list-coding-systems} display for brevity, since they are entirely
  786: @c predictable.  For example, the coding system @code{iso-latin-1} has
  787: @c variants @code{iso-latin-1-unix}, @code{iso-latin-1-dos} and
  788: @c @code{iso-latin-1-mac}.
  789: これらのコーディングシステムの変種は、
  790: 完全に予想できるので@code{list-coding-systems}の表示からは
  791: 簡潔にするために除かれています。
  792: たとえば、コーディングシステム@code{iso-latin-1}には、
  793: @code{iso-latin-1-unix}、@code{iso-latin-1-dos}、@code{iso-latin-1-mac}
  794: の変種があります。
  795: 
  796: @c   The coding system @code{raw-text} is good for a file which is mainly
  797: @c ASCII text, but may contain byte values above 127 which are not meant to
  798: @c encode non-ASCII characters.  With @code{raw-text}, Emacs copies those
  799: @c byte values unchanged, and sets @code{enable-multibyte-characters} to
  800: @c @code{nil} in the current buffer so that they will be interpreted
  801: @c properly.  @code{raw-text} handles end-of-line conversion in the usual
  802: @c way, based on the data encountered, and has the usual three variants to
  803: @c specify the kind of end-of-line conversion to use.
  804: コーディングシステム@code{raw-text}は、
  805: 主にASCIIテキストのファイルに適していますが、
  806: ファイルには、非ASCII文字の符号を意味しない127を越えるバイト値が
  807: 含まれるかもしれません。
  808: @code{raw-text}では、
  809: Emacsは、それらのバイトが適切に解釈されるように値を変更しないでコピーし、
  810: カレントバッファの
  811: @code{enable-multibyte-characters}に@code{nil}を設定します。
  812: @code{raw-text}は、出会ったデータに基づく普通の方法で行末変換を処理し、
  813: 使用する行末変換を指定する3つの変種を持ちます。
  814: 
  815: @c   In contrast, the coding system @code{no-conversion} specifies no
  816: @c character code conversion at all---none for non-ASCII byte values and
  817: @c none for end of line.  This is useful for reading or writing binary
  818: @c files, tar files, and other files that must be examined verbatim.  It,
  819: @c too, sets @code{enable-multibyte-characters} to @code{nil}.
  820: 対照的に、コーディングシステム@code{no-conversion}は、
  821: 非ASCIIバイト値と行末に対して、いかなる文字コード変換も指定しません。
  822: これは、バイナリファイル、tarファイル、
  823: そのまま処理する必要があるその他のファイルを読み書きするのに便利です。
  824: これも、@code{enable-multibyte-characters}に@code{nil}を設定します。
  825: 
  826: @c   The easiest way to edit a file with no conversion of any kind is with
  827: @c the @kbd{M-x find-file-literally} command.  This uses
  828: @c @code{no-conversion}, and also suppresses other Emacs features that
  829: @c might convert the file contents before you see them.  @xref{Visiting}.
  830: いかなる種類の変換もしないでファイルを編集するもっとも簡単な方法は、
  831: @kbd{M-x find-file-literally}コマンドを使うことです。
  832: このコマンドは、@code{no-conversion}を使い、
  833: あなたがファイルを見るまえにファイルの内容を
  834: 変換するかもしれないEmacsのその他の機能を抑制します。
  835: @xref{Visiting}。
  836: 
  837: @c   The coding system @code{emacs-mule} means that the file contains
  838: @c non-ASCII characters stored with the internal Emacs encoding.  It
  839: @c handles end-of-line conversion based on the data encountered, and has
  840: @c the usual three variants to specify the kind of end-of-line conversion.
  841: コーディングシステム@code{emacs-mule}は、
  842: Emacs内部の符号化のままで格納された非ASCII文字を
  843: 含むファイルであることを意味します。
  844: これは、出会ったデータに基づいて行末変換を扱い、
  845: 行末変換の種類を指定する通常の3つの変種を持ちます。
  846: 
  847: @node Recognize Coding, Specify Coding, Coding Systems, International
  848: @c @section Recognizing Coding Systems
  849: @section コーディングシステムの認識
  850: 
  851: @c   Most of the time, Emacs can recognize which coding system to use for
  852: @c any given file---once you have specified your preferences.
  853: 一度自分の好みを指定しておけば、ほとんどの場合、Emacsは、
  854: 与えられたファイルに対してどのコーディングシステムを使うか認識できます。 
  855: 
  856: @c   Some coding systems can be recognized or distinguished by which byte
  857: @c sequences appear in the data.  However, there are coding systems that
  858: @c cannot be distinguished, not even potentially.  For example, there is no
  859: @c way to distinguish between Latin-1 and Latin-2; they use the same byte
  860: @c values with different meanings.
  861: いくつかのコーディングシステムは、
  862: データ内にどのようなバイト列が現れたかで、認識したり区別できます。
  863: しかし、区別できないコーディングシステムや
  864: その可能性もないコーディングシステムもあります。
  865: たとえば、Latin-1とLatin-2を区別する方法はありません。
  866: これらは同じバイト値を異なる意味で使用しています。
  867: 
  868: @c   Emacs handles this situation by means of a priority list of coding
  869: @c systems.  Whenever Emacs reads a file, if you do not specify the coding
  870: @c system to use, Emacs checks the data against each coding system,
  871: @c starting with the first in priority and working down the list, until it
  872: @c finds a coding system that fits the data.  Then it converts the file
  873: @c contents assuming that they are represented in this coding system.
  874: Emacsは、コーディングシステムの優先順位表を用いてこの事態を処理します。
  875: 使用するコーディングシステムを指定しなければ、
  876: Emacsはファイルを読むときはいつでも、
  877: 優先順位のもっとも高いものから始めて順に下りながら、
  878: データに合うコーディングシステムをみつけるまで
  879: 各コーディングシステムに対してデータを検査します。
  880: そして、ファイルはそのコーディングシステムで表現されていると仮定して、
  881: ファイルの内容を変換します。
  882: 
  883: @c   The priority list of coding systems depends on the selected language
  884: @c environment (@pxref{Language Environments}).  For example, if you use
  885: @c French, you probably want Emacs to prefer Latin-1 to Latin-2; if you use
  886: @c Czech, you probably want Latin-2 to be preferred.  This is one of the
  887: @c reasons to specify a language environment.
  888: コーディングシステムの優先順位表は、選択されている言語環境に依存します
  889: (@pxref{Language Environments})。
  890: たとえば、フランス語を使うのなら、たぶん、
  891: EmacsにはLatin-2よりLatin-1を選んでほしいでしょう。
  892: チェコ語を使うなら、たぶん、Latin-2のほうがよいでしょう。
  893: これが、言語環境を指定する理由の1つです。 
  894: 
  895: @findex prefer-coding-system
  896: @c   However, you can alter the priority list in detail with the command
  897: @c @kbd{M-x prefer-coding-system}.  This command reads the name of a coding
  898: @c system from the minibuffer, and adds it to the front of the priority
  899: @c list, so that it is preferred to all others.  If you use this command
  900: @c several times, each use adds one element to the front of the priority
  901: @c list.
