File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / frames-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 鈴木悦子@津田塾大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =           ref 修正                = 2000/02/13
    6: @c =============================================================
    7: @c This is part of the Emacs manual.
    8: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    9: @c See file emacs.texi for copying conditions.
   10: @node Frames, International, Windows, Top
   11: @c @chapter Frames and X Windows
   12: @c @cindex frames
   13: @chapter フレームとXウィンドウシステム
   14: @cindex フレーム
   15: 
   16: @c   When using the X Window System, you can create multiple windows at the
   17: @c X level in a single Emacs session.  Each X window that belongs to Emacs
   18: @c displays a @dfn{frame} which can contain one or several Emacs windows.
   19: @c A frame initially contains a single general-purpose Emacs window which
   20: @c you can subdivide vertically or horizontally into smaller windows.  A
   21: @c frame normally contains its own echo area and minibuffer, but you can
   22: @c make frames that don't have these---they use the echo area and
   23: @c minibuffer of another frame.
   24: Xウィンドウシステムで使っているときには、
   25: 1つのEmacsセッションでXのレベルで複数のウィンドウを作ることができます。
   26: Emacsに属するXの各ウィンドウは、
   27: Emacsのウィンドウを1つ以上含めことができる@dfn{フレーム}(frame)を表示します。
   28: フレームは、最初は汎用のEmacsのウィンドウを1つ含みますが、
   29: 上下左右に小さなウィンドウに分割できます。
   30: フレームは通常、専用のエコー領域とミニバッファを含みますが、
   31: それらを含まないものを作ることもできます。
   32: その場合は、別のフレームのエコー領域やミニバッファを使います。
   33: 
   34: @c   Editing you do in one frame also affects the other frames.  For
   35: @c instance, if you put text in the kill ring in one frame, you can yank it
   36: @c in another frame.  If you exit Emacs through @kbd{C-x C-c} in one frame,
   37: @c it terminates all the frames.  To delete just one frame, use @kbd{C-x 5
   38: @c 0}.
   39: あるフレームでの編集は、別のフレームにも影響します。
   40: たとえば、あるフレームでキルリングにテキストを入れると、
   41: 別のフレームでヤンクできます。
   42: あるフレームで@kbd{C-x C-c}でEmacsを終ると、
   43: すべてのフレームを終了します。
   44: 1つのフレームだけを削除するなら、@kbd{C-x 5 0}を使います。
   45: 
   46: @c   To avoid confusion, we reserve the word ``window'' for the
   47: @c subdivisions that Emacs implements, and never use it to refer to a
   48: @c frame.
   49: 混乱を避けるために、Emacsが実装している細分化できるものを
   50: 『ウィンドウ』と呼び、フレームを意味するときにはこの単語を使いません。
   51: 
   52: @c   Emacs compiled for MS-DOS emulates some aspects of the window system
   53: @c so that you can use many of the features described in this chapter.
   54: @c @xref{MS-DOS Input}, for more information.
   55: MS-DOS用にコンパイルしたEmacsは、
   56: ウィンドウシステムのある種の特徴をエミュレートするので、
   57: 本章で説明する機能の多くを使うことができます。
   58: 詳しくは、@xref{MS-DOS Input}。
   59: 
   60: @menu
   61: * Mouse Commands::      Moving, cutting, and pasting, with the mouse.
   62: * Secondary Selection:: Cutting without altering point and mark.
   63: * Mouse References::    Using the mouse to select an item from a list.
   64: * Menu Mouse Clicks::   Mouse clicks that bring up menus.
   65: * Mode Line Mouse::     Mouse clicks on the mode line.
   66: * Speedbar::            How to make and use a speedbar frame.
   67: * Creating Frames::     Creating additional Emacs frames with various contents.
   68: * Multiple Displays::   How one Emacs job can talk to several displays.
   69: * Special Buffer Frames::  You can make certain buffers have their own frames.
   70: * Frame Parameters::    Changing the colors and other modes of frames.
   71: * Scroll Bars::	        How to enable and disable scroll bars; how to use them.
   72: * Menu Bars::	        Enabling and disabling the menu bar.
   73: * Faces::	        How to change the display style using faces.
   74: * Font Lock::           Minor mode for syntactic highlighting using faces.
   75: * Support Modes::       Font Lock support modes make Font Lock faster.
   76: * Highlight Changes::   Using colors to show where you changed the buffer.
   77: * Misc X::	        Iconifying and deleting frames. Region highlighting.
   78: * Non-Window Terminals::  Multiple frames on terminals that show only one.
   79: @end menu
   80: 
   81: @node Mouse Commands, Secondary Selection, , Frames
   82: @c @section Mouse Commands for Editing
   83: @c @cindex mouse buttons (what they do)
   84: @section 編集用マウスコマンド
   85: @cindex マウスボタン(何をするか)
   86: 
   87: @c   The mouse commands for selecting and copying a region are mostly
   88: @c compatible with the @code{xterm} program.  You can use the same mouse
   89: @c commands for copying between Emacs and other X client programs.
   90: リージョンを選択したりコピーしたりするマウスコマンドは、
   91: @code{xterm}プログラムとほぼ互換です。
   92: Emacsと他のXクライアントプログラムとのあいだでコピーするには、
   93: Xのマウスコマンドと同じものを使えます。
   94: 
   95: @kindex DELETE
   96: @c   If you select a region with any of these mouse commands, and then
   97: @c immediately afterward type the @key{DELETE} function key, it deletes the
   98: @c region that you selected.  The @key{BACKSPACE} function key and the
   99: @c ASCII character @key{DEL} do not do this; if you type any other key
  100: @c in between the mouse command and @key{DELETE}, it does not do this.
  101: これらのマウスコマンドでリージョンを選択して、
  102: そのあとすぐにファンクションキー@key{DELETE}を打つと、
  103: 選択したリージョンを削除します。
  104: ファンクションキー@key{BACKSPACE}やASCII文字@key{DEL}は、
  105: これを行いません。
  106: マウスコマンドと@key{DELETE}のあいだに別のキーを打ったときも、
  107: これを行いません。
  108: 
  109: @findex mouse-set-region
  110: @findex mouse-set-point
  111: @findex mouse-yank-at-click
  112: @findex mouse-save-then-click
  113: @kindex Mouse-1
  114: @kindex Mouse-2
  115: @kindex Mouse-3
  116: @table @kbd
  117: @item Mouse-1
  118: @c Move point to where you click (@code{mouse-set-point}).
  119: @c This is normally the left button.
  120: クリックした位置にポイントを移動する(@code{mouse-set-point})。
  121: 通常、左ボタン。
  122: 
  123: @item Drag-Mouse-1
  124: @c Set the region to the text you select by dragging, and copy it to the
  125: @c kill ring (@code{mouse-set-region}).  You can specify both ends of the
  126: @c region with this single command.
  127: ドラッグにより選択したテキストにリージョンを設定し、
  128: キルリングにそれをコピーする(@code{mouse-set-region})。
  129: リージョンの始めと終りの両方をこのコマンド1つで指定できる。
  130: 
  131: @vindex mouse-scroll-min-lines
  132: @c If you move the mouse off the top or bottom of the window while
  133: @c dragging, the window scrolls at a steady rate until you move the mouse
  134: @c back into the window.  This way, you can select regions that don't fit
  135: @c entirely on the screen.  The number of lines scrolled per step depends
  136: @c on how far away from the window edge the mouse has gone; the variable
  137: @c @code{mouse-scroll-min-lines} specifies a minimum step size.
  138: ドラッグ中に、ウィンドウの上下からマウスが出ると、
  139: マウスがウィンドウ内に戻ってくるまで、
  140: ウィンドウを一定の割合でスクロールする。
  141: こうして、画面全体に入りきらないリージョンでも選択できる。
  142: 一度にスクロールする行数は、
  143: マウスがウィンドウの縁からどの程度離れているかに依存する。
  144: 変数@code{mouse-scroll-min-lines}には最小の行数を指定する。
  145: 
  146: @item Mouse-2
  147: @c Yank the last killed text, where you click (@code{mouse-yank-at-click}).
  148: @c This is normally the middle button.
  149: クリックした場所に、もっとも最近にキルしたテキストをヤンクする
  150: (@code{mouse-yank-at-click})。
  151: 通常、中ボタン。
  152: 
  153: @item Mouse-3
  154: @c This command, @code{mouse-save-then-kill}, has several functions
  155: @c depending on where you click and the status of the region.
  156: このコマンド@code{mouse-save-then-kill}は、
  157: クリックした場所とリージョンの状態に依存して、
  158: いくつかの機能がある。
  159: 
  160: @c The most basic case is when you click @kbd{Mouse-1} in one place and
  161: @c then @kbd{Mouse-3} in another.  This selects the text between those two
  162: @c positions as the region.  It also copies the new region to the kill
  163: @c ring, so that you can copy it to someplace else.
  164: もっとも基本的な場合は、ある場所で@kbd{Mouse-1}をクリックしてから、
  165: 別の場所で@kbd{Mouse-3}をクリックしたとき。
  166: こうすると、これらの2点のあいだにあるテキストをリージョンとして選択する。
  167: さらに、新しいリージョンをキルリングへもコピーするので、
  168: 別の場所へそれをコピーできる。
  169: 
  170: @c If you click @kbd{Mouse-1} in the text, scroll with the scroll bar, and
  171: @c then click @kbd{Mouse-3}, it remembers where point was before scrolling
  172: @c (where you put it with @kbd{Mouse-1}), and uses that position as the
  173: @c other end of the region.  This is so that you can select a region that
  174: @c doesn't fit entirely on the screen.
  175: テキスト上で@kbd{Mouse-1}をクリックしてから、
  176: スクロールバーでスクロールしたあとで@kbd{Mouse-3}をクリックすると、
  177: スクロールする以前の(@kbd{Mouse-1}でクリックした)場所を覚えていて、
  178: そこをリージョンの片方の端点として使う。
  179: こうすると、画面に入りきらないリージョンでも選択できる。
  180: 
  181: @c More generally, if you do not have a highlighted region, @kbd{Mouse-3}
  182: @c selects the text between point and the click position as the region.  It
  183: @c does this by setting the mark where point was, and moving point to where
  184: @c you click.
  185: より一般的には、強調表示されたリージョンがないならば、
  186: @kbd{Mouse-3}は、ポイントとクリックした位置のあいだのテキストを
  187: リージョンとして選択する。
  188: これは、ポイントがあった位置にマークを設定し、
  189: クリックした位置にポイントを移動することで行う。
  190: 
  191: @c If you have a highlighted region, or if the region was set just before
  192: @c by dragging button 1, @kbd{Mouse-3} adjusts the nearer end of the region
  193: @c by moving it to where you click.  The adjusted region's text also
  194: @c replaces the old region's text in the kill ring.
  195: 強調表示されたリージョンがある場合、あるいは、
  196: ボタン1をドラッグしてリージョンを設定してある場合、
  197: @kbd{Mouse-3}はクリックした場所に近い側のリージョンの端を
  198: クリック位置に移動して調整する。
  199: また、調整したリージョンのテキストは、
  200: キルリング内の古いリージョンのテキストを置き換える。
  201: 
  202: @c If you originally specified the region using a double or triple
  203: @c @kbd{Mouse-1}, so that the region is defined to consist of entire words
  204: @c or lines, then adjusting the region with @kbd{Mouse-3} also proceeds by
  205: @c entire words or lines.
  206: もともと@kbd{Mouse-1}をダブルクリックあるいはトリプルクリックして、
  207: リージョンを単語や行単位で設定した場合には、
  208: @kbd{Mouse-3}によるリージョンの調整も単語や行単位で行われる。
  209: 
  210: @c If you use @kbd{Mouse-3} a second time consecutively, at the same place,
  211: @c that kills the region already selected.
  212: 連続して2度同じ場所で@kbd{Mouse-3}を使うと、
  213: すでに選択してあるリージョンをキルする。
  214: 
  215: @item Double-Mouse-1
  216: @c This key sets the region around the word which you click on.  If you
  217: @c click on a character with ``symbol'' syntax (such as underscore, in C
  218: @c mode), it sets the region around the symbol surrounding that character.
  219: このキーは、クリックした単語全体にリージョンを設定する。
  220: 『シンボル』の構文(Cの下線のような)の文字をクリックすると、
  221: その文字を囲むシンボル全体にリージョンを設定する。
  222: 
  223: @c If you click on a character with open-parenthesis or close-parenthesis
  224: @c syntax, it sets the region around the parenthetical grouping (sexp)
  225: @c which that character starts or ends.  If you click on a character with
  226: @c string-delimiter syntax (such as a singlequote or doublequote in C), it
  227: @c sets the region around the string constant (using heuristics to figure
  228: @c out whether that character is the beginning or the end of it).
  229: 開き括弧や閉じ括弧の構文の文字をクリックすると、
  230: その文字で始まり/終る括弧で囲まれた塊(sexp)にリージョンを設定する。
  231: 文字列区切りの構文(Cのシングルクォートやダブルクォート)の文字をクリック
  232: すると、(その文字が文字列の始まりか終りかを発見的方法を使って決めて)
  233: 文字列定数を囲むリージョンを設定する。
  234: 
  235: @item Double-Drag-Mouse-1
  236: @c This key selects a region made up of the words you drag across.
