File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / help-ja.texi
Revision 1.2: download - view: text, annotated - select for diffs
Sat Jun 11 07:02:50 2005 UTC (15 years, 4 months ago) by futoshi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
Format html with makeinfo.
Some "@ininfo"s (for @menu and @top) replace to "@ifnottex"s.

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 高汐一紀@電気通信大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =============================================================
    6: @c This is part of the Emacs manual.
    7: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    8: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    9: @node Help, Mark, M-x, Top
   10: @c @chapter Help
   11: @chapter ヘルプ機能
   12: @kindex Help
   13: @c @cindex help
   14: @cindex ヘルプ機能
   15: @c @cindex self-documentation
   16: @cindex セルフドキュメント
   17: @findex help-command
   18: @kindex C-h
   19: @kindex F1
   20: 
   21: @c   Emacs provides extensive help features accessible through a single
   22: @c character, @kbd{C-h}.  @kbd{C-h} is a prefix key that is used only for
   23: @c documentation-printing commands.  The characters that you can type after
   24: @c @kbd{C-h} are called @dfn{help options}.  One help option is @kbd{C-h};
   25: @c that is how you ask for help about using @kbd{C-h}.  To cancel, type
   26: @c @kbd{C-g}.  The function key @key{F1} is equivalent to @kbd{C-h}.
   27: Emacsには、@kbd{C-h}のたった1文字で呼び出せる
   28: 高度なヘルプ機能があります。
   29: @kbd{C-h}は、説明文表示コマンドのためだけに使われるプレフィックスキーです。
   30: @kbd{C-h}のあとに打つ文字(列)を
   31: @dfn{ヘルプオプション}(help options)と呼びます。
   32: @kbd{C-h}もヘルプオプションの1つであって、
   33: @kbd{C-h}の使い方を調べることができます。
   34: 途中で取り消すには、@kbd{C-g}を打ちます。
   35: ファンクションキー@key{F1}は、@kbd{C-h}と等価です。
   36: 
   37: @kindex C-h C-h
   38: @findex help-for-help
   39: @c   @kbd{C-h C-h} (@code{help-for-help}) displays a list of the possible
   40: @c help options, each with a brief description.  Before you type a help
   41: @c option, you can use @key{SPC} or @key{DEL} to scroll through the list.
   42: @kbd{C-h C-h}(@code{help-for-help})は、
   43: 利用可能なヘルプオプションの一覧を簡素な説明とともに表示します。
   44: ヘルプオプションを打つまでは、
   45: @key{SPC}や@key{DEL}で一覧をスクロールできます。
   46: 
   47: @c   @kbd{C-h} or @key{F1} means ``help'' in various other contexts as
   48: @c well.  For example, in the middle of @code{query-replace}, it describes
   49: @c the options available for how to operate on the current match.  After a
   50: @c prefix key, it displays a list of the alternatives that can follow the
   51: @c prefix key.  (A few prefix keys don't support @kbd{C-h}, because they
   52: @c define other meanings for it, but they all support @key{F1}.)
   53: @kbd{C-h}や@key{F1}は、他のさまざまな状況でも『ヘルプ』を意味します。
   54: たとえば、@code{query-replace}の実行中には、
   55: 今一致している文字列に対して適用可能な操作を説明します。
   56: プレフィックスキーに続けて@kbd{C-h}や@key{F1}を打つと、
   57: そのプレフィックスキーに続けることができるキーの一覧を表示します。
   58: (@kbd{C-h}に独自の意味を定義しているプレフィックスキーもあり、
   59: そのような場合には@kbd{C-h}を使えない。
   60: しかし、@key{F1}はすべてのプレフィックスキーで使える。)
   61: 
   62: @c   Most help buffers use a special major mode, Help mode, which lets you
   63: @c scroll conveniently with @key{SPC} and @key{DEL}.
   64: ほとんどのヘルプバッファでは、特別なメジャーモードである
   65: ヘルプ(help)モードを使います。
   66: ヘルプ(help)モードでは、
   67: @key{SPC}と@key{DEL}で画面を簡単にスクロールできます。
   68: 
   69: @menu
   70: * Help Summary::	Brief list of all Help commands.
   71: * Key Help::		Asking what a key does in Emacs.
   72: * Name Help::		Asking about a command, variable or function name.
   73: * Apropos::		Asking what pertains to a given topic.
   74: * Library Keywords::	Finding Lisp libraries by keywords (topics).
   75: * Language Help::       Help relating to international language support.
   76: * Help Mode::           Special features of Help mode and Help buffers.
   77: * Misc Help::		Other help commands.
   78: @end menu
   79: 
   80: @iftex
   81: @node Help Summary, Help Summary, , Help
   82: @end iftex
   83: @c @ifinfo
   84: @ifnottex
   85: @node Help Summary, Key Help, , Help
   86: @c @section Help Summary
   87: @section ヘルプのまとめ
   88: @c @end ifinfo
   89: @end ifnottex
   90: 
   91: @c   Here is a summary of the defined help commands.
   92: 定義されているヘルプコマンドを以下にまとめておきます。
   93: 
   94: @table @kbd
   95: @item C-h a @var{regexp} @key{RET}
   96: @c Display a list of commands whose names match @var{regexp}
   97: @c (@code{apropos-command}).
   98: 正規表現@var{regexp}に一致する名前を持つコマンドの一覧を表示する
   99: (@code{apropos-command})。
  100: @item C-h b
  101: @c Display a table of all key bindings in effect now, in this order: minor
  102: @c mode bindings, major mode bindings, and global bindings
  103: @c (@code{describe-bindings}).
  104: 現在有効なすべてのキーバインドの一覧を、
  105: マイナモードのバインディング、
  106: メジャーモードのバインディング、
  107: グローバルバインディングの順に表示する
  108: (@code{describe-bindings})。
  109: @item C-h c @var{key}
  110: @c Print the name of the command that @var{key} runs
  111: @c (@code{describe-key-briefly}).  Here @kbd{c} stands for `character'.  For more
  112: @c extensive information on @var{key}, use @kbd{C-h k}.