  902: しかし、コマンド@kbd{M-x prefer-coding-system}を使って、
  903: 優先順位表の詳細を変更できます。
  904: このコマンドはミニバッファからコーディングシステムの名前を読み、
  905: それを優先順位表の先頭に追加して、他のすべてのものより優先するようにします。
  906: このコマンドを数回使うと、
  907: 使用するごとに優先順位表の先頭に1つの要素が追加されます。
  908: 
  909: @c   If you use a coding system that specifies the end-of-line conversion
  910: @c type, such as @code{iso-8859-1-dos}, what that means is that Emacs
  911: @c should attempt to recognize @code{iso-8859-1} with priority, and should
  912: @c use DOS end-of-line conversion in case it recognizes @code{iso-8859-1}.
  913: @code{iso-8859-1-dos}のような行末変換を指定したコーディングシステムを使うと、
  914: @code{iso-8859-1}を優先して認識し、その場合にはDOSの行末変換を使うことを
  915: Emacsに指示することになります。
  916: 
  917: @vindex file-coding-system-alist
  918: @c   Sometimes a file name indicates which coding system to use for the
  919: @c file.  The variable @code{file-coding-system-alist} specifies this
  920: @c correspondence.  There is a special function
  921: @c @code{modify-coding-system-alist} for adding elements to this list.  For
  922: @c example, to read and write all @samp{.txt} files using the coding system
  923: @c @code{china-iso-8bit}, you can execute this Lisp expression:
  924: ときには、ファイルに対して使用するコーディングシステムを
  925: ファイル名が示していることがあります。
  926: 変数@code{file-coding-system-alist}は、この対応関係を指定します。
  927: このリストに要素を追加する特別な関数
  928: @code{modify-coding-system-alist}があります。
  929: たとえば、すべての@samp{.txt}の読み書きに、
  930: コーディングシステム@code{china-iso-8bit}を使用したいなら、
  931: つぎのLisp式を実行します。
  932: 
  933: @smallexample
  934: (modify-coding-system-alist 'file "\\.txt\\'" 'china-iso-8bit)
  935: @end smallexample
  936: 
  937: @noindent
  938: @c The first argument should be @code{file}, the second argument should be
  939: @c a regular expression that determines which files this applies to, and
  940: @c the third argument says which coding system to use for these files.
  941: 始めの引数は@code{file}、
  942: 第2引数はこれを適用するファイルを決定する正規表現、
  943: 第3引数はこれらのファイルに対して使用するコーディングシステムです。
  944: 
  945: @vindex inhibit-eol-conversion
  946: @c   Emacs recognizes which kind of end-of-line conversion to use based on
  947: @c the contents of the file: if it sees only carriage-returns, or only
  948: @c carriage-return linefeed sequences, then it chooses the end-of-line
  949: @c conversion accordingly.  You can inhibit the automatic use of
  950: @c end-of-line conversion by setting the variable @code{inhibit-eol-conversion}
  951: @c to non-@code{nil}.
  952: Emacsは、ファイルの内容に基づいて、使用する行末変換の種類を認識します。
  953: 復帰のみ、あるいは、復帰改行の列のみであれば、
  954: 対応する行末変換を選択します。
  955: 変数@code{inhibit-eol-conversion}に@code{nil}以外を設定すると、
  956: 行末変換の自動的な使用を禁止できます。
  957: 
  958: @vindex coding
  959: @c   You can specify the coding system for a particular file using the
  960: @c @samp{-*-@dots{}-*-} construct at the beginning of a file, or a local
  961: @c variables list at the end (@pxref{File Variables}).  You do this by
  962: @c defining a value for the ``variable'' named @code{coding}.  Emacs does
  963: @c not really have a variable @code{coding}; instead of setting a variable,
  964: @c it uses the specified coding system for the file.  For example,
  965: @c @samp{-*-mode: C; coding: latin-1;-*-} specifies use of the Latin-1
  966: @c coding system, as well as C mode.  If you specify the coding explicitly
  967: @c in the file, that overrides @code{file-coding-system-alist}.
  968: ファイルの先頭の@samp{-*-@dots{}-*-}や、
  969: ファイルの最後のローカル変数リストを使って、
  970: 個々のファイルに対してコーディングシステムを指定できます
  971: (@pxref{File Variables})。
  972: これを行うには、@code{coding}という名前の『変数』に値を定義します。
  973: Emacsには、変数@code{coding}は実際にはありません。
  974: 変数を設定するかわりに、
  975: ファイルに対して指定されたコーディングシステムを使います。
  976: たとえば、@samp{-*-mode: C; coding: latin-1;-*-}は、
  977: Cモードを指定するとともに、Latin-1のコーディングシステムの使用を指定します。
  978: ファイルでコーディングシステムを明示的に指定した場合、
  979: それは@code{file-coding-system-alist}に優先します。
  980: 
  981: @vindex auto-coding-alist
  982: @c   The variable @code{auto-coding-alist} is the strongest way to specify
  983: @c the coding system for certain patterns of file names; this variable even
  984: @c overrides @samp{-*-coding:-*-} tags in the file itself.  Emacs uses this
  985: @c feature for tar and archive files, to prevent Emacs from being confused
  986: @c by a @samp{-*-coding:-*-} tag in a member of the archive and thinking it
  987: @c applies to the archive file as a whole.
  988: 変数@code{auto-coding-alist}は、特定のパターンのファイル名に対して
  989: コーディングシステムを指定するもっとも強い方法です。
  990: この変数は、ファイル自身の@samp{-*-coding:-*-}にさえも優先します。
  991: Emacsはtarファイルやアーカイブファイルに対してこの機能を使います。
  992: アーカイブ内のファイルの中にある@samp{-*-coding:-*-}で混乱して、
  993: ファイル全体にコーディングシステムを適用してしまうことを防ぐのです。
  994: 
  995: @vindex buffer-file-coding-system
  996: @c   Once Emacs has chosen a coding system for a buffer, it stores that
  997: @c coding system in @code{buffer-file-coding-system} and uses that coding
  998: @c system, by default, for operations that write from this buffer into a
  999: @c file.  This includes the commands @code{save-buffer} and
 1000: @c @code{write-region}.  If you want to write files from this buffer using
 1001: @c a different coding system, you can specify a different coding system for
 1002: @c the buffer using @code{set-buffer-file-coding-system} (@pxref{Specify
 1003: @c Coding}).
 1004: Emacsがバッファに対するコーディングシステムを一度選択すると、
 1005: そのコーディングシステムを@code{buffer-file-coding-system}に入れておき、
 1006: このバッファからファイルに書く操作では、
 1007: デフォルトでこのコーディングシステムを使います。
 1008: これには、コマンド@code{save-buffer}や@code{write-region}も含まれます。
 1009: 異なるコーディングシステムを用いてこのバッファからファイルに書きたいときには、
 1010: @code{set-buffer-file-coding-system}を使って、
 1011: そのバッファに対して異なるコーディングシステムを指定します
 1012: (@pxref{Specify Coding})。
 1013: 
 1014: @vindex sendmail-coding-system
 1015: @c   When you send a message with Mail mode (@pxref{Sending Mail}), Emacs has
 1016: @c four different ways to determine the coding system to use for encoding
 1017: @c the message text.  It tries the buffer's own value of
 1018: @c @code{buffer-file-coding-system}, if that is non-@code{nil}.  Otherwise,
 1019: @c it uses the value of @code{sendmail-coding-system}, if that is
 1020: @c non-@code{nil}.  The third way is to use the default coding system for
 1021: @c new files, which is controlled by your choice of language environment,
 1022: @c if that is non-@code{nil}.  If all of these three values are @code{nil},
 1023: @c Emacs encodes outgoing mail using the Latin-1 coding system.
