File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / fixit-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 鈴木悦子@津田塾大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =============================================================
    6: @c This is part of the Emacs manual.
    7: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    8: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    9: @node Fixit, Files, Search, Top
   10: @c @chapter Commands for Fixing Typos
   11: @c @cindex typos, fixing
   12: @c @cindex mistakes, correcting
   13: @chapter 打ちまちがい訂正用コマンド
   14: @cindex タイポ(打ちまちがい)、訂正
   15: @cindex まちがい、訂正
   16: 
   17: @c   In this chapter we describe the commands that are especially useful for
   18: @c the times when you catch a mistake in your text just after you have made
   19: @c it, or change your mind while composing text on the fly.
   20: 本章では、入力直後にテキストのまちがいに気づいたとき、
   21: あるいは、テキストを作成中に気が変わったときに
   22: 特に便利なコマンドを説明します。
   23: 
   24: @c   The most fundamental command for correcting erroneous editing is the
   25: @c undo command, @kbd{C-x u} or @kbd{C-_}.  This command undoes a single
   26: @c command (usually), a part of a command (in the case of
   27: @c @code{query-replace}), or several consecutive self-inserting characters.
   28: @c Consecutive repetitions of @kbd{C-_} or @kbd{C-x u} undo earlier and
   29: @c earlier changes, back to the limit of the undo information available.
   30: @c @xref{Undo}, for for more information.
   31: まちがった編集を訂正するもっとも基本的なコマンドは、アンドゥコマンド、
   32: @kbd{C-x u}や@kbd{C-_}です。
   33: このコマンドは、(通常)1つのコマンド、
   34: コマンドの一部分(@code{query-replace}の場合)、
   35: いくつかの連続した自己挿入文字をアンドゥします。
   36: @kbd{C-_}や@kbd{C-x u}を連続して繰り返すと、
   37: アンドゥ情報がある限り、次々と以前の変更をアンドゥします。
   38: より詳しくは、@xref{Undo}。
   39: 
   40: @menu
   41: * Kill Errors:: Commands to kill a batch of recently entered text.
   42: * Transpose::   Exchanging two characters, words, lines, lists...
   43: * Fixing Case:: Correcting case of last word entered.
   44: * Spelling::    Apply spelling checker to a word, or a whole file.
   45: @end menu
   46: 
   47: @node Kill Errors, Transpose, , Fixit
   48: @c @section Killing Your Mistakes
   49: @section 誤りの訂正
   50: 
   51: @table @kbd
   52: @item @key{DEL}
   53: @c Delete last character (@code{delete-backward-char}).
   54: ポイントの直前の文字を削除する(@code{delete-backward-char})。
   55: @item M-@key{DEL}
   56: @c Kill last word (@code{backward-kill-word}).
   57: ポイントの直前の単語をキルする(@code{backward-kill-word})。
   58: @item C-x @key{DEL}
   59: @c Kill to beginning of sentence (@code{backward-kill-sentence}).
   60: ポイントから文の先頭までをキルする(@code{backward-kill-sentence})。
   61: @end table
   62: 
   63: @c   The @key{DEL} character (@code{delete-backward-char}) is the most
   64: @c important correction command.  It deletes the character before point.
   65: @c When @key{DEL} follows a self-inserting character command, you can think
   66: @c of it as canceling that command.  However, avoid the mistake of thinking
   67: @c of @key{DEL} as a general way to cancel a command!
   68: @key{DEL}文字(@code{delete-backward-char})は
   69: もっとも重要な訂正コマンドです。
   70: ポイントの直前にある文字を削除します。
   71: 自己挿入文字のコマンドに続けて@key{DEL}を打つと、
   72: そのコマンドを取り消すと考えることができます。
   73: しかし、コマンドを取り消す一般的な方法は@key{DEL}であるなどと
   74: 誤解しないでください。
   75: 
   76: @c   When your mistake is longer than a couple of characters, it might be
   77: @c more convenient to use @kbd{M-@key{DEL}} or @kbd{C-x @key{DEL}}.