  113: @var{key}が実行するコマンドの名前を表示する(@code{describe-key-briefly})。
  114: ここで、@kbd{c}は『character』(文字)のcのこと。
  115: @var{key}のさらに詳しい情報を得るには、@kbd{C-h k}を使う。
  116: @item C-h f @var{function} @key{RET}
  117: @c Display documentation on the Lisp function named @var{function}
  118: @c (@code{describe-function}).  Since commands are Lisp functions,
  119: @c a command name may be used.
  120: Lisp関数@var{function}の説明文を表示する
  121: (@code{describe-function})。
  122: コマンドはLisp関数なので、コマンド名も使える。
  123: @item C-h h
  124: @c Display the @file{hello} file, which shows examples of various character
  125: @c sets.
  126: さまざまな文字集合の例文を例示する@file{hello}ファイルを表示する。
  127: @item C-h i
  128: @c Run Info, the program for browsing documentation files (@code{info}).
  129: @c The complete Emacs manual is available on-line in Info.
  130: ドキュメントファイルを閲覧するプログラム、
  131: infoを起動する(@code{info})。
  132: infoでは、完全なEmacsマニュアルをオンラインで見ることができる。
  133: @item C-h k @var{key}
  134: @c Display the name and documentation of the command that @var{key} runs
  135: @c (@code{describe-key}).
  136: @var{key}が実行するコマンドの名前と説明文を表示する
  137: (@code{describe-key})。
  138: @item C-h l
  139: @c Display a description of the last 100 characters you typed
  140: @c (@code{view-lossage}).
  141: これまでに打鍵した最後の100文字を表示する(@code{view-lossage})。
  142: @item C-h m
  143: @c Display documentation of the current major mode (@code{describe-mode}).
  144: 現在のメジャーモードの説明文を表示する
  145: (@code{describe-mode})。
  146: @item C-h n
  147: @c Display documentation of Emacs changes, most recent first
  148: @c (@code{view-emacs-news}).
  149: Emacsの変更点に関する説明を最新のものから順に表示する
  150: (@code{view-emacs-news})。
  151: @item C-h p
  152: @c Find packages by topic keyword (@code{finder-by-keyword}).
  153: トピックのキーワードで、一致するパッケージを探す
  154: (@code{finder-by-keyword})。
  155: @item C-h s
  156: @c Display current contents of the syntax table, plus an explanation of
  157: @c what they mean (@code{describe-syntax}).  @xref{Syntax}.
  158: 現在の構文テーブルとその意味の説明を表示する
  159: (@code{describe-syntax})。
  160: @pxref{Syntax}。
  161: @item C-h t
  162: @c Enter the Emacs interactive tutorial (@code{help-with-tutorial}).
  163: Emacsの対話型のチュートリアルに入る
  164: (@code{help-with-tutorial})。
  165: @item C-h v @var{var} @key{RET}
  166: @c Display the documentation of the Lisp variable @var{var}
  167: @c (@code{describe-variable}).
  168: Lisp変数@var{var}の説明文を表示する
  169: (@code{describe-variable})。
  170: @item C-h w @var{command} @key{RET}
  171: @c Print which keys run the command named @var{command} (@code{where-is}).
  172: コマンド@var{command}を実行するキーを表示する
  173: (@code{where-is})。
  174: @item C-h C @var{coding} @key{RET}
  175: @c Describe coding system @var{coding}
  176: @c (@code{describe-coding-system}).
  177: コーディングシステム@var{coding}を説明する
  178: (@code{describe-coding-system})。
  179: @item C-h C @key{RET}
  180: @c Describe the coding systems currently in use.
  181: 現在使用中のコーディングシステムを説明する。
  182: @item C-h I @var{method} @key{RET}
  183: @c Describe an input method (@code{describe-input-method}).
  184: 入力方式を説明する(@code{describe-input-method})。
  185: @item C-h L @var{language-env} @key{RET}
  186: @c Describe information on the character sets, coding systems and input
  187: @c methods used for language environment @var{language-env}
  188: @c (@code{describe-language-environment}).
  189: 言語環境@var{language-env}において使われる、
  190: 文字集合、コーディングシステム、入力方式を説明する
  191: (@code{describe-language-environment})。
  192: @item C-h C-c
  193: @c Display the copying conditions for GNU Emacs.
  194: GNU Emacsのコピーライトを表示する。
  195: @item C-h C-d
  196: @c Display information about getting new versions of GNU Emacs.
  197: GNU Emacsの新版の入手方法に関する情報を表示する。
  198: @item C-h C-f @var{function} @key{RET}
  199: @c Enter Info and go to the node documenting the Emacs function @var{function}
  200: @c (@code{Info-goto-emacs-command-node}).
  201: infoに入って、Emacsの関数@var{function}を説明しているノードに移動する
  202: (@code{Info-goto-emacs-command-node})。
  203: @item C-h C-k @var{key}
  204: @c Enter Info and go to the node where the key sequence @var{key} is
  205: @c documented (@code{Info-goto-emacs-key-command-node}).
  206: infoに入って、キー列@var{key}を説明しているノードに移動する
  207: (@code{Info-goto-emacs-key-command-node})。
  208: @item C-h C-p
  209: @c Display information about the GNU Project.
  210: GNUプロジェクトに関する情報を表示する。
  211: @item C-h @key{TAB} @var{symbol} @key{RET}
  212: @c Display the Info documentation on symbol @var{symbol} according to the
  213: @c programming language you are editing (@code{info-lookup-symbol}).
  214: 編集中のプログラム言語に応じて、
  215: シンボル@var{symbol}に関するinfoドキュメントを表示する
  216: (@code{info-lookup-symbol})。
  217: @end table
  218: 
  219: @node Key Help, Name Help, Help Summary, Help
  220: @c @section Documentation for a Key
  221: @section キーに関する説明
  222: 
  223: @kindex C-h c
  224: @findex describe-key-briefly
  225: @c   The most basic @kbd{C-h} options are @kbd{C-h c}
  226: @c (@code{describe-key-briefly}) and @w{@kbd{C-h k}} (@code{describe-key}).
