File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / glossary-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 田中聡@東京女子大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c =           ref 修正                = 2000/02/13
    5: @c = 原文では用語集内の相互参照は「(q.v.@:)」であるが、
    6: @c = 和訳では《参照》としてある。
    7: @c = (原文どおりの)「アルファベット順」なので、
    8: @c = 「あいうえお順」に直す必要がある。
    9: @c = 「==jtable」と「==jend」のあいだにある「==jitem」の読みで
   10: @c = ソート(gl-sort.c参照)
   11: @c =============================================================
   12: @c This is part of the Emacs manual.
   13: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
   14: @c See file emacs.texi for copying conditions.
   15: @node Glossary, Key Index, Intro, Top
   16: @c @unnumbered Glossary
   17: @unnumbered 用語集
   18: 
   19: @table @asis
   20: @c ==jtable
   21: @c ==jitem りゃくご
   22: @c @item Abbrev
   23: @item 略語(Abbrev)
   24: @c An abbrev is a text string which expands into a different text string
   25: @c when present in the buffer.  For example, you might define a few letters
   26: @c as an abbrev for a long phrase that you want to insert frequently.
   27: @c @xref{Abbrevs}.
   28: 略語とは、バッファ内では別のテキスト文字列に展開されるテキスト文字列のこと。
   29: たとえば、頻繁に挿入する長い句に対して数個の文字から成る略語を定義する。
   30: @pxref{Abbrevs}。
   31: 
   32: @c ==jitem あぼーと
   33: @c @item Aborting
   34: @item アボート(Aborting)
   35: @c Aborting means getting out of a recursive edit (q.v.@:).  The
   36: @c commands @kbd{C-]} and @kbd{M-x top-level} are used for this.
   37: @c @xref{Quitting}.
   38: アボートとは、再帰編集《参照》から脱出すること。
   39: コマンド@kbd{C-]}
   40: @footnote{【訳注】Muleでは、quailマイナモードを起動する
   41: @kbd{quail-mode}にバインドされていた。}
   42: や@kbd{M-x top-level}はこのために使う。
   43: @pxref{Quitting}。
   44: 
   45: @c ==jitem あると
   46: @c @item Alt
   47: @item アルト(Alt)
   48: @c Alt is the name of a modifier bit which a keyboard input character may
   49: @c have.  To make a character Alt, type it while holding down the @key{ALT}
   50: @c key.  Such characters are given names that start with @kbd{Alt-}
   51: @c (usually written @kbd{A-} for short).  (Note that many terminals have a
   52: @c key labeled @key{ALT} which is really a @key{META} key.)  @xref{User
   53: @c Input, Alt}.
   54: アルトは、キーボードからの入力文字に付く修飾ビットの名前である。
   55: アルト文字にするには、@key{ALT}キーを押し下げたまま文字を打ち込む。
   56: このような文字は、@kbd{Alt-}(普通は縮めて@kbd{A-})で始まる名前になる。
   57: (多くの端末には@key{ALT}と刻印したキーがあるが、
   58: 実際には@key{META}キーとして働く。)
   59: @pxref{User Input, Alt}。
   60: 
   61: @c ==jitem あすきーもじ
   62: @c @item ASCII character
   63: @item ASCII文字(ASCII character)
   64: @c An ASCII character is either an ASCII control character or an ASCII
   65: @c printing character.  @xref{User Input}.
   66: ASCII文字は、ASCIIコントロール文字かASCII印字文字のいずれかである。
   67: @pxref{User Input}。
   68: 
   69: @c ==jitem あすきーこんとろーるもじ
   70: @c @item ASCII control character
   71: @item ASCIIコントロール文字(ASCII control character)
   72: @c An ASCII control character is the Control version of an upper-case
   73: @c letter, or the Control version of one of the characters @samp{@@[\]^_?}.
   74: ASCIIコントロール文字は、大文字のコントロール版か、
   75: 文字@samp{@@[\]^_?}のコントロール版のいずれかである。
   76: 
   77: @c ==jitem あすきーいんじもじ
   78: @c @item ASCII printing character
   79: @item ASCII印字文字(ASCII printing character)
   80: @c ASCII printing characters include letters, digits, space, and these
   81: @c punctuation characters: @samp{!@@#$%^& *()_-+=|\~` @{@}[]:;"' <>,.?/}.
   82: ASCII印字文字には、
   83: アルファベット、数字、空白、
   84: @samp{!@@#$%^& *()_-+=|\~` @{@}[]:;"' <>,.?/}などの区切り文字が含まれる。
   85: 
   86: @c ==jitem じどうつめこみもーど
   87: @c @item Auto Fill Mode
   88: @item 自動詰め込みモード(Auto Fill Mode)
   89: @c Auto Fill mode is a minor mode in which text that you insert is
   90: @c automatically broken into lines of fixed width.  @xref{Filling}.
   91: 自動詰め込み(auto-fill)モードはマイナモードであり、
   92: 挿入したテキストは固定幅の行に収まるように自動的に分割される。
   93: @pxref{Filling}。
   94: 
   95: @c ==jitem じどうほぞん
   96: @c @item Auto Saving
   97: @item 自動保存(Auto Saving)
   98: @c Auto saving is the practice of saving the contents of an Emacs buffer in
   99: @c a specially-named file, so that the information will not be lost if the
  100: @c buffer is lost due to a system error or user error.  @xref{Auto Save}.
  101: 自動保存とは、Emacsバッファの内容を特別な名前のファイルに保存する
  102: 行為のことであり、システムのエラーやユーザーのエラーでバッファが失われても、
  103: 情報が消えないようにする。
  104: @pxref{Auto Save}。
  105: 
  106: @c ==jitem ばっくあっぷふぁいる
  107: @c @item Backup File
  108: @item バックアップファイル(Backup File)
  109: @c A backup file records the contents that a file had before the current
  110: @c editing session.  Emacs makes backup files automatically to help you
  111: @c track down or cancel changes you later regret making.  @xref{Backup}.
  112: バックアップファイルは、
  113: 現在の編集作業を始めるまえのファイルの内容を記録している。
  114: Emacsは、後悔した場合に備えて、変更を見直したり取り消すために
  115: 自動的にバックアップファイルを作成する。
  116: @pxref{Backup}。
  117: 
  118: @c ==jitem かっこのたいおうづけ
  119: @c @item Balance Parentheses
  120: @item 括弧の対応付け(Balance Parentheses)
  121: @c Emacs can balance parentheses manually or automatically.  Manual
  122: @c balancing is done by the commands to move over balanced expressions
  123: @c (@pxref{Lists}).  Automatic balancing is done by blinking or
  124: @c highlighting the parenthesis that matches one just inserted
  125: @c (@pxref{Matching,,Matching Parens}).
  126: Emacsは手動でも自動でも括弧を対応付けられる。
  127: 手動対応付けは、対応した式のあいだを移動するコマンドで可能である(@pxref{Lists})。
  128: 自動対応付けは、挿入した括弧に対応するものを点滅したり、
  129: 強調表示することで可能である(@pxref{Matching,,Matching Parens})。
  130: 
  131: @c ==jitem ばいんど
  132: @c @item Bind
  133: @item バインド(Bind)
  134: @c To bind a key sequence means to give it a binding (q.v.@:).
  135: @c @xref{Rebinding}.
  136: キー列をバインド(束縛)するとは、
  137: キー列にバインディング《参照》を与えることである。
  138: @pxref{Rebinding}。
  139: 
  140: @c ==jitem ばいんでぃんぐ
  141: @c @item Binding
  142: @item バインディング(Binding)
  143: @c A key sequence gets its meaning in Emacs by having a binding, which is a
  144: @c command (q.v.@:), a Lisp function that is run when the user types that
  145: @c sequence.  @xref{Commands,Binding}.  Customization often involves
  146: @c rebinding a character to a different command function.  The bindings of
  147: @c all key sequences are recorded in the keymaps (q.v.@:).  @xref{Keymaps}.
  148: Emacsにおいてキー列が意味を持つには、バインディング、
  149: つまり、そのキー列を打ち込むと実行されるLisp関数であるコマンド《参照》が
  150: 与えられる必要がある。
  151: @pxref{Commands,Binding}。
  152: カスタマイズでは、文字に別のコマンド関数をリバインド(再束縛)することが
  153: よく行われる。
  154: すべてのキー列のバインディングはキーマップ《参照》に記録される。
  155: @pxref{Keymaps}。
  156: 
  157: @c ==jitem くうぎょう
  158: @c @item Blank Lines
  159: @item 空行(Blank Lines)
  160: @c Blank lines are lines that contain only whitespace.  Emacs has several
  161: @c commands for operating on the blank lines in the buffer.
  162: 空行は白文字だけを含む行である。
  163: Emacsには、バッファ内の空行を操作するコマンドがある。
  164: 
  165: @c ==jitem ばっふぁ
  166: @c @item Buffer
  167: @item バッファ(Buffer)
  168: @c The buffer is the basic editing unit; one buffer corresponds to one text
  169: @c being edited.  You can have several buffers, but at any time you are
  170: @c editing only one, the `selected' buffer, though several can be visible
  171: @c when you are using multiple windows (q.v.).  Most buffers are visiting
  172: @c (q.v.@:) some file.  @xref{Buffers}.
  173: バッファは基本的な編集単位である。
  174: 1つのバッファは編集中の1つのテキストに対応する。
  175: 複数のバッファを使えるが、
  176: ある時点で編集できるのはたった1つの『選択した』バッファのみである。
  177: しかし、複数のウィンドウ《参照》を使えば、
  178: 同時に複数のバッファを眺めることもできる。
  179: ほとんどのバッファはファイルを訪問《参照》したものである。
  180: @pxref{Buffers}。
  181: 
  182: @c ==jitem ばっふぁせんたくりれき
  183: @c @item Buffer Selection History
  184: @item バッファ選択履歴(Buffer Selection History)
  185: @c Emacs keeps a buffer selection history which records how recently each
  186: @c Emacs buffer has been selected.  This is used for choosing a buffer to
  187: @c select.  @xref{Buffers}.
  188: Emacsは、各バッファがどの程度最近に選択されたかを
  189: バッファ選択履歴に記録する。
  190: この記録は、選択するバッファを選ぶのに使われる。
  191: @pxref{Buffers}。
  192: 
  193: @c ==jitem ぼたんおしさげいべんと
  194: @c @item Button Down Event
  195: @item ボタン押し下げイベント(Button Down Event)
  196: @c A button down event is the kind of input event generated right away when
  197: @c you press a mouse button.  @xref{Mouse Buttons}.
  198: ボタン押し下げイベントは、
  199: マウスボタンが押されるとただちに発生する入力イベントの一種である。
  200: @pxref{Mouse Buttons}。
  201: 
  202: @c ==jitem あすきーもじC-
  203: @item @kbd{C-}
  204: @c @kbd{C-} in the name of a character is an abbreviation for Control.
  205: @c @xref{User Input,C-}.
  206: 文字の名前の@kbd{C-}は、コントロール(Control)の略である。
  207: @pxref{User Input,C-}。
  208: 
  209: @c ==jitem あすきーもじC-M-
  210: @item @kbd{C-M-}
  211: @c @kbd{C-M-} in the name of a character is an abbreviation for
  212: @c Control-Meta.  @xref{User Input,C-M-}.
  213: 文字の名前の@kbd{C-M-}は、コントロール・メタ(Control-Meta)の略である。
  214: @pxref{User Input,C-M-}。
  215: 
  216: @c ==jitem おおもじこもじへんかん
  217: @c @item Case Conversion
  218: @item 大文字小文字変換(Case Conversion)
  219: @c Case conversion means changing text from upper case to lower case or
  220: @c vice versa.  @xref{Case}, for the commands for case conversion.
  221: 大文字小文字変換とは、
  222: テキストの大文字を小文字に変換すること、あるいは、その逆に変換することである。
  223: 大文字小文字変換のコマンドについては、@pxref{Case}。
  224: 
  225: @c ==jitem もじ
  226: @c @item Character
  227: @item 文字(Character)
  228: @c Characters form the contents of an Emacs buffer; see @ref{Text
  229: @c Characters}.  Also, key sequences (q.v.@:) are usually made up of
  230: @c characters (though they may include other input events as well).
  231: @c @xref{User Input}.
  232: 文字はEmacsバッファの内容を構成する。
  233: @pxref{Text Characters}。
  234: また、キー列《参照》は、(他の入力イベントを含むこともあるが)
  235: 通常、文字から成る。
  236: @pxref{User Input}。
  237: 
  238: @c ==jitem もじしゅうごう
  239: @c @item Character Set
  240: @item 文字集合(Character Set)
  241: @c Emacs supports a number of character sets, each of which represents a
  242: @c particular alphabet or script.  @xref{International}.
  243: Emacsでは、特定のアルファベットや文書を表現する
  244: 多くの文字集合を使える。
  245: @pxref{International}。
  246: 
  247: @c ==jitem くりっくいべんと
  248: @c @item Click Event
  249: @item クリックイベント(Click Event)
  250: @c A click event is the kind of input event generated when you press a
  251: @c mouse button and release it without moving the mouse.  @xref{Mouse Buttons}.
  252: クリックイベントとは、マウスボタンを押し下げて移動せずに放したときに
  253: 生成される入力イベントの一種である。
  254: @pxref{Mouse Buttons}。
  255: 
  256: @c ==jitem こーでぃんぐしすてむ
  257: @c @item Coding System
  258: @item コーディングシステム(Coding System)
  259: @c A coding system is an encoding for representing text characters in a
  260: @c file or in a stream of information.  Emacs has the ability to convert
  261: @c text to or from a variety of coding systems when reading or writing it.
  262: @c @xref{Coding Systems}.
  263: コーディングシステムとは、
  264: ファイルや情報ストリームにおいてテキスト文字を表現するための符号化である。
  265: Emacsには、ファイルの読み書き時に、
  266: さまざまなコーディングシステム間でテキストを変換する機能がある。
  267: @pxref{Coding Systems}。
  268: 
  269: @c ==jitem こまんど
  270: @c @item Command
  271: @item コマンド(Command)
  272: @c A command is a Lisp function specially defined to be able to serve as a
  273: @c key binding in Emacs.  When you type a key sequence (q.v.@:), its
  274: @c binding (q.v.@:) is looked up in the relevant keymaps (q.v.@:) to find
  275: @c the command to run.  @xref{Commands}.