   78: @c @kbd{M-@key{DEL}} kills back to the start of the last word, and @kbd{C-x
   79: @c @key{DEL}} kills back to the start of the last sentence.  @kbd{C-x
   80: @c @key{DEL}} is particularly useful when you change your mind about the
   81: @c phrasing of the text you are writing.  @kbd{M-@key{DEL}} and @kbd{C-x
   82: @c @key{DEL}} save the killed text for @kbd{C-y} and @kbd{M-y} to
   83: @c retrieve.  @xref{Yanking}.@refill
   84: まちがいが数文字よりも長いときには、
   85: @kbd{M-@key{DEL}}や@kbd{C-x @key{DEL}}を使うほうが便利でしょう。
   86: @kbd{M-@key{DEL}}は直前の単語の先頭までをキルし、
   87: @kbd{C-x @key{DEL}}は直前の文の先頭までをキルします。
   88: 文を書いている途中で気が変わったときには、
   89: @kbd{C-x @key{DEL}}が特に便利です。
   90: @kbd{M-@key{DEL}}と@kbd{C-x @key{DEL}}は、
   91: キルしたテキストを@kbd{C-y}や@kbd{M-y}で戻せるように保存します。
   92: @xref{Yanking}。
   93: 
   94: @c   @kbd{M-@key{DEL}} is often useful even when you have typed only a few
   95: @c characters wrong, if you know you are confused in your typing and aren't
   96: @c sure exactly what you typed.  At such a time, you cannot correct with
   97: @c @key{DEL} except by looking at the screen to see what you did.  Often it
   98: @c requires less thought to kill the whole word and start again.
   99: 何を打とうとしているのか混乱したりわからなくなったりしたときには、
  100: 打ちまちがいがたとえ数文字であっても@kbd{M-@key{DEL}}はとても便利です。
  101: このような場合、画面を見ながらでないと@key{DEL}では訂正できません。
  102: @kbd{M-@key{DEL}}ならば、ほとんど何も考えずに単語全体をキルして、
  103: 入力を再開できます。
  104: 
  105: @node Transpose, Fixing Case, Kill Errors, Fixit
  106: @c @section Transposing Text
  107: @section テキストの入れ替え
  108: 
  109: @table @kbd
  110: @item C-t
  111: @c Transpose two characters (@code{transpose-chars}).
  112: 2つの文字を入れ替える(@code{transpose-chars})。
  113: @item M-t
  114: @c Transpose two words (@code{transpose-words}).
  115: 2つの単語を入れ替える(@code{transpose-words})。
  116: @item C-M-t
  117: @c Transpose two balanced expressions (@code{transpose-sexps}).
  118: 釣り合っている2つの式を入れ替える(@code{transpose-sexps})。
  119: @item C-x C-t
  120: @c Transpose two lines (@code{transpose-lines}).
  121: 2つの行を入れ替える(@code{transpose-lines})。
  122: @end table
  123: 
  124: @kindex C-t
  125: @findex transpose-chars
  126: @c   The common error of transposing two characters can be fixed, when they
  127: @c are adjacent, with the @kbd{C-t} command (@code{transpose-chars}).  Normally,
  128: @c @kbd{C-t} transposes the two characters on either side of point.  When
  129: @c given at the end of a line, rather than transposing the last character of
  130: @c the line with the newline, which would be useless, @kbd{C-t} transposes the
  131: @c last two characters on the line.  So, if you catch your transposition error
  132: @c right away, you can fix it with just a @kbd{C-t}.  If you don't catch it so
  133: @c fast, you must move the cursor back to between the two transposed
  134: @c characters.  If you transposed a space with the last character of the word
  135: @c before it, the word motion commands are a good way of getting there.
  136: @c Otherwise, a reverse search (@kbd{C-r}) is often the best way.
  137: @c @xref{Search}.