  227: @c @kbd{C-h c @var{key}} prints in the echo area the name of the command
  228: @c that @var{key} is bound to.  For example, @kbd{C-h c C-f} prints
  229: @c @samp{forward-char}.  Since command names are chosen to describe what
  230: @c the commands do, this is a good way to get a very brief description of
  231: @c what @var{key} does.
  232: @kbd{C-h}のもっとも基本的なオプションは、
  233: @kbd{C-h c}(@code{describe-key-briefly})と
  234: @w{@kbd{C-h k}}(@code{describe-key})です。
  235: @kbd{C-h c @var{key}}は、
  236: @var{key}にバインドしてあるコマンド名をエコー領域に表示します。
  237: たとえば、@kbd{C-h c C-f}と打てば@samp{forward-char}と表示されます。
  238: コマンド名はそのコマンドが何をするかを表すように選んでありますから、
  239: キー@var{key}が何をするかをちょっと調べたい場合に、よい方法です。
  240: 
  241: @kindex C-h k
  242: @findex describe-key
  243: @c   @kbd{C-h k @var{key}} is similar but gives more information: it
  244: @c displays the documentation string of the command as well as its name.
  245: @c This is too big for the echo area, so a window is used for the display.
  246: @kbd{C-h k @var{key}}も同様ですが、より多くの情報を表示します。
  247: つまり、コマンドの名前だけでなく、説明文も表示します。
  248: その内容はエコー領域に表示するには多すぎるため、
  249: ウィンドウに表示します。
  250: 
  251: @c   @kbd{C-h c} and @kbd{C-h k} work for any sort of key sequences,
  252: @c including function keys and mouse events.
  253: @kbd{C-h c}や@kbd{C-h k}は、ファンクションキーやマウスイベントも含めた、
  254: あらゆるキー列に適用できます。
  255: 
  256: @node Name Help, Apropos, Key Help, Help
  257: @c @section Help by Command or Variable Name
  258: @section コマンド名や変数名によるヘルプ表示
  259: 
  260: @kindex C-h f
  261: @findex describe-function
  262: @c   @kbd{C-h f} (@code{describe-function}) reads the name of a Lisp function
  263: @c using the minibuffer, then displays that function's documentation string
  264: @c in a window.  Since commands are Lisp functions, you can use this to get
  265: @c the documentation of a command that you know by name.  For example,
  266: @kbd{C-h f}(@code{describe-function})は、
  267: ミニバッファでLisp関数の名前を読み取り、
  268: その関数の説明文字列をウィンドウに表示します。
  269: コマンドはLisp関数ですから、
  270: 名前を知っているコマンドであれば、
  271: その説明文を得ることができます。
  272: たとえば、
  273: 
  274: @example
  275: C-h f auto-fill-mode @key{RET}
  276: @end example
  277: 
  278: @noindent
  279: @c displays the documentation of @code{auto-fill-mode}.  This is the only
  280: @c way to get the documentation of a command that is not bound to any key
  281: @c (one which you would normally run using @kbd{M-x}).
  282: とすると、@code{auto-fill-mode}の説明文字列を表示できます。
  283: どのキーにもバインドしていない
  284: (つまり、通常@kbd{M-x}で起動する)コマンドの説明文字列を見るには、
  285: この方法しかありません。
  286: 
  287: @c   @kbd{C-h f} is also useful for Lisp functions that you are planning to
  288: @c use in a Lisp program.  For example, if you have just written the
  289: @c expression @code{(make-vector len)} and want to check that you are using
  290: @c @code{make-vector} properly, type @kbd{C-h f make-vector @key{RET}}.
  291: @c Because @kbd{C-h f} allows all function names, not just command names,
  292: @c you may find that some of your favorite abbreviations that work in
  293: @c @kbd{M-x} don't work in @kbd{C-h f}.  An abbreviation may be unique
  294: @c among command names yet fail to be unique when other function names are
  295: @c allowed.
  296: @kbd{C-h f}はまた、
  297: Lispプログラムの中で使おうと考えているLisp関数に対しても有益です。
  298: たとえば、式@code{(make-vector len)}を書いたとしましょう。
  299: @code{make-vector}を正しく使っているかどうか調べたいときには、
  300: @kbd{C-h f make-vector @key{RET}}と打ちます。
  301: @kbd{C-h f}は、コマンド名だけでなく、すべての関数名に適用できるので、
  302: 普段@kbd{M-x}で使えている省略形が@kbd{C-h f}では使えないかもしれません。
  303: ある省略形がコマンド名としては一意であったとしても、
  304: 他の関数名を含めてみると一意ではない場合もあります。
  305: 
  306: @c   The function name for @kbd{C-h f} to describe has a default which is
  307: @c used if you type @key{RET} leaving the minibuffer empty.  The default is
  308: @c the function called by the innermost Lisp expression in the buffer around
  309: @c point, @emph{provided} that is a valid, defined Lisp function name.  For
  310: @c example, if point is located following the text @samp{(make-vector (car
  311: @c x)}, the innermost list containing point is the one that starts with
  312: @c @samp{(make-vector}, so the default is to describe the function
  313: @c @code{make-vector}.
  314: ミニバッファで@key{RET}だけを打ってミニバッファが空の場合、
  315: @kbd{C-h f}に与えられる関数名にはデフォルト値があります。
  316: デフォルト値は、バッファ内のポイント周辺でもっとも内側のLisp式で
  317: 呼び出される関数ですが、それが定義された正しいLisp関数の名前で
  318: ある場合に@emph{限ります}。
  319: たとえば、@samp{(make-vector (car x)}というテキストの直後にポイントがあると、
  320: ポイントを含むもっとも内側のリストは@samp{(make-vector}から始まる部分なので、
  321: デフォルトは関数@code{make-vector}です。
  322: 
  323: @c   @kbd{C-h f} is often useful just to verify that you have the right
  324: @c spelling for the function name.  If @kbd{C-h f} mentions a name from the
  325: @c buffer as the default, that name must be defined as a Lisp function.  If
  326: @c that is all you want to know, just type @kbd{C-g} to cancel the @kbd{C-h
  327: @c f} command, then go on editing.
