File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / misc-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 久野靖@大塚.筑波大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c = 20.5改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/12/13
    6: @c =============================================================
    7: @c This is part of the Emacs manual.
    8: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    9: @c See file emacs.texi for copying conditions.
   10: @iftex
   11: @c @chapter Miscellaneous Commands
   12: @chapter その他のコマンド
   13: 
   14: @c   This chapter contains several brief topics that do not fit anywhere
   15: @c else: reading netnews, running shell commands and shell subprocesses,
   16: @c using a single shared Emacs for utilities that expect to run an editor
   17: @c as a subprocess, printing hardcopy, sorting text, narrowing display to
   18: @c part of the buffer, editing double-column files and binary files, saving
   19: @c an Emacs session for later resumption, emulating other editors, and
   20: @c various diversions and amusements.
   21: 本章では他の章に入れるのが適当でなかったいくつかの話題を取り上げます。
   22: 具体的には、ネットニュースを読む、
   23: シェルコマンドやシェルサブプロセスを動かす、
   24: エディタをサブプロセスとして起動するプログラム間で1つの
   25: Emacsプロセスを共同利用する、印刷する、テキストをソートする、
   26: バッファの一部だけを表示するように制限する、
   27: 2段組みファイルやバイナリファイルを編集する、
   28: Emacsセッションの状態を保存してあとでその状態に復帰する、
   29: 他のエディタのエミュレーション、いろいろなお遊びです。
   30: 
   31: @end iftex
   32: @node Gnus, Shell, Calendar/Diary, Top
   33: @c @section Gnus
   34: @c @cindex Gnus
   35: @c @cindex reading netnews
   36: @section gnus
   37: @cindex gnus
   38: @cindex ネットニュースを読む
   39: 
   40: @c Gnus is an Emacs package primarily designed for reading and posting
   41: @c Usenet news.  It can also be used to read and respond to messages from a
   42: @c number of other sources---mail, remote directories, digests, and so on.
   43: gnusは主にネットニュースを読んだり投稿するためのEmacsパッケージです。
   44: 電子メイル、リモートディレクトリ、ダイジェストなどの
   45: ネットニュース以外のメッセージを読んだりそれらに応答するのにも使えます。
   46: 
   47: @c Here we introduce Gnus and describe several basic features.
   48: 以下ではgnusについて紹介し、いくつかの基本的な機能について説明します。
   49: @ifinfo
   50: @c For full details, see @ref{Top, Gnus,, gnus, The Gnus Manual}.
   51: 詳しくは、@ref{Top, Gnus,, gnus, The Gnus Manual}を参照してください。
   52: @end ifinfo
   53: @iftex
   54: @c For full details on Gnus, type @kbd{M-x info} and then select the Gnus
   55: @c manual.
   56: gnusについて詳しく知るには、
   57: @kbd{M-x info}と打ってからgnusのマニュアルを選んでください。
   58: @end iftex
   59: 
   60: @findex gnus
   61: @c To start Gnus, type @kbd{M-x gnus @key{RET}}.
   62: gnusを起動するには、@kbd{M-x gnus @key{RET}}と打ちます。
   63: 
   64: @menu
   65: * Buffers of Gnus::	The group, summary, and article buffers.
   66: * Gnus Startup::	What you should know about starting Gnus.
   67: * Summary of Gnus::	A short description of the basic Gnus commands.
   68: @end menu
   69: 
   70: @node Buffers of Gnus, Gnus Startup, ,Gnus
   71: @c @subsection Gnus Buffers
   72: @subsection gnusのバッファ
   73: 
   74: @c As opposed to most normal Emacs packages, Gnus uses a number of
   75: @c different buffers to display information and to receive commands.  The
   76: @c three buffers users spend most of their time in are the @dfn{group
   77: @c buffer}, the @dfn{summary buffer} and the @dfn{article buffer}.  
   78: ふつうのEmacsのパッケージと違って、
   79: gnusは多数の異なるバッファを使って情報を提示したり
   80: ユーザーのコマンドを受け取ります。
   81: ユーザーがもっとも多くの時間を使うことになるバッファは、
   82: @dfn{グループバッファ}、@dfn{サマリバッファ}、
   83: @dfn{記事バッファ}の3つです。
   84: 
   85: @c The @dfn{group buffer} contains a list of groups.  This is the first
   86: @c buffer Gnus displays when it starts up.  It normally displays only the
   87: @c groups to which you subscribe and that contain unread articles.  Use
   88: @c this buffer to select a specific group.
   89: @dfn{グループバッファ}はニュースグループの一覧です。
   90: gnusが起動すると、まずこのバッファが表示されます。
   91: 通常はユーザーが購読していて、かつ、
   92: 未読記事が存在するグループだけが表示されます。
   93: このバッファでグループを選択します。
   94: 
   95: @c The @dfn{summary buffer} lists one line for each article in a single
   96: @c group.  By default, the author, the subject and the line number are
   97: @c displayed for each article, but this is customizable, like most aspects
   98: @c of Gnus display.  The summary buffer is created when you select a group
   99: @c in the group buffer, and is killed when you exit the group.  Use this
  100: @c buffer to select an article.
  101: @dfn{サマリバッファ}は選択したグループ内の1つの記事につき
  102: 1行の情報を表示します。
  103: デフォルトでは、各記事の投稿者、題目、行数が表示されますが、
  104: gnusのほとんどの表示内容と同様にこの表示内容はカスタマイズできます。
  105: グループバッファでグループを選択するとサマリバッファが作られ、
  106: グループから出ると削除されます。
  107: サマリバッファを使って記事を選択します。
  108: 
  109: @c The @dfn{article buffer} displays the article.  In normal Gnus usage,
  110: @c you don't select this buffer---all useful article-oriented commands work
  111: @c in the summary buffer.  But you can select the article buffer, and
  112: @c execute all Gnus commands from that buffer, if you want to.
  113: @dfn{記事バッファ}は記事を表示します。
  114: gnusの普通の使い方では、このバッファを選択することはありません。
  115: 記事を操作対象とするコマンド群はサマリバッファで動作します。
  116: しかし、望むなら、記事バッファに切り替えて、
  117: そこでgnusのコマンドを実行することも可能です。
  118: 
  119: @node Gnus Startup, Summary of Gnus, Buffers of Gnus, Gnus
  120: @c @subsection When Gnus Starts Up
  121: @subsection gnusの起動時の動作
  122: 
  123: @c At startup, Gnus reads your @file{.newsrc} news initialization file
  124: @c and attempts to communicate with the local news server, which is a
  125: @c repository of news articles.  The news server need not be the same
  126: @c computer you are logged in on.
  127: gnusが起動すると、個人のニュース初期化ファイル@file{.newsrc}を読み込み、
  128: ニュース記事を蓄えているローカルのニュースサーバーと通信しようとします。
  129: ニュースサーバーは、
  130: ユーザーがログインしているマシンと同じである必要はありません。
  131: 
  132: @c If you start Gnus and connect to the server, but do not see any
  133: @c newsgroups listed in the group buffer, type @kbd{L} or @kbd{A k} to get
  134: @c a listing of all the groups.  Then type @kbd{u} to toggle
  135: @c subscription to groups.
  136: gnusを起動してニュースサーバーと通信したあとでも
  137: グループバッファにグループが1つも表示されないときは、
  138: @kbd{L}や@kbd{A k}と打ってすべてのグループを表示させます。
  139: つぎに各グループの行で@kbd{u}と打って
  140: 個々のグループの購読/非購読を切り替えます。
  141: 
  142: @c The first time you start Gnus, Gnus subscribes you to a few selected
  143: @c groups.  All other groups start out as @dfn{killed groups} for you; you
  144: @c can list them with @kbd{A k}.  All new groups that subsequently come to
  145: @c exist at the news server become @dfn{zombie groups} for you; type @kbd{A
  146: @c z} to list them.  You can subscribe to a group shown in these lists
  147: @c using the @kbd{u} command.
  148: 初めてgnusを起動したときは、ごく少数の選ばれたグループのみが
  149: 購読状態にあります。
  150: 他のグループは@dfn{非購読グループ}(killed groups)になっていて、
  151: @kbd{A k}を使うと表示されます。
  152: 最初の起動以後にニュースサーバー上に追加されたグループはすべて、
  153: @dfn{ゾンビグループ}(zombie groups)になっていて、
  154: @kbd{A z}を使うと表示されます。
  155: @kbd{u}を使えばこれらのグループを購読状態にできます。
  156: 
  157: @c When you quit Gnus with @kbd{q}, it automatically records in your
  158: @c @file{.newsrc} and @file{.newsrc.eld} initialization files the
  159: @c subscribed or unsubscribed status of all groups.  You should normally
  160: @c not edit these files manually, but you may if you know how.
  161: @kbd{q}でgnusを終了すると、初期化ファイル@file{.newsrc}と
  162: @file{.newsrc.eld}にすべてのグループの購読/非購読を自動的に記録します。
  163: 通常はこれらのファイルを手で編集すべきではありませんが、
  164: やりかたがわかっているならかまいません。
  165: 
  166: @node Summary of Gnus, , Gnus Startup, Gnus
  167: @c @subsection Summary of Gnus Commands
  168: @subsection gnusコマンドのまとめ
  169: 
  170: @c Reading news is a two step process:
  171: ニュースを読むにはつぎの2つの段階を踏みます。
  172: 
  173: @enumerate
  174: @item
  175: @c Choose a group in the group buffer.
  176: グループバッファでグループを選択する。
  177: 
  178: @item
  179: @c Select articles from the summary buffer.  Each article selected is
  180: @c displayed in the article buffer in a large window, below the summary
  181: @c buffer in its small window.
  182: サマリバッファで記事を選択する。
  183: 記事を選択すると、サマリバッファの小さなウィンドウの下の
  184: 大きめのウィンドウの中の記事バッファに選択した記事が表示される。
  185: @end enumerate
  186: 
  187: @c   Each Gnus buffer has its own special commands; however, the meanings
  188: @c of any given key in the various Gnus buffers are usually analogous, even
  189: @c if not identical.  Here are commands for the group and summary buffers:
  190: gnusの各バッファにはそれぞれ独自のコマンドがあります。
  191: しかし、gnusのさまざまなバッファのどんなキーの意味も、
  192: 等価ではないにせよ、だいたい同じです。
  193: 以下は、グループバッファとサマリバッファのコマンドです。
  194: 
  195: @table @kbd
  196: @c @kindex q @r{(Gnus Group mode)}
  197: @kindex q @r{(gnusグループモード)}
  198: @findex gnus-group-exit
  199: @item q
  200: @c In the group buffer, update your @file{.newsrc} initialization file
  201: @c and quit Gnus.
  202: グループバッファでは、初期化ファイル@file{.newsrc}を更新してgnusを終了する。
  203: 
  204: @c In the summary buffer, exit the current group and return to the
  205: @c group buffer.  Thus, typing @kbd{q} twice quits Gnus.
  206: サマリバッファでは、
  207: カレントグループから抜け出てグループバッファに戻る。
  208: したがって、@kbd{q}を2回打つとgnusを終る。
  209: 
  210: @c @kindex L @r{(Gnus Group mode)}
  211: @kindex L @r{(gnusグループモード)}
  212: @findex gnus-group-list-all-groups
  213: @item L
  214: @c In the group buffer, list all the groups available on your news
  215: @c server (except those you have killed).  This may be a long list!
  216: グループバッファでは、
  217: ニュースサーバーにある(非購読にしたもの以外の)
  218: すべてのグループを表示する。
  219: すごく長いリストになるかもしれないので注意!
  220: 
  221: @c @kindex l @r{(Gnus Group mode)}
  222: @kindex l @r{(gnusグループモード)}
  223: @findex gnus-group-list-groups
  224: @item l
  225: @c In the group buffer, list only the groups to which you subscribe and
  226: @c which contain unread articles.
  227: グループバッファでは、購読中で未読記事があるグループのみを表示する。
  228: 
  229: @c @kindex u @r{(Gnus Group mode)}
  230: @kindex u @r{(gnusグループモード)}
  231: @findex gnus-group-unsubscribe-current-group
  232: @c @cindex subscribe groups
  233: @c @cindex unsubscribe groups
  234: @cindex グループの購読
  235: @cindex グループの非購読化
  236: @item u
  237: @c In the group buffer, unsubscribe from (or subscribe to) the group listed
  238: @c in the line that point is on.  When you quit Gnus by typing @kbd{q},
  239: @c Gnus lists in your @file{.newsrc} file which groups you have subscribed
  240: @c to.  The next time you start Gnus, you won't see this group,
  241: @c because Gnus normally displays only subscribed-to groups.
  242: グループバッファでは、ポイントのある行のグループの購読/非購読を切り替える。
  243: @kbd{q}でgnusを終ると、gnusはこの状態を@file{.newsrc}ファイルに記録する。
  244: gnusは、通常、購読グループのみを表示するため、
  245: つぎにgnusを起動したときには非購読にしたグループは表示されない。
  246: 
  247: @c @kindex C-k @r{(Gnus)}
  248: @kindex C-k @r{(gnus)}
  249: @findex gnus-group-kill-group
  250: @item C-k
  251: @c In the group buffer, ``kill'' the current line's group---don't
  252: @c even list it in @file{.newsrc} from now on.  This affects future
  253: @c Gnus sessions as well as the present session.
  254: グループバッファでは、ポイントのある行のグループを「抹消」する。
  255: すなわち、そのグループは以後@file{.newsrc}にも現れなくなる。
  256: このコマンドの効果は、現在のgnusセッションだけでなく
  257: 将来のgnusセッションにも影響する。
  258: 
  259: @c When you quit Gnus by typing @kbd{q}, Gnus writes information
  260: @c in the file @file{.newsrc} describing all newsgroups except those you
  261: @c have ``killed.''
  262: @kbd{q}でgnusを終了すると、
  263: gnusはファイル@file{.newsrc}に
  264: 抹消したグループを除くすべてのグループの情報を書き出す。
  265: 
  266: @c @kindex SPC @r{(Gnus)}
  267: @kindex SPC @r{(gnus)}
  268: @findex gnus-group-read-group
  269: @item @key{SPC}
  270: @c In the group buffer, select the group on the line under the cursor
  271: @c and display the first unread article in that group.
  272: グループバッファでは、ポイントのある行に対応するグループを選択し、
  273: そのグループの最初の未読記事を表示する。
  274: 
  275: @need 1000
  276: @c In the summary buffer, 
  277: サマリバッファでは、つぎのようになる。
  278: 
  279: @itemize @bullet
  280: @item
  281: @c Select the article on the line under the cursor if none is selected.
  282: 選択されている記事がなければ、
  283: ポイントのある行の記事を選択する。
  284: 
  285: @item
  286: @c Scroll the text of the selected article (if there is one).
  287: (選択されている記事があれば)その記事のテキストを1画面分進める。
  288: 
  289: @item
  290: @c Select the next unread article if at the end of the current article.
  291: 選択されている記事の末尾にいる場合は、つぎの未読記事を選択する。
  292: @end itemize
  293: 
  294: @c Thus, you can move through all the articles by repeatedly typing @key{SPC}.
  295: すなわち、繰り返し@key{SPC}を打と、すべての記事を順に見ていくことができる。
  296: 
  297: @c @kindex DEL @r{(Gnus)}
  298: @kindex DEL @r{(gnus)}
  299: @item @key{DEL}
  300: @c In the group buffer, move point to the previous group containing
  301: @c unread articles.
  302: グループバッファでは、ポイントを未読記事がある1つまえのグループに移動する。
  303: 
  304: @findex gnus-summary-prev-page
  305: @c In the summary buffer, scroll the text of the article backwards.
  306: サマリバッファでは、記事のテキストを1画面分戻す。
  307: 
  308: @c @kindex n @r{(Gnus)}
  309: @kindex n @r{(gnus)}
  310: @findex gnus-group-next-unread-group
  311: @findex gnus-summary-next-unread-article
  312: @item n
  313: @c Move point to the next unread group, or select the next unread article.
  314: ポイントをつぎの未読グループに進めるか、
  315: または、つぎの未読記事を選択する。
  316: 
  317: @c @kindex p @r{(Gnus)}
  318: @kindex p @r{(gnus)}
  319: @findex gnus-group-prev-unread-group
  320: @findex gnus-summary-prev-unread-article
  321: @item p
  322: @c Move point to the previous unread group, or select the previous
  323: @c unread article.
  324: ポイントをまえの未読グループへ戻すか、
  325: または、まえの未読記事を選択する。
  326: 
  327: @c @kindex C-n @r{(Gnus Group mode)}
  328: @kindex C-n @r{(gnusグループモード)}
  329: @findex gnus-group-next-group
  330: @c @kindex C-p @r{(Gnus Group mode)}
  331: @kindex C-p @r{(gnusグループモード)}
  332: @findex gnus-group-prev-group
  333: @c @kindex C-n @r{(Gnus Summary mode)}
  334: @kindex C-n @r{(gnusサマリモード)}
  335: @findex gnus-summary-next-subject
  336: @c @kindex C-p @r{(Gnus Summary mode)}
  337: @kindex C-p @r{(gnusサマリモード)}
  338: @findex gnus-summary-prev-subject
  339: @item C-n
  340: @itemx C-p
  341: @c Move point to the next or previous item, even if it is marked as read.
  342: @c This does not select the article or group on that line.
  343: 既読であってもポイントを1つあと/まえの項目に移動する。
  344: ポイントがある行の記事やグループを選択することはしない。
  345: 
  346: @c @kindex s @r{(Gnus Summary mode)}
  347: @kindex s @r{(gnusサマリモード)}
  348: @findex gnus-summary-isearch-article
  349: @item s
  350: @c In the summary buffer, do an incremental search of the current text in
  351: @c the article buffer, just as if you switched to the article buffer and
  352: @c typed @kbd{C-s}.
  353: サマリバッファでは、記事バッファに切り替えて@kbd{C-s}を打ったかのように、
  354: 記事バッファのテキストに対してインクリメンタルサーチを行う。
  355: 
  356: @c @kindex M-s @r{(Gnus Summary mode)}
  357: @kindex M-s @r{(gnusサマリモード)}
  358: @findex gnus-summary-search-article-forward
  359: @item M-s @var{regexp} @key{RET}
  360: @c In the summary buffer, search forward for articles containing a match
  361: @c for @var{regexp}.
  362: サマリバッファでは、
  363: @var{regexp}に一致する記事がみつかるまで前向きに探索する。
  364: 
  365: @end table
  366: 
  367: @ignore
  368: @node Where to Look
  369: @subsection Where to Look Further
  370: 
  371: @c Too many references to the name of the manual if done with xref in TeX!
  372: Gnus is powerful and customizable.  Here are references to a few
  373: @ifinfo
  374: additional topics:
  375: 
  376: @end ifinfo
  377: @iftex
  378: additional topics in @cite{The Gnus Manual}:
  379: 
  380: @itemize @bullet
  381: @item
  382: Follow discussions on specific topics.@*
  383: See section ``Threading.''
  384: 
  385: @item
  386: Read digests.  See section ``Document Groups.''
  387: 
  388: @item
  389: Refer to and jump to the parent of the current article.@*
  390: See section ``Finding the Parent.''
  391: 
  392: @item
  393: Refer to articles by using Message-IDs included in the messages.@*
  394: See section ``Article Keymap.''
  395: 
  396: @item
  397: Save articles.  See section ``Saving Articles.''
  398: 
  399: @item
  400: Have Gnus score articles according to various criteria, like author
  401: name, subject, or string in the body of the articles.@*
  402: See section ``Scoring.''
  403: 
  404: @item
  405: Send an article to a newsgroup.@*
  406: See section ``Composing Messages.''
  407: @end itemize
  408: @end iftex
  409: @ifinfo
  410: @itemize @bullet
  411: @item
  412: Follow discussions on specific topics.@*
  413: @xref{Threading, , Reading Based on Conversation Threads,
  414: gnus, The Gnus Manual}.
  415: 
  416: @item
  417: Read digests. @xref{Document Groups, , , gnus, The Gnus Manual}.
  418: 
  419: @item
  420: Refer to and jump to the parent of the current article.@*
  421: @xref{Finding the Parent, , , gnus, The Gnus Manual}.
  422: 
  423: @item
  424: Refer to articles by using Message-IDs included in the messages.@*
  425: @xref{Article Keymap, , , gnus, The Gnus Manual}.
  426: 
  427: @item
  428: Save articles. @xref{Saving Articles, , , gnus, The Gnus Manual}.
  429: 
  430: @item
  431: Have Gnus score articles according to various criteria, like author
  432: name, subject, or string in the body of the articles.@*
  433: @xref{Scoring, , , gnus, The Gnus Manual}. 
  434: 
  435: @item
  436: Send an article to a newsgroup.@*
  437: @xref{Composing Messages, , , gnus, The Gnus Manual}.
  438: @end itemize
  439: @end ifinfo
  440: @end ignore
  441: 
  442: @node Shell, Emacs Server, Gnus, Top
  443: @c @section Running Shell Commands from Emacs
  444: @c @cindex subshell
  445: @c @cindex shell commands
  446: @section Emacsからシェルコマンドを実行する
  447: @cindex サブシェル
  448: @cindex シェルコマンド
  449: 
  450: @c   Emacs has commands for passing single command lines to inferior shell
  451: @c processes; it can also run a shell interactively with input and output to
  452: @c an Emacs buffer named @samp{*shell*}.