  138: 2つの文字を入れ替えてしまうというよくあるまちがいは、
  139: それらが隣接しているならば、
  140: @kbd{C-t}コマンド(@code{transpose-chars})で直せます。
  141: 通常、@kbd{C-t}は、ポイントの両側にある文字を入れ替えます。
  142: 行末では、行末の文字と改行文字を入れ替えるという役に立たない
  143: ことではなくて、@kbd{C-t}はその行の最後の2文字を入れ替えます。
  144: よって、入れ替えまちがいにすぐに気づいたなら、
  145: @kbd{C-t}だけで訂正できます。
  146: まちがいにすぐに気づかなかったときには、
  147: 2つの入れ替わっている文字のあいだにカーソルを移動する必要があります。
  148: 空白とそのまえの単語の最後の文字とを入れ替えてしまったときには、
  149: 単語移動コマンドでその場所へ戻るのがよいでしょう。
  150: それ以外の場合には、後向き探索(@kbd{C-r})が最良であることがままあります。
  151: @xref{Search}。
  152: 
  153: 
  154: @kindex C-x C-t
  155: @findex transpose-lines
  156: @kindex M-t
  157: @findex transpose-words
  158: @kindex C-M-t
  159: @findex transpose-sexps
  160: @c   @kbd{M-t} (@code{transpose-words}) transposes the word before point
  161: @c with the word after point.  It moves point forward over a word, dragging
  162: @c the word preceding or containing point forward as well.  The punctuation
  163: @c characters between the words do not move.  For example, @w{@samp{FOO, BAR}}
  164: @c transposes into @w{@samp{BAR, FOO}} rather than @samp{@w{BAR FOO,}}.
  165: @kbd{M-t}(@code{transpose-words})は、
  166: ポイントの直前の単語とポイントの直後の単語を入れ替えます。
  167: ポイントは単語を1つ前向きに横断し、
  168: ポイントの直前の単語かポイントを含む単語を前向きに引きずっていきます。
  169: 単語のあいだにある句読点文字は動きません。
  170: たとえば、@w{@samp{FOO, BAR}}は@samp{@w{BAR FOO,}}ではなくて、
  171: @w{@samp{BAR, FOO}}と入れ替わります。
  172: 
  173: @c   @kbd{C-M-t} (@code{transpose-sexps}) is a similar command for transposing
  174: @c two expressions (@pxref{Lists}), and @kbd{C-x C-t} (@code{transpose-lines})
  175: @c exchanges lines.  They work like @kbd{M-t} except in determining the
  176: @c division of the text into syntactic units.
  177: @kbd{C-M-t}(@code{transpose-sexps})は、2つの式(@pxref{Lists})を
  178: 入れ替えるコマンドです。
  179: また、@kbd{C-x C-t}(@code{transpose-lines})は、行を入れ替えます。
  180: これらのコマンドは@kbd{M-t}に似た動作をしますが、
  181: テキストを構文単位に分ける点が異なります。
  182: 
  183: @c   A numeric argument to a transpose command serves as a repeat count: it
  184: @c tells the transpose command to move the character (word, sexp, line)
  185: @c before or containing point across several other characters (words,
  186: @c sexps, lines).  For example, @kbd{C-u 3 C-t} moves the character before
  187: @c point forward across three other characters.  It would change
  188: @c @samp{f@point{}oobar} into @samp{oobf@point{}ar}.  This is equivalent to
  189: @c repeating @kbd{C-t} three times.  @kbd{C-u - 4 M-t} moves the word
  190: @c before point backward across four words.  @kbd{C-u - C-M-t} would cancel
  191: @c the effect of plain @kbd{C-M-t}.@refill
  192: 入れ替えコマンドに数引数を指定すると、反復回数になります。
  193: ポイントの直前やポイントを含む文字(単語、S式、行)を
  194: いくつ先の文字(単語、S式、行)へ移動するか指定します。
  195: たとえば、@kbd{C-u 3 C-t}は、ポイントの直前の文字を3文字先の文字へ移動します。
  196: つまり、@samp{f@point{}oobar}を@samp{oobf@point{}ar}にします。
  197: これは @kbd{C-t}を3回繰り返したのと同じことです。
  198: @kbd{C-u - 4 M-t}は、ポイントの直前の単語を4つまえの単語へ移動します。
  199: @kbd{C-u - C-M-t}は、引数を指定しない@kbd{C-M-t}の効果を打ち消します。
  200: 
  201: @c   A numeric argument of zero is assigned a special meaning (because
  202: @c otherwise a command with a repeat count of zero would do nothing): to
  203: @c transpose the character (word, sexp, line) ending after point with the
  204: @c one ending after the mark.