  328: @kbd{C-h f}は、関数名の綴りが正しことを
  329: 単に確認するためだけにも役立ちます。
  330: @kbd{C-h f}がバッファ内の名前をデフォルトとして表示すれば、
  331: その名前はLisp関数として定義されているはずです。
  332: これだけを確認したいのであれば、
  333: @kbd{C-g}を打って@kbd{C-h f}コマンドを取り消して、編集を続けます。
  334: 
  335: @kindex C-h w
  336: @findex where-is
  337: @c   @kbd{C-h w @var{command} @key{RET}} tells you what keys are bound to
  338: @c @var{command}.  It prints a list of the keys in the echo area.  If it
  339: @c says the command is not on any key, you must use @kbd{M-x} to run it.
  340: @c @kbd{C-h w} runs the command @code{where-is}.
  341: @kbd{C-h w @var{command} @key{RET}}は、
  342: どのキーを@var{command}にバインドしてあるかを表示します。
  343: キーの一覧をエコー領域に表示します。
  344: どのキーにも割り当てられていないと表示された場合は、
  345: そのコマンドは@kbd{M-x}で起動する必要があります。
  346: @kbd{C-h w}はコマンド@code{where-is}を実行します。
  347: 
  348: @c   @kbd{C-h v} (@code{describe-variable}) is like @kbd{C-h f} but describes
  349: @c Lisp variables instead of Lisp functions.  Its default is the Lisp symbol
  350: @c around or before point, but only if that is the name of a known Lisp
  351: @c variable.  @xref{Variables}.@refill
  352: @kbd{C-h v}(@code{describe-variable})は@kbd{C-h f}に似ていますが、
  353: Lisp関数ではなくLisp変数を説明する点が異なります。
  354: デフォルトはポイント周辺またはポイントの直前のLispシンボルですが、
  355: 既知のLisp変数に限ります。
  356: @xref{Variables}。
  357: 
  358: @node Apropos, Library Keywords, Name Help, Help
  359: @c @section Apropos
  360: @section アプロポス
  361: 
  362: @kindex C-h a
  363: @findex apropos-command
  364: @c @cindex apropos
  365: @cindex アプロポス
  366: @c   A more sophisticated sort of question to ask is, ``What are the
  367: @c commands for working with files?''  To ask this question, type @kbd{C-h
  368: @c a file @key{RET}}, which displays a list of all command names that
  369: @c contain @samp{file}, including @code{copy-file}, @code{find-file}, and
  370: @c so on.  With each command name appears a brief description of how to use
  371: @c the command, and what keys you can currently invoke it with.  For
  372: @c example, it would say that you can invoke @code{find-file} by typing
  373: @c @kbd{C-x C-f}.  The @kbd{a} in @kbd{C-h a} stands for `Apropos';
  374: @c @kbd{C-h a} runs the command @code{apropos-command}.  This command
  375: @c normally checks only commands (interactive functions); if you specify a
  376: @c prefix argument, it checks noninteractive functions as well.
  377: より洗練された質問方法としては、『ファイルを扱うコマンドは?』と
  378: いうのがあります。
  379: このように質問するには、@kbd{C-h a file @key{RET}}と打ちます。
  380: すると、@code{copy-file}や@code{find-file}といった、
  381: @samp{file}を名前に含むすべてのコマンドの一覧が表示されます。
  382: 各コマンドには、使い方の簡単な説明や
  383: そのコマンドを起動するキーが表示されます。
  384: たとえば、@code{find-file}を起動するには@kbd{C-x C-f}と打つ、
  385: といった具合です。
  386: @kbd{C-h a}の@kbd{a}は「Apropos」(「適切な」の意味)を表していて、
  387: @kbd{C-h a}はコマンド@code{apropos-command}を実行します。
  388: このコマンドは、通常、コマンド(対話的な関数)のみを調べます。
  389: 前置引数を指定すれば、非対話的な関数も調べます。
  390: 
  391: @c   Because @kbd{C-h a} looks only for functions whose names contain the
  392: @c string you specify, you must use ingenuity in choosing the
  393: @c string.  If you are looking for commands for killing backwards and
  394: @c @kbd{C-h a kill-backwards @key{RET}} doesn't reveal any, don't give up.
  395: @c Try just @kbd{kill}, or just @kbd{backwards}, or just @kbd{back}.  Be
  396: @c persistent.  Also note that you can use a regular expression as the
  397: @c argument, for more flexibility (@pxref{Regexps}).
  398: @kbd{C-h a}は指定した文字列を名前に含む関数しか調べませんので、
  399: 文字列の指定には工夫が必要です。
  400: 後向きに文字をキルするコマンドを探そうとして、
  401: @kbd{C-h a kill-backwards @key{RET}}で
  402: 何も表示されなくてもあきらめないでください。
  403: @kbd{kill}のみ、あるいは@kbd{backwards}のみ、
  404: もしくは@kbd{back}のみを試して、続けてください。
  405: 柔軟性を増すために、引数として正規表現も使えます
  406: (@pxref{Regexps})。
  407: 
  408: @c   Here is a set of arguments to give to @kbd{C-h a} that covers many
  409: @c classes of Emacs commands, since there are strong conventions for naming
  410: @c the standard Emacs commands.  By giving you a feel for the naming
  411: @c conventions, this set should also serve to aid you in developing a
  412: @c technique for picking @code{apropos} strings.
  413: 以下に、@kbd{C-h a}に指定する引数のうち、
  414: Emacsコマンドの多くの種類を網羅するものをあげておきます。
  415: というのは、Emacsコマンドの標準の命名法には強い慣行があるからです。
  416: 命名法の慣行を理解してもらえば、
  417: 適切な(@code{apropos})文字列を拾い出す技法の向上の手助けにもなるでしょう。
  418: 
  419: @quotation
  420: @c char, line, word, sentence, paragraph, region, page, sexp, list, defun,
  421: @c rect, buffer, frame, window, face, file, dir, register, mode, beginning, end,
  422: @c forward, backward, next, previous, up, down, search, goto, kill, delete,
  423: @c mark, insert, yank, fill, indent, case, change, set, what, list, find,
  424: @c view, describe, default.