  453: Emacsには、
  454: 1つのコマンド行を下位のシェルプロセスに渡して実行させる機能があります。
  455: また、入出力を@samp{*shell*}という名前のEmacsバッファに接続して
  456: 対話的にシェルを実行する機能もあります。
  457: 
  458: @table @kbd
  459: @item M-! @var{cmd} @key{RET}
  460: @c Run the shell command line @var{cmd} and display the output
  461: @c (@code{shell-command}).
  462: シェルコマンド@var{cmd}を実行し、その結果を表示する
  463: (@code{shell-command})。
  464: @item M-| @var{cmd} @key{RET}
  465: @c Run the shell command line @var{cmd} with region contents as input;
  466: @c optionally replace the region with the output
  467: @c (@code{shell-command-on-region}).
  468: リージョンの内容を入力としてシェルコマンド@var{cmd}を実行する。
  469: 場合によっては、リージョンをシェルコマンドの出力で置き換える。
  470: (@code{shell-command-on-region})。
  471: @item M-x shell
  472: @c Run a subshell with input and output through an Emacs buffer.
  473: @c You can then give commands interactively.
  474: 入出力をEmacsバッファに接続してサブシェルを実行する。
  475: すると、対話的にコマンドを入力できる。
  476: @end table
  477: 
  478: @menu
  479: * Single Shell::           How to run one shell command and return.
  480: * Interactive Shell::      Permanent shell taking input via Emacs.
  481: * Shell Mode::             Special Emacs commands used with permanent shell.
  482: * History: Shell History.  Repeating previous commands in a shell buffer.
  483: * Options: Shell Options.  Options for customizing Shell mode.
  484: * Remote Host::            Connecting to another computer.
  485: @end menu
  486: 
  487: @node Single Shell, Interactive Shell, ,Shell
  488: @c @subsection Single Shell Commands
  489: @subsection 単一のシェルコマンド
  490: 
  491: @kindex M-!
  492: @findex shell-command
  493: @c   @kbd{M-!} (@code{shell-command}) reads a line of text using the
  494: @c minibuffer and executes it as a shell command in a subshell made just
  495: @c for that command.  Standard input for the command comes from the null
  496: @c device.  If the shell command produces any output, the output goes into
  497: @c an Emacs buffer named @samp{*Shell Command Output*}, which is displayed
  498: @c in another window but not selected.  A numeric argument, as in @kbd{M-1
  499: @c M-!}, directs this command to insert any output into the current buffer.
  500: @c In that case, point is left before the output and the mark is set after
  501: @c the output.
  502: @kbd{M-!}(@code{shell-command})は、新たに作ったサブシェルにて、
  503: ミニバッファで読み取った1行のテキストをシェルコマンドとして実行します。
  504: シェルコマンドの標準入力はnull装置(つまり空)です。
  505: シェルコマンドの出力があれば、@samp{*Shell Command Output*}という名前の
  506: Emacsバッファに入れて別のウィンドウに表示しますが、
  507: (カレントバッファには)選択しません。
  508: @kbd{M-1 M-!}のように数引数を指定すると、
  509: シェルコマンドの出力をカレントバッファに挿入します。
  510: その場合、ポイントは(挿入された)出力の先頭に置かれ、
  511: マークは出力の末尾に置かれます。
  512: 
  513: @c   If the shell command line ends in @samp{&}, it runs asynchronously.
  514: @c For a synchronous shell command, @code{shell-command} returns the
  515: @c command's exit status (0 means success), when it is called from a Lisp
  516: @c program.
  517: シェルコマンドの末尾が@samp{&}になっていると、
  518: シェルコマンドは非同期に実行されます。
  519: 同期実行のシェルコマンドでは、Lispプログラムから呼ばれたときには、
  520: @code{shell-command}はコマンドの終了状態(0は成功を意味する)を返します。
  521: 
  522: @kindex M-|
  523: @findex shell-command-on-region
  524: @c   @kbd{M-|} (@code{shell-command-on-region}) is like @kbd{M-!} but
  525: @c passes the contents of the region as the standard input to the shell
  526: @c command, instead of no input.  If a numeric argument is used, meaning
  527: @c insert the output in the current buffer, then the old region is deleted
  528: @c first and the output replaces it as the contents of the region.  It
  529: @c returns the command's exit status when it is called from a Lisp program.
  530: @kbd{M-|}(@code{shell-command-on-region})は@kbd{M-!}と同様ですが、
  531: シェルコマンドの標準入力は空ではなくリージョンの内容が引き渡されます。
  532: 数引数を指定すると、それまでのリージョンは削除され
  533: シェルコマンドの出力で置き換わり新たなリージョンになります。
  534: このコマンドは、Lispプログラムから呼ばれたときには、
  535: コマンドの終了状態を返します。
  536: 
  537: @vindex shell-file-name
  538: @c @cindex environment
  539: @cindex 環境
  540: @c   Both @kbd{M-!} and @kbd{M-|} use @code{shell-file-name} to specify the
  541: @c shell to use.  This variable is initialized based on your @code{SHELL}
  542: @c environment variable when Emacs is started.  If the file name does not
  543: @c specify a directory, the directories in the list @code{exec-path} are
  544: @c searched; this list is initialized based on the environment variable
  545: @c @code{PATH} when Emacs is started.  Your @file{.emacs} file can override
  546: @c either or both of these default initializations.@refill
  547: @kbd{M-!}も@kbd{M-|}も、使用するシェルは@code{shell-file-name}で指定します。
  548: この変数は、Emacs起動時の環境変数@code{SHELL}をもとに初期設定されます。
  549: ファイル名にディレクトリが指定されていなければ、
  550: @code{exec-path}に指定されているディレクトリ群を探索します。
  551: @code{exec-path}の値は、Emacs起動時の環境変数@code{PATH}を
  552: もとに初期設定されます。
  553: 個人のファイル@file{.emacs}で
  554: これらの変数の初期値を自由に変更してかまいません。
  555: 
  556: @c   Both @kbd{M-!} and @kbd{M-|} wait for the shell command to complete.
  557: @c To stop waiting, type @kbd{C-g} to quit; that terminates the shell
  558: @c command with the signal @code{SIGINT}---the same signal that @kbd{C-c}
  559: @c normally generates in the shell.  Emacs waits until the command actually
  560: @c terminates.  If the shell command doesn't stop (because it ignores the
  561: @c @code{SIGINT} signal), type @kbd{C-g} again; this sends the command a
  562: @c @code{SIGKILL} signal which is impossible to ignore.
  563: @kbd{M-!}も@kbd{M-|}もシェルコマンドの実行完了を待ち合わせます。
  564: 待つのをやめたい場合は、@kbd{C-g}で中断できます。
  565: この場合、シェルコマンドはシグナル@code{SIGINT}で終了させられます。
  566: このシグナルは、シェルを使用中に@kbd{C-c}が普通に送るシグナルと同じです。
  567: Emacsはシェルコマンドが実際に終了するまで待ちます。
  568: シェルコマンドが(シグナル@code{SIGINT}を無視して)停止しない場合は、
  569: 再度@kbd{C-g}を打ちます。
  570: すると、無視できないシグナル@code{SIGKILL}をシェルコマンドに送ります。
  571: 
  572: @c   To specify a coding system for @kbd{M-!} or @kbd{M-|}, use the command
  573: @c @kbd{C-x @key{RET} c} immediately beforehand.  @xref{Specify Coding}.
  574: @kbd{M-!}や@kbd{M-|}で使用するコーディングシステムを指定するには、
  575: これらのコマンドの直前にコマンド@kbd{C-x @key{RET} c}を使います。
  576: @xref{Specify Coding}。
  577: 
  578: @vindex shell-command-default-error-buffer
  579: @c   Error output from the command is normally intermixed with the regular
  580: @c output.  If you set the variable
  581: @c @code{shell-command-default-error-buffer} to a string, which is a buffer
  582: @c name, error output is inserted before point in the buffer of that name.
  583: コマンドからのエラー出力は、通常、普通の出力と混ざり合ってしまいます。
  584: 変数@code{shell-command-default-error-buffer}に
  585: バッファ名の文字列を設定すると、
  586: その名前のバッファのポイント位置のまえにエラー出力が挿入されます。
  587: 
  588: @node Interactive Shell, Shell Mode, Single Shell, Shell
  589: @c @subsection Interactive Inferior Shell
  590: @subsection 対話的な下位のシェル
  591: 
  592: @findex shell
  593: @c   To run a subshell interactively, putting its typescript in an Emacs
  594: @c buffer, use @kbd{M-x shell}.  This creates (or reuses) a buffer named
  595: @c @samp{*shell*} and runs a subshell with input coming from and output going
  596: @c to that buffer.  That is to say, any ``terminal output'' from the subshell
  597: @c goes into the buffer, advancing point, and any ``terminal input'' for
  598: @c the subshell comes from text in the buffer.  To give input to the subshell,
  599: @c go to the end of the buffer and type the input, terminated by @key{RET}.
  600: サブシェルを対話的に実行し、その対話記録をEmacsバッファに残すには、
  601: @kbd{M-x shell}を使います。
  602: このコマンドは、@samp{*shell*}という名前のバッファを作成(または再使用)し、
  603: このバッファに入出力するサブシェルを実行します。
  604: つまり、サブシェルの『端末出力』はバッファに挿入されポイントを進め、
  605: サブシェルの『端末入力』はバッファから取られます。
  606: サブシェルに入力を与えるには、バッファの末尾へ移動して
  607: 入力を打ち込み最後に@key{RET}を打ちます。
  608: 
  609: @c   Emacs does not wait for the subshell to do anything.  You can switch
  610: @c windows or buffers and edit them while the shell is waiting, or while it is
  611: @c running a command.  Output from the subshell waits until Emacs has time to
  612: @c process it; this happens whenever Emacs is waiting for keyboard input or
  613: @c for time to elapse.
  614: Emacsはサブシェルが何かするのを待つことはしません。
  615: シェルが待っていようがシェルコマンドを実行していようが、
  616: ウィンドウやバッファを切り替えて編集できます。
  617: サブシェルからの出力は、
  618: Emacsがそれを取り込む処理を実行できるまで待たされます。
  619: 取り込み処理は、Emacsがキーボード入力を待ったり、
  620: 時間待ちに入ったときに行われます。
  621: 
  622: @c   To make multiple subshells, rename the buffer @samp{*shell*} to
  623: @c something different using @kbd{M-x rename-uniquely}.  Then type @kbd{M-x
  624: @c shell} again to create a new buffer @samp{*shell*} with its own
  625: @c subshell.  If you rename this buffer as well, you can create a third
  626: @c one, and so on.  All the subshells run independently and in parallel.
  627: 複数のサブシェルを使うには、バッファ@samp{*shell*}の名前をコマンド
  628: @kbd{M-x rename-uniquely}で別のものに変更します。
  629: そうしてから、再度@kbd{M-x shell}と打ち込んで、
  630: 新しいサブシェルを持つバッファ@samp{*shell*}を新たに作ります。
  631: このバッファの名前も同じように変えれば、さらに新しく作れます。
  632: すべてのサブシェルは独立かつ並行に実行されます。
  633: 
  634: @vindex explicit-shell-file-name
  635: @c @cindex @code{ESHELL} environment variable
  636: @c @cindex @code{SHELL} environment variable
  637: @cindex 環境変数@code{ESHELL}
  638: @cindex @code{ESHELL}(環境変数)
  639: @cindex 環境変数@code{SHELL}
  640: @cindex @code{SHELL}(環境変数)
  641: @c   The file name used to load the subshell is the value of the variable
  642: @c @code{explicit-shell-file-name}, if that is non-@code{nil}.  Otherwise,
  643: @c the environment variable @code{ESHELL} is used, or the environment
  644: @c variable @code{SHELL} if there is no @code{ESHELL}.  If the file name
  645: @c specified is relative, the directories in the list @code{exec-path} are
  646: @c searched; this list is initialized based on the environment variable
  647: @c @code{PATH} when Emacs is started.  Your @file{.emacs} file can override
  648: @c either or both of these default initializations.
  649: サブシェルとして実行するファイル名は、変数@code{explicit-shell-file-name}
  650: の値が@code{nil}以外ならば、この変数の値で指定します。
  651: @code{nil}のときは、環境変数@code{ESHELL}の値が使われますが、
  652: これが存在しない場合は環境変数@code{SHELL}の値が使われます。
  653: 指定されたファイル名が相対名の場合は、
  654: @code{exec-path}に指定されているディレクトリ群を探索します。
  655: 変数@code{exec-path}は、
  656: Emacs起動時の環境変数@code{PATH}をもとに初期設定されます。
  657: 個人のファイル@file{.emacs}でこれらの変数を自由に変更してかまいません。
  658: 
  659: @c   To specify a coding system for the shell, you can use the command
  660: @c @kbd{C-x @key{RET} c} immediately before @kbd{M-x shell}.  You can also
  661: @c specify a coding system after starting the shell by using @kbd{C-x
  662: @c @key{RET} p} in the shell buffer.  @xref{Specify Coding}.
  663: シェルに対するコーディングシステムを指定するには、
  664: @kbd{M-x shell}の直前にコマンド@kbd{C-x @key{RET} c}を使います。
  665: または、シェルを開始したあとにシェルバッファで@kbd{C-x @key{RET} p}を
  666: 使っても指定できます。
  667: @xref{Specify Coding}。
  668: 
  669: @c   As soon as the subshell is started, it is sent as input the contents
  670: @c of the file @file{~/.emacs_@var{shellname}}, if that file exists, where
  671: @c @var{shellname} is the name of the file that the shell was loaded from.
  672: @c For example, if you use bash, the file sent to it is
  673: @c @file{~/.emacs_bash}.
  674: @var{shellname}をシェルのファイル名として、
  675: ファイル@file{~/.emacs_@var{shellname}}が存在すると、
  676: Emacsはサブシェルを実行開始した直後に初期設定のために、
  677: このファイルの内容をシェルへの入力として送り込みます。
  678: たとえば、bashを使っているのならファイル@file{~/.emacs_bash}の内容が送られます。
  679: 
  680: @vindex shell-pushd-regexp
  681: @vindex shell-popd-regexp
  682: @vindex shell-cd-regexp
  683: @c   @code{cd}, @code{pushd} and @code{popd} commands given to the inferior
  684: @c shell are watched by Emacs so it can keep the @samp{*shell*} buffer's
  685: @c default directory the same as the shell's working directory.  These
  686: @c commands are recognized syntactically by examining lines of input that are
  687: @c sent.  If you use aliases for these commands, you can tell Emacs to
  688: @c recognize them also.  For example, if the value of the variable
  689: @c @code{shell-pushd-regexp} matches the beginning of a shell command line,
  690: @c that line is regarded as a @code{pushd} command.  Change this variable when
  691: @c you add aliases for @samp{pushd}.  Likewise, @code{shell-popd-regexp} and
  692: @c @code{shell-cd-regexp} are used to recognize commands with the meaning of
  693: @c @samp{popd} and @samp{cd}.  These commands are recognized only at the
  694: @c beginning of a shell command line.@refill
  695: Emacsは、シェルコマンド、@code{cd}、@code{pushd}、@code{popd}が
  696: シェルへの入力として送られるのを監視し、
  697: バッファ@samp{*shell*}のデフォルトディレクトリと
  698: シェルのカレントディレクトリが一致するようにします。
  699: これらのシェルコマンドは、送られる入力行の文字列を構文的に調べて識別します。
  700: これらのシェルコマンドに別名を付けるのなら、
  701: Emacsにもその別名について教えておくことができます。
  702: たとえば、変数@code{shell-pushd-regexp}の値がシェルへの入力行の先頭に
  703: 一致する場合は、その行は@code{pushd}コマンドであるとみなされます。
  704: @samp{pushd}に別名を付けたら、この変数の値を変更します。
  705: 同様に、@code{shell-popd-regexp}と@code{shell-cd-regexp}は、
  706: @samp{popd}と@samp{cd}を識別するのに使われます。
  707: これらのコマンドはシェルへの入力行の先頭部分にあるときだけ
  708: 正しく認識されます。
  709: 
  710: @vindex shell-set-directory-error-hook
  711: @c   If Emacs gets an error while trying to handle what it believes is a
  712: @c @samp{cd}, @samp{pushd} or @samp{popd} command, it runs the hook
  713: @c @code{shell-set-directory-error-hook} (@pxref{Hooks}).
  714: Emacsは、@samp{cd}、@samp{pushd}、@samp{popd}のシェルコマンドだと
  715: 思われるものを処理中にエラーに遭遇すると、
  716: フック@code{shell-set-directory-err-hook}を実行します
  717: (@pxref{Hooks})。
  718: 
  719: @findex dirs
  720: @c   If Emacs does not properly track changes in the current directory of
  721: @c the subshell, use the command @kbd{M-x dirs} to ask the shell what its
  722: @c current directory is.  This command works for shells that support the
  723: @c most common command syntax; it may not work for unusual shells.
  724: Emacsがサブシェルのカレントディレクトリを正しく追従できていない場合は、
  725: コマンド@kbd{M-x dirs}を使ってシェルにカレントディレクトリを問い合わ
  726: せてください。
  727: このコマンドは一般的なコマンドの構文を持つシェルでは動作します。
  728: ですが、とても変わったシェルでは動かないかもしれません。
  729: 
  730: @findex dirtrack-mode
  731: @c   You can also use @kbd{M-x dirtrack-mode} to enable (or disable) an
  732: @c alternative and more aggressive method of tracking changes in the
  733: @c current directory.
  734: @kbd{M-x dirtrack}を使うと、
  735: 別のもっと積極的なやり方でカレントディレクトリの変更に
  736: 追従する(しない)ようにもできます。
  737: 
  738: @c   Emacs defines the environment variable @code{EMACS} in the subshell,
  739: @c with value @code{t}.  A shell script can check this variable to
  740: @c determine whether it has been run from an Emacs subshell.
  741: Emacsは、サブシェルの環境変数@code{EMACS}に@code{t}を設定します。
  742: シェルスクリプトでこの変数を検査すれば、
  743: Emacsのサブシェルとして動いているかどうか判定できます。
  744: 
  745: @node Shell Mode, Shell History, Interactive Shell, Shell
  746: @c @subsection Shell Mode
  747: @subsection シェルモード(Shellモード)
  748: @c @cindex Shell mode
  749: @c @cindex mode, Shell
  750: @cindex シェルモード(Shell mode)
  751: @cindex モード、shell
  752: 
  753: @c   Shell buffers use Shell mode, which defines several special keys
  754: @c attached to the @kbd{C-c} prefix.  They are chosen to resemble the usual
  755: @c editing and job control characters present in shells that are not under
  756: @c Emacs, except that you must type @kbd{C-c} first.  Here is a complete list
  757: @c of the special key bindings of Shell mode:
  758: シェルバッファではシェル(shell)モードが使われ、
  759: プレフィックスキー@kbd{C-c}を持つ特別なキーをいくつか定義しています。
  760: これらは、まず@kbd{C-c}を打つことを除けば、
  761: Emacsの外でシェルを使うときの通常のコマンド行編集や
  762: ジョブ制御のキーに似せて定義してあります。
  763: 以下は、シェル(shell)モードでの特別なバインディングの一覧です。
  764: 
  765: @table @kbd
  766: @item @key{RET}
  767: @c @kindex RET @r{(Shell mode)}
  768: @kindex RET @r{(シェルモード)}
  769: @findex comint-send-input
  770: @c At end of buffer send line as input; otherwise, copy current line to end
  771: @c of buffer and send it (@code{comint-send-input}).  When a line is
  772: @c copied, any text at the beginning of the line that matches the variable
  773: @c @code{shell-prompt-pattern} is left out; this variable's value should be
  774: @c a regexp string that matches the prompts that your shell uses.
  775: バッファの末尾で打つと、1行分を入力としてシェルに送る。
  776: バッファの末尾以外では、現在行をバッファの末尾にコピーしてから、
  777: それを入力としてシェルに送る(@code{comint-send-input})。
  778: 行をコピーするとき、行の先頭部分の文字列で
  779: 変数@code{shell-prompt-pattern}に一致する部分はコピーしない。
  780: この変数の値は、ユーザーのシェルがプロンプトとして用いる
  781: 文字列に一致する正規表現であること。
  782: 
  783: @item @key{TAB}
  784: @c @kindex TAB @r{(Shell mode)}
  785: @kindex TAB @r{(シェルモード)}
  786: @findex comint-dynamic-complete
  787: @c Complete the command name or file name before point in the shell buffer
  788: @c (@code{comint-dynamic-complete}).  @key{TAB} also completes history
  789: @c references (@pxref{History References}) and environment variable names.
  790: シェルバッファでポイントの直前にあるコマンド名やファイル名を補完する
  791: (@code{comint-dynamic-complete})。
  792: @key{TAB}は、履歴参照(@pxref{History References})や
  793: 環境変数名も補完できる。
  794: 
  795: @vindex shell-completion-fignore
  796: @vindex comint-completion-fignore
  797: @c The variable @code{shell-completion-fignore} specifies a list of file
  798: @c name extensions to ignore in Shell mode completion.  The default setting
  799: @c ignores file names ending in @samp{~}, @samp{#} or @samp{%}.  Other
  800: @c related Comint modes use the variable @code{comint-completion-fignore}
  801: @c instead.