  205: 数引数0には特別な意味があります
  206: (さもないと、コマンドを0回繰り返しても何もしない)。
  207: ポイントの直後の文字(単語、S式、行)と
  208: マークの直後の文字(単語、S式、行)を入れ替えます。
  209: 
  210: @node Fixing Case, Spelling, Transpose, Fixit
  211: @c @section Case Conversion
  212: @section 大文字小文字変換
  213: 
  214: @table @kbd
  215: @item M-- M-l
  216: @c Convert last word to lower case.  Note @kbd{Meta--} is Meta-minus.
  217: ポイントの直前の単語を小文字に変換する。
  218: @kbd{Meta--}はメタ・マイナス。
  219: @item M-- M-u
  220: @c Convert last word to all upper case.
  221: ポイントの直前の単語をすべて大文字に変換する。
  222: @item M-- M-c
  223: @c Convert last word to lower case with capital initial.
  224: ポイントの直前の単語を最初の文字だけ大文字にして残りを小文字にする。
  225: @end table
  226: 
  227: @kindex M-@t{-} M-l
  228: @kindex M-@t{-} M-u
  229: @kindex M-@t{-} M-c
  230: @c   A very common error is to type words in the wrong case.  Because of this,
  231: @c the word case-conversion commands @kbd{M-l}, @kbd{M-u} and @kbd{M-c} have a
  232: @c special feature when used with a negative argument: they do not move the
  233: @c cursor.  As soon as you see you have mistyped the last word, you can simply
  234: @c case-convert it and go on typing.  @xref{Case}.@refill
  235: とてもよくあるまちがいは、単語を打つときに大文字小文字をまちがうことです。
  236: このため、単語の大文字小文字を変換するコマンド、
  237: @kbd{M-l}、@kbd{M-u}、@kbd{M-c}に負の引数を指定すると、
  238: カーソル(ポイント)を移動しないという特別な機能があります。
  239: 単語を打ちまちがえたとすぐに気づいたときには、
  240: 単に大文字小文字を変換して、入力を続けられます。
  241: @xref{Case}。
  242: 
  243: @node Spelling,  , Fixing Case, Fixit
  244: @c @section Checking and Correcting Spelling
  245: @c @cindex spelling, checking and correcting
  246: @c @cindex checking spelling
  247: @c @cindex correcting spelling
  248: @section 綴りの検査と訂正
  249: @cindex 綴り、検査と訂正
  250: @cindex 綴りの検査
  251: @cindex 綴りの訂正
  252: 
  253: @c   This section describes the commands to check the spelling of a single
  254: @c word or of a portion of a buffer.  These commands work with the spelling
  255: @c checker program Ispell, which is not part of Emacs.
  256: 本節では、1つの単語やバッファのある部分の綴りを検査するコマンドを説明します。
  257: これらのコマンドは、Emacsの一部ではない綴り検査プログラム
  258: (スペルチェッカ)ispellを
  259: 使って動作します。
  260: @ifinfo
  261: @c @xref{Top, Ispell, Overview ispell, ispell.info, The Ispell Manual}.
  262: @xref{Top, Ispell, Overview ispell, ispell.info, The Ispell Manual}。
  263: @end ifinfo
  264: 
  265: @table @kbd
  266: @item M-x flyspell-mode
  267: @c Enable Flyspell mode, which highlights all misspelled words.
  268: フライスペル(flyspell)モードをオンにする。
  269: 綴り誤りのあるすべての単語を強調表示する。
  270: @item M-$
  271: @c Check and correct spelling of the word at point (@code{ispell-word}).
  272: ポイント位置にある単語の綴りを検査し訂正する
  273: (@code{ispell-word})。
  274: @item M-@key{TAB}
  275: @c Complete the word before point based on the spelling dictionary
  276: @c (@code{ispell-complete-word}).
  277: 綴り辞書に基づいてポイントの直前の単語を補完する
  278: (@code{ispell-complete-word})。
  279: @item M-x ispell-buffer
  280: @c Check and correct spelling of each word in the buffer.
  281: バッファ内の各単語の綴りを検査し訂正する。
  282: @item M-x ispell-region
  283: @c Check and correct spelling of each word in the region.
  284: リージョン内の各単語の綴りを検査し訂正する。
  285: @item M-x ispell-message
  286: @c Check and correct spelling of each word in a draft mail message, 
  287: @c excluding cited material.