  237: このキーは、
  238: ドラッグした範囲内にある単語を囲むリージョンを設定する。
  239: 
  240: @item Triple-Mouse-1
  241: @c This key sets the region around the line you click on.
  242: このキーは、クリックした行全体を囲むリージョンを設定する。
  243: 
  244: @item Triple-Drag-Mouse-1
  245: @c This key selects a region made up of the lines you drag across.
  246: このキーは、ドラッグした範囲内にある行すべてを囲むリージョンを設定する。
  247: @end table
  248: 
  249: @c   The simplest way to kill text with the mouse is to press @kbd{Mouse-1}
  250: @c at one end, then press @kbd{Mouse-3} twice at the other end.
  251: @c @xref{Killing}.  To copy the text into the kill ring without deleting it
  252: @c from the buffer, press @kbd{Mouse-3} just once---or just drag across the
  253: @c text with @kbd{Mouse-1}.  Then you can copy it elsewhere by yanking it.
  254: マウスを使ったもっとも単純なテキストのキル方法は、
  255: 片方の端で@kbd{Mouse-1}を押し、もう一方の端で@kbd{Mouse-3}を2回押すことです。
  256: @xref{Killing}。
  257: バッファから削除しないでキルリングにテキストをコピーするには、
  258: @kbd{Mouse-3}を一度だけ押します。
  259: あるいは、@kbd{Mouse-1}でテキストを横断してドラッグするだけです。
  260: そうすると、どこででも、それをヤンクすることでコピーできます。
  261: 
  262: @vindex mouse-yank-at-point
  263: @c   To yank the killed or copied text somewhere else, move the mouse there
  264: @c and press @kbd{Mouse-2}.  @xref{Yanking}.  However, if
  265: @c @code{mouse-yank-at-point} is non-@code{nil}, @kbd{Mouse-2} yanks at
  266: @c point.  Then it does not matter where you click, or even which of the
  267: @c frame's windows you click on.  The default value is @code{nil}.  This
  268: @c variable also affects yanking the secondary selection.
  269: キルしたりコピーしたりしたテキストをどこか別の場所にヤンクするには、
  270: マウスをその場所に移動して@kbd{Mouse-2}を押します。
  271: @xref{Yanking}。
  272: しかし、@code{mouse-yank-at-point}が@code{nil}以外ならば、
  273: @kbd{Mouse-2}はポイント位置にヤンクします。
  274: つまり、ウィンドウのどこをクリックしたのか、あるいは、
  275: フレームのどのウィンドウをクリックしたのかは問題ではありません。
  276: デフォルトの値は@code{nil}です。
  277: この変数は二次セレクションのヤンクにも影響します。
  278: 
  279: @c @cindex cutting and X
  280: @c @cindex pasting and X
  281: @c @cindex X cutting and pasting
  282: @c   To copy text to another X window, kill it or save it in the kill ring.
  283: @c Under X, this also sets the @dfn{primary selection}.  Then use the
  284: @c ``paste'' or ``yank'' command of the program operating the other window
  285: @c to insert the text from the selection.
  286: @cindex カットとX
  287: @cindex ペーストとX
  288: @cindex Xでのカットとペースト
  289: 別のXのウィンドウへテキストをコピーするには、
  290: その部分をキルするかキルリングに保存します。
  291: Xの管理下では、@dfn{一次セレクション}も設定します。
  292: そのあとで、別のXのウィンドウで動いているプログラムの『ペースト』や
  293: 『ヤンク』コマンドを使って、セレクションからテキストを挿入します。
  294: 
  295: @c   To copy text from another X window, use the ``cut'' or ``copy'' command
  296: @c of the program operating the other window, to select the text you want.
  297: @c Then yank it in Emacs with @kbd{C-y} or @kbd{Mouse-2}.
  298: 別のXのウィンドウからテキストをコピーするには、
  299: そのウィンドウで動いているプログラムの『カット』や『コピー』コマンドを
  300: 使って目的のテキストをセレクションにします。
  301: そのあとで、@kbd{C-y}や@kbd{Mouse-2}を使ってEmacsにヤンクします。
  302: 
  303: @c   These cutting and pasting commands also work on MS-Windows.
  304: これらのカット/ペーストコマンドはMS-Windows上でも動作します。
  305: 
  306: @c @cindex primary selection
  307: @c @cindex cut buffer
  308: @c @cindex selection, primary
  309: @cindex 一次セレクション
  310: @cindex カットバッファ
  311: @cindex セレクション、一次
  312: @vindex x-cut-buffer-max
  313: @c   When Emacs puts text into the kill ring, or rotates text to the front
  314: @c of the kill ring, it sets the @dfn{primary selection} in the X server.
  315: @c This is how other X clients can access the text.  Emacs also stores the
  316: @c text in the cut buffer, but only if the text is short enough
  317: @c (@code{x-cut-buffer-max} specifies the maximum number of characters);
  318: @c putting long strings in the cut buffer can be slow.
  319: Emacsがテキストをキルリングに入れたり、
  320: キルリングのテキストを先頭へ巡回するとき、
  321: EmacsはXサーバーの一次セレクションに設定します。
  322: このために、別のXクライアントがテキストを参照できるのです。
  323: テキストが十分に短い場合にのみ
  324: (@code{x-cut-buffer-max}は最大文字数を指定する)、
  325: Emacsはカットバッファにもテキストを収めます。
  326: 長い文字列をカットバッファへ置くには時間がかかります。
  327: 
  328: @c   The commands to yank the first entry in the kill ring actually check
  329: @c first for a primary selection in another program; after that, they check
  330: @c for text in the cut buffer.  If neither of those sources provides text
  331: @c to yank, the kill ring contents are used.
  332: キルリングの始めのテキストをヤンクするコマンドは、
  333: 実際には、別のプログラムの一次セレクションをまず調べ、
  334: そのあとで、カットバッファのテキストを調べます。
  335: どちらにもヤンクするテキストがなれば、キルリングの内容を使います。
  336: 
  337: @node Secondary Selection, Mouse References, Mouse Commands, Frames
  338: @c @section Secondary Selection
  339: @c @cindex secondary selection
  340: @section 二次セレクション
  341: @cindex 二次セレクション
  342: @cindex セレクション、二次
  343: 
  344: @c   The @dfn{secondary selection} is another way of selecting text using
  345: @c X.  It does not use point or the mark, so you can use it to kill text
  346: @c without setting point or the mark.
  347: @dfn{二次セレクション}は、Xにおいてテキストを選択する別の方法です。
  348: これは、ポイントやマークを使わないので、
  349: ポイントやマークを設定せずにテキストを削除するのに使えます。
  350: 
  351: @table @kbd
  352: @findex mouse-set-secondary
  353: @kindex M-Drag-Mouse-1
  354: @item M-Drag-Mouse-1
  355: @c Set the secondary selection, with one end at the place where you press
  356: @c down the button, and the other end at the place where you release it
  357: @c (@code{mouse-set-secondary}).  The highlighting appears and changes as
  358: @c you drag.
  359: ボタンを押した場所を片方の端、ボタンを離した場所をもう一方の端として、
  360: 二次セレクションを設定する(@code{mouse-set-secondary})。
  361: 強調表示されドラッグするにつれて変化する。
  362: 
  363: @c If you move the mouse off the top or bottom of the window while
  364: @c dragging, the window scrolls at a steady rate until you move the mouse
  365: @c back into the window.  This way, you can mark regions that don't fit
  366: @c entirely on the screen.
  367: ドラッグ中にウィンドウの上下からマウスが出ると、
  368: ウィンドウへマウスが戻ってくるまで、
  369: ウィンドウを一定の割合でスクロールする。
  370: こうして、画面全体に入りきらないリージョンも選択できる。
  371: 
  372: @findex mouse-start-secondary
  373: @kindex M-Mouse-1
  374: @item M-Mouse-1
  375: @c Set one endpoint for the @dfn{secondary selection}
  376: @c (@code{mouse-start-secondary}).
  377: @dfn{二次セレクション}の一方の端を設定する
  378: (@code{mouse-start-secondary})。
  379: 
  380: @findex mouse-secondary-save-then-kill
  381: @kindex M-Mouse-3
  382: @item M-Mouse-3
  383: @c Make a secondary selection, using the place specified with @kbd{M-Mouse-1}
  384: @c as the other end (@code{mouse-secondary-save-then-kill}).  A second click
  385: @c at the same place kills the secondary selection just made.
  386: @kbd{M-Mouse-1}で指定した場所を一方の端として使い、
  387: 二次セレクションを設定する。
  388: (@code{mouse-secondary-save-then-kill})。
  389: 同じ位置での2回目のクリックは、
  390: ちょうど作成した二次セレクションをキルする。
  391: 
  392: @findex mouse-yank-secondary
  393: @kindex M-Mouse-2
  394: @item M-Mouse-2
  395: @c Insert the secondary selection where you click
  396: @c (@code{mouse-yank-secondary}).  This places point at the end of the
  397: @c yanked text.
  398: クリックした位置に二次セレクションを挿入する
  399: (@code{mouse-yank-secondary})。
  400: ヤンクしたテキストの最後にポイントを置く。
  401: @end table
  402: 
  403: @c Double or triple clicking of @kbd{M-Mouse-1} operates on words and
  404: @c lines, much like @kbd{Mouse-1}.
  405: @kbd{M-Mouse-1}のダブルクリックやトリプルクリックは、
  406: @kbd{Mouse-1}のように単語や行単位に作用します。
  407: 
  408: @c If @code{mouse-yank-at-point} is non-@code{nil}, @kbd{M-Mouse-2}
  409: @c yanks at point.  Then it does not matter precisely where you click; all
  410: @c that matters is which window you click on.  @xref{Mouse Commands}.
  411: @code{mouse-yank-at-point}が@code{nil}以外ならば、
  412: @kbd{M-Mouse-2}はポイント位置にヤンクします。
  413: そのときには、どこをクリックしたかは関係なく、
  414: どのウィンドウをクリックしたかだけが関係します。
  415: @xref{Mouse Commands}。
  416: 
  417: @node Mouse References, Menu Mouse Clicks, Secondary Selection, Frames
  418: @c @section Following References with the Mouse
  419: @c @kindex Mouse-2 @r{(selection)}
  420: @section マウスで参照を辿る
  421: @kindex Mouse-2 @r{(セレクション)}
  422: 
  423: @c   Some Emacs buffers display lists of various sorts.  These include
  424: @c lists of files, of buffers, of possible completions, of matches for
  425: @c a pattern, and so on.
  426: いくつかのEmacsバッファでは、いろいろなものの一覧を表示します。
  427: ファイル一覧、バッファ一覧、補完候補一覧、パターンに一致したものの一覧
  428: などです。
  429: 
  430: @c   Since yanking text into these buffers is not very useful, most of them
  431: @c define @kbd{Mouse-2} specially, as a command to use or view the item you
  432: @c click on.
  433: これらのバッファにテキストをヤンクできても便利ということはないので、
  434: これらの多くは@kbd{Mouse-2}を特別に定義して、
  435: クリックした項目を使ったり眺めたりするコマンドとしています。
  436: 
  437: @c   For example, if you click @kbd{Mouse-2} on a file name in a Dired
  438: @c buffer, you visit that file.  If you click @kbd{Mouse-2} on an error
  439: @c message in the @samp{*Compilation*} buffer, you go to the source code
  440: @c for that error message.  If you click @kbd{Mouse-2} on a completion in
  441: @c the @samp{*Completions*} buffer, you choose that completion.
  442: たとえば、diredバッファのファイル名を@kbd{Mouse-2}でクリックすると、
  443: そのファイルを訪問します。
  444: @samp{*Compilation*}バッファのエラーメッセージを@kbd{Mouse-2}で
  445: クリックすると、そのエラーメッセージに対応するソースコードへ行きます。
  446: @samp{*Completions*}バッファの補完候補を@kbd{Mouse-2}でクリックすると、
  447: その補完候補を選択します。
  448: 
  449: @c   You can usually tell when @kbd{Mouse-2} has this special sort of
  450: @c meaning because the sensitive text highlights when you move the mouse
  451: @c over it.
  452: 反応するテキストの上にマウスが移動するとテキストが強調表示されるので、
  453: @kbd{Mouse-2}がいつ特別な意味を持つか普通はわかります。
  454: 
  455: @node Menu Mouse Clicks, Mode Line Mouse, Mouse References, Frames
  456: @c @section Mouse Clicks for Menus
  457: @section メニューを出すマウスクリック
  458: 
  459: @c   Mouse clicks modified with the @key{CTRL} and @key{SHIFT} keys
  460: @c bring up menus.
  461: @key{CTRL}や@key{SHIFT}キーで修飾されたマウスクリックは、
  462: メニューを立ち上げます。
  463: 
  464: @kindex C-Mouse-3
  465: @table @kbd
  466: @item C-Mouse-1
  467: @c This menu is for selecting a buffer.
  468: バッファを選択するためのメニュー。
  469: 
  470: @item C-Mouse-2
  471: @c This menu is for specifying faces and other text properties
  472: @c for editing formatted text.  @xref{Formatted Text}.