  802: 変数@code{shell-completion-fignore}には、
  803: シェル(shell)モードでの補完において
  804: 無視したいファイル名の拡張子のリストを指定する。
  805: デフォルトの設定では、名前が、@samp{~}、@samp{#}、@samp{%}で
  806: 終るファイルを無視する。
  807: 関連する他のcomintモードではかわりに
  808: 変数@code{comint-completion-fignore}を使う。
  809: 
  810: @item M-?
  811: @c @kindex M-? @r{(Shell mode)}
  812: @kindex M-? @r{(シェルモード)}
  813: @findex comint-dynamic-list-filename@dots{}
  814: @c Display temporarily a list of the possible completions of the file name
  815: @c before point in the shell buffer
  816: @c (@code{comint-dynamic-list-filename-completions}).
  817: シェルバッファのポイントの直前にあるファイル名の可能な補完内容を
  818: 一時的に表示する(@code{comint-dynamic-list-filename-completions})。
  819: 
  820: @item C-d
  821: @c @kindex C-d @r{(Shell mode)}
  822: @kindex C-d @r{(シェルモード)}
  823: @findex comint-delchar-or-maybe-eof
  824: @c Either delete a character or send @sc{eof}
  825: @c (@code{comint-delchar-or-maybe-eof}).  Typed at the end of the shell
  826: @c buffer, @kbd{C-d} sends @sc{eof} to the subshell.  Typed at any other
  827: @c position in the buffer, @kbd{C-d} deletes a character as usual.
  828: 文字を削除するか、または、
  829: @sc{eof}を送る(@code{comint-delchar-or-maybe-eof})。
  830: シェルバッファの末尾で@kbd{C-d}を打つとサブシェルに@sc{eof}を送る。
  831: バッファのそれ以外の位置では、@kbd{C-d}を打つと通常どおり1文字削除する。
  832: 
  833: @item C-c C-a
  834: @c @kindex C-c C-a @r{(Shell mode)}
  835: @kindex C-c C-a @r{(シェルモード)}
  836: @findex comint-bol
  837: @c Move to the beginning of the line, but after the prompt if any
  838: @c (@code{comint-bol}).  If you repeat this command twice in a row, the
  839: @c second time it moves back to the process mark, which is the beginning of
  840: @c the input that you have not yet sent to the subshell.  (Normally that is
  841: @c the same place---the end of the prompt on this line---but after @kbd{C-c
  842: @c @key{SPC}} the process mark may be in a previous line.)
  843: 行の先頭に行く。
  844: ただし、プロンプトがある場合にはプロンプトの直後に行く
  845: (@code{comint-bol})。
  846: 同じ行でこのコマンドを2回繰り返すと、2回目ではプロセスマークへ戻る。
  847: プロセスマークとは、サブシェルへまだ送っていない入力の開始位置のこと。
  848: (通常、これは同じ場所であり、
  849: プロセスマークはその行のプロンプトの終りにある。
  850: ただし、@kbd{C-c @key{SPC}}のあとでは、
  851: プロセスマークはまえの行にあるかもしれない。)
  852: 
  853: @item C-c @key{SPC}
  854: @c Accumulate multiple lines of input, then send them together.  This
  855: @c command inserts a newline before point, but does not send the preceding
  856: @c text as input to the subshell---at least, not yet.  Both lines, the one
  857: @c before this newline and the one after, will be sent together (along with
  858: @c the newline that separates them), when you type @key{RET}.
  859: 複数の入力行を溜めておき、まとめて送る。
  860: このコマンドは、ポイントのまえに改行を挿入するが、
  861: 少なくともまだ、その行を入力としてサブシェルへ送らない。
  862: @key{RET}を打つと、
  863: 改行のまえの1行とあとの1行を(区切りの改行を含めて)まとめて送る。
  864: 
  865: @item C-c C-u
  866: @c @kindex C-c C-u @r{(Shell mode)}
  867: @kindex C-c C-u @r{(シェルモード)}
  868: @findex comint-kill-input
  869: @c Kill all text pending at end of buffer to be sent as input
  870: @c (@code{comint-kill-input}).
  871: バッファの末尾にある、まだシェルに送っていないテキストをすべてキルする
  872: (@code{comint-kill-input})。
  873: 
  874: @item C-c C-w
  875: @c @kindex C-c C-w @r{(Shell mode)}
  876: @kindex C-c C-w @r{(シェルモード)}
  877: @c Kill a word before point (@code{backward-kill-word}).
  878: ポイントの直前の1語をキルする(@code{backward-kill-word})。
  879: 
  880: @item C-c C-c
  881: @c @kindex C-c C-c @r{(Shell mode)}
  882: @kindex C-c C-c @r{(シェルモード)}
  883: @findex comint-interrupt-subjob
  884: @c Interrupt the shell or its current subjob if any
  885: @c (@code{comint-interrupt-subjob}).  This command also kills
  886: @c any shell input pending in the shell buffer and not yet sent.
  887: シェル、または、あればサブジョブに割り込む
  888: (@code{comint-interrupt-subjob})。
  889: また、このコマンドは
  890: シェルバッファ内のまだシェルに送っていないテキストもキルする。
  891: 
  892: @item C-c C-z
  893: @c @kindex C-c C-z @r{(Shell mode)}
  894: @kindex C-c C-z @r{(シェルモード)}
  895: @findex comint-stop-subjob
  896: @c Stop the shell or its current subjob if any (@code{comint-stop-subjob}).
  897: @c This command also kills any shell input pending in the shell buffer and
  898: @c not yet sent.
  899: シェル、または、あればサブジョブを中断する
  900: (@code{comint-stop-subjob})。
  901: また、このコマンドは
  902: シェルバッファ内のまだシェルに送っていないテキストもキルする。
  903: 
  904: @item C-c C-\
  905: @findex comint-quit-subjob
  906: @c @kindex C-c C-\ @r{(Shell mode)}
  907: @kindex C-c C-\ @r{(シェルモード)}
  908: @c Send quit signal to the shell or its current subjob if any
  909: @c (@code{comint-quit-subjob}).  This command also kills any shell input
  910: @c pending in the shell buffer and not yet sent.
  911: シェル、または、あればサブジョブにシグナルQUITを送る
  912: (@code{comint-quit-subjob})。
  913: また、このコマンドは
  914: シェルバッファ内のまだシェルに送っていないテキストもキルする。
  915: 
  916: @item C-c C-o
  917: @c @kindex C-c C-o @r{(Shell mode)}
  918: @kindex C-c C-o @r{(シェルモード)}
  919: @findex comint-kill-output
  920: @c Kill the last batch of output from a shell command
  921: @c (@code{comint-kill-output}).  This is useful if a shell command spews
  922: @c out lots of output that just gets in the way.
  923: 直前のシェルコマンドからのひとまとまりの出力をキルする
  924: (@code{comint-kill-output})。
  925: シェルコマンドが大量の出力を出してしまったときなどに有効。
  926: 
  927: @item C-c C-r
  928: @itemx C-M-l
  929: @c @kindex C-c C-r @r{(Shell mode)}
  930: @kindex C-c C-r @r{(シェルモード)}
  931: @c @kindex C-M-l @r{(Shell mode)}
  932: @kindex C-M-l @r{(シェルモード)}
  933: @findex comint-show-output
  934: @c Scroll to display the beginning of the last batch of output at the top
  935: @c of the window; also move the cursor there (@code{comint-show-output}).
  936: 直前のひとまとまりの出力がウィンドウの先頭にくるようにスクロールする。
  937: また、ポイントもそこへ動かす(@code{comint-show-output})。
  938: 
  939: @item C-c C-e
  940: @c @kindex C-c C-e @r{(Shell mode)}
  941: @kindex C-c C-e @r{(シェルモード)}
  942: @findex comint-show-maximum-output
  943: @c Scroll to put the end of the buffer at the bottom of the window
  944: @c (@code{comint-show-maximum-output}).
  945: バッファの末尾がウィンドウの下端にくるようにスクロールする
  946: (@code{comint-show-maximum-output})。
  947: 
  948: @item C-c C-f
  949: @c @kindex C-c C-f @r{(Shell mode)}
  950: @kindex C-c C-f @r{(シェルモード)}
  951: @findex shell-forward-command
  952: @vindex shell-command-regexp
  953: @c Move forward across one shell command, but not beyond the current line
  954: @c (@code{shell-forward-command}).  The variable @code{shell-command-regexp}
  955: @c specifies how to recognize the end of a command.
  956: シェルコマンド1つ分だけ先へ進めるが、現在行の末尾より先へはいかない
  957: (@code{shell-forward-command})。
  958: 変数@code{shell-command-regexp}には、
  959: シェルコマンドの終りの探し方(正規表現)を指定する。
  960: 
  961: @item C-c C-b
  962: @c @kindex C-c C-b @r{(Shell mode)}
  963: @kindex C-c C-b @r{(シェルモード)}
  964: @findex shell-backward-command
  965: @c Move backward across one shell command, but not beyond the current line
  966: @c (@code{shell-backward-command}).
  967: シェルコマンド1つ分だけ手前へ戻るが、現在行の先頭よりまえへはいかない
  968: (@code{shell-backward-command})。
  969: 
  970: @item C-c C-l
  971: @c @kindex C-c C-l @r{(Shell mode)}
  972: @kindex C-c C-l @r{(シェルモード)}
  973: @findex comint-dynamic-list-input-ring
  974: @c Display the buffer's history of shell commands in another window
  975: @c (@code{comint-dynamic-list-input-ring}).
  976: バッファのシェルコマンド履歴を別のウィンドウに表示する
  977: (@code{comint-dynamic-list-input-ring})。
  978: 
  979: @item M-x dirs
  980: @c Ask the shell what its current directory is, so that Emacs can agree
  981: @c with the shell.
  982: シェルにカレントディレクトリを問い合わせ、
  983: Emacs側のものをシェルに合わせる。
  984: 
  985: @item M-x send-invisible @key{RET} @var{text} @key{RET}
  986: @findex send-invisible
  987: @c Send @var{text} as input to the shell, after reading it without
  988: @c echoing.  This is useful when a shell command runs a program that asks
  989: @c for a password.
  990: @var{text}をエコーバックせずに読み取り、
  991: 入力としてシェルへ送る。
  992: パスワードを問い合わせるようなプログラムを起動する
  993: シェルコマンドで役立つ。
  994: 
  995: @c Alternatively, you can arrange for Emacs to notice password prompts
  996: @c and turn off echoing for them, as follows:
  997: かわりに、つぎのようにして、
  998: Emacsにパスワードプロンプトを認識させてエコーバックを抑制する方法もある。
  999: 
 1000: @example
 1001: (add-hook 'comint-output-filter-functions
 1002:           'comint-watch-for-password-prompt)
 1003: @end example
 1004: 
 1005: @item M-x comint-continue-subjob
 1006: @findex comint-continue-subjob
 1007: @c Continue the shell process.  This is useful if you accidentally suspend
 1008: @c the shell process.@footnote{You should not suspend the shell process.
 1009: @c Suspending a subjob of the shell is a completely different matter---that
 1010: @c is normal practice, but you must use the shell to continue the subjob;
 1011: @c this command won't do it.}
 1012: シェルプロセスを継続させる。
 1013: これはまちがってシェルプロセスを休止させてしまった場合に役立つ。
 1014: @footnote{シェルプロセスを休止すべきではない。
 1015: シェルのサブジョブを休止するのとはまったく別のことであり、
 1016: こちらは普通に行ってよい。
 1017: ただし、休止したサブジョブはシェルで再開させる必要がある。
 1018: このコマンドでは再開できない。}
 1019: 
 1020: @item M-x comint-strip-ctrl-m
 1021: @findex comint-strip-ctrl-m
 1022: @c Discard all control-M characters from the current group of shell output.
 1023: @c The most convenient way to use this command is to make it run
 1024: @c automatically when you get output from the subshell.  To do that,
 1025: @c evaluate this Lisp expression:
 1026: 現在の一群のシェルの出力から復帰(コントロールM)文字を削除する。
 1027: このコマンドのもっとも便利な使い方の1つは、
 1028: サブシェルの出力を受け取ると自動的にこのコマンドが実行されるように
 1029: 設定しておくことである。
 1030: そのためには、つぎのLisp式を評価すればよい。
 1031: 
 1032: @example
 1033: (add-hook 'comint-output-filter-functions
 1034:           'comint-strip-ctrl-m)
 1035: @end example
 1036: 
 1037: @item M-x comint-truncate-buffer
 1038: @findex comint-truncate-buffer
 1039: @c This command truncates the shell buffer to a certain maximum number of
 1040: @c lines, specified by the variable @code{comint-buffer-maximum-size}.
 1041: @c Here's how to do this automatically each time you get output from the
 1042: @c subshell:
 1043: このコマンドは、変数@code{comint-buffer-maximum-size}で指定した大きさに
 1044: シェルバッファの行数を切り詰める。
 1045: サブシェルから出力を受け取るたびに
 1046: これを自動的に行うにはつぎのようにする。
 1047: 
 1048: @example
 1049: (add-hook 'comint-output-filter-functions
 1050:           'comint-truncate-buffer)
 1051: @end example
 1052: @end table
 1053: 
 1054: @c   Shell mode also customizes the paragraph commands so that only shell
 1055: @c prompts start new paragraphs.  Thus, a paragraph consists of an input
 1056: @c command plus the output that follows it in the buffer.
 1057: シェル(shell)モードでは段落コマンドにも修正を加えてあり、
 1058: シェルプロンプトでのみ新しい段落が始まるようになっています。
 1059: つまり、シェルバッファでは、
 1060: 1つの段落はシェルコマンドとその出力から成るのです。
 1061: 
 1062: @c @cindex Comint mode
 1063: @c @cindex mode, Comint
 1064: @cindex Comintモード(Comint mode)
 1065: @cindex モード、comint
 1066: @c   Shell mode is a derivative of Comint mode, a general-purpose mode for
 1067: @c communicating with interactive subprocesses.  Most of the features of
 1068: @c Shell mode actually come from Comint mode, as you can see from the
 1069: @c command names listed above.  The special features of Shell mode in
 1070: @c particular include the choice of regular expression for detecting
 1071: @c prompts, the directory tracking feature, and a few user commands.
 1072: シェル(shell)モードは、対話的なサブプロセスと通信するための汎用モードである
 1073: comintモードからの派生です。
 1074: ここまでにあげてきたコマンドの名前からもわかるように、
 1075: シェル(shell)モードの数多くの機能は、実は、comintモードからきています。
 1076: シェル(shell)モードに固有な特別な機能は、正規表現に基づくプロンプトの認識、
 1077: カレントディレクトリの追跡、および、少数のユーザーコマンドに限られます。
 1078: 
 1079: @c   Other Emacs features that use variants of Comint mode include GUD
 1080: @c (@pxref{Debuggers}) and @kbd{M-x run-lisp} (@pxref{External Lisp}).
 1081: comintモードから派生したEmacsのほかの機能としては、
 1082: GUD(@pxref{Debuggers})と
 1083: @kbd{M-x run-lisp}(@pxref{External Lisp})があります。
 1084: 
 1085: @findex comint-run
 1086: @c   You can use @kbd{M-x comint-run} to execute any program of your choice
 1087: @c in a subprocess using unmodified Comint mode---without the
 1088: @c specializations of Shell mode.
 1089: @kbd{M-x comint-run}を使うと、
 1090: シェル(shell)モード固有の機能を持たないcomintモードで、
 1091: 任意のプログラムをサブプロセスとして実行できます。
 1092: 
 1093: @node Shell History, Shell Options, Shell Mode, Shell
 1094: @c @subsection Shell Command History
 1095: @subsection シェルコマンド履歴
 1096: 
 1097: @c   Shell buffers support three ways of repeating earlier commands.  You
 1098: @c can use the same keys used in the minibuffer; these work much as they do
 1099: @c in the minibuffer, inserting text from prior commands while point
 1100: @c remains always at the end of the buffer.  You can move through the
 1101: @c buffer to previous inputs in their original place, then resubmit them or
 1102: @c copy them to the end.  Or you can use a @samp{!}-style history
 1103: @c reference.
 1104: シェルバッファでは、以前に使ったシェルコマンドを再実行する方法が3つあります。
 1105: 1つめは、ミニバッファと同じキーを使う方法です。
 1106: すなわち、ミニバッファの場合と同様に、
 1107: ポイントはつねにバッファの末尾にある状態で、
 1108: 以前に使ったシェルコマンドをバッファに挿入できます。
 1109: 2つめは、バッファ内で以前のシェルコマンドの箇所に移動して、
 1110: それをそのまま再実行するかバッファの末尾にコピーします。
 1111: 3つめは、@samp{!}形式の履歴参照を使うことです。
 1112: 
 1113: @menu
 1114: * Ring: Shell Ring.             Fetching commands from the history list.
 1115: * Copy: Shell History Copying.  Moving to a command and then copying it.
 1116: * History References::          Expanding @samp{!}-style history references.
 1117: @end menu
 1118: 
 1119: @node Shell Ring, Shell History Copying, , Shell History
 1120: @c @subsubsection Shell History Ring
 1121: @subsubsection シェル履歴リング
 1122: 
 1123: @table @kbd
 1124: @findex comint-previous-input
 1125: @c @kindex M-p @r{(Shell mode)}
 1126: @kindex M-p @r{(シェルモード)}
 1127: @item M-p
 1128: @c Fetch the next earlier old shell command.
 1129: 今のものより1つまえの古いシェルコマンドを持ってくる。
 1130: 
 1131: @c @kindex M-n @r{(Shell mode)}
 1132: @kindex M-n @r{(シェルモード)}
 1133: @findex comint-next-input
 1134: @item M-n
 1135: @c Fetch the next later old shell command.
 1136: 今のものより1つあとの古いシェルコマンドを持ってくる。
 1137: 
 1138: @c @kindex M-r @r{(Shell mode)}
 1139: @kindex M-r @r{(シェルモード)}
 1140: @c @kindex M-s @r{(Shell mode)}
 1141: @kindex M-s @r{(シェルモード)}
 1142: @findex comint-previous-matching-input
 1143: @findex comint-next-matching-input
 1144: @item M-r @var{regexp} @key{RET}
 1145: @itemx M-s @var{regexp} @key{RET}
 1146: @c Search backwards or forwards for old shell commands that match @var{regexp}.
 1147: @var{regexp}に一致する古いシェルコマンドを後向きまたは前向きに探索する。
 1148: 
 1149: @item C-c C-x @r{(Shell mode)}
 1150: @findex comint-get-next-from-history
 1151: @c Fetch the next subsequent command from the history.
 1152: 履歴からつぎのコマンドを持ってくる。
 1153: @end table
 1154: 
 1155: @c   Shell buffers provide a history of previously entered shell commands.  To
 1156: @c reuse shell commands from the history, use the editing commands @kbd{M-p},
 1157: @c @kbd{M-n}, @kbd{M-r} and @kbd{M-s}.  These work just like the minibuffer
 1158: @c history commands except that they operate on the text at the end of the
 1159: @c shell buffer, where you would normally insert text to send to the shell.
 1160: シェルバッファには、それまでに入力したシェルコマンドの履歴があります。
 1161: この履歴からシェルコマンドを再利用するには、編集コマンド、
 1162: @kbd{M-p}、@kbd{M-n}、@kbd{M-r}、@kbd{M-s}を使います。
 1163: これらはミニバッファの履歴コマンドと同様に働きますが、
 1164: (普通はシェルに送るテキストを挿入する)
 1165: シェルバッファの末尾にあるテキストに作用する点が異なります。
 1166: 
 1167: @c   @kbd{M-p} fetches an earlier shell command to the end of the shell buffer.
 1168: @c Successive use of @kbd{M-p} fetches successively earlier shell commands,
 1169: @c each replacing any text that was already present as potential shell input.
 1170: @c @kbd{M-n} does likewise except that it finds successively more recent shell
 1171: @c commands from the buffer.
 1172: @kbd{M-p}は、1つまえのシェルコマンドをシェルバッファの末尾に持ってきます。
 1173: @kbd{M-p}を連続して使うと、次々にそれよりまえに実行したシェルコマンドを
 1174: 持ってきて、それまでのシェルへの入力用テキストを置き換えます。
 1175: @kbd{M-n}も同様ですが、
 1176: 次々にそれよりあとのシェルコマンドを持ってくる点が異なります。 
 1177: 
 1178: @c   The history search commands @kbd{M-r} and @kbd{M-s} read a regular
 1179: @c expression and search through the history for a matching command.  Aside
 1180: @c from the choice of which command to fetch, they work just like @kbd{M-p}
 1181: @c and @kbd{M-r}.  If you enter an empty regexp, these commands reuse the
 1182: @c =   @kbd{M-n}のタイポ?
 1183: @c same regexp used last time.