 1024: メイル(mail)モード(@pxref{Sending Mail})でメッセージを送るとき、
 1025: Emacsには、メッセージテキストの符号化に使うコーディングシステムを決定する
 1026: 異なる方法が4つあります。
 1027: バッファの@code{buffer-file-coding-system}が@code{nil}以外ならば、
 1028: その値を試します。
 1029: さもなければ、@code{sendmail-coding-system}の値が@code{nil}以外ならば、
 1030: その値を使います。
 1031: 3つめの方法は、新しいファイルに対するデフォルトの
 1032: コーディングシステムが@code{nil}以外ならば、それを使います。
 1033: この値は、言語環境の選択で制御されます。
 1034: これらの3つの値がすべて@code{nil}ならば、
 1035: Emacsは、Latin-1のコーディングシステムを使用して送出メイルを符号化します。
 1036: 
 1037: @vindex rmail-decode-mime-charset
 1038: @c   When you get new mail in Rmail, each message is translated
 1039: @c automatically from the coding system it is written in---as if it were a
 1040: @c separate file.  This uses the priority list of coding systems that you
 1041: @c have specified.  If a MIME message specifies a character set, Rmail
 1042: @c obeys that specification, unless @code{rmail-decode-mime-charset} is
 1043: @c @code{nil}.
 1044: rmailで新しいメイルを受けとったとき、
 1045: 各メッセージが別々のファイルであるかのように、
 1046: 各メッセージは自動的にそのメイルが書かれたコーディングシステムで変換されます。
 1047: これには、指定したコーディングシステムの優先順位表を使います。
 1048: MIMEメッセージが文字集合を指定するときには、
 1049: @code{rmail-decode-mime-charset}が@code{nil}でない限り、
 1050: rmailはその指定に従います。
 1051: 
 1052: @vindex rmail-file-coding-system
 1053: @c   For reading and saving Rmail files themselves, Emacs uses the coding
 1054: @c system specified by the variable @code{rmail-file-coding-system}.  The
 1055: @c default value is @code{nil}, which means that Rmail files are not
 1056: @c translated (they are read and written in the Emacs internal character
 1057: @c code).
 1058: rmailファイル自身を読んだり保存したりするときには、
 1059: Emacsは、変数@code{rmail-file-coding-system}で指定された
 1060: コーディングシステムを使います。
 1061: そのデフォルト値は、@code{nil}です。
 1062: rmailファイルは変換しないという意味です
 1063: (rmailファイルは、Emacsの内部文字コードで読み書きされる。)
 1064: 
 1065: @node Specify Coding, Fontsets, Recognize Coding, International
 1066: @c @section Specifying a Coding System
 1067: @section コーディングシステムの指定
 1068: 
 1069: @c   In cases where Emacs does not automatically choose the right coding
 1070: @c system, you can use these commands to specify one:
 1071: Emacsが自動的に正しいコーディングシステムを選択しない場合には、
 1072: コーディングシステムを指定するつぎのコマンドを使用できます。
 1073: 
 1074: @table @kbd
 1075: @item C-x @key{RET} f @var{coding} @key{RET}
 1076: @c Use coding system @var{coding} for the visited file
 1077: @c in the current buffer.
 1078: カレントバッファに訪問したファイルに
 1079: コーディングシステム@var{coding}を使う。
 1080: 
 1081: @item C-x @key{RET} c @var{coding} @key{RET}
 1082: @c Specify coding system @var{coding} for the immediately following
 1083: @c command.
 1084: このコマンドの直後に続くコマンドに対して
 1085: コーディングシステム@var{coding}を指定する。
 1086: 
 1087: @item C-x @key{RET} k @var{coding} @key{RET}
 1088: @c Use coding system @var{coding} for keyboard input.
 1089: キーボード入力に対してコーディングシステム@var{coding}を使用する。
 1090: 
 1091: @item C-x @key{RET} t @var{coding} @key{RET}
 1092: @c Use coding system @var{coding} for terminal output.
 1093: 端末出力に対してコーディングシステム@var{coding}を使用する。
 1094: 
 1095: @item C-x @key{RET} p @var{input-coding} @key{RET} @var{output-coding} @key{RET}
 1096: @c Use coding systems @var{input-coding} and @var{output-coding} for
 1097: @c subprocess input and output in the current buffer.
 1098: カレントバッファでのサブプロセスの入力と出力に
 1099: コーディングシステム@var{input-coding}と@var{output-coding}を使用する。
 1100: 
 1101: @item C-x @key{RET} x @var{coding} @key{RET}
 1102: @c Use coding system @var{coding} for transferring selections to and from
 1103: @c other programs through the window system.
 1104: ウィンドウシステムを介した他のプログラムとのセレクションの交換には、
 1105: コーディングシステム@var{coding}を使用する。
 1106: 
 1107: @item C-x @key{RET} X @var{coding} @key{RET}
 1108: @c Use coding system @var{coding} for transferring @emph{one}
 1109: @c selection---the next one---to or from the window system.
 1110: ウィンドウシステムで@emph{1つ}のセレクションの交換には、
 1111: コーディングシステム@var{coding}を使用する。
 1112: @end table
 1113: 
 1114: @kindex C-x RET f
 1115: @findex set-buffer-file-coding-system
 1116: @c   The command @kbd{C-x @key{RET} f} (@code{set-buffer-file-coding-system})
 1117: @c specifies the file coding system for the current buffer---in other
 1118: @c words, which coding system to use when saving or rereading the visited
 1119: @c file.  You specify which coding system using the minibuffer.  Since this
 1120: @c command applies to a file you have already visited, it affects only the
 1121: @c way the file is saved.
 1122: コマンド@kbd{C-x @key{RET} f}(@code{set-buffer-file-coding-system})は
 1123: カレントバッファに対してファイルコーディングシステムを指定します。
 1124: いいかえれば、訪問したファイルを保存したりふたたび読む込むときに
 1125: 使うコーディングシステムです。
 1126: コーディングシステムはミニバッファを使って指定します。
 1127: このコマンドは、すでに訪問したファイルに作用するので、
 1128: ファイルを保存するときにしか影響しません。
 1129: 
 1130: @kindex C-x RET c
 1131: @findex universal-coding-system-argument
 1132: @c   Another way to specify the coding system for a file is when you visit
 1133: @c the file.  First use the command @kbd{C-x @key{RET} c}
 1134: @c (@code{universal-coding-system-argument}); this command uses the
 1135: @c minibuffer to read a coding system name.  After you exit the minibuffer,
 1136: @c the specified coding system is used for @emph{the immediately following
 1137: @c command}.
 1138: ファイルに対するコーディングシステムを指定する別の方法は、
 1139: ファイルを訪問するときです。
 1140: まずコマンド@kbd{C-x @key{RET} c}
 1141: (@code{universal-coding-system-argument})を使います。
 1142: このコマンドは、ミニバッファを使ってコーディングシステム名を読みます。
 1143: ミニバッファを出たあと、
 1144: @emph{直後のコマンド}に対して指定したコーディングシステムが使用されます。
 1145: 
 1146: @c   So if the immediately following command is @kbd{C-x C-f}, for example,
 1147: @c it reads the file using that coding system (and records the coding
 1148: @c system for when the file is saved).  Or if the immediately following
 1149: @c command is @kbd{C-x C-w}, it writes the file using that coding system.
