File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / cmdargs-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 田中聡@東京女子大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
    5: @c =============================================================
    6: @c This is part of the Emacs manual.
    7: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    8: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    9: @node Command Arguments, Antinews, Service, Top
   10: @c @appendix Command Line Arguments
   11: @appendix コマンド行引数
   12: @c @cindex command line arguments
   13: @c @cindex arguments (command line)
   14: @c @cindex options (command line)
   15: @c @cindex switches (command line)
   16: @c @cindex startup (command line arguments)
   17: @cindex コマンド行引数
   18: @cindex 引数(コマンド行)
   19: @cindex オプション(コマンド行)
   20: @cindex スイッチ(コマンド行)
   21: @cindex 起動(コマンド行引数)
   22: 
   23: @c   GNU Emacs supports command line arguments to request various actions
   24: @c when invoking Emacs.  These are for compatibility with other editors and
   25: @c for sophisticated activities.  We don't recommend using them for
   26: @c ordinary editing.
   27: GNU Emacsでは、コマンド行引数によりEmacs起動時にさまざまな動作を指定できます。
   28: これらは他のエディタとの互換性のためや
   29: 洗練されたふるまいを担うものです。
   30: 通常の編集作業にはそれらを使うことはお勧めしません。
   31: 
   32: @c   Arguments starting with @samp{-} are @dfn{options}.  Other arguments
   33: @c specify files to visit.  Emacs visits the specified files while it
   34: @c starts up.  The last file name on your command line becomes the current
   35: @c buffer; the other files are also present in other buffers.  As usual,
   36: @c the special argument @samp{--} says that all subsequent arguments
   37: @c are file names, not options, even if they start with @samp{-}.
   38: @samp{-}で始まる引数は@dfn{オプション}(option)です。
   39: それ以外の引数は訪れるべきファイルを指定します。
   40: Emacsは、起動すると指定したファイルを読み込みます。
   41: コマンド行のいちばん最後のファイル名がカレントバッファとなりますが、
   42: それ以外のファイルも別々のバッファに入っています。
   43: 他のGNUのコマンドと同様に、
   44: 特殊な引数@samp{--}は、これよりあとの引数が@samp{-}で始まっている場合でも、
   45: すべてファイル名であることを指定します。
   46: 
   47: @c   Emacs command options can specify many things, such as the size and
   48: @c position of the X window Emacs uses, its colors, and so on.  A few
   49: @c options support advanced usage, such as running Lisp functions on files
   50: @c in batch mode.  The sections of this chapter describe the available
   51: @c options, arranged according to their purpose.
   52: Emacsのコマンドオプションでは、
   53: Emacsが使用するXのウィンドウのサイズや位置、表示色などの
   54: さまざまなことを指定できます。
   55: バッチモードでLisp関数を実行するなどの進んだ利用のための
   56: オプションも若干あります。
   57: ここでは、目的別に利用可能なオプションを説明します。
   58: 
   59: @c   There are two ways of writing options: the short forms that start with
   60: @c a single @samp{-}, and the long forms that start with @samp{--}.  For
   61: @c example, @samp{-d} is a short form and @samp{--display} is the
   62: @c corresponding long form.
   63: オプションの書き方は2通りあります。
   64: 1文字の@samp{-}で始まる短い形式と、@samp{--}で始まる長い形式です。
   65: たとえば、@samp{-d}は短い形式であり、
   66: @samp{--display}はこれに対応した長い形式です。
   67: 
   68: @c   The long forms with @samp{--} are easier to remember, but longer to
   69: @c type.  However, you don't have to spell out the whole option name; any
   70: @c unambiguous abbreviation is enough.  When a long option takes an
   71: @c argument, you can use either a space or an equal sign to separate the
   72: @c option name and the argument.  Thus, you can write either
   73: @c @samp{--display sugar-bombs:0.0} or @samp{--display=sugar-bombs:0.0}.
   74: @c We recommend an equal sign because it makes the relationship clearer,
   75: @c and the tables below always show an equal sign.
   76: @samp{--}で始まる長い形式のほうが覚えやすいですが、
   77: 打ち込むのは面倒です。
   78: しかし、オプション名を完全にすべて入力する必要はありません。
   79: 曖昧でないように省略すれば十分です。
   80: 長いオプションが引数をとる場合には、
   81: オプション名と引数のあいだに空白か等号を置きます。
   82: つまり、
   83: @samp{--display sugar-bombs:0.0}と書くか、
   84: @samp{--display=sugar-bombs:0.0}と書きます。
   85: 関係が明瞭になることもあり、以下の例でもつねに等号を使っていますので、
   86: 等号を使うようお勧めします。
   87: 
   88: @c @cindex initial options (command line)
   89: @c @cindex action options (command line)
   90: @cindex 初期化オプション(コマンド行)
   91: @cindex 動作オプション(コマンド行)
   92: @c   Most options specify how to initialize Emacs, or set parameters for
   93: @c the Emacs session.  We call them @dfn{initial options}.  A few options
   94: @c specify things to do: for example, load libraries, call functions, or
   95: @c exit Emacs.  These are called @dfn{action options}.  These and file
   96: @c names together are called @dfn{action arguments}.  Emacs processes all
   97: @c the action arguments in the order they are written.
   98: ほとんどのオプションは、Emacsをどう初期化するか、あるいは、
   99: Emacsセッションのパラメータをどう設定するか指示します。
  100: これらを@dfn{初期化オプション}(initial options)と呼びます。
  101: 動作を指定するオプションもいくつかあります。
  102: たとえば、ライブラリをロードする、関数を呼び出す、Emacsを終了するなどです。
  103: これらを@dfn{動作オプション}(action options)と呼びます。
  104: これらとファイル名をあわせて@dfn{動作引数}(action arguments)と呼びます。
  105: Emacsはすべての動作引数を書かれた順に処理します。
  106: 
  107: @menu
  108: * Action Arguments::	Arguments to visit files, load libraries,
  109: 			  and call functions.
  110: * Initial Options::     Arguments that take effect while starting Emacs.
  111: * Command Example::     Examples of using command line arguments.
  112: * Resume Arguments::	Specifying arguments when you resume a running Emacs.
  113: * Environment::         Environment variables that Emacs uses.
  114: 
  115: * Display X::           Changing the default display and using remote login.
  116: * Font X::	        Choosing a font for text, under X.
  117: * Colors X::	        Choosing colors, under X.
  118: * Window Size X::       Start-up window size, under X.
  119: * Borders X::	        Internal and external borders, under X.
  120: * Title X::             Specifying the initial frame's title.
  121: * Icons X::             Choosing what sort of icon to use, under X.
  122: * Resources X::         Advanced use of classes and resources, under X.
  123: * Lucid Resources::     X resources for Lucid menus.
  124: * Motif Resources::     X resources for Motif menus.
  125: @end menu
  126: 
  127: @node Action Arguments, Initial Options, , Command Arguments
  128: @c @appendixsec Action Arguments
  129: @appendixsec 動作引数
  130: 
  131: @c   Here is a table of the action arguments and options:
  132: 以下は、動作引数とオプションとその引数の一覧です。
  133: 
  134: @table @samp
  135: @item @var{file}
  136: @c Visit @var{file} using @code{find-file}.  @xref{Visiting}.
  137: @code{find-file}を使ってファイル@var{file}を訪れる。
  138: @pxref{Visiting}。
  139: 
  140: @item +@var{linenum} @var{file}
  141: @c Visit @var{file} using @code{find-file}, then go to line number
  142: @c @var{linenum} in it.
  143: @code{find-file}を使ってファイル@var{file}を訪れ、
  144: その中の行番号@var{linenum}の行に移動する。
  145: 
  146: @need 3000
  147: @item -l @var{file}
  148: @itemx --load=@var{file}
  149: @c Load a Lisp library named @var{file} with the function @code{load}.
  150: @c @xref{Lisp Libraries}.  The library can be found either in the current
  151: @c directory, or in the Emacs library search path as specified
  152: @c with @code{EMACSLOADPATH} (@pxref{General Variables}).
  153: 関数@code{load}を使って@var{file}という名前のLispライブラリをロードする。
  154: @pxref{Lisp Libraries}。
  155: ライブラリは、カレントディレクトリか
  156: @code{EMACSLOADPATH}(@pxref{General Variables})で指定された
  157: Emacsのライブラリ探索パスから探す。
  158: 
  159: @item -f @var{function}
  160: @itemx --funcall=@var{function}
  161: @c Call Lisp function @var{function} with no arguments.
  162: 引数なしでLisp関数@var{function}を呼び出す。
  163: 
  164: @item --eval @var{expression}
  165: @c Evaluate Lisp expression @var{expression}.
  166: Lisp式@var{expression}を評価する。
  167: 
  168: @item --insert=@var{file}
  169: @c Insert the contents of @var{file} into the current buffer.  This is like
  170: @c what @kbd{M-x insert-file} does.  @xref{Misc File Ops}.
  171: ファイル@var{file}の内容をカレントバッファに挿入する。
  172: これは@kbd{M-x insert-file}と同じ動作。
  173: @pxref{Misc File Ops}。
  174: 
  175: @item --kill
  176: @c Exit from Emacs without asking for confirmation.
  177: 問い合わせずにEmacsを終了する。
  178: @end table
  179: 
  180: @vindex command-line-args
  181: @c   The init file can access the values of the action arguments as the
  182: @c elements of a list in the variable @code{command-line-args}.  The init
  183: @c file can override the normal processing of the action arguments, or
  184: @c define new ones, by reading and setting this variable.
  185: 初期化ファイルでは、変数@code{command-line-args}内のリストの要素として
  186: 動作引数の値を参照できます。
  187: 初期化ファイルでは、この変数を読んだり設定することで、
  188: 動作引数の通常の処理を無効にしたり新たなものを定義したりできます。
  189: 
  190: @node Initial Options, Command Example, Action Arguments, Command Arguments
  191: @c @appendixsec Initial Options
  192: @appendixsec 初期化オプション
  193: 
  194: @c   The initial options specify parameters for the Emacs session.  This
  195: @c section describes the more general initial options; some other options
  196: @c specifically related to X Windows appear in the following sections.
  197: 初期化オプションはEmacsセッションのパラメータを指定します。
  198: ここでは、より一般的な初期化オプションを説明します。
  199: Xウィンドウシステムに関連する他のオプションはこのあとの節にあります。
  200: 
  201: @c   Some initial options affect the loading of init files.  The normal
  202: @c actions of Emacs are to first load @file{site-start.el} if it exists,
  203: @c then your own init file @file{~/.emacs} if it exists, and finally
  204: @c @file{default.el} if it exists; certain options prevent loading of some
  205: @c of these files or substitute other files for them.
  206: 初期化ファイルのロードに影響する初期化オプションもあります。
  207: Emacsの通常の動作は、
  208: まず@file{site-start.el}(が存在すればそれ)をロードし、
  209: 続いて個人用の@file{~/.emacs}(が存在すればそれ)をロードし、
  210: 最後に@file{default.el}(が存在すればそれ)をロードします。
  211: これらのファイルのロードを抑制したり、
  212: 代替ファイルを指定するオプションがあります。
  213: 
  214: @table @samp
  215: @item -t @var{device}
  216: @itemx --terminal=@var{device}
  217: @c Use @var{device} as the device for terminal input and output.
  218: 入出力端末装置として@var{device}を使う。
  219: 
  220: @item -d @var{display}
  221: @itemx --display=@var{display}
  222: @c Use the X Window System and use the display named @var{display} to open
  223: @c the initial Emacs frame.
  224: Xウィンドウシステムを用い、ディスプレイ名@var{display}のディスプレイに
  225: Emacsの初期フレームを開く。
  226: 
  227: @item -nw
  228: @itemx --no-windows
  229: @c Don't communicate directly with X, disregarding the @code{DISPLAY}
  230: @c environment variable even if it is set.
  231: 環境変数@code{DISPLAY}が設定されている場合でもそれを無視し、
  232: Xとは直接通信しない。
  233: 
  234: @need 3000
  235: @c @cindex batch mode
  236: @cindex バッチモード
  237: @item -batch
  238: @itemx --batch
  239: @c Run Emacs in @dfn{batch mode}, which means that the text being edited is
  240: @c not displayed and the standard terminal interrupt characters such as
  241: @c @kbd{C-z} and @kbd{C-c} continue to have their normal effect.  Emacs in
  242: @c batch mode outputs to @code{stderr} only what would normally be printed
  243: @c in the echo area under program control.