 1184: 履歴探索コマンド@kbd{M-r}と@kbd{M-s}は、
 1185: 正規表現を読み取り、それに一致するシェルコマンドを履歴の中から探します。
 1186: どのシェルコマンドを持ってくるかという点を除けば、
 1187: それらの働きは@kbd{M-p}や@kbd{M-n}と同じです。
 1188: 正規表現として空文字列を入力すると、直前に使用した正規表現を再使用します。
 1189: 
 1190: @c   When you find the previous input you want, you can resubmit it by
 1191: @c typing @key{RET}, or you can edit it first and then resubmit it if you
 1192: @c wish.
 1193: 再使用したいシェルコマンドを探したならば、
 1194: @key{RET}を打ってそのシェルコマンドを再実行するか、
 1195: 必要なら編集してから実行します。
 1196: 
 1197: @c   Often it is useful to reexecute several successive shell commands that
 1198: @c were previously executed in sequence.  To do this, first find and
 1199: @c reexecute the first command of the sequence.  Then type @kbd{C-c C-x};
 1200: @c that will fetch the following command---the one that follows the command
 1201: @c you just repeated.  Then type @key{RET} to reexecute this command.  You
 1202: @c can reexecute several successive commands by typing @kbd{C-c C-x
 1203: @c @key{RET}} over and over.
 1204: 以前に連続して実行した一連のシェルコマンドをまとめて再実行できると便利な
 1205: ことがあります。
 1206: それには、まず、一連のシェルコマンドの最初のものを探して再実行します。
 1207: そうしてから@kbd{C-c C-x}と打ちます。
 1208: これは、直前に再実行したシェルコマンドの(履歴内で)
 1209: つぎにあるシェルコマンドを持ってきます。
 1210: @key{RET}と打って再実行します。
 1211: このように、@kbd{C-c C-x @key{RET}}を繰り返し打てば一連のシェルコマンドを
 1212: 再実行できます。
 1213: 
 1214: @c   These commands get the text of previous shell commands from a special
 1215: @c history list, not from the shell buffer itself.  Thus, editing the shell
 1216: @c buffer, or even killing large parts of it, does not affect the history
 1217: @c that these commands access.
 1218: これらのコマンドは過去に実行したシェルコマンドを専用の履歴リストから
 1219: 持ってくるのであって、シェルバッファからとってくるのではありません。
 1220: したがって、シェルバッファを編集したり、その大部分をキルしたとしても、
 1221: これらのコマンドが参照する履歴には影響しません。
 1222: 
 1223: @vindex shell-input-ring-file-name
 1224: @c   Some shells store their command histories in files so that you can
 1225: @c refer to previous commands from previous shell sessions.  Emacs reads
 1226: @c the command history file for your chosen shell, to initialize its own
 1227: @c command history.  The file name is @file{~/.bash_history} for bash,
 1228: @c @file{~/.sh_history} for ksh, and @file{~/.history} for other shells.
 1229: いくつかのシェルは、コマンド履歴をファイルに保管して
 1230: 以前のセッションの履歴を引き継げるようになっています。
 1231: Emacsは、自分の履歴リストを初期設定するために、
 1232: ユーザーが使うシェルの履歴ファイルを読み込みます。
 1233: ファイル名は、bashであれば@file{~/.bash_history}、
 1234: kshであれば@file{~/.sh_history}、
 1235: その他のシェルであれば@file{~/.history}です。
 1236: 
 1237: @node Shell History Copying, History References, Shell Ring, Shell History
 1238: @c @subsubsection Shell History Copying
 1239: @subsubsection シェル履歴のコピー
 1240: 
 1241: @table @kbd
 1242: @c @kindex C-c C-p @r{(Shell mode)}
 1243: @kindex C-c C-p @r{(シェルモード)}
 1244: @findex comint-previous-prompt
 1245: @item C-c C-p
 1246: @c Move point to the previous prompt (@code{comint-previous-prompt}).
 1247: ポイントを1つまえのプロンプトへ移動する(@code{comint-previous-prompt})。
 1248: 
 1249: @c @kindex C-c C-n @r{(Shell mode)}
 1250: @kindex C-c C-n @r{(シェルモード)}
 1251: @findex comint-next-prompt
 1252: @item C-c C-n
 1253: @c Move point to the following prompt (@code{comint-next-prompt}).
 1254: ポイントを1つあとのプロンプトへ移動する(@code{comint-next-prompt})。
 1255: 
 1256: @c @kindex C-c RET @r{(Shell mode)}
 1257: @kindex C-c RET @r{(シェルモード)}
 1258: @findex comint-copy-old-input
 1259: @item C-c @key{RET}
 1260: @c Copy the input command which point is in, inserting the copy at the end
 1261: @c of the buffer (@code{comint-copy-old-input}).  This is useful if you
 1262: @c move point back to a previous command.  After you copy the command, you
 1263: @c can submit the copy as input with @key{RET}.  If you wish, you can
 1264: @c edit the copy before resubmitting it.
 1265: ポイントがあるところの入力コマンドをバッファの末尾にコピーする
 1266: (@code{comint-copy-old-input})。
 1267: このコマンドはポイントを古いシェルコマンドへ移動したときに役立つ。
 1268: シェルコマンドをコピーしたら、@key{RET}でそれを(シェルへ)送る。
 1269: 必要ならシェルコマンドを修正してから送ってもよい。
 1270: @end table
 1271: 
 1272: @c   Moving to a previous input and then copying it with @kbd{C-c
 1273: @c @key{RET}} produces the same results---the same buffer contents---that
 1274: @c you would get by using @kbd{M-p} enough times to fetch that previous
 1275: @c input from the history list.  However, @kbd{C-c @key{RET}} copies the
 1276: @c text from the buffer, which can be different from what is in the history
 1277: @c list if you edit the input text in the buffer after it has been sent.
 1278: ポイントをまえの入力箇所に移動してから@kbd{C-c @key{RET}}でコピーしても、
 1279: @kbd{M-p}を必要な回数使って履歴リストからまえのコマンドを持ってきたのと
 1280: (バッファの内容が同じという意味で)同じ結果になります。
 1281: ただし、@kbd{C-c @key{RET}}はバッファからテキストをコピーするので、
 1282: シェルへ送ったあとでそれをバッファ上で編集した場合には、
 1283: 履歴リストにあるものとは異なることもあります。
 1284: 
 1285: @node History References,  , Shell History Copying, Shell History
 1286: @c @subsubsection Shell History References
 1287: @subsubsection シェル履歴の参照
 1288: @c @cindex history reference
 1289: @cindex 履歴参照
 1290: 
 1291: @c   Various shells including csh and bash support @dfn{history references}
 1292: @c that begin with @samp{!} and @samp{^}.  Shell mode can understand these
 1293: @c constructs and perform the history substitution for you.  If you insert
 1294: @c a history reference and type @key{TAB}, this searches the input history
 1295: @c for a matching command, performs substitution if necessary, and places
 1296: @c the result in the buffer in place of the history reference.  For
 1297: @c example, you can fetch the most recent command beginning with @samp{mv}
 1298: @c with @kbd{! m v @key{TAB}}.  You can edit the command if you wish, and
 1299: @c then resubmit the command to the shell by typing @key{RET}.
 1300: cshやbashをはじめ多くのシェルは、
 1301: @samp{!}や@samp{^}で始まる@dfn{履歴参照}の機能を提供しています。
 1302: シェル(shell)モードでもこれらの指定を理解し、履歴置換を行えます。
 1303: 履歴参照を入力して@key{TAB}を打つと、
 1304: 履歴リストから一致するシェルコマンドを探し、
 1305: 必要なら置換を行い、履歴参照をその結果で置き換えます。
 1306: たとえば、@samp{mv}で始まるいちばん最近のシェルコマンドを持ってくるには
 1307: @kbd{! m v @key{TAB}}と打ちます。
 1308: 必要ならシェルコマンドを編集し、@key{RET}と打ってシェルへ送ります。
 1309: 
 1310: @vindex shell-prompt-pattern
 1311: @vindex comint-prompt-regexp
 1312: @c   History references take effect only following a shell prompt.  The
 1313: @c variable @code{shell-prompt-pattern} specifies how to recognize a shell
 1314: @c prompt.  Comint modes in general use the variable
 1315: @c @code{comint-prompt-regexp} to specify how to find a prompt; Shell mode
 1316: @c uses @code{shell-prompt-pattern} to set up the local value of
 1317: @c @code{comint-prompt-regexp}.
 1318: 履歴参照は、シェルプロンプトのあとでのみ効果を持ちます。
 1319: 変数@code{shell-prompt-pattern}でシェルプロンプトと認識するものを指定します。
 1320: comintモード一般には、変数@code{comint-promt-regexp}で
 1321: プロンプトの探し方を指定します。
 1322: シェル(shell)モードでは、@code{shell-prompt-pattern}を使って
 1323: @code{comint-prompt-regexp}のローカルな値を設定します。
 1324: 
 1325: @vindex comint-input-autoexpand
 1326: @c   Shell mode can optionally expand history references in the buffer when
 1327: @c you send them to the shell.  To request this, set the variable
 1328: @c @code{comint-input-autoexpand} to @code{input}.
 1329: シェル(shell)モードでは、シェルに送る際にバッファ内で履歴参照を
 1330: 展開するようにも指定できます。
 1331: それには、変数@code{compint-input-autoexpand}に@code{input}を設定します。
 1332: 
 1333: @findex comint-magic-space
 1334: @c   You can make @key{SPC} perform history expansion by binding @key{SPC} to
 1335: @c the command @code{comint-magic-space}.
 1336: @key{SPC}をコマンド@code{comint-magic-space}にバインドすれば、
 1337: @key{SPC}で履歴展開が行えるようになります。
 1338: 
 1339: @node Shell Options, Remote Host, Shell History, Shell
 1340: @c @subsection Shell Mode Options
 1341: @subsection シェルモードのオプション
 1342: 
 1343: @vindex comint-scroll-to-bottom-on-input
 1344: @c   If the variable @code{comint-scroll-to-bottom-on-input} is
 1345: @c non-@code{nil}, insertion and yank commands scroll the selected window
 1346: @c to the bottom before inserting.
 1347: 変数@code{comint-scroll-to-bottom-on-input}が@code{nil}以外の場合には、
 1348: 挿入およびヤンクコマンドは、
 1349: 選択されているウィンドウを末尾までスクロールしてから挿入します。
 1350: 
 1351: @vindex comint-scroll-show-maximum-output
 1352: @c   If @code{comint-scroll-show-maximum-output} is non-@code{nil}, then
 1353: @c scrolling due to arrival of output tries to place the last line of text
 1354: @c at the bottom line of the window, so as to show as much useful text as
 1355: @c possible.  (This mimics the scrolling behavior of many terminals.)
 1356: @c The default is @code{nil}.
 1357: @code{comint-scroll-show-maximum-output}が@code{nil}以外の場合、
 1358: 出力に伴うスクロールでは、
 1359: 最後の行ができるだけウィンドウのいちばん下にくるようにし、
 1360: なるべく多くの有用なテキストが見えるようにします
 1361: (これは多くの端末のスクロール動作の真似)。
 1362: デフォルトは@code{nil}です。
 1363: 
 1364: @vindex comint-scroll-to-bottom-on-output
 1365: @c   By setting @code{comint-scroll-to-bottom-on-output}, you can opt for
 1366: @c having point jump to the end of the buffer whenever output arrives---no
 1367: @c matter where in the buffer point was before.  If the value is
 1368: @c @code{this}, point jumps in the selected window.  If the value is
 1369: @c @code{all}, point jumps in each window that shows the comint buffer.  If
 1370: @c the value is @code{other}, point jumps in all nonselected windows that
 1371: @c show the current buffer.  The default value is @code{nil}, which means
 1372: @c point does not jump to the end.
 1373: @code{comint-scroll-to-bottom-on-output}を設定すると、
 1374: ポイントがどこにあろうと、
 1375: 出力が到着するたびにバッファの末尾へポイントがジャンプするように設定できます。
 1376: この変数の値が@code{this}であれば、
 1377: ポイントは選択されたウィンドウでジャンプします。
 1378: 値が@code{all}であれば、comintバッファを表示している各ウィンドウで
 1379: ポイントはジャンプします。
 1380: 値が@code{other}であれば、カレントバッファを表示しているすべての
 1381: 選択されていないウィンドウでポイントはジャンプします。
 1382: デフォルトは@code{nil}ですから、ポイントはジャンプしません。
 1383: 
 1384: @vindex comint-input-ignoredups
 1385: @c   The variable @code{comint-input-ignoredups} controls whether successive
 1386: @c identical inputs are stored in the input history.  A non-@code{nil}
 1387: @c value means to omit an input that is the same as the previous input.
 1388: @c The default is @code{nil}, which means to store each input even if it is
 1389: @c equal to the previous input.
 1390: 変数@code{comint-input-ignoredups}は、
 1391: 連続する同一の入力を履歴に格納するかどうかを制御します。
 1392: 値が@code{nil}以外のときは、直前の入力と同じ入力は履歴に格納しません。
 1393: デフォルトは@code{nil}ですから、直前と同じ入力でもすべて履歴に格納します。
 1394: 
 1395: @vindex comint-completion-addsuffix
 1396: @vindex comint-completion-recexact
 1397: @vindex comint-completion-autolist
 1398: @c   Three variables customize file name completion.  The variable
 1399: @c @code{comint-completion-addsuffix} controls whether completion inserts a
 1400: @c space or a slash to indicate a fully completed file or directory name
 1401: @c (non-@code{nil} means do insert a space or slash).
 1402: @c @code{comint-completion-recexact}, if non-@code{nil}, directs @key{TAB}
 1403: @c to choose the shortest possible completion if the usual Emacs completion
 1404: @c algorithm cannot add even a single character.
 1405: @c @code{comint-completion-autolist}, if non-@code{nil}, says to list all
 1406: @c the possible completions whenever completion is not exact.
 1407: 3つの変数でファイル名の補完をカスタマイズします。
 1408: 変数@code{comint-completion-addsuffix}は、
 1409: ファイル名やディレクトリ名を補完するとき、
 1410: 名前を完全に補完できたことを示すために
 1411: 末尾に空白やスラッシュを挿入するかどうかを指定します
 1412: (@code{nil}以外のとき、空白やスラッシュを挿入)。
 1413: @code{comint-completion-recexact}は、
 1414: その値が@code{nil}以外の場合、Emacsの通常の補完アルゴリズムで1文字も
 1415: 追加できないときには@key{TAB}で可能なもっとも短い補完文字列を
 1416: 挿入するようにします。
 1417: @code{comint-completion-autolist}は、その値が@code{nil}以外の場合、
 1418: 補完が完全でないときに可能な補完候補の一覧を表示することを指定します。
 1419: 
 1420: @findex comint-dynamic-complete-variable
 1421: @c   The command @code{comint-dynamic-complete-variable} does variable-name
 1422: @c completion using the environment variables as set within Emacs.  The
 1423: @c variables controlling file name completion apply to variable-name
 1424: @c completion too.  This command is normally available through the menu
 1425: @c bar.
 1426: コマンド@code{comint-dynamic-complete-variable}は、
 1427: Emacs中で設定されている環境変数を用いて変数名の補完を行います。
 1428: ファイル名の補完を制御する上述の変数群も変数名の補完を制御します。
 1429: このコマンドは、通常、メニューバーから使えます。
 1430: 
 1431: @vindex shell-command-execonly
 1432: @c   Command completion normally considers only executable files.
 1433: @c If you set @code{shell-command-execonly} to @code{nil},
 1434: @c it considers nonexecutable files as well.
 1435: コマンド補完は、通常、実行可能なファイルだけを対象とします。
 1436: @code{shell-command-execonly}を@code{nil}にすると、
 1437: 実行可能でないファイルも対象となります。
 1438: 
 1439: @c = 原文のタイポ?
 1440: @c @findex shell-pushd-tohome
 1441: @c @findex shell-pushd-dextract
 1442: @c @findex shell-pushd-dunique
 1443: @vindex shell-pushd-tohome
 1444: @vindex shell-pushd-dextract
 1445: @vindex shell-pushd-dunique
 1446: @c   You can configure the behavior of @samp{pushd}.  Variables control
 1447: @c whether @samp{pushd} behaves like @samp{cd} if no argument is given
 1448: @c (@code{shell-pushd-tohome}), pop rather than rotate with a numeric
 1449: @c argument (@code{shell-pushd-dextract}), and only add directories to the
 1450: @c directory stack if they are not already on it
 1451: @c (@code{shell-pushd-dunique}).  The values you choose should match the
 1452: @c underlying shell, of course.
 1453: @samp{pushd}の動作をカスタマイズできます。
 1454: 引数が与えられないと@samp{cd}と同様にふるまう
 1455: (@code{shell-pushd-tohome})、
 1456: 数引数を指定すると@code{pop}ではなく巡回する
 1457: (@code{shell-pushd-dextract})、
 1458: ディレクトリスタックにないディレクトリだけを
 1459: ディレクトリスタックに加える
 1460: (@code{shell-pushd-dunique})
 1461: を制御できます。
 1462: これらの値は当然、使っているシェルの動作と一致するように設定すべきです。
 1463: 
 1464: @node Remote Host,  , Shell Options, Shell
 1465: @c @subsection Remote Host Shell
 1466: @subsection リモートホストのシェル
 1467: @c @cindex remote host
 1468: @c @cindex connecting to remote host
 1469: @cindex リモートホスト
 1470: @cindex リモートホストへの接続
 1471: @cindex Telnet
 1472: @cindex Rlogin
 1473: 
 1474: @c   Emacs provides two commands for logging in to another computer
 1475: @c and communicating with it through an Emacs buffer.
 1476: Emacsには、他のホストにログインしてEmacsバッファ経由で通信するコマンドが
 1477: 2つあります。
 1478: 
 1479: @table @kbd
 1480: @item M-x telnet @key{RET} @var{hostname} @key{RET}
 1481: @c Set up a Telnet connection to the computer named @var{hostname}.
 1482: ホスト@var{hostname}にtelnet経由で接続する。
 1483: @item M-x rlogin @key{RET} @var{hostname} @key{RET}
 1484: @c Set up an Rlogin connection to the computer named @var{hostname}.
 1485: ホスト@var{hostname}にrlogin経由で接続する。
 1486: @end table
 1487: 
 1488: @findex telnet
 1489: @c   Use @kbd{M-x telnet} to set up a Telnet connection to another
 1490: @c computer.  (Telnet is the standard Internet protocol for remote login.)
 1491: @c It reads the host name of the other computer as an argument with the
 1492: @c minibuffer.  Once the connection is established, talking to the other
 1493: @c computer works like talking to a subshell: you can edit input with the
 1494: @c usual Emacs commands, and send it a line at a time by typing @key{RET}.
 1495: @c The output is inserted in the Telnet buffer interspersed with the input.
 1496: 他のホストにtelnet経由で接続するには、@kbd{M-x telnet}を使います
 1497: (telnetはリモートログイン用のInternetの標準プロトコル)。
 1498: このコマンドは、接続先のホスト名を引数としてミニバッファで読みます。
 1499: いったん接続が確立すると、他のホストとのやりとりはサブシェルとのやりとり
 1500: と同様にして行えます。
 1501: 通常のEmacsコマンドで入力を編集でき、@key{RET}で相手側に送信します。
 1502: 相手側からの出力は(同じ)Telnetバッファに挿入されます。
 1503: 
 1504: @findex rlogin
 1505: @vindex rlogin-explicit-args
 1506: @c   Use @kbd{M-x rlogin} to set up an Rlogin connection.  Rlogin is
 1507: @c another remote login communication protocol, essentially much like the
 1508: @c Telnet protocol but incompatible with it, and supported only by certain
 1509: @c systems.  Rlogin's advantages are that you can arrange not to have to
 1510: @c give your user name and password when communicating between two machines
 1511: @c you frequently use, and that you can make an 8-bit-clean connection.
 1512: @c (To do that in Emacs, set @code{rlogin-explicit-args} to @code{("-8")}
 1513: @c before you run Rlogin.)
 1514: rlogin接続を行うには、@kbd{M-x rlogin}を使います。
 1515: rloginは本質的にはtelnetプロトコルとよく似た
 1516: リモートログイン用の通信プロトコルですが、
 1517: telnetとの互換性はなく、ある種のシステムでだけ使えます。
 1518: rloginの利点は、2つのマシン間で頻繁に通信する場合に
 1519: ユーザー名やパスワードを毎回打ち込まないですむように設定できることと、
 1520: 8ビットを透過的に使う接続が可能なことです。
 1521: (Emacsでこれを行うには、
 1522: rloginを開始するまえに@code{rlogin-explicit-args}に@code{("-8")}を
 1523: 設定する。)
 1524: 
 1525: @c   @kbd{M-x rlogin} sets up the default file directory of the Emacs
 1526: @c buffer to access the remote host via FTP (@pxref{File Names}), and it
 1527: @c tracks the shell commands that change the current directory, just like
 1528: @c Shell mode.
 1529: @kbd{M-x rlogin}は、相手側とFTP経由でファイルをやりとりするために
 1530: Emacsバッファのデフォルトディレクトリを設定し(@pxref{File Names})、
 1531: シェル(shell)モードと同様にカレントディレクトリを変更する
 1532: シェルコマンドを監視します。
 1533: 
 1534: @findex rlogin-directory-tracking-mode
 1535: @c   There are two ways of doing directory tracking in an Rlogin
 1536: @c buffer---either with remote directory names
 1537: @c @file{/@var{host}:@var{dir}/} or with local names (that works if the
 1538: @c ``remote'' machine shares file systems with your machine of origin).