 1150: @c Other file commands affected by a specified coding system include
 1151: @c @kbd{C-x C-i} and @kbd{C-x C-v}, as well as the other-window variants of
 1152: @c @kbd{C-x C-f}.
 1153: ですから、たとえば、その直後のコマンドが@kbd{C-x C-f}ならば、
 1154: そのコーディングシステムを使ってファイルを読みます
 1155: (そして、ファイルを保存するときのために
 1156: そのコーディングシステムを記録します)。 
 1157: あるいは、その直後のコマンドが@kbd{C-x C-w}ならば、
 1158: そのコーディングシステムを使ってファイルに書きます。
 1159: コーディングシステムを指定することで、影響される他のファイルコマンドは、
 1160: @kbd{C-x C-i}と@kbd{C-x C-v}、および、
 1161: 別のウィンドウを使う@kbd{C-x C-f}の変形です。
 1162: 
 1163: @c   @kbd{C-x @key{RET} c} also affects commands that start subprocesses,
 1164: @c including @kbd{M-x shell} (@pxref{Shell}).
 1165: @kbd{C-x @key{RET} c}は、@kbd{M-x shell}(@pxref{Shell})を含む
 1166: サブプロセスを開始するコマンドにも影響します。
 1167: 
 1168: @c   However, if the immediately following command does not use the coding
 1169: @c system, then @kbd{C-x @key{RET} c} ultimately has no effect.
 1170: しかしながら、その直後のコマンドがコーディングシステムを使用しないなら、
 1171: @kbd{C-x @key{RET} c}は最終的には何の効果もありません。
 1172: 
 1173: @c   An easy way to visit a file with no conversion is with the @kbd{M-x
 1174: @c find-file-literally} command.  @xref{Visiting}.
 1175: ファイルを変換しないで訪問するもっとも簡単な方法は、
 1176: @kbd{M-x find-file-literally}コマンドです。
 1177: @xref{Visiting}。
 1178: 
 1179: @vindex default-buffer-file-coding-system
 1180: @c   The variable @code{default-buffer-file-coding-system} specifies the
 1181: @c choice of coding system to use when you create a new file.  It applies
 1182: @c when you find a new file, and when you create a buffer and then save it
 1183: @c in a file.  Selecting a language environment typically sets this
 1184: @c variable to a good choice of default coding system for that language
 1185: @c environment.
 1186:  変数@code{default-buffer-file-coding-system}は、
 1187: 新しいファイルを作成するときのコーディングシステムの選択を指定します。
 1188: この変数は、新規作成のファイルを訪問するとき、あるいは、
 1189: バッファを作成してそれをファイルに保存するときに適用されます。
 1190: 言語環境を選択すると、典型的には、
 1191: 言語環境に対して最適のデフォルトのコーディングシステムを
 1192: この変数に設定します。
 1193: 
 1194: @kindex C-x RET t
 1195: @findex set-terminal-coding-system
 1196: @c   The command @kbd{C-x @key{RET} t} (@code{set-terminal-coding-system})
 1197: @c specifies the coding system for terminal output.  If you specify a
 1198: @c character code for terminal output, all characters output to the
 1199: @c terminal are translated into that coding system.
 1200: コマンド@kbd{C-x @key{RET} t}(@code{set-terminal-coding-system})は
 1201: 端末出力に対するコーディングシステムを指定します。
 1202: 端末出力のコーディングシステムを指定すると、
 1203: 端末へのすべての文字出力はそのコーディングシステムに翻訳されます。
 1204: 
 1205: @c   This feature is useful for certain character-only terminals built to
 1206: @c support specific languages or character sets---for example, European
 1207: @c terminals that support one of the ISO Latin character sets.  You need to
 1208: @c specify the terminal coding system when using multibyte text, so that
 1209: @c Emacs knows which characters the terminal can actually handle.
 1210: この機能は、特定の言語や文字集合向けに作られたある種の文字端末には便利です。
 1211: たとえば、ISO Latin 文字集合の1つを扱えるヨーロッパの端末です。 
 1212: マルチバイトテキストを使っているときには、
 1213: Emacsが端末で実際に扱える文字を知るために、
 1214: 端末コーディングシステムを指定する必要があります。
 1215: 
 1216: @c   By default, output to the terminal is not translated at all, unless
 1217: @c Emacs can deduce the proper coding system from your terminal type.
 1218: Emacsがあなたの端末の正しいコーディングシステムを推測できない限り、
 1219: デフォルトでは、端末出力はまったく変換しません。
 1220: 
 1221: @kindex C-x RET k
 1222: @findex set-keyboard-coding-system
 1223: @c   The command @kbd{C-x @key{RET} k} (@code{set-keyboard-coding-system})
 1224: @c specifies the coding system for keyboard input.  Character-code
 1225: @c translation of keyboard input is useful for terminals with keys that
 1226: @c send non-ASCII graphic characters---for example, some terminals designed
 1227: @c for ISO Latin-1 or subsets of it.
 1228: コマンド@kbd{C-x @key{RET} k}(@code{set-keyboard-coding-system})は
 1229: キーボード入力に対するコーディングシステムを指定します。
 1230: キーボードから入力した文字コードの変換は、
 1231: 非ASCII図形文字を送出するキーを有する端末には便利です。
 1232: たとえば、いくつかの端末は、ISO Latin-1やその部分集合向けに設計されています。
 1233: 
 1234: @c   By default, keyboard input is not translated at all.
 1235: デフォルトでは、キーボード入力はまったく変換しません。
 1236: 
 1237: @c   There is a similarity between using a coding system translation for
 1238: @c keyboard input, and using an input method: both define sequences of
 1239: @c keyboard input that translate into single characters.  However, input
 1240: @c methods are designed to be convenient for interactive use by humans, and
 1241: @c the sequences that are translated are typically sequences of ASCII
 1242: @c printing characters.  Coding systems typically translate sequences of
 1243: @c non-graphic characters.
 1244: コーディングシステムを使用してキーボード入力を変換することと、
 1245: 入力方式の使用には似たところがあります。
 1246: どちらも、1つの文字に変換するキーボード入力列を定義しています。
 1247: しかしながら、入力方式は人が対話的に使用するのに便利なように設計されていて、
 1248: 変換される列は典型的にはASCII印字文字の列です。
 1249: コーディングシステムは、典型的には非図形文字の列を変換します。
 1250: 
 1251: @kindex C-x RET x
 1252: @kindex C-x RET X
 1253: @findex set-selection-coding-system
 1254: @findex set-next-selection-coding-system
 1255: @c   The command @kbd{C-x @key{RET} x} (@code{set-selection-coding-system})
 1256: @c specifies the coding system for sending selected text to the window
 1257: @c system, and for receiving the text of selections made in other
 1258: @c applications.  This command applies to all subsequent selections, until
 1259: @c you override it by using the command again.  The command @kbd{C-x
 1260: @c @key{RET} X} (@code{set-next-selection-coding-system}) specifies the
 1261: @c coding system for the next selection made in Emacs or read by Emacs.