  244: Emacsを@dfn{バッチモード}で実行する。
  245: つまり、編集中のテキストを表示せずに、
  246: @kbd{C-z}と@kbd{C-c}などの標準の端末割り込み文字は通常の効果をもつ。
  247: バッチモードのEmacsでは、プログラムの制御に従って
  248: 通常エコー領域に表示されるもののみを@code{stderr}へ出力する。
  249: 
  250: @c Batch mode is used for running programs written in Emacs Lisp from
  251: @c shell scripts, makefiles, and so on.  Normally the @samp{-l} option
  252: @c or @samp{-f} option will be used as well, to invoke a Lisp program
  253: @c to do the batch processing.
  254: バッチモードは、
  255: シェルスクリプトやmakefileなどからEmacs Lispで書いたプログラムを
  256: 実行するために使う。
  257: バッチ処理を行うLispプログラムを起動するために、通常、
  258: オプション@samp{-l}や@samp{-f}も使われる。
  259: 
  260: @c @samp{-batch} implies @samp{-q} (do not load an init file).  It also causes
  261: @c Emacs to kill itself after all command options have been processed.  In
  262: @c addition, auto-saving is not done except in buffers for which it has been
  263: @c explicitly requested.
  264: @samp{-batch}は、(初期化ファイルをロードしない)@samp{-q}を含む。
  265: また、すべてのコマンドオプションを処理し終えるとEamcsは終了する。
  266: さらに、明示的に指定しない限りバッファを自動的に保存しない。
  267: 
  268: @item -q
  269: @itemx --no-init-file
  270: @c Do not load your Emacs init file @file{~/.emacs}, or @file{default.el}
  271: @c either.
  272: 個人の初期化ファイル@file{~/.emacs}も@file{default.el}もロードしない。
  273: 
  274: @item --no-site-file
  275: @c Do not load @file{site-start.el}.  The options @samp{-q}, @samp{-u}
  276: @c and @samp{-batch} have no effect on the loading of this file---this is
  277: @c the only option that blocks it.
  278: @file{site-start.el}をロードしない。
  279: オプション、@samp{-q}、@samp{-u}、@samp{-batch}は、
  280: このファイルのロードには影響しない。
  281: ファイル@file{site-start.el}のロードを抑止する唯一のオプションである。
  282: 
  283: @item -u @var{user}
  284: @itemx --user=@var{user}
  285: @c Load @var{user}'s Emacs init file @file{~@var{user}/.emacs} instead of
  286: @c your own.
  287: 自分の初期化ファイルのかわりに
  288: ユーザー@var{user}のEmacs初期化ファイル@file{~@var{user}/.emacs}をロードする。
  289: 
  290: @item --debug-init
  291: @c Enable the Emacs Lisp debugger for errors in the init file.
  292: 初期化ファイル内でのエラーに対しEmacs Lispデバッガを利用可能にする。
  293: 
  294: @item --unibyte
  295: @c @cindex unibyte operation
  296: @cindex ユニバイト操作
  297: @c Set up to do almost everything with single-byte buffers and strings.
  298: @c All buffers and strings are unibyte unless you (or a Lisp program)
  299: @c explicitly ask for a multibyte buffer or string.  Setting the
  300: @c environment variable @code{EMACS_UNIBYTE} has the same effect.
  301: ユニバイトバッファやユニバイト文字列を使うようにすべてを設定する。
  302: ユーザー(やLispプログラム)がマルチバイトバッファやマルチバイト文字列の使用を
  303: 明示しない限り、すべてのバッファや文字列はユニバイトである。
  304: 環境変数@code{EMACS_UNIBYTE}を設定しても同じ効果になる。
  305: 
  306: @item --multibyte
  307: @c Inhibit the effect of @code{EMACS_UNIBYTE}, so that Emacs
  308: @c uses multibyte characters by default, as usual.
  309: @code{EMACS_UNIBYTE}の効果を禁止し、
  310: 通常のように、Emacsはデフォルトでマルチバイト文字を使う。
  311: @end table
  312: 
  313: @node Command Example, Resume Arguments, Initial Options, Command Arguments
  314: @c @appendixsec Command Argument Example
  315: @appendixsec コマンド引数の例
  316: 
  317: @c   Here is an example of using Emacs with arguments and options.  It
  318: @c assumes you have a Lisp program file called @file{hack-c.el} which, when
  319: @c loaded, performs some useful operation on the current buffer, expected
  320: @c to be a C program.
  321: 以下は、引数やオプションを指定したEmacsの使用例です。
  322: ファイル@file{hack-c.el}にはLispプログラムが入っているものとします。
  323: これをロードすると、Cのプログラムを内容とするカレントバッファに対して
  324: なんらかの有用な操作を行うものとします。
  325: 
  326: @example
  327: emacs -batch foo.c -l hack-c -f save-buffer >& log
  328: @end example
  329: 
  330: @noindent
  331: @c This says to visit @file{foo.c}, load @file{hack-c.el} (which makes
  332: @c changes in the visited file), save @file{foo.c} (note that
  333: @c @code{save-buffer} is the function that @kbd{C-x C-s} is bound to), and
  334: @c then exit back to the shell (because of @samp{-batch}).  @samp{-batch}
  335: @c also guarantees there will be no problem redirecting output to
  336: @c @file{log}, because Emacs will not assume that it has a display terminal
  337: @c to work with.
  338: この意味は、@file{foo.c}を訪れ、
  339: (訪れたファイルを変更する)@file{hack-c.el}をロードし、
  340: @file{foo.c}に保存し
  341: (@code{save-buffer}は@kbd{C-x C-s}にバインドされた関数)、
  342: (@samp{-batch}があるので)終了してシェルへ戻ります。
  343: また、@samp{-batch}によりEmacsは表示端末を利用できないと仮定するので、
  344: 出力を@file{log}へリダイレクトしても問題ないことが保証されます。
  345: 
  346: @node Resume Arguments, Environment, Command Example, Command Arguments
  347: @c @appendixsec Resuming Emacs with Arguments
  348: @appendixsec 引数を指定したEmacsの再開
  349: 
  350: @c   You can specify action arguments for Emacs when you resume it after
  351: @c a suspension.  To prepare for this, put the following code in your
  352: @c @file{.emacs} file (@pxref{Hooks}):
  353: Emacsをいったん休止したあとで再開するときには動作引数を指定できます。
  354: その準備として、
  355: 個人の@file{.emacs}につぎのコードを入れておきます(@pxref{Hooks})。
  356: 
  357: @example
  358: (add-hook 'suspend-hook 'resume-suspend-hook)
  359: (add-hook 'suspend-resume-hook 'resume-process-args)
  360: @end example
  361: 
  362: @c   As further preparation, you must execute the shell script
  363: @c @file{emacs.csh} (if you use csh as your shell) or @file{emacs.bash} (if
  364: @c you use bash as your shell).  These scripts define an alias named
  365: @c @code{edit}, which will resume Emacs giving it new command line
  366: @c arguments such as files to visit.
  367: さらに、(cshを使っているなら)シェルスクリプト@file{emacs.csh}か、
  368: (bashを使っているなら)@file{emacs.bash}を実行する必要があります。
  369: これらのスクリプトは@code{edit}という別名(エイリアス)を定義します。
  370: この別名は、訪れるべきファイルなどのコマンド行引数を新たに与えて
  371: Emacsを(休止状態から)再開します。
  372: 
  373: @c   Only action arguments work properly when you resume Emacs.  Initial
  374: @c arguments are not recognized---it's too late to execute them anyway.
  375: Emacsを再開する場合には動作引数しか使えません。
  376: 初期化引数は認識されません。
  377: なぜなら、初期化を行うには遅すぎるのです。
  378: 
  379: @c   Note that resuming Emacs (with or without arguments) must be done from
  380: @c within the shell that is the parent of the Emacs job.  This is why
  381: @c @code{edit} is an alias rather than a program or a shell script.  It is
  382: @c not possible to implement a resumption command that could be run from
  383: @c other subjobs of the shell; no way to define a command that could be
  384: @c made the value of @code{EDITOR}, for example.  Therefore, this feature
  385: @c does not take the place of the Emacs Server feature (@pxref{Emacs
  386: @c Server}).
  387: (引数の有無に関わらず)
  388: Emacsの再開はEmacsジョブの親であるシェルから行う必要があります。
  389: @code{edit}が、プログラムやシェルスクリプトではなく、
  390: 別名であるのはこのためです。
  391: シェルの別のサブジョブから実行できる再開コマンドを実現することは不可能です。
  392: たとえば、環境変数@code{EDITOR}の値に指定できる
  393: コマンドを定義する方法はありません。
  394: したがって、
  395: この機能でEmacsサーバーの機能(@pxref{Emacs Server})を
  396: 置き換えることはできません。
  397: 
  398: @c   The aliases use the Emacs Server feature if you appear to have a
  399: @c server Emacs running.  However, they cannot determine this with complete
  400: @c accuracy.  They may think that a server is still running when in
  401: @c actuality you have killed that Emacs, because the file
  402: @c @file{/tmp/.esrv@dots{}} still exists.  If this happens, find that
  403: @c file and delete it.
  404: 別名@code{edit}は、Emacsサーバーが稼働中ならEmacsサーバーの機能を使います。
  405: しかし、このことを完全に正確に調べる方法はありません。
  406: 実際にはEmacsが終了していても、ファイル@file{/tmp/.esrv@dots{}}が存在すると
  407: サーバーが稼働中であると誤認してしまいます。
  408: そのような場合には、そのファイルを探して削除してください。
  409: 
  410: @node Environment, Display X, Resume Arguments, Command Arguments
  411: @c @appendixsec Environment Variables
  412: @c @cindex environment variables
  413: @appendixsec 環境変数
  414: @cindex 環境変数
  415: 
  416: @c This appendix describes how Emacs uses environment variables.  An
  417: @c environment variable is a string passed from the operating system to
  418: @c Emacs, and the collection of environment variables is known as the
  419: @c environment.  Environment variable names are case sensitive and it is
  420: @c conventional to use upper case letters only.
  421: ここでは、Emacsがどうのように環境変数を使うか説明します。
  422: 環境変数とは、オペレーティングシステムからEmacsへ渡される文字列であり、
  423: 環境変数の集まりが環境です。
  424: 環境変数名では大文字小文字を区別し大文字だけを使う習慣があります。
  425: 
  426: @c Because environment variables come from the operating system there is no
  427: @c general way to set them; it depends on the operating system and
  428: @c especially the shell that you are using.  For example, here's how to set
  429: @c the environment variable @code{ORGANIZATION} to @samp{not very much}
  430: @c using bash:
  431: 環境変数はオペレーティングシステムが与えるものなので、
  432: それらを設定する一般的な方法はありません。
  433: 設定方法は、オペレーティングシステム、特に、使用するシェルに依存します。
  434: たとえば、bashを使って環境変数@code{ORGANIZATION}に
  435: @samp{not very much}を設定するにはつぎのようにします。
  436: 
  437: @example
  438: export ORGANIZATION="not very much"
  439: @end example
  440: 
  441: @noindent
  442: @c and here's how to do it in csh or tcsh:
  443: cshやtcshの場合にはつぎのようにします。
  444: 
  445: @example
  446: setenv ORGANIZATION "not very much"
  447: @end example
  448: 
  449: @c When Emacs is set-up to use the X windowing system, it inherits the
  450: @c use of a large number of environment variables from the X library.  See
  451: @c the X documentation for more information.
  452: EmacsがXウィンドウシステムを使うようになっている場合には、
  453: EmacsはXライブラリから非常に多数の環境変数を受け継ぎます。
  454: 詳しくはXのドキュメントを参照してください。
  455: 
  456: @menu
  457: * General Variables::   Environment variables that all versions of Emacs use.
  458: * Misc Variables::      Certain system-specific variables.
  459: @end menu
  460: 
  461: @node General Variables, Misc Variables, , Environment
  462: @c @appendixsubsec General Variables
  463: @appendixsubsec 一般的な変数
  464: 
  465: @table @code
  466: @item AUTHORCOPY
  467: @c The name of a file used to archive news articles posted with the @sc{gnus}
  468: @c package.
  469: @sc{gnus}パッケージで投稿したニュース記事の保管用ファイルの名前。
  470: @item CDPATH
  471: @c Used by the @code{cd} command to search for the directory you specify,
  472: @c when you specify a relative directory name.