  276: コマンドとは、Emacsにおいてキーバインディングとなりうるように
  277: 特別に定義されたLisp関数である。
  278: キー列《参照》を打ち込むと、実行すべきコマンドを決定するために、
  279: 適切なキーマップ《参照》からキー列のバインディング《参照》を探す。
  280: @pxref{Commands}。
  281: 
  282: @c ==jitem こまんどめい
  283: @c @item Command Name
  284: @item コマンド名(Command Name)
  285: @c A command name is the name of a Lisp symbol which is a command
  286: @c (@pxref{Commands}).  You can invoke any command by its name using
  287: @c @kbd{M-x} (@pxref{M-x}).
  288: コマンド名とは、コマンド(@pxref{Commands})であるLispシンボルの名前である。
  289: @kbd{M-x}を使えば任意のコマンドを名前で起動できる。
  290: (@pxref{M-x})。
  291: 
  292: @c ==jitem こめんと
  293: @c @item Comment
  294: @item コメント(Comment)
  295: @c A comment is text in a program which is intended only for humans reading
  296: @c the program, and which is marked specially so that it will be ignored
  297: @c when the program is loaded or compiled.  Emacs offers special commands
  298: @c for creating, aligning and killing comments.  @xref{Comments}.
  299: コメント(注釈)とは、
  300: プログラムを読む人間だけを対象としたプログラム内のテキストであり、
  301: プログラムをロードしたりコンパイルするときには
  302: 無視するように特殊な印が付いている。
  303: Emacsには、コメントを作成、整列、キルするコマンドがある。
  304: @pxref{Comments}。
  305: 
  306: @c ==jitem こんぱいる
  307: @c @item Compilation
  308: @item コンパイル(Compilation)
  309: @c Compilation is the process of creating an executable program from source
  310: @c code.  Emacs has commands for compiling files of Emacs Lisp code
  311: @c (@pxref{Byte Compilation,, Byte Compilation, elisp, the Emacs Lisp
  312: @c Reference Manual}) and programs in C and other languages
  313: @c (@pxref{Compilation}).
  314: コンパイルとは、ソースコードから実行プログラムを作成する処理である。
  315: Emacsには、Emacs Lispコード
  316: (@pxref{Byte Compilation,, バイトコンパイル, elisp,
  317: Emacs Lisp リファレンスマニュアル})や
  318: Cなどの他の言語で書いたプログラムのファイルをコンパイルするコマンドがある。
  319: (@pxref{Compilation})。
  320: 
  321: @c ==jitem かんけつきー
  322: @c @item Complete Key
  323: @item 完結キー(Complete Key)
  324: @c A complete key is a key sequence which fully specifies one action to be
  325: @c performed by Emacs.  For example, @kbd{X} and @kbd{C-f} and @kbd{C-x m}
  326: @c are complete keys.  Complete keys derive their meanings from being bound
  327: @c (q.v.@:) to commands (q.v.@:).  Thus, @kbd{X} is conventionally bound to
  328: @c a command to insert @samp{X} in the buffer; @kbd{C-x m} is
  329: @c conventionally bound to a command to begin composing a mail message.
  330: @c @xref{Keys}.
  331: 完結キーとは、Emacsが実行する1つの動作を完全に指定するキー列である。
  332: たとえば、 @kbd{X}、@kbd{C-f}、@kbd{C-x m}は完結キーである。
  333: 完結キーは、コマンド《参照》にバインド《参照》されていることで
  334: その意味が与えられる。
  335: したがって、@kbd{X}は、通常、
  336: バッファに@samp{X}を挿入するコマンドにバインドされている。
  337: @kbd{C-x m}は、通常、メイルメッセージを作成するコマンドにバインドされている。
  338: @pxref{Keys}。
  339: 
  340: @c ==jitem ほかん
  341: @c @item Completion
  342: @item 補完(Completion)
  343: @c Completion is what Emacs does when it automatically fills out an
  344: @c abbreviation for a name into the entire name.  Completion is done for
  345: @c minibuffer (q.v.@:) arguments when the set of possible valid inputs
  346: @c is known; for example, on command names, buffer names, and
  347: @c file names.  Completion occurs when @key{TAB}, @key{SPC} or @key{RET}
  348: @c is typed.  @xref{Completion}.@refill
  349: 補完とは、省略された名前からEmacsが自動的に完全な名前に補うことである。
  350: 入力として正しいものが既知の場合には、
  351: ミニバッファ《参照》引数に対して補完が行われる。
  352: たとえば、コマンド名、バッファ名、ファイル名である。
  353: @key{TAB}、@key{SPC}、@key{RET}を打ち込むと補完が行われる。
  354: @pxref{Completion}。@refill
  355: 
  356: @c ==jitem けいぞくぎょう
  357: @c @item Continuation Line
  358: @item 継続行(Continuation Line)
  359: @c When a line of text is longer than the width of the window, it
  360: @c takes up more than one screen line when displayed.  We say that the
  361: @c text line is continued, and all screen lines used for it after the
  362: @c first are called continuation lines.  @xref{Basic,Continuation,Basic
  363: @c Editing}.
  364: テキスト行がウィンドウの幅より長いと、表示すると画面上では1行を越える。
  365: このようなテキスト行は継続しているといい、
  366: テキスト行に対応する表示行の2行目以降のすべての表示行を継続行と呼ぶ。
  367: @pxref{Basic,Continuation,Basic Editing}。
  368: 
  369: @c ==jitem こんとろーるもじ
  370: @c @item Control Character
  371: @item コントロール文字(Control Character)
  372: @c A control character is a character that you type by holding down the
  373: @c @key{CTRL} key.  Some control characters also have their own keys, so
  374: @c that you can type them without using @key{CTRL}.  For example,
  375: @c @key{RET}, @key{TAB}, @key{ESC} and @key{DEL} are all control
  376: @c characters.  @xref{User Input}.
  377: コントロール文字とは、@key{CTRL}キーを押し下げたまま
  378: 打ち込んだ文字のことである。
  379: コントロール文字のなかには独自のキーを持つものもあり、
  380: それらは@key{CTRL}を使わずに打ち込める。
  381: たとえば、@key{RET}、@key{TAB}、@key{ESC}、@key{DEL}は
  382: コントロール文字である。
  383: @pxref{User Input}。
  384: 
  385: @c ==jitem あすきーもじCOPYLEFT
  386: @item Copyleft
  387: @c A copyleft is a notice giving the public legal permission to
  388: @c redistribute a program or other work of art.  Copylefts are used by
  389: @c left-wing programmers to promote freedom and cooperation, just as
  390: @c copyrights are used by right-wing programmers to gain power over other
  391: @c people.
  392: copyleft(コピーレフト)とは、プログラムやその他の創作結果を再配布することを
  393: 合法的に公に許可を与える旨の告示である。
  394: 自由と協調を推進する左派のプログラマはcopyleftを使い、
  395: 他人に権力を振いたい右派のプログラマはcopyright(コピーライト)を使う。
  396: 
  397: @c The particular form of copyleft used by the GNU project is called the
  398: @c GNU General Public License.  @xref{Copying}.
  399: GNUプロジェクトで用いているcopyleftは、
  400: GNU一般公有使用許諾書(GNU General Public License)と呼ばれる。
  401: @pxref{Copying}。
  402: 
  403: @c ==jitem かれんとばっふぁ
  404: @c @item Current Buffer
  405: @item カレントバッファ(Current Buffer)
  406: @c The current buffer in Emacs is the Emacs buffer on which most editing
  407: @c commands operate.  You can select any Emacs buffer as the current one.
  408: @c @xref{Buffers}.
  409: Emacsのカレントバッファとは、
  410: ほとんどの編集コマンドが実行されるEmacsバッファのことである。
  411: 任意のEmacsバッファをカレントバッファとして選択できる。
  412: @pxref{Buffers}。
  413: 
  414: @c ==jitem げんざいぎょう
  415: @c @item Current Line
  416: @item 現在行(Current Line)
  417: @c The line point is on (@pxref{Point}).
  418: ポイント(@pxref{Point})がある行。
  419: 
  420: @c ==jitem げんざいのだんらく
  421: @c @item Current Paragraph
  422: @item 現在の段落(Current Paragraph)
  423: @c The paragraph that point is in.  If point is between paragraphs, the
  424: @c current paragraph is the one that follows point.  @xref{Paragraphs}.
  425: ポイントがある段落。
  426: 段落のあいだにポイントがある場合には、
  427: 現在の段落はポイントのうしろにあるものである。
  428: @pxref{Paragraphs}。
  429: 
  430: @c ==jitem げんざいのかんすうていぎ
  431: @c @item Current Defun
  432: @item 現在の関数定義(Current Defun)
  433: @c The defun (q.v.@:) that point is in.  If point is between defuns, the
  434: @c current defun is the one that follows point.  @xref{Defuns}.
  435: ポイントがある関数定義(defun)《参照》。
  436: 関数定義のあいだにポイントがある場合には、
  437: 現在の関数定義はポイントのうしろにあるものである。
  438: @pxref{Defuns}。
  439: 
  440: @c ==jitem かーそる
  441: @c @item Cursor
  442: @item カーソル(Cursor)
  443: @c The cursor is the rectangle on the screen which indicates the position
  444: @c called point (q.v.@:) at which insertion and deletion takes place.
  445: @c The cursor is on or under the character that follows point.  Often
  446: @c people speak of `the cursor' when, strictly speaking, they mean
  447: @c `point'.  @xref{Basic,Cursor,Basic Editing}.
  448: カーソルとは、挿入や削除が行われるポイント《参照》と呼ばれる位置を
  449: 表す画面上の矩形である。
  450: カーソルは、ポイントのうしろにある文字の前景か背景にある。
  451: 「ポイント」のことを意味して「カーソル」ということが多い。
  452: @pxref{Basic,Cursor,Basic Editing}。
  453: 
  454: @c ==jitem かすたまいず
  455: @c @item Customization
  456: @item カスタマイズ(Customization)
  457: @c Customization is making minor changes in the way Emacs works.  It is
  458: @c often done by setting variables (@pxref{Variables}) or by rebinding
  459: @c key sequences (@pxref{Keymaps}).
  460: カスタマイズとは、Emacsの動作を少々変更することである。
  461: 変数(@pxref{Variables})を設定したり、
  462: キー列をリバインド(再束縛)する(@pxref{Keymaps})ことで
  463: カスタマイズを行うことが多い。
  464: 
  465: @c ==jitem でふぉるとひきすう
  466: @c @item Default Argument
  467: @item デフォルト引数(Default Argument)
  468: @c The default for an argument is the value that will be assumed if you
  469: @c do not specify one.  When the minibuffer is used to read an argument,
  470: @c the default argument is used if you just type @key{RET}.
  471: @c @xref{Minibuffer}.
  472: 引数のデフォルトとは、特に指定しないときに仮定される値のことである。
  473: 引数を読むのにミニバッファを使うとき、
  474: @key{RET}だけを打ち込むとデフォルト引数が使われる。
  475: @pxref{Minibuffer}。
  476: 
  477: @c ==jitem でふぉるとでぃれくとり
  478: @c @item Default Directory
  479: @item デフォルトディレクトリ(Default Directory)
  480: @c When you specify a file name that does not start with @samp{/} or @samp{~},
  481: @c it is interpreted relative to the current buffer's default directory.
  482: @c @xref{Minibuffer File,Default Directory}.
  483: @samp{/}や@samp{~}で始まらないファイル名を指定すると、
  484: それはカレントバッファのデフォルトディレクトリ相対に解釈される。
  485: @pxref{Minibuffer File,Default Directory}。
  486: 
  487: @c ==jitem かんすうていぎ
  488: @c @item Defun
  489: @item 関数定義(Defun)
  490: @c A defun is a list at the top level of parenthesis or bracket structure
  491: @c in a program.  It is so named because most such lists in Lisp programs
  492: @c are calls to the Lisp function @code{defun}.  @xref{Defuns}.
  493: defunは、プログラムのトップレベルにある括弧構造のリストである。
  494: この名称は、Lispプログラムにおいてこのようなリストが、
  495: (関数を定義する)Lisp関数defunの呼び出しになっていることに由来する。
  496: @pxref{Defuns}。
  497: 
  498: @c ==jitem あすきーもじDEL
  499: @item @key{DEL}
  500: @c @key{DEL} is a character that runs the command to delete one character of
  501: @c text.  @xref{Basic,DEL,Basic Editing}.
  502: @key{DEL}は、テキストの1文字を削除するコマンドを実行する文字である。
  503: @pxref{Basic,DEL,Basic Editing}。
  504: 
  505: @c ==jitem さくじょ
  506: @c @item Deletion
  507: @item 削除(Deletion)
  508: @c Deletion means erasing text without copying it into the kill ring
  509: @c (q.v.@:).  The alternative is killing (q.v.@:).  @xref{Killing,Deletion}.
  510: 削除とは、キルリング《参照》へコピーせずにテキストを除去することである。
  511: 他の手段にはキル《参照》がある。
  512: @pxref{Killing,Deletion}。
  513: 
  514: @c ==jitem ふぁいるのさくじょ
  515: @c @item Deletion of Files
  516: @item ファイルの削除(Deletion of Files)
  517: @c Deleting a file means erasing it from the file system.
  518: @c @xref{Misc File Ops}.
  519: ファイルの削除とは、それをファイルシステムから除去することである。
  520: @pxref{Misc File Ops}。
  521: 
  522: @c ==jitem めっせーじのさくじょ
  523: @c @item Deletion of Messages
  524: @item メッセージの削除(Deletion of Messages)
  525: @c Deleting a message means flagging it to be eliminated from your mail
  526: @c file.  Until you expunge (q.v.@:) the Rmail file, you can still undelete
  527: @c the messages you have deleted.  @xref{Rmail Deletion}.
  528: メッセージの削除とは、メイルファイルから除去する旨の印(削除印)を
  529: 付けることである。
  530: rmailファイルを抹消(expunge)《参照》しない限り、
  531: 削除したメッセージを復元できる。
  532: @pxref{Rmail Deletion}。
  533: 
  534: @c ==jitem うぃんどうのさくじょ
  535: @c @item Deletion of Windows
  536: @item ウィンドウの削除(Deletion of Windows)
  537: @c Deleting a window means eliminating it from the screen.  Other windows
  538: @c expand to use up the space.  The deleted window can never come back,
  539: @c but no actual text is thereby lost.  @xref{Windows}.
