File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / m-x-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 高汐一紀@電気通信大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c =============================================================
    5: @c This is part of the Emacs manual.
    6: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    7: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    8: @node M-x, Help, Minibuffer, Top
    9: @c @chapter Running Commands by Name
   10: @chapter 名前でコマンドを実行する方法
   11: 
   12: @c   The Emacs commands that are used often or that must be quick to type are
   13: @c bound to keys---short sequences of characters---for convenient use.  Other
   14: @c Emacs commands that do not need to be brief are not bound to keys; to run
   15: @c them, you must refer to them by name.
   16: 使用頻度の高いコマンドや素早い打鍵が必要なEmacsコマンドは、
   17: 使い勝手をよくするために、キー(文字の短い列)にバインドしてあります。
   18: 短縮する必要のないその他のEmacsコマンドはキーにバインドしてありません。
   19: これらのコマンドを実行するには、コマンド名を使う必要があります。
   20: 
   21: @c   A command name is, by convention, made up of one or more words,
   22: @c separated by hyphens; for example, @code{auto-fill-mode} or
   23: @c @code{manual-entry}.  The use of English words makes the command name
   24: @c easier to remember than a key made up of obscure characters, even though
   25: @c it is more characters to type.
   26: 慣習として、コマンド名は1単語かハイフンで区切った2語以上の単語です。
   27: たとえば、@code{auto-fill-mode}や@code{manual-entry}です。
   28: たとえ打鍵文字数が多くなったとしても、
   29: (意図が)不明瞭な文字数個をキーとして使うよりも、
   30: 英単語をコマンド名として使うほうが覚えやすいのです。
   31: 
   32: @kindex M-x
   33: @c   The way to run a command by name is to start with @kbd{M-x}, type the
   34: @c command name, and finish it with @key{RET}.  @kbd{M-x} uses the
   35: @c minibuffer to read the command name.  @key{RET} exits the minibuffer and
   36: @c runs the command.  The string @samp{M-x} appears at the beginning of the
   37: @c minibuffer as a @dfn{prompt} to remind you to enter the name of a
   38: @c command to be run.  @xref{Minibuffer}, for full information on the
   39: @c features of the minibuffer.
   40: コマンドをその名前で実行するには、@kbd{M-x}で始めて、
   41: コマンド名を打ち込み、@key{RET}で終えます。
   42: @kbd{M-x}は、コマンド名を読むためにミニバッファを使います。
   43: @key{RET}キーはミニバッファを抜けてコマンドを実行します。
   44: このとき、@dfn{プロンプト}として文字列@samp{M-x}を
   45: ミニバッファの先頭に表示して、
   46: 実行するコマンド名を入力しなければならないことをユーザーに示します。
   47: ミニバッファの詳細については、@xref{Minibuffer}。
   48: 
   49: @c   You can use completion to enter the command name.  For example, the
   50: @c command @code{forward-char} can be invoked by name by typing
   51: コマンド名の入力には、補完を使えます。
   52: たとえば、つぎのように打って、
   53: コマンド@code{forward-char}を起動できます。
   54: 
   55: @example
   56: M-x forward-char @key{RET}
   57: @end example
   58: 
   59: @noindent
   60: @c or
   61: あるいは、
   62: 
   63: @example
   64: M-x forw @key{TAB} c @key{RET}
   65: @end example
   66: 
   67: @noindent
   68: @c Note that @code{forward-char} is the same command that you invoke with
   69: @c the key @kbd{C-f}.  You can run any Emacs command by name using
   70: @c @kbd{M-x}, whether or not any keys are bound to it.
   71: とします。
   72: ここで、@code{forward-char}は、
   73: @kbd{C-f}キーで起動されるコマンドと同じです。
   74: コマンドがキーにバインドしてあるかどうかに関わらず、
   75: @kbd{M-x}ですべてのEmacsコマンドを名前で起動できます。
   76: 
   77: @c   If you type @kbd{C-g} while the command name is being read, you cancel
   78: @c the @kbd{M-x} command and get out of the minibuffer, ending up at top level.
   79: コマンド名を入力中に@kbd{C-g}を打つと、
   80: @kbd{M-x}コマンドを取り消してミニバッファから抜け出し、
   81: 最終的にはトップレベルに戻ります。
   82: 
   83: @c   To pass a numeric argument to the command you are invoking with
   84: @c @kbd{M-x}, specify the numeric argument before the @kbd{M-x}.  @kbd{M-x}
   85: @c passes the argument along to the command it runs.  The argument value
   86: @c appears in the prompt while the command name is being read.
   87: @kbd{M-x}で起動するコマンドに数引数を渡すには、
   88: @kbd{M-x}を打つまえに、数引数を指定します。
   89: @kbd{M-x}は、実行する関数に引数を渡します。
   90: 引数の値は、コマンド名を読み込んでいるあいだ、プロンプトに表示されます。
   91: 
   92: @vindex suggest-key-bindings
   93: @c   If the command you type has a key binding of its own, Emacs mentions
   94: @c this in the echo area, two seconds after the command finishes (if you
   95: @c don't type anything else first).  For example, if you type @kbd{M-x
   96: @c forward-word}, the message says that you can run the same command more
   97: @c easily by typing @kbd{M-f}.  You can turn off these messages by setting
   98: @c @code{suggest-key-bindings} to @code{nil}.
   99: 入力したコマンドに専用のキーバインドがある場合には、
  100: Emacsはその旨エコー領域に表示します。
  101: この表示は、コマンドの実行が終了したあと、2秒間表示されます
  102: (すぐに何かを打てば、この限りではない)。
  103: たとえば、コマンド@kbd{M-x forward-word}を入力した場合、
  104: @kbd{M-f}と打ったほうが簡単に同じコマンドを実行できるという意味の
  105: メッセージが表示されます。
  106: @code{suggest-key-bindings}に@code{nil}を設定すれば、
  107: これらのメッセージ表示をオフにできます。
  108: 
  109: @c   Normally, when describing in this manual a command that is run by
  110: @c name, we omit the @key{RET} that is needed to terminate the name.  Thus
  111: @c we might speak of @kbd{M-x auto-fill-mode} rather than @kbd{M-x
  112: @c auto-fill-mode @key{RET}}.  We mention the @key{RET} only when there is
  113: @c a need to emphasize its presence, such as when we show the command
  114: @c together with following arguments.
  115: 本書では、名前で実行するコマンドの説明において、
  116: 名前を終えるために必要な@key{RET}を省略します。
  117: つまり、@kbd{M-x auto-fill-mode @key{RET}}ではなく、
  118: @kbd{M-x auto-fill-mode}とします。
  119: コマンド名に続く引数も示す場合のように、
  120: @key{RET}が必要なことを強調する場合にのみ、
  121: @key{RET}を書きます。
  122: 
  123: @findex execute-extended-command
  124: @c   @kbd{M-x} works by running the command
  125: @c @code{execute-extended-command}, which is responsible for reading the
  126: @c name of another command and invoking it.
  127: @kbd{M-x}は、@code{execute-extended-command}を実行することで動作します。
  128: @code{execute-extended-command}は、
  129: 他のコマンドの名前を読み取って、それを実行する役割を担うコマンドです。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>