  473: 相対ディレクトリ名を指定したときに、
  474: そのディレクトリを探索するために@code{cd}コマンドが使う。
  475: @item DOMAINNAME
  476: @c The name of the Internet domain that the machine running Emacs is
  477: @c located in.  Used by the @sc{gnus} package.
  478: Emacsが動いているマシンが属するInternetのドメイン名。
  479: @sc{gnus}パッケージが使う。
  480: @item EMACS_UNIBYTE
  481: @c @cindex unibyte operation
  482: @cindex ユニバイト操作
  483: @c Defining this environment variable directs Emacs to do almost everything
  484: @c with single-byte buffers and strings.  It is equivalent to using the
  485: @c @samp{--unibyte} command-line option on each invocation.  @xref{Initial
  486: @c Options}.
  487: この環境変数を定義すると、
  488: Emacsはユニバイトバッファやユニバイト文字列を使うようにすべてを設定する。
  489: 起動時に、毎回、コマンド行オプション@samp{--unibyte}を使うのと等価である。
  490: @pxref{Initial Options}。
  491: @item EMACSDATA
  492: @c Used to initialize the variable @code{data-directory} used to locate the
  493: @c architecture-independent files that come with Emacs.  Setting this
  494: @c variable overrides the setting in @file{paths.h} when Emacs was built.
  495: Emacsに付属の機種独立なファイルを探すために使う
  496: 変数@code{data-direcotry}の初期化に用いる。
  497: Emacs作成時の@file{paths.h}での設定に優先する。
  498: @item EMACSLOADPATH
  499: @c A colon-separated list of directories from which to load Emacs Lisp
  500: @c files.  Setting this variable overrides the setting in @file{paths.h}
  501: @c when Emacs was built.
  502: ロードすべきEmacs Lispファイルを探索するディレクトリをコロンで区切った並び。
  503: Emacs作成時の@file{paths.h}での設定に優先する。
  504: @item EMACSLOCKDIR
  505: @c The directory that Emacs places lock files---files used to protect
  506: @c users from editing the same files simultaneously.  Setting this variable
  507: @c overrides the setting in @file{paths.h} when Emacs was built.
  508: 複数のユーザーが同じファイルを同時に編集するの防ぐために用いる
  509: ロックファイルを置くディレクトリ。
  510: Emacs作成時の@file{paths.h}での設定に優先する。
  511: @item EMACSPATH
  512: @c The location of Emacs-specific binaries.  Setting this variable
  513: @c overrides the setting in @file{paths.h} when Emacs was built.
  514: Emacsに特有のバイナリファイルを置く場所。
  515: Emacs作成時の@file{paths.h}での設定に優先する。
  516: @item ESHELL
  517: @c Used for shell-mode to override the @code{SHELL} environment variable.
  518: シェル(shell)モードで使い、環境変数@code{SHELL}の設定に優先する。
  519: @item HISTFILE
  520: @c The name of the file that shell commands are saved in between logins.
  521: @c This variable defaults to @file{~/.history} if you use (t)csh as shell,
  522: @c to @file{~/.bash_history} if you use bash, to @file{~/.sh_history} if
  523: @c you use ksh, and to @file{~/.history} otherwise.
  524: ログインとつぎのログインのあいだでシェルコマンドを保存しておくファイルの名前。
  525: この変数のデフォルトは、
  526: シェルとしてcshやtcshを使う場合は@file{~/.history}、
  527: bashの場合は@file{~/.bash_history}、
  528: kshの場合は@file{~/.sh_history}、
  529: その他の場合には@file{~/.history}である。
  530: @item HOME
  531: @c The location of the user's files in the directory tree; used for
  532: @c expansion of file names starting with a tilde (@file{~}).  On MS-DOS, it
  533: @c defaults to the directory from which Emacs was started, with @samp{/bin}
  534: @c removed from the end if it was present.
  535: ディレクトリ木構造上でのユーザーのファイルの置き場所。
  536: ティルダ(@file{~})で始まるファイル名の展開に使われる。
  537: MS-DOSでは、Emacsが起動されたディレクトリがデフォルトであるが、
  538: @samp{/bin}で終る場合には@samp{/bin}は取り除く。
  539: @item HOSTNAME
  540: @c The name of the machine that Emacs is running on.
  541: Emacsが動いているマシンの名前。
  542: @item INCPATH 
  543: @c A colon-separated list of directories.  Used by the @code{complete} package
  544: @c to search for files.
  545: コロンで区切ったディレクトリの並び。
  546: @code{complete}パッケージがファイルを探すために使う。
  547: @item INFOPATH
  548: @c A colon-separated list of directories holding info files.  Setting this
  549: @c variable overrides the setting in @file{paths.el} when Emacs was built.
  550: infoファイルを収めたディレクトリをコロンで区切った並び。
  551: Emacs作成時の@file{paths.h}での設定に優先する。
  552: @item LANG
  553: @itemx LC_ALL
  554: @itemx LC_CTYPE
  555: @c The user's preferred locale.  A locale name which contains
  556: @c @samp{8859-@var{n}}, @samp{8859_@var{n}} or @samp{8859@var{n}}, where
  557: @c @var{n} is between 1 and 4, automatically specifies the
  558: @c @samp{Latin-@var{n}} language environment when Emacs starts up.  If
  559: @c @var{n} is 9, that specifies @samp{Latin-5}.
  560: ユーザーの好みのローケル。
  561: ローケル名に、@var{n}を1から4として、
  562: @samp{8859-@var{n}}、@samp{8859_@var{n}}、@samp{8859@var{n}}が
  563: 含まれると、自動的に@samp{Latin-@var{n}}をEmacs起動時の言語環境に指定する。
  564: @var{n}が9であると@samp{Latin-5}を指定する。
  565: @item LOGNAME
  566: @c The user's login name.  See also @code{USER}.
  567: ユーザーのログイン名。
  568: @code{USER}も参照。
  569: @item MAIL
  570: @c The name of the user's system mail inbox.
  571: ユーザーのシステムメイルスプールの名前。
  572: @item MAILRC
  573: @c Name of file containing mail aliases.  This defaults to
  574: @c @file{~/.mailrc}.
  575: メイルの別名を収めたファイルの名前。
  576: デフォルトは@file{~/.mailrc}。
  577: @item MH
  578: @c Name of setup file for the mh system.  This defaults to
  579: @c @file{~/.mh_profile}.
  580: mhシステムの設定ファイルの名前。
  581: デフォルトは@file{~/.mh_profile}。
  582: @item NAME
  583: @c The real-world name of the user.
  584: ユーザーの実世界での名前。
  585: @item NNTPSERVER
  586: @c The name of the news server.  Used by the mh and @sc{gnus} packages.
  587: ニュースサーバーの名前。
  588: mhや@sc{gnus}パッケージで用いる。
  589: @item ORGANIZATION
  590: @c The name of the organization to which you belong.  Used for setting the
  591: @c `Organization:' header in your posts from the @sc{gnus} package.
  592: 読者が所属している組織の名前。
  593: @sc{gnus}パッケージで投稿する記事のヘッダ「Organization:」の設定に使う。
  594: @item PATH
  595: @c A colon-separated list of directories in which executables reside.  (On
  596: @c MS-DOS, it is semicolon-separated instead.)  This variable is used to
  597: @c set the Emacs Lisp variable @code{exec-path} which you should consider
  598: @c to use instead.
  599: 実行ファイルを置いたディレクトリをコロンで区切った並び。
  600: (MS-DOSではセミコロンで区切る。)
  601: この変数はEmacs Lispの変数@code{exec-path}の設定に使われる。
  602: Emacsの中ではこのLisp変数の値を使うことになる。
  603: @item PWD
  604: @c If set, this should be the default directory when Emacs was started.
  605: 設定すると、Emacs起動時のデフォルトディレクトリになる。
  606: @item REPLYTO
  607: @c If set, this specifies an initial value for the variable
  608: @c @code{mail-default-reply-to}.  @xref{Mail Headers}.
  609: 設定すると、変数@code{mail-default-reply-to}の初期値を指定する。
  610: @pxref{Mail Headers}。
  611: @item SAVEDIR
  612: @c The name of a directory in which news articles are saved by default.
  613: @c Used by the @sc{gnus} package.
  614: ニュース記事を保存するデフォルトのディレクトリ名。
  615: @sc{gnus}パッケージが使う。
  616: @item SHELL
  617: @c The name of an interpreter used to parse and execute programs run from
  618: @c inside Emacs.
  619: Emacs内から起動するプログラムの解析や実行に用いるインタープリタの名前。
  620: @item TERM
  621: @c The name of the terminal that Emacs is running on.  The variable must be
  622: @c set unless Emacs is run in batch mode.  On MS-DOS, it defaults to
  623: @c @samp{internal}, which specifies a built-in terminal emulation that
  624: @c handles the machine's own display.
  625: Emacsが動いている端末の名前。
  626: バッチモードでの実行でなければこの変数を設定する必要がある。
  627: MS-DOSではデフォルトは@samp{internal}であり、
  628: マシン固有の画面を扱う内蔵の端末エミュレータを意味する。
  629: @item TERMCAP
  630: @c The name of the termcap library file describing how to program the
  631: @c terminal specified by the @code{TERM} variable.  This defaults to
  632: @c @file{/etc/termcap}.
  633: 変数@code{TERM}で指定した端末をどのように制御するか記述した
  634: termcapライブラリファイルの名前。
  635: デフォルトは@file{/etc/termcap}。
  636: @item TMPDIR
  637: @c Used by the Emerge package as a prefix for temporary files.
  638: Emergeパッケージが使い、作業用ファイルの接頭辞。
  639: @item TZ
  640: @c This specifies the current time zone and possibly also daylight savings
  641: @c information.  On MS-DOS, the default is based on country code; see the
  642: @c file @file{msdos.c} for details.
  643: 現在のタイムゾーン(時刻帯)を指定し必要なら夏時間も指定する。
  644: MS-DOSではデフォルトは国別コードに基づく。
  645: 詳しくはファイル@file{msdos.c}を参照。
  646: @item USER
  647: @c The user's login name.  See also @code{LOGNAME}.  On MS-DOS, this
  648: @c defaults to @samp{root}.
  649: ユーザーのログイン名。
  650: @code{LOGNAME}も参照。
  651: MS-DOSではデフォルトは@samp{root}。
  652: @item VERSION_CONTROL
  653: @c Used to initialize the @code{version-control} variable (@pxref{Backup
  654: @c Names}).
  655: 変数@code{version-control}(@pxref{Backup Names})の初期化に使う。
  656: @end table
  657: 
  658: @node Misc Variables,  , General Variables, Environment
  659: @c @appendixsubsec Miscellaneous Variables
  660: @appendixsubsec その他の変数
  661: 
  662: @c These variables are used only on particular configurations:
  663: これらの変数は特定の場合に限って使われます。
  664: 
  665: @table @code
  666: @item COMSPEC
  667: @c On MS-DOS, the name of the command interpreter to use.  This is used to
  668: @c make a default value for the @code{SHELL} environment variable.
  669: MS-DOSにおいて、使用するコマンドインタープリタの名前。
  670: 環境変数@code{SHELL}のデフォルト値になる。
  671: 
  672: @item NAME
  673: @c On MS-DOS, this variable defaults to the value of the @code{USER}
  674: @c variable.
  675: MS-DOSにおいて、この変数は変数@code{USER}のデフォルト値になる。
  676: 
  677: @item TEMP
  678: @itemx TMP
  679: @c On MS-DOS, these specify the name of the directory for storing temporary
  680: @c files in.
  681: MS-DOSにおいて、作業用ファイルを置くディレクトリの名前を指定する。
  682: 
  683: @item EMACSTEST
  684: @c On MS-DOS, this specifies a file to use to log the operation of the
  685: @c internal terminal emulator.  This feature is useful for submitting bug
  686: @c reports.
  687: MS-DOSにおいて、
  688: 内蔵の端末エミュレータの動作を記録するために使うファイルを指定する。
  689: この機能はバグレポートを提出するときに有益である。
  690: 
  691: @item EMACSCOLORS
  692: @c Used on MS-DOS systems to set screen colors early, so that the screen
  693: @c won't momentarily flash the default colors when Emacs starts up.  The
  694: @c value of this variable should be two-character encoding of the
  695: @c foreground (the first character) and the background (the second
  696: @c character) colors of the default face.  Each character should be the
  697: @c hexadecimal code for the desired color on a standard PC text-mode
  698: @c display.