  473: 整形済みのテキストに使うフェイスやテキスト属性を指定するためのメニュー。
  474: @pxref{Formatted Text}。
  475: 
  476: @item C-Mouse-3
  477: @c This menu is mode-specific.  For most modes, this menu has the same
  478: @c items as all the mode-specific menu-bar menus put together.  Some modes
  479: @c may specify a different menu for this button.@footnote{Some systems use
  480: @c @kbd{Mouse-3} for a mode-specific menu.  We took a survey of users, and
  481: @c found they preferred to keep @kbd{Mouse-3} for selecting and killing
  482: @c regions.  Hence the decision to use @kbd{C-Mouse-3} for this menu.}
  483: モードに特有のメニュー。
  484: ほとんどのモードでは、このメニューは、
  485: すべてのモード特有のメニューバーメニューを一緒にしたのと同じ項目を持つ。
  486: いくつかのモードでは、このボタン
  487: @footnote{いくつかのシステムでは、@kbd{Mouse-3}をモード特有のメニューに使う。
  488: ユーザーを調査した結果、@kbd{Mouse-3}をリージョンの選択とキルに
  489: 使い続けることが好まれていることが判明した。
  490: ゆえに、このメニューに対して@kbd{C-Mouse-3}を使うことにした。}
  491: に異なるメニューを指定しているかもしれない。
  492: 
  493: @item S-mouse-1
  494: @c This menu is for specifying the frame's principal font.
  495: フレームの主要フォントの指定に関するメニュー。
  496: @end table
  497: 
  498: @node Mode Line Mouse, Speedbar, Menu Mouse Clicks, Frames
  499: @c @section Mode Line Mouse Commands
  500: @section モード行のマウスコマンド
  501: 
  502: @c   You can use mouse clicks on window mode lines to select and manipulate
  503: @c windows.
  504: ウィンドウを選択したり操作するために、
  505: ウィンドウのモード行でマウスクリックを使えます。
  506: 
  507: @table @kbd
  508: @item Mouse-1
  509: @c @kbd{Mouse-1} on a mode line selects the window above.  By dragging
  510: @c @kbd{Mouse-1} on the mode line, you can move it, thus changing the
  511: @c height of the windows above and below.
  512: モード行で@kbd{Mouse-1}をクリックするとその上のウィンドウを選択する。
  513: モード行を@kbd{Mouse-1}でドラッグするとモード行を移動することができ、
  514: そのウィンドウの高さを変更できる。 
  515: 
  516: @item Mouse-2
  517: @c @kbd{Mouse-2} on a mode line expands that window to fill its frame.
  518: モード行で@kbd{Mouse-2}をクリックすると、
  519: そのフレーム一杯にウィンドウを広げる。
  520: 
  521: @item Mouse-3
  522: @c @kbd{Mouse-3} on a mode line deletes the window above.
  523: モード行で@kbd{Mouse-3}をクリックすると、
  524: その上のウィンドウを削除する。
  525: 
  526: @item C-Mouse-2
  527: @c @kbd{C-Mouse-2} on a mode line splits the window above
  528: @c horizontally, above the place in the mode line where you click.
  529: モード行で@kbd{C-Mouse-2}をクリックすると、
  530: モード行をクリックした場所でその上のウィンドウを左右に分割する。
  531: @end table
  532: 
  533: @c   @kbd{C-Mouse-2} on a scroll bar splits the corresponding window
  534: @c vertically.  @xref{Split Window}.
  535: スクロールバーで@kbd{C-Mouse-2}をクリックすると、
  536: 対応するウィンドウを上下に分割します。
  537: @xref{Split Window}。
  538: 
  539: @node Creating Frames, Multiple Displays, Speedbar, Frames
  540: @c @section Creating Frames
  541: @c @cindex creating frames
  542: @section フレームの作成
  543: @cindex フレームの作成
  544: 
  545: @kindex C-x 5
  546: @c   The prefix key @kbd{C-x 5} is analogous to @kbd{C-x 4}, with parallel
  547: @c subcommands.  The difference is that @kbd{C-x 5} commands create a new
  548: @c frame rather than just a new window in the selected frame (@pxref{Pop
  549: @c Up Window}).  If an existing visible or iconified frame already displays
  550: @c the requested material, these commands use the existing frame, after
  551: @c raising or deiconifying as necessary. 
  552: プレフィックスキー@kbd{C-x 5}は、
  553: @kbd{C-x 4}と同じようなサブコマンドがあるという点で似ています。
  554: 違いは、@kbd{C-x 5}コマンドは、
  555: 選択されているフレームで新たにウィンドウを作るのではなく、
  556: 新しいフレームを作ることです(@pxref{Pop Up Window})。
  557: 既存の見えているフレームやアイコン化されたフレームが、
  558: 要求された内容を表示しているなら、これらのコマンドは、
  559: 必要ならフレームをいちばん手前にもってきたりアイコンを開いてから、
  560: 既存のフレームを使います。
  561: 
  562: @c   The various @kbd{C-x 5} commands differ in how they find or create the
  563: @c buffer to select:
  564: さまざまな@kbd{C-x 5}コマンドは、
  565: 選択するバッファの探し方や作成方法が異なります。
  566: 
  567: @table @kbd
  568: @item C-x 5 2
  569: @kindex C-x 5 2
  570: @findex make-frame-command
  571: @c Create a new frame (@code{make-frame-command}).
  572: 新しいフレームを作る(@code{make-frame-command})。
  573: @item C-x 5 b @var{bufname} @key{RET}
  574: @c Select buffer @var{bufname} in another frame.  This runs
  575: @c @code{switch-to-buffer-other-frame}.
  576: 別のフレームでバッファ@var{bufname}を選択する。
  577: これは、@code{switch-to-buffer-other-frame}を実行する。
  578: @item C-x 5 f @var{filename} @key{RET}
  579: @c Visit file @var{filename} and select its buffer in another frame.  This
  580: @c runs @code{find-file-other-frame}.  @xref{Visiting}.
  581: ファイル@var{filename}を訪問して、別のフレームでそのバッファを選択する。
  582: これは、@code{find-file-other-frame}を実行する。
  583: @pxref{Visiting}。
  584: @item C-x 5 d @var{directory} @key{RET}
  585: @c Select a Dired buffer for directory @var{directory} in another frame.
  586: @c This runs @code{dired-other-frame}.  @xref{Dired}.
  587: 別のフレームでディレクトリ@var{directory}に対するdiredバッファを選択する。
  588: これは、@code{dired-other-frame}を実行する。
  589: @pxref{Dired}。
  590: @item C-x 5 m
  591: @c Start composing a mail message in another frame.  This runs
  592: @c @code{mail-other-frame}.  It is the other-frame variant of @kbd{C-x m}.
  593: @c @xref{Sending Mail}.
  594: 別のフレームでメイルメッセージの作成を始める。
  595: これは、@code{mail-other-frame}を実行する。
  596: これは、@kbd{C-x m}の他のフレームを使う変形版。
  597: @pxref{Sending Mail}。
  598: @item C-x 5 .
  599: @c Find a tag in the current tag table in another frame.  This runs
  600: @c @code{find-tag-other-frame}, the multiple-frame variant of @kbd{M-.}.
  601: @c @xref{Tags}.
  602: 別のフレームで現在のタグテーブルからタグを探す。
  603: これは、@code{find-tag-other-frame}を実行し、
  604: @kbd{M-.}の複数フレーム向けの変形版。
  605: @pxref{Tags}。
  606: @item C-x 5 r @var{filename} @key{RET}
  607: @kindex C-x 5 r
  608: @findex find-file-read-only-other-frame
  609: @c Visit file @var{filename} read-only, and select its buffer in another
  610: @c frame.  This runs @code{find-file-read-only-other-frame}.
  611: @c @xref{Visiting}.
  612: ファイル@var{filename}を読み出し専用で訪問し、
  613: 別のフレームでそのバッファを選択する。
  614: これは、@code{find-file-read-only-other-frame}を実行する。
  615: @pxref{Visiting}。
  616: @end table
  617: 
  618: @cindex default-frame-alist
  619: @cindex initial-frame-alist
  620: @c   You can control the appearance of new frames you create by setting the
  621: @c frame parameters in @code{default-frame-alist}.  You can use the
  622: @c variable @code{initial-frame-alist} to specify parameters that affect
  623: @c only the initial frame.  @xref{Initial Parameters,,, elisp, The Emacs
  624: @c Lisp Reference Manual}, for more information.
  625: @code{default-frame-alist}にフレームパラメータを設定することで、
  626: 新たに作成するフレームの見た目を制御できます。
  627: 初期フレームだけに影響するパラメータを指定するには、
  628: 変数@code{initial-frame-alist}を使います。
  629: 詳しくは、
  630: @xref{Initial Parameters,, 初期フレームのパラメータ, elisp,
  631: Emacs Lisp リファレンスマニュアル}。
  632: 
  633: @c @cindex font (default)
  634: @cindex フォント(デフォルト)
  635: @c   The easiest way to specify the principal font for all your Emacs
  636: @c frames is with an X resource (@pxref{Font X}), but you can also do it by
  637: @c modifying @code{default-frame-alist} to specify the @code{font}
  638: @c parameter, as shown here:
  639: すべてのEmacsフレームに主要フォントを指定するもっとも簡単な方法は、
  640: Xのリソース(@pxref{Font X})を使うことですが、
  641: つぎに示すように、@code{font}パラメータを指定するように
  642: @code{default-frame-alist}を変更してもできます。
  643: 
  644: @example
  645: (add-to-list 'default-frame-alist '(font . "10x20"))
  646: @end example
  647: 
  648: @node Speedbar, Creating Frames, Mode Line Mouse, Frames
  649: @c @section Making and Using a Speedbar Frame
  650: @section スピードバーフレームの作成と使い方
  651: @c @cindex speedbar
  652: @cindex スピードバー
  653: 
  654: @c   An Emacs frame can have a @dfn{speedbar}, which is a vertical window
  655: @c that serves as a scrollable menu of files you could visit and tags
  656: @c within those files.  To create a speedbar, type @kbd{M-x speedbar}; this
  657: @c creates a speedbar window for the selected frame.  From then on, you can
  658: @c click on a file name in the speedbar to visit that file in the
  659: @c corresponding Emacs frame, or click on a tag name to jump to that tag in
  660: @c the Emacs frame.
  661: Emacsのフレームは、@dfn{スピードバー}を持つことができます。
  662: スピードバーは、縦長のウィンドウで、
  663: 訪問したりタグを探したりするためのスクロール可能な
  664: ファイルメニューとして働きます。
  665: スピードバーを作るには、@kbd{M-x speedbar}と打ちます。
  666: これは、選択されたフレームに対するスピードバーウィンドウを作ります。
  667: そうすると、スピードバーのファイル名をクリックすると、
  668: 対応するEmacsフレームでそのファイルを訪問できます。
  669: あるいは、タグの名前をクリックすると、
  670: Emacsフレームでそのタグの箇所へ飛んで行きます。
  671: 
  672: @c   Initially the speedbar lists the immediate contents of the current
  673: @c directory, one file per line.  Each line also has a box, @samp{[+]} or
  674: @c @samp{<+>}, that you can click on with @kbd{Mouse-2} to ``open up'' the
  675: @c contents of that item.  If the line names a directory, opening it adds
  676: @c the contents of that directory to the speedbar display, underneath the
  677: @c directory's own line.  If the line lists an ordinary file, opening it up
  678: @c adds a list of the tags in that file to the speedbar display.  When a
  679: @c file is opened up, the @samp{[+]} changes to @samp{[-]}; you can click
  680: @c on that box to ``close up'' that file (hide its contents).
  681: 最初、スピードバーには、カレントディレクトリの直下の内容を
  682: 1行につき1つのファイルで表示します。
  683: 各行には、@samp{[+]}か@samp{<+>}の箱があって、
  684: それを@kbd{Mouse-2}でクリックするとその項目の内容を『開け』ます。
  685: その行の名前がディレクトリならば、それを開くと、
  686: そのディレクトリの内容をその行の下に追加してスピードバーに表示します。
  687: その行が普通のファイルならば、それを開くと、
  688: そのファイル内のタグ一覧をスピードバーに追加して表示します。
  689: ファイルが開かれていると、@samp{[+]}は@samp{[-]}に変わります。
  690: ファイルを『閉じる』(内容を隠す)ためにその箱をクリックできます。
  691: 
  692: @c   Some major modes, including Rmail mode, Info, and GUD, have
  693: @c specialized ways of putting useful items into the speedbar for you to
  694: @c select.  For example, in Rmail mode, the speedbar shows a list of Rmail
  695: @c files, and lets you move the current message to another Rmail file by
  696: @c clicking on its @samp{<M>} box.
  697: rmailモード、infoモード、GUDモードを含むいくつかのメジャーモードには、
  698: 選択可能な有用な項目をスピードバーに追加する特別な方法があります。
  699: たとえば、rmailモードでは、スピードバーにはrmailファイル一覧を表示します。
  700: カレントメッセージを別のrmailファイルに移すには、
  701: 目的のrmailファイルの@samp{<M>}の箱をクリックするだけです。
  702: 
  703: @c   A speedbar belongs to one Emacs frame, and always operates on that
  704: @c frame.  If you use multiple frames, you can make a speedbar for some or
  705: @c all of the frames; type @kbd{M-x speedbar} in any given frame to make a
  706: @c speedbar for it.