 1262: コマンド@kbd{C-x @key{RET} x}(@code{set-selection-coding-system})は、
 1263: 選択されたテキストをウィンドウシステムへ送るとき、および、
 1264: 他のアプリケーションで作られたセレクションのテキストを受け取るときの
 1265: コーディングシステムを指定します。
 1266: このコマンドは、再設定しない限り、以降のすべてのセレクションに作用します。
 1267: コマンド@kbd{C-x @key{RET} X}(@code{set-next-selection-coding-system})は、
 1268: Emacsが作る/読むつぎのセレクションのコーディングシステムを指定します。
 1269: 
 1270: @kindex C-x RET p
 1271: @findex set-buffer-process-coding-system
 1272: @c   The command @kbd{C-x @key{RET} p} (@code{set-buffer-process-coding-system})
 1273: @c specifies the coding system for input and output to a subprocess.  This
 1274: @c command applies to the current buffer; normally, each subprocess has its
 1275: @c own buffer, and thus you can use this command to specify translation to
 1276: @c and from a particular subprocess by giving the command in the
 1277: @c corresponding buffer.
 1278: コマンド@kbd{C-x @key{RET} p}(@code{set-buffer-process-coding-system})は、
 1279: サブプロセスの入出力に対するコーディングシステムを指定します。
 1280: このコマンドはカレントバッファに作用します。
 1281: 通常、各サブプロセスはそれ自身のバッファを持ちます。
 1282: ですから、各サブプロセスの入出力の変換を指定するには、
 1283: 対応するバッファでこのコマンドを使用します。
 1284: 
 1285: @c   By default, process input and output are not translated at all.
 1286: デフォルトでは、プロセスの入出力はまったく変換しません。
 1287: 
 1288: @vindex file-name-coding-system
 1289: @c   The variable @code{file-name-coding-system} specifies a coding system
 1290: @c to use for encoding file names.  If you set the variable to a coding
 1291: @c system name (as a Lisp symbol or a string), Emacs encodes file names
 1292: @c using that coding system for all file operations.  This makes it
 1293: @c possible to use non-ASCII characters in file names---or, at least, those
 1294: @c non-ASCII characters which the specified coding system can encode.
 1295: 変数@code{file-name-coding-system}は、
 1296: ファイル名を符号化するためのコーディングシステムを指定します。
 1297: この変数に(Lispシンボルや文字列で)コーディングシステム名を設定すると、
 1298: Emacsは、すべてのファイル操作に対してそのコーディングシステムを
 1299: 使ってファイル名を符号化します。
 1300: これは、ファイル名に非ASCII文字を使うことを可能にしています。
 1301: あるいは、少なくとも、指定したコーディングシステムで符号化できる
 1302: 非ASCII文字を使えるはずです。
 1303: 
 1304: @c   If @code{file-name-coding-system} is @code{nil}, Emacs uses a default
 1305: @c coding system determined by the selected language environment.  In the
 1306: @c default language environment, any non-ASCII characters in file names are
 1307: @c not encoded specially; they appear in the file system using the internal
 1308: @c Emacs representation.
 1309: @code{file-name-coding-system}が@code{nil}ならば、
 1310: Emacsは、選択されている言語環境で決まるデフォルトのコーディングシステムを
 1311: 使います。
 1312: デフォルトの言語環境では、
 1313: ファイル名の中の非ASCII文字は特別に符号化しません。
 1314: Emacsの内部表現でファイルシステム上に現れます。
 1315: 
 1316: @c   @strong{Warning:} if you change @code{file-name-coding-system} (or the
 1317: @c language environment) in the middle of an Emacs session, problems can
 1318: @c result if you have already visited files whose names were encoded using
 1319: @c the earlier coding system and cannot be encoded (or are encoded
 1320: @c differently) under the new coding system.  If you try to save one of
 1321: @c these buffers under the visited file name, saving may use the wrong file
 1322: @c name, or it may get an error.  If such a problem happens, use @kbd{C-x
 1323: @c C-w} to specify a new file name for that buffer.
 1324: @strong{警告:}@code{ }Emacsセッションの途中で@code{file-name-coding-system}
 1325: (や言語環境)を変更すると、問題となる場合があります。
 1326: つまり、それまでのコーディングシステムで符号化された名前のファイルを
 1327: すでに訪問していて、新しいコーディングシステムではその名前を
 1328: 符号化できない(あるいは異なって符号化される)ときです。
 1329: そのようなバッファを訪問先ファイル名で保存しようとすると、
 1330: まちがった名前のファイルに保存されるか、エラーになります。
 1331: そのような問題が発生した場合には、 @kbd{C-x C-w}を使って、
 1332: そのバッファに新しいファイル名を指定します。
 1333: 
 1334: @node Fontsets, Defining Fontsets, Specify Coding, International
 1335: @c @section Fontsets
 1336: @c @cindex fontsets
 1337: @section フォントセット
 1338: @cindex フォントセット
 1339: 
 1340: @c   A font for X Windows typically defines shapes for one alphabet or
 1341: @c script.  Therefore, displaying the entire range of scripts that Emacs
 1342: @c supports requires a collection of many fonts.  In Emacs, such a
 1343: @c collection is called a @dfn{fontset}.  A fontset is defined by a list of
 1344: @c fonts, each assigned to handle a range of character codes. 
 1345: Xウィンドウシステムのフォントは、典型的には、
 1346: 1つのアルファベットや文字集合の形を定義しています。
 1347: したがって、Emacsが扱える文字の範囲全体を表示するには、
 1348: たくさんのフォントを集めたものが必要です。
 1349: Emacsでは、そういったフォントを集めたものを
 1350: @dfn{フォントセット}(fontset)と呼びます。
 1351: フォントセットは、ある文字コード範囲を扱うフォントのリストで定義されます。
 1352: 
 1353: @c   Each fontset has a name, like a font.  The available X fonts are
 1354: @c defined by the X server; fontsets, however, are defined within Emacs
 1355: @c itself.  Once you have defined a fontset, you can use it within Emacs by
 1356: @c specifying its name, anywhere that you could use a single font.  Of
 1357: @c course, Emacs fontsets can use only the fonts that the X server
 1358: @c supports; if certain characters appear on the screen as hollow boxes,
 1359: @c this means that the fontset in use for them has no font for those
 1360: @c characters.