  425: char、line、word、sentence、paragraph、region、page、sexp、list、defun、
  426: rect、buffer、frame、window、face、file、dir、register、mode、beginning、end、
  427: forward、backward、next、previous、up、down、search、goto、kill、delete、
  428: mark、insert、yank、fill、indent、case、change、set、what、list、find、
  429: view、describe、default。
  430: @end quotation
  431: 
  432: @findex apropos-variable
  433: @c   To list all user variables that match a regexp, use the command
  434: @c @kbd{M-x apropos-variable}. This command shows only user variables and
  435: @c customization options by default; if you specify a prefix argument, it
  436: @c checks all variables.
  437: 正規表現に一致するすべてのユーザー変数を表示するには、
  438: コマンド@kbd{M-x apropos-variable}を使います。
  439: このコマンドは、デフォルトでは、ユーザー変数とカスタマイズオプションだけを
  440: 表示します。
  441: すべての変数を調べるには、前置引数を指定します。
  442: 
  443: @findex apropos
  444: @c   To list all Lisp symbols that contain a match for a regexp, not just
  445: @c the ones that are defined as commands, use the command @kbd{M-x apropos}
  446: @c instead of @kbd{C-h a}.  This command does not check key bindings by
  447: @c default; specify a numeric argument if you want it to check them.
  448: コマンドとして定義されているものだけでなく、
  449: 正規表現に一致するすべてのLispシンボルを表示するには、
  450: @kbd{C-h a}のかわりに@kbd{M-x apropos}を使います。
  451: このコマンドは、デフォルトでは、キーバインドを調べません。
  452: キーバインドを調べるには、前置引数を指定します。
  453: 
  454: @findex apropos-documentation
  455: @c   The @code{apropos-documentation} command is like @code{apropos} except
  456: @c that it searches documentation strings as well as symbol names for
  457: @c matches for the specified regular expression.
  458: @code{apropos-documentation}コマンドは@code{apropos}に似ていますが、
  459: 指定した正規表現に一致するシンボル名だけでなく、
  460: 説明文字列も探索する点が異なります。
  461: 
  462: @findex apropos-value
  463: @c   The @code{apropos-value} command is like @code{apropos} except that it
  464: @c searches symbols' values for matches for the specified regular
  465: @c expression.  This command does not check function definitions or
  466: @c property lists by default; specify a numeric argument if you want it to
  467: @c check them.
  468: @code{apropos-value}コマンドは@code{apropos}に似ていますが、
  469: 指定した正規表現に一致するシンボルの値を探す点が異なります。
  470: このコマンドは、デフォルトでは、関数定義や属性リストを調べません。
  471: それらも調べるには、前置引数を指定します。
  472: 
  473: @vindex apropos-do-all
  474: @c   If the variable @code{apropos-do-all} is non-@code{nil}, the commands
  475: @c above all behave as if they had been given a prefix argument.
  476: 変数@code{apropos-do-all}が@code{nil}以外ならば、
  477: 上に述べたコマンドはすべて、前置引数を指定したものとして動作します。
  478: 
  479: @c   If you want more information about a function definition, variable or
  480: @c symbol property listed in the Apropos buffer, you can click on it with
  481: @c @kbd{Mouse-2} or move there and type @key{RET}.
  482: アプロポス(apropos)バッファに表示された関数定義、
  483: 変数、属性リストについて詳しく知りたいときには、
  484: @kbd{Mouse-2}ボタンでクリックするか、
  485: その箇所へ移動して@key{RET}を打ちます。
  486: 
  487: @node Library Keywords, Language Help, Apropos, Help
  488: @c @section Keyword Search for Lisp Libraries
  489: @section Lispライブラリに対するキーワード探索
  490: 
  491: @kindex C-h p
  492: @findex finder-by-keyword
  493: @c The @kbd{C-h p} command lets you search the standard Emacs Lisp
  494: @c libraries by topic keywords.  Here is a partial list of keywords you can
  495: @c use:
  496: @kbd{C-h p}コマンドで、
  497: 標準Emacs Lispライブラリをトピックのキーワードで検索できます。
  498: 利用可能なキーワードの一部を以下に示します。
  499: 
  500: @display
  501: @c abbrev --- abbreviation handling, typing shortcuts, macros.
  502: abbrev --- 略語操作、短縮入力、マクロ。
  503: @c bib --- support for the bibliography processor @code{bib}.
  504: bib --- 参考、参照プロセッサ支援@code{bib}。
  505: @c c --- C and C++ language support.
  506: c --- C言語あるいはC++支援。
  507: @c calendar --- calendar and time management support.
  508: calendar --- 日付および時間管理支援。
  509: @c comm --- communications, networking, remote access to files.
  510: comm --- 通信、ネットワーク、ファイルのリモートアクセス。
  511: @c data --- support for editing files of data.
  512: data --- データファイルの編集支援。
  513: @c docs --- support for Emacs documentation.
  514: docs --- Emacsドキュメントに関する支援。
  515: @c emulations --- emulations of other editors.
  516: emulations --- 他のエディタのエミュレーション。
  517: @c extensions --- Emacs Lisp language extensions.
  518: extensions --- Emacs Lisp言語の拡張。
  519: @c faces --- support for using faces (fonts and colors; @pxref{Faces}).
  520: faces --- フェイス(フォントや表示色、@pxref{Faces})に関する支援。
  521: @c frames --- support for Emacs frames and window systems.
  522: frames --- Emacsフレームやウィンドウシステムに対する支援。
  523: @c games --- games, jokes and amusements.
  524: games --- ゲーム、ジョーク、娯楽。
  525: @c hardware --- support for interfacing with exotic hardware.
  526: hardware --- 外部ハードウェアとのインターフェイス支援。
  527: @c help --- support for on-line help systems.
