File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / buffers-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:33 2000 UTC (20 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

    1: @c =============================================================
    2: @c = 元 翻 訳: 鈴木悦子@津田塾大学
    3: @c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
    4: @c =============================================================
    5: @c This is part of the Emacs manual.
    6: @c Copyright (C) 1985, 86, 87, 93, 94, 95, 1997 Free Software Foundation, Inc.
    7: @c See file emacs.texi for copying conditions.
    8: @node Buffers, Windows, Files, Top
    9: @c @chapter Using Multiple Buffers
   10: @chapter 複数のバッファの使い方
   11: 
   12: @c @cindex buffers
   13: @c   The text you are editing in Emacs resides in an object called a
   14: @c @dfn{buffer}.  Each time you visit a file, a buffer is created to hold the
   15: @c file's text.  Each time you invoke Dired, a buffer is created to hold the
   16: @c directory listing.  If you send a message with @kbd{C-x m}, a buffer named
   17: @c @samp{*mail*} is used to hold the text of the message.  When you ask for a
   18: @c command's documentation, that appears in a buffer called @samp{*Help*}.
   19: @cindex バッファ
   20: Emacs内で編集しているテキストは@dfn{バッファ}(buffer)と
   21: 呼ばれるオブジェクトの中に存在します。
   22: ファイルを訪問するたびに、
   23: ファイルのテキストを保持するバッファを作ります。
   24: diredを起動するたびに、ディレクトリ一覧を保持するバッファを作ります。
   25: @kbd{C-x m}でメッセージを送信するときには、
   26: メッセージのテキストを保持するためにバッファ@samp{*mail*}が使われます。
   27: コマンドの説明文を求めると、@samp{*Help*}と呼ばれるバッファに説明文が現れます。
   28: 
   29: @c @cindex selected buffer
   30: @c @cindex current buffer
   31: @cindex 選択されたバッファ
   32: @cindex カレントバッファ
   33: @c   At any time, one and only one buffer is @dfn{selected}.  It is also
   34: @c called the @dfn{current buffer}.  Often we say that a command operates on
   35: @c ``the buffer'' as if there were only one; but really this means that the
   36: @c command operates on the selected buffer (most commands do).
   37: どんなときでも、1つのバッファだけが@dfn{選択}されています。
   38: このバッファを@dfn{カレントバッファ}とも呼びます。
   39: バッファが1つしかないかのように、
   40: コマンドが『バッファ』に作用するといういい方をよくします。
   41: しかし、実際には、コマンドが選択されたバッファに作用するということです
   42: (多くのコマンドはそうする)。
   43: 
   44: @c   When Emacs has multiple windows, each window has a chosen buffer which
   45: @c is displayed there, but at any time only one of the windows is selected and
   46: @c its chosen buffer is the selected buffer.  Each window's mode line displays
   47: @c the name of the buffer that the window is displaying (@pxref{Windows}).
   48: 複数のウィンドウがあるとき、
   49: 各ウィンドウはそこに表示しているバッファを選んでいますが、
   50: いつでもそれらのウィンドウのうち1つだけが選択されていて、
   51: そのウィンドウに表示されているバッファが選択されているバッファです。
   52: 各ウィンドウのモード行は、
   53: そのウィンドウに表示しているバッファの名前を表示します(@pxref{Windows})。
   54: 
   55: @c   Each buffer has a name, which can be of any length, and you can select
   56: @c any buffer by giving its name.  Most buffers are made by visiting files,
   57: @c and their names are derived from the files' names.  But you can also create
   58: @c an empty buffer with any name you want.  A newly started Emacs has a buffer
   59: @c named @samp{*scratch*} which can be used for evaluating Lisp expressions in
   60: @c Emacs.  The distinction between upper and lower case matters in buffer
   61: @c names.