 1539: @c You can use the command @code{rlogin-directory-tracking-mode} to switch
 1540: @c modes.  No argument means use remote directory names, a positive
 1541: @c argument means use local names, and a negative argument means turn
 1542: @c off directory tracking.
 1543: rloginバッファでディレクトリを追跡する方法は2つあります。
 1544: リモートディレクトリ名@file{/@var{host}:@var{dir}/}を使うか、
 1545: ローカルファイル名を使います。
 1546: (後者は『相手側のホスト』がローカルホストと
 1547: ファイルシステムを共有している場合にのみ使える)。
 1548: コマンド@code{rlogin-directory-tracking-mode}を使って、
 1549: これらの2つのモードを相互に切り替えられます。
 1550: 引数なしではリモートディレクトリ名を使う状態にし、
 1551: 正の数を引数にするとローカル名を使う状態にします。
 1552: 負の数を引数にするとディレクトリの追跡機能を止めます。
 1553: 
 1554: @node Emacs Server, Hardcopy, Shell, Top
 1555: @c @section Using Emacs as a Server
 1556: @section Emacsをサーバーとして使う
 1557: @pindex emacsclient
 1558: @c @cindex Emacs as a server
 1559: @c @cindex server, using Emacs as
 1560: @c @cindex @code{EDITOR} environment variable
 1561: @cindex サーバーとしてのEmacs
 1562: @cindex Emacsをサーバーとして使う
 1563: @cindex 環境変数@code{EDITOR}
 1564: @cindex @code{EDITOR}(環境変数)
 1565: 
 1566: @c   Various programs such as @code{mail} can invoke your choice of editor
 1567: @c to edit a particular piece of text, such as a message that you are
 1568: @c sending.  By convention, most of these programs use the environment
 1569: @c variable @code{EDITOR} to specify which editor to run.  If you set
 1570: @c @code{EDITOR} to @samp{emacs}, they invoke Emacs---but in an
 1571: @c inconvenient fashion, by starting a new, separate Emacs process.  This
 1572: @c is inconvenient because it takes time and because the new Emacs process
 1573: @c doesn't share the buffers in the existing Emacs process.
 1574: @code{mail}を始めとする多くのプログラムは、
 1575: 送信メッセージなどのテキストを編集するために
 1576: ユーザーが指定したエディタを起動します。
 1577: これらのプログラムは、
 1578: 習慣として、環境変数@code{EDITOR}で指定されたエディタを起動します。
 1579: @code{EDITOR}に@samp{emacs}を設定しておけばEmacsが起動しますが、
 1580: 新たに別のEmacsプロセスが開始されるので不便です。
 1581: というのは、新しいEmacsプロセスは既存のEmacsプロセスとバッファを
 1582: 共有しないからです。
 1583: 
 1584: @c   You can arrange to use your existing Emacs process as the editor for
 1585: @c programs like @code{mail} by using the Emacs client and Emacs server
 1586: @c programs.  Here is how.
 1587: EmacsクライアントとEmacsサーバーを用いて、
 1588: @code{mail}などのプログラムが既存のEmacsプロセスを
 1589: エディタとして使うようにできます。
 1590: 以下のようにします。
 1591: 
 1592: @c @cindex @code{TEXEDIT} environment variable
 1593: @cindex 環境変数@code{TEXEDIT}
 1594: @cindex @code{TEXEDIT}(環境変数)
 1595: @c   First, the preparation.  Within Emacs, call the function
 1596: @c @code{server-start}.  (Your @file{.emacs} file can do this automatically
 1597: @c if you add the expression @code{(server-start)} to it.)  Then, outside
 1598: @c Emacs, set the @code{EDITOR} environment variable to @samp{emacsclient}.
 1599: @c (Note that some programs use a different environment variable; for
 1600: @c example, to make @TeX{} use @samp{emacsclient}, you should set the
 1601: @c @code{TEXEDIT} environment variable to @samp{emacsclient +%d %s}.)
 1602: まずは準備です。
 1603: Emacsの中で関数@code{server-start}を呼び出します。
 1604: (個人のファイル@file{.emacs}に式@code{(server-start)}を書いておけば、
 1605: これを自動的に行える。)
 1606: つぎに、Emacsの外で環境変数@code{EDITOR}に@samp{emacsclient}を設定します。
 1607: (プログラムによっては別の環境変数を使う。
 1608: たとえば、@TeX{}に@samp{emacsclient}を使わせるには、
 1609: 環境変数@code{TEXEDIT}に@samp{emacsclient +%d %s}と設定する。)
 1610: 
 1611: @kindex C-x #
 1612: @findex server-edit
 1613: @c   Then, whenever any program invokes your specified @code{EDITOR}
 1614: @c program, the effect is to send a message to your principal Emacs telling
 1615: @c it to visit a file.  (That's what the program @code{emacsclient} does.)
 1616: @c Emacs displays the buffer immediately and you can immediately begin
 1617: @c editing it.
 1618: こうすると、どのプログラムが@code{EDITOR}に指定されたプログラムをエディタ
 1619: として起動しても、結果としては、訪れるべきファイルを伝える
 1620: メッセージが現在動いているEmacsに送られます。
 1621: (これが@code{emacsclient}の役割。)
 1622: Emacsはただちにバッファを表示し、ユーザーはすぐに編集を開始できます。
 1623: 
 1624: @c   When you've finished editing that buffer, type @kbd{C-x #}
 1625: @c (@code{server-edit}).  This saves the file and sends a message back to
 1626: @c the @code{emacsclient} program telling it to exit.  The programs that
 1627: @c use @code{EDITOR} wait for the ``editor'' (actually, @code{emacsclient})
 1628: @c to exit.  @kbd{C-x #} also checks for other pending external requests
 1629: @c to edit various files, and selects the next such file.
 1630: そのバッファの編集が終ったら、@kbd{C-x #}と打ちます(@code{server-edit})。
 1631: これにより、ファイルが保存され、
 1632: 終了せよとのメッセージを@code{emacslient}に送り返します。
 1633: @code{EDITOR}を参照したプログラムは
 1634: 『エディタ』(実際には@code{emacsclient})が終了するのを待ちます。
 1635: @kbd{C-x #}は複数のファイルに対する外部からの編集要求で
 1636: 他に残っているものがないかどうかも検査し、
 1637: もしあればつぎのファイルを訪問します。
 1638: 
 1639: @c   You can switch to a server buffer manually if you wish; you don't have
 1640: @c to arrive at it with @kbd{C-x #}.  But @kbd{C-x #} is the only way to
 1641: @c say that you are ``finished'' with one.
 1642: 望むなら手でサーバーバッファに切り替えてもかまいません。
 1643: 必ず@kbd{C-x #}を使わなければならないということはありません。
 1644: ただし、@kbd{C-x #}はサーバーバッファの編集が終ったということを
 1645: 告げる唯一の方法です。
 1646: 
 1647: @vindex server-window
 1648: @c   If you set the variable @code{server-window} to a window or a frame,
 1649: @c @kbd{C-x #} displays the server buffer in that window or in that frame.
 1650: 変数@code{server-window}にウィンドウやフレームを設定してあれば、
 1651: @kbd{C-x #}はサーバーバッファをそのウィンドウやフレームに表示します。
 1652: 
 1653: @c   While @code{mail} or another application is waiting for
 1654: @c @code{emacsclient} to finish, @code{emacsclient} does not read terminal
 1655: @c input.  So the terminal that @code{mail} was using is effectively
 1656: @c blocked for the duration.  In order to edit with your principal Emacs,
 1657: @c you need to be able to use it without using that terminal.  There are
 1658: @c two ways to do this:
 1659: @code{mail}やその他のアプリケーションが@code{emacsclient}の終了を
 1660: 待っているあいだ、@code{emacsclient}は端末入力を読みません。
 1661: したがって、@code{mail}が使っている端末は、そのあいだ実質的に
 1662: ブロックされた状態にあります。
 1663: サーバーとして使うEmacsで編集をするためには、
 1664: その(ブロックしている)端末を使わずに行う必要があります。
 1665: それには2つの方法があります。
 1666: 
 1667: @itemize @bullet
 1668: @item
 1669: @c Using a window system, run @code{mail} and the principal Emacs in two
 1670: @c separate windows.  While @code{mail} is waiting for @code{emacsclient},
 1671: @c the window where it was running is blocked, but you can use Emacs by
 1672: @c switching windows.
 1673: ウィンドウシステムを使い、@code{mail}とEmacsとを別のウィンドウで動かす。
 1674: @code{mail}が@code{emacsclient}を待っているあいだ、
 1675: @code{mail}が動いてるウィンドウはブロックされるが、
 1676: 他のウィンドウに切り替えればEmacsを使える。
 1677: 
 1678: @item
 1679: @c Use Shell mode in Emacs to run the other program such as @code{mail};
 1680: @c then, @code{emacsclient} blocks only the subshell under Emacs, and you
 1681: @c can still use Emacs to edit the file.
 1682: Emacsのシェル(shell)モードを使って@code{mail}などのプログラムを動かす。
 1683: こうすれば、@code{emacsclient}はEmacsの下で動いている
 1684: サブシェルのみをブロックするので、
 1685: Emacsを使ってファイルを編集するのは通常どおり行える。
 1686: @end itemize
 1687: 
 1688: @vindex server-temp-file-regexp
 1689: @c   Some programs write temporary files for you to edit.  After you edit
 1690: @c the temporary file, the program reads it back and deletes it.  If the
 1691: @c Emacs server is later asked to edit the same file name, it should assume
 1692: @c this has nothing to do with the previous occasion for that file name.
 1693: @c The server accomplishes this by killing the temporary file's buffer when
 1694: @c you finish with the file.  Use the variable
 1695: @c @code{server-temp-file-regexp} to specify which files are temporary in
 1696: @c this sense; its value should be a regular expression that matches file
 1697: @c names that are temporary.
 1698: プログラムによっては、エディタで編集するための作業ファイルを作成します。
 1699: ユーザーが作業ファイルを編集し終ると、
 1700: プログラムはそのファイルを読み込んでから消去します。
 1701: Emacsサーバーがあとで同じ名前のファイルを編集するように告げられた場合、
 1702: それはたまたまファイル名が一致しただけで、
 1703: 内容はまえのファイルと何ら関係ないものと考えなければなりません。
 1704: このため、サーバーはファイルを編集し終ると作業ファイルのバッファを削除します。
 1705: 変数@code{server-temp-file-regexp}を使って、
 1706: どのようなファイルがここでいう意味での作業ファイルであるか指定します。
 1707: この変数の値は、作業ファイルであるようなファイルの名前に
 1708: 一致する正規表現である必要があります。
 1709: 
 1710: @c   If you run @code{emacsclient} with the option @samp{--no-wait}, it
 1711: @c returns immediately without waiting for you to ``finish'' the buffer in
 1712: @c Emacs.
 1713: オプション@samp{--no-wait}を指定して@code{emacsclient}を起動すると、
 1714: Emacs上でバッファを編集し終るのを待たずにただちに終了します。
 1715: 
 1716: @node Hardcopy, Postscript, Emacs Server, Top
 1717: @c @section Hardcopy Output
 1718: @section 印刷
 1719: @c @cindex hardcopy
 1720: @cindex 印刷
 1721: 
 1722: @c   The Emacs commands for making hardcopy let you print either an entire
 1723: @c buffer or just part of one, either with or without page headers.
 1724: @c See also the hardcopy commands of Dired (@pxref{Misc File Ops})
 1725: @c and the diary (@pxref{Diary Commands}).
 1726: 印刷用のEmacsコマンドには、バッファ全体ないしその一部を、
 1727: ページヘッダ付き/なしのどちらででも出力する機能があります。
 1728: dired(@pxref{Misc File Ops})とdiary(@pxref{Diary Commands})の
 1729: 印刷機能についても参照してください。
 1730: 
 1731: @table @kbd
 1732: @item M-x print-buffer
 1733: @c Print hardcopy of current buffer with page headings containing the file
 1734: @c name and page number.
 1735: カレントバッファの内容を、ファイル名とページ番号を
 1736: 記したページヘッダ付きで印刷する。
 1737: @item M-x lpr-buffer
 1738: @c Print hardcopy of current buffer without page headings.
 1739: カレントバッファの内容を、ページヘッダなしで印刷する。
 1740: @item M-x print-region
 1741: @c Like @code{print-buffer} but print only the current region.
 1742: @code{print-buffer}と同様だが、現在のリージョンのみを印刷する。
 1743: @item M-x lpr-region
 1744: @c Like @code{lpr-buffer} but print only the current region.
 1745: @code{lpr-buffer}と同様だが、現在のリージョンのみを印刷。
 1746: @end table
 1747: 
 1748: @findex print-buffer
 1749: @findex print-region
 1750: @findex lpr-buffer
 1751: @findex lpr-region
 1752: @vindex lpr-switches
 1753: @c   The hardcopy commands (aside from the Postscript commands) pass extra
 1754: @c switches to the @code{lpr} program based on the value of the variable
 1755: @c @code{lpr-switches}.  Its value should be a list of strings, each string
 1756: @c an option starting with @samp{-}.  For example, to specify a line width
 1757: @c of 80 columns for all the printing you do in Emacs, set
 1758: @c @code{lpr-switches} like this:
 1759: (Postscriptコマンドを除く)印刷コマンドは、
 1760: @code{lpr-switches}の値をもとに追加オプションを@code{lpr}に渡します。
 1761: この変数の値は文字列のリストであり、
 1762: 各文字列は@samp{-}で始まるオプションである必要があります。
 1763: たとえば、Emacsから行う印刷で1行を80文字に設定するには、
 1764: @code{lpr-switches}をつぎのように設定します。
 1765: 
 1766: @example
 1767: (setq lpr-switches '("-w80"))
 1768: @end example
 1769: 
 1770: @vindex printer-name
 1771: @c   You can specify the printer to use by setting the variable
 1772: @c @code{printer-name}.
 1773: 変数@code{printer-name}を設定すれば、使うプリンタを指定できます。
 1774: 
 1775: @vindex lpr-headers-switches
 1776: @vindex lpr-commands
 1777: @vindex lpr-add-switches
 1778: @c   The variable @code{lpr-command} specifies the name of the printer
 1779: @c program to run; the default value depends on your operating system type.
 1780: @c On most systems, the default is @code{"lpr"}.  The variable
 1781: @c @code{lpr-headers-switches} similarly specifies the extra switches to
 1782: @c use to make page headers.  The variable @code{lpr-add-switches} controls
 1783: @c whether to supply @samp{-T} and @samp{-J} options (suitable for
 1784: @c @code{lpr}) to the printer program: @code{nil} means don't add them.
 1785: @c @code{lpr-add-switches} should be @code{nil} if your printer program is
 1786: @c not compatible with @code{lpr}.
 1787: 変数@code{lpr-command}は、実行すべきプリンタプログラムを指定します。
 1788: デフォルトの値はオペレーティングシステムに依存します。
 1789: 多くのシステムでは、デフォルトは@code{"lpr"}です。
 1790: 変数@code{lpr-headers-switches}も同様に、
 1791: ページヘッダを作るための追加オプションを指定します。
 1792: 変数@code{lpr-add-switches}は、
 1793: プリンタプログラムに(@code{lpr}には適した)
 1794: オプション@samp{-T}とオプション@samp{-J}を指定するかどうか制御します。
 1795: この変数の値が@code{nil}ならこれらのオプションを指定しません。
 1796: プリンタプログラムが@code{lpr}と互換性がないなら、
 1797: 変数@code{lpr-add-switches}は@code{nil}にすべきです。
 1798: 
 1799: @node Postscript, Postscript Variables, Hardcopy, Top
 1800: @c @section Postscript Hardcopy
 1801: @section Postscriptの印刷
 1802: 
 1803: @c   These commands convert buffer contents to Postscript,
 1804: @c either printing it or leaving it in another Emacs buffer.
 1805: これらのコマンドは、バッファの内容をPostscriptに変換し、
 1806: プリンタへ送るか他のEmacsバッファに入れます。
 1807: 
 1808: @table @kbd
 1809: @item M-x ps-print-buffer
 1810: @c Print hardcopy of the current buffer in Postscript form.
 1811: カレントバッファをPostscript形式で印刷する。
 1812: @item M-x ps-print-region
 1813: @c Print hardcopy of the current region in Postscript form.
 1814: 現在のリージョンをPostscript形式で印刷する。
 1815: @item M-x ps-print-buffer-with-faces
 1816: @c Print hardcopy of the current buffer in Postscript form, showing the
 1817: @c faces used in the text by means of Postscript features.
 1818: カレントバッファをPostscript形式で印刷するが、
 1819: テキストで用いているフェイスをPostscriptの機能で表示する。
 1820: @item M-x ps-print-region-with-faces
 1821: @c Print hardcopy of the current region in Postscript form, showing the
 1822: @c faces used in the text.
 1823: 現在のリージョンをPostscript形式で印刷するが、
 1824: テキストで用いているフェイスも表示する。
 1825: @item M-x ps-spool-buffer
 1826: @c Generate Postscript for the current buffer text.
 1827: カレントバッファのテキストをPostscriptに変換する。
 1828: @item M-x ps-spool-region
 1829: @c Generate Postscript for the current region.
 1830: 現在のリージョンをPostscriptに変換する。
 1831: @c @item M-x ps-spool-buffer-with-faces
 1832: @c Generate Postscript for the current buffer, showing the faces used.
 1833: カレントバッファをPostscriptに変換するが、使われているフェイスも表示する。
 1834: @item M-x ps-spool-region-with-faces
 1835: @c Generate Postscript for the current region, showing the faces used.
 1836: 現在のリージョンをPostscriptに変換するが、使われているフェイスも表示する。
 1837: @end table
 1838: 
 1839: @findex ps-print-region
 1840: @findex ps-print-buffer
 1841: @findex ps-print-region-with-faces
 1842: @findex ps-print-buffer-with-faces
 1843: @c   The Postscript commands, @code{ps-print-buffer} and
 1844: @c @code{ps-print-region}, print buffer contents in Postscript form.  One
 1845: @c command prints the entire buffer; the other, just the region.  The
 1846: @c corresponding @samp{-with-faces} commands,
 1847: @c @code{ps-print-buffer-with-faces} and @code{ps-print-region-with-faces},
 1848: @c use Postscript features to show the faces (fonts and colors) in the text
 1849: @c properties of the text being printed.
 1850: Postscriptコマンド@code{ps-print-buffer}および@code{ps-print-region}は
 1851: バッファの内容をPostscript形式で出力します。
 1852: 前者はバッファ全体を出力しますが、後者はリージョンのみです。
 1853: これらに対応した@samp{-with-faces}コマンドである
 1854: @code{ps-print-buffer-with-faces}および@code{ps-print-region-with-faces}は、
 1855: 出力するテキストのテキスト属性のフェイス(フォントと表示色)を
 1856: Postscriptの機能を用いて再現します。
 1857: 
 1858: @c   If you are using a color display, you can print a buffer of program
 1859: @c code with color highlighting by turning on Font-Lock mode in that
 1860: @c buffer, and using @code{ps-print-buffer-with-faces}.
 1861: カラーディスプレイを使っている場合、
 1862: バッファでフォントロック(font-lock)モードを使って色付けしたプログラムコードを
 1863: @code{ps-print-buffer-with-faces}で(そのまま)印刷できます。
 1864: 
 1865: @findex ps-spool-region
 1866: @findex ps-spool-buffer
 1867: @findex ps-spool-region-with-faces
 1868: @findex ps-spool-buffer-with-faces
 1869: @c   The commands whose names have @samp{spool} instead of @samp{print}
 1870: @c generate the Postscript output in an Emacs buffer instead of sending
 1871: @c it to the printer.
 1872: コマンド名が@samp{print}のかわりに@samp{spool}であるものは、
 1873: 変換したPostscript出力をプリンタに送るかわりにEmacsバッファに置きます。
 1874: 
 1875: @ifinfo
 1876: @c   The following section describes variables for customizing these commands.
 1877: つぎの節では、これらのコマンドをカスタマイズする変数について説明します。
 1878: @end ifinfo
 1879: 
 1880: @node Postscript Variables, Sorting, Postscript, Top
 1881: @c @section Variables for Postscript Hardcopy
 1882: @section Postscriptの印刷を制御する変数
 1883: 
 1884: @vindex ps-lpr-command
 1885: @vindex ps-lpr-switches
 1886: @vindex ps-printer-name
 1887: @c   All the Postscript hardcopy commands use the variables
 1888: @c @code{ps-lpr-command} and @code{ps-lpr-switches} to specify how to print
 1889: @c the output.  @code{ps-lpr-command} specifies the command name to run,
 1890: @c @code{ps-lpr-switches} specifies command line options to use, and
 1891: @c @code{ps-printer-name} specifies the printer.  If you don't set the
 1892: @c first two variables yourself, they take their initial values from
 1893: @c @code{lpr-command} and @code{lpr-switches}.  If @code{ps-printer-name}
 1894: @c is @code{nil}, @code{printer-name} is used.