  528: help --- オンラインヘルプシステム支援。
  529: @c hypermedia --- support for links within text, or other media types.
  530: hypermedia --- テキストあるいは他メディア内でのリンク支援。
  531: @c i18n --- internationalization and alternate character-set support.
  532: i18n --- 国際化、代替文字集合支援。
  533: @c internal --- code for Emacs internals, build process, defaults.
  534: internal --- Emacs内部コード、構築手順、デフォルト。
  535: @c languages --- specialized modes for editing programming languages.
  536: languages --- プログラム言語編集用の特殊モード。
  537: @c lisp --- support for using Lisp (including Emacs Lisp).
  538: lisp --- Lisp利用支援(Emacs Lispも含む)。
  539: @c local --- libraries local to your site.
  540: local --- サイトにローカルなライブラリ。
  541: @c maint --- maintenance aids for the Emacs development group.
  542: maint --- Emacs開発グループ向けの管理用。
  543: @c mail --- modes for electronic-mail handling.
  544: mail --- 電子メイル操作用のモード。
  545: @c matching --- searching and matching.
  546: matching --- 探索、一致。
  547: @c news --- support for netnews reading and posting.
  548: news --- ネットニュースの購読、投稿支援。
  549: @c non-text --- support for editing files that are not ordinary text.
  550: non-text --- 非テキストファイル編集支援。
  551: @c oop --- support for object-oriented programming.
  552: oop --- オブジェクト指向プログラミング支援。
  553: @c outlines --- hierarchical outlining.
  554: outlines --- 階層アウトライン。
  555: @c processes --- process, subshell, compilation, and job control support.
  556: processes --- プロセス、サブシェル、コンパイル、ジョブ制御支援。
  557: @c terminals --- support for terminal types.
  558: terminals --- 端末タイプ支援。
  559: @c tex --- support for the @TeX{} formatter.
  560: tex --- @TeX{}による文書整形支援。
  561: @c tools --- programming tools.
  562: tools --- プログラミングツール。
  563: @c unix --- front-ends/assistants for, or emulators of, Unix features.
  564: unix --- UNIX機能のフロントエンド/アシスタントあるいはエミュレーション。
  565: @c vms --- support code for VMS.
  566: vms --- VMS支援コード。
  567: @c wp --- word processing.
  568: wp --- ワープロ。
  569: @end display
  570: 
  571: @node Language Help, Help Mode, Library Keywords, Help
  572: @c @section Help for International Language Support
  573: @section 多言語支援に関するヘルプ
  574: 
  575: @c   You can use the command @kbd{C-h L}
  576: @c (@code{describe-language-environment}) to find out the support for a
  577: @c specific language environment.  @xref{Language Environments}.  This
  578: @c tells you which languages this language environment is useful for, and
  579: @c lists the character sets, coding systems, and input methods that go with
  580: @c it.  It also shows some sample text to illustrate scripts.
  581: コマンド@kbd{C-h L}(@code{describe-language-environment})を使うと、
  582: 特定の言語環境向けに、どのような支援があるかを把握できます。
  583: @xref{Language Environments}。
  584: このコマンドは、今の言語環境がどの言語向けなのかを示し、
  585: 一緒に使われる文字集合、コーディングシステム、入力方式も表示します。
  586: また、字体を例示するためのサンプルテキストもいくつか表示します。
  587: 
  588: @c   The command @kbd{C-h h} (@code{view-hello-file}) displays the file
  589: @c @file{etc/HELLO}, which shows how to say ``hello'' in many languages.
  590: コマンド@kbd{C-h h}(@code{view-hello-file})は、
  591: ファイル@file{etc/HELLO}を表示します。
  592: このファイルには、いろいろな国の言葉で書いた『hello』を収めてあります。
  593: 
  594: @c   The command @kbd{C-h I} (@code{describe-input-method}) describes
  595: @c information about input methods---either a specified input method, or by
  596: @c default the input method in use.  @xref{Input Methods}.
  597: コマンド@kbd{C-h I}(@code{describe-input-method})は、
  598: 指定した入力方式、あるいは、デフォルトとして
  599: 今使っている入力方式についての情報を表示します。
  600: @xref{Input Methods}。
  601: 
  602: @c   The command @kbd{C-h C} (@code{describe-coding-system}) describes
  603: @c information about coding systems---either a specified coding system, or
  604: @c the ones currently in use.  @xref{Coding Systems}.
  605: コマンド@kbd{C-h C}(@code{describe-coding-system})は、
  606: 指定したコーディングシステム、あるいは、デフォルトとして
  607: 今使っているコーディングシステムについての情報を表示します。
  608: @xref{Coding Systems}。
  609: 
  610: @node Help Mode, Misc Help, Language Help, Help
  611: @c @section Help Mode Commands
  612: @section ヘルプモードのコマンド
  613: 
  614: @c   Help buffers provide the commands of View mode (@pxref{Misc File
  615: @c Ops}), plus a few special commands of their own.
  616: ヘルプバッファには、閲覧(view)モード(@pxref{Misc File Ops})の
  617: コマンドに加えて、独自の特別なコマンドもいくつかあります。
  618: 
  619: @table @kbd
  620: @item @key{SPC}
  621: @c Scroll forward.
  622: 前向きにスクロールする。
  623: @item @key{DEL}
  624: @c Scroll backward.
  625: 後向きにスクロールする。
  626: @item @key{RET}
  627: @c Follow a cross reference at point.
  628: ポイント位置の相互参照を辿る。
  629: @item @key{TAB}
  630: @c Move point forward to the next cross reference.
  631: つぎの相互参照へ進む。
  632: @item S-@key{TAB}
  633: @c Move point back to the previous cross reference.
  634: まえの相互参照へ戻る。
  635: @item Mouse-2
  636: @c Follow a cross reference that you click on.