  288: 引用部分を除いて、メイルメッセージの草稿の各単語の綴りを検査し訂正する。
  289: @item M-x ispell-change-dictionary @key{RET} @var{dict} @key{RET}
  290: @c Restart the Ispell process, using @var{dict} as the dictionary.
  291: 辞書として@var{dict}を使ってispellプロセスを再起動する。
  292: @item M-x ispell-kill-ispell
  293: @c Kill the Ispell subprocess.
  294: ispellプロセスを終了させる。
  295: @end table
  296: 
  297: @c @cindex Flyspell mode
  298: @cindex フライスペル(flyspell)モード
  299: @findex flyspell-mode
  300: @c   Flyspell mode is a fully-automatic way to check spelling as you edit
  301: @c in Emacs.  It operates by checking words as you change or insert them.
  302: @c When it finds a word that it does not recognize, it highlights that
  303: @c word.  This does not interfere with your editing, but when you see the
  304: @c highlighted word, you can move to it and fix it.  Type @kbd{M-x
  305: @c flyspell-mode} to enable or disable this mode in the current buffer.
  306: フライスペル(flyspell)モードは、
  307: Emacsで編集しているときに全自動で綴り検査をする方法です。
  308: 単語を変更したり挿入したりするたびにその単語を検査します。
  309: 認識できない単語をみつけると、その単語を強調表示します。
  310: これはユーザーの編集には干渉しませんが、
  311: ある単語が強調表示されたら、その単語へ移動して訂正できます。
  312: カレントバッファでこのモードをオン/オフするには、
  313: @kbd{M-x flyspell-mode}と打ちます。
  314: 
  315: @c   When Flyspell mode highlights a word as misspelled, you can click on
  316: @c it with @kbd{Mouse-2} to display a menu of possible corrections and
  317: @c actions.  You can also correct the word by editing it manually in any
  318: @c way you like.
  319: フライスペル(flyspell)モードが
  320: ある単語を綴りまちがいであると強調表示したときには、
  321: その単語を@kbd{Mouse-2}でクリックできます。
  322: すると、訂正候補やどんな操作を行えるか表示されます。
  323: 単語を手動で編集して好きなように訂正してもかまいません。
  324: 
  325: @c   The other Emacs spell-checking features check or look up words when
  326: @c you give an explicit command to do so.  Checking all or part of the
  327: @c buffer is useful when you have text that was written outside of this
  328: @c Emacs session and might contain any number of misspellings.
  329: Emacsの他の綴り検査機能は、明示的にコマンドを実行したときに
  330: 単語の検査を行います。
  331: バッファ全体やその一部分の綴りを検査する機能は、
  332: Emacsセッション以外で作成した綴り誤りを含むかもしれないテキストには有益です。
  333: 
  334: @kindex M-$
  335: @findex ispell-word
  336: @c   To check the spelling of the word around or next to point, and
  337: @c optionally correct it as well, use the command @kbd{M-$}
  338: @c (@code{ispell-word}).  If the word is not correct, the command offers
  339: @c you various alternatives for what to do about it.
  340: ポイントの周りかポイントのつぎにある単語の綴りを検査し、
  341: 場合によっては訂正するには、
  342: @kbd{M-$}(@code{ispell-word})コマンドを使います。
  343: 単語が正しくないときには、
  344: その単語についてどうするかのさまざまな選択肢を提示します。
  345: 
  346: @findex ispell-buffer
  347: @findex ispell-region
  348: @c   To check the entire current buffer, use @kbd{M-x ispell-buffer}.  Use
  349: @c @kbd{M-x ispell-region} to check just the current region.  To check
  350: @c spelling in an email message you are writing, use @kbd{M-x
  351: @c ispell-message}; that checks the whole buffer, but does not check
  352: @c material that is indented or appears to be cited from other messages.