  699: MS-DOSシステムにおいて、スクリーンの初期表示色を設定して
  700: Emacs起動時に瞬間的にデフォルトの表示色が閃かないようにする。
  701: この変数の値は、デフォルトのフェイスの
  702: (1文字目で)前景色と(2文字目で)背景色を符号化した2文字であること。
  703: それぞれの文字は、標準的なPCのテキストモード画面の表示色を
  704: 表す16進符号であること。
  705: 
  706: @c The PC display usually supports only eight background colors.  However,
  707: @c Emacs switches the DOS display to a mode where all 16 colors can be used
  708: @c for the background, so all four bits of the background color are
  709: @c actually used.
  710: PCの画面では、通常、8色の背景色しか扱えない。
  711: しかし、EmacsはDOSの画面を16色の背景色のモードに切り替えるので、
  712: 背景色の下位4bitすべてが実際に使われる。
  713: 
  714: @item WINDOW_GFX
  715: @c Used when initializing the Sun windows system.
  716: Sunのウィンドウシステムを初期化するときに使う。
  717: @end table
  718: 
  719: @node Display X, Font X, Environment, Command Arguments
  720: @c @appendixsec Specifying the Display Name 
  721: @c @cindex display name (X Windows)
  722: @c @cindex @code{DISPLAY} environment variable
  723: @appendixsec ディスプレイ名の指定
  724: @cindex ディスプレイ名(Xウィンドウシステム)
  725: @cindex 環境変数@code{DISPLAY}
  726: @cindex @code{DISPLAY}(環境変数)
  727: 
  728: @c   The environment variable @code{DISPLAY} tells all X clients, including
  729: @c Emacs, where to display their windows.  Its value is set up by default
  730: @c in ordinary circumstances, when you start an X server and run jobs
  731: @c locally.  Occasionally you may need to specify the display yourself; for
  732: @c example, if you do a remote login and want to run a client program
  733: @c remotely, displaying on your local screen.
  734: 環境変数@code{DISPLAY}は、Emacsを含むすべてのXクライアントに
  735: ウィンドウをどこに表示するかを教えます。
  736: 普通の状況では、
  737: Xサーバーを起動してローカルでジョブを走らせると、
  738: この変数の値はデフォルトで設定されます。
  739: 場合によっては、自分でディスプレイを指定する必要があるでしょう。
  740: たとえば、リモートログインしてリモート側でクライアントプログラムを実行し、
  741: 表示はローカルの画面にする場合です。
  742: 
  743: @c   With Emacs, the main reason people change the default display is to
  744: @c let them log into another system, run Emacs on that system, but have the
  745: @c window displayed at their local terminal.  You might need to use login
  746: @c to another system because the files you want to edit are there, or
  747: @c because the Emacs executable file you want to run is there.
  748: Emacsを使う場合、デフォルトのディスプレイを変更する主な理由は、
  749: 他のシステムにログインしてそのシステム上でEmacsを実行し、
  750: ウィンドウはローカルの画面に表示するためです。
  751: 他のシステムにログインするのは、そのシステム上に編集したいファイルがあるか、
  752: あるいは、
  753: 実行したいEmacsの実行ファイルがそのシステムにあるからでしょう。
  754: 
  755: @c   The syntax of the @code{DISPLAY} environment variable is
  756: @c @samp{@var{host}:@var{display}.@var{screen}}, where @var{host} is the
  757: @c host name of the X Window System server machine, @var{display} is an
  758: @c arbitrarily-assigned number that distinguishes your server (X terminal)
  759: @c from other servers on the same machine, and @var{screen} is a
  760: @c rarely-used field that allows an X server to control multiple terminal
  761: @c screens.  The period and the @var{screen} field are optional.  If
  762: @c included, @var{screen} is usually zero.
  763: 環境変数@code{DISPLAY}の書式は
  764: @samp{@var{host}:@var{display}.@var{screen}}です。
  765: @var{host}はXウィンドウシステムのサーバーマシンの名前、
  766: @var{display}は同じマシンの別のサーバーと読者のサーバー(X端末)を
  767: 区別するために任意に割り振られた番号、
  768: @var{screen}は稀にしか使いませんが
  769: 1つのXサーバーで複数の端末画面を制御する場合に使います。
  770: ピリオドと@var{screen}は省いてかまいません。
  771: 指定する場合、@var{screen}は普通はゼロです。
  772: 
  773: @c   For example, if your host is named @samp{glasperle} and your server is
  774: @c the first (or perhaps the only) server listed in the configuration, your
  775: @c @code{DISPLAY} is @samp{glasperle:0.0}.
  776: たとえば、読者のホストの名前は@samp{glasperle}であり、
  777: 読者のサーバーは使用できるサーバーのうちで最初(でたぶん唯一)のもので
  778: あるとすれば、@code{DISPLAY}は@samp{glasperle:0.0}となります。
  779: 
  780: @c   You can specify the display name explicitly when you run Emacs, either
  781: @c by changing the @code{DISPLAY} variable, or with the option @samp{-d
  782: @c @var{display}} or @samp{--display=@var{display}}.  Here is an example:
  783: Emacsを実行するときに明示的にディスプレイ名を指定できます。
  784: 変数@code{DISPLAY}を変更する、あるいは、オプションの@samp{-d @var{display}}や
  785: @samp{--display=@var{display}}を指定します。
  786: たとえばつぎのようにします
  787: 
  788: @smallexample
  789: emacs --display=glasperle:0 &
  790: @end smallexample
  791: 
  792: @c   You can inhibit the direct use of X with the @samp{-nw} option.  This
  793: @c is also an initial option.  It tells Emacs to display using ordinary
  794: @c ASCII on its controlling terminal.
  795: オプション@samp{-nw}を指定するとXを直接使用することを禁止できます。
  796: これも初期化オプションです。
  797: Emacsに対して制御端末に通常のASCII文字を表示するように指示します。
  798: 
  799: @c   Sometimes, security arrangements prevent a program on a remote system
  800: @c from displaying on your local system.  In this case, trying to run Emacs
  801: @c produces messages like this:
  802: セキュリティの設定によっては、リモートシステムのプログラムから
  803: 読者のローカルのシステムに表示するのが禁止されます。
  804: この場合、Emacsを走らせるとつぎのようなメッセージが出力されます。
  805: 
  806: @smallexample
  807: Xlib:  connection to "glasperle:0.0" refused by server
  808: @end smallexample
  809: 
  810: @noindent
  811: @c You might be able to overcome this problem by using the @code{xhost}
  812: @c command on the local system to give permission for access from your
  813: @c remote machine.
  814: この問題は、@code{xhost}コマンド
  815: @footnote{【訳注】ホスト単位でアクセスを制御する@code{xhost}コマンドより、
  816: ユーザー単位でアクセスを制御する@code{xauth}のほうが望ましいだろう。}
  817: を用いて、ローカルマシンにリモートシステムからのアクセス許可を
  818: 与えれば解決できます。
  819: 
  820: @node Font X, Colors X, Display X, Command Arguments
  821: @c @appendixsec Font Specification Options
  822: @c @cindex font name (X Windows)
  823: @appendixsec フォント指定オプション
  824: @cindex フォント名(Xウィンドウシステム)
  825: 
  826: @c   By default, Emacs displays text in the font named @samp{9x15}, which
  827: @c makes each character nine pixels wide and fifteen pixels high.  You can
  828: @c specify a different font on your command line through the option
  829: @c @samp{-fn @var{name}}.
  830: デフォルトでは、Emacsは@samp{9x15}という名前のフォントでテキストを表示します。
  831: この場合、各文字の幅は9ピクセル、高さは15ピクセルです。
  832: コマンド行のオプション@samp{-fn @var{name}}で別のフォントを指定できます。
  833: 
  834: @table @samp
  835: @item -fn @var{name}
  836: @c Use font @var{name} as the default font.
  837: デフォルトのフォントとしてフォント@var{name}を使う。
  838: 
  839: @item --font=@var{name}
  840: @c @samp{--font} is an alias for @samp{-fn}.
  841: @samp{--font}は、@samp{-fn}の別名。
  842: @end table
  843: 
  844: @c   Under X, each font has a long name which consists of eleven words or
  845: @c numbers, separated by dashes.  Some fonts also have shorter
  846: @c nicknames---@samp{9x15} is such a nickname.  You can use either kind of
  847: @c name.  You can use wildcard patterns for the font name; then Emacs lets
  848: @c X choose one of the fonts that match the pattern.  Here is an example,
  849: @c which happens to specify the font whose nickname is @samp{6x13}:
  850: Xにおいては、各フォントは
  851: ダッシュで区切った11個の単語や数字からなる長い名前を持ちます。
  852: 短い愛称を持つフォントもあり、@samp{9x15}はそのような愛称です。
  853: どちらの名前を用いてもかまいません。
  854: フォント名にはワイルドカードパターンを使えますが、
  855: その場合には、EmacsはXにパターンに一致するフォントを1つ選ばせます。
  856: 以下の例は、@samp{6x13}という愛称を持つフォントを指定することになります。
  857: 
  858: @smallexample
  859: emacs -fn "-misc-fixed-medium-r-semicondensed--13-*-*-*-c-60-iso8859-1" &
  860: @end smallexample
  861: 
  862: @noindent
  863: @c You can also specify the font in your @file{.Xdefaults} file:
  864: 個人のファイル@file{.Xdefaults}でもフォントを指定できます。
  865: 
  866: @smallexample
  867: emacs.font: -misc-fixed-medium-r-semicondensed--13-*-*-*-c-60-iso8859-1
  868: @end smallexample
  869: 
  870: @c   A long font name has the following form:
  871: 長いフォント名はつぎのような形式です。
  872: 
  873: @smallexample
  874: -@var{maker}-@var{family}-@var{weight}-@var{slant}-@var{widthtype}-@var{style}@dots{}
  875: @dots{}-@var{pixels}-@var{height}-@var{horiz}-@var{vert}-@var{spacing}-@var{width}-@var{charset}
  876: @end smallexample
  877: 
  878: @table @var
  879: @item family
  880: @c This is the name of the font family---for example, @samp{courier}.
  881: フォントファミリ名。
  882: たとえば@samp{courier}。
  883: @item weight
  884: @c This is normally @samp{bold}, @samp{medium} or @samp{light}.  Other
  885: @c words may appear here in some font names.
  886: 通常、@samp{bold}、@samp{medium}、@samp{light}のいずれか。
  887: フォントによっては他の単語もありえる。
  888: @item slant
  889: @c This is @samp{r} (roman), @samp{i} (italic), @samp{o} (oblique),
  890: @c @samp{ri} (reverse italic), or @samp{ot} (other).
  891: @samp{r}(roman)、@samp{i}(italic)、@samp{o}(oblique)、
  892: @samp{ri}(reverse italic)、@samp{ot}(other)のいずれか。
  893: @item widthtype
  894: @c This is normally @samp{condensed}, @samp{extended}, @samp{semicondensed}
  895: @c or @samp{normal}.  Other words may appear here in some font names.
  896: 通常、@samp{condensed}、@samp{extended}、@samp{semicondensed}、
  897: @samp{normal}のいずれか。
  898: フォントによっては他の単語もありえる。
  899: @item style
  900: @c This is an optional additional style name.  Usually it is empty---most
  901: @c long font names have two hyphens in a row at this point.
  902: 付加的な書体名。
  903: この部分は普通は空であり、ほとんどの長いファイル名では2つのハイフンである。
  904: @item pixels
  905: @c This is the font height, in pixels.
  906: ピクセル単位でのフォントの高さ。
  907: @item height
  908: @c This is the font height on the screen, measured in tenths of a printer's
  909: @c point---approximately 1/720 of an inch.  In other words, it is the point
  910: @c size of the font, times ten.  For a given vertical resolution,
  911: @c @var{height} and @var{pixels} are proportional; therefore, it is common
  912: @c to specify just one of them and use @samp{*} for the other.
  913: 印刷機の「ポイント」の1/10(約1/720インチ)を
  914: 単位とした画面上でのフォントの高さ。
  915: いいかえれば、フォントのポイントサイズの10倍。
  916: 垂直解像度を指定すれば、@var{height}と@var{pixels}は比例する。
  917: したがって、どちらか一方を指定して他方には@samp{*}を用いるのが一般的である。
  918: @item horiz
  919: @c This is the horizontal resolution, in pixels per inch, of the screen for
  920: @c which the font is intended.