  637: クリックした相互参照を辿る。
  638: @end table
  639: 
  640: @c   When a command name (@pxref{M-x,, Running Commands by Name}) or
  641: @c variable name (@pxref{Variables}) appears in the documentation, it
  642: @c normally appears inside paired single-quotes.  You can click on the name
  643: @c with @kbd{Mouse-2}, or move point there and type @key{RET}, to view the
  644: @c documentation of that command or variable.  Use @kbd{C-c C-b} to retrace
  645: @c your steps.
  646: 説明文に現れるコマンド名(@pxref{M-x})や変数名(@pxref{Variables})は
  647: 通常、引用符(@code{'})で囲まれています。
  648: その名前を@kbd{Mouse-2}でクリックしたり、あるいは、
  649: そこへポイントを移動して@key{RET}を打つと、
  650: そのコマンドや変数の説明文字列を表示できます。
  651: もとの場所に戻るには@kbd{C-c C-b}を使います。
  652: 
  653: @c @kindex @key{TAB} @r{(Help mode)}
  654: @kindex @key{TAB} @r{(ヘルプモード)}
  655: @findex help-next-ref
  656: @c @kindex S-@key{TAB} @r{(Help mode)}
  657: @kindex S-@key{TAB} @r{(ヘルプモード)}
  658: @findex help-previous-ref
  659: @c   There are convenient commands for moving point to cross references in
  660: @c the help text.  @key{TAB} (@code{help-next-ref}) moves point down to the
  661: @c next cross reference.  Use @kbd{S-@key{TAB}} to move point up to the
  662: @c previous cross reference (@code{help-previous-ref}).
  663: ヘルプテキスト内の相互参照にポイントを移動する便利なコマンドがあります。
  664: @key{TAB}(@code{help-next-ref})は、
  665: ポイントをつぎの相互参照箇所へ進めます。
  666: ポイントをまえの相互参照箇所へ戻すには
  667: @kbd{S-@key{TAB}}(@code{help-previous-ref})を使います。
  668: 
  669: @node Misc Help,  , Help Mode, Help
  670: @c @section Other Help Commands
  671: @section その他のヘルプコマンド
  672: 
  673: @kindex C-h i
  674: @findex info
  675: @c @cindex Info
  676: @cindex info
  677: @c @cindex manuals, on-line
  678: @cindex マニュアル、オンライン
  679: @c @cindex on-line manuals
  680: @cindex オンラインマニュアル
  681: @c   @kbd{C-h i} (@code{info}) runs the Info program, which is used for
  682: @c browsing through structured documentation files.  The entire Emacs manual
  683: @c is available within Info.  Eventually all the documentation of the GNU
  684: @c system will be available.  Type @kbd{h} after entering Info to run
  685: @c a tutorial on using Info.
  686: @kbd{C-h i}(@code{info})はinfoプログラムを実行します。
  687: infoは構造化されたドキュメントファイルを閲覧するプログラムです。
  688: Emacsの完全なマニュアルもinfoで読むことができます。
  689: 将来的には、GNUシステムのすべてのドキュメントが読めるようになるでしょう。
  690: infoの使い方についてのチュートリアルを起動するには、
  691: infoに入ってから@kbd{h}と打ちます。
  692: 
  693: @c   If you specify a numeric argument, @kbd{C-h i} prompts for the name of
  694: @c a documentation file.  This way, you can browse a file which doesn't
  695: @c have an entry in the top-level Info menu.  It is also handy when you
  696: @c need to get to the documentation quickly, and you know the exact name of
  697: @c the file.
  698: 数引数を指定すると、@kbd{C-h i}はドキュメントファイルの名前を聞いてきます。
  699: こうすれば、トップレベルのinfoメニューに記載されていない
  700: ファイルでも閲覧できます。
  701: 
  702: @kindex C-h C-f
  703: @kindex C-h C-k
  704: @findex Info-goto-emacs-key-command-node
  705: @findex Info-goto-emacs-command-node
  706: @c   There are two special help commands for accessing Emacs documentation
  707: @c through Info.  @kbd{C-h C-f @var{function} @key{RET}} enters Info and
  708: @c goes straight to the documentation of the Emacs function
  709: @c @var{function}.  @kbd{C-h C-k @var{key}} enters Info and goes straight
  710: @c to the documentation of the key @var{key}.  These two keys run the
  711: @c commands @code{Info-goto-emacs-command-node} and
  712: @c @code{Info-goto-emacs-key-command-node}.
  713: infoを介してEmacsドキュメントを参照するための
  714: 特別なヘルプコマンドが2つあります。
  715: @kbd{C-h C-f @var{function} @key{RET}}は、
  716: infoに入ってただちにEmacsの関数@var{function}のドキュメントに移動します。
  717: @kbd{C-h C-k @var{key}}は、
  718: infoに入ってただちにキー@var{key}のドキュメントに移動します。
  719: これら2つのキーは、それぞれ、
  720: @code{Info-goto-emacs-command-node}、
  721: @code{Info-goto-emacs-key-command-node}を実行します。
  722: 
  723: @c   When editing a program, if you have an Info version of the manual for
  724: @c the programming language, you can use the command @kbd{C-h C-i} to refer
  725: @c to the manual documentation for a symbol (keyword, function or
  726: @c variable).  The details of how this command works depend on the major
  727: @c mode.
  728: プログラム言語のinfo版のマニュアルがあれば、
  729: プログラムの編集中にコマンド@kbd{C-h C-i}を使って、
  730: マニュアルドキュメントの
  731: シンボル(キーワード、関数、変数)に関する箇所を参照できます。
  732: コマンドの細かい動作は、メジャーモードに依存します。
  733: 
  734: @kindex C-h l
  735: @findex view-lossage
  736: @c   If something surprising happens, and you are not sure what commands you
  737: @c typed, use @kbd{C-h l} (@code{view-lossage}).  @kbd{C-h l} prints the last
  738: @c 100 command characters you typed in.  If you see commands that you don't
  739: @c know, you can use @kbd{C-h c} to find out what they do.