  353: カレントバッファ全体を検査するには、@kbd{M-x ispell-buffer}を使います。
  354: カレントリージョンだけを検査するには、@kbd{M-x ispell-region}を使います。
  355: 書きかけの電子メイルメッセージの綴りを検査するには、
  356: @kbd{M-x ispell-message}を使います。
  357: これは、バッファ全体を検査しますが、
  358: 字下げしてある部分や他のメッセージからの引用と思われる部分は検査しません。
  359: 
  360: @c   Each time these commands encounter an incorrect word, they ask you
  361: @c what to do.  They display a list of alternatives, usually including
  362: @c several ``near-misses''---words that are close to the word being
  363: @c checked.  Then you must type a character.  Here are the valid responses:
  364: これらのコマンドは、正しくない単語に出会うたびに、どうするか聞いてきます。
  365: 通常、検査した単語に似ている『近い』単語をいくつか含めた
  366: 選択肢一覧を表示します。
  367: そうしたら、文字を打たなくてはなりません。
  368: 以下に有効な返答をあげます。
  369: 
  370: @table @kbd
  371: @item @key{SPC}
  372: @c Skip this word---continue to consider it incorrect, but don't change it
  373: @c here.
  374: この単語をスキップする。
  375: この単語は正しくないとしておくが、ここでは変更しない。
  376: 
  377: @item r @var{new} @key{RET}
  378: @c Replace the word (just this time) with @var{new}.
  379: (今回だけは)@var{new}で置き換える。
  380: 
  381: @item R @var{new} @key{RET}
  382: @c Replace the word with @var{new}, and do a @code{query-replace} so you
  383: @c can replace it elsewhere in the buffer if you wish.
  384: 単語を@var{new}で置き換える。
  385: さらに、バッファの他の箇所でも置き換えられるように
  386: @code{query-replace}を実行する。
  387: 
  388: @item @var{digit}
  389: @c Replace the word (just this time) with one of the displayed
  390: @c near-misses.  Each near-miss is listed with a digit; type that digit to
  391: @c select it.
  392: (今回だけは)この単語を『近い』単語の1つで置き換える。
  393: 『近い』単語にはそれぞれ数字が付いているので、その数字を打つ。
  394: 
  395: @item a
  396: @c Accept the incorrect word---treat it as correct, but only in this
  397: @c editing session.
  398: 正しくない単語を容認する。
  399: この編集セッションに限って、正しいかのように扱う。
  400: 
  401: @item A
  402: @c Accept the incorrect word---treat it as correct, but only in this
  403: @c editing session and for this buffer.
  404: 正しくない単語を容認する。
  405: この編集セッションのこのバッファに限って、正しいかのように扱う。
  406: 
  407: @item i
  408: @c Insert this word in your private dictionary file so that Ispell will
  409: @c consider it correct it from now on, even in future sessions.
  410: この単語を個人辞書ファイルに入れ、
  411: ispellは今後のセッションを含めてこれ以降この単語を正しいものとして扱う。
  412: 
  413: @item u
  414: @c Insert the lower-case version of this word in your private dictionary
  415: @c file.
  416: この単語を小文字に変換して個人辞書ファイルに入れる。
  417: 
  418: @item m
  419: @c Like @kbd{i}, but you can also specify dictionary completion
  420: @c information.
  421: @kbd{i}と同様だが、辞書の補完情報も記録できる。
  422: 
  423: @item l @var{word} @key{RET}
  424: @c Look in the dictionary for words that match @var{word}.  These words
  425: @c become the new list of ``near-misses''; you can select one of them to
  426: @c replace with by typing a digit.  You can use @samp{*} in @var{word} as a
  427: @c wildcard.
  428: @var{word}に一致する単語を辞書から探す。
  429: みつかった単語は、新たな『近い』単語一覧となり、
  430: 数字を打って置き換える単語を選べる。
  431: @var{word}には、ワイルドカード@samp{*}を使うこともできる。
  432: 
  433: @item C-g
  434: @c Quit interactive spell checking.  You can restart it again afterward
  435: @c with @kbd{C-u M-$}.
  436: 対話的な綴り検査を終了する。
  437: @kbd{C-u M-$}で、あとで再開できる。
  438: 
  439: @item X
  440: @c Same as @kbd{C-g}.
  441: @kbd{C-g}と同じ。
  442: 
  443: @item x
  444: @c Quit interactive spell checking and move point back to where it was
  445: @c when you started spell checking.
  446: 対話的な綴り検査を終了し、綴り検査を始めた箇所へポイントを戻す。
  447: 
  448: @item q
  449: @c Quit interactive spell checking and kill the Ispell subprocess.