 1895: すべてのPostscriptの印刷コマンドは、出力をどのように印刷するかを
 1896: 変数@code{ps-lpr-command}と@code{ps-lpr-switches}で指定できます。
 1897: @code{ps-lpr-command}には印刷のため実行するシェルコマンド、
 1898: @code{ps-lpr-switches}にはそのシェルコマンドに指定するオプション、
 1899: @code{ps-printer-name}にはプリンタを指定します。
 1900: 始めの2つの変数を設定しなかった場合は、
 1901: @code{lpr-command}と@code{lpr-switches}に基づいて初期値が設定されます。
 1902: @code{ps-printer-name}が@code{nil}だと@code{printer-name}を使います。
 1903: 
 1904: @vindex ps-print-header
 1905: @vindex ps-print-color-p
 1906: @c   The variable @code{ps-print-header} controls whether these commands
 1907: @c add header lines to each page---set it to @code{nil} to turn headers
 1908: @c off.  You can turn off color processing by setting
 1909: @c @code{ps-print-color-p} to @code{nil}.
 1910: 変数@code{ps-print-header}は、これらのコマンドが
 1911: 各ページにヘッダをつけるかどうかを制御します。
 1912: @code{nil}だとヘッダを付けません。
 1913: @code{ps-print-color-p}を@code{nil}にするとカラー処理を行いません。
 1914: 
 1915: @vindex ps-paper-type
 1916: @vindex ps-page-dimensions-database
 1917: @c   The variable @code{ps-paper-type} specifies which size of paper to
 1918: @c format for; legitimate values include @code{a4}, @code{a3},
 1919: @c @code{a4small}, @code{b4}, @code{b5}, @code{executive}, @code{ledger},
 1920: @c @code{legal}, @code{letter}, @code{letter-small}, @code{statement},
 1921: @c @code{tabloid}.  The default is @code{letter}.  You can define
 1922: @c additional paper sizes by changing the variable
 1923: @c @code{ps-page-dimensions-database}.
 1924: 変数@code{ps-paper-type}は、印刷用紙サイズを指定します。
 1925: 指定できる値は、@code{a4}、@code{a3}、@code{a4small}、
 1926: @code{b4}、@code{b5}、@code{executive}、@code{ledger}、@code{legal}、
 1927: @code{letter}、@code{letter-small}、@code{statement}、@code{tabloid}です。
 1928: デフォルトは@code{letter}です。
 1929: 変数@code{ps-page-dimensions-database}を変更すれば
 1930: 別の用紙サイズを定義できます。
 1931: 
 1932: @vindex ps-landscape-mode
 1933: @c   The variable @code{ps-landscape-mode} specifies the orientation of
 1934: @c printing on the page.  The default is @code{nil}, which stands for
 1935: @c ``portrait'' mode.  Any non-@code{nil} value specifies ``landscape''
 1936: @c mode.
 1937: 変数@code{ps-landscape-mode}は用紙の向きを指定します。
 1938: デフォルトは@code{nil}で、『縦づかい』(ポートレート)です。
 1939: @code{nil}以外の値を指定すると『横づかい』(ランドスケープ)です。
 1940: 
 1941: @vindex ps-number-of-columns
 1942: @c   The variable @code{ps-number-of-columns} specifies the number of
 1943: @c columns; it takes effect in both landscape and portrait mode.  The
 1944: @c default is 1.
 1945: 変数@code{ps-number-of-columns}は段数を指定します。
 1946: 縦づかいでも横づかいでも有効で、デフォルトは1です。
 1947: 
 1948: @vindex ps-font-family
 1949: @vindex ps-font-size
 1950: @vindex ps-font-info-database
 1951: @c   The variable @code{ps-font-family} specifies which font family to use
 1952: @c for printing ordinary text.  Legitimate values include @code{Courier},
 1953: @c @code{Helvetica}, @code{NewCenturySchlbk}, @code{Palatino} and
 1954: @c @code{Times}.  The variable @code{ps-font-size} specifies the size of
 1955: @c the font for ordinary text.  It defaults to 8.5 points.
 1956: 変数@code{ps-font-family}は、
 1957: 通常のテキストの印刷に使うフォントファミリを指定します。
 1958: 指定できる値は、@code{Courier}、@code{Helvetica}、
 1959: @code{NewCenturySchlbk}、@code{Palatino}、@code{Times}です。
 1960: 変数@code{ps-font-size}は、
 1961: 通常のテキスト印刷に使うフォントのサイズを指定します。
 1962: デフォルトは8.5ポイント@footnote{【訳注】
 1963: 印刷機の長さの単位。
 1964: 1ポイントは約1/72インチ(0.35mm)}です。
 1965: 
 1966: @c   Many other customization variables for these commands are defined and
 1967: @c described in the Lisp file @file{ps-print.el}.
 1968: これらのコマンドには他にも多くのカスタマイズ可能な変数があり、
 1969: それらはLispファイル@file{ps-print.el}で定義されています。
 1970: 
 1971: @node Sorting, Narrowing, Postscript Variables, Top
 1972: @c @section Sorting Text
 1973: @section テキストのソート
 1974: @c @cindex sorting
 1975: @cindex ソート
 1976: 
 1977: @c   Emacs provides several commands for sorting text in the buffer.  All
 1978: @c operate on the contents of the region (the text between point and the
 1979: @c mark).  They divide the text of the region into many @dfn{sort records},
 1980: @c identify a @dfn{sort key} for each record, and then reorder the records
 1981: @c into the order determined by the sort keys.  The records are ordered so
 1982: @c that their keys are in alphabetical order, or, for numeric sorting, in
 1983: @c numeric order.  In alphabetic sorting, all upper-case letters `A' through
 1984: @c `Z' come before lower-case `a', in accord with the ASCII character
 1985: @c sequence.
 1986: Emacsには、バッファ中のテキストをソートするコマンドがいくつかあります。
 1987: すべてはリージョン(ポイントとマークのあいだのテキスト)に働きます。
 1988: これらのコマンドは、リージョン中のテキストを
 1989: 多数の@dfn{ソートレコード}にわけ、
 1990: 各レコードについて@dfn{ソートキー}を識別し、
 1991: 一連のレコードをソートキーによって定まる順序に並べ替えます。
 1992: レコードはキーのアルファベット(辞書)順にも、
 1993: また数値に基づく数値順にも並べられます。
 1994: アルファベット順の場合は、ASCII文字の順序に基づいて
 1995: すべての大文字「A」〜「Z」は小文字「a」よりまえにきます。
 1996: 
 1997: @c   The various sort commands differ in how they divide the text into sort
 1998: @c records and in which part of each record is used as the sort key.  Most of
 1999: @c the commands make each line a separate sort record, but some commands use
 2000: @c paragraphs or pages as sort records.  Most of the sort commands use each
 2001: @c entire sort record as its own sort key, but some use only a portion of the
 2002: @c record as the sort key.
 2003: 各種のソートコマンドの違いは、テキストをソートレコードに分ける方法と、
 2004: 各レコードのどの部分をソートキーに使うかです。
 2005: ほとんどのコマンドは各行をソートレコードとして扱いますが、
 2006: 段落やページをソートレコードとして扱うコマンドもあります。
 2007: ほとんどのソートコマンドは各ソートレコード全体を
 2008: それ自身のソートキーとして扱いますが、
 2009: ソートレコードの一部分だけをソートキーとして扱うコマンドもあります。
 2010: 
 2011: @findex sort-lines
 2012: @findex sort-paragraphs
 2013: @findex sort-pages
 2014: @findex sort-fields
 2015: @findex sort-numeric-fields
 2016: @table @kbd
 2017: @item M-x sort-lines
 2018: @c Divide the region into lines, and sort by comparing the entire
 2019: @c text of a line.  A numeric argument means sort into descending order.
 2020: リージョンを行の並びとみなし、行全体のテキストを比較して(昇順に)ソートする。
 2021: 数引数を指定すると降順にソートする。
 2022: 
 2023: @item M-x sort-paragraphs
 2024: @c Divide the region into paragraphs, and sort by comparing the entire
 2025: @c text of a paragraph (except for leading blank lines).  A numeric
 2026: @c argument means sort into descending order.
 2027: リージョンを段落の並びとみなし、(先頭の空行を除く)
 2028: 段落全体のテキストを比較して(昇順に)ソートする。
 2029: 数引数を指定すると降順にソートする。
 2030: 
 2031: @item M-x sort-pages
 2032: @c Divide the region into pages, and sort by comparing the entire
 2033: @c text of a page (except for leading blank lines).  A numeric
 2034: @c argument means sort into descending order.
 2035: リージョンをページの並びとみなし、(先頭の空行を除く)
 2036: ページ全体のテキストを比較して(昇順に)ソートする。
 2037: 数引数を指定すると降順にソートする。
 2038: 
 2039: @item M-x sort-fields
 2040: @c Divide the region into lines, and sort by comparing the contents of
 2041: @c one field in each line.  Fields are defined as separated by
 2042: @c whitespace, so the first run of consecutive non-whitespace characters
 2043: @c in a line constitutes field 1, the second such run constitutes field
 2044: @c 2, etc.
 2045: リージョンを行の並びとみなし、
 2046: 行の1つの欄を比較して(昇順に)ソートする。
 2047: 欄は白文字で区切られる。
 2048: つまり、行の始めにある白文字でない文字の並びが第1欄、
 2049: そのつぎの空白でない文字の並びが第2欄、というようになる。
 2050: 
 2051: @c Specify which field to sort by with a numeric argument: 1 to sort by
 2052: @c field 1, etc.  A negative argument means count fields from the right
 2053: @c instead of from the left; thus, minus 1 means sort by the last field.
 2054: @c If several lines have identical contents in the field being sorted, they
 2055: @c keep same relative order that they had in the original buffer.
 2056: どの欄をキーとしてソートするかは、
 2057: 1を指定すれば第1欄、というように数引数で指定する。
 2058: 負の値を指定したときは左からでなく右から欄を数える。
 2059: つまり、-1は最後の欄でソートする。
 2060: 複数の行において欄の値が同一の場合、
 2061: バッファ上のもとの順序が保存される。
 2062: 
 2063: @item M-x sort-numeric-fields
 2064: @c Like @kbd{M-x sort-fields} except the specified field is converted
 2065: @c to an integer for each line, and the numbers are compared.  @samp{10}
 2066: @c comes before @samp{2} when considered as text, but after it when
 2067: @c considered as a number.
 2068: @kbd{M-x sort-fields}と同様だが、
 2069: 指定した欄を行ごとに数値に変換し、その数値同士を比較する。
 2070: @samp{10}はアルファベット順では@samp{2}よりまえにくるが、
 2071: 数値として見れば@samp{2}よりあとにくる。
 2072: 
 2073: @item M-x sort-columns
 2074: @c Like @kbd{M-x sort-fields} except that the text within each line
 2075: @c used for comparison comes from a fixed range of columns.  See below
 2076: @c for an explanation.
 2077: @kbd{M-x sort-fields}と同様だが、行の比較に使うテキストは
 2078: 固定文字位置からとる。
 2079: 以下の説明を参照のこと。
 2080: 
 2081: @item M-x reverse-region
 2082: @c Reverse the order of the lines in the region.  This is useful for
 2083: @c sorting into descending order by fields or columns, since those sort
 2084: @c commands do not have a feature for doing that.
 2085: リージョン内の行の順番を逆にする。
 2086: 欄や文字位置でソートするコマンドは降順にはソートできないので、
 2087: 昇順にソートしたあと降順に並べ替えるのに役立つ。
 2088: @end table
 2089: 
 2090: @c   For example, if the buffer contains this:
 2091: たとえば、バッファにつぎのような内容が入っていたとします。
 2092: 
 2093: @smallexample
 2094: On systems where clash detection (locking of files being edited) is
 2095: implemented, Emacs also checks the first time you modify a buffer
 2096: whether the file has changed on disk since it was last visited or
 2097: saved.  If it has, you are asked to confirm that you want to change
 2098: the buffer.
 2099: @end smallexample
 2100: 
 2101: @noindent
 2102: @c applying @kbd{M-x sort-lines} to the entire buffer produces this:
 2103: バッファ全体に@kbd{M-x sort-lines}を適用すると、
 2104: つぎのようになります。
 2105: 
 2106: @smallexample
 2107: On systems where clash detection (locking of files being edited) is
 2108: implemented, Emacs also checks the first time you modify a buffer
 2109: saved.  If it has, you are asked to confirm that you want to change
 2110: the buffer.
 2111: whether the file has changed on disk since it was last visited or
 2112: @end smallexample
 2113: 
 2114: @noindent
 2115: @c where the upper-case @samp{O} sorts before all lower-case letters.  If
 2116: @c you use @kbd{C-u 2 M-x sort-fields} instead, you get this:
 2117: ここで、@samp{O}は大文字なのですべての小文字よりまえにきます。
 2118: 上記のかわりに@kbd{C-u 2 M-x sort-filelds}を使ったとすると、
 2119: 結果はつぎのようになります。
 2120: 
 2121: @smallexample
 2122: implemented, Emacs also checks the first time you modify a buffer
 2123: saved.  If it has, you are asked to confirm that you want to change
 2124: the buffer.
 2125: On systems where clash detection (locking of files being edited) is
 2126: whether the file has changed on disk since it was last visited or
 2127: @end smallexample
 2128: 
 2129: @noindent
 2130: @c where the sort keys were @samp{Emacs}, @samp{If}, @samp{buffer},
 2131: @c @samp{systems} and @samp{the}.
 2132: この例ではソートキーは、@samp{Emacs}、@samp{If}、@samp{buffer}、
 2133: @samp{systems}、@samp{the}だったわけです。
 2134: 
 2135: @findex sort-columns
 2136: @c   @kbd{M-x sort-columns} requires more explanation.  You specify the
 2137: @c columns by putting point at one of the columns and the mark at the other
 2138: @c column.  Because this means you cannot put point or the mark at the
 2139: @c beginning of the first line of the text you want to sort, this command
 2140: @c uses an unusual definition of `region': all of the line point is in is
 2141: @c considered part of the region, and so is all of the line the mark is in,
 2142: @c as well as all the lines in between.
 2143: @kbd{M-x sort-columns}には少々説明が必要です。
 2144: 文字位置の範囲を指定するには、ポイントを文字位置の一方に、
 2145: マークを他方の文字位置に置きます。
 2146: このため、ポイントやマークをソートしたい最初の行の先頭に
 2147: 置くことができませんから、このコマンドでは変わった
 2148: 「リージョン」の定義を用います。
 2149: ポイントがある行全体はリージョンに含まれ、
 2150: 同様に、マークがある行全体もリージョンに含まれ、
 2151: この2つの行のあいだにある行はすべてリージョンに含まれるとみなすのです。
 2152: 
 2153: @c   For example, to sort a table by information found in columns 10 to 15,
 2154: @c you could put the mark on column 10 in the first line of the table, and
 2155: @c point on column 15 in the last line of the table, and then run
 2156: @c @code{sort-columns}.  Equivalently, you could run it with the mark on
 2157: @c column 15 in the first line and point on column 10 in the last line.
 2158: たとえば、ある表を10文字目から15文字目までの情報をもとにソートする場合、
 2159: 表の最初の行の10文字目にマークを置き、
 2160: 表の最後の行の15文字目にポイントを置き、
 2161: そして@code{sort-column}を実行します。
 2162: あるいは、マークを最初の行の15文字目、
 2163: ポイントを最後の行の10文字目に置いても同じことです。
 2164: 
 2165: @c   This can be thought of as sorting the rectangle specified by point and
 2166: @c the mark, except that the text on each line to the left or right of the
 2167: @c rectangle moves along with the text inside the rectangle.
 2168: @c @xref{Rectangles}.
 2169: これは、ポイントとマークで指定された矩形領域をソートするものと考えられます。
 2170: ただし、矩形領域の右側や左側にある各行のテキストも一緒に移動します。
 2171: 
 2172: @vindex sort-fold-case
 2173: @c   Many of the sort commands ignore case differences when comparing, if
 2174: @c @code{sort-fold-case} is non-@code{nil}.
 2175: @code{sort-fold-case}が@code{nil}以外の場合、
 2176: ソートコマンドのほとんどは比較に際して大文字小文字を区別しません。
 2177: 
 2178: @node Narrowing, Two-Column, Sorting, Top
 2179: @c @section Narrowing
 2180: @section ナロイング
 2181: @c @cindex widening
 2182: @c @cindex restriction
 2183: @c @cindex narrowing
 2184: @c @cindex accessible portion
 2185: @cindex ワイドニング
 2186: @cindex 範囲制限
 2187: @cindex ナロイング
 2188: @cindex 参照可能範囲
 2189: 
 2190: @c   @dfn{Narrowing} means focusing in on some portion of the buffer,
 2191: @c making the rest temporarily inaccessible.  The portion which you can
 2192: @c still get to is called the @dfn{accessible portion}.  Canceling the
 2193: @c narrowing, which makes the entire buffer once again accessible, is
 2194: @c called @dfn{widening}.  The amount of narrowing in effect in a buffer at
 2195: @c any time is called the buffer's @dfn{restriction}.
 2196: @dfn{ナロイング}(narrowing)とは、バッファのある部分だけに焦点を当て、
 2197: 残りの部分を一時的に参照できなくすることです。
 2198: 扱える部分のことを@dfn{参照可能範囲}と呼びます。
 2199: ナロイングを取り消して、バッファ全体を参照できるように戻すことを
 2200: @dfn{ワイドニング}(widening)と呼びます。
 2201: 
 2202: @c   Narrowing can make it easier to concentrate on a single subroutine or
 2203: @c paragraph by eliminating clutter.  It can also be used to restrict the
 2204: @c range of operation of a replace command or repeating keyboard macro.
 2205: ナロイングすると、他の部分に煩わされることなく、
 2206: 1つのサブルーチンや段落などに集中できます。
 2207: また、置換コマンドやキーボードマクロの適用範囲を制限するのにも利用できます。
 2208: 
 2209: @c WideCommands
 2210: @table @kbd
 2211: @item C-x n n
 2212: @c Narrow down to between point and mark (@code{narrow-to-region}).
 2213: ポイントとマークのあいだにナロイングする(@code{narrow-to-region})。
 2214: @item C-x n w
 2215: @c Widen to make the entire buffer accessible again (@code{widen}).
 2216: 再度バッファ全体を参照可能にする(@code{widen})。
 2217: @item C-x n p
 2218: @c Narrow down to the current page (@code{narrow-to-page}).
 2219: 現在のページにナロイングする(@code{narrow-to-page})。
 2220: @item C-x n d
 2221: @c Narrow down to the current defun (@code{narrow-to-defun}).
 2222: 現在の関数定義にナロイングする(@code{narrow-to-defun})。
 2223: @end table
 2224: 
 2225: @c   When you have narrowed down to a part of the buffer, that part appears
 2226: @c to be all there is.  You can't see the rest, you can't move into it
 2227: @c (motion commands won't go outside the accessible part), you can't change
 2228: @c it in any way.  However, it is not gone, and if you save the file all
 2229: @c the inaccessible text will be saved.  The word @samp{Narrow} appears in
 2230: @c the mode line whenever narrowing is in effect.
 2231: バッファの一部分へナロイングすると、その部分だけしかないように見えます。
 2232: 残りの部分は見えませんし、そこへポイントを移動することもできません
 2233: (移動コマンドは参照可能範囲から外へ出られない)し、
 2234: 見えない部分はどのようにしても変更できません。
 2235: しかし、その部分がなくなったわけではないので、
 2236: ファイルに保存すれば参照できないテキストも保存されます。
 2237: ナロイングしているあいだは、モード行に@samp{Narrow}と表示されます。
 2238: 
 2239: @kindex C-x n n
 2240: @findex narrow-to-region
 2241: @c   The primary narrowing command is @kbd{C-x n n} (@code{narrow-to-region}).
 2242: @c It sets the current buffer's restrictions so that the text in the current
 2243: @c region remains accessible but all text before the region or after the region
 2244: @c is inaccessible.  Point and mark do not change.
 2245: 主要なナロイングコマンドは@kbd{C-x n n}(@code{narrow-to-region})です。
 2246: 現在のリージョンだけが参照可能で、その前後のテキストは参照できないように
 2247: カレントバッファに制限を課します。
 2248: ポイントとマークは変化しません。
 2249: 
 2250: @kindex C-x n p
 2251: @findex narrow-to-page
 2252: @kindex C-x n d
 2253: @findex narrow-to-defun
 2254: @c   Alternatively, use @kbd{C-x n p} (@code{narrow-to-page}) to narrow
 2255: @c down to the current page.  @xref{Pages}, for the definition of a page.
 2256: @c @kbd{C-x n d} (@code{narrow-to-defun}) narrows down to the defun
 2257: @c containing point (@pxref{Defuns}).
 2258: 別のやり方として、@kbd{C-x n p}(@code{narrow-to-page})は現在のページ
 2259: だけが見えるようにナロイングします。
 2260: ページの定義については、@xref{Pages}。
 2261: @kbd{C-x n d}(@code{narrow-to-defun})はポイントを含む関数定義の範囲に
 2262: ナロイングします(@pxref{Defuns})。
 2263: 
 2264: @kindex C-x n w
 2265: @findex widen
 2266: @c   The way to cancel narrowing is to widen with @kbd{C-x n w}
 2267: @c (@code{widen}).  This makes all text in the buffer accessible again.