  540: ウィンドウの削除とは、画面からウィンドウを除去することである。
  541: 空いた場所を埋めるように他のウィンドウが延びる。
  542: 削除したウィンドウは二度ともとに戻らないが、
  543: それで実際のテキストが失われるわけではない。
  544: @pxref{Windows}。
  545: 
  546: @c ==jitem でぃれくとり
  547: @c @item Directory
  548: @item ディレクトリ(Directory)
  549: @c File directories are named collections in the file system, within which
  550: @c you can place individual files or subdirectories.  @xref{Directories}.
  551: ファイルディレクトリとは、
  552: ファイルシステムにおいて名前が付けられた集まりであり、
  553: その中にはファイルやサブディレクトリを置くことができる。
  554: @pxref{Directories}。
  555: 
  556: @c ==jitem あすきーもじDIRED
  557: @item Dired
  558: @c Dired is the Emacs facility that displays the contents of a file
  559: @c directory and allows you to ``edit the directory,'' performing
  560: @c operations on the files in the directory.  @xref{Dired}.
  561: diredとは、ファイルディレクトリの中身を表示し、
  562: ディレクトリ内のファイルを操作して『ディレクトリの編集』を可能にする
  563: Emacsの機能である。
  564: @pxref{Dired}。
  565: 
  566: @c ==jitem しようきんしこまんど
  567: @c @item Disabled Command
  568: @item 使用禁止コマンド(Disabled Command)
  569: @c A disabled command is one that you may not run without special
  570: @c confirmation.  The usual reason for disabling a command is that it is
  571: @c confusing for beginning users.  @xref{Disabling}.
  572: 使用禁止コマンドとは、特別な確認なしには実行できないコマンドである。
  573: コマンドを使用禁止にしておくのは、そのコマンドが初心者を困惑させるからである。
  574: @pxref{Disabling}。
  575: 
  576: @c ==jitem おしさげいべんと
  577: @c @item Down Event
  578: @item 押し下げイベント(Down Event)
  579: @c Short for `button down event'.
  580: 「ボタン押し下げイベント」の略。
  581: 
  582: @c ==jitem どらっぐいべんと
  583: @c @item Drag Event
  584: @item ドラッグイベント(Drag Event)
  585: @c A drag event is the kind of input event generated when you press a mouse
  586: @c button, move the mouse, and then release the button.  @xref{Mouse
  587: @c Buttons}.
  588: ドラッグイベントとは、入力イベントの一種であり、
  589: マウスボタンを押し下げたままマウスを動かしてからボタンを放すと発生する。
  590: @pxref{Mouse Buttons}。
  591: 
  592: @c ==jitem どりぶるふぁいる
  593: @c @item Dribble File
  594: @item ドリブルファイル(Dribble File)
  595: @c A file into which Emacs writes all the characters that the user types
  596: @c on the keyboard.  Dribble files are used to make a record for
  597: @c debugging Emacs bugs.  Emacs does not make a dribble file unless you
  598: @c tell it to.  @xref{Bugs}.
  599: ユーザーがキーボードから打ち込んだすべての文字を書き込むファイル。
  600: ドリブルファイルは、Emacsのバグのデバッグ用の記録を作るために使われる。
  601: 指示しない限りEmacsはドリブルファイルを作成しない。
  602: @pxref{Bugs}。
  603: 
  604: @c ==jitem えこーりょういき
  605: @c @item Echo Area
  606: @item エコー領域(Echo Area)
  607: @c The echo area is the bottom line of the screen, used for echoing the
  608: @c arguments to commands, for asking questions, and printing brief messages
  609: @c (including error messages).  The messages are stored in the buffer
  610: @c @samp{*Messages*} so you can review them later.  @xref{Echo Area}.
  611: エコー領域は、画面の最後の行であり、コマンドの引数を表示したり、
  612: 問い合わせたり、(エラーメッセージを含む)簡素なメッセージの表示に使われる。
  613: メッセージはバッファ@samp{*Messages*}に保存されるので、
  614: あとから見ることもできる。
  615: @pxref{Echo Area}。
  616: 
  617: @c ==jitem えこー
  618: @c @item Echoing
  619: @item エコー(Echoing)
  620: @c Echoing is acknowledging the receipt of commands by displaying them (in
  621: @c the echo area).  Emacs never echoes single-character key sequences;
  622: @c longer key sequences echo only if you pause while typing them.
  623: エコーとは、(エコー領域に)表示することでコマンドを
  624: 受理したことを伝えることである。
  625: Emacsは1文字のキー列をけっしてエコーしない。
  626: 2文字以上のキー列の場合、打ち込みに間を置くとエコーする。
  627: 
  628: @c ==jitem えれくとりっく
  629: @c @item Electric
  630: @item エレクトリック(Electric)
  631: @c We say that a character is electric if it is normally self-inserting
  632: @c (q.v.), but the current major mode (q.v.) redefines it to do something
  633: @c else as well.  For example, some programming language major modes define
  634: @c particular delimiter characters to reindent the line or insert one or
  635: @c more newlines in addition to self-insertion.
  636: 通常は自己挿入《参照》と定義されていて、現在のメジャーモード《参照》では
  637: 別のものにも再定義されているような文字を、エレクトリックであるという。
  638: たとえば、プログラム言語用のメジャーモードでは、特定の区切り文字を
  639: 自己挿入に加えて、行を字下げし直したり、空行を挿入するように定義する。
  640: 
  641: @c ==jitem えらー
  642: @c @item Error
  643: @item エラー(Error)
  644: @c An error occurs when an Emacs command cannot execute in the current
  645: @c circumstances.  When an error occurs, execution of the command stops
  646: @c (unless the command has been programmed to do otherwise) and Emacs
  647: @c reports the error by printing an error message (q.v.@:).  Type-ahead
  648: @c is discarded.  Then Emacs is ready to read another editing command.
  649: 現在の状況ではEmacsコマンドを実行できないときに、エラーが起きる。
  650: エラーが起きると、コマンドの実行は
  651: (コマンドが何か別のことをするようにプログラムされていない限り)止まり、
  652: Emacsはエラーメッセージ《参照》を表示してエラーを報告する。
  653: すでに打ち込んだ文字は捨てられる。
  654: そして、Emacsは他の編集コマンドを読める状態になる。
  655: 
  656: @c ==jitem えらーめっせーじ
  657: @c @item Error Message
  658: @item エラーメッセージ(Error Message)
  659: @c An error message is a single line of output displayed by Emacs when the
  660: @c user asks for something impossible to do (such as, killing text
  661: @c forward when point is at the end of the buffer).  They appear in the
  662: @c echo area, accompanied by a beep.
  663: エラーメッセージとは、ユーザーが(バッファの最後にポイントがあるのに、
  664: ポイントよりうしろのテキストをキルするなどの)実行不可能なことを要求したときに、
  665: Emacsが表示する1行のメッセージである。
  666: エラーメッセージはエコー領域に表示されベルが鳴る。
  667: 
  668: @c ==jitem あすきーもじESC
  669: @item @key{ESC}
  670: @c @key{ESC} is a character used as a prefix for typing Meta characters on
  671: @c keyboards lacking a @key{META} key.  Unlike the @key{META} key (which,
  672: @c like the @key{SHIFT} key, is held down while another character is
  673: @c typed), you press the @key{ESC} key as you would press a letter key, and
  674: @c it applies to the next character you type.
  675: @key{ESC}は、@key{META}キーがないキーボードで、
  676: メタ文字を入力するためのプレフィックスとして利用する文字である。
  677: (@key{SHIFT}キーのようにキーを押し下げたまま別の文字を打ち込む)
  678: @key{META}キーと違い、普通の文字キーを打ち込むように@key{ESC}キーを打ち込むと、
  679: つぎに打ち込んだ文字に(@key{ESC}キーが)適用される。
  680: 
  681: @c ==jitem まっしょう
  682: @c @item Expunging
  683: @item 抹消(Expunging)
  684: @c Expunging an Rmail file or Dired buffer is an operation that truly
  685: @c discards the messages or files you have previously flagged for deletion.
  686: rmailファイルやdiredバッファにおける抹消とは、
  687: 事前に削除の印を付けたメッセージやファイルを実際に捨て去る操作である。
  688: 
  689: @c ==jitem ふぁいるろっく
  690: @c @item File Locking
  691: @item ファイルロック(File Locking)
  692: @c Emacs used file locking to notice when two different users
  693: @c start to edit one file at the same time.  @xref{Interlocking}.
  694: Emacsは、異なる2人のユーザーが同時に1つのファイルを編集し始めたときに、
  695: そのことを告知するためにファイルロックを利用する。
  696: @pxref{Interlocking}。
  697: 
  698: @c ==jitem ふぁいるめい
  699: @c @item File Name
  700: @item ファイル名(File Name)
  701: @c A file name is a name that refers to a file.  File names may be relative
  702: @c or absolute; the meaning of a relative file name depends on the current
  703: @c directory, but an absolute file name refers to the same file regardless
  704: @c of which directory is current.  On GNU and Unix systems, an absolute
  705: @c file name starts with a slash (the root directory) or with @samp{~/} or
  706: @c @samp{~@var{user}/} (a home directory).
  707: ファイル名とはファイルを指す名前である。
  708: ファイル名は相対的か絶対的である。
  709: 相対ファイル名の意味はカレントディレクトリに依存するが、
  710: 一方、絶対ファイル名は現在どのディレクトリにいるかに関係なく
  711: つねに同じファイルを指す。
  712: GNUやUNIXシステムでは、絶対ファイル名は
  713: (ルートディレクトリである)スラッシュや
  714: (ホームディレクトリである)@samp{~/}や@samp{~@var{user}/}で始まる。
  715: 
  716: @c Some people use the term ``pathname'' for file names, but we do not;
  717: @c we use the word ``path'' only in the term ``search path'' (q.v.).
  718: ファイル名のかわりに『パス名』という用語を使う人もいるが、
  719: 本書では使わない。
  720: 単語『パス』は『探索パス』《参照》という用語にしか使わない。
  721: 
  722: @c ==jitem ふぁいるめいのこうせいようそ
  723: @c @item File-Name Component
  724: @item ファイル名の構成要素(File-Name Component)
  725: @c A file-name component names a file directly within a particular
  726: @c directory.  On GNU and Unix systems, a file name is a sequence of
  727: @c file-name components, separated by slashes.  For example, @file{foo/bar}
  728: @c is a file name containing two components, @samp{foo} and @samp{bar}; it
  729: @c refers to the file named @samp{bar} in the directory named @samp{foo} in
  730: @c the current directory.
  731: ファイル名の構成要素は、あるディレクトリ内のファイルを直接指名する。
  732: GNUやUNIXシステムでは、ファイル名とは
  733: ファイル名の構成要素をスラッシュで区切った列である。
  734: たとえば、@file{foo/bar}は2つの構成要素、@samp{foo}と@samp{bar}から成り、
  735: カレントディレクトリ内の@samp{foo}という名前のディレクトリ内の
  736: @samp{bar}というファイルを指す。
  737: 
  738: @c ==jitem つめこみせっとうじ
  739: @c @item Fill Prefix
  740: @item 詰め込み接頭辞(Fill Prefix)
  741: @c The fill prefix is a string that should be expected at the beginning
  742: @c of each line when filling is done.  It is not regarded as part of the
  743: @c text to be filled.  @xref{Filling}.
  744: 詰め込み接頭辞とは、詰め込みが完了したときに、
  745: 各行の先頭にあるべき文字列のことである。
  746: これは詰め込むべきテキストの一部としてはみなされない。
  747: @pxref{Filling}。
  748: 
  749: @c ==jitem つめこみ
  750: @c @item Filling
  751: @item 詰め込み(Filling)
  752: @c Filling text means shifting text between consecutive lines so that all
  753: @c the lines are approximately the same length.  @xref{Filling}.
  754: テキストの詰め込みとは、すべての行がほぼ同じ長さになるように、
  755: 連続した行のテキストの配置を変えることである。
  756: @pxref{Filling}。
  757: 
  758: @c ==jitem せいけいずみてきすと
  759: @c @item Formatted Text
  760: @item 整形済みテキスト(Formatted Text)
  761: @c Formatted text is text that displays with formatting information while
  762: @c you edit.  Formatting information includes fonts, colors, and specified
  763: @c margins.  @xref{Formatted Text}.
  764: 整形済みテキストとは、編集中に整形情報に従って表示されるテキストである。
  765: 整形情報には、フォント、表示色、左右端などがある。
  766: @pxref{Formatted Text}。
  767: 
  768: @c ==jitem ふれーむ
  769: @c @item Frame
  770: @item フレーム(Frame)
  771: @c A frame is a rectangular cluster of Emacs windows.  Emacs starts out
  772: @c with one frame, but you can create more.  You can subdivide each frame
  773: @c into Emacs windows (q.v.).  When you are using X windows, all the frames
  774: @c can be visible at the same time.  @xref{Frames}.
  775: フレームとは、Emacsウィンドウの長方形の集まりである。
  776: Emacsは1つのフレームで始めるがいくつでも作成できる。
  777: 各フレームはEmacsウィンドウ《参照》に分割できる。
  778: Xウィンドウシステムを利用している場合には、
  779: すべてのフレームを同時に眺めることができる。
  780: @pxref{Frames}。
  781: 
  782: @c ==jitem ふぁんくしょんきー
  783: @c @item Function Key
  784: @item ファンクションキー(Function Key)
  785: @c A function key is a key on the keyboard that sends input but does not
  786: @c correspond to any character.  @xref{Function Keys}.
  787: ファンクションキーは、どの文字にも対応しない入力を送出する
  788: キーボードのキーである。
  789: @pxref{Function Keys}。
  790: 
  791: @c ==jitem ぐろーばる
  792: @c @item Global
  793: @item グローバル(Global)
  794: @c Global means `independent of the current environment; in effect
  795: @c throughout Emacs'.  It is the opposite of local (q.v.@:).  Particular
  796: @c examples of the use of `global' appear below.
  797: グローバル(大域的)というのは、
  798: 「現在の環境とは独立であり、実質的にEmacs全体に適用する」ということである。
  799: これは、ローカル(局所的)《参照》とは反対の概念である。
  800: 「グローバル」の典型的な利用例は以下にある。
  801: 
  802: @c ==jitem ぐろーばるりゃくご
  803: @c @item Global Abbrev
  804: @item グローバル略語(Global Abbrev)
  805: @c A global definition of an abbrev (q.v.@:) is effective in all major
  806: @c modes that do not have local (q.v.@:) definitions for the same abbrev.