  707: スピードバーは1つのEmacsフレームに属し、つねにそのフレームに作用します。
  708: 複数のフレームを使うときには、
  709: 一部のフレームやすべてのフレームにスピードバーを作れます。
  710: フレームのスピードバーを作るには、そのフレームで@kbd{M-x speedbar}と打ちます。
  711: 
  712: @node Multiple Displays, Special Buffer Frames, Creating Frames, Frames
  713: @c @section Multiple Displays
  714: @c @cindex multiple displays
  715: @section 複数ディスプレイ
  716: @cindex 複数ディスプレイ
  717: 
  718: @c   A single Emacs can talk to more than one X Windows display.
  719: @c Initially, Emacs uses just one display---the one specified with the
  720: @c @code{DISPLAY} environment variable or with the @samp{--display} option
  721: @c (@pxref{Initial Options}).  To connect to another display, use the
  722: @c command @code{make-frame-on-display}:
  723: 1つのEmacsは、複数のXディスプレイと通信できます。
  724: 最初は、Emacsは1つのディスプレイだけを使います。
  725: 環境変数@code{DISPLAY}や@samp{--display}オプションに指定されたものです
  726: (@pxref{Initial Options})。
  727: 他のディスプレイに接続するには、
  728: コマンド@code{make-frame-on-display}を使います。
  729: 
  730: @findex make-frame-on-display
  731: @table @kbd
  732: @item M-x make-frame-on-display @key{RET} @var{display} @key{RET}
  733: @c Create a new frame on display @var{display}.
  734: ディスプレイ@var{display}上に新しいフレームを作成する。
  735: @end table
  736: 
  737: @c   A single X server can handle more than one screen.  When you open
  738: @c frames on two screens belonging to one server, Emacs knows they share a
  739: @c single keyboard, and it treats all the commands arriving from these
  740: @c screens as a single stream of input.
  741: 1つのXサーバーは複数のスクリーンを扱えます。
  742: 1つのサーバーに属する2つのスクリーンにフレームを開くとき、
  743: Emacsは1つのキーボードを共有していることを知っていて、
  744: これらのスクリーンから到着するすべてのコマンドを1つの
  745: 入力ストリームとして扱います。
  746: 
  747: @c   When you open frames on different X servers, Emacs makes a separate
  748: @c input stream for each server.  This way, two users can type
  749: @c simultaneously on the two displays, and Emacs will not garble their
  750: @c input.  Each server also has its own selected frame.  The commands you
  751: @c enter with a particular X server apply to that server's selected frame.
  752: 異なるXサーバー上にフレームを開くとき、
  753: Emacsはそれぞれのサーバーに対して別々の入力ストリームを作ります。
  754: こうすることで、2つのディスプレイ上で2人のユーザーが同時に打鍵でき、
  755: Emacsはそれらの入力をごっちゃにすることはありません。
  756: 各サーバーにはそれ自身が選択しているフレームがあります。
  757: 特定のXサーバーで入力したコマンドは、
  758: そのサーバーが選択しているフレームに適用されます。
  759: 
  760: @c   Despite these features, people using the same Emacs job from different
  761: @c displays can still interfere with each other if they are not careful.
  762: @c For example, if any one types @kbd{C-x C-c}, that exits the Emacs job
  763: @c for all of them!
  764: これらの機能にも関わらず、異なるディスプレイで同じEmacsジョブを
  765: 使っている人達は、注意を怠ると、互いに干渉し合ってしまいます。
  766: たとえば、誰かが@kbd{C-x C-c}と打つと、
  767: その人達が共有している(1つの)Emacsジョブは終了してしまいます!
  768: 
  769: @node Special Buffer Frames, Frame Parameters, Multiple Displays, Frames
  770: @c @section Special Buffer Frames
  771: @section 特別なバッファフレーム
  772: 
  773: @vindex special-display-buffer-names
  774: @c   You can make certain chosen buffers, for which Emacs normally creates
  775: @c a second window when you have just one window, appear in special frames
  776: @c of their own.  To do this, set the variable
  777: @c @code{special-display-buffer-names} to a list of buffer names; any
  778: @c buffer whose name is in that list automatically gets a special frame,
  779: @c when an Emacs command wants to display it ``in another window.''
  780: ウィンドウが1つのときにはEmacsが普通2つめのウィンドウを作るような
  781: 特定のバッファでは、それ専用の特別なフレームに表示することができます。
  782: こうするには、変数@code{special-display-buffer-names}に
  783: バッファ名のリストを設定します。
  784: そのリストに名前があるどのバッファも、
  785: Emacsコマンドが『別のウィンドウに』表示したいときには、
  786: 特別なフレームを自動的に取得します。
  787: 
  788: @c   For example, if you set the variable this way,
  789: たとえば、つぎのように変数を設定したとすると、
  790: 補完一覧、@code{grep}の出力、@TeX{}モードのシェルバッファは、
  791: それぞれ個別のフレームを取得します。
  792: 
  793: @example
  794: (setq special-display-buffer-names
  795:       '("*Completions*" "*grep*" "*tex-shell*"))
  796: @end example
  797: 
  798: @noindent
  799: @c then completion lists, @code{grep} output and the @TeX{} mode shell
  800: @c buffer get individual frames of their own.  These frames, and the
  801: @c windows in them, are never automatically split or reused for any other
  802: @c buffers.  They continue to show the buffers they were created for,
  803: @c unless you alter them by hand.  Killing the special buffer deletes its
  804: @c frame automatically.
  805: これらのフレームとその中のウィンドウは、
  806: 別のバッファのために自動的に分割されたり再利用されることはありません。
  807: 手動で変更するまで、そのために作成されたバッファを表示し続けます。
  808: 特別なバッファを消去すると、そのフレームも自動的に削除されます。
  809: 
  810: @vindex special-display-regexps
  811: @c   More generally, you can set @code{special-display-regexps} to a list
  812: @c of regular expressions; then a buffer gets its own frame if its name
  813: @c matches any of those regular expressions.  (Once again, this applies only
  814: @c to buffers that normally get displayed for you in a separate window.)
  815: より一般的には、正規表現のリストを@code{special-display-regexps}に
  816: 設定できます。
  817: すると、バッファの名前がそれらの正規表現に一致すると、
  818: バッファは専用のフレームを取得します。
  819: (繰り返すが、これは通常、別のウィンドウに表示するバッファにのみ適用する。)
  820: 
  821: @vindex special-display-frame-alist
  822: @c   The variable @code{special-display-frame-alist} specifies the frame
  823: @c parameters for these frames.  It has a default value, so you don't need
  824: @c to set it.
  825: 変数@code{special-display-frame-alist}は、
  826: このようなフレームに対するフレームパラメータを指定します。
  827: これにはデフォルト値があるので、特に設定する必要はありません。
  828: 
  829: @c   For those who know Lisp, an element of
  830: @c @code{special-display-buffer-names} or @code{special-display-regexps}
  831: @c can also be a list.  Then the first element is the buffer name or
  832: @c regular expression; the rest of the list specifies how to create the
  833: @c frame.  It can be an association list specifying frame parameter values;
  834: @c these values take precedence over parameter values specified in
  835: @c @code{special-display-frame-alist}.  Alternatively, it can have this
  836: @c form:
  837: Lispがわかる人のためにですが、
  838: @code{special-display-buffer-names}や@code{special-display-regexps}の要素は、
  839: リストでもかまいません。
  840: その場合、最初の要素はバッファ名か正規表現です。
  841: リストの残りは、フレームの作成方法を指定します。
  842: これは、フレームパラメータの値を指定する連想リストにすることもできます。
  843: これらの値は、@code{special-display-frame-alist}に
  844: 指定されたパラメータの値より優先されます。
  845: あるいは、リストはつぎのような形式にすることもできます。
  846: 
  847: @example
  848: (@var{function} @var{args}...)
  849: @end example
  850: 
  851: @noindent
  852: @c where @var{function} is a symbol.  Then the frame is constructed by
  853: @c calling @var{function}; its first argument is the buffer, and its
  854: @c remaining arguments are @var{args}.
  855: ここで、@var{function}はシンボルです。
  856: こうすると、@var{function}を呼んでフレームを作ります。
  857: 関数呼び出しの最初の引数はバッファで、残りの引数は@var{args}です。
  858: 
  859: @c    An analogous feature lets you specify buffers which should be
  860: @c displayed in the selected window.  @xref{Force Same Window}.  The
  861: @c same-window feature takes precedence over the special-frame feature;
  862: @c therefore, if you add a buffer name to
  863: @c @code{special-display-buffer-names} and it has no effect, check to see
  864: @c whether that feature is also in use for the same buffer name.
  865: 似たような機能で、バッファをどの選択されているウィンドウに表示するか
  866: 指定できます。
  867: @xref{Force Same Window}。
  868: 同じウィンドウに表示する機能は、特別なフレームに表示する機能に優ります。
  869: したがって、バッファ名を@code{special-display-buffer-names}に追加しても
  870: 何の効果もなかったら、
  871: その機能が同じバッファ名に対しても使われていないか調べてください。
  872: 
  873: @node Frame Parameters, Scroll Bars, Special Buffer Frames, Frames
  874: @c @section Setting Frame Parameters
  875: @c @cindex colors
  876: @c @cindex Auto-Raise mode
  877: @c @cindex Auto-Lower mode
  878: @section フレームパラメータの設定
  879: @cindex 表示色
  880: @cindex オートレイズモード(Auto-Raise mode)
  881: @cindex オートローワモード(Auto-Lower mode)
  882: 
  883: @c   This section describes commands for altering the display style and
  884: @c window management behavior of the selected frame.
  885: 本節では、選択しているフレームの表示スタイルやウィンドウ管理のふるまいを
  886: 変更するコマンドを説明します。
  887: 
  888: @findex set-foreground-color
  889: @findex set-background-color
  890: @findex set-cursor-color
  891: @findex set-mouse-color
  892: @findex set-border-color
  893: @findex auto-raise-mode
  894: @findex auto-lower-mode
  895: @table @kbd
  896: @item M-x set-foreground-color @key{RET} @var{color} @key{RET}
  897: @c Specify color @var{color} for the foreground of the selected frame.
  898: 選択しているフレームの前景色を@var{color}と指定する。
  899: 
  900: @item M-x set-background-color @key{RET} @var{color} @key{RET}
  901: @c Specify color @var{color} for the background of the selected frame.
  902: @c This changes the foreground color of the @code{modeline} face also, so
  903: @c that it remains in inverse video compared with the default.
  904: 選択しているフレームの背景色を@var{color}と指定する。
  905: これは@code{modeline}フェイスの前景色も変更するので、
  906: デフォルトと比較しても反転表示のままになる。
  907: 
  908: @item M-x set-cursor-color @key{RET} @var{color} @key{RET}
  909: @c Specify color @var{color} for the cursor of the selected frame.
  910: 選択しているフレームのカーソルの表示色を@var{color}と指定する。
  911: 
  912: @item M-x set-mouse-color @key{RET} @var{color} @key{RET}
  913: @c Specify color @var{color} for the mouse cursor when it is over the
  914: @c selected frame.
  915: マウスカーソルが選択しているフレーム内にあるときの
  916: マウスカーソルの表示色を@var{color}と指定する。
  917: 
  918: @item M-x set-border-color @key{RET} @var{color} @key{RET}
  919: @c Specify color @var{color} for the border of the selected frame.
  920: 選択しているフレームの境界色を@var{color}と指定する。
  921: 
  922: @item M-x list-colors-display
  923: @c Display the defined color names and show what the colors look like.
  924: @c This command is somewhat slow.
  925: 定義されている表示色の名称とそれがどう見えるか表示する。
  926: このコマンドは少し遅い。
  927: 
  928: @item M-x auto-raise-mode
  929: @c Toggle whether or not the selected frame should auto-raise.  Auto-raise
  930: @c means that every time you move the mouse onto the frame, it raises the
  931: @c frame.
  932: 選択されているフレームをオートレイズするべきかどうか切り替える。
  933: オートレイズとは、マウスカーソルがフレームに入るたびに、
  934: そのフレームを手前にもってくること。
  935: 
  936: @c Note that this auto-raise feature is implemented by Emacs itself.  Some
  937: @c window managers also implement auto-raise.  If you enable auto-raise for
  938: @c Emacs frames in your X window manager, it should work, but it is beyond
  939: @c Emacs's control and therefore @code{auto-raise-mode} has no effect on
  940: @c it.
  941: このオートレイズ機能はEmacs自身が実装していることに注意。
  942: ウィンドウマネージャの中にも、オートレイズを実装しているものがある。
  943: XのウィンドウマネージャでEmacsフレームのオートレイズを指定しているときには、
  944: それが動作するはず。
  945: しかし、それはEmacsの制御を超えているので、それに関しては
  946: @code{auto-raise-mode}は何の影響もない。
  947: 
  948: @item M-x auto-lower-mode
  949: @c Toggle whether or not the selected frame should auto-lower.