   62: 各バッファにはどんな長さでもよい名前があり、
   63: バッファ名を指定してバッファを選択できます。
   64: 多くのバッファはファイルを訪問することで作成され、
   65: それらの名前はファイル名から導き出します。
   66: 好きな名前で空のバッファを作ることもできます。
   67: Emacsを新たに始めると、Emacs内でLisp式の評価に使える
   68: @samp{*scratch*}という名前のバッファができます。
   69: バッファ名では大文字小文字を区別します。
   70: 
   71: @c   Each buffer records individually what file it is visiting, whether it is
   72: @c modified, and what major mode and minor modes are in effect in it
   73: @c (@pxref{Major Modes}).  Any Emacs variable can be made @dfn{local to} a
   74: @c particular buffer, meaning its value in that buffer can be different from
   75: @c the value in other buffers.  @xref{Locals}.
   76: 各バッファは独立に、どのファイルを訪問しているか、
   77: 変更されているか、どのメジャーモードとマイナモードを使っているか
   78: を記録しています。(@pxref{Major Modes})。
   79: どのEmacs変数も各バッファに@dfn{ローカルに}することができます。
   80: つまり、あるバッファでの変数の値を
   81: 他のバッファでのその変数の値とは違う値にできます。
   82: @xref{Locals}。
   83: 
   84: @menu
   85: * Select Buffer::       Creating a new buffer or reselecting an old one.
   86: * List Buffers::        Getting a list of buffers that exist.
   87: * Misc Buffer::	        Renaming; changing read-onlyness; copying text.
   88: * Kill Buffer::	        Killing buffers you no longer need.
   89: * Several Buffers::     How to go through the list of all buffers
   90: 			  and operate variously on several of them.
   91: * Indirect Buffers::    An indirect buffer shares the text of another buffer. 
   92: @end menu
   93: 
   94: @node Select Buffer, List Buffers, , Buffers
   95: @c @section Creating and Selecting Buffers
   96: @c @cindex change buffers
   97: @c @cindex switch buffers
   98: @section バッファの作成と選択
   99: @cindex バッファの変更
  100: @cindex バッファの切り替え
  101: 
  102: @table @kbd
  103: @item C-x b @var{buffer} @key{RET}
  104: @c Select or create a buffer named @var{buffer} (@code{switch-to-buffer}).
  105: @var{buffer}という名前のバッファを選択または作成する
  106: (@code{switch-to-buffer})。
  107: @item C-x 4 b @var{buffer} @key{RET}
  108: @c Similar, but select @var{buffer} in another window
  109: @c (@code{switch-to-buffer-other-window}).
  110: 同様だが、別のウィンドウで@var{buffer}を選択する
  111: (@code{switch-to-buffer-other-window})。
  112: @item C-x 5 b @var{buffer} @key{RET}
  113: @c Similar, but select @var{buffer} in a separate frame
  114: @c (@code{switch-to-buffer-other-frame}).
  115: 同様だが、別のフレームで@var{buffer}バッファを選択する
  116: (@code{switch-to-buffer-other-frame})。
  117: @end table
  118: 
  119: @kindex C-x 4 b
  120: @findex switch-to-buffer-other-window
  121: @kindex C-x 5 b
  122: @findex switch-to-buffer-other-frame
  123: @kindex C-x b
  124: @findex switch-to-buffer
  125: @c   To select the buffer named @var{bufname}, type @kbd{C-x b @var{bufname}
  126: @c @key{RET}}.  This runs the command @code{switch-to-buffer} with argument
  127: @c @var{bufname}.  You can use completion on an abbreviation for the buffer
  128: @c name you want (@pxref{Completion}).  An empty argument to @kbd{C-x b}
  129: @c specifies the most recently selected buffer that is not displayed in any
  130: @c window.@refill
  131: @var{bufname}という名前のバッファを選択するには、
  132: @kbd{C-x b @var{bufname} @key{RET}}と打ちます。
  133: これは、引数@var{bufname}でコマンド@code{switch-to-buffer}を実行します。
  134: バッファ名の略称形を補完することができます(@pxref{Completion})。
  135: @kbd{C-x b}に空の引数を指定すると、
  136: どのウィンドウにも表示されていない最近選択したバッファを意味します。
  137: 
  138: @c   Most buffers are created by visiting files, or by Emacs commands that
  139: @c want to display some text, but you can also create a buffer explicitly
  140: @c by typing @kbd{C-x b @var{bufname} @key{RET}}.  This makes a new, empty
  141: @c buffer that is not visiting any file, and selects it for editing.  Such
  142: @c buffers are used for making notes to yourself.  If you try to save one,
  143: @c you are asked for the file name to use.  The new buffer's major mode is
  144: @c determined by the value of @code{default-major-mode} (@pxref{Major
  145: @c Modes}).