  921: フォントが仮定するインチあたりのピクセル数で表した画面の水平解像度。
  922: @item vert
  923: @c This is the vertical resolution, in dots per inch, of the screen for
  924: @c which the font is intended.  Normally the resolution of the fonts on
  925: @c your system is the right value for your screen; therefore, you normally
  926: @c specify @samp{*} for this and @var{horiz}.
  927: フォントが仮定するインチあたりのドット数で表した画面の垂直解像度。
  928: 通常、読者のシステムのフォントの解像度は読者の画面に適しているはずなので、
  929: これと@var{horiz}には普通は@samp{*}を指定する。
  930: @item spacing
  931: @c This is @samp{m} (monospace), @samp{p} (proportional) or @samp{c}
  932: @c (character cell).  Emacs can use @samp{m} and @samp{c} fonts.
  933: @samp{m}(monospace)、@samp{p}(proportional)、
  934: @samp{c}(character cell)のいずれか。
  935: Emacsでは@samp{m}と@samp{c}のフォントを利用できる。
  936: @item width
  937: @c This is the average character width, in pixels, multiplied by ten.
  938: ピクセル単位で表した文字の平均幅の10倍。
  939: @item charset
  940: @c This is the character set that the font depicts.
  941: @c Normally you should use @samp{iso8859-1}.
  942: フォントの描く文字集合。
  943: 通常は@samp{iso8859-1}を使うであろう。
  944: @footnote{【訳注】日本語の場合は、通常、@samp{jisx0208.1983-0}などを使うであろう。}
  945: @end table
  946: 
  947: @c   Use only fixed-width fonts---that is, fonts in which all characters
  948: @c have the same width; Emacs cannot yet handle display properly for
  949: @c variable-width fonts.  Any font with @samp{m} or @samp{c} in the
  950: @c @var{spacing} field of the long name is a fixed-width font.  Here's how
  951: @c to use the @code{xlsfonts} program to list all the fixed-width fonts
  952: @c available on your system:
  953: 固定幅フォント、つまり、すべての文字が同じ幅のフォントだけを使ってください。
  954: Emacsはまだ可変幅のフォントを正しく表示できません。
  955: 長いフォント名の@var{spacing}欄が@samp{m}や@samp{c}のフォントは
  956: 固定幅フォントです。
  957: 読者のシステムで利用可能な固定幅フォントをすべて表示するには、
  958: プログラム@code{xlsfotns}を用いてつぎのようにします。
  959: 
  960: @example
  961: xlsfonts -fn '*x*' | egrep "^[0-9]+x[0-9]+"
  962: xlsfonts -fn '*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-m*'
  963: xlsfonts -fn '*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-c*'
  964: @end example
  965: 
  966: @noindent
  967: @c To see what a particular font looks like, use the @code{xfd} command.
  968: @c For example:
  969: 特定のフォントの字形を見るにはコマンド@code{xfd}を使います。
  970: たとえば、
  971: 
  972: @example
  973: xfd -fn 6x13
  974: @end example
  975: 
  976: @noindent
  977: @c displays the entire font @samp{6x13}.
  978: とするとフォント@samp{6x13}全体を表示します。
  979: 
  980: @c   While running Emacs, you can set the font of the current frame
  981: @c (@pxref{Frame Parameters}) or for a specific kind of text
  982: @c (@pxref{Faces}).
  983: Emacsが動作中のときは、カレントフレーム(@pxref{Frame Parameters})、
  984: あるいは、特定の種類のテキスト(@pxref{Faces})のフォントを設定できます。
  985: 
  986: @node Colors X, Window Size X, Font X, Command Arguments
  987: @c @appendixsec Window Color Options
  988: @c @cindex color of window (X Windows)
  989: @appendixsec ウィンドウ表示色オプション
  990: @cindex ウィンドウ表示色(Xウィンドウシステム)
  991: 
  992: @c   On a color display, you can specify which color to use for various
  993: @c parts of the Emacs display.  To find out what colors are available on
  994: @c your system, look at the @file{/usr/lib/X11/rgb.txt} file.  If you do
  995: @c not specify colors, the default for the background is white and the
  996: @c default for all other colors is black.  On a monochrome display, the
  997: @c foreground is black, the background is white, and the border is gray if
  998: @c the display supports that.
  999: カラーディスプレイでは、Emacsの表示画面のさまざまな部分に
 1000: 使う表示色を指定できます。
 1001: システムで利用可能な表示色を調べるには
 1002: ファイル@file{/usr/lib/X11/rgb.txt}@footnote{【訳注】
 1003: 表示色として指定できる『名前』がわかるだけ。
 1004: どのような色に表示されるかは@code{xcolors}などのコマンドで調べるとよい。
 1005: }を見ます。
 1006: 表示色を指定しないと、
 1007: 背景色のデフォルトは白、それ以外の表示色のデフォルトは黒です。
 1008: モノクロディスプレイでは、前景色は黒、背景色は白、
 1009: ディスプレイで表示できるなら境界部分は灰色です。
 1010: 
 1011: @c   Here is a list of the options for specifying colors:
 1012: 以下は、表示色を指定するオプションの一覧です。
 1013: 
 1014: @table @samp
 1015: @item -fg @var{color} 
 1016: @itemx --foreground-color=@var{color} 
 1017: @c Specify the foreground color.
 1018: 前景色を指定する。
 1019: @item -bg @var{color} 
 1020: @itemx --background-color=@var{color} 
 1021: @c Specify the background color.
 1022: 背景色を指定する。
 1023: @item -bd @var{color} 
 1024: @itemx --border-color=@var{color} 
 1025: @c Specify the color of the border of the X window.
 1026: Xのウィンドウの境界部分の表示色を指定する。
 1027: @item -cr @var{color} 
 1028: @itemx --cursor-color=@var{color} 
 1029: @c Specify the color of the Emacs cursor which indicates where point is.
 1030: ポイント位置を表すEmacsのカーソルの表示色を指定する。
 1031: @item -ms @var{color} 
 1032: @itemx --mouse-color=@var{color} 
 1033: @c Specify the color for the mouse cursor when the mouse is in the Emacs window.
 1034: マウスがEmacsのウィンドウ内にあるときのマウスカーソルの表示色を指定する。
 1035: @item -r
 1036: @itemx --reverse-video
 1037: @c Reverse video---swap the foreground and background colors.
 1038: 反転表示する。
 1039: 背景色と前景色を入れ替える。
 1040: @end table
 1041: 
 1042: @c   For example, to use a coral mouse cursor and a slate blue text cursor,
 1043: @c enter:
 1044: たとえば、珊瑚色のマウスカーソルと青石板色のテキストカーソルを用いるには、
 1045: つぎのように入力します。
 1046: 
 1047: @example
 1048: emacs -ms coral -cr 'slate blue' &
 1049: @end example
 1050: 
 1051: @c   You can reverse the foreground and background colors through the
 1052: @c @samp{-r} option or with the X resource @samp{reverseVideo}.
 1053: オプション@samp{-r}かXリソースの@samp{reverseVideo}で
 1054: 前景色と背景色を入れ替えられます。
 1055: 
 1056: @node Window Size X, Borders X, Colors X, Command Arguments
 1057: @c @appendixsec Options for Window Geometry
 1058: @c @cindex geometry (X Windows)
 1059: @appendixsec ウィンドウジオメトリオプション
 1060: @cindex ジオメトリ(Xウィンドウシステム)
 1061: 
 1062: @c   The @samp{-geometry} option controls the size and position of the
 1063: @c initial Emacs frame.  Here is the format for specifying the window
 1064: @c geometry:
 1065: オプション@samp{-geometry}は、Emacsの初期フレームのサイズと位置を制御します。
 1066: ウィンドウのジオメトリ(サイズと位置)を指定する書式はつぎのとおりです。
 1067: 
 1068: @table @samp
 1069: @item -g @var{width}x@var{height}@r{@{}+-@r{@}}@var{xoffset}@r{@{}+-@r{@}}@var{yoffset}
 1070: @c Specify window size @var{width} and @var{height} (measured in character
 1071: @c columns and lines), and positions @var{xoffset} and @var{yoffset}
 1072: @c (measured in pixels).
 1073: @var{width}と@var{height}でウィンドウの(文字の桁数と行数で数えた)サイズを、
 1074: @var{xoffset}と@var{yoffset}で(ピクセル単位で)位置を指定する。
 1075: 
 1076: @item --geometry=@var{width}x@var{height}@r{@{}+-@r{@}}@var{xoffset}@r{@{}+-@r{@}}@var{yoffset}
 1077: @c This is another way of writing the same thing.
 1078: 同じことを記述する別の方法。
 1079: @end table
 1080: 
 1081: @noindent
 1082: @c @code{@r{@{}+-@r{@}}} means either a plus sign or a minus sign.  A plus
 1083: @c sign before @var{xoffset} means it is the distance from the left side of
 1084: @c the screen; a minus sign means it counts from the right side.  A plus
 1085: @c sign before @var{yoffset} means it is the distance from the top of the
 1086: @c screen, and a minus sign there indicates the distance from the bottom.
 1087: @c The values @var{xoffset} and @var{yoffset} may themselves be positive or
 1088: @c negative, but that doesn't change their meaning, only their direction.
 1089: @code{@r{@{}+-@r{@}}}はプラス記号かマイナス記号のいずれかを意味します。
 1090: @var{xoffset}のまえのプラス記号で画面左端からの距離を、
 1091: マイナス記号で右端からの距離を意味します。
 1092: @var{yoffset}のまえのプラス記号で画面上端からの距離を、
 1093: マイナス記号で下端からの距離を意味します。
 1094: @var{xoffset}と@var{yoffset}の値自体は正でも負でもよいのですが、
 1095: その意味は変わらずに方向を変えるだけです。
 1096: 
 1097: @c   Emacs uses the same units as @code{xterm} does to interpret the geometry.
 1098: @c The @var{width} and @var{height} are measured in characters, so a large font
 1099: @c creates a larger frame than a small font.  The @var{xoffset} and
 1100: @c @var{yoffset} are measured in pixels.
 1101: Emacsがジオメトリを解釈する単位は、@code{xterm}と同じ単位です。
 1102: @var{width}と@var{height}は文字数で数えますから、
 1103: 大きなフォントでは小さいフォントよりも大きなフレームになります。
 1104: @var{xoffset}と@var{yoffset}はピクセル単位で数えます。
 1105: 
 1106: @c   Since the mode line and the echo area occupy the last 2 lines of the
 1107: @c frame, the height of the initial text window is 2 less than the height
 1108: @c specified in your geometry.  In non-X-toolkit versions of Emacs,
 1109: @c the menu bar also takes one line of the specified number.
 1110: モード行とエコー領域はフレームの最後の2行を占めるので、
 1111: 初期のテキストウィンドウの高さは
 1112: ジオメトリで指定した高さより2だけ小さくなります。
 1113: Xツールキット版でないEmacsでは、
 1114: 指定した数からさらに1行をメニューバーに利用します。
 1115: 
 1116: @c   You do not have to specify all of the fields in the geometry
 1117: @c specification.
 1118: ジオメトリ指定のすべての部分を指定する必要はありません。
 1119: 
 1120: @c   If you omit both @var{xoffset} and @var{yoffset}, the window manager
 1121: @c decides where to put the Emacs frame, possibly by letting you place
 1122: @c it with the mouse.  For example, @samp{164x55} specifies a window 164
 1123: @c columns wide, enough for two ordinary width windows side by side, and 55
 1124: @c lines tall.
 1125: @var{xoffset}と@var{yoffset}の両方を省くと
 1126: ウィンドウマネージャがEmacsのフレームの位置を決めますが、
 1127: マウスで置き場所を指定できる場合もあります。
 1128: たとえば、@samp{164x55}は
 1129: (普通の幅のウィンドウを横に並べて2つ置けるサイズの)
 1130: 164桁で55行のウィンドウを指定します。
 1131: 
 1132: @c   The default width for Emacs is 80 characters and the default height is
 1133: @c 40 lines.  You can omit either the width or the height or both.  If
 1134: @c you start the geometry with an integer, Emacs interprets it as the
 1135: @c width.  If you start with an @samp{x} followed by an integer, Emacs
 1136: @c interprets it as the height.  Thus, @samp{81} specifies just the width;
 1137: @c @samp{x45} specifies just the height.