  950: @c Auto-lower means that every time you move the mouse off the frame,
  951: @c the frame moves to the bottom of the stack of X windows.
  952: 選択されているフレームをオートローワするべきかどうか切り替える。
  953: オートローワとは、マウスカーソルがフレームから出るたびに、
  954: そのフレームをXのウィンドウスタックの底に移すこと。
  955: 
  956: @c The command @code{auto-lower-mode} has no effect on auto-lower
  957: @c implemented by the X window manager.  To control that, you must use
  958: @c the appropriate window manager features.
  959: コマンド@code{auto-lower-mode}は、
  960: Xのウィンドウマネージャが実装するオートローワには何の影響もない。
  961: それを制御するには、適切なウィンドウマネージャの機能を使う必要がある。
  962: 
  963: @findex set-frame-font
  964: @item M-x set-frame-font @key{RET} @var{font} @key{RET}
  965: @c @cindex font (principal)
  966: @cindex フォント(主要)
  967: @c Specify font @var{font} as the principal font for the selected frame.
  968: @c The principal font is used for all text displayed in the frame, except
  969: @c when a face (@pxref{Faces}) specifies a different font to use for
  970: @c certain text.  @xref{Font X}, for ways to list the available fonts on
  971: @c your system.
  972: 選択されたフレームに対する主要フォントとして@var{font}を指定する。
  973: フェイス(@pxref{Faces})が別のフォントを使うことを指定しているときを
  974: 除いて、主要フォントは、フレームに表示するすべてのテキストに対して使われる。
  975: あなたのシステムで使えるフォント一覧を表示する方法については、
  976: @pxref{Font X}。
  977: 
  978: @c @kindex S-Mouse-1
  979: @c You can also set a frame's principal font through a pop-up menu.
  980: @c Press @kbd{S-Mouse-1} to activate this menu.
  981: ポップアップメニューから、フレームの主要フォントを設定することもできる。
  982: このメニューを立ち上げるには@kbd{S-Mouse-1}を押す。
  983: @end table
  984: 
  985: @c   In Emacs versions that use an X toolkit, the color-setting and
  986: @c font-setting functions don't affect menus and the menu bar, since they
  987: @c are displayed by their own widget classes.  To change the appearance of
  988: @c the menus and menu bar, you must use X resources (@pxref{Resources X}).
  989: @c @xref{Colors X}, regarding colors.  @xref{Font X}, regarding choice of
  990: @c font.
  991: Xツールキットを使うEmacsの版では、表示色とフォントを設定する関数は
  992: メニューやメニューバーには影響しません。
  993: というのは、メニューやメニューバーは、
  994: それら自身のウィジェットクラスを使って表示されているからです。
  995: メニューとメニューバーの見た目を変更するには、
  996: Xのリソースを使う必要があります(@pxref{Resources X})。
  997: 表示色に関しては、@xref{Colors X}。
  998: フォントの選択については、@xref{Font X}。
  999: 
 1000: @c   For information on frame parameters and customization, see @ref{Frame
 1001: @c Parameters,,, elisp, The Emacs Lisp Reference Manual}.
 1002: フレームパラメータとそのカスタマイズについては、
 1003: @xref{Frame Parameters,, フレームパラメータ, elisp,
 1004: Emacs Lisp リファレンスマニュアル}。
 1005: 
 1006: @node Scroll Bars, Menu Bars, Frame Parameters, Frames
 1007: @c @section Scroll Bars
 1008: @section スクロールバー
 1009: @c @cindex Scroll Bar mode
 1010: @c @cindex mode, Scroll Bar
 1011: @cindex スクロールバーモード(Scroll Bar mode)
 1012: @cindex モード、Scroll Bar
 1013: 
 1014: @c   When using X, Emacs normally makes a @dfn{scroll bar} at the left of
 1015: @c each Emacs window.  The scroll bar runs the height of the window, and
 1016: @c shows a moving rectangular inner box which represents the portion of the
 1017: @c buffer currently displayed.  The entire height of the scroll bar
 1018: @c represents the entire length of the buffer.
 1019: Xを使っているときには、Emacsは通常、各Emacsウィンドウの左側に
 1020: @dfn{スクロールバー}(scroll bar)を作ります。
 1021: スクロールバーは、ウィンドウの高さに延びていて、
 1022: 内側に動く矩形の箱を表示します。
 1023: この箱は、現在表示されているバッファ内の部分を表しています。
 1024: スクロールバーの全体の高さは、バッファの全体の長さを表します。
 1025: 
 1026: @c   You can use @kbd{Mouse-2} (normally, the middle button) in the scroll
 1027: @c bar to move or drag the inner box up and down.  If you move it to the
 1028: @c top of the scroll bar, you see the top of the buffer.  If you move it to
 1029: @c the bottom of the scroll bar, you see the bottom of the buffer.
 1030: @kbd{Mouse-2}(通常、中ボタン)を使って、
 1031: スクロールバーの内側の箱を上下に移動したりドラッグできます。
 1032: 内側の箱をスクロールバーのいちばん上へ移動すると、
 1033: バッファの先頭を見ることができます。
 1034: スクロールバーのいちばん下に内側の箱を移動すると、バッファの末尾が見えます。
 1035: 
 1036: @c   The left and right buttons in the scroll bar scroll by controlled
 1037: @c increments.  @kbd{Mouse-1} (normally, the left button) moves the line at
 1038: @c the level where you click up to the top of the window.  @kbd{Mouse-3}
 1039: @c (normally, the right button) moves the line at the top of the window
 1040: @c down to the level where you click.  By clicking repeatedly in the same
 1041: @c place, you can scroll by the same distance over and over.
 1042: スクロールバーで左や右ボタンを使うと、制御された増分でスクロールできます。
 1043: @kbd{Mouse-1}(通常、左ボタン)は、
 1044: クリックした場所の高さの行をウィンドウの最上端の行へ移動します。
 1045: @kbd{Mouse-3}(通常、右ボタン)は、
 1046: ウィンドウの最上端の行をクリックした場所の高さの行へ移動します。
 1047: 同じ位置で繰り返しクリックすると、
 1048: 同じ分量のスクロールを繰り返します。
 1049: 
 1050: @c   Aside from scrolling, you can also click @kbd{C-Mouse-2} in the scroll
 1051: @c bar to split a window vertically.  The split occurs on the line where
 1052: @c you click.
 1053: スクロール以外では、スクロールバーで@kbd{C-Mouse-2}をクリックすると、
 1054: ウィンドウを上下に分割できます。
 1055: クリックした場所の行で分割されます。
 1056: 
 1057: @findex scroll-bar-mode
 1058: @c   You can enable or disable Scroll Bar mode with the command @kbd{M-x
 1059: @c scroll-bar-mode}.  With no argument, it toggles the use of scroll bars.
 1060: @c With an argument, it turns use of scroll bars on if and only if the
 1061: @c argument is positive.  This command applies to all frames, including
 1062: @c frames yet to be created.  You can use the X resource
 1063: @c @samp{verticalScrollBars} to control the initial setting of Scroll Bar
 1064: @c mode.  @xref{Resources X}.
 1065: コマンド@kbd{M-x scroll-bar-mode}で、
 1066: スクロールバー(scroll-bar)モードをオン/オフできます。
 1067: 引数を指定しなければ、スクロールバーの使用をトグルします。
 1068: 引数を指定した場合、引数が正のときだけスクロールバーを使うようにします。
 1069: このコマンドは、これから作成されるフレームを含めてすべての
 1070: フレームに作用します。
 1071: Xのリソース@samp{verticalScrollBars}を使って、
 1072: スクロールバー(scroll-bar)モードの初期設定を制御できます。
 1073: @xref{Resources X}。
 1074: 
 1075: @c @findex toggle-scroll-bar
 1076: @c   To enable or disable scroll bars for just the selected frame, use the
 1077: @c @kbd{M-x toggle-scroll-bar} command.
 1078: 選択されているフレームに対してのみスクロールバーをオン/オフするには、
 1079: @kbd{M-x toggle-scroll-bar}コマンドを使います。
 1080: 
 1081: @node Menu Bars, Faces, Scroll Bars, Frames
 1082: @c @section Menu Bars
 1083: @c @cindex Menu Bar mode
 1084: @c @cindex mode, Menu Bar
 1085: @section メニューバー
 1086: @cindex メニューバーモード(Menu Bar mode)
 1087: @cindex モード、Menu Bar
 1088: 
 1089: @c   You can turn display of menu bars on or off with @kbd{M-x
 1090: @c menu-bar-mode}.  With no argument, this command toggles Menu Bar mode, a
 1091: @c minor mode.  With an argument, the command turns Menu Bar mode on if the
 1092: @c argument is positive, off if the argument is not positive.  You can use
 1093: @c the X resource @samp{menuBarLines} to control the initial setting of
 1094: @c Menu Bar mode.  @xref{Resources X}.  Expert users often turn off the
 1095: @c menu bar, especially on text-only terminals, where this makes one
 1096: @c additional line available for text.
 1097: @kbd{M-x menu-bar-mode}でメニューバーの表示をオン/オフできます。
 1098: 引数を指定しないと、このコマンドはマイナモードである
 1099: メニューバー(menu-bar)モードをトグルします。
 1100: 引数を指定した場合、引数が正ならメニューバー(menu-bar)モードをオンにし、
 1101: 引数が正でないならオフにします。
 1102: Xのリソース@samp{menuBarLines}を使って、
 1103: メニューバー(menu-bar)モードの初期設定を制御できます。
 1104: @xref{Resources X}。
 1105: 熟練したユーザーは、メニューバーをしばしばオフにし、
 1106: 特に文字端末上ではそうします。
 1107: というのは、テキスト表示に1行余分に使えるからです。
 1108: 
 1109: @c   @xref{Menu Bar}, for information on how to invoke commands with the
 1110: @c menu bar.
 1111: メニューバーでコマンドを起動する方法については、@xref{Menu Bar}。
 1112: 
 1113: @node Faces, Font Lock, Menu Bars, Frames
 1114: @c @section Using Multiple Typefaces
 1115: @c @cindex faces
 1116: @section 複数タイプフェイスの利用
 1117: @cindex フェイス
 1118: 
 1119: @c   When using Emacs with X, you can set up multiple styles of displaying
 1120: @c characters.  The aspects of style that you can control are the type
 1121: @c font, the foreground color, the background color, and whether to
 1122: @c underline.  Emacs on MS-DOS supports faces partially by letting you
 1123: @c control the foreground and background colors of each face
 1124: @c (@pxref{MS-DOS}).
 1125: XでEmacsを使っているとき、文字表示に複数のスタイルを設定できます。
 1126: 制御できるスタイルは、フォントの種類、前景色、背景色、下線を引くかどうかです。
 1127: MS-DOS用Emacsは、各フェイスの前景色と背景色を制御して、
 1128: フェイスの一部だけを扱えます(@pxref{MS-DOS})。
 1129: 
 1130: @c   The way you control display style is by defining named @dfn{faces}.
 1131: @c Each face can specify a type font, a foreground color, a background
 1132: @c color, and an underline flag; but it does not have to specify all of
 1133: @c them.  Then by specifying the face or faces to use for a given part
 1134: @c of the text in the buffer, you control how that text appears.
 1135: 表示スタイルを制御する方法は、名前付き@dfn{フェイス}を定義することです。
 1136: 各フェイスでは、フォントの種類、前景色、背景色、下線フラグを指定できます。
 1137: しかし、これらすべてを指定する必要はありません。
 1138: バッファ内のテキストの一部分に対して使用するフェイスを指定することで、
 1139: そのテキストの見た目を制御できます。
 1140: 
 1141: @c   The style of display used for a given character in the text is
 1142: @c determined by combining several faces.  Any aspect of the display style
 1143: @c that isn't specified by overlays or text properties comes from the frame
 1144: @c itself.
 1145: テキスト中のある文字に対して使う表示スタイルは、
 1146: いくつかのフェイスを組み合わせて決定されます。
 1147: 重ね合わせやテキスト属性で指定されていない表示スタイルは、
 1148: フレームそのものから得ます。
 1149: 
 1150: @c   Enriched mode, the mode for editing formatted text, includes several
 1151: @c commands and menus for specifying faces.  @xref{Format Faces}, for how
 1152: @c to specify the font for text in the buffer.  @xref{Format Colors}, for
 1153: @c how to specify the foreground and background color.
 1154: 整形済みテキストを編集するモードであるエンリッチ(enriched)モードには、
 1155: フェイスを指定するためのコマンドやメニューがあります。
 1156: バッファ内のテキストに対するフォントの指定方法については、@xref{Format Faces}。
 1157: 前景色と背景色の指定方法については、@xref{Format Colors}。
 1158: 
 1159: @c   To alter the appearance of a face, use the customization buffer.
 1160: @c @xref{Face Customization}.  You can also use X resources to specify
 1161: @c attributes of particular faces (@pxref{Resources X}).