 2268: ナロイングを取り消すには、@kbd{C-x n w}でワイドニングします。
 2269: これによってバッファ中の全テキストが再度参照可能になります。
 2270: 
 2271: @c   You can get information on what part of the buffer you are narrowed down
 2272: @c to using the @kbd{C-x =} command.  @xref{Position Info}.
 2273: バッファ中のどの部分にナロイングしているかは、
 2274: コマンド@kbd{C-x =}で調べることができます。
 2275: @xref{Position Info}。
 2276: 
 2277: @c   Because narrowing can easily confuse users who do not understand it,
 2278: @c @code{narrow-to-region} is normally a disabled command.  Attempting to use
 2279: @c this command asks for confirmation and gives you the option of enabling it;
 2280: @c if you enable the command, confirmation will no longer be required for
 2281: @c it.  @xref{Disabling}.
 2282: ナロイングは、それについて知らないユーザーを簡単に混乱させますので、
 2283: @code{narrow-to-region}は、通常、使用禁止コマンドになっています。
 2284: このコマンドを使おうとすると、Emacsは確認を求めてきて、
 2285: コマンドを使えるようにするかどうか問い合わせてきます。
 2286: コマンドを利用可能にすると、それ以後は確認は必要なくなります。
 2287: @xref{Disabling}。
 2288: 
 2289: @node Two-Column, Editing Binary Files, Narrowing, Top
 2290: @c @section Two-Column Editing
 2291: @section 2段組み編集
 2292: @c @cindex two-column editing
 2293: @c @cindex splitting columns
 2294: @c @cindex columns, splitting
 2295: @cindex 2段組み編集
 2296: @cindex 段の分割
 2297: 
 2298: @c   Two-column mode lets you conveniently edit two side-by-side columns of
 2299: @c text.  It uses two side-by-side windows, each showing its own
 2300: @c buffer.
 2301: 2段組み(two-column)モードは、左右の段に分けたテキストを編集するのに便利です。
 2302: このモードでは、左右に並んだ2つのウィンドウを使用し、
 2303: それぞれに別のバッファを表示します。
 2304: 
 2305: @c   There are three ways to enter two-column mode:
 2306: 2段組み(two-column)モードに入るには、3つの方法があります。
 2307: 
 2308: @table @asis
 2309: @c @item @kbd{@key{F2} 2} or @kbd{C-x 6 2}
 2310: @item @kbd{@key{F2} 2} または @kbd{C-x 6 2}
 2311: @kindex F2 2
 2312: @kindex C-x 6 2
 2313: @findex 2C-two-columns
 2314: @c Enter two-column mode with the current buffer on the left, and on the
 2315: @c right, a buffer whose name is based on the current buffer's name
 2316: @c (@code{2C-two-columns}).  If the right-hand buffer doesn't already
 2317: @c exist, it starts out empty; the current buffer's contents are not
 2318: @c changed.
 2319: カレントバッファを左側に、カレントバッファの名前に基づいた名前の
 2320: バッファを右側にして2段組み(two-column)モードに入る
 2321: (@code{2C-two-columns})。
 2322: 右側のバッファがまだ存在しなければ空のバッファで始まり、
 2323: カレントバッファの内容は変化しない。
 2324: 
 2325: @c This command is appropriate when the current buffer is empty or contains
 2326: @c just one column and you want to add another column.
 2327: このコマンドはカレントバッファが空か、または1段目の内容だけを持っていて、
 2328: これから2段目を作成しようとするときに使う。
 2329: 
 2330: @c @item @kbd{@key{F2} s} or @kbd{C-x 6 s}
 2331: @item @kbd{@key{F2} s} または @kbd{C-x 6 s}
 2332: @kindex F2 s
 2333: @kindex C-x 6 s
 2334: @findex 2C-split
 2335: @c Split the current buffer, which contains two-column text, into two
 2336: @c buffers, and display them side by side (@code{2C-split}).  The current
 2337: @c buffer becomes the left-hand buffer, but the text in the right-hand
 2338: @c column is moved into the right-hand buffer.  The current column
 2339: @c specifies the split point.  Splitting starts with the current line and
 2340: @c continues to the end of the buffer.
 2341: 2段組みテキストを含んでいるカレントバッファの内容を2つのバッファに分割し、
 2342: それらを左右に並べて表示する(@code{2C-split})。
 2343: カレントバッファは左側のバッファになるが、
 2344: 右側の段の内容は右側のバッファに移される。
 2345: 分割位置はポイントのある文字位置で指定する。
 2346: 現在行からバッファの末尾を分割する。
 2347: 
 2348: @c This command is appropriate when you have a buffer that already contains
 2349: @c two-column text, and you wish to separate the columns temporarily.
 2350: このコマンドはバッファにすでに2段組みのテキストが入っていて、
 2351: 一時的に左右の段を分けて編集したいときに用いる。
 2352: 
 2353: @item @kbd{@key{F2} b @var{buffer} @key{RET}}
 2354: @itemx @kbd{C-x 6 b @var{buffer} @key{RET}}
 2355: @kindex F2 b
 2356: @kindex C-x 6 b
 2357: @findex 2C-associate-buffer
 2358: @c Enter two-column mode using the current buffer as the left-hand buffer,
 2359: @c and using buffer @var{buffer} as the right-hand buffer
 2360: @c (@code{2C-associate-buffer}).
 2361: カレントバッファを左側のバッファ、@var{buffer}を右側のバッファとして
 2362: 2段組み(two-column)モードに入る(@code{2C-associate-buffer})。
 2363: @end table
 2364: 
 2365: @c   @kbd{@key{F2} s} or @kbd{C-x 6 s} looks for a column separator, which
 2366: @c is a string that appears on each line between the two columns.  You can
 2367: @c specify the width of the separator with a numeric argument to
 2368: @c @kbd{@key{F2} s}; that many characters, before point, constitute the
 2369: @c separator string.  By default, the width is 1, so the column separator
 2370: @c is the character before point.
 2371: @kbd{@key{F2} s}と@kbd{C-x 6 s}は、
 2372: 各行を2つの段に分ける文字列である「段区切り文字列」を探します。
 2373: 段区切り文字列の文字数は、@kbd{@key{F2} s}への数引数で指定できます。
 2374: ポイントの直前のその文字数分の文字列が段区切り文字列になります。
 2375: デフォルトでは幅は1ですから、ポイントの直前の文字が段区切り文字列になります。
 2376: 
 2377: @c   When a line has the separator at the proper place, @kbd{@key{F2} s}
 2378: @c puts the text after the separator into the right-hand buffer, and
 2379: @c deletes the separator.  Lines that don't have the column separator at
 2380: @c the proper place remain unsplit; they stay in the left-hand buffer, and
 2381: @c the right-hand buffer gets an empty line to correspond.  (This is the
 2382: @c way to write a line that ``spans both columns while in two-column
 2383: @c mode'': write it in the left-hand buffer, and put an empty line in the
 2384: @c right-hand buffer.)
 2385: 各行の正しい位置に段区切り文字列があれば、
 2386: @kbd{@key{F2} s}は各行の段区切り文字列のうしろの文字列を右側のバッファに移し、
 2387: 段区切り文字列を削除します。
 2388: 段区切り文字列が正しい位置にない行は分割されずに左側のバッファに残り、
 2389: 対応する右側のバッファの内容は空行になります。
 2390: (これは、『2段組み(two-column)モードで両側の段にまたがった行』の書き方。
 2391: つまり、左側のバッファにそのような行を書き、
 2392: 右側のバッファは空行にしておく)。
 2393: 
 2394: @kindex F2 RET
 2395: @kindex C-x 6 RET
 2396: @findex 2C-newline
 2397: @c   The command @kbd{C-x 6 @key{RET}} or @kbd{@key{F2} @key{RET}}
 2398: @c (@code{2C-newline}) inserts a newline in each of the two buffers at
 2399: @c corresponding positions.  This is the easiest way to add a new line to
 2400: @c the two-column text while editing it in split buffers.
 2401: コマンド@kbd{C-x 6 @key{RET}}や@kbd{@key{F2} @key{RET}}
 2402: (@code{2C-newline})は、
 2403: 左右の2つのバッファの対応する位置に改行を挿入します。
 2404: バッファを分割して編集しているときに2段組みテキストに
 2405: 新しい行を追加するにはこれがもっとも簡単な方法です。
 2406: 
 2407: @kindex F2 1
 2408: @kindex C-x 6 1
 2409: @findex 2C-merge
 2410: @c   When you have edited both buffers as you wish, merge them with
 2411: @c @kbd{@key{F2} 1} or @kbd{C-x 6 1} (@code{2C-merge}).  This copies the
 2412: @c text from the right-hand buffer as a second column in the other buffer.
 2413: @c To go back to two-column editing, use @kbd{@key{F2} s}.
 2414: 左右のバッファを望むように編集し終えたら、
 2415: それらを@kbd{@key{F2} 1}または@kbd{C-x 6 1}(@code{2C-merge})で
 2416: 再度併合します。
 2417: 右側バッファの内容を左側バッファに第2段目としてコピーします。
 2418: 再度2段組み編集に戻るには、@kbd{@key{F2} s}を使います。
 2419: 
 2420: @kindex F2 d
 2421: @kindex C-x 6 d
 2422: @findex 2C-dissociate
 2423: @c   Use @kbd{@key{F2} d} or @kbd{C-x 6 d} to dissociate the two buffers,
 2424: @c leaving each as it stands (@code{2C-dissociate}).  If the other buffer,
 2425: @c the one not current when you type @kbd{@key{F2} d}, is empty,
 2426: @c @kbd{@key{F2} d} kills it.
 2427: 2つのバッファ間の関連を解消するには、
 2428: @kbd{@key{F2} d}または@kbd{C-x 6 d}(@code{2C-dissociate})を使います。
 2429: コマンドを入力したときにカレントバッファでない側のバッファが空であれば、
 2430: そのバッファは削除します。
 2431: 
 2432: @node Editing Binary Files, Saving Emacs Sessions, Two-Column, Top
 2433: @c @section Editing Binary Files
 2434: @section バイナリファイルの編集
 2435: 
 2436: @c @cindex Hexl mode
 2437: @c @cindex mode, Hexl
 2438: @c @cindex editing binary files
 2439: @cindex hexlモード
 2440: @cindex モード、hexl
 2441: @cindex バイナリファイルの編集
 2442: @c   There is a special major mode for editing binary files: Hexl mode.  To
 2443: @c use it, use @kbd{M-x hexl-find-file} instead of @kbd{C-x C-f} to visit
 2444: @c the file.  This command converts the file's contents to hexadecimal and
 2445: @c lets you edit the translation.  When you save the file, it is converted
 2446: @c automatically back to binary.
 2447: バイナリファイルを編集するための特別なメジャーモード、
 2448: hexlモードがあります。
 2449: このモードを使うには、ファイルを訪問する@kbd{C-x C-f}のかわりに
 2450: @kbd{M-x hexl-find-file}を使います。
 2451: このコマンドはファイルの内容を16進数表現に変換し、
 2452: 変換したものを編集するようにします。
 2453: ファイルを保存すると自動的にバイナリに戻されます。
 2454: 
 2455: @c   You can also use @kbd{M-x hexl-mode} to translate an existing buffer
 2456: @c into hex.  This is useful if you visit a file normally and then discover
 2457: @c it is a binary file.
 2458: @kbd{M-x hexl-mode}を使えば、既存のバッファを16進数表現に変換できます。
 2459: 普通にファイルを訪問してみたら、実はバイナリファイルだとわかった場合に便利です。
 2460: 
 2461: @c   Ordinary text characters overwrite in Hexl mode.  This is to reduce
 2462: @c the risk of accidentally spoiling the alignment of data in the file.
 2463: @c There are special commands for insertion.  Here is a list of the
 2464: @c commands of Hexl mode:
 2465: hexlモードでは通常のテキスト文字は上書きします。
 2466: これはファイル中のデータの配置をまちがって壊してしまう危険を減らすためです。
 2467: 特別な挿入コマンドがあります。
 2468: 以下は、hexlモードで使えるコマンドの一覧です。
 2469: 
 2470: @c I don't think individual index entries for these commands are useful--RMS.
 2471: @table @kbd
 2472: @item C-M-d
 2473: @c Insert a byte with a code typed in decimal.
 2474: 10数進で入力したコードのバイトを挿入する。
 2475: 
 2476: @item C-M-o
 2477: @c Insert a byte with a code typed in octal.
 2478: 8数進で入力したコードのバイトを挿入する。
 2479: 
 2480: @item C-M-x
 2481: @c Insert a byte with a code typed in hex.
 2482: 16数進で入力したコードのバイトを挿入する。
 2483: 
 2484: @item C-x [
 2485: @c Move to the beginning of a 1k-byte ``page.''
 2486: 1kバイト単位の『ページ』の先頭へ移動する。
 2487: 
 2488: @item C-x ]
 2489: @c Move to the end of a 1k-byte ``page.''
 2490: 1kバイト単位の『ページ』の末尾へ移動する。
 2491: 
 2492: @item M-g
 2493: @c Move to an address specified in hex.
 2494: 16進数で指定したアドレス位置へ移動する。
 2495: 
 2496: @item M-j
 2497: @c Move to an address specified in decimal.
 2498: 10進数で指定したアドレス位置へ移動する。
 2499: 
 2500: @item C-c C-c
 2501: @c Leave Hexl mode, going back to the major mode this buffer had before you
 2502: @c invoked @code{hexl-mode}.
 2503: hexlモードを抜け、
 2504: @code{hexl-mode}実行前のこのバッファのメジャーモードに戻る。
 2505: @end table
 2506: 
 2507: @node Saving Emacs Sessions, Recursive Edit, Editing Binary Files, Top
 2508: @c @section Saving Emacs Sessions
 2509: @section Emacsセッションの保存
 2510: @c @cindex saving sessions
 2511: @c @cindex desktop
 2512: @cindex セッションの保存
 2513: @cindex デスクトップ
 2514: 
 2515: @c   You can use the Desktop library to save the state of Emacs from one
 2516: @c session to another.  Saving the state means that Emacs starts up with
 2517: @c the same set of buffers, major modes, buffer positions, and so on that
 2518: @c the previous Emacs session had.
 2519: デスクトップ(desktop)ライブラリを使うと、
 2520: セッションからセッションへEmacsの状態を保存できます。
 2521: 状態を保存するというのは、
 2522: 以前のEmacsセッションで使っていたのと同じバッファ群、メジャーモード、
 2523: バッファ内の位置の状態でEmacsが始まるという意味です。
 2524: 
 2525: @vindex desktop-enable
 2526: @c   To use Desktop, you should use the Customization buffer (@pxref{Easy
 2527: @c Customization}) to set @code{desktop-enable} to a non-@code{nil} value,
 2528: @c or add these lines at the end of your @file{.emacs} file:
 2529: デスクトップ機能を使うには、カスタマイズバッファ
 2530: (@pxref{Easy Customization})を使って
 2531: @code{desktop-enable}に@code{nil}以外の値を設定するか、
 2532: 個人の@file{.emacs}ファイルの末尾に以下のような行を追加します。
 2533: 
 2534: @example
 2535: (desktop-load-default)
 2536: (desktop-read)
 2537: @end example
 2538: 
 2539: @noindent
 2540: @findex desktop-save
 2541: @c The first time you save the state of the Emacs session, you must do it
 2542: @c manually, with the command @kbd{M-x desktop-save}.  Once you have done
 2543: @c that, exiting Emacs will save the state again---not only the present
 2544: @c Emacs session, but also subsequent sessions.  You can also save the
 2545: @c state at any time, without exiting Emacs, by typing @kbd{M-x
 2546: @c desktop-save} again.
 2547: ユーザーが最初にEmacsセッションの状態を保存するときは、
 2548: @kbd{M-x desktop-save}で陽に状態を保存する必要があります。
 2549: 一度これを行っておけば、Emacsを終わるときに
 2550: (現在のセッションだけでなく、それ以降のセッションでも)
 2551: 自動的に状態を保存します。
 2552: また、Emacsを終わらせることなく任意の時点で状態を保存するには、
 2553: @kbd{M-x desktop-save}を使います。
 2554: 
 2555: @c   In order for Emacs to recover the state from a previous session, you
 2556: @c must start it with the same current directory as you used when you
 2557: @c started the previous session.  This is because @code{desktop-read} looks
 2558: @c in the current directory for the file to read.  This means that you can
 2559: @c have separate saved sessions in different directories; the directory in
 2560: @c which you start Emacs will control which saved session to use.
 2561: Emacsがまえのセッションの状態を引き継ぐためには、
 2562: まえのセッションを開始したときと同じカレントディレクトリで
 2563: Emacsを起動する必要があります。
 2564: これは、@code{desktop-read}が読み込むファイルをカレントディレクトリで
 2565: 探すからです。
 2566: つまり、異なるディレクトリごとに別のセッションを保存できることを意味します。
 2567: Emacsを起動するディレクトリで、
 2568: 保存したどのセッションを使うか制御できます。
 2569: 
 2570: @vindex desktop-files-not-to-save
 2571: @c   The variable @code{desktop-files-not-to-save} controls which files are
 2572: @c excluded from state saving.  Its value is a regular expression that
 2573: @c matches the files to exclude.  By default, remote (ftp-accessed) files
 2574: @c are excluded; this is because visiting them again in the subsequent
 2575: @c session would be slow.  If you want to include these files in state
 2576: @c saving, set @code{desktop-files-not-to-save} to @code{"^$"}.
 2577: @c @xref{Remote Files}.
 2578: 変数@code{desktop-files-not-to-save}は、
 2579: 状態保存から除外するファイルを制御します。
 2580: この変数の値は、除外したいファイルに一致する正規表現です。
 2581: デフォルトでは、(ftpで取ってきた)リモートファイルを除外します。
 2582: これはリモートファイルを再度取ってくるとセッションの開始が遅くなるからです。
 2583: リモートファイルも状態保存に含めるには、
 2584: @code{desktop-files-not-to-save}に
 2585: @code{"^$"}と設定します。
 2586: @xref{Remote Files}。
 2587: 
 2588: @node Recursive Edit, Emulation, Saving Emacs Sessions, Top
 2589: @c @section Recursive Editing Levels
 2590: @section 再帰編集レベル
 2591: @c @cindex recursive editing level
 2592: @c @cindex editing level, recursive
 2593: @cindex 再帰編集レベル
 2594: 
 2595: @c   A @dfn{recursive edit} is a situation in which you are using Emacs
 2596: @c commands to perform arbitrary editing while in the middle of another
 2597: @c Emacs command.  For example, when you type @kbd{C-r} inside of a
 2598: @c @code{query-replace}, you enter a recursive edit in which you can change
 2599: @c the current buffer.  On exiting from the recursive edit, you go back to
 2600: @c the @code{query-replace}.
 2601: @dfn{再帰編集}とは、あるEmacsコマンドの実行途中で
 2602: 任意のEmacsコマンドを使って編集を行う状況をいいます。
 2603: たとえば、@code{query-replace}の途中で@kbd{C-r}を打つと、
 2604: 再帰編集に入りカレントバッファを自由に変更できます。
 2605: 再帰編集から抜けると、@code{query-replace}の続きに戻ります。
 2606: 
 2607: @kindex C-M-c
 2608: @findex exit-recursive-edit
 2609: @c @cindex exiting recursive edit
 2610: @cindex 再帰編集からの脱出
 2611: @c   @dfn{Exiting} the recursive edit means returning to the unfinished
 2612: @c command, which continues execution.  The command to exit is @kbd{C-M-c}
 2613: @c (@code{exit-recursive-edit}).
 2614: 再帰編集から@dfn{脱出}するとは、
 2615: 実行途中のコマンドに戻ってその続きを行うことを意味します。
 2616: 脱出のためのコマンドは@kbd{C-M-c}(@code{exit-recursive-edit})です。
 2617: 
 2618: @c   You can also @dfn{abort} the recursive edit.  This is like exiting,
 2619: @c but also quits the unfinished command immediately.  Use the command
 2620: @c @kbd{C-]} (@code{abort-recursive-edit}) to do this.  @xref{Quitting}.
 2621: 再帰編集を@dfn{アボート}することもできます。
 2622: これは脱出と似ていますが、実行途中だったコマンドも一緒に中断します。
 2623: アボートするには、
 2624: @kbd{C-]}(@code{abort-recursive-edit})を使います。
 2625: @xref{Quitting}。
 2626: 
 2627: @c   The mode line shows you when you are in a recursive edit by displaying
 2628: @c square brackets around the parentheses that always surround the major and
 2629: @c minor mode names.  Every window's mode line shows this, in the same way,
 2630: @c since being in a recursive edit is true of Emacs as a whole rather than
 2631: @c any particular window or buffer.
 2632: 再帰編集中は、モード行のメジャー/マイナモード名を
 2633: 囲む丸括弧の外側に中括弧@samp{[@dots{}]}が表示されます。
 2634: 各ウィンドウのモード行すべてにこのように表示されます。
 2635: というのは、特定のウィンドウやバッファではなくEmacs全体が再帰編集に
 2636: 入っているからです。
 2637: 
 2638: @c   It is possible to be in recursive edits within recursive edits.  For
 2639: @c example, after typing @kbd{C-r} in a @code{query-replace}, you may type a
 2640: @c command that enters the debugger.  This begins a recursive editing level
 2641: @c for the debugger, within the recursive editing level for @kbd{C-r}.