 1138: デフォルトではEmacsの幅は80文字で高さは40行です。
 1139: いずれか一方、あるいは、両方を省略できます。
 1140: ジオメトリを数で始めると幅であると解釈します。
 1141: @samp{x}で始まり数が続けば高さであると解釈します。
 1142: したがって、@samp{81}は幅だけを指定し、
 1143: @samp{x45}は高さだけを指定します。
 1144: 
 1145: @c   If you start with @samp{+} or @samp{-}, that introduces an offset,
 1146: @c which means both sizes are omitted.  Thus, @samp{-3} specifies the
 1147: @c @var{xoffset} only.  (If you give just one offset, it is always
 1148: @c @var{xoffset}.)  @samp{+3-3} specifies both the @var{xoffset} and the
 1149: @c @var{yoffset}, placing the frame near the bottom left of the screen.
 1150: @samp{+}か@samp{-}で始まれば位置指定となり、
 1151: 幅と高さの両方を省いたことを意味します。
 1152: したがって、@samp{-3}は@var{xoffset}のみを指定します。
 1153: (位置指定の要素が1つだけの場合にはつねに@var{xoffset}です。)
 1154: @samp{+3-3}は@var{xoffset}と@var{yoffset}を指定し、
 1155: 画面の左底近くにフレームを置きます。
 1156: 
 1157: @c   You can specify a default for any or all of the fields in
 1158: @c @file{.Xdefaults} file, and then override selected fields with a
 1159: @c @samp{--geometry} option.
 1160: ファイル@file{.Xdefaults}ですべての部分か一部分のデフォルトを指定し、
 1161: オプション@samp{--geometry}で特定の部分を上書きできます。
 1162: 
 1163: @node Borders X, Title X, Window Size X, Command Arguments
 1164: @c @appendixsec Internal and External Borders
 1165: @c @cindex borders (X Windows)
 1166: @appendixsec 内部境界と外部境界
 1167: @cindex 境界部分(Xウィンドウシステム)
 1168: 
 1169: @c   An Emacs frame has an internal border and an external border.  The
 1170: @c internal border is an extra strip of the background color around all
 1171: @c four edges of the frame.  Emacs itself adds the internal border.  The
 1172: @c external border is added by the window manager outside the internal
 1173: @c border; it may contain various boxes you can click on to move or iconify
 1174: @c the window.
 1175: Emacsのフレームには内部境界と外部境界があります。
 1176: 内部境界はフレームの4辺の周りに付いた背景色の縁取りです。
 1177: Emacs自身が内部境界を付加します。
 1178: 外部境界は、内部境界の外側にウィンドウマネージャが付加します。
 1179: これには、ウィンドウを移動したりアイコン化するためにクリックできる
 1180: さまざまな箱が付く場合もあります。
 1181: 
 1182: @table @samp
 1183: @item -ib @var{width}
 1184: @itemx --internal-border=@var{width}
 1185: @c Specify @var{width} as the width of the internal border.
 1186: 内部境界の幅として@var{width}を指定。
 1187: 
 1188: @item -bw @var{width}
 1189: @itemx --border-width=@var{width}
 1190: @c Specify @var{width} as the width of the main border.
 1191: @c = main border → external borderのまちがい?
 1192: 外部境界の幅として@var{width}を指定。
 1193: @end table
 1194: 
 1195: @c   When you specify the size of the frame, that does not count the
 1196: @c borders.  The frame's position is measured from the outside edge of the
 1197: @c external border.
 1198: フレームのサイズ指定には境界は含みません。
 1199: フレームの位置は外部境界の外側から測ります。
 1200: 
 1201: @c   Use the @samp{-ib @var{n}} option to specify an internal border
 1202: @c @var{n} pixels wide.  The default is 1.  Use @samp{-bw @var{n}} to
 1203: @c specify the width of the external border (though the window manager may
 1204: @c not pay attention to what you specify).  The default width of the
 1205: @c external border is 2.
 1206: 内部境界の幅を@var{n}ピクセルにするには、
 1207: オプション@samp{-ib @var{n}}を使います。
 1208: デフォルトは1です。
 1209: 外部境界の幅を指定するには、
 1210: (ウィンドウマネージャが指定を無視するかもしれませんが)
 1211: @samp{-bw @var{n}}を使います。
 1212: 外部境界のデフォルトの幅は2です。
 1213: 
 1214: @node Title X, Icons X , Borders X, Command Arguments
 1215: @c @appendixsec Frame Titles
 1216: @appendixsec フレームタイトル
 1217: 
 1218: @c   An Emacs frame may or may not have a specified title.  The frame
 1219: @c title, if specified, appears in window decorations and icons as the name
 1220: @c of the frame.  If an Emacs frame has no specified title, the default
 1221: @c title is the name of the executable program (if there is only one frame)
 1222: @c or the selected window's buffer name (if there is more than one frame).
 1223: Emacsのフレームには、指定したタイトルがあるかもしれないし、ないかもしれません。
 1224: フレームタイトルを指定すると、
 1225: ウィンドウの装飾部分やアイコンにフレーム名として表示されます。
 1226: Emacsのフレームにタイトルが指定されていなければ、
 1227: デフォルトのタイトルは、
 1228: (フレームが1つしかない場合には)実行プログラムの名前、あるいは、
 1229: (複数のフレームがあれば)選択したウィンドウのバッファの名前になります。
 1230: 
 1231: @c   You can specify a title for the initial Emacs frame with a command
 1232: @c line option:
 1233: コマンド行オプションでEmacsの初期フレームのタイトルを指定できます。
 1234: 
 1235: @table @samp
 1236: @item -title @var{title}
 1237: @itemx --title=@var{title}
 1238: @itemx -T @var{title}
 1239: @c Specify @var{title} as the title for the initial Emacs frame.
 1240: Emacsの初期フレームのタイトルとして@var{title}を指定する。
 1241: @end table
 1242: 
 1243: @c   The @samp{--name} option (@pxref{Resources X}) also specifies the title
 1244: @c for the initial Emacs frame.
 1245: オプション@samp{--name}(@pxref{Resources X})も
 1246: Emacsの初期フレームのタイトルを指定します。
 1247: 
 1248: @node Icons X, Resources X, Title X, Command Arguments
 1249: @c @appendixsec Icons
 1250: @c @cindex icons (X Windows)
 1251: @appendixsec アイコン
 1252: @cindex アイコン(Xウィンドウシステム)
 1253: 
 1254: @c   Most window managers allow the user to ``iconify'' a frame, removing
 1255: @c it from sight, and leaving a small, distinctive ``icon'' window in its
 1256: @c place.  Clicking on the icon window makes the frame itself appear again.
 1257: @c If you have many clients running at once, you can avoid cluttering up
 1258: @c the screen by iconifying most of the clients.
 1259: ほとんどのウィンドウマネージャは、
 1260: フレームを『アイコン化』することを許しています。
 1261: つまり、フレームを見えなくしてから、その場所に
 1262: 小さな識別しやすい『アイコン』を置きます。
 1263: アイコンウィンドウをクリックするとフレーム自体が再度表示されます。
 1264: 一度にたくさんのクライアントを動かしておく場合、
 1265: クライアントのほとんどをアイコンにしておけば画面が乱雑にならずにすみます。
 1266: 
 1267: @table @samp
 1268: @item -i
 1269: @itemx --icon-type
 1270: @c Use a picture of a gnu as the Emacs icon.
 1271: Emacsのアイコンとしてヌーの絵を使う。
 1272: 
 1273: @item -iconic
 1274: @itemx --iconic
 1275: @c Start Emacs in iconified state.
 1276: Emacsをアイコン化した状態で起動する。
 1277: @end table
 1278: 
 1279: @c   The @samp{-i} or @samp{--icon-type} option tells Emacs to use an icon
 1280: @c window containing a picture of the GNU gnu.  If omitted, Emacs lets the
 1281: @c window manager choose what sort of icon to use---usually just a small
 1282: @c rectangle containing the frame's title.
 1283: オプション@samp{-i}や@samp{--icon-type}は、
 1284: GNUのヌーの絵を表示したアイコンウィンドウを使う指定です。
 1285: 省略すると、Emacsは使用するアイコンの種類をウィンドウマネージャに選ばせます。
 1286: これは、通常、フレームのタイトルを含んだ小さな長方形のウィンドウです。
 1287: @footnote{【訳注】uwm、twmなど古典的なウィンドウマネージャのふるまい。}
 1288: 
 1289: @c   The @samp{-iconic} option tells Emacs to begin running as an icon,
 1290: @c rather than opening a frame right away.  In this situation, the icon
 1291: @c window provides only indication that Emacs has started; the usual text
 1292: @c frame doesn't appear until you deiconify it.
 1293: オプション@samp{-iconic}は、すぐにはフレームを開かずに
 1294: アイコンで始めるようにEmacsを起動します。
 1295: この場合、アイコンウィンドウはEmacsが起動したことだけを教えてくれます。
 1296: アイコンを開くまで通常のテキストフレームは表示されません。
 1297: 
 1298: @node Resources X, Lucid Resources, Icons X, Command Arguments
 1299: @c @appendixsec X Resources
 1300: @c @cindex resources
 1301: @appendixsec Xリソース
 1302: @cindex リソース
 1303: 
 1304: @c   Programs running under the X Window System organize their user options
 1305: @c under a hierarchy of classes and resources.  You can specify default
 1306: @c values for these options in your X resources file, usually named
 1307: @c @file{~/.Xdefaults}.
 1308: Xウィンドウシステムで動いているプログラムでは、
 1309: クラスとリソースの階層によってユーザーのオプションを取りまとめます。
 1310: これらのオプションのデフォルト値は、
 1311: @file{~/.Xdefaults}という名前の個人のXリソースファイルで指定できます。
 1312: 
 1313: @c   Each line in the file specifies a value for one option or for a
 1314: @c collection of related options, for one program or for several programs
 1315: @c (optionally even for all programs).
 1316: ファイル内の各行は、1つのオプション、関連したオプション群、
 1317: 1つのプログラム、あるいは、複数(または全部)のプログラムの
 1318: 値を指定します。
 1319: 
 1320: @c   Programs define named resources with particular meanings.  They also
 1321: @c define how to group resources into named classes.  For instance, in
 1322: @c Emacs, the @samp{internalBorder} resource controls the width of the
 1323: @c internal border, and the @samp{borderWidth} resource controls the width
 1324: @c of the external border.  Both of these resources are part of the
 1325: @c @samp{BorderWidth} class.  Case distinctions are significant in these
 1326: @c names.
 1327: プログラムは特定の意味を持ったリソース名を定義します。
 1328: リソースをどのようにクラス名にグループ化するかも定義します。
 1329: たとえば、Emacsでは、
 1330: リソース@samp{internalBorder}は内部境界の幅を制御し、
 1331: リソース@samp{borderWidth}は外部境界の幅を制御します。
 1332: どちらのリソースもクラス@samp{BorderWidth}の一部です。
 1333: これらの名前では大文字小文字を区別します。
 1334: 
 1335: @c   In @file{~/.Xdefaults}, you can specify a value for a single resource
 1336: @c on one line, like this:
 1337: @file{~/.Xdefaults}では、以下のように1行に1つのリソースを指定します。
 1338: 
 1339: @example
 1340: emacs.borderWidth: 2
 1341: @end example
 1342: 
 1343: @noindent
 1344: @c Or you can use a class name to specify the same value for all resources
 1345: @c in that class.  Here's an example:
 1346: あるいは、クラス内のすべてのリソースに同じ値を指定するには
 1347: クラス名を使います。
 1348: たとえば、つぎのようにします。
 1349: 
 1350: @example
 1351: emacs.BorderWidth: 2
 1352: @end example
 1353: 
 1354: @c   If you specify a value for a class, it becomes the default for all
 1355: @c resources in that class.  You can specify values for individual
 1356: @c resources as well; these override the class value, for those particular
 1357: @c resources.  Thus, this example specifies 2 as the default width for all
 1358: @c borders, but overrides this value with 4 for the external border:
 1359: クラスに値を指定すると、
 1360: それはそのクラス内のすべてのリソースのデフォルト値になります。
 1361: 個別にリソースの値を指定することもできます。
 1362: その場合、特定のリソースの値はクラスの値に優先します。
 1363: したがって、つぎの例では、
 1364: すべての境界のデフォルトの幅として2を指定しますが、
 1365: 外部境界の値は4になります。
 1366: 
 1367: @example
 1368: emacs.Borderwidth: 2
 1369: emacs.borderwidth: 4
 1370: @end example
 1371: 
 1372: @c   The order in which the lines appear in the file does not matter.