 1162: フェイスの見た目を変更するには、カスタマイズバッファを使います
 1163: @xref{Face Customization}。
 1164: Xのリソースを使って、特定のフェイスの属性を指定できます
 1165: (@pxref{Resources X})。
 1166: 
 1167: @findex list-faces-display
 1168: @c   To see what faces are currently defined, and what they look like, type
 1169: @c @kbd{M-x list-faces-display}.  It's possible for a given face to look
 1170: @c different in different frames; this command shows the appearance in the
 1171: @c frame in which you type it.  Here's a list of the standardly defined
 1172: @c faces:
 1173: 現在定義されているフェイスとその見た目を調べるには、
 1174: @kbd{M-x list-faces-display}と打ちます。
 1175: あるフェイスを違うフレームでは違って見えるようにできます。
 1176: このコマンドは、コマンドを打ったフレーム上での見た目を表示します。
 1177: つぎは、標準的に定義されているフェイス一覧です。
 1178: 
 1179: @table @code
 1180: @item default
 1181: @c This face is used for ordinary text that doesn't specify any other face.
 1182: このフェイスは、他のフェイスを指定していない普通のテキストに使われる。
 1183: @item modeline
 1184: @c This face is used for mode lines.  By default, it's set up as the
 1185: @c inverse of the default face.  @xref{Display Vars}.
 1186: このフェイスはモード行に対して使われる。
 1187: デフォルトでは、@code{default}フェイスの反転表示を設定。
 1188: @pxref{Display Vars}。
 1189: @item highlight
 1190: @c This face is used for highlighting portions of text, in various modes.
 1191: このフェイスは、さまざまモードでのテキストの強調表示部分に対して使われる。
 1192: @item region
 1193: @c This face is used for displaying a selected region (when Transient Mark
 1194: @c mode is enabled---see below).
 1195: このフェイスは、選択されているリージョン
 1196: (暫定マーク(transient-mark)モードがオンのとき。下記参照)
 1197: の表示に使われる。
 1198: @item secondary-selection
 1199: @c This face is used for displaying a secondary selection (@pxref{Secondary
 1200: @c Selection}).
 1201: このフェイスは、二次セレクションの表示に使われる
 1202: (@pxref{Secondary Selection})。
 1203: @item bold
 1204: @c This face uses a bold variant of the default font, if it has one.
 1205: このフェイスは、ボールド体(太字体)があるならば、
 1206: ボールド体を用いたデフォルトフォントの変種。
 1207: @item italic
 1208: @c This face uses an italic variant of the default font, if it has one.
 1209: このフェイスは、イタリック体(斜体)があるならば、
 1210: イタリック体を用いたデフォルトフォントの変種。
 1211: @item bold-italic
 1212: @c This face uses a bold italic variant of the default font, if it has one.
 1213: このフェイスは、ボールドイタリック体(太字斜体)があるならば、
 1214: ボールドイタリック体を用いたデフォルトフォントの変種。
 1215: @item underline
 1216: @c This face underlines text.
 1217: このフェイスは、テキストに下線を引く。
 1218: @end table
 1219: 
 1220: @c @cindex @code{region} face
 1221: @cindex @code{region}フェイス
 1222: @cindex フェイス@code{region}
 1223: @c   When Transient Mark mode is enabled, the text of the region is
 1224: @c highlighted when the mark is active.  This uses the face named
 1225: @c @code{region}; you can control the style of highlighting by changing the
 1226: @c style of this face (@pxref{Face Customization}).  @xref{Transient Mark},
 1227: @c for more information about Transient Mark mode and activation and
 1228: @c deactivation of the mark.
 1229: 暫定マーク(transient-mark)モードがオンのときは、
 1230: マークが活性ならば、リージョンのテキストは強調表示されます。
 1231: これには@code{region}という名前のフェイスを使います。
 1232: このフェイスのスタイルを変更することで、
 1233: 強調表示のスタイルを制御できます(@pxref{Face Customization})。
 1234: 暫定マーク(transient-mark)とマークの活性/不活性について詳しくは、
 1235: @xref{Transient Mark}。
 1236: 
 1237: @c   One easy way to use faces is to turn on Font Lock mode.  This minor
 1238: @c mode, which is always local to a particular buffer, arranges to
 1239: @c choose faces according to the syntax of the text you are editing.  It
 1240: @c can recognize comments and strings in most languages; in several
 1241: @c languages, it can also recognize and properly highlight various other
 1242: @c important constructs.  @xref{Font Lock}, for more information about
 1243: @c Font Lock mode and syntactic highlighting.
 1244: フェイスを使う簡単な方法の1つは、
 1245: フォントロック(font-lock)モードを使うことです。
 1246: 特定のバッファにつねにローカルであるこのマイナモードは、
 1247: 編集するテキストの構文に従ってフェイスを選択します。
 1248: このモードは、ほとんどの言語のコメントと文字列を認識できます。
 1249: いくつかの言語では、それ以外のさまざまな重要な構造も認識して、
 1250: 適切に強調表示します。
 1251: フォントロック(font-lock)モードと構文の強調表示について詳しくは、
 1252: @xref{Font Lock}。
 1253: 
 1254: @c   You can print out the buffer with the highlighting that appears
 1255: @c on your screen using the command @code{ps-print-buffer-with-faces}.
 1256: @c @xref{Postscript}.
 1257: 画面上で強調表示されたバッファは、
 1258: コマンド@code{ps-print-buffer-with-faces}を使って印刷できます。
 1259: @xref{Postscript}。
 1260: 
 1261: @node Font Lock, Support Modes, Faces, Frames
 1262: @c @section Font Lock mode
 1263: @c @cindex Font Lock mode
 1264: @c @cindex mode, Font Lock
 1265: @c @cindex syntax highlighting
 1266: @section フォントロックモード
 1267: @cindex フォントロックモード(Font Lock mode)
 1268: @cindex モード、Font Lock
 1269: @cindex 構文の強調表示
 1270: 
 1271: @c   Font Lock mode is a minor mode, always local to a particular
 1272: @c buffer, which highlights (or ``fontifies'') using various faces
 1273: @c according to the syntax of the text you are editing.  It can
 1274: @c recognize comments and strings in most languages; in several
 1275: @c languages, it can also recognize and properly highlight various other
 1276: @c important constructs---for example, names of functions being defined
 1277: @c or reserved keywords.
 1278: フォントロック(font-lock)モードはマイナモードです。
 1279: 特定のバッファにつねにローカルであり、
 1280: 編集しているテキストの構文に従ってさまざまなフェイスを
 1281: 使って強調表示(または『フォント表示化』)します。
 1282: このモードは、ほとんどの言語のコメントや文字列を認識できます。
 1283: いくつかの言語では、他のさまざまな重要な構成要素も認識し、
 1284: 正しく強調表示します。 
 1285: たとえば、定義されている関数名や予約語です。
 1286: 
 1287: @findex font-lock-mode
 1288: @findex turn-on-font-lock
 1289: @c   The command @kbd{M-x font-lock-mode} turns Font Lock mode on or off
 1290: @c according to the argument, and toggles the mode when it has no argument.
 1291: @c The function @code{turn-on-font-lock} unconditionally enables Font Lock
 1292: @c mode.  This is useful in mode-hook functions.  For example, to enable
 1293: @c Font Lock mode whenever you edit a C file, you can do this:
 1294: コマンド@kbd{M-x font-lock-mode}は、
 1295: 引数に従ってフォントロック(font-lock)モードをオン/オフし、
 1296: 引数がなければモードをトグルします。
 1297: 関数@code{turn-on-font-lock}は、
 1298: フォントロック(font-lock)モードを無条件でオンにします。
 1299: このコマンドは、モードフック関数で使うと便利です。
 1300: たとえば、Cのファイルを編集しているときにはいつでも
 1301: フォントロック(font-lock)モードをオンにするには、
 1302: つぎのようにします。
 1303: 
 1304: @example
 1305: (add-hook 'c-mode-hook 'turn-on-font-lock)
 1306: @end example
 1307: 
 1308: @findex global-font-lock-mode
 1309: @c   To turn on Font Lock mode automatically in all modes which support it,
 1310: @c use the function @code{global-font-lock-mode}, like this:
 1311: フォントロック(font-lock)モードを扱える
 1312: すべての(メジャー)モードで自動的にフォントロック(font-lock)モードを
 1313: オンにするには、
 1314: 関数@code{global-font-lock-mode}をつぎのように使います。
 1315: 
 1316: @example
 1317: (global-font-lock-mode 1)
 1318: @end example
 1319: 
 1320: @kindex M-g M-g
 1321: @findex font-lock-fontify-block
 1322: @c   In Font Lock mode, when you edit the text, the highlighting updates
 1323: @c automatically in the line that you changed.  Most changes don't affect
 1324: @c the highlighting of subsequent lines, but occasionally they do.  To
 1325: @c rehighlight a range of lines, use the command @kbd{M-g M-g}
 1326: @c (@code{font-lock-fontify-block}).
 1327: フォントロック(font-lock)モードでは、
 1328: テキストを編集していると、自動的に変更した行の強調表示を更新します。
 1329: ほとんどの変更は、後続行の強調表示には影響しませんが、
 1330: 時折、影響することもあります。
 1331: ある範囲の行を強調表示し直すには、コマンド@kbd{M-g M-g}を使います
 1332: (@code{font-lock-fontify-block})。
 1333: 
 1334: @vindex font-lock-mark-block-function
 1335: @c   In certain major modes, @kbd{M-g M-g} refontifies the entire current
 1336: @c function.  (The variable @code{font-lock-mark-block-function} controls
 1337: @c how to find the current function.)  In other major modes, @kbd{M-g M-g}
 1338: @c refontifies 16 lines above and below point.
 1339: ある種のメジャーモードでは、@kbd{M-g M-g}は、
 1340: 現在の関数定義全体をフォント表示化し直します。
 1341: (変数@code{font-lock-mark-block-function}は、
 1342: 現在の関数定義の探し方を制御する。)
 1343: 別のメジャーモードでは、 @kbd{M-g M-g}は、
 1344: ポイントのまえとあとの16行をフォント表示化し直します。
 1345: 
 1346: @c   With a prefix argument @var{n}, @kbd{M-g M-g} refontifies @var{n}
 1347: @c lines above and below point, regardless of the mode.
 1348: 数引数@var{n}を指定すると、@kbd{M-g M-g}は、
 1349: モードに関係なく、 ポイントのまえとあとの@var{n}行をフォント表示化し直します。
 1350: 
 1351: @c   To get the full benefit of Font Lock mode, you need to choose a
 1352: @c default font which has bold, italic, and bold-italic variants; or else
 1353: @c you need to have a color or gray-scale screen.
 1354: フォントロック(font-lock)モードの利点を十分に活用するには、
 1355: ボールド体、イタリック体、ボールドイタリック体のデフォルトフォントを
 1356: 選ぶ必要があります。
 1357: あるいは、カラーやグレースケールの画面が必要です。
 1358: 
 1359: @vindex font-lock-maximum-decoration
 1360: @c   The variable @code{font-lock-maximum-decoration} specifies the
 1361: @c preferred level of fontification, for modes that provide multiple
 1362: @c levels.  Level 1 is the least amount of fontification; some modes
 1363: @c support levels as high as 3.  The normal default is ``as high as
 1364: @c possible.''  You can specify an integer, which applies to all modes, or
 1365: @c you can specify different numbers for particular major modes; for
 1366: @c example, to use level 1 for C/C++ modes, and the default level
 1367: @c otherwise, use this:
 1368: 変数@code{font-lock-maximum-decoration}は、
 1369: 複数のレベルを提供するモードでのフォント表示化の好ましいレベルを指定します。
 1370: レベル1は最低限のフォント表示化です。
 1371: いくつかのモードでは、もっとも高い3のレベルまであります。
 1372: 通常デフォルトは『可能な限り大きい数』です。
 1373: すべてのモードに適用する整数を指定できます。
 1374: あるいは、特定のメジャーモードに対して異なる数を指定できます。
 1375: たとえば、C/C++モードではレベル1を、
 1376: それ以外ではデフォルトのレベルを指定するには、つぎのようにします。
 1377: 
 1378: @example
 1379: (setq font-lock-maximum-decoration
 1380:       '((c-mode . 1) (c++-mode . 1)))
 1381: @end example
 1382: 
 1383: @vindex font-lock-maximum-size
 1384: @c   Fontification can be too slow for large buffers, so you can suppress
 1385: @c it.  The variable @code{font-lock-maximum-size} specifies a buffer size,
 1386: @c beyond which buffer fontification is suppressed.
 1387: フォント表示化は、大きなバッファに対してはとても遅くなりえますから、
 1388: 抑制することもできます。
 1389: 変数@code{font-lock-maximum-size}にバッファサイズを指定すると、
 1390: その値を越えるバッファについてはフォント表示化を抑制します。
 1391: 
 1392: @c @w is used below to prevent a bad page-break.
 1393: @vindex font-lock-beginning-of-syntax-function
 1394: @c   Comment and string fontification (or ``syntactic'' fontification)
 1395: @c relies on analysis of the syntactic structure of the buffer text.  For
 1396: @c the purposes of speed, some modes including C mode and Lisp mode rely on
 1397: @c a special convention: an open-parenthesis in the leftmost column always
 1398: @c defines the @w{beginning} of a defun, and is thus always outside any string
 1399: @c or comment.  (@xref{Defuns}.)  If you don't follow this convention,
 1400: @c then Font Lock mode can misfontify the text after an open-parenthesis in
 1401: @c the leftmost column that is inside a string or comment.