  807: @c @xref{Abbrevs}.
  808: 略語《参照》のグローバルな定義は、ローカル《参照》な定義に同じ略語がない
  809: すべてのメジャーモードにおいて有効である。
  810: @pxref{Abbrevs}。
  811: 
  812: @c ==jitem ぐろーばるきーまっぷ
  813: @c @item Global Keymap
  814: @item グローバルキーマップ(Global Keymap)
  815: @c The global keymap (q.v.@:) contains key bindings that are in effect
  816: @c except when overridden by local key bindings in a major mode's local
  817: @c keymap (q.v.@:).  @xref{Keymaps}.
  818: グローバルキーマップ《参照》は、
  819: メジャーモードのローカルキーマップ《参照》により
  820: ローカルキーバインドが優先する場合を除いて
  821: 有効になるキーバインドを保持する。
  822: @pxref{Keymaps}。
  823: 
  824: @c ==jitem ぐろーばるまーくりんぐ
  825: @c @item Global Mark Ring
  826: @item グローバルマークリング(Global Mark Ring)
  827: @c The global mark ring records the series of buffers you have recently set
  828: @c a mark in.  In many cases you can use this to backtrack through buffers
  829: @c you have been editing in, or in which you have found tags.  @xref{Global
  830: @c Mark Ring}.
  831: グローバルマークリングには、
  832: 最近にマークを置いたバッファの系列を記録する。
  833: 多くの場合、今までに編集したバッファやタグを探したバッファを
  834: 辿り直すのにこのリングを使える。
  835: @pxref{Global Mark Ring}。
  836: 
  837: @c ==jitem ぐろーばるちかん
  838: @c @item Global Substitution
  839: @item グローバル置換(Global Substitution)
  840: @c Global substitution means replacing each occurrence of one string by
  841: @c another string through a large amount of text.  @xref{Replace}.
  842: グローバル置換とは、長大なテキストにおいて、
  843: ある文字列を他の文字列で置き換えることである。
  844: @pxref{Replace}。
  845: 
  846: @c ==jitem ぐろーばるへんすう
  847: @c @item Global Variable
  848: @item グローバル変数(Global Variable)
  849: @c The global value of a variable (q.v.@:) takes effect in all buffers
  850: @c that do not have their own local (q.v.@:) values for the variable.
  851: @c @xref{Variables}.
  852: 変数《参照》のグローバルな値は、
  853: バッファ独自に変数のローカルな値を持たないすべてのバッファに影響する。
  854: @pxref{Variables}。
  855: 
  856: @c ==jitem ずけいもじ
  857: @c @item Graphic Character
  858: @item 図形文字(Graphic Character)
  859: @c Graphic characters are those assigned pictorial images rather than
  860: @c just names.  All the non-Meta (q.v.@:) characters except for the
  861: @c Control (q.v.@:) characters are graphic characters.  These include
  862: @c letters, digits, punctuation, and spaces; they do not include
  863: @c @key{RET} or @key{ESC}.  In Emacs, typing a graphic character inserts
  864: @c that character (in ordinary editing modes).  @xref{Basic,,Basic Editing}.
  865: 図形文字とは、名称だけでなく絵的な像も割り当てられた文字である。
  866: メタ《参照》でないすべての文字は、コントロール《参照》文字を除いて
  867: 図形文字である。
  868: アルファベット、数字、区切り文字、空白が含まれるが、
  869: @key{RET}や@key{ESC}は含まれない。
  870: Emacsでは、(通常の編集モードでは)図形文字を打ち込むとその文字が挿入される。
  871: @pxref{Basic,,Basic Editing}。
  872: 
  873: @c ==jitem きょうちょうひょうじ
  874: @c @item Highlighting
  875: @item 強調表示(Highlighting)
  876: @c Highlighting text means displaying it with a different foreground and/or
  877: @c background color to make it stand out from the rest of the text in the
  878: @c buffer.
  879: テキストを強調表示するとは、バッファ内の他のテキストに比してめだつように
  880: 前景色や背景色を変えて表示することである。
  881: 
  882: @c ==jitem はーどこぴー
  883: @c @item Hardcopy
  884: @item ハードコピー(Hardcopy)
  885: @c Hardcopy means printed output.  Emacs has commands for making printed
  886: @c listings of text in Emacs buffers.  @xref{Hardcopy}.
  887: ハードコピーとは、印刷した出力のことである。
  888: Emacsには、Emacsバッファ内のテキストを印刷するコマンドがある。
  889: @pxref{Hardcopy}。
  890: 
  891: @c ==jitem あすきーもじHELP
  892: @item @key{HELP}
  893: @c @key{HELP} is the Emacs name for @kbd{C-h} or @key{F1}.  You can type
  894: @c @key{HELP} at any time to ask what options you have, or to ask what any
  895: @c command does.  @xref{Help}.
  896: @key{HELP}とは、@kbd{C-h}や@key{F1}を指すEmacsの名前である。
  897: どのような選択枝があるかを調べたり、コマンドが何をするかを調べるには、
  898: いつでも@key{HELP}を押せばよい。
  899: @pxref{Help}。
  900: 
  901: @c ==jitem はいぱー
  902: @c @item Hyper
  903: @item ハイパー(Hyper)
  904: @c Hyper is the name of a modifier bit which a keyboard input character may
  905: @c have.  To make a character Hyper, type it while holding down the
  906: @c @key{HYPER} key.  Such characters are given names that start with
  907: @c @kbd{Hyper-} (usually written @kbd{H-} for short).  @xref{User Input,
  908: @c Hyper}.
  909: ハイパーは、キーボードからの入力文字に付く修飾ビットの名前である。
  910: ハイパー文字にするには、@key{HYPER}キーを押し下げたまま文字を打ち込む。
  911: このような文字は、@kbd{Hyper-}(普通は縮めて@kbd{H-})で始まる名前になる。
  912: @pxref{User Input, Hyper}。
  913: 
  914: @c ==jitem あすきーもじINBOX
  915: @item Inbox
  916: @c An inbox is a file in which mail is delivered by the operating system.
  917: @c Rmail transfers mail from inboxes to Rmail files (q.v.@:) in which the
  918: @c mail is then stored permanently or until explicitly deleted.
  919: @c @xref{Rmail Inbox}.
  920: inboxとは、
  921: オペレーティングシステムが配達するメイルを収めるファイルである。
  922: rmailは、inboxからrmailファイル《参照》にメイルを移動する。
  923: rmailファイル内のメイルは、明示的に消さない限り、恒久的に保存される。
  924: 
  925: @c ==jitem じさげ
  926: @c @item Indentation
  927: @item 字下げ(Indentation)
  928: @c Indentation means blank space at the beginning of a line.  Most
  929: @c programming languages have conventions for using indentation to
  930: @c illuminate the structure of the program, and Emacs has special
  931: @c commands to adjust indentation.
  932: @c @xref{Indentation}.
  933: 字下げとは、行の始めにある空白のことである。
  934: ほとんどのプログラム言語では、プログラムの構造を明らかにするために
  935: 字下げを使う習慣がある。
  936: Emacsには、字下げを調整する特別なコマンドがある。
  937: @pxref{Indentation}。
  938: 
  939: @c ==jitem かんせつばっふぁ
  940: @c @item Indirect Buffer
  941: @item 間接バッファ(Indirect Buffer)
  942: @c An indirect buffer is a buffer that shares the text of another buffer,
  943: @c called its base buffer.  @xref{Indirect Buffers}.
  944: 間接バッファとは、
  945: ベースバッファと呼ばれる別のバッファとテキストを共有するバッファである。
  946: @pxref{Indirect Buffers}。
  947: 
  948: @c ==jitem にゅうりょくいべんと
  949: @c @item Input Event
  950: @item 入力イベント(Input Event)
  951: @c An input event represents, within Emacs, one action taken by the user on
  952: @c the terminal.  Input events include typing characters, typing function
  953: @c keys, pressing or releasing mouse buttons, and switching between Emacs
  954: @c frames.  @xref{User Input}.
  955: Emacsにおいて、入力イベントはユーザーが端末で行った1つの操作を表す。
  956: 入力イベントには、文字の打ち込み、ファンクションキーの打ち込み、
  957: マウスボタンを押したり放したりすること、Emacsフレームの切り替えがある。
  958: 
  959: @c ==jitem にゅうりょほうしき
  960: @c @item Input Method
  961: @item 入力方式(Input Method)
  962: @c An input method is a system for entering non-ASCII text characters by
  963: @c typing sequences of ASCII characters (q.v.@:).  @xref{Input Methods}.
  964: 入力方式とは、ASCII文字《参照》の列を打ち込んで
  965: 非ASCIIのテキスト文字を入力する方法である。
  966: @pxref{Input Methods}。
  967: 
  968: @c ==jitem そうにゅう
  969: @c @item Insertion
  970: @item 挿入(Insertion)
  971: @c Insertion means copying text into the buffer, either from the keyboard
  972: @c or from some other place in Emacs.
  973: 挿入とは、キーボードやEmacs内の他の場所から
  974: バッファにテキストをコピーすることである。
  975: 
  976: @c ==jitem そうごろっく
  977: @c @item Interlocking
  978: @item 相互ロック(Interlocking)
  979: @c Interlocking is a feature for warning when you start to alter a file
  980: @c that someone else is already editing.  @xref{Interlocking,,Simultaneous
  981: @c Editing}.
  982: 相互ロックとは、
  983: すでに誰かが編集しているファイルを変更しようとすると警告する機能である。
  984: @pxref{Interlocking,,Simultaneous Editing}。
  985: 
  986: @c ==jitem ぎょうそろえ
  987: @c @item Justification
  988: @item 行揃え(Justification)
  989: @c Justification means adding extra spaces to lines of text to make them
  990: @c come exactly to a specified width.  @xref{Filling,Justification}.
  991: 行揃えとは、指定した幅にちょうど収まるように
  992: テキスト行に余分な空白を加えることである。
  993: @pxref{Filling,Justification}。
  994: 
  995: @c ==jitem きーぼーどまくろ
  996: @c @item Keyboard Macro
  997: @item キーボードマクロ(Keyboard Macro)
  998: @c Keyboard macros are a way of defining new Emacs commands from
  999: @c sequences of existing ones, with no need to write a Lisp program.
 1000: @c @xref{Keyboard Macros}.
 1001: キーボードマクロとは、Lispプログラムを書かずに、
 1002: 既存のコマンド列から新たなEmacsコマンドを定義する方法である。
 1003: @pxref{Keyboard Macros}。
 1004: 
 1005: @c ==jitem きーれつ
 1006: @c @item Key Sequence
 1007: @item キー列(Key Sequence)
 1008: @c A key sequence (key, for short) is a sequence of input events (q.v.@:)
 1009: @c that are meaningful as a single unit.  If the key sequence is enough to
 1010: @c specify one action, it is a complete key (q.v.@:); if it is not enough,
 1011: @c it is a prefix key (q.v.@:).  @xref{Keys}.
 1012: キー列(縮めてキー)とは、
 1013: 1つの単位として意味がある入力イベント《参照》の列である。
 1014: キー列が1つの動作を特定するのに十分な長さがあれば、
 1015: それは完結キー《参照》である。
 1016: 十分でなければプレフィックスキー《参照》である。
 1017: @pxref{Keys}。
 1018: 
 1019: @c ==jitem きーまっぷ
 1020: @c @item Keymap
 1021: @item キーマップ(Keymap)
 1022: @c The keymap is the data structure that records the bindings (q.v.@:) of
 1023: @c key sequences to the commands that they run.  For example, the global
 1024: @c keymap binds the character @kbd{C-n} to the command function
 1025: @c @code{next-line}.  @xref{Keymaps}.
 1026: キーマップとは、コマンドを起動するキー列のバインディング《参照》を
 1027: 記録したデータ構造である。
 1028: たとえば、グローバルキーマップでは、
 1029: 文字@kbd{C-n}をコマンド関数@code{next-line}にバインド(束縛)する。
 1030: @pxref{Keymaps}。
 1031: 
 1032: @c ==jitem きーぼーどへんかんひょう
 1033: @c @item Keyboard Translation Table
 1034: @item キーボード変換表(Keyboard Translation Table)
 1035: @c The keyboard translation table is an array that translates the character
 1036: @c codes that come from the terminal into the character codes that make up
 1037: @c key sequences.  @xref{Keyboard Translations}.
 1038: キーボード変換表とは、
 1039: 端末からの入力文字コードをキー列を構成する文字コードへ変換する配列である。
 1040: @pxref{Keyboard Translations}。
 1041: 
 1042: @c ==jitem きるりんぐ
 1043: @c @item Kill Ring
 1044: @item キルリング(Kill Ring)
 1045: @c The kill ring is where all text you have killed recently is saved.
 1046: @c You can reinsert any of the killed text still in the ring; this is
 1047: @c called yanking (q.v.@:).  @xref{Yanking}.
 1048: キルリングとは、
 1049: 最近にキルしたすべてのテキストを保存する場所である。
 1050: リングの中にあるキルしたテキストは、いつでも再度挿入できる。
 1051: これをヤンク《参照》するという。
 1052: @pxref{Yanking}。
 1053: 
 1054: @c ==jitem きる
 1055: @c @item Killing
 1056: @item キル(Killing)
 1057: @c Killing means erasing text and saving it on the kill ring so it can be
 1058: @c yanked (q.v.@:) later.  Some other systems call this ``cutting.''
 1059: @c Most Emacs commands to erase text do killing, as opposed to deletion
 1060: @c (q.v.@:).  @xref{Killing}.
 1061: キルとは、テキストを取り去り、
 1062: あとでヤンク《参照》できるようにキルリングに保存することである。
 1063: 他のシステムではこれを『カット』と呼ぶ。
 1064: テキストを取り去るほとんどのEmacsコマンドは、
 1065: 削除《参照》ではなくキルを行う。
 1066: @pxref{Killing}。
 1067: 
 1068: @c ==jitem じょぶのきょうせいしゅうりょう
 1069: @c @item Killing Jobs
 1070: @item ジョブの強制終了(Killing Jobs)
 1071: @c Killing a job (such as, an invocation of Emacs) means making it cease
 1072: @c to exist.  Any data within it, if not saved in a file, is lost.
 1073: @c @xref{Exiting}.