 1373: @c Also, command-line options always override the X resources file.
 1374: ファイル内での行の順番は関係ありません。
 1375: また、コマンド行オプションはつねにXリソースファイルに優先します。
 1376: 
 1377: @c   The string @samp{emacs} in the examples above is also a resource
 1378: @c name.  It actually represents the name of the executable file that you
 1379: @c invoke to run Emacs.  If Emacs is installed under a different name, it
 1380: @c looks for resources under that name instead of @samp{emacs}.
 1381: 上の例の文字列@samp{emacs}もリソース名です。
 1382: この名前は、Emacsを起動するために指定した実行ファイルの名前を表します。
 1383: Emacsを別の名前でインストールしたならば、
 1384: @samp{emacs}のかわりにその名前のリソースを探します。
 1385: 
 1386: @table @samp
 1387: @item -name @var{name}
 1388: @itemx --name=@var{name}
 1389: @c Use @var{name} as the resource name (and the title) for the initial
 1390: @c Emacs frame.  This option does not affect subsequent frames, but Lisp
 1391: @c programs can specify frame names when they create frames.
 1392: Emacsの初期フレームのリソース名(およびタイトル)として@var{name}を使う。
 1393: このオプションは、初期フレーム以外には影響しないが、
 1394: Lispプログラムからはフレーム作成時にフレーム名を指定できる。
 1395: 
 1396: @c If you don't specify this option, the default is to use the Emacs
 1397: @c executable's name as the resource name.
 1398: このオプションを指定しないと、
 1399: デフォルトではEmacsの実行ファイル名をリソース名として使う。
 1400: 
 1401: @item -xrm @var{resource-values}
 1402: @itemx --xrm=@var{resource-values}
 1403: @c Specify X resource values for this Emacs job (see below).
 1404: EmacsのこのジョブだけのXリソースの値を指定する。
 1405: (以下を参照)。
 1406: @end table
 1407: 
 1408: @c   For consistency, @samp{-name} also specifies the name to use for
 1409: @c other resource values that do not belong to any particular frame.
 1410: 整合性のために、@samp{-name}は、
 1411: どの特定のフレームにも属さないリソースの値を探すときの名前も指定します。
 1412: 
 1413: @c   The resources that name Emacs invocations also belong to a class; its
 1414: @c name is @samp{Emacs}.  If you write @samp{Emacs} instead of
 1415: @c @samp{emacs}, the resource applies to all frames in all Emacs jobs,
 1416: @c regardless of frame titles and regardless of the name of the executable
 1417: @c file.  Here is an example:
 1418: Emacsを起動するコマンド名と同じ名前のリソースはクラスにも属します。
 1419: その名前は@samp{Emacs}です。
 1420: @samp{emacs}のかわりに@samp{Emacs}と書けば、
 1421: 実行ファイルの名前やフレームタイトルに関わらず、
 1422: すべてのEmacsジョブのすべてのフレームにリソースが適用されます。
 1423: たとえば、つぎのようにします。
 1424: 
 1425: @example
 1426: Emacs.BorderWidth: 2
 1427: Emacs.borderWidth: 4
 1428: @end example
 1429: 
 1430: @c   You can specify a string of additional resource values for Emacs to
 1431: @c use with the command line option @samp{-xrm @var{resources}}.  The text
 1432: @c @var{resources} should have the same format that you would use inside a file
 1433: @c of X resources.  To include multiple resource specifications in
 1434: @c @var{data}, put a newline between them, just as you would in a file.
 1435: @c You can also use @samp{#include "@var{filename}"} to include a file full
 1436: @c of resource specifications.  Resource values specified with @samp{-xrm}
 1437: @c take precedence over all other resource specifications.
 1438: コマンド行オプション@samp{-xrm @var{resources}}を使えば、
 1439: 追加のリソースの値をEmacsに指定できます。
 1440: テキスト@var{resources}は、Xリソースファイルの中で使うものと同じ書式です。
 1441: @var{data}で複数のリソースを指定するには、
 1442: ファイルの場合と同様に、そのあいだに改行を置きます。
 1443: また、@samp{#include "@var{filename}"}を使えば、
 1444: ファイル内のリソース指定を取り込めます。
 1445: @samp{-xrm}で指定したリソースの値は、これ以外のリソース指定に優先します。
 1446: 
 1447: @c   The following table lists the resource names that designate options
 1448: @c for Emacs, each with the class that it belongs to:
 1449: 以下は、Emacsのオプションを指定するリソース名とそれが属するクラスの一覧です。
 1450: 
 1451: @table @asis
 1452: @c @item @code{background} (class @code{Background})
 1453: @item @code{background}(クラス@code{Background})
 1454: @c Background color name.
 1455: 背景の表示色名。
 1456: 
 1457: @c @item @code{bitmapIcon} (class @code{BitmapIcon})
 1458: @item @code{bitmapIcon}(クラス@code{BitmapIcon})
 1459: @c Use a bitmap icon (a picture of a gnu) if @samp{on}, let the window
 1460: @c manager choose an icon if @samp{off}.
 1461: @samp{on}ならば(ヌーの絵の)ビットマップアイコンを使う。
 1462: @samp{off}ならばウィンドウマネージャにアイコンを選ばせる。
 1463: 
 1464: @c @item @code{borderColor} (class @code{BorderColor})
 1465: @item @code{borderColor}(クラス@code{BorderColor})
 1466: @c Color name for the external border.
 1467: 外部境界の表示色名。
 1468: 
 1469: @c @item @code{borderWidth} (class @code{BorderWidth})
 1470: @item @code{borderWidth}(クラス@code{BorderWidth})
 1471: @c Width in pixels of the external border.
 1472: 外部境界の(ピクセル単位の)幅。
 1473: 
 1474: @c @item @code{cursorColor} (class @code{Foreground})
 1475: @item @code{cursorColor}(クラス@code{Foreground})
 1476: @c Color name for text cursor (point).
 1477: テキストカーソル(ポイント)の表示色名。
 1478: 
 1479: @c @item @code{font} (class @code{Font})
 1480: @item @code{font}(クラス@code{Font})
 1481: @c Font name for text (or fontset name, @pxref{Fontsets}).
 1482: テキストのフォント名(あるいはフォントセット名 @pxref{Fontsets})。
 1483: 
 1484: @c @item @code{foreground} (class @code{Foreground})
 1485: @item @code{foreground}(クラス@code{Foreground})
 1486: @c Color name for text.
 1487: テキストの表示色名。
 1488: 
 1489: @c @item @code{geometry} (class @code{Geometry})
 1490: @item @code{geometry}(クラス@code{Geometry})
 1491: @c Window size and position.  Be careful not to specify this resource as
 1492: @c @samp{emacs*geometry}, because that may affect individual menus as well
 1493: @c as the Emacs frame itself.
 1494: ウィンドウのサイズと位置。
 1495: Emacsフレームだけでなく個々のメニューにも影響するので、
 1496: このリソースを@samp{emacs*geometry}とは指定しないように注意すること。
 1497: 
 1498: @c If this resource specifies a position, that position applies only to the
 1499: @c initial Emacs frame (or, in the case of a resource for a specific frame
 1500: @c name, only that frame).  However, the size if specified here applies to
 1501: @c all frames.
 1502: このリソースで指定した位置は、Emacsの初期フレーム
 1503: (あるいは、特定のフレーム名を指定したリソースはそのフレーム)
 1504: だけに適用される。
 1505: しかし、サイズはすべてのフレームに適用される。
 1506: 
 1507: @c @item @code{iconName} (class @code{Title})
 1508: @item @code{iconName}(クラス@code{Title})
 1509: @c Name to display in the icon.
 1510: アイコンに表示する名前。
 1511: 
 1512: @c @item @code{internalBorder} (class @code{BorderWidth})
 1513: @item @code{internalBorder}(クラス@code{BorderWidth})
 1514: @c Width in pixels of the internal border.
 1515: 内部境界の(ピクセル単位の)幅。
 1516: 
 1517: @c @item @code{menuBar} (class @code{MenuBar})
 1518: @item @code{menuBar}(クラス@code{MenuBar})
 1519: @c Give frames menu bars if @samp{on}; don't have menu bars if @samp{off}.
 1520: @samp{on}ならばフレームにメニューバーを付ける。
 1521: @samp{off}ならばメニューバーを付けない。
 1522: 
 1523: @c @item @code{minibuffer} (class @code{Minibuffer})
 1524: @item @code{minibuffer}(クラス@code{Minibuffer})
 1525: @c If @samp{none}, don't make a minibuffer in this frame.
 1526: @c It will use a separate minibuffer frame instead.
 1527: @samp{none}ならばこのフレームにミニバッファを付けない。
 1528: かわりに、独立したミニバッファフレームを使う。
 1529: 
 1530: @c @item @code{paneFont} (class @code{Font})
 1531: @item @code{paneFont}(クラス@code{Font})
 1532: @c Font name for menu pane titles, in non-toolkit versions of Emacs.
 1533: ツールキット版でないEmacsのメニューのタイトルに使うフォント名。
 1534: 
 1535: @c @item @code{pointerColor} (class @code{Foreground})
 1536: @item @code{pointerColor}(クラス@code{Foreground})
 1537: @c Color of the mouse cursor.
 1538: マウスカーソルの表示色。
 1539: 
 1540: @c @item @code{reverseVideo} (class @code{ReverseVideo})
 1541: @item @code{reverseVideo}(クラス@code{ReverseVideo})
 1542: @c Switch foreground and background default colors if @samp{on}, use colors as
 1543: @c specified if @samp{off}.
 1544: @samp{on}ならば前景色と背景色を入れ替え、
 1545: @samp{off}ならば指定された表示色を用いる。
 1546: 
 1547: @c @item @code{verticalScrollBars} (class @code{ScrollBars})
 1548: @item @code{verticalScrollBars}(クラス@code{ScrollBars})
 1549: @c Give frames scroll bars if @samp{on}; don't have scroll bars if
 1550: @c @samp{off}.
 1551: @samp{on}ならばフレームにスクロールバーを付ける。
 1552: @samp{off}ならばスクロールバーを付けない。
 1553: 
 1554: @c @item @code{selectionFont} (class @code{Font})
 1555: @item @code{selectionFont}(クラス@code{Font})
 1556: @c Font name for pop-up menu items, in non-toolkit versions of Emacs.  (For
 1557: @c toolkit versions, see @ref{Lucid Resources}, also see @ref{Motif
 1558: @c Resources}.)
 1559: ツールキット版でないEmacsのポップアップメニューの項目に使うフォント名。
 1560: (ツールキット版では、@ref{Lucid Resources}、
 1561: あるいは、@ref{Motif Resources}を参照。)
 1562: 
 1563: @c @item @code{title} (class @code{Title})
 1564: @item @code{title}(クラス@code{Title})
 1565: @c Name to display in the title bar of the initial Emacs frame.
 1566: Emacsの初期フレームのタイトルバーに表示する名前。
 1567: @end table
 1568: 
 1569: @c   Here are resources for controlling the appearance of particular faces
 1570: @c (@pxref{Faces}):
 1571: 以下は、特定のフェイス(@pxref{Faces})の見え方を制御するリソースです。
 1572: 
 1573: @table @code
 1574: @item @var{face}.attributeFont
 1575: @c Font for face @var{face}.
 1576: フェイス@var{face}のフォント。
 1577: @item @var{face}.attributeForeground
 1578: @c Foreground color for face @var{face}.
 1579: フェイス@var{face}の前景色。
 1580: @item @var{face}.attributeBackground
 1581: @c Background color for face @var{face}.
 1582: フェイス@var{face}の背景色。
 1583: @item @var{face}.attributeUnderline
 1584: @c Underline flag for face @var{face}.  Use @samp{on} or @samp{true} for
 1585: @c yes.