 1361: 各フォントセットには、フォントと同様に名前があります。
 1362: 使用可能なXのフォントは、Xサーバーが定義します。
 1363: しかし、フォントセットはEmacsの中で定義されます。
 1364: いったんフォントセットを定義すれば、フォントを使える場面ではどこでも、
 1365: その名前を指定してEmacs内のフォントセットを使用できます。
 1366: もちろん、Emacsのフォントセットでは、Xサーバーで使えるフォントだけを使えます。
 1367: ある文字が画面で中抜きの箱で表示されたなら、
 1368: その文字に使用したフォントセットには、
 1369: その文字に対するフォントがないことを意味します。
 1370: 
 1371: @c   Emacs creates two fontsets automatically: the @dfn{standard fontset}
 1372: @c and the @dfn{startup fontset}.  The standard fontset is most likely to
 1373: @c have fonts for a wide variety of non-ASCII characters; however, this is
 1374: @c not the default for Emacs to use.  (By default, Emacs tries to find a
 1375: @c font which has bold and italic variants.)  You can specify use of the
 1376: @c standard fontset with the @samp{-fn} option, or with the @samp{Font} X
 1377: @c resource (@pxref{Font X}).  For example,
 1378: Emacsは、@dfn{標準フォントセット}と@dfn{スタートアップフォントセット}の
 1379: 2つのフォントセットを自動的に作ります。
 1380: 標準フォントセットは、非ASCII文字向けの広い範囲のフォントを
 1381: もっとも持ちそうなものです。
 1382: しかし、これは、Emacsが使うデフォルトではありません。
 1383: (デフォルトでは、
 1384: Emacsはボールドとイタリックの変種のフォントをみつけようとする。)
 1385: オプション@samp{-fn}やXのリソース@samp{Font}(@pxref{Font X})で
 1386: 使用する標準フォントセットを指定できます。
 1387: たとえば、つぎのようにします。
 1388: 
 1389: @example
 1390: emacs -fn fontset-standard
 1391: @end example
 1392: 
 1393: @c   A fontset does not necessarily specify a font for every character
 1394: @c code.  If a fontset specifies no font for a certain character, or if it
 1395: @c specifies a font that does not exist on your system, then it cannot
 1396: @c display that character properly.  It will display that character as an
 1397: @c empty box instead.
 1398: フォントセットが、すべての文字コードに対するフォントを
 1399: 指定する必要はありません。
 1400: フォントセットが、ある文字に対してフォントを指定していない、あるいは、
 1401: システムに存在しないフォントを指定している場合には、
 1402: その文字を正しく表示できません。
 1403: そのかわりに、中抜きの箱を表示します。 
 1404: 
 1405: @vindex highlight-wrong-size-font
 1406: @c   The fontset height and width are determined by the ASCII characters
 1407: @c (that is, by the font used for ASCII characters in that fontset).  If
 1408: @c another font in the fontset has a different height, or a different
 1409: @c width, then characters assigned to that font are clipped to the
 1410: @c fontset's size.  If @code{highlight-wrong-size-font} is non-@code{nil},
 1411: @c a box is displayed around these wrong-size characters as well.
 1412: フォントセットの高さと幅は、ASCII文字で決定されます
 1413: (つまり、そのフォントセット内でASCII文字用に使われるフォント)。
 1414: フォントセットのあるフォントが異なる高さや幅を持つ場合には、
 1415: そのフォントを割り当てられた文字は、
 1416: フォントセットの大きさに切り詰められます。
 1417: @code{highlight-wrong-size-font}が@code{nil}以外ならば、
 1418: これらのまちがった大きさの文字は箱で囲まれて表示されます。
 1419: 
 1420: @node Defining Fontsets, Single-Byte European Support, Fontsets, International
 1421: @c @section Defining fontsets
 1422: @section フォントセットの定義方法
 1423: 
 1424: @vindex standard-fontset-spec
 1425: @cindex 標準フォントセット
 1426: @c @cindex standard fontset
 1427: @c   Emacs creates a standard fontset automatically according to the value
 1428: @c of @code{standard-fontset-spec}.  This fontset's name is
 1429: Emacsは@code{standard-fontset-spec}の値に従って、
 1430: 自動的に標準フォントセットを作ります。
 1431: フォントセットの名前はつぎのとおりです。
 1432: 
 1433: @example
 1434: -*-fixed-medium-r-normal-*-16-*-*-*-*-*-fontset-standard
 1435: @end example
 1436: 
 1437: @noindent
 1438: @c or just @samp{fontset-standard} for short.
 1439: または、省略して@samp{fontset-standard}です。
 1440: 
 1441: @c   Bold, italic, and bold-italic variants of the standard fontset are
 1442: @c created automatically.  Their names have @samp{bold} instead of
 1443: @c @samp{medium}, or @samp{i} instead of @samp{r}, or both.
 1444: 標準フォントセットのボールド、イタリック、ボールドイタリックの変種も
 1445: 自動的に作られます。
 1446: それらの名前は、@samp{medium}のかわりに@samp{bold}、
 1447: @samp{r}のかわりに@samp{i}、あるいは、両方ともそのようになります。
 1448: 
 1449: @c @cindex startup fontset
 1450: @cindex スタートアップフォントセット
 1451: @c   If you specify a default ASCII font with the @samp{Font} resource or
 1452: @c the @samp{-fn} argument, Emacs generates a fontset from it
 1453: @c automatically.  This is the @dfn{startup fontset} and its name is
 1454: @c @code{fontset-startup}.  It does this by replacing the @var{foundry},
 1455: @c @var{family}, @var{add_style}, and @var{average_width} fields of the
 1456: @c font name with @samp{*}, replacing @var{charset_registry} field with
 1457: @c @samp{fontset}, and replacing @var{charset_encoding} field with
 1458: @c @samp{startup}, then using the resulting string to specify a fontset.
 1459: リソース@samp{Font}やオプション@samp{-fn}で、
 1460: デフォルトのASCIIフォントを指定すると、
 1461: Emacsはそれから自動的にフォントセットを生成します。
 1462: これが、@dfn{スタートアップフォントセット}で、
 1463: その名前は@code{fontset-startup}です。
 1464: これは、フォント名のフィールド、@var{foundry}、@var{family}、
 1465: @var{add_style}、@var{average_width}を@samp{*}で、
 1466: @var{charset_registry}を@samp{fontset}で、
 1467: @var{charset_encoding}を@samp{startup}で置き換えて得られた文字列を
 1468: フォントセットの指定に使用します。
 1469: 
 1470: @c   For instance, if you start Emacs this way,
 1471: たとえば、Emacsをつぎのように起動します。
 1472: 
 1473: @example
 1474: emacs -fn "*courier-medium-r-normal--14-140-*-iso8859-1"
 1475: @end example
 1476: 
 1477: @noindent
 1478: @c Emacs generates the following fontset and uses it for the initial X
 1479: @c window frame:
 1480: Emacsがつぎのフォントセットを生成して、
 1481: Xウィンドウの初期フレームに使います。
 1482: 
 1483: @example
 1484: -*-*-medium-r-normal-*-14-140-*-*-*-*-fontset-startup
 1485: @end example
 1486: 
 1487: @c   With the X resource @samp{Emacs.Font}, you can specify a fontset name
 1488: @c just like an actual font name.  But be careful not to specify a fontset
 1489: @c name in a wildcard resource like @samp{Emacs*Font}---that wildcard
 1490: @c specification applies to various other purposes, such as menus, and
 1491: @c menus cannot handle fontsets.
 1492: Xのリソース@samp{Emacs.Font}で、
 1493: フォントセット名を実際のフォント名のように指定できます。
 1494: しかし、@samp{Emacs*Font}のようなワイルドカードを使ったリソースに
 1495: フォントセット名を指定しないように注意してください。
 1496: ワイルドカードを使った指定は、フォントセットを扱えないメニューのような、
 1497: 他のさまざまな目的にも適用されます。
 1498: 
 1499: @c   You can specify additional fontsets using X resources named
 1500: @c @samp{Fontset-@var{n}}, where @var{n} is an integer starting from 0.