 1402: コメントと文字列のフォント表示化(あるいは、『構文の』フォント表示化)は、
 1403: バッファのテキストの構文解析に頼っています。
 1404: 速度向上のために、CモードやLispモードを含むいくつかのモードでは、
 1405: 特別な習慣に頼っています。
 1406: 最左桁にある開き括弧は、つねに関数定義の@w{開始}を表し、
 1407: そのため、つねに文字列やコメントの外側だということです。
 1408: (@pxref{Defuns}。)
 1409: この習慣に従わないと、フォントロック(font-lock)モードは、
 1410: 文字列やコメントの内側にある最左桁の開き括弧のうしろでは、
 1411: 違ったフォント表示化をすることもありえます。
 1412: 
 1413: @c   The variable @code{font-lock-beginning-of-syntax-function} (always
 1414: @c buffer-local) specifies how Font Lock mode can find a position
 1415: @c guaranteed to be outside any comment or string.  In modes which use the
 1416: @c leftmost column parenthesis convention, the default value of the variable
 1417: @c is @code{beginning-of-defun}---that tells Font Lock mode to use the
 1418: @c convention.  If you set this variable to @code{nil}, Font Lock no longer
 1419: @c relies on the convention.  This avoids incorrect results, but the price
 1420: @c is that, in some cases, fontification for a changed text must rescan
 1421: @c buffer text from the beginning of the buffer.
 1422: 変数@code{font-lock-beginning-of-syntax-function}
 1423: (つねにバッファにローカル)は、フォントロック(font-lock)モードが、
 1424: コメントや文字列の外側であることが保証される位置を
 1425: どのように探すかを指定します。
 1426: 最左桁の括弧の習慣を使うモードでは、
 1427: 変数のデフォルト値は、@code{beginning-of-defun}です。 
 1428: つまり、フォントロック(font-lock)モードは
 1429: 習慣を使うようにということです。
 1430: この変数に@code{nil}を設定すると、
 1431: フォントロック(font-lock)モードは、もはや習慣に頼りません。
 1432: これでまちがった結果を避けられますが、その代償は、
 1433: 変更したテキストをフォント表示化するには、
 1434: バッファのテキストをバッファの先頭から再走査する必要がある場合もあります。
 1435: 
 1436: @findex font-lock-add-keywords
 1437: @c   Font Lock highlighting patterns already exist for many modes, but you
 1438: @c may want to fontify additional patterns.  You can use the function
 1439: @c @code{font-lock-add-keywords}, to add your own highlighting patterns for
 1440: @c a particular mode.  For example, to highlight @samp{FIXME:} words in C
 1441: @c comments, use this:
 1442: 多くのモードに対するフォントロックの強調表示パターンはすでにありますが、
 1443: フォント表示化するパターンを追加したいこともあるでしょう。
 1444: 関数@code{font-lock-add-keywords}を使って、
 1445: 特定のモードに対する個人用の強調表示パターンを追加できます。
 1446: たとえば、Cのコメントで単語@samp{FIXME:}を強調表示するには、
 1447: つぎのように使います。
 1448: 
 1449: @example
 1450: (font-lock-add-keywords
 1451:  'c-mode
 1452:  '(("\\<\\(FIXME\\):" 1 font-lock-warning-face t)))
 1453: @end example
 1454: 
 1455: @node Support Modes, Highlight Changes, Font Lock, Frames
 1456: @c @section Font Lock Support Modes
 1457: @section フォントロックのモード
 1458: 
 1459: @c   Font Lock support modes make Font Lock mode faster for large buffers.
 1460: @c There are two support modes: Fast Lock mode and Lazy Lock mode.  They
 1461: @c use two different methods of speeding up Font Lock mode.
 1462: フォントロックには、大きなバッファに対して
 1463: フォントロック(font-lock)モードを高速に動作させるモードがあります。
 1464: 高速ロック(fast-lock)モードと遅延ロック(lazy-lock)モードです。
 1465: これらは、フォントロック(font-lock)モードの速度を向上するために
 1466: 2つの異なる方法を使います。
 1467: 
 1468: @menu
 1469: * Fast Lock Mode::      Saving font information in files.
 1470: * Lazy Lock Mode::      Fontifying only text that is actually displayed.
 1471: * Fast or Lazy::        Which support mode is best for you?
 1472: @end menu
 1473: 
 1474: @node Fast Lock Mode, Lazy Lock Mode, , Support Modes
 1475: @c @subsection Fast Lock Mode
 1476: @subsection 高速ロックモード
 1477: 
 1478: @c @cindex Fast Lock mode
 1479: @c @cindex mode, Fast Lock
 1480: @cindex 高速ロックモード(Fast Lock mode)
 1481: @cindex モード、Fast Lock
 1482: @c   To make Font Lock mode faster for buffers visiting large files, you
 1483: @c can use Fast Lock mode.  Fast Lock mode saves the font information for
 1484: @c each file in a separate cache file; each time you visit the file, it
 1485: @c rereads the font information from the cache file instead of refontifying
 1486: @c the text from scratch.
 1487: 大きなファイルを訪問したバッファに対して
 1488: フォントロック(font-lock)モードを速くするには、
 1489: 高速ロック(fast-lock)モードを使えます。
 1490: 高速ロック(fast-lock)モードは、
 1491: 各ファイルに対するフォント情報を
 1492: 別のキャッシュファイル(cache file)に保存します。
 1493: ファイルを訪問するたびに、最初からテキストをフォント表示化し直すかわりに、
 1494: キャッシュファイルからフォント情報を読み直します。
 1495: 
 1496: @findex fast-lock-mode
 1497: @c   The command @kbd{M-x fast-lock-mode} turns Fast Lock mode on or off,
 1498: @c according to the argument (with no argument, it toggles).  You can also
 1499: @c arrange to enable Fast Lock mode whenever you use Font Lock mode, like
 1500: @c this:
 1501: コマンド@kbd{M-x fast-lock-mode}は、
 1502: 引数に従って高速ロック(fast-lock)モードをオン/オフします
 1503: (引数がないければトグル)。
 1504: フォントロック(font-lock)モードを使うときに、
 1505: いつでも高速ロック(fast-lock)モードをオンにするには、
 1506: つぎのようにします。
 1507: 
 1508: @example
 1509: (setq font-lock-support-mode 'fast-lock-mode)
 1510: @end example
 1511: 
 1512: @vindex fast-lock-minimum-size
 1513: @c   It is not worth writing a cache file for small buffers.  Therefore,
 1514: @c the variable @code{fast-lock-minimum-size} specifies a minimum file size
 1515: @c for caching font information.
 1516: 小さなバッファに対しては、キャッシュファイルを書く価値がありません。
 1517: それゆえ、変数@code{fast-lock-minimum-size}は、
 1518: フォント情報をキャッシュする最小のファイルサイズを指定します。
 1519: 
 1520: @vindex fast-lock-cache-directories
 1521: @c   The variable @code{fast-lock-cache-directories} specifies where to put
 1522: @c the cache files.  Its value is a list of directories to try; @code{"."}
 1523: @c means the same directory as the file being edited.  The default value is
 1524: @c @w{@code{("." "~/.emacs-flc")}}, which means to use the same directory if
 1525: @c possible, and otherwise the directory @file{~/.emacs-flc}.
 1526: 変数@code{fast-lock-cache-directories}は、
 1527: キャッシュファイルをどこに置くかを指定します。
 1528: その値は、ディレクトリ群のリストです。
 1529: @code{"."}は、編集しているファイルと同じディレクトリを表します。
 1530: デフォルト値は、@w{@code{("." "~/.emacs-flc")}}で、
 1531: 可能ならば同じディレクトリを使い、
 1532: さもなければディレクトリ@file{~/.emacs-flc}を使うという意味です。 
 1533: 
 1534: @vindex fast-lock-save-others
 1535: @c   The variable @code{fast-lock-save-others} specifies whether Fast Lock
 1536: @c mode should save cache files for files that you do not own.  A
 1537: @c non-@code{nil} value means yes (and that is the default).
 1538: 変数@code{fast-lock-save-others}は、
 1539: あなたが所持していないファイルに対するキャッシュファイルを
 1540: 高速ロック(fast-lock)モードが保存すべきかどうかを指定します。
 1541: 値が@code{nil}以外ならば保存します(これがデフォルト)。
 1542: 
 1543: @node Lazy Lock Mode, Fast or Lazy, Fast Lock Mode, Support Modes
 1544: @c @subsection Lazy Lock Mode
 1545: @c @cindex Lazy Lock mode
 1546: @c @cindex mode, Lazy Lock
 1547: @subsection 遅延ロックモード
 1548: @cindex 遅延ロックモード(Lazy Lock mode)
 1549: @cindex モード、Lazy Lock
 1550: 
 1551: @c   To make Font Lock mode faster for large buffers, you can use Lazy Lock
 1552: @c mode to reduce the amount of text that is fontified.  In Lazy Lock mode,
 1553: @c buffer fontification is demand-driven; it happens to portions of the
 1554: @c buffer that are about to be displayed.  And fontification of your
 1555: @c changes is deferred; it happens only when Emacs has been idle for a
 1556: @c certain short period of time.
 1557: 大きなバッファに対してフォントロック(font-lock)モードを速くするには、
 1558: フォント表示化するテキストの量を減らす
 1559: 遅延ロック(lazy-lock)モードを使えます。
 1560: 遅延ロック(lazy-lock)モードでは、バッファのフォント表示化は要求駆動型です。
 1561: 表示されようとしているバッファの部分だけをフォント表示化します。
 1562: また、変更部分のフォント表示化は延期され、
 1563: Emacsがある短い時間アイドルであったときにのみフォント表示化します。
 1564: 
 1565: @findex lazy-lock-mode
 1566: @c   The command @kbd{M-x lazy-lock-mode} turns Lazy Lock mode on or off,
 1567: @c according to the argument (with no argument, it toggles).  You can also
 1568: @c arrange to enable Lazy Lock mode whenever you use Font Lock mode, like
 1569: @c this:
 1570: コマンド@kbd{M-x lazy-lock-mode}は、
 1571: 遅延ロック(lazy-lock)モードを引数に従ってオン/オフします
 1572: (引数がなければトグル)。
 1573: フォントロック(font-lock)モードを使うときに、
 1574: いつでも遅延ロック(lazy-lock)モードをオンにするには、
 1575: つぎのようにします。
 1576: 
 1577: @example
 1578: (setq font-lock-support-mode 'lazy-lock-mode)
 1579: @end example
 1580: 
 1581: @vindex lazy-lock-minimum-size
 1582: @c   It is not worth avoiding buffer fontification for small buffers.
 1583: @c Therefore, the variable @code{lazy-lock-minimum-size} specifies a
 1584: @c minimum buffer size for demand-driven buffer fontification.  Buffers
 1585: @c smaller than that are fontified all at once, as in plain Font Lock mode.
 1586: 小さなバッファに対してバッファのフォント表示化を避ける価値はありません。
 1587: ですから、変数@code{lazy-lock-minimum-size}は、
 1588: 要求駆動型でバッファのフォント表示化を行う最小のバッファサイズを指定します。
 1589: これより小さなバッファは、普通のフォントロック(font-lock)モードのように
 1590: 一度にフォント表示化します。
 1591: 
 1592: @vindex lazy-lock-defer-time
 1593: @c   When you alter the buffer, Lazy Lock mode defers fontification of the
 1594: @c text you changed.  The variable @code{lazy-lock-defer-time} specifies
 1595: @c how many seconds Emacs must be idle before it starts fontifying your
 1596: @c changes.  If the value is 0, then changes are fontified immediately, as
 1597: @c in plain Font Lock mode.
 1598: バッファを変更したとき、遅延ロック(lazy-lock)モードは
 1599: 変更したテキストのフォント表示化を延期します。
 1600: 変数@code{lazy-lock-defer-time}は、
 1601: 変更部分のフォント表示化を始めるまでに
 1602: Emacsがアイドルであるべき秒数です。
 1603: この値が0ならは、普通のフォントロック(font-lock)モードと同じように、
 1604: 変更はすぐにフォント表示化されます。
 1605: 
 1606: @vindex lazy-lock-defer-on-scrolling
 1607: @c   Lazy Lock mode normally fontifies newly visible portions of the buffer
 1608: @c before they are first displayed.  However, if the value of
 1609: @c @code{lazy-lock-defer-on-scrolling} is non-@code{nil}, newly visible
 1610: @c text is fontified only when Emacs is idle for
 1611: @c @code{lazy-lock-defer-time} seconds.
 1612: 遅延ロック(lazy-lock)モードは、通常、
 1613: 新たに見えてくるバッファ部分が初めて表示されるまえに
 1614: その部分をフォント表示化します。
 1615: しかし、@code{lazy-lock-defer-on-scrolling}の値が@code{nil}以外ならば、
 1616: 新たに見えてくるテキストは、Emacsが@code{lazy-lock-defer-time}秒だけ
 1617: アイドルしたときにのみフォント表示化されます。
 1618: 
 1619: @vindex lazy-lock-defer-contextually
 1620: @c   In some modes, including C mode and Emacs Lisp mode, changes in one
 1621: @c line's contents can alter the context for subsequent lines, and thus
 1622: @c change how they ought to be fontified.  Ordinarily, you must type
 1623: @c @kbd{M-g M-g} to refontify the subsequent lines.  However, if you set
 1624: @c the variable @code{lazy-lock-defer-contextually} to non-@code{nil}, Lazy
 1625: @c Lock mode does this automatically, after @code{lazy-lock-defer-time}
 1626: @c seconds.