 1586: フェイス@var{face}の下線フラグ。
 1587: 下線を使うには@samp{on}か@samp{true}を指定する。
 1588: @end table
 1589: 
 1590: @node Lucid Resources, Motif Resources, Resources X, Command Arguments
 1591: @c @section Lucid Menu X Resources
 1592: @c @cindex Menu X Resources (Lucid widgets)
 1593: @c @cindex Lucid Widget X Resources
 1594: @section LucidメニューのXリソース
 1595: @cindex メニューのXリソース(Lucidウィジェット)
 1596: @cindex LucidウィジェットのXリソース
 1597: 
 1598: @c   If the Emacs installed at your site was built to use the X toolkit
 1599: @c with the Lucid menu widgets, then the menu bar is a separate widget and
 1600: @c has its own resources.  The resource names contain @samp{pane.menubar}
 1601: @c (following, as always, the name of the Emacs invocation or @samp{Emacs}
 1602: @c which stands for all Emacs invocations).  Specify them like this:
 1603: Lucidメニューウィジェットを含めたXツールキットを使う
 1604: Emacsがインストールされている場合には、
 1605: メニューバーは別のウィジェットであり独自のリソースを持ちます。
 1606: リソース名には
 1607: (Emacsの起動名かすべてのEmacsの起動を意味する@samp{Emacs}に続けて)
 1608: @samp{pane.menubar}が含まれます。
 1609: これらはつぎのように指定します。
 1610: 
 1611: @example
 1612: Emacs.pane.menubar.@var{resource}:  @var{value}
 1613: @end example
 1614: 
 1615: @noindent
 1616: @c For example, to specify the font @samp{8x16} for the menu-bar items,
 1617: @c write this:
 1618: たとえば、メニューバーの項目に@samp{8x16}フォントを指定するには、
 1619: つぎのように書きます。
 1620: 
 1621: @example
 1622: Emacs.pane.menubar.font:  8x16
 1623: @end example
 1624: 
 1625: @noindent
 1626: @c Resources for @emph{non-menubar} toolkit pop-up menus have
 1627: @c @samp{menu*}, in like fashion.  For example, to specify the font
 1628: @c @samp{8x16} for the pop-up menu items, write this:
 1629: @emph{メニューバーを使わない}ツールキットのポップアップメニューの項目の
 1630: リソースには、同様に、@samp{menu*}があります。
 1631: たとえば、ポップアップメニューに@samp{8x16}のフォントを指定するには、
 1632: つぎのように書きます。
 1633: 
 1634: @example
 1635: Emacs.menu*.font:	8x16
 1636: @end example
 1637: 
 1638: @noindent
 1639: @c For dialog boxes, use @samp{dialog} instead of @samp{menu}:
 1640: 対話ボックスのフォントを指定するには、
 1641: @samp{menu}のかわりに@samp{dialog}を使ってつぎのように書きます。
 1642: 
 1643: @example
 1644: Emacs.dialog*.font:	8x16
 1645: @end example
 1646: 
 1647: @noindent
 1648: @c Experience shows that on some systems you may need to add
 1649: @c @samp{shell.}@: before the @samp{pane.menubar} or @samp{menu*}.  On
 1650: @c some other systems, you must not add @samp{shell.}.
 1651: 経験によれば、@samp{pane.menubar}や@samp{menu*}のまえに
 1652: @samp{shell.}を付ける必要があるシステムもあります。
 1653: 他のシステムでは@samp{shell.}を付加してはいけません。
 1654: 
 1655: @c   Here is a list of the specific resources for menu bars and pop-up menus:
 1656: 以下は、メニューバーとポップアップメニューのリソースの一覧です。
 1657: 
 1658: @table @code
 1659: @item font
 1660: @c Font for menu item text.
 1661: メニュー項目のテキストのフォント。
 1662: @item foreground
 1663: @c Color of the foreground.
 1664: 前景色。
 1665: @item background
 1666: @c Color of the background.
 1667: 背景色。
 1668: @item buttonForeground
 1669: @c In the menu bar, the color of the foreground for a selected item.
 1670: メニューバーにおいて、選択した項目の前景色。
 1671: @item horizontalSpacing
 1672: @c Horizontal spacing in pixels between items.  Default is 3.
 1673: 項目間の横方向のピクセル単位の間隔。
 1674: デフォルトは3。
 1675: @item verticalSpacing
 1676: @c Vertical spacing in pixels between items.  Default is 1.
 1677: 項目間の縦方向のピクセル単位の間隔。
 1678: デフォルトは1。
 1679: @item arrowSpacing
 1680: @c Horizontal spacing between the arrow (which indicates a submenu) and
 1681: @c the associated text.  Default is 10.
 1682: (サブメニューを表す)矢印と
 1683: それに関連したテキストとの横方向のピクセル単位の間隔。
 1684: デフォルトは10。
 1685: @item shadowThickness
 1686: @c Thickness of shadow line around the widget.
 1687: ウィジェットの周りの影付けの厚み。
 1688: @end table
 1689: 
 1690: @node Motif Resources,  , Lucid Resources, Command Arguments
 1691: @c @section Motif Menu X Resources
 1692: @c @cindex Menu X Resources (Motif widgets)
 1693: @c @cindex Motif Widget X Resources
 1694: @section MotifメニューのXリソース
 1695: @cindex メニューのXリソース(Motifウィジェット)
 1696: @cindex MotifウィジェットのXリソース
 1697: 
 1698: @c   If the Emacs installed at your site was built to use the X toolkit
 1699: @c with the Motif widgets, then the menu bar is a separate widget and has
 1700: @c its own resources.  The resource names contain @samp{pane.menubar}
 1701: @c (following, as always, the name of the Emacs invocation or @samp{Emacs}
 1702: @c which stands for all Emacs invocations).  Specify them like this:
 1703: Motifウィジェットを含めたXツールキットを使う
 1704: Emacsがインストールされている場合には、
 1705: メニューバーは別のウィジェットであり独自のリソースを持ちます。
 1706: リソース名には
 1707: (Emacsの起動名かすべてのEmacsの起動を意味する@samp{Emacs}に続けて)
 1708: @samp{pane.menubar}が含まれます。
 1709: これらはつぎのように指定します。
 1710: 
 1711: @smallexample
 1712: Emacs.pane.menubar.@var{subwidget}.@var{resource}:  @var{value}
 1713: @end smallexample
 1714: 
 1715: @c   Each individual string in the menu bar is a subwidget; the subwidget's
 1716: @c name is the same as the menu item string.  For example, the word
 1717: @c @samp{Files} in the menu bar is part of a subwidget named
 1718: @c @samp{emacs.pane.menubar.Files}.  Most likely, you want to specify the
 1719: @c same resources for the whole menu bar.  To do this, use @samp{*} instead
 1720: @c of a specific subwidget name.  For example, to specify the font
 1721: @c @samp{8x16} for the menu-bar items, write this:
 1722: メニューバーの個々の文字列はサブウィジェットです。
 1723: サブウィジェットの名前はメニュー項目の文字列と同じです。
 1724: たとえば、メニューバーの中の単語@samp{Files}は
 1725: @samp{emacs.pane.menubar.Files}という名前のサブウィジェットの一部です。
 1726: ほとんどの場合、メニューバー全体に同じリソースを指定するでしょう。
 1727: それには、特定のサブウィジェット名のかわりに@samp{*}を使います。
 1728: たとえば、@samp{8x16}フォントをメニューバーの項目に使うには、
 1729: つぎのようにします。
 1730: 
 1731: @smallexample
 1732: Emacs.pane.menubar.*.fontList:  8x16
 1733: @end smallexample
 1734: 
 1735: @noindent
 1736: @c This also specifies the resource value for submenus.
 1737: これは、サブメニューのリソース値も指定します。
 1738: 
 1739: @c   Each item in a submenu in the menu bar also has its own name for X
 1740: @c resources; for example, the @samp{Files} submenu has an item named
 1741: @c @samp{Save Buffer}.  A resource specification for a submenu item looks
 1742: @c like this:
 1743: メニューバー内のサブメニューの各項目には、
 1744: それぞれ独自のXリソース名があります。
 1745: たとえば、@samp{Files}サブメニューには項目@samp{Save Buffer}があります。
 1746: サブメニューの項目のリソース指定はつぎのようになります。
 1747: 
 1748: @smallexample
 1749: Emacs.pane.menubar.popup_*.@var{menu}.@var{item}.@var{resource}: @var{value}
 1750: @end smallexample
 1751: 
 1752: @noindent
 1753: @c For example, here's how to specify the font for the @samp{Save Buffer}
 1754: @c item:
 1755: たとえば、@samp{Save Buffer}のフォントを指定するには、
 1756: つぎのようにします。
 1757: 
 1758: @smallexample
 1759: Emacs.pane.menubar.popup_*.Files.Save Buffer.fontList: 8x16
 1760: @end smallexample
 1761: 
 1762: @noindent
 1763: @c For an item in a second-level submenu, such as @samp{Check Message}
 1764: @c under @samp{Spell} under @samp{Edit}, the resource fits this template:
 1765: @samp{Edit}の下の@samp{Spell}の下にある
 1766: @samp{Check Message}のような2段下のサブメニューの項目では、
 1767: リソースの雛型はつぎのようになります。
 1768: 
 1769: @smallexample
 1770: Emacs.pane.menubar.popup_*.popup_*.@var{menu}.@var{resource}: @var{value}
 1771: @end smallexample
 1772: 
 1773: @noindent
 1774: @c For example,
 1775: たとえば、つぎのようになります。
 1776: 
 1777: @smallexample
 1778: Emacs.pane.menubar.popup_*.popup_*.Spell.Check Message: @var{value}
 1779: @end smallexample
 1780:   
 1781: @c   It's impossible to specify a resource for all the menu-bar items
 1782: @c without also specifying it for the submenus as well.  So if you want the
 1783: @c submenu items to look different from the menu bar itself, you must ask
 1784: @c for that in two steps.  First, specify the resource for all of them;
 1785: @c then, override the value for submenus alone.  Here is an example:
 1786: サブメニューのリソースを指定せずに、
 1787: すべてのメニューバーの項目のリソースを指定することは不可能です。
 1788: サブメニューの項目をメニューバー自体とは異なる見え方にするには、
 1789: 2段階の指定が必要です。
 1790: まずメニューバーのリソースを指定し、
 1791: そのあとでサブメニューの値だけを上書きします。
 1792: たとえば、つぎのようにします。
 1793: 
 1794: @smallexample
 1795: Emacs.pane.menubar.*.fontList:  8x16
 1796: Emacs.pane.menubar.popup_*.fontList: 8x16
 1797: @end smallexample
 1798: 
 1799: @noindent
 1800: @c For toolkit pop-up menus, use @samp{menu*} instead of
 1801: @c @samp{pane.menubar}.  For example, to specify the font @samp{8x16} for
 1802: @c the pop-up menu items, write this:
 1803: ツールキットのポップアップメニューでは、
 1804: @samp{pane.menubar}のかわりに@samp{menu*}を使います。
 1805: たとえば、ポップアップメニューの項目に@samp{8x16}フォントを指定するには、
 1806: つぎのように書きます。
 1807: 
 1808: @smallexample
 1809: Emacs.menu*.fontList:  8x16
 1810: @end smallexample
 1811: 
 1812: @iftex
 1813: @medbreak
 1814: @end iftex
 1815: @c   Here is a list of the specific resources for menu bars and pop-up menus:
 1816: 以下は、メニューバーとポップアップメニューのリソース指定の一覧です。
 1817: 
 1818: @table @code
 1819: @item armColor
 1820: @c The color to show in an armed button.
 1821: 押せるボタンの表示色。
 1822: @item fontList
 1823: @c The font to use.
 1824: 使用するフォント。
 1825: @item marginBottom
 1826: @itemx marginHeight
 1827: @itemx marginLeft
 1828: @itemx marginRight
 1829: @itemx marginTop
 1830: @itemx marginWidth
 1831: @c Amount of space to leave around the item, within the border.
 1832: 境界内で項目の周りに置く空白の量。
 1833: @item borderWidth
 1834: @c The width of border around the menu item, on all sides.
 1835: メニュー項目を縁取る境界の幅。
 1836: @item shadowThickness
 1837: @c The width of the border shadow.
 1838: 境界の影付けの幅。
 1839: @item bottomShadowColor
 1840: @c The color for the border shadow, on the bottom and the right.
 1841: 境界の下端と右端の影付けの表示色。
 1842: @item topShadowColor
 1843: @c The color for the border shadow, on the top and the left.
 1844: 境界の上端と左端の影付けの表示色。
 1845: @end table

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>