 1501: @c The resource value should have this form:
 1502: @samp{Fontset-@var{n}}という名前のXのリソースを
 1503: 使って追加フォントセットを指定できます。
 1504: ただし、@var{n}は0から始まる整数です。
 1505: リソースの値はつぎのような形式でなければなりません。
 1506: 
 1507: @smallexample
 1508: @var{fontpattern}, @r{[}@var{charsetname}:@var{fontname}@r{]@dots{}}
 1509: @end smallexample
 1510: 
 1511: @noindent
 1512: @c @var{fontpattern} should have the form of a standard X font name, except
 1513: @c for the last two fields.  They should have the form
 1514: @c @samp{fontset-@var{alias}}.
 1515: @var{fontpattern}は、最後の2つのフィールドを除いて、
 1516: 標準のXフォント名の形式でなければなりません。
 1517: 最後の2つのフィールドは、@samp{fontset-@var{alias}}の形式を持つべきです。
 1518: 
 1519: @c   The fontset has two names, one long and one short.  The long name is
 1520: @c @var{fontpattern}.  The short name is @samp{fontset-@var{alias}}.  You
 1521: @c can refer to the fontset by either name.
 1522: フォントセットには2つの名前、長い名前と短い名前があります。
 1523: 長い名前は@var{fontpattern}です。
 1524: 短い名前は@samp{fontset-@var{alias}}です。
 1525: どちらの名前でもフォントセットを参照できます。
 1526: 
 1527: @c   The construct @samp{@var{charset}:@var{font}} specifies which font to
 1528: @c use (in this fontset) for one particular character set.  Here,
 1529: @c @var{charset} is the name of a character set, and @var{font} is the
 1530: @c font to use for that character set.  You can use this construct any
 1531: @c number of times in defining one fontset.
 1532: @samp{@var{charset}:@var{font}}という構成は、
 1533: ある文字集合に対して(このフォントセットでは)
 1534: どのフォントを使用するかを指定します。
 1535: ここで@var{charset}は、文字集合の名前で、
 1536: @var{font}はその文字集合に使用するフォントです。
 1537: 1つのフォントセットの定義の中では、この構成を何度でも使用できます。
 1538: 
 1539: @c   For the other character sets, Emacs chooses a font based on
 1540: @c @var{fontpattern}.  It replaces @samp{fontset-@var{alias}} with values
 1541: @c that describe the character set.  For the ASCII character font,
 1542: @c @samp{fontset-@var{alias}} is replaced with @samp{ISO8859-1}.
 1543: 他の文字集合に対しては、Emacsは@var{fontpattern}に基づいて選択します。
 1544: これには、文字集合を記述する値で@samp{fontset-@var{alias}}を置き換えます。
 1545: ASCII文字フォントに対しては、@samp{fontset-@var{alias}}を
 1546: @samp{ISO8859-1}で置き換えます
 1547: 
 1548: @c   In addition, when several consecutive fields are wildcards, Emacs
 1549: @c collapses them into a single wildcard.  This is to prevent use of
 1550: @c auto-scaled fonts.  Fonts made by scaling larger fonts are not usable
 1551: @c for editing, and scaling a smaller font is not useful because it is
 1552: @c better to use the smaller font in its own size, which Emacs does.
 1553: これに加えて、いくつか連続したフィールドがワイルドカードであるなら、
 1554: Emacsはそれらを1つのワイルドカードにまとめます。
 1555: これは、自動的に拡大縮小したフォントの使用を避けるためです。
 1556: 大きめのフォントを縮小したフォントは編集には使えません。
 1557: また、小さめのフォントを拡大したフォントも便利ではありません。
 1558: というのは、Emacsがそうするように、
 1559: もともと小さなフォントを使うほうがよいからです。
 1560: 
 1561: @c   Thus if @var{fontpattern} is this,
 1562: したがって、@var{fontpattern}がつぎのようであると、
 1563: 
 1564: @example
 1565: -*-fixed-medium-r-normal-*-24-*-*-*-*-*-fontset-24
 1566: @end example
 1567: 
 1568: @noindent
 1569: @c the font specification for ASCII characters would be this:
 1570: ASCII文字に対するフォント指定はつぎのようになります。
 1571: 
 1572: @example
 1573: -*-fixed-medium-r-normal-*-24-*-ISO8859-1
 1574: @end example
 1575: 
 1576: @noindent
 1577: @c and the font specification for Chinese GB2312 characters would be this:
 1578: また、Chinese GB2312文字に対するフォント指定はつぎのようになります。
 1579: 
 1580: @example
 1581: -*-fixed-medium-r-normal-*-24-*-gb2312*-*
 1582: @end example
 1583: 
 1584: @c   You may not have any Chinese font matching the above font
 1585: @c specification.  Most X distributions include only Chinese fonts that
 1586: @c have @samp{song ti} or @samp{fangsong ti} in @var{family} field.  In
 1587: @c such a case, @samp{Fontset-@var{n}} can be specified as below:
 1588: 上のフォント指定に一致する中国語フォントがないかもしれません。
 1589: 多くのXの配布には、@var{family}フィールドが
 1590: @samp{song ti}か@samp{fangsong ti}の中国語フォントだけが含まれています。
 1591: そういった場合、@samp{Fontset-@var{n}}をつぎのように指定します。
 1592: 
 1593: @smallexample
 1594: Emacs.Fontset-0: -*-fixed-medium-r-normal-*-24-*-*-*-*-*-fontset-24,\
 1595:         chinese-gb2312:-*-*-medium-r-normal-*-24-*-gb2312*-*
 1596: @end smallexample
 1597: 
 1598: @noindent
 1599: @c Then, the font specifications for all but Chinese GB2312 characters have
 1600: @c @samp{fixed} in the @var{family} field, and the font specification for
 1601: @c Chinese GB2312 characters has a wild card @samp{*} in the @var{family}
 1602: @c field.
 1603: そうすると、Chinese GB2312の文字を除くフォント指定では
 1604: @var{family}フィールドが@samp{fixed}となり、
 1605: Chinese GB2312の文字に対するフォント指定では
 1606: @var{family}フィールドが@samp{*}となります。
 1607: 
 1608: @findex create-fontset-from-fontset-spec
 1609: @c   The function that processes the fontset resource value to create the
 1610: @c fontset is called @code{create-fontset-from-fontset-spec}.  You can also
 1611: @c call this function explicitly to create a fontset.
 1612: フォントセットのリソース値を処理してフォントセットを作る関数は、
 1613: @code{create-fontset-from-fontset-spec}です。
 1614: フォントセットを作るために、この関数を明示的に呼ぶこともできます。
 1615: 
 1616: @c   @xref{Font X}, for more information about font naming in X.
 1617: Xにおけるフォントの命名法について詳しくは、@xref{Font X}。
 1618: 
 1619: @node Single-Byte European Support,  , Defining Fontsets, International
 1620: @c @section Single-byte European Character Support
 1621: @section 1バイトヨーロッパ文字の使い方
 1622: 
 1623: @c @cindex European character sets
 1624: @c @cindex accented characters
 1625: @c @cindex ISO Latin character sets
 1626: @c @cindex Unibyte operation
 1627: @cindex ヨーロッパ文字集合
 1628: @cindex アクセント文字
 1629: @cindex ISO Latin 文字集合
 1630: @cindex ユニバイト操作
 1631: @vindex enable-multibyte-characters
 1632: @c   The ISO 8859 Latin-@var{n} character sets define character codes in
 1633: @c the range 160 to 255 to handle the accented letters and punctuation
 1634: @c needed by various European languages.  If you disable multibyte
 1635: @c characters, Emacs can still handle @emph{one} of these character codes
 1636: @c at a time.  To specify @emph{which} of these codes to use, invoke
 1637: @c @kbd{M-x set-language-environment} and specify a suitable language
 1638: @c environment such as @samp{Latin-@var{n}}.