 2642: @c Mode lines display a pair of square brackets for each recursive editing
 2643: @c level currently in progress.
 2644: 再帰編集中にさらに再帰編集に入ることもできます。
 2645: たとえば、@code{query-replace}の途中で@kbd{C-r}を打ってから
 2646: デバッガを起動するコマンドを打ったとします。
 2647: すると、@kbd{C-r}による再帰編集の中でさらにデバッガのための再帰編集に
 2648: 入ることになります。
 2649: モード行には、現在の再帰編集レベルの数だけ中括弧の対が表示されます。
 2650: 
 2651: @c   Exiting the inner recursive edit (such as, with the debugger @kbd{c}
 2652: @c command) resumes the command running in the next level up.  When that
 2653: @c command finishes, you can then use @kbd{C-M-c} to exit another recursive
 2654: @c editing level, and so on.  Exiting applies to the innermost level only.
 2655: @c Aborting also gets out of only one level of recursive edit; it returns
 2656: @c immediately to the command level of the previous recursive edit.  If you
 2657: @c wish, you can then abort the next recursive editing level.
 2658: 内側の再帰編集を(たとえばデバッガのコマンド@kbd{c}で)脱出すると、
 2659: 1つ上のレベルでのコマンドが再開されます。
 2660: そのコマンドが終わったところで@kbd{C-M-c}を使うと
 2661: そのレベルの再帰編集を脱出する、
 2662: というようにして再帰編集を終わらせていくことができます。
 2663: 脱出はつねにもっとも内側のレベルに対して起こります。
 2664: また、アボートも1つのレベルの再帰編集から脱出し、
 2665: 1つまえの再帰編集のコマンドレベルに戻ります。
 2666: 必要ならそこでつぎの再帰編集レベルをアボートする、
 2667: というように続けることができます。
 2668: 
 2669: @c   Alternatively, the command @kbd{M-x top-level} aborts all levels of
 2670: @c recursive edits, returning immediately to the top-level command reader.
 2671: あるいは、
 2672: コマンド@kbd{M-x top-level}ですべてのレベルの再帰編集をアボートし、
 2673: ただちにトップレベルのコマンド入力に戻ることができます。
 2674: 
 2675: @c   The text being edited inside the recursive edit need not be the same text
 2676: @c that you were editing at top level.  It depends on what the recursive edit
 2677: @c is for.  If the command that invokes the recursive edit selects a different
 2678: @c buffer first, that is the buffer you will edit recursively.  In any case,
 2679: @c you can switch buffers within the recursive edit in the normal manner (as
 2680: @c long as the buffer-switching keys have not been rebound).  You could
 2681: @c probably do all the rest of your editing inside the recursive edit,
 2682: @c visiting files and all.  But this could have surprising effects (such as
 2683: @c stack overflow) from time to time.  So remember to exit or abort the
 2684: @c recursive edit when you no longer need it.
 2685: 再帰編集の中で編集しているテキストは
 2686: トップレベルで編集しているテキストと同じであるとは限りません。
 2687: 再帰編集の目的によって変わってきます。
 2688: 再帰編集を起動するコマンドがまず別のバッファに切り替えるものなら、
 2689: そのバッファを再帰的に編集することになるでしょう。
 2690: いずれにせよ、再帰編集の内側でも
 2691: (バッファを切り替えるキーが再定義されていない限り)
 2692: 通常どおりバッファを切り替えることができます。
 2693: 残りの編集作業をすべて再帰編集の内側でやってしまい、
 2694: 別のファイルを訪問したりもできます。
 2695: しかしそのようなことをすると、
 2696: ときどき(スタックオーバーフローなどの)痛い目に合う可能性があります。
 2697: ですから、再帰編集が不要になったら忘れずに脱出かアボートしてください。
 2698: 
 2699: @c   In general, we try to minimize the use of recursive editing levels in
 2700: @c GNU Emacs.  This is because they constrain you to ``go back'' in a
 2701: @c particular order---from the innermost level toward the top level.  When
 2702: @c possible, we present different activities in separate buffers so that
 2703: @c you can switch between them as you please.  Some commands switch to a
 2704: @c new major mode which provides a command to switch back.  These
 2705: @c approaches give you more flexibility to go back to unfinished tasks in
 2706: @c the order you choose.
 2707: 一般に、GNU Emacsでは再帰編集レベルを最小限に抑えるように努めています。
 2708: というのは、再帰編集では特定の順、つまり、
 2709: 最内側レベルからトップレベルに向かう順で戻るように強いられるからです。
 2710: このため、別の作業は別のバッファでするようにして、
 2711: ユーザーがそれらの間を自由に行き来できるようにしています。
 2712: たとえば、あるコマンドは新しいメジャーモードに切り替えますが、
 2713: もとのモードに戻るコマンドを用意しておきます。
 2714: このようにしたほうが、やりかけの作業に戻る順番を自由に選べ、
 2715: 柔軟性を提供できます。
 2716: 
 2717: @node Emulation, Dissociated Press, Recursive Edit, Top
 2718: @c @section Emulation
 2719: @section エミュレーション
 2720: @c @cindex emulating other editors
 2721: @c @cindex other editors
 2722: @cindex 他のエディタのエミュレーション
 2723: @cindex 他のエディタ
 2724: @cindex EDT
 2725: @cindex vi
 2726: 
 2727: @c   GNU Emacs can be programmed to emulate (more or less) most other
 2728: @c editors.  Standard facilities can emulate these:
 2729: GNU Emacsは、他のほとんどのエディタの(程度の差はありますが)
 2730: エミュレート(真似を)するようにプログラムできます。
 2731: 標準の機能では、以下のものをエミュレートできます。
 2732: 
 2733: @table @asis
 2734: @c @item EDT (DEC VMS editor)
 2735: @item EDT(DECのVMSエディタ)
 2736: @findex edt-emulation-on
 2737: @findex edt-emulation-off
 2738: @c Turn on EDT emulation with @kbd{M-x edt-emulation-on}.  @kbd{M-x
 2739: @c edt-emulation-off} restores normal Emacs command bindings.
 2740: @kbd{M-x edt-emulation-on}でEDTエミュレーションに入る。
 2741: @kbd{M-x edt-emulation-off}で通常のEmacsのバインディングに戻る。
 2742: 
 2743: @c Most of the EDT emulation commands are keypad keys, and most standard
 2744: @c Emacs key bindings are still available.  The EDT emulation rebindings
 2745: @c are done in the global keymap, so there is no problem switching
 2746: @c buffers or major modes while in EDT emulation.
 2747: EDTエミュレーションコマンドの大部分はキーパッドのキーであり、
 2748: 大部分のEmacsのキーバインディングはそのまま使える。
 2749: EDTエミュレーションのバインディング変更はグローバルキーマップに対して行われ、
 2750: EDTエミュレーションの状態でバッファやメジャーモードを切り替えても問題ない。
 2751: 
 2752: @c @item vi (Berkeley editor)
 2753: @item vi (バークレー エディタ)
 2754: @findex viper-mode
 2755: @c Viper is the newest emulator for vi.  It implements several levels of
 2756: @c emulation; level 1 is closest to vi itself, while level 5 departs
 2757: @c somewhat from strict emulation to take advantage of the capabilities of
 2758: @c Emacs.  To invoke Viper, type @kbd{M-x viper-mode}; it will guide you
 2759: @c the rest of the way and ask for the emulation level.  @inforef{Top,
 2760: @c Viper, viper}.
 2761: viperは最新のviエミュレータである。
 2762: viperでは複数レベルのエミュレーションを実装している。
 2763: レベル1がもっともviに近く、レベル5はviといくらか違うところもあるが、
 2764: そのかわりEmacsの機能も活かせるようになっている。
 2765: viperを起動するには、@kbd{M-x viper-mode}と打つ。
 2766: すると、使い方のガイドを表示し、
 2767: どのレベルのエミュレーションにするかを尋ねてくる。
 2768: @inforef{Top, Viper, viper}。
 2769: 
 2770: @c @item vi (another emulator)
 2771: @item vi (もう1つのエミュレータ)
 2772: @findex vi-mode
 2773: @c @kbd{M-x vi-mode} enters a major mode that replaces the previously
 2774: @c established major mode.  All of the vi commands that, in real vi, enter
 2775: @c ``input'' mode are programmed instead to return to the previous major
 2776: @c mode.  Thus, ordinary Emacs serves as vi's ``input'' mode.
 2777: @kbd{M-x vi-mode}はそれまでのメジャーモードにかわって
 2778: viメジャーモードに入る。
 2779: viの『入力』モードに入るコマンドはすべて、
 2780: それまでのメジャーモードに戻る動作になっている。
 2781: つまり、viの『入力』モードとして普通のEmacsが使えるのである。
 2782: 
 2783: @c Because vi emulation works through major modes, it does not work
 2784: @c to switch buffers during emulation.  Return to normal Emacs first.
 2785: viエミュレーションはメジャーモードとして動くので、
 2786: エミュレーション中にバッファを切り替えることはできない。
 2787: バッファを切り替えたければ、まず通常のEmacsに戻る。
 2788: 
 2789: @c If you plan to use vi emulation much, you probably want to bind a key
 2790: @c to the @code{vi-mode} command.
 2791: viエミュレーションを多用するつもりなら、
 2792: @code{vi-mode}コマンドにキーをバインドしたほうがよいだろう。
 2793: 
 2794: @c @item vi (alternate emulator)
 2795: @item vi (また別のエミュレータ)
 2796: @findex vip-mode
 2797: @c @kbd{M-x vip-mode} invokes another vi emulator, said to resemble real vi
 2798: @c more thoroughly than @kbd{M-x vi-mode}.  ``Input'' mode in this emulator
 2799: @c is changed from ordinary Emacs so you can use @key{ESC} to go back to
 2800: @c emulated vi command mode.  To get from emulated vi command mode back to
 2801: @c ordinary Emacs, type @kbd{C-z}.
 2802: @kbd{M-x vip-mode}は、@kbd{M-x vi-mode}よりもっと
 2803: viに酷似しているといわれる別のviエミュレータを起動する。
 2804: このエミュレータでは『入力』モードも通常のEmacsとは変わっていて、
 2805: @key{ESC}でviコマンドモードに戻る。
 2806: viコマンドモードのエミュレーションから通常のEmacsに戻るには@kbd{C-z}と打つ。
 2807: 
 2808: @c This emulation does not work through major modes, and it is possible
 2809: @c to switch buffers in various ways within the emulator.  It is not
 2810: @c so necessary to assign a key to the command @code{vip-mode} as
 2811: @c it is with @code{vi-mode} because terminating insert mode does
 2812: @c not use it.
 2813: このエミュレータはメジャーモードとして動くのではないので、
 2814: エミュレータを動かしたままさまざまな方法でバッファを切り替えることができる。
 2815: @code{vi-mode}のようにコマンド@code{vi-mode}で
 2816: 入力モードを終了するのではないので、
 2817: @code{vip-mode}にキーを割り当てる必要はない。
 2818: 
 2819: @c @inforef{Top, VIP, vip}, for full information.
 2820: より詳しくは@inforef{Top, VIP, vip}。
 2821: @end table
 2822: 
 2823: @node Dissociated Press, Amusements, Emulation, Top
 2824: @c @section Dissociated Press
 2825: @section まぜこぜ新聞(Dissociated Press)
 2826: 
 2827: @findex dissociated-press
 2828: @c   @kbd{M-x dissociated-press} is a command for scrambling a file of text
 2829: @c either word by word or character by character.  Starting from a buffer of
 2830: @c straight English, it produces extremely amusing output.  The input comes
 2831: @c from the current Emacs buffer.  Dissociated Press writes its output in a
 2832: @c buffer named @samp{*Dissociation*}, and redisplays that buffer after every
 2833: @c couple of lines (approximately) so you can read the output as it comes out.
 2834: @kbd{M-x dissociated-press}はテキストを、単語単位、または、文字単位で
 2835: 混ぜ合わせるコマンドです。
 2836: 普通の英語をバッファに入れた状態でこれを実行すると、
 2837: きわめておもしろい結果が生成されます。
 2838: 入力はカレントバッファから取り、
 2839: 出力は@samp{*Dissociation*}というバッファに書き込みます
 2840: (およそ2、3行生成するごとにバッファが再表示されるので、
 2841: 生成内容を順次読めます)。
 2842: 
 2843: @c   Dissociated Press asks every so often whether to continue generating
 2844: @c output.  Answer @kbd{n} to stop it.  You can also stop at any time by
 2845: @c typing @kbd{C-g}.  The dissociation output remains in the
 2846: @c @samp{*Dissociation*} buffer for you to copy elsewhere if you wish.
 2847: @kbd{M-x dissociated-press}は定期的にもっと出力を続けるかどうか聞いてきます。
 2848: @kbd{n}と答えると生成をやめます。
 2849: また、@kbd{C-g}を打てばいつでも止められます。
 2850: 出力はバッファ@samp{*Dissociation*}に残っていますから、
 2851: 必要ならどこへでもコピーできます。
 2852: 
 2853: @c @cindex presidentagon
 2854: @c   Dissociated Press operates by jumping at random from one point in the
 2855: @c buffer to another.  In order to produce plausible output rather than
 2856: @c gibberish, it insists on a certain amount of overlap between the end of
 2857: @c one run of consecutive words or characters and the start of the next.
 2858: @c That is, if it has just printed out `president' and then decides to jump
 2859: @c to a different point in the file, it might spot the `ent' in `pentagon'
 2860: @c and continue from there, producing `presidentagon'.@footnote{This
 2861: @c dissociword actually appeared during the Vietnam War, when it was very
 2862: @c appropriate.}  Long sample texts produce the best results.
 2863: @kbd{M-x dissociated-press}はバッファ中のある箇所からランダムに
 2864: 別の箇所にジャンプすることを繰り返していきます。
 2865: ただのゴミではなくおもしろい出力が得られるように、
 2866: ある一連の単語列からつぎの一連の単語列に移る際に、
 2867: それらのあいだに一定の重複があるようにします。
 2868: つまり、たとえばpresidentと出力したところで別の場所にジャンプすることに
 2869: 決めたら、最後にあったentと同じ文字列のある単語、
 2870: たとえばpentagonのところに飛んでそこから続けるので、
 2871: 結果としてpregidentagon
 2872: @footnote{この合成語は、
 2873: ベトナム戦争中にまさにそれにぴったりの意味で実際に使われたことがある。}
 2874: というのが生成されるわけです。
 2875: 元テキストが長いとたいへんおもしろい結果を得られます。
 2876: 
 2877: @c @cindex againformation
 2878: @c   A positive argument to @kbd{M-x dissociated-press} tells it to operate
 2879: @c character by character, and specifies the number of overlap characters.  A
 2880: @c negative argument tells it to operate word by word and specifies the number
 2881: @c of overlap words.  In this mode, whole words are treated as the elements to
 2882: @c be permuted, rather than characters.  No argument is equivalent to an
 2883: @c argument of two.  For your againformation, the output goes only into the
 2884: @c buffer @samp{*Dissociation*}.  The buffer you start with is not changed.
 2885: @kbd{M-x dissociated-press}に正の数引数を渡すと
 2886: 文字単位で動作し、その数値は重複する文字数を指定します。
 2887: また、負の数引数を渡すと単語単位で動作し、その数値(の絶対値)で重複する
 2888: 単語数を指定します。
 2889: 引数を指定しないと「2」を指定したのと同じになります。
 2890: 繰り返しますが、出力はつねにバッファ@samp{*Dissociation*}に現れます。
 2891: もとのバッファは変更されません。
 2892: 
 2893: @c @cindex Markov chain
 2894: @cindex マルコフ連鎖
 2895: @c @cindex ignoriginal
 2896: @c @cindex techniquitous
 2897: @c   Dissociated Press produces nearly the same results as a Markov chain
 2898: @c based on a frequency table constructed from the sample text.  It is,
 2899: @c however, an independent, ignoriginal invention.  Dissociated Press
 2900: @c techniquitously copies several consecutive characters from the sample
 2901: @c between random choices, whereas a Markov chain would choose randomly for
 2902: @c each word or character.  This makes for more plausible sounding results,
 2903: @c and runs faster.
 2904: @kbd{M-x dissociated-press}は、入力テキストから頻度表を作って
 2905: マルコフ連鎖を適用したのに近い結果をもたらしますが、
 2906: それ自体はきわめてオリジナルな発明です。
 2907: というのは、マルコフ連鎖では単に乱数に基づいて文字や語を選ぶだけなのに対し、
 2908: このコマンドでは乱数に基づいて連続した文字や語をコピーしてくるからです。
 2909: このため、より高速な実行が可能ですし、読んでおもしろい結果が得られます。
 2910: 
 2911: @c @cindex outragedy
 2912: @c @cindex buggestion
 2913: @c @cindex properbose
 2914: @c @cindex mustatement
 2915: @c @cindex developediment
 2916: @c @cindex userenced
 2917: @c   It is a mustatement that too much use of Dissociated Press can be a
 2918: @c developediment to your real work.  Sometimes to the point of outragedy.
 2919: @c And keep dissociwords out of your documentation, if you want it to be well
 2920: @c userenced and properbose.  Have fun.  Your buggestions are welcome.
 2921: @kbd{M-x dissociated-press}の使いすぎは仕事に差し支え、
 2922: 場合によっては重大な障碍となりますから注意しましょう。
 2923: また、ユーザーに受け入れてもらうためにも、
 2924: マニュアルにこのコマンドの出力を利用するのはやめたほうがよいです。
 2925: でも、せいぜい楽しんで、よかったらバグの提案もよろしく。
 2926: @footnote{【訳注】 この段落自体、@kbd{M-x dissociated-press}で生成したような
 2927: ものなので、原文を掲載しておく。 @*
 2928: It is a mustatement that too much use of Dissociated Press can be a
 2929: developediment to your real work.  Sometimes to the point of outragedy.
 2930: And keep dissociwords out of your documentation, if you want it to be well
 2931: userenced and properbose.  Have fun.  Your buggestions are welcome.}
 2932: 
 2933: @node Amusements, Customization, Dissociated Press, Top
 2934: @c @section Other Amusements
 2935: @section その他の娯楽
 2936: @c @cindex boredom
 2937: @cindex 退屈したら
 2938: @findex hanoi
 2939: @findex yow
 2940: @findex gomoku
 2941: @findex mpuz
 2942: @c @cindex tower of Hanoi
 2943: @cindex ハノイの塔
 2944: 
 2945: @c   If you are a little bit bored, you can try @kbd{M-x hanoi}.  If you are
 2946: @c considerably bored, give it a numeric argument.  If you are very very
 2947: @c bored, try an argument of 9.  Sit back and watch.
 2948: 退屈なときは、@kbd{M-x hanoi}を試してください。
 2949: ひどく退屈なら、数引数を指定してください。
 2950: ものすごく、ひどく退屈なら、「9」を指定するとよいでしょう。
 2951: まあやってみてください。
 2952: 
 2953: @c @cindex Go Moku
 2954: @cindex 五目
 2955: @c   If you want a little more personal involvement, try @kbd{M-x gomoku},
 2956: @c which plays the game Go Moku with you.
 2957: もう少し積極的に何かしたいなら、@kbd{M-x gomoku}を試してください。
 2958: これは五目並べのプログラムです。
 2959: 
 2960: @findex blackbox
 2961: @findex mpuz
 2962: @c @cindex puzzles
 2963: @cindex パズル
 2964: @c   @kbd{M-x blackbox} and @kbd{M-x mpuz} are two kinds of puzzles.
 2965: @c @code{blackbox} challenges you to determine the location of objects
 2966: @c inside a box by tomography.  @code{mpuz} displays a multiplication
 2967: @c puzzle with letters standing for digits in a code that you must
 2968: @c guess---to guess a value, type a letter and then the digit you think it
 2969: @c stands for.
 2970: @kbd{M-x blackbox}と@kbd{M-x mpuz}は2種類のパズルです。
 2971: @code{blackbox}は箱の中の物の位置を当てるゲームです。
 2972: @code{mpuz}は掛け算の覆面算で、英字に対応している数字を当てるゲームです。
 2973: 英字を打ってからその英字に対応していると思う数字を打ち込みます。
 2974: 
 2975: @findex dunnet
 2976: @c   @kbd{M-x dunnet} runs an adventure-style exploration game, which is
 2977: @c a bigger sort of puzzle.
 2978: @kbd{M-x dunnet}はアドベンチャー風の探検ゲームで、
 2979: 大きなパズルだと思えばよいでしょう。
 2980: 
 2981: @c   When you are frustrated, try the famous Eliza program.  Just do
 2982: @c @kbd{M-x doctor}.  End each input by typing @key{RET} twice.
 2983: いらいらするときは、有名なElizaプログラムを試してみてください。
 2984: @kbd{M-x doctor}と打つだけです。
 2985: 1つの入力の終りには@key{RET}を2回打ちます。
 2986: 
 2987: @cindex Zippy
 2988: @c   When you are feeling strange, type @kbd{M-x yow}.
 2989: 奇妙な感じがするときは、@kbd{M-x yow}と打ってみてください。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>