 1074: (Emacsの起動などの)ジョブを強制終了するとは、
 1075: ジョブの存続を終らせることである。
 1076: ジョブ内のデータは、ファイルに保存していなければ失われる。
 1077: @pxref{Exiting}。
 1078: 
 1079: @c ==jitem げんごかんきょう
 1080: @c @item Language Environment
 1081: @item 言語環境(Language Environment)
 1082: @c Your choice of language environment specifies defaults for the input
 1083: @c method (q.v.@:) and coding system (q.v.@:).  @xref{Language
 1084: @c Environments}.  These defaults are relevant if you edit non-ASCII text
 1085: @c (@pxref{International}).
 1086: 言語環境を選ぶと、
 1087: 入力方式《参照》とコーディングシステム《参照》のデフォルトが指定される。
 1088: @pxref{Language Environments}。
 1089: これらのデフォルトは、非ASCIIのテキストを編集する人に関係ある。
 1090: (@pxref{International})。
 1091: 
 1092: @c ==jitem りすと
 1093: @c @item List
 1094: @item リスト(List)
 1095: @c A list is, approximately, a text string beginning with an open
 1096: @c parenthesis and ending with the matching close parenthesis.  In C mode
 1097: @c and other non-Lisp modes, groupings surrounded by other kinds of matched
 1098: @c delimiters appropriate to the language, such as braces, are also
 1099: @c considered lists.  Emacs has special commands for many operations on
 1100: @c lists.  @xref{Lists}.
 1101: リストとは、おおざっぱにいえば、
 1102: 開き括弧で始まり対応する閉じ括弧で終るテキスト文字列である。
 1103: Cモードや他のLisp以外のモードでは、
 1104: 言語にとって適切な対応をとる中括弧などの
 1105: 区切り文字で囲んだものもリストとみなす。
 1106: Emacsには、リストにさまざまな操作を行う特別なコマンドがある。
 1107: @pxref{Lists}。
 1108: 
 1109: @c ==jitem ろーかる
 1110: @c @item Local
 1111: @item ローカル(Local)
 1112: @c Local means `in effect only in a particular context'; the relevant
 1113: @c kind of context is a particular function execution, a particular
 1114: @c buffer, or a particular major mode.  It is the opposite of `global'
 1115: @c (q.v.@:).  Specific uses of `local' in Emacs terminology appear below.
 1116: ローカル(局所的)とは、「特定の文脈だけに影響する」という意味である。
 1117: 特定の文脈とは、関数の実行、バッファ、メジャーモードなどである。
 1118: これは、グローバル(大域的)《参照》とは反対の概念である。
 1119: Emacsにおける「ローカル」の用法の例は以下ある。
 1120: 
 1121: @c ==jitem ろーかるりゃくご
 1122: @c @item Local Abbrev
 1123: @item ローカル略語(Local Abbrev)
 1124: @c A local abbrev definition is effective only if a particular major mode
 1125: @c is selected.  In that major mode, it overrides any global definition
 1126: @c for the same abbrev.  @xref{Abbrevs}.
 1127: ローカル略語の定義は、特定のメジャーモードが選ばれているときだけ有効である。
 1128: そのメジャーモードでは、同じ略語のグローバルな定義に優先する。
 1129: @pxref{Abbrevs}。
 1130: 
 1131: @c ==jitem ろーかるきーまっぷ
 1132: @c @item Local Keymap
 1133: @item ローカルキーマップ(Local Keymap)
 1134: @c A local keymap is used in a particular major mode; the key bindings
 1135: @c (q.v.@:) in the current local keymap override global bindings of the
 1136: @c same key sequences.  @xref{Keymaps}.
 1137: ローカルキーマップは、特定のメジャーモードで使われる。
 1138: 現在のローカルキーマップのキーバインド《参照》は、
 1139: 同じキー列に対するグローバルなバインドに優先する。
 1140: @pxref{Keymaps}。
 1141: 
 1142: @c ==jitem ろーかるへんすう
 1143: @c @item Local Variable
 1144: @item ローカル変数(Local Variable)
 1145: @c A local value of a variable (q.v.@:) applies to only one buffer.
 1146: @c @xref{Locals}.
 1147: 1つのバッファのみに適用される変数《参照》のローカルな値。
 1148: @pxref{Locals}。
 1149: 
 1150: @c ==jitem あすきーもじM-
 1151: @item @kbd{M-}
 1152: @c @kbd{M-} in the name of a character is an abbreviation for @key{META},
 1153: @c one of the modifier keys that can accompany any character.
 1154: @c @xref{User Input}.
 1155: 文字の名前の中の@kbd{M-}は、@key{META}の省略形であり、
 1156: 任意の文字に付くことが可能な修飾キーの1つである。
 1157: @pxref{User Input}。
 1158: 
 1159: @c ==jitem あすきーもじM-C-
 1160: @item @kbd{M-C-}
 1161: @c @kbd{M-C-} in the name of a character is an abbreviation for
 1162: @c Control-Meta; it means the same thing as @kbd{C-M-}.  If your
 1163: @c terminal lacks a real @key{META} key, you type a Control-Meta character by
 1164: @c typing @key{ESC} and then typing the corresponding Control character.
 1165: @c @xref{User Input,C-M-}.
 1166: 文字の名前の中の@kbd{M-C-}は、
 1167: コントロール・メタ(Control-Meta)の略であり、
 1168: @kbd{C-M-}と同じ意味である。
 1169: @key{META}キーがない端末では、
 1170: コントロール・メタ文字を打ち込むには、
 1171: @key{ESC}を打ち込んでから該当するコントロール文字を打ち込む。
 1172: @pxref{User Input,C-M-}。
 1173: 
 1174: @c ==jitem あすきーもじM-x
 1175: @item @kbd{M-x}
 1176: @c @kbd{M-x} is the key sequence which is used to call an Emacs command by
 1177: @c name.  This is how you run commands that are not bound to key sequences.
 1178: @c @xref{M-x}.
 1179: @kbd{M-x}は、Emacsコマンドを名前で呼び出すために用いるキー列である。
 1180: これにより、キー列にバインド(束縛)されていないコマンドを実行できる。
 1181: @pxref{M-x}。
 1182: 
 1183: @c ==jitem めいる
 1184: @c @item Mail
 1185: @item メイル(Mail)
 1186: @c Mail means messages sent from one user to another through the computer
 1187: @c system, to be read at the recipient's convenience.  Emacs has commands for
 1188: @c composing and sending mail, and for reading and editing the mail you have
 1189: @c received.  @xref{Sending Mail}.  @xref{Rmail}, for how to read mail.
 1190: メイルとは、コンピュータシステムを介してあるユーザーが他のユーザーへ送った
 1191: メッセージであり、受け手の都合のよいときに読んでもらう。
 1192: Emacsには、メイルを書いて送ったり、
 1193: 受け取ったメイルを読んだり編集するコマンドがある。
 1194: @pxref{Sending Mail}。
 1195: メイルの読み方は、@pxref{Rmail}。
 1196: 
 1197: @c ==jitem めいるさくせいほうほう
 1198: @c @item Mail Composition Method
 1199: @item メイル作成方法(Mail Composition Method)
 1200: @c A mail composition method is a program runnable within Emacs for editing
 1201: @c and sending a mail message.  Emacs lets you select from several
 1202: @c alternative mail composition methods.  @xref{Mail Methods}.
 1203: メイル作成方法とは、
 1204: メイルメッセージを編集したり送ったりするための
 1205: Emacs内で実行できるプログラムである。
 1206: Emacsでは何種類かのメイル作成方法を選択できる。
 1207: @pxref{Mail Methods}。
 1208: 
 1209: @c ==jitem めじゃーもーど
 1210: @c @item Major Mode
 1211: @item メジャーモード(Major Mode)
 1212: @c The Emacs major modes are a mutually exclusive set of options, each of
 1213: @c which configures Emacs for editing a certain sort of text.  Ideally,
 1214: @c each programming language has its own major mode.  @xref{Major Modes}.
 1215: Emacsのメジャーモードとは、互いに排他的なオプションの集まりであり、
 1216: 各メジャーモードは特定種類のテキストを編集するためにEmacsの設定を変更する。
 1217: 理想的には、各プログラム言語ごとに独自のメジャーモードがある。
 1218: @pxref{Major Modes}。
 1219: 
 1220: @c ==jitem まーく
 1221: @c @item Mark
 1222: @item マーク(Mark)
 1223: @c The mark points to a position in the text.  It specifies one end of the
 1224: @c region (q.v.@:), point being the other end.  Many commands operate on
 1225: @c all the text from point to the mark.  Each buffer has its own mark.
 1226: @c @xref{Mark}.
 1227: マークは、テキスト内の位置を指し示す。
 1228: マークでリージョン《参照》の端を指し、ポイントでもう一方の端を指す。
 1229: ポイントからマークまでのテキスト全体を操作するコマンドが数多くある。
 1230: 各バッファにはそれぞれ独自のマークがある。
 1231: @pxref{Mark}。
 1232: 
 1233: @c ==jitem まーくりんぐ
 1234: @c @item Mark Ring
 1235: @item マークリング(Mark Ring)
 1236: @c The mark ring is used to hold several recent previous locations of the
 1237: @c mark, just in case you want to move back to them.  Each buffer has its
 1238: @c own mark ring; in addition, there is a single global mark ring (q.v.).
 1239: @c @xref{Mark Ring}.
 1240: マークリングは、以前のマークへ戻りたくなった場合に備えて、
 1241: 最近の数個のマークの位置を保持する。
 1242: 各バッファには独自のマークリングがある。
 1243: さらに、グローバルマークリング《参照》が1つある。
 1244: @pxref{Mark Ring}。
 1245: 
 1246: @c ==jitem めにゅーばー
 1247: @c @item Menu Bar
 1248: @item メニューバー(Menu Bar)
 1249: @c The menu bar is the line at the top of an Emacs frame.  It contains
 1250: @c words you can click on with the mouse to bring up menus.  The menu bar
 1251: @c feature is supported only with X.  @xref{Menu Bars}.
 1252: メニューバーはEmacsフレームの最上段にある。
 1253: これには、マウスでクリックしてメニューを出すための単語が並んでいる。
 1254: メニューバーの機能は、X上でのみ利用できる。
 1255: @pxref{Menu Bars}。
 1256: 
 1257: @c ==jitem めっせーじ
 1258: @c @item Message
 1259: @item メッセージ(Message)
 1260: @c See `mail'.
 1261: 「メイル」を参照。
 1262: 
 1263: @c ==jitem めた
 1264: @c @item Meta
 1265: @item メタ(Meta)
 1266: @c Meta is the name of a modifier bit which a command character may have.
 1267: @c It is present in a character if the character is typed with the
 1268: @c @key{META} key held down.  Such characters are given names that start
 1269: @c with @kbd{Meta-} (usually written @kbd{M-} for short).  For example,
 1270: @c @kbd{M-<} is typed by holding down @key{META} and at the same time
 1271: @c typing @kbd{<} (which itself is done, on most terminals, by holding
 1272: @c down @key{SHIFT} and typing @kbd{,}).  @xref{User Input,Meta}.
 1273: メタは、コマンド文字に付きうる修飾ビットの名前である。
 1274: @key{META}を押し下げたまま打ち込んだ文字に付く。
 1275: そのような文字は、
 1276: @kbd{Meta-}(普通は縮めて@kbd{M-})で始まる名前になる。
 1277: たとえば、@kbd{M-<}は、@key{META}を押し下げたまま
 1278: (ほとんどの端末では、@key{SHIFT}を押し下げたまま@kbd{,}を打ち)
 1279: @kbd{<}を打ち込む。
 1280: @pxref{User Input,Meta}。
 1281: 
 1282: @c ==jitem めたもじ
 1283: @c @item Meta Character
 1284: @item メタ文字(Meta Character)
 1285: @c A Meta character is one whose character code includes the Meta bit.
 1286: メタ文字とは、メタビットが立っている文字コードである。
 1287: 
 1288: @c ==jitem みにばっふぁ
 1289: @c @item Minibuffer
 1290: @item ミニバッファ(Minibuffer)
 1291: @c The minibuffer is the window that appears when necessary inside the
 1292: @c echo area (q.v.@:), used for reading arguments to commands.
 1293: @c @xref{Minibuffer}.
 1294: ミニバッファは、必要なときにエコー領域《参照》に現れ、
 1295: コマンドの引数を読み取るのに使われる。
 1296: @pxref{Minibuffer}。
 1297: 
 1298: @c ==jitem みにばっふぁりれき
 1299: @c @item Minibuffer History
 1300: @item ミニバッファ履歴(Minibuffer History)
 1301: @c The minibuffer history records the text you have specified in the past
 1302: @c for minibuffer arguments, so you can conveniently use the same text
 1303: @c again.  @xref{Minibuffer History}.
 1304: ミニバッファ履歴は、
 1305: それまでにミニバッファ引数に指定したテキストを記録するもので、
 1306: 同じテキストを再利用するのに便利である。
 1307: @pxref{Minibuffer History}。
 1308: 
 1309: @c ==jitem まいなもーど
 1310: @c @item Minor Mode
 1311: @item マイナモード(Minor Mode)
 1312: @c A minor mode is an optional feature of Emacs which can be switched on
 1313: @c or off independently of all other features.  Each minor mode has a
 1314: @c command to turn it on or off.  @xref{Minor Modes}.
 1315: マイナモードとは、他のすべての機能とは独立に
 1316: オン/オフできるEmacsのオプションの機能である。
 1317: 各マイナモードには、機能をオン/オフするコマンドがある。
 1318: @pxref{Minor Modes}。
 1319: 
 1320: @c ==jitem まいなもーどきーまっぷ
 1321: @c @item Minor Mode Keymap
 1322: @item マイナモードキーマップ(Minor Mode Keymap)
 1323: @c A keymap that belongs to a minor mode and is active when that mode is
 1324: @c enabled.  Minor mode keymaps take precedence over the buffer's local
 1325: @c keymap, just as the local keymap takes precedence over the global
 1326: @c keymap.  @xref{Keymaps}.
 1327: マイナモードに属するキーマップのことであり、
 1328: マイナモードがオンのときに使われる。
 1329: ローカルキーマップがグローバルキーマップに優先するように、
 1330: マイナモードキーマップはバッファのローカルキーマップに優先する。
 1331: @pxref{Keymaps}。
 1332: 
 1333: @c ==jitem もーどぎょう
 1334: @c @item Mode Line
 1335: @item モード行(Mode Line)
 1336: @c The mode line is the line at the bottom of each window (q.v.@:), giving
 1337: @c status information on the buffer displayed in that window.  @xref{Mode
 1338: @c Line}.