 1639: ISO 8859 Latin-@var{n}文字集合は、
 1640: さまざまなヨーロッパの言語で必要とされるアクセント文字と句読点記号を
 1641: 扱うために、160から250の範囲の文字コードを定義しています。
 1642: マルチバイト文字を使用不可にしても、
 1643: Emacsは、一度にはこれらの文字コードの@emph{1つ}を扱えます。
 1644: これらのコードの@emph{どれ}を使うかを指定するには、
 1645: @kbd{M-x set-language-environment}を起動して、
 1646: @samp{Latin-@var{n}}のような適切な言語環境を指定します。
 1647: 
 1648: @c   For more information about unibyte operation, see @ref{Enabling
 1649: @c Multibyte}.  Note particularly that you probably want to ensure that
 1650: @c your initialization files are read as unibyte if they contain non-ASCII
 1651: @c characters.
 1652: ユニバイト操作についてより詳しくは、
 1653: @ref{Enabling Multibyte}を参照してください。
 1654: 非ASCII文字を含んだ初期化ファイルをユニバイトで読むことを保証したいときには
 1655: 特に注意してください。
 1656: 
 1657: @vindex unibyte-display-via-language-environment
 1658: @c   Emacs can also display those characters, provided the terminal or font
 1659: @c in use supports them.  This works automatically.  Alternatively, if you
 1660: @c are using a window system, Emacs can also display single-byte characters
 1661: @c through fontsets, in effect by displaying the equivalent multibyte
 1662: @c characters according to the current language environment.  To request
 1663: @c this, set the variable @code{unibyte-display-via-language-environment}
 1664: @c to a non-@code{nil} value.
 1665: 端末や使っているフォントでこれらの文字を扱えるならば、
 1666: Emacsはこれらの文字を表示できます。
 1667: これは自動的に行われます。
 1668: あるいは、ウィンドウシステムを使っている場合には、
 1669: 現在の言語環境に従ってそれらに対応するマルチバイト文字を表示することで、
 1670: Emacsはフォントセットを介して1バイト文字を表示できます。
 1671: これを行うには、
 1672: 変数@code{unibyte-display-via-language-environment}に@code{nil}以外の
 1673: 値を設定します。
 1674: 
 1675: @c @cindex @code{iso-ascii} library
 1676: @cindex @code{iso-ascii}ライブラリ
 1677: @c   If your terminal does not support display of the Latin-1 character
 1678: @c set, Emacs can display these characters as ASCII sequences which at
 1679: @c least give you a clear idea of what the characters are.  To do this,
 1680: @c load the library @code{iso-ascii}.  Similar libraries for other
 1681: @c Latin-@var{n} character sets could be implemented, but we don't have
 1682: @c them yet.
 1683: もし、端末でLatin-1文字集合を表示できなければ、
 1684: Emacsは、これらの文字をその文字が少なくとも何であるかを明確に理解できるような
 1685: ASCII列として表示できます。
 1686: これを行うには、ライブラリ@code{iso-ascii}をロードします。
 1687: 他のLatin-@var{n}文字集合に対しても似たようなライブラリを実装できますが、
 1688: まだ行っていません。
 1689: 
 1690: @findex standard-display-8bit
 1691: @c @cindex 8-bit display
 1692: @cindex 8ビット表示
 1693: @c   Normally non-ISO-8859 characters (between characters 128 and 159
 1694: @c inclusive) are displayed as octal escapes.  You can change this for
 1695: @c non-standard `extended' versions of ISO-8859 character sets by using the
 1696: @c function @code{standard-display-8bit} in the @code{disp-table} library.
 1697: (文字128から159の)非ISO 8859文字は、通常、8進表示されます。
 1698: ライブラリ@code{disp-table}の関数@code{standard-display-8bit}を使えば、
 1699: この表示を非標準の「拡張」版のISO 8859文字集合に変更できます。
 1700: 
 1701: @c   There are three different ways you can input single-byte non-ASCII
 1702: @c characters:
 1703: 1バイト非ASCII文字を入力する異なる方法が3つあります。
 1704: 
 1705: @itemize @bullet
 1706: @item
 1707: @c If your keyboard can generate character codes 128 and up, representing
 1708: @c non-ASCII characters, execute the following expression to enable Emacs to
 1709: @c understand them:
 1710: キーボードが、非ASCII文字を表現する128以上の文字コードを生成できるならば、
 1711: Emacsがそれらを理解できるようにつぎの式を実行する。
 1712: 
 1713: @example
 1714: (set-input-mode (car (current-input-mode))
 1715:                 (nth 1 (current-input-mode))
 1716:                 0)
 1717: @end example
 1718: 
 1719: @item
 1720: @c You can use an input method for the selected language environment.
 1721: @c @xref{Input Methods}.  When you use an input method in a unibyte buffer,
 1722: @c the non-ASCII character you specify with it is converted to unibyte.
 1723: 選択した言語環境の入力方式を使う。
 1724: @pxref{Input Methods}。
 1725: ユニバイトのバッファで入力方式を使うと、
 1726: 入力した非ASCII文字は、ユニバイトに変換される。
 1727: 
 1728: @kindex C-x 8
 1729: @c @cindex @code{iso-transl} library
 1730: @cindex @code{iso-transl} ライブラリ
 1731: @item
 1732: @c For Latin-1 only, you can use the
 1733: @c key @kbd{C-x 8} as a ``compose character'' prefix for entry of
 1734: @c non-ASCII Latin-1 printing characters.  @kbd{C-x 8} is good for
 1735: @c insertion (in the minibuffer as well as other buffers), for searching,
 1736: @c and in any other context where a key sequence is allowed.
 1737: Latin-1に対してだけだが、非ASCIIのLatin-1の印字文字の入力の
 1738: 『合成文字』プレフィックスとして@kbd{C-x 8}を使える。
 1739: @kbd{C-x 8}は、(ミニバッファや他のバッファでの)挿入、探索、
 1740: キー列が許される他の文脈などで使える。
 1741: 
 1742: @c @kbd{C-x 8} works by loading the @code{iso-transl} library.  Once that
 1743: @c library is loaded, the @key{ALT} modifier key, if you have one, serves
 1744: @c the same purpose as @kbd{C-x 8}; use @key{ALT} together with an accent
 1745: @c character to modify the following letter.  In addition, if you have keys
 1746: @c for the Latin-1 ``dead accent characters'', they too are defined to
 1747: @c compose with the following character, once @code{iso-transl} is loaded.
 1748: ライブラリ@code{iso-transl}をロードすることで@kbd{C-x 8}は動作する。
 1749: ライブラリをロードしておくと、
 1750: @key{ALT}修飾キーがあるならば、@kbd{C-x 8}と同じ目的で使用できる。
 1751: 後続の文字を修飾するには、アクセント文字と一緒に@key{ALT}を使う。
 1752: さらに、Latin-1の『専用アクセント文字』キーがあると、
 1753: @code{iso-transl}をロード後は、
 1754: それらのキーも後続の文字を合成するように定義される。
 1755: @end itemize

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>