 1627: CやEmacs Lispモードを含むいくつかのモードでは、
 1628: ある1行の内容を変更すると後続行の文脈が変わり、
 1629: そのため、後続行をどうフォント表示化するかも変わります。
 1630: 通常は、後続行を再フォント表示化するために@kbd{M-g M-g}を打つ必要があります。
 1631: しかし、変数@code{lazy-lock-defer-contextually}に
 1632: @code{nil}以外を設定していると、遅延ロック(lazy-lock)モードでは、
 1633: @code{lazy-lock-defer-time}秒後にこれを自動的に行います。
 1634: 
 1635: @cindex stealth fontification
 1636: @c   When Emacs is idle for a long time, Lazy Lock fontifies additional
 1637: @c portions of the buffer, not yet displayed, in case you will display them
 1638: @c later.  This is called @dfn{stealth fontification}.
 1639: Emacsが長時間アイドルだと、遅延ロックは、
 1640: バッファのまだ表示されていない部分を、
 1641: のちの表示に備えてフォント表示化します。
 1642: これを@dfn{内密のフォント表示化}(stealth fontification)と呼びます。
 1643: 
 1644: @vindex lazy-lock-stealth-time
 1645: @vindex lazy-lock-stealth-lines
 1646: @vindex lazy-lock-stealth-verbose
 1647: @c   The variable @code{lazy-lock-stealth-time} specifies how many seconds
 1648: @c Emacs has to be idle before stealth fontification starts.  A value of
 1649: @c @code{nil} means no stealth fontification.  The variables
 1650: @c @code{lazy-lock-stealth-lines} and @code{lazy-lock-stealth-verbose}
 1651: @c specify the granularity and verbosity of stealth fontification.
 1652: 変数@code{lazy-lock-stealth-time}は、内密のフォント表示化を開始するまでに、
 1653: Emacsが何秒間アイドルであるべきかを指定します。
 1654: 値が@code{nil}だと、内密のフォント表示化をしません。
 1655: 変数@code{lazy-lock-stealth-lines}と@code{lazy-lock-stealth-verbose}は、
 1656: 内密のフォント表示化の粒度と冗長性を指定します。
 1657: 
 1658: @node Fast or Lazy,  , Lazy Lock Mode, Support Modes
 1659: @c @subsection Fast Lock or Lazy Lock?
 1660: @subsection 高速ロックか遅延ロックか?
 1661: 
 1662: @c   Here is a simple guide to help you choose one of the Font Lock support
 1663: @c modes.
 1664: フォントロックで使えるモードの1つを選択する目安となる簡単な指針をあげます。
 1665: 
 1666: @itemize @bullet
 1667: @item
 1668: @c Fast Lock mode intervenes only during file visiting and buffer
 1669: @c killing (and related events); therefore buffer editing and window
 1670: @c scrolling are no faster or slower than in plain Font Lock mode.
 1671: 高速ロック(fast-lock)モードは、
 1672: ファイルの訪問とバッファの削除(と関連する事象)の最中に作業する。
 1673: それゆえ、バッファの編集やウィンドウのスクロールは、
 1674: 普通のフォントロック(font-lock)モードより速くも遅くもない。
 1675: 
 1676: @item
 1677: @c Fast Lock mode is slower at reading a cache file than Lazy Lock
 1678: @c mode is at fontifying a window; therefore Fast Lock mode is slower at
 1679: @c visiting a file than Lazy Lock mode.
 1680: 高速ロック(fast-lock)モードのキャッシュファイルの読み込みは、
 1681: 遅延ロック(lazy-lock)モードがウィンドウをフォント表示化するより遅い。
 1682: よって、高速ロック(fast-lock)モードは、
 1683: 遅延ロック(lazy-lock)モードよりファイルの訪問が遅い。
 1684: 
 1685: @item
 1686: @c Lazy Lock mode intervenes during window scrolling to fontify text that
 1687: @c scrolls onto the screen; therefore, scrolling is slower than in plain
 1688: @c Font Lock mode.
 1689: 遅延ロック(lazy-lock)モードは、
 1690: ウィンドウをスクロールする最中に、
 1691: 画面上に現れるテキストをフォント表示化する。
 1692: よって、スクロールは、通常のフォントロック(font-lock)モードより遅い。
 1693: 
 1694: @item
 1695: @c Lazy Lock mode doesn't fontify during buffer editing (it defers
 1696: @c fontification of changes); therefore, editing is faster than in plain
 1697: @c Font Lock mode.
 1698: 遅延ロック(lazy-lock)モードは、
 1699: バッファを編集中はフォント表示化しない(変更部分のフォント表示化を延期する)。
 1700: よって、編集は、通常のフォントロック(font-lock)モードより速い。 
 1701: 
 1702: @item
 1703: @c Fast Lock mode can be fooled by a file that is kept under version
 1704: @c control software; therefore buffer fontification may occur even when
 1705: @c a cache file exists for the file.
 1706: 高速ロック(fast-lock)モードは、
 1707: 版管理の下に置かれたファイルではだまされることがある。
 1708: よって、そのファイルに対するキャッシュファイルが存在していても、
 1709: バッファのフォント表示化が起こりえる。
 1710: 
 1711: @item
 1712: @c Fast Lock mode only works with a buffer visiting a file; Lazy Lock
 1713: @c mode works with any buffer.
 1714: 高速ロック(fast-lock)モードは、
 1715: ファイルを訪問しているバッファでのみ動作する。
 1716: 遅延ロック(lazy-lock)モードは、どのバッファでも動作する。
 1717: 
 1718: @item
 1719: @c Fast Lock mode generates cache files; Lazy Lock mode does not.
 1720: 高速ロック(fast-lock)モードは、キャッシュファイルを生成する。
 1721: 遅延ロック(lazy-lock)モードは、生成しない。
 1722: @end itemize
 1723: 
 1724: @vindex font-lock-support-mode
 1725: @c   The variable @code{font-lock-support-mode} specifies which of these
 1726: @c support modes to use; for example, to specify that Fast Lock mode is
 1727: @c used for C/C++ modes, and Lazy Lock mode otherwise, set the variable
 1728: @c like this:
 1729: 変数@code{font-lock-support-mode}は、
 1730: これらのどちらのモードを使うかを指定します。
 1731: たとえば、C/C++モードでは高速ロック(fast-lock)モードを使い、
 1732: それ以外のモードでは遅延ロック(lazy-lock)モードを使うように指定するには、
 1733: 変数をつぎのように設定します。
 1734: 
 1735: @example
 1736: (setq font-lock-support-mode
 1737:       '((c-mode . fast-lock-mode) (c++-mode . fast-lock-mode)
 1738:         (t . lazy-lock-mode)))
 1739: @end example
 1740: 
 1741: @node Highlight Changes, Misc X, Support Modes, Frames
 1742: @c @section Highlight Changes Mode
 1743: @section 変更部分強調表示モード
 1744: 
 1745: @findex highlight-changes-mode
 1746: @c   Use @kbd{M-x highlight-changes-mode} to enable a minor mode
 1747: @c that uses faces (colors, typically) to indicate which parts of
 1748: @c the buffer were changed most recently.
 1749: バッファ内の最近に変更された部分を示すためにフェイス(典型的には表示色)を
 1750: 用いるマイナモードをオンにするには、
 1751: @kbd{M-x highlight-changes-mode}を使います。
 1752: 
 1753: @node Misc X, Non-Window Terminals, Highlight Changes, Frames
 1754: @c @section Miscellaneous X Window Features
 1755: @section その他のXウィンドウシステムでの機能
 1756: 
 1757: @c   The following commands let you create, delete and operate on frames:
 1758: つぎのコマンドは、フレームを作成したり削除したり操作したりします。
 1759: 
 1760: @table @kbd
 1761: @item C-z
 1762: @c @kindex C-z @r{(X windows)}
 1763: @kindex C-z @r{(Xウィンドウシステム)}
 1764: @findex iconify-or-deiconify-frame
 1765: @c Iconify the selected Emacs frame (@code{iconify-or-deiconify-frame}).
 1766: @c The normal meaning of @kbd{C-z}, to suspend Emacs, is not useful under a
 1767: @c window system, so it has a different binding in that case.
 1768: 選択されているEmacsフレームをアイコン化する
 1769: (@code{iconify-or-deiconify-frame})。
 1770: Emacsを休止するという@kbd{C-z}の通常の意味は、
 1771: ウィンドウシステムでは有用ではない。
 1772: そのため、別のバインドになっている。
 1773: 
 1774: @c If you type this command on an Emacs frame's icon, it deiconifies the frame.
 1775: Emacsフレームのアイコンでこのコマンドを打つと、
 1776: アイコンをフレームに開く。
 1777: 
 1778: @item C-x 5 0
 1779: @kindex C-x 5 0
 1780: @findex delete-frame
 1781: @c Delete the selected frame (@code{delete-frame}).  This is not allowed if
 1782: @c there is only one frame.
 1783: 選択されているフレームを削除する(@code{delete-frame})。
 1784: フレームがたった1つの場合には、このコマンドは許されない。
 1785: 
 1786: @item C-x 5 o
 1787: @kindex C-x 5 o
 1788: @findex other-frame
 1789: @c Select another frame, raise it, and warp the mouse to it so that it
 1790: @c stays selected.  If you repeat this command, it cycles through all the
 1791: @c frames on your terminal.
 1792: 別のフレームを選択し、それをいちばん手前にもってきて、
 1793: そのフレームが選択されるようにマウスを飛び込ませる。
 1794: このコマンドを繰り返すと、端末上のすべてのフレームを巡回する。
 1795: @end table
 1796: 
 1797: @node Non-Window Terminals,  , Misc X, Frames
 1798: @c @section Non-Window Terminals
 1799: @c @cindex non-window terminals
 1800: @c @cindex single-frame terminals
 1801: @section 非ウィンドウ端末
 1802: @cindex 非ウィンドウ端末
 1803: @cindex 単一フレーム端末
 1804: 
 1805: @c   If your terminal does not have a window system that Emacs supports,
 1806: @c then it can display only one Emacs frame at a time.  However, you can
 1807: @c still create multiple Emacs frames, and switch between them.  Switching
 1808: @c frames on these terminals is much like switching between different
 1809: @c window configurations.
 1810: Emacsが扱えるウィンドウシステムを使えない端末では、
 1811: 一度に1つのフレームしか表示できません。
 1812: しかし、複数のEmacsフレームを作って、それらのフレーム間を切り替えられます。
 1813: このような端末でのフレームの切り替えは、
 1814: 異なるウィンドウ構成の端末での切り替えとたいへんよく似ています。
 1815: 
 1816: @c   Use @kbd{C-x 5 2} to create a new frame and switch to it; use @kbd{C-x
 1817: @c 5 o} to cycle through the existing frames; use @kbd{C-x 5 0} to delete
 1818: @c the current frame.
 1819: 新しいフレームを作りそれに切り替えるには、@kbd{C-x 5 2}を使います。
 1820: 既存のフレーム間を巡回するには、@kbd{C-x 5 o}を使います。
 1821: カレントフレームを削除するには、@kbd{C-x 5 0}を使います。
 1822: 
 1823: @c   Each frame has a number to distinguish it.  If your terminal can
 1824: @c display only one frame at a time, the selected frame's number @var{n}
 1825: @c appears near the beginning of the mode line, in the form
 1826: @c @samp{F@var{n}}.
 1827: 各フレームにはそれを区別する番号があります。
 1828: 一度には1つのフレームだけしか表示できない端末では、
 1829: 選択されているフレームの番号@var{n}が、
 1830: モード行の先頭近くに@samp{F@var{n}}という形式で現れます。
 1831: 
 1832: @findex set-frame-name
 1833: @findex select-frame-by-name
 1834: @c   @samp{F@var{n}} is actually the frame's name.  You can also specify a
 1835: @c different name if you wish, and you can select a frame by its name.  Use
 1836: @c the command @kbd{M-x set-frame-name @key{RET} @var{name} @key{RET}} to
 1837: @c specify a new name for the selected frame, and use @kbd{M-x
 1838: @c select-frame-by-name @key{RET} @var{name} @key{RET}} to select a frame
 1839: @c according to its name.  The name you specify appears in the mode line
 1840: @c when the frame is selected.
 1841: @samp{F@var{n}}は、実際にはフレームの名前です。
 1842: 望むなら別の名前を指定でき、その名前でフレームを選択できます。
 1843: 選択されたフレームに新しい名前を指定するには、
 1844: コマンド@kbd{M-x set-frame-name @key{RET} @var{name} @key{RET}}を使います。
 1845: その名前でフレームを選択するには、
 1846: @kbd{M-x select-frame-by-name @key{RET} @var{name} @key{RET}}を使います。
 1847: 指定した名前は、フレームを選択するとモード行に表示されます。
 1848: 

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>