 1339: モード行とは、各ウィンドウ《参照》のいちばん底にある行であり、
 1340: ウィンドウに表示中のバッファの状態に関する情報を与える。
 1341: @pxref{Mode Line}。
 1342: 
 1343: @c ==jitem へんこうしたばっふぁ
 1344: @c @item Modified Buffer
 1345: @item 変更したバッファ(Modified Buffer)
 1346: @c A buffer (q.v.@:) is modified if its text has been changed since the
 1347: @c last time the buffer was saved (or since when it was created, if it
 1348: @c has never been saved).  @xref{Saving}.
 1349: バッファを保存してから(あるいは、新規作成)以降にテキストを変更した
 1350: (あるいは、一度も保存していない)場合、
 1351: バッファは変更されたという。
 1352: @pxref{Saving}。
 1353: 
 1354: @c ==jitem てきすとのいどう
 1355: @c @item Moving Text
 1356: @item テキストの移動(Moving Text)
 1357: @c Moving text means erasing it from one place and inserting it in
 1358: @c another.  The usual way to move text by killing (q.v.@:) and then
 1359: @c yanking (q.v.@:).  @xref{Killing}.
 1360: テキストの移動とは、
 1361: ある場所からテキストを取り去り、別の場所へ挿入することである。
 1362: テキストを移動するもっとも普通の方法は、
 1363: キル《参照》してからヤンク《参照》することである。
 1364: @pxref{Killing}。
 1365: 
 1366: @c ==jitem あすきーもじMULE
 1367: @c @item MULE
 1368: @item MULE(ミュール)
 1369: @c MULE refers to the Emacs features for editing non-ASCII text
 1370: @c using multibyte characters (q.v.@:).  @xref{International}.
 1371: MULEとは、マルチバイト文字《参照》の機能を用いて非ASCIIテキストを
 1372: 編集するEmacsの機能を指す。
 1373: @pxref{International}。
 1374: 
 1375: @c ==jitem まるちばいともじ
 1376: @c @item Multibyte Character
 1377: @item マルチバイト文字(Multibyte Character)
 1378: @c A multibyte character is a character that takes up several buffer
 1379: @c positions.  Emacs uses multibyte characters to represent non-ASCII text,
 1380: @c since the number of non-ASCII characters is much more than 256.
 1381: @c @xref{International Intro}.
 1382: マルチバイト文字とは、バッファの数個の場所を占める文字である。
 1383: 非ASCII文字の個数は256を大幅に超えるので、
 1384: 非ASCII文字のテキストを表現するためにマルチバイト文字を使う。
 1385: @pxref{International Intro}。
 1386: 
 1387: @c ==jitem なまえつきまーく
 1388: @c @item Named Mark
 1389: @item 名前付きマーク(Named Mark)
 1390: @c A named mark is a register (q.v.@:) in its role of recording a
 1391: @c location in text so that you can move point to that location.
 1392: @c @xref{Registers}.
 1393: 名前付きマークとは、レジスタ《参照》であり、
 1394: その場所へポイントを移動できるようにテキスト内の場所を記録する役割がある。
 1395: @pxref{Registers}。
 1396: 
 1397: @c ==jitem なろいんぐ
 1398: @c @item Narrowing
 1399: @item ナロイング(Narrowing)
 1400: @c Narrowing means creating a restriction (q.v.@:) that limits editing in
 1401: @c the current buffer to only a part of the text in the buffer.  Text
 1402: @c outside that part is inaccessible to the user until the boundaries are
 1403: @c widened again, but it is still there, and saving the file saves it
 1404: @c all.  @xref{Narrowing}.
 1405: ナロイングとは、カレントバッファのテキストの一部分のみが
 1406: 編集対象となるように制限《参照》を設けることである。
 1407: 境界を広げない限り、境界の外側にあるテキストを参照することはできないが、
 1408: テキストは存続しているので
 1409: ファイルへ保存するとバッファの内容すべてが保存される。
 1410: @pxref{Narrowing}。
 1411: 
 1412: @c ==jitem かいぎょう
 1413: @c @item Newline
 1414: @item 改行(Newline)
 1415: @c Control-J characters in the buffer terminate lines of text and are
 1416: @c therefore also called newlines.  @xref{Text Characters,Newline}.
 1417: バッファ内の文字Control-Jは、テキストの行の終りなので、
 1418: 改行と呼ばれる。
 1419: @pxref{Text Characters,Newline}。
 1420: 
 1421: @c ==jitem すうひきすう
 1422: @c @item Numeric Argument
 1423: @item 数引数(Numeric Argument)
 1424: @c A numeric argument is a number, specified before a command, to change
 1425: @c the effect of the command.  Often the numeric argument serves as a
 1426: @c repeat count.  @xref{Arguments}.
 1427: 数引数は数であり、コマンドよりまえに指定してコマンドの効果を変える。
 1428: 多くの場合、数引数は反復回数を指定する。
 1429: @pxref{Arguments}。
 1430: 
 1431: @c ==jitem うわがきもーど
 1432: @c @item Overwrite Mode
 1433: @item 上書きモード(Overwrite Modes)
 1434: @c Overwrite mode is a minor mode.  When it is enabled, ordinary text
 1435: @c characters replace the existing text after point rather than pushing
 1436: @c it to the right.  @xref{Minor Modes}.
 1437: 上書き(overwrite)モードは、マイナモードである。
 1438: このモードが有効であると、
 1439: 普通のテキスト文字は、ポイント直後に押し込まれるのではなく、
 1440: ポイント直後の既存のテキストを置き換える。
 1441: @pxref{Minor Modes}。
 1442: 
 1443: @c ==jitem ぺーじ
 1444: @c @item Page
 1445: @item ページ(Page)
 1446: @c A page is a unit of text, delimited by formfeed characters (ASCII
 1447: @c control-L, code 014) coming at the beginning of a line.  Some Emacs
 1448: @c commands are provided for moving over and operating on pages.
 1449: @c @xref{Pages}.
 1450: ページは、テキストの1つの単位であり、
 1451: 行の先頭のページ送り文字(ASCIIのコントロールL、コードは014)で区切られる。
 1452: Emacsには、ページ間を移動したり、ページを操作するコマンドがある。
 1453: @pxref{Pages}。
 1454: 
 1455: @c ==jitem だんらく
 1456: @c @item Paragraph
 1457: @item 段落(Paragraph)
 1458: @c Paragraphs are the medium-size unit of English text.  There are
 1459: @c special Emacs commands for moving over and operating on paragraphs.
 1460: @c @xref{Paragraphs}.
 1461: 段落とは、英文テキストの中程度の大きさの塊である。
 1462: 段落間を移動したり段落を操作する専用のEmacsコマンドがある。
 1463: @pxref{Paragraphs}。
 1464: 
 1465: @c ==jitem こうぶんかいせき
 1466: @c @item Parsing
 1467: @item 構文解析(Parsing)
 1468: @c We say that certain Emacs commands parse words or expressions in the
 1469: @c text being edited.  Really, all they know how to do is find the other
 1470: @c end of a word or expression.  @xref{Syntax}.
 1471: Emacsコマンドの中には、
 1472: 編集中のテキストを単語や式として構文解析するものがある。
 1473: 実際には、単語や式の端をみつける方法を知っている程度である。
 1474: @pxref{Syntax}。
 1475: 
 1476: @c ==jitem ぽいんと
 1477: @c @item Point
 1478: @item ポイント(Point)
 1479: @c Point is the place in the buffer at which insertion and deletion
 1480: @c occur.  Point is considered to be between two characters, not at one
 1481: @c character.  The terminal's cursor (q.v.@:) indicates the location of
 1482: @c point.  @xref{Basic,Point}.
 1483: ポイントとは、挿入や削除を行うバッファ内の場所である。
 1484: ポイントは、2つの文字のあいだにあると考えられ、どちらかの文字にあるのではない。
 1485: 端末のカーソル《参照》はポイントの位置を示す。
 1486: @pxref{Basic,Point}。
 1487: 	
 1488: @c ==jitem ぜんちひきすう
 1489: @c @item Prefix Argument
 1490: @item 前置引数(Prefix Argument)
 1491: @c See `numeric argument'.
 1492: 「数引数」を参照。
 1493: 
 1494: @c ==jitem ぷれふぃっくすきー
 1495: @c @item Prefix Key
 1496: @item プレフィックスキー(Prefix Key)
 1497: @c A prefix key is a key sequence (q.v.@:) whose sole function is to
 1498: @c introduce a set of longer key sequences.  @kbd{C-x} is an example of
 1499: @c prefix key; any two-character sequence starting with @kbd{C-x} is
 1500: @c therefore a legitimate key sequence.  @xref{Keys}.
 1501: プレフィックスキーとは、
 1502: より長いキー列の導入部としてのみ機能するキー列である。
 1503: @kbd{C-x}は、プレフィックスキーの例である。
 1504: したがって、@kbd{C-x}で始まる2文字のキー列は正当なキー列である。
 1505: @pxref{Keys}。
 1506: 
 1507: @c ==jitem しゅrmailふぁいる
 1508: @c @item Primary Rmail File
 1509: @item 主rmailファイル(Primary Rmail File)
 1510: @c Your primary Rmail file is the file named @samp{RMAIL} in your home
 1511: @c directory.  That's where Rmail stores your incoming mail, unless you
 1512: @c specify a different file name.  @xref{Rmail}.
 1513: 主rmailファイルとは、ホームディレクトリにある@samp{RMAIL}という
 1514: 名前のファイルである。
 1515: 別のファイル名を指定しない限り、
 1516: rmailが届いたメイルを保存する場所である。
 1517: @pxref{Rmail}。
 1518: 
 1519: @c ==jitem いちじせれくしょん
 1520: @c @item Primary Selection
 1521: @item 一次セレクション(Primary Selection)
 1522: @c The primary selection is one particular X selection (q.v.@:); it is the
 1523: @c selection that most X applications use for transferring text to and from
 1524: @c other applications.
 1525: 一次セレクションとは、Xのセレクション《参照》の一種であり、
 1526: アプリケーション間でテキストを転送するために
 1527: Xの数多くのアプリケーションが用いるセレクションである。
 1528: 
 1529: @c The Emacs kill commands set the primary selection and the yank command
 1530: @c uses the primary selection when appropriate.  @xref{Killing}.
 1531: Emacsのキルコマンドは、一次セレクションを設定し、
 1532: ヤンクコマンドは、適切ならば、一次セレクションを用いる。
 1533: @pxref{Killing}。
 1534: 
 1535: @c ==jitem ぷろんぷと
 1536: @c @item Prompt
 1537: @item プロンプト(Prompt)
 1538: @c A prompt is text printed to ask the user for input.  Displaying a prompt
 1539: @c is called prompting.  Emacs prompts always appear in the echo area
 1540: @c (q.v.@:).  One kind of prompting happens when the minibuffer is used to
 1541: @c read an argument (@pxref{Minibuffer}); the echoing which happens when
 1542: @c you pause in the middle of typing a multi-character key sequence is also
 1543: @c a kind of prompting (@pxref{Echo Area}).
 1544: プロンプトとは、ユーザーに入力を促すために表示されるテキストである。
 1545: プロンプトを表示することをプロンプティングという。
 1546: Emacsのプロンプトは、つねにエコー領域《参照》に現れる。
 1547: プロンプトを出す例は
 1548: 引数を読むためにミニバッファ(@pxref{Minibuffer})を使う場合である。
 1549: 長いキー列を打ち込む途中で間を置いたときに起きる表示も、
 1550: プロンプトの一種である。
 1551: (@pxref{Echo Area})。
 1552: 
 1553: @c ==jitem ちゅうだん
 1554: @c @item Quitting
 1555: @item 中断(Quitting)
 1556: @c Quitting means canceling a partially typed command or a running
 1557: @c command, using @kbd{C-g} (or @kbd{C-@key{BREAK}} on MS-DOS).  @xref{Quitting}.
 1558: 中断とは、@kbd{C-g}(MS-DOSでは@kbd{C-@key{BREAK}})を使って、
 1559: 打鍵途中のコマンドや実行中のコマンドを取り消すことである。
 1560: @pxref{Quitting}。
 1561: 
 1562: @c ==jitem くぉーと
 1563: @c @item Quoting
 1564: @item クォート(Quoting)
 1565: @c Quoting means depriving a character of its usual special significance.
 1566: @c The most common kind of quoting in Emacs is with @kbd{C-q}.  What
 1567: @c constitutes special significance depends on the context and on
 1568: @c convention.  For example, an ``ordinary'' character as an Emacs command
 1569: @c inserts itself; so in this context, a special character is any character
 1570: @c that does not normally insert itself (such as @key{DEL}, for example),
 1571: @c and quoting it makes it insert itself as if it were not special.  Not
 1572: @c all contexts allow quoting.  @xref{Basic,Quoting,Basic Editing}.
 1573: クォートとは、文字が通常有する特別な意味を奪うことである。
 1574: Emacsにおいてもっとも一般的なクォートは、@kbd{C-q}を使う。
 1575: 何が特別な意味となるかは、文脈や約束事に依存する。
 1576: たとえば、Emacsのコマンドとしての『普通』の文字は、その文字自身を挿入する。
 1577: したがって、この文脈においては、特別な文字とは、
 1578: (たとえば、@key{DEL}などの)文字自身を挿入しない文字のことであり、
 1579: クォートすると、特別な文字ではないとして、文字自身を挿入する。
 1580: どんな文脈でもクォートが許されるとは限らない。
 1581: @pxref{Basic,Quoting,Basic Editing}。
 1582: 
 1583: @c ==jitem ふぁいるめいのくぉーと
 1584: @c @item Quoting File Names
 1585: @item ファイル名のクォート(Quoting File Names)
 1586: @c Quoting a file name turns off the special significance of constructs
 1587: @c such as @samp{$}, @samp{~} and @samp{:}.  @xref{Quoted File Names}.
 1588: ファイル名をクォートすると、
 1589: @samp{$}、@samp{~}、@samp{:}などの構成要素の特別な意味を抑える。
 1590: @pxref{Quoted File Names}。
 1591: 
 1592: @c ==jitem よみだしせんようばっふぁ
 1593: @c @item Read-Only Buffer
 1594: @item 読み出し専用バッファ(Read-Only Buffer)
 1595: @c A read-only buffer is one whose text you are not allowed to change.