  740: 予期しなかったことが起きたり、
  741: 入力したコマンドがわからなくなってしまったときは、
  742: @kbd{C-h l}(@code{view-lossage})を使ってください。
  743: @kbd{C-h l}は、それまでに打鍵した最後の100個のコマンド文字を表示します。
  744: 知らないコマンドが表示されたら、@kbd{C-h c}でその機能を知ることができます。
  745: 
  746: @kindex C-h m
  747: @findex describe-mode
  748: @c   Emacs has numerous major modes, each of which redefines a few keys and
  749: @c makes a few other changes in how editing works.  @kbd{C-h m}
  750: @c (@code{describe-mode}) prints documentation on the current major mode,
  751: @c which normally describes all the commands that are changed in this
  752: @c mode.
  753: Emacsには数多くのメジャーモードがあり、各メジャーモードでは、
  754: いくつかのキーを再定義し、編集動作も少々変更しています。
  755: @kbd{C-h m}(@code{describe-mode})は、
  756: 使用中のメジャーモードについての説明文を表示します。
  757: これには、通常、モード内で変更してある
  758: すべてのコマンドについての記述があります。
  759: 
  760: @kindex C-h b
  761: @findex describe-bindings
  762: @c   @kbd{C-h b} (@code{describe-bindings}) and @kbd{C-h s}
  763: @c (@code{describe-syntax}) present other information about the current
  764: @c Emacs mode.  @kbd{C-h b} displays a list of all the key bindings now in
  765: @c effect; the local bindings defined by the current minor modes first,
  766: @c then the local bindings defined by the current major mode, and finally
  767: @c the global bindings (@pxref{Key Bindings}).  @kbd{C-h s} displays the
  768: @c contents of the syntax table, with explanations of each character's
  769: @c syntax (@pxref{Syntax}).
  770: @kbd{C-h b}(@code{describe-bindings})と
  771: @kbd{C-h s}(@code{describe-syntax})は、
  772: Emacsの現在のモードに関するその他の情報を与えてくれます。
  773: @kbd{C-h b}は、現在有効なすべてのキーバインドの一覧を表示します。
  774: マイナモードで定義されているローカルバインディングから始めて、
  775: 現在のメジャーモードで定義されているローカルバインディング、
  776: 最後にグローバルバインディングを表示します
  777: (@pxref{Key Bindings})。
  778: @kbd{C-h s}は、各文字の構文の説明を付けて
  779: 構文テーブルの内容を表示します(@pxref{Syntax})。
  780: 
  781: @c   You can get a similar list for a particular prefix key by typing
  782: @c @kbd{C-h} after the prefix key.  (There are a few prefix keys for which
  783: @c this does not work---those that provide their own bindings for
  784: @c @kbd{C-h}.  One of these is @key{ESC}, because @kbd{@key{ESC} C-h} is
  785: @c actually @kbd{C-M-h}, which marks a defun.)
  786: プレフィックスキーに続けて@kbd{C-h}を打てば、
  787: 特定のプレフィックスキーについて同様な一覧を表示できます。
  788: (この方法では表示できないプレフィックスキーも存在する。
  789: それらのキーでは、@kbd{C-h}に対しては独自のバインディングがある。
  790: @key{ESC}は、そのようなものの1つ。
  791: @kbd{@key{ESC} C-h}は、実際には@kbd{C-M-h}であり、
  792: 関数定義(defun)をマークする。)
  793: 
  794: @kindex C-h F
  795: @findex view-emacs-FAQ
  796: @kindex C-h n
  797: @findex view-emacs-news
  798: @kindex C-h C-c
  799: @findex describe-copying
  800: @kindex C-h C-d
  801: @findex describe-distribution
  802: @kindex C-h C-w
  803: @findex describe-no-warranty
  804: @kindex C-h C-p
  805: @findex describe-project
  806: @c   The other @kbd{C-h} options display various files of useful
  807: @c information.  @kbd{C-h C-w} displays the full details on the complete
  808: @c absence of warranty for GNU Emacs.  @kbd{C-h n} (@code{view-emacs-news})
  809: @c displays the file @file{emacs/etc/NEWS}, which contains documentation on
  810: @c Emacs changes arranged chronologically.  @kbd{C-h F}
  811: @c (@code{view-emacs-FAQ}) displays the Emacs frequently-answered-questions
  812: @c list.  @kbd{C-h t} (@code{help-with-tutorial}) displays the
  813: @c learn-by-doing Emacs tutorial.  @kbd{C-h C-c} (@code{describe-copying})
  814: @c displays the file @file{emacs/etc/COPYING}, which tells you the
  815: @c conditions you must obey in distributing copies of Emacs.  @kbd{C-h C-d}
  816: @c (@code{describe-distribution}) displays the file
  817: @c @file{emacs/etc/DISTRIB}, which tells you how you can order a copy of
  818: @c the latest version of Emacs.  @kbd{C-h C-p} (@code{describe-project})
  819: @c displays general information about the GNU Project.
  820: @kbd{C-h}の他のオプションは、
  821: 有益な情報を収めたさまざまなファイルを表示します。
  822: @kbd{C-h C-w}は、
  823: GNU Emacsがまったく無保証であることに関する全詳細を表示します。
  824: @kbd{C-h n}(@code{view-emacs-news})は、
  825: ファイル@file{emacs/etc/NEWS}を表示します。
  826: このファイルには、Emacsの変更に関する記述を時間順に収めてあります。
  827: @kbd{C-h F}(@code{view-emacs-FAQ})は、
  828: Emacsの「よくある質問集」を表示します。
  829: @kbd{C-h t}(@code{help-with-tutorial})は、
  830: 「操作しながらEmacsを学ぶ」チュートリアルを表示します。
  831: @kbd{C-h C-c}(@code{describe-copying})は、
  832: ファイル@file{emacs/etc/COPYING}を表示します。
  833: このファイルには、Emacsを配布する場合に従うべき条件を記述してあります。
  834: @kbd{C-h C-d}(@code{describe-distribution})は、
  835: ファイル@file{emacs/etc/DISTRIB}を表示します。
  836: このファイルには、Emacsの最新版の注文方法を述べてあります。
  837: @kbd{C-h C-p}(@code{describe-project})は、
  838: GNUプロジェクトに関する一般情報を表示します。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>