  146: ほとんどのバッファは、ファイルを訪問することで作られるか、
  147: テキストを表示するようなEmacsコマンドによって作られますが、
  148: @kbd{C-x b @var{bufname} @key{RET}}と打って、
  149: 明示的にバッファを作ることもできます。
  150: こうすると、ファイルを訪問していない新しい空のバッファを作り、
  151: 編集できるようにそのバッファを選択します。
  152: このようなバッファは、自分用のメモを作るのに使います。
  153: これらのバッファを保存しようとすると、
  154: 使用するファイル名を聞かれます。
  155: 新しいバッファのメジャーモードは、
  156: @code{default-major-mode}の値で決まります(@pxref{Major Modes})。
  157: 
  158: @c   Note that @kbd{C-x C-f}, and any other command for visiting a file,
  159: @c can also be used to switch to an existing file-visiting buffer.
  160: @c @xref{Visiting}.
  161: @kbd{C-x C-f}やファイルを訪問する他のコマンドは、
  162: ファイルを訪問している既存のバッファへの切り替えにも使えることに
  163: 注意してください。
  164: @xref{Visiting}。
  165: 
  166: @c   Emacs uses buffer names that start with a space for internal purposes.
  167: @c It treats these buffers specially in minor ways---for example, by
  168: @c default they do not record undo information.  It is best to avoid using
  169: @c such buffer names yourself.
  170: Emacsは、内部目的用のバッファには、空白で始まるバッファ名を使います。
  171: Emacsは、これらのバッファを少々特別に扱います。
  172: たとえば、デフォルトでは、アンドゥ情報を記録しません。
  173: このようなバッファ名は避けるのが最良です。
  174: 
  175: @node List Buffers, Misc Buffer, Select Buffer, Buffers
  176: @c @section Listing Existing Buffers
  177: @section 既存バッファの一覧
  178: 
  179: @table @kbd
  180: @item C-x C-b
  181: @c List the existing buffers (@code{list-buffers}).
  182: 既存バッファを一覧表示する(@code{list-buffers})。
  183: @end table
  184: 
  185: @c @cindex listing current buffers
  186: @cindex カレントバッファの一覧
  187: @kindex C-x C-b
  188: @findex list-buffers
  189: @c   To display a list of all the buffers that exist, type @kbd{C-x C-b}.
  190: @c Each line in the list shows one buffer's name, major mode and visited
  191: @c file.  The buffers are listed in the order that they were current; the
  192: @c buffers that were current most recently come first.
  193: 既存のすべてのバッファを一覧表示するには、
  194: @kbd{C-x C-b}と打ちます。
  195: 各行は、バッファ名、メジャーモード、訪問しているファイルを示します。
  196: バッファは選択された順に表示されます。
  197: もっとも最近に選択されたバッファが始めにきます。
  198: 
  199: @c   @samp{*} at the beginning of a line indicates the buffer is ``modified.''
  200: @c If several buffers are modified, it may be time to save some with @kbd{C-x s}
  201: @c (@pxref{Saving}).  @samp{%} indicates a read-only buffer.  @samp{.} marks the
  202: @c selected buffer.  Here is an example of a buffer list:@refill
  203: 行頭の@samp{*}は、バッファが『修正され』ていることを示します。
  204: いくつかのバッファが修正されているなら、
  205: @kbd{C-x s}でいくつかのバッファを保存する時期かもしれません
  206: (@pxref{Saving})。
  207: @samp{%}は、読み出し専用バッファを示します。
  208: @samp{.}は選択されているバッファに付けられます。
  209: つぎは、バッファ一覧の例です。
  210: 
  211: @smallexample
  212:  MR Buffer         Size  Mode           File
  213:  -- ------         ----  ----           ----
  214: .*  emacs.tex      383402 Texinfo       /u2/emacs/man/emacs