 1596: @c Normally Emacs makes buffers read-only when they contain text which
 1597: @c has a special significance to Emacs; for example, Dired buffers.
 1598: @c Visiting a file that is write-protected also makes a read-only buffer.
 1599: @c @xref{Buffers}.
 1600: 読み出し専用バッファとは、変更が許されないテキストを持つバッファである。
 1601: 通常、Emacsにとって重要な意味を持ったテキストを含むバッファは
 1602: 読み出し専用になる。
 1603: たとえば、diredバッファである。
 1604: 書き込み禁止のファイルを訪れても、バッファは読み出し専用になる。
 1605: @pxref{Buffers}。
 1606: 
 1607: @c ==jitem くけいりょういき
 1608: @c @item Rectangle
 1609: @item 矩形領域(Rectangle)
 1610: @c A rectangle consists of the text in a given range of columns on a given
 1611: @c range of lines.  Normally you specify a rectangle by putting point at
 1612: @c one corner and putting the mark at the opposite corner.
 1613: @c @xref{Rectangles}.
 1614: 矩形領域は、与えられた範囲の行の与えられた範囲の桁のテキストから成る。
 1615: 通常、矩形領域を指定するには、一方の角にポイントを置き、対角にマークを置く。
 1616: @pxref{Rectangles}。
 1617: 
 1618: @c ==jitem さいきへんしゅうれべる
 1619: @c @item Recursive Editing Level
 1620: @item 再帰編集レベル(Recursive Editing Level)
 1621: @c A recursive editing level is a state in which part of the execution of
 1622: @c a command involves asking the user to edit some text.  This text may
 1623: @c or may not be the same as the text to which the command was applied.
 1624: @c The mode line indicates recursive editing levels with square brackets
 1625: @c (@samp{[} and @samp{]}).  @xref{Recursive Edit}.
 1626: 再帰編集レベルとは、コマンドの実行過程において、
 1627: ユーザーにテキスト編集を依頼した状態のことである。
 1628: このテキストは、コマンドを適用したテキストと同じかもしれないし、
 1629: 違うかもしれない。
 1630: モード行には、角括弧(@samp{[}と@samp{]})で再帰編集レベルが示される。
 1631: @pxref{Recursive Edit}。
 1632: 
 1633: @c ==jitem さいひょうじ
 1634: @c @item Redisplay
 1635: @item 再表示(Redisplay)
 1636: @c Redisplay is the process of correcting the image on the screen to
 1637: @c correspond to changes that have been made in the text being edited.
 1638: @c @xref{Screen,Redisplay}.
 1639: 再表示とは、編集中のテキストの変更に対応するように、
 1640: 画面上の表示を修正する処理のことである。
 1641: @pxref{Screen,Redisplay}。
 1642: 
 1643: @c ==jitem あすきーもじREGEXP
 1644: @item Regexp
 1645: @c See `regular expression'.
 1646: 「正規表現」を参照。
 1647: 
 1648: @c ==jitem りーじょん
 1649: @c @item Region
 1650: @item リージョン(Region)
 1651: @c The region is the text between point (q.v.@:) and the mark (q.v.@:).
 1652: @c Many commands operate on the text of the region.  @xref{Mark,Region}.
 1653: リージョンとは、ポイント《参照》とマーク《参照》のあいだにあるテキストである。
 1654: 数多くのコマンドがリージョンのテキストを操作する。
 1655: @pxref{Mark,Region}。
 1656: 
 1657: @c ==jitem れじすた
 1658: @c @item Registers
 1659: @item レジスタ(Registers)
 1660: @c Registers are named slots in which text or buffer positions or
 1661: @c rectangles can be saved for later use.  @xref{Registers}.
 1662: レジスタとは、あとで使えるように、テキスト、バッファの位置、
 1663: 矩形領域を保持できる名前が付いた場所である。
 1664: @pxref{Registers}。
 1665: 
 1666: @c ==jitem せいきひょうげん
 1667: @c @item Regular Expression
 1668: @item 正規表現(Regular Expression)
 1669: @c A regular expression is a pattern that can match various text strings;
 1670: @c for example, @samp{l[0-9]+} matches @samp{l} followed by one or more
 1671: @c digits.  @xref{Regexps}.
 1672: 正規表現とは、さまざまなテキスト文字列に一致可能なパターンである。
 1673: たとえば、@samp{l[0-9]+}は、
 1674: @samp{l}のうしろに1個以上の数字が続いた文字列に一致する。
 1675: @pxref{Regexps}。
 1676: 
 1677: @c ==jitem はんぷくかいすう
 1678: @c @item Repeat Count
 1679: @item 反復回数(Repeat Count)
 1680: @c See `numeric argument'.
 1681: 「数引数」を参照。
 1682: 
 1683: @c ==jitem ちかん
 1684: @c @item Replacement
 1685: @item 置換(Replacement)
 1686: @c See `global substitution'.
 1687: 「グローバル置換」を参照。
 1688: 
 1689: @c ==jitem せいげん
 1690: @c @item Restriction
 1691: @item 制限(Restriction)
 1692: @c A buffer's restriction is the amount of text, at the beginning or the
 1693: @c end of the buffer, that is temporarily inaccessible.  Giving a buffer a
 1694: @c nonzero amount of restriction is called narrowing (q.v.@:).
 1695: @c @xref{Narrowing}.
 1696: バッファの制限とは、バッファの先頭や末尾で
 1697: 一時的に参照不可になっているテキスト量のことである。
 1698: バッファにゼロでない制限を課すことを、ナロイング《参照》と呼ぶ。
 1699: @pxref{Narrowing}。
 1700: 
 1701: @c ==jitem あすきーもじRET
 1702: @item @key{RET}
 1703: @c @key{RET} is a character that in Emacs runs the command to insert a
 1704: @c newline into the text.  It is also used to terminate most arguments
 1705: @c read in the minibuffer (q.v.@:).  @xref{User Input,Return}.
 1706: @key{RET}は、Emacsにおいて、
 1707: テキストに改行を挿入するコマンドを実行する文字である。
 1708: ミニバッファ《参照》においては、ほとんどの引数読み取りの完了にも使う。
 1709: @pxref{User Input,Return}。
 1710: 
 1711: @c ==jitem あすきーもじRMAILふぁいる
 1712: @c @item Rmail File
 1713: @item rmailファイル(Rmail File)
 1714: @c An Rmail file is a file containing text in a special format used by
 1715: @c Rmail for storing mail.  @xref{Rmail}.
 1716: rmailファイルは、rmailがメイルを保存するために使用する
 1717: 特別な形式のテキストを収めたファイルである。
 1718: @pxref{Rmail}。
 1719: 
 1720: @c ==jitem ほぞん
 1721: @c @item Saving
 1722: @item 保存(Saving)
 1723: @c Saving a buffer means copying its text into the file that was visited
 1724: @c (q.v.@:) in that buffer.  This is the way text in files actually gets
 1725: @c changed by your Emacs editing.  @xref{Saving}.
 1726: バッファを保存するとは、
 1727: そのバッファで訪問《参照》したファイルへバッファのテキストを
 1728: コピーすることである。
 1729: こうすることで、Emacsでの編集結果が実際にファイル内のテキストに反映される。
 1730: @pxref{Saving}。
 1731: 
 1732: @c ==jitem すくろーるばー
 1733: @c @item Scroll Bar
 1734: @item スクロールバー(Scroll Bar)
 1735: @c A scroll bar is a tall thin hollow box that appears at the side of a
 1736: @c window.  You can use mouse commands in the scroll bar to scroll the
 1737: @c window.  The scroll bar feature is supported only with X.  @xref{Scroll
 1738: @c Bars}.
 1739: スクロールバーは、ウィンドウの端に現れる細長い中空の箱である。
 1740: ウィンドウをスクロールするには、
 1741: スクロールバー内でマウスコマンドを使う。
 1742: スクロールバーの機能はXだけで使える。
 1743: @pxref{Scroll Bars}。
 1744: 
 1745: @c ==jitem すくろーる
 1746: @c @item Scrolling
 1747: @item スクロール(Scrolling)
 1748: @c Scrolling means shifting the text in the Emacs window so as to see a
 1749: @c different part of the buffer.  @xref{Display,Scrolling}.
 1750: スクロールとは、Emacsウィンドウ内のテキストを動かして、
 1751: バッファの別の部分が見えるようにすることである。
 1752: @pxref{Display,Scrolling}。
 1753: 
 1754: @c ==jitem たんさく
 1755: @c @item Searching
 1756: @item 探索(Searching)
 1757: @c Searching means moving point to the next occurrence of a specified
 1758: @c string or the next match for a specified regular expression.
 1759: @c @xref{Search}.
 1760: 探索とは、指定した文字列のつぎの出現位置、
 1761: あるいは、指定した正規表現のつぎの一致位置へポイントを動かすことである。
 1762: @pxref{Search}。
 1763: 
 1764: @c ==jitem たんさくぱす
 1765: @c @item Search Path
 1766: @item 探索パス(Search Path)
 1767: @c A search path is a list of directory names, to be used for searching for
 1768: @c files for certain purposes.  For example, the variable @code{load-path}
 1769: @c holds a search path for finding Lisp library files.  @xref{Lisp Libraries}.
 1770: 探索パスとは、ディレクトリ名のリストであり、
 1771: ある目的に使うファイルを探すために利用される。
 1772: たとえば、変数@code{load-path}は、
 1773: Lispのライブラリファイルを探すための探索パスを保持する。
 1774: @pxref{Lisp Libraries}。
 1775: 
 1776: @c ==jitem にじせれくしょん
 1777: @c @item Secondary Selection
 1778: @item 二次セレクション(Secondary Selection)
 1779: @c The secondary selection is one particular X selection; some X
 1780: @c applications can use it for transferring text to and from other
 1781: @c applications.  Emacs has special mouse commands for transferring text
 1782: @c using the secondary selection.  @xref{Secondary Selection}.
 1783: 二次セレクションとは、Xのセレクションの一種である。
 1784: Xのアプリケーションには、
 1785: 他のアプリケーションとテキストを転送するために二次セレクションを
 1786: 使うものがある。
 1787: Emacsには、二次セレクションを使ってテキストを
 1788: 転送する特別なマウスコマンドがある。
 1789: @pxref{Secondary Selection}。
 1790: 
 1791: @c ==jitem せんたくする
 1792: @c @item Selecting
 1793: @item 選択する(Selecting)
 1794: @c Selecting a buffer means making it the current (q.v.@:) buffer.
 1795: @c @xref{Buffers,Selecting}.
 1796: バッファを選択するとは、
 1797: そのバッファをカレントバッファ《参照》とすることである。
 1798: @pxref{Buffers,Selecting}。
 1799: 
 1800: @c ==jitem せれくしょん
 1801: @c @item Selection
 1802: @item セレクション(Selection)
 1803: @c The X window system allows an application program to specify named
 1804: @c selections whose values are text.  A program can also read the
 1805: @c selections that other programs have set up.  This is the principal way
 1806: @c of transferring text between window applications.  Emacs has commands to
 1807: @c work with the primary (q.v.@:) selection and the secondary (q.v.@:)
 1808: @c selection.
 1809: Xウィンドウシステムでは、
 1810: アプリケーションプログラムが
 1811: テキストを値とする名前付きのセレクションを指定できる。
 1812: プログラムは、他のプログラムが設定したセレクションを読むこともできる。
 1813: これは、ウィンドウアプリケーションのあいだでテキストを転送する
 1814: もっとも基本的な方法である。
 1815: Emacsには、一次セレクション《参照》と二次セレクション《参照》に
 1816: 対処するコマンドがある。
 1817: 
 1818: @c ==jitem せるふどきゅめんと
 1819: @c @item Self-Documentation
 1820: @item セルフドキュメント(Self-Documentation)
 1821: @c Self-documentation is the feature of Emacs which can tell you what any
 1822: @c command does, or give you a list of all commands related to a topic
 1823: @c you specify.  You ask for self-documentation with the help character,
 1824: @c @kbd{C-h}.  @xref{Help}.
 1825: セルフドキュメントとは、コマンドが何をするものか教えたり、
 1826: 指定した話題に関係するすべてのコマンドの一覧を提示するEmacsの機能である。
 1827: ヘルプ文字@kbd{C-h}でセルフドキュメントを読むことができる。
 1828: @pxref{Help}。
 1829: 
 1830: @c ==jitem じこそうにゅうもじ
 1831: @c @item Self-Inserting Character
 1832: @item 自己挿入文字(Self-Inserting Character)
 1833: @c A character is self-inserting if typing that character inserts that
 1834: @c character in the buffer.  Ordinary printing and whitespace characters
 1835: @c are self-inserting in Emacs, except in certain special major modes.
 1836: 打ち込んだ文字自身がバッファに挿入される場合、その文字は自己挿入である。
 1837: Emacsでは、特定のメジャーモードを除いて、普通の印字文字や白文字は
 1838: 自己挿入文字である。
 1839: 
 1840: @c ==jitem せつ
 1841: @c @item Sentences
 1842: @item 節(Sentences)
 1843: @c Emacs has commands for moving by or killing by sentences.
 1844: @c @xref{Sentences}.
 1845: Emacsには、節単位に移動したり削除するコマンドがある。
 1846: @pxref{Sentences}。
 1847: 
 1848: @c ==jitem あすきーもじSEXP
 1849: @c @item Sexp
 1850: @item S式(Sexp)
 1851: @c A sexp (short for `s-expression') is the basic syntactic unit of Lisp
 1852: @c in its textual form: either a list, or Lisp atom.  Many Emacs commands
 1853: @c operate on sexps.  The term `sexp' is generalized to languages other
 1854: @c than Lisp, to mean a syntactically recognizable expression.
 1855: @c @xref{Lists,Sexps}.
 1856: S式(sexpは「s-expression」の短縮形)とは、
 1857: Lispのテキスト形式における基本的な文法単位であり、リストかLispのアトムである。
 1858: Emacsには、S式を操作する数多くのコマンドがある。
 1859: 「sexp」という用語は、Lisp以外の言語に対しても一般化され、
 1860: 構文則で認識可能な式を意味する。
 1861: @pxref{Lists,Sexps}。
 1862: 
 1863: @c ==jitem どうじへんしゅう
 1864: @c @item Simultaneous Editing
 1865: @item 同時編集(Simultaneous Editing)
 1866: @c Simultaneous editing means two users modifying the same file at once.