  450: 対話的な綴り検査を終了し、ispellプロセスを終了させる。
  451: 
  452: @item C-l
  453: @c Refresh the screen.
  454: 画面を再描画する。
  455: 
  456: @item C-z
  457: @c This key has its normal command meaning (suspend Emacs or iconify this
  458: @c frame).
  459: このキーは普通のコマンドの意味
  460: (Emacsを休止する、あるいは、このフレームをアイコン化する)。
  461: @end table
  462: 
  463: @findex ispell-complete-word
  464: @c   The command @code{ispell-complete-word}, which is bound to the key
  465: @c @kbd{M-@key{TAB}} in Text mode and related modes, shows a list of
  466: @c completions based on spelling correction.  Insert the beginning of a
  467: @c word, and then type @kbd{M-@key{TAB}}; the command displays a completion
  468: @c list window.  To choose one of the completions listed, click
  469: @c @kbd{Mouse-2} on it, or move the cursor there in the completions window
  470: @c and type @key{RET}.  @xref{Text Mode}.
  471: テキスト(text)モードやその関連したモードでは
  472: @kbd{M-@key{TAB}}キーにバインドしてあるコマンド
  473: @code{ispell-complete-word}は、
  474: 綴り訂正に基づいた補完一覧を提示します。
  475: 単語の始めの部分を挿入してから@kbd{M-@key{TAB}}と打つと、
  476: 補完一覧ウィンドウを表示します。
  477: 補完一覧から1つを選ぶには、
  478: 候補のうえで@kbd{Mouse-2}をクリックするか、
  479: カーソルを補完ウィンドウの単語の箇所に移動してから
  480: @key{RET}と打ちます。
  481: @xref{Text Mode}。
  482: 
  483: @ignore
  484: @findex reload-ispell
  485:   The first time you use any of the spell checking commands, it starts
  486: an Ispell subprocess.  The first thing the subprocess does is read your
  487: private dictionary, which defaults to the file @file{~/ispell.words}.
  488: Words that you ``insert'' with the @kbd{i} command are added to that
  489: file, but not right away---only at the end of the interactive
  490: replacement procedure.  Use the @kbd{M-x reload-ispell} command to
  491: reload your private dictionary if you edit the file outside of Ispell.
  492: @end ignore
  493: 
  494: @c @cindex @code{ispell} program
  495: @cindex @code{ispell}プログラム
  496: @findex ispell-kill-ispell
  497: @c   Once started, the Ispell subprocess continues to run (waiting for
  498: @c something to do), so that subsequent spell checking commands complete
  499: @c more quickly.  If you want to get rid of the Ispell process, use
  500: @c @kbd{M-x ispell-kill-ispell}.  This is not usually necessary, since the
  501: @c process uses no time except when you do spelling correction.
  502: 一度綴り検査を行うと、ispellプロセスは(何かすることを待って)
  503: 動き続けます。
  504: ですから、つぎに綴り検査コマンドを使うと、
  505: より早く実行を完了します。
  506: ispellプロセスを取り除きたいときには、
  507: @kbd{M-x ispell-kill-ispell}を使います。
  508: ispellプロセスは綴り訂正をしているとき以外には何もしないので、
  509: 通常はこのコマンドを使う必要はありません。
  510: 
  511: @vindex ispell-dictionary
  512: @c   Ispell uses two dictionaries: the standard dictionary and your private
  513: @c dictionary.  The variable @code{ispell-dictionary} specifies the file
  514: @c name of the standard dictionary to use.  A value of @code{nil} says to
  515: @c use the default dictionary.  The command @kbd{M-x
  516: @c ispell-change-dictionary} sets this variable and then restarts the
  517: @c Ispell subprocess, so that it will use a different dictionary.
  518: ispellは2つの辞書を使います。
  519: 標準辞書と個人辞書です。
  520: 変数@code{ispell-dictionary}は、使用すべき標準辞書のファイル名を指定します。
  521: この値が@code{nil}ならば、デフォルトの辞書を使います。
  522: @kbd{M-x ispell-change-dictionary}コマンドはこの変数を設定して、
  523: 設定した辞書を使うようにispellサブプロセスを再起動します。
  524: 

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>