 1867: @c Simultaneous editing if not detected can cause one user to lose his
 1868: @c work.  Emacs detects all cases of simultaneous editing and warns one of
 1869: @c the users to investigate.  @xref{Interlocking,,Simultaneous Editing}.
 1870: 同時編集とは、同じファイルを一度に2人のユーザーで編集することを意味する。
 1871: 同時編集を検知できないと、一方のユーザーの作業結果が失われる危険性がある。
 1872: Emacsは、同時編集が起こるすべての状況を検知し、一方のユーザーに注意を促す。
 1873: @pxref{Interlocking,,Simultaneous Editing}。
 1874: 
 1875: @c ==jitem もじれつ
 1876: @c @item String
 1877: @item 文字列(String)
 1878: @c A string is a kind of Lisp data object which contains a sequence of
 1879: @c characters.  Many Emacs variables are intended to have strings as
 1880: @c values.  The Lisp syntax for a string consists of the characters in the
 1881: @c string with a @samp{"} before and another @samp{"} after.  A @samp{"}
 1882: @c that is part of the string must be written as @samp{\"} and a @samp{\}
 1883: @c that is part of the string must be written as @samp{\\}.  All other
 1884: @c characters, including newline, can be included just by writing them
 1885: @c inside the string; however, backslash sequences as in C, such as
 1886: @c @samp{\n} for newline or @samp{\241} using an octal character code, are
 1887: @c allowed as well.
 1888: 文字列とは、Lispのデータオブジェクトの一種であり、文字の列を持つ。
 1889: Emacsの数多くの変数は、値として文字列をとることを意図している。
 1890: 文字列を表すLispの構文では、文字列の始めに@samp{"}があり、
 1891: 文字列の終りに@samp{"}がある。
 1892: 文字列に@samp{"}を含めるには@samp{\"}と書き、 
 1893: 文字列に@samp{\}を含めるには@samp{\\}と書く。
 1894: 改行を含む他のすべての文字は、文字列に含めて書けばよい。
 1895: なお、改行を表す@samp{\n}、8進文字コードを表す@samp{\241}のような
 1896: Cのバックスラッシュ表現も許される。
 1897: 
 1898: @c ==jitem もじれつちかん
 1899: @c @item String Substitution
 1900: @item 文字列置換(String Substitution)
 1901: @c See `global substitution'.
 1902: 「グローバル置換」を参照。
 1903: 
 1904: @c ==jitem こうぶんてーぶる
 1905: @c @item Syntax Table
 1906: @item 構文テーブル(Syntax Table)
 1907: @c The syntax table tells Emacs which characters are part of a word,
 1908: @c which characters balance each other like parentheses, etc.
 1909: @c @xref{Syntax}.
 1910: 構文テーブルは、単語を構成する文字、括弧のような互いに釣り合う文字などを、
 1911: Emacsに教える。
 1912: @pxref{Syntax}。
 1913: 
 1914: @c ==jitem すーぱー
 1915: @c @item Super
 1916: @item スーパー(Super)
 1917: @c Super is the name of a modifier bit which a keyboard input character may
 1918: @c have.  To make a character Super, type it while holding down the
 1919: @c @key{SUPER} key.  Such characters are given names that start with
 1920: @c @kbd{Super-} (usually written @kbd{s-} for short).  @xref{User Input,
 1921: @c Super}.
 1922: スーパーは、キーボードからの入力文字に付く修飾ビットの名前である。
 1923: スーパー文字にするには、@key{SUPER}キーを押し下げたまま文字を打ち込む。
 1924: このような文字は、@kbd{Super-}(普通は縮めて@kbd{s-})で始まる名前になる。
 1925: @pxref{User Input, Super}。
 1926: 
 1927: @c ==jitem たぐてーぶる
 1928: @c @item Tags Table
 1929: @item タグテーブル(Tags Table)
 1930: @c A tags table is a file that serves as an index to the function
 1931: @c definitions in one or more other files.  @xref{Tags}.
 1932: タグテーブルとは、
 1933: 複数のファイルに定義された関数の索引の役割を果たすファイルである。
 1934: @pxref{Tags}。
 1935: 
 1936: @c ==jitem あすきーもじTERMSCRIPTふぁいる
 1937: @c @item Termscript File
 1938: @item termscriptファイル(Termscript File)
 1939: @c A termscript file contains a record of all characters sent by Emacs to
 1940: @c the terminal.  It is used for tracking down bugs in Emacs redisplay.
 1941: @c Emacs does not make a termscript file unless you tell it to.
 1942: @c @xref{Bugs}.
 1943: termscriptファイルには、Emacsが端末に送ったすべての文字が記録される。
 1944: Emacsの再表示のバグを追跡するために使う。
 1945: 指示しない限りtermpscriptファイルは作成されない。
 1946: @pxref{Bugs}。
 1947: 
 1948: @c ==jitem てきすと
 1949: @c @item Text
 1950: @item テキスト(Text)
 1951: @c Two meanings (@pxref{Text}):
 1952: 2つの意味がある(@pxref{Text})
 1953: 
 1954: @itemize @bullet
 1955: @item
 1956: @c Data consisting of a sequence of characters, as opposed to binary
 1957: @c numbers, images, graphics commands, executable programs, and the like.
 1958: @c The contents of an Emacs buffer are always text in this sense.
 1959: 文字の列から成るデータであり、
 1960: 2進数、画像、図形コマンド、実行ファイルなどと対比される。
 1961: Emacsバッファの内容は、この意味においてつねにテキストである。
 1962: @item
 1963: @c Data consisting of written human language, as opposed to programs,
 1964: @c or following the stylistic conventions of human language.
 1965: 自然言語で書かれたデータであり、
 1966: プログラム、自然言語の文体を変換したのもと対比される。
 1967: @end itemize
 1968: 
 1969: @c ==jitem とっぷれべる
 1970: @c @item Top Level
 1971: @item トップレベル(Top Level)
 1972: @c Top level is the normal state of Emacs, in which you are editing the
 1973: @c text of the file you have visited.  You are at top level whenever you
 1974: @c are not in a recursive editing level (q.v.@:) or the minibuffer
 1975: @c (q.v.@:), and not in the middle of a command.  You can get back to top
 1976: @c level by aborting (q.v.@:) and quitting (q.v.@:).  @xref{Quitting}.
 1977: トップレベルとは、Emacsの通常の状態であり、
 1978: この状態において訪れたファイルを編集している。
 1979: 再帰編集レベル《参照》やミニバッファ《参照》に入っていない、
 1980: コマンドの実行途中でないならば、トップレベルにいる。
 1981: アボート《参照》したり中断《参照》すると、トップレベルに戻ることができる。
 1982: @pxref{Quitting}。
 1983: 
 1984: @c ==jitem てんち
 1985: @c @item Transposition
 1986: @item 転置(Transposition)
 1987: @c Transposing two units of text means putting each one into the place
 1988: @c formerly occupied by the other.  There are Emacs commands to transpose
 1989: @c two adjacent characters, words, sexps (q.v.@:) or lines
 1990: @c (@pxref{Transpose}).
 1991: テキストの2つの塊を転置するとは、
 1992: それぞれをもう一方が占めていた場所へ置くことである。
 1993: Emacsには、連続した文字、単語、S式《参照》、行を転置するコマンドがある。
 1994: (@pxref{Transpose})。
 1995: 
 1996: @c ==jitem きりすて
 1997: @c @item Truncation
 1998: @item 切り捨て(Truncation)
 1999: @c Truncating text lines in the display means leaving out any text on a
 2000: @c line that does not fit within the right margin of the window
 2001: @c displaying it.  See also `continuation line'.
 2002: @c @xref{Basic,Truncation,Basic Editing}.
 2003: 表示画面においてテキスト行を切り捨てるとは、
 2004: テキストを表示するウィンドウの右端に収まらない部分を無視することである。
 2005: 「継続行」も参照。
 2006: @pxref{Basic,Truncation,Basic Editing}。
 2007: 
 2008: @c ==jitem あんどぅ
 2009: @c @item Undoing
 2010: @item アンドゥ(Undoing)
 2011: @c Undoing means making your previous editing go in reverse, bringing
 2012: @c back the text that existed earlier in the editing session.
 2013: @c @xref{Undo}.
 2014: アンドゥとは、編集過程で(時間的に)まえに存在していたテキストをもとに戻して、
 2015: 以前に行った編集の効果を逆向きにすることである。
 2016: @pxref{Undo}。
 2017: 
 2018: @c ==jitem ゆーざおぷしょん
 2019: @c @item User Option
 2020: @item ユーザーオプション(User Option)
 2021: @c A user option is a variable (q.v.@:) that exists so that you can customize
 2022: @c Emacs by setting it to a new value.  @xref{Variables}.
 2023: ユーザーオプションとは、
 2024: 新たな値を設定してEmacsのカスタマイズを可能にする変数《参照》である。
 2025: @pxref{Variables}。
 2026: 
 2027: @c ==jitem へんすう
 2028: @c @item Variable
 2029: @item 変数(Variable)
 2030: @c A variable is an object in Lisp that can store an arbitrary value.
 2031: @c Emacs uses some variables for internal purposes, and has others (known
 2032: @c as `user options' (q.v.@:)) just so that you can set their values to
 2033: @c control the behavior of Emacs.  The variables used in Emacs that you
 2034: @c are likely to be interested in are listed in the Variables Index in
 2035: @c this manual.  @xref{Variables}, for information on variables.
 2036: 変数とは、任意の値を格納できるLispオブジェクトである。
 2037: Emacsには、内部目的の変数もあれば、
 2038: 値を設定してEmacsのふるまいを制御する
 2039: (「ユーザーオプション」《参照》として知られる)変数もある。
 2040: 読者の関心を引くようなEmacsの変数の一覧は、本書の変数索引にある。
 2041: 変数についての情報は、@pxref{Variables}。
 2042: 
 2043: @c ==jitem はんかんり
 2044: @c @item Version Control
 2045: @item 版管理(Version Control)
 2046: @c Version control systems keep track of multiple versions of a source file.
 2047: @c They provide a more powerful alternative to keeping backup files (q.v.@:).
 2048: @c @xref{Version Control}.
 2049: 版管理(バージョンコントロール)システムは、
 2050: ソースファイルの複数の版の記録を取っておく。
 2051: バックアップファイル《参照》を取っておくよりもずっと強力な方法を提供する。
 2052: @pxref{Version Control}。
 2053: 
 2054: @c ==jitem ほうもん
 2055: @c @item Visiting
 2056: @item 訪問(Visiting)
 2057: @c Visiting a file means loading its contents into a buffer (q.v.@:)
 2058: @c where they can be edited.  @xref{Visiting}.
 2059: ファイルを訪問する(訪れる)とは、
 2060: その内容を編集できるようにバッファ《参照》に読み込むことである。
 2061: @pxref{Visiting}。
 2062: 
 2063: @c ==jitem しろもじ
 2064: @c @item Whitespace
 2065: @item 白文字(Whitespace)
 2066: @c Whitespace is any run of consecutive formatting characters (space,
 2067: @c tab, newline, and backspace).
 2068: 白文字とは、連続した整形用の文字(空白(スペース)、
 2069: タブ、改行、バックスペース)である。
 2070: 
 2071: @c ==jitem わいどにんぐ
 2072: @c @item Widening
 2073: @item ワイドニング(Widening)
 2074: @c Widening is removing any restriction (q.v.@:) on the current buffer;
 2075: @c it is the opposite of narrowing (q.v.@:).  @xref{Narrowing}.
 2076: ワイドニングとは、カレントバッファの制限《参照》を取り去ることである。
 2077: ナロイング《参照》の反対である。
 2078: @pxref{Narrowing}。
 2079: 
 2080: @c ==jitem うぃんどう
 2081: @c @item Window
 2082: @item ウィンドウ(Window)
 2083: @c Emacs divides a frame (q.v.@:) into one or more windows, each of which
 2084: @c can display the contents of one buffer (q.v.@:) at any time.
 2085: @c @xref{Screen}, for basic information on how Emacs uses the screen.
 2086: @c @xref{Windows}, for commands to control the use of windows.
 2087: Emacsでは、フレーム《参照》を複数のウィンドウに分割し、
 2088: 各ウィンドウにはつねに1つのバッファ《参照》の内容を表示できる。
 2089: Emacsの画面の利用法に関する基本的なことがらについては、@pxref{Screen}。
 2090: ウィンドウの使用法を制御するコマンドについては、@pxref{Windows}。
 2091: 
 2092: @c ==jitem たんごのりゃくご
 2093: @c @item Word Abbrev
 2094: @item 単語の略語(Word Abbrev)
 2095: @c Synonymous with `abbrev'.
 2096: 「略語」の同義語。
 2097: 
 2098: @c ==jitem たんごたんさく
 2099: @c @item Word Search
 2100: @item 単語探索(Word Search)
 2101: @c Word search is searching for a sequence of words, considering the
 2102: @c punctuation between them as insignificant.  @xref{Word Search}.
 2103: 単語探索とは、単語の区切りを無視して単語の列を探索することである。
 2104: @pxref{Word Search}。
 2105: 
 2106: @c ==jitem あすきーもじWYSIWYG
 2107: @item WYSIWYG
 2108: @c WYSIWYG stands for `What you see is what you get.'  Emacs generally
 2109: @c provides WYSIWYG editing for files of characters; in Enriched mode
 2110: @c (@pxref{Formatted Text}), it provides WYSIWYG editing for files that
 2111: @c include text formatting information.
 2112: WYSIWYGは、「What you see is what you get」(見たとおりを得る)の略語である。
 2113: Emacsでは、一般に、文字ファイルの編集にはWYSIWYGを提供する。
 2114: エンリッチ(enriched)モード(@pxref{Formatted Text})では、
 2115: テキスト整形情報を含むファイルの編集にもWYSIWYGを提供する。
 2116: 
 2117: @c ==jitem やんく
 2118: @c @item Yanking
 2119: @item ヤンク(Yanking)
 2120: @c Yanking means reinserting text previously killed.  It can be used to
 2121: @c undo a mistaken kill, or for copying or moving text.  Some other
 2122: @c systems call this ``pasting.''  @xref{Yanking}.
 2123: ヤンクとは、以前にキルしたテキストを再挿入することである。
 2124: 誤ったキルを取り消したり、テキストの移動やコピーに利用できる。
 2125: 他のシステムでは『ペースト』と呼ぶ。
 2126: @pxref{Yanking}。
 2127: @c ==jend
 2128: @end table
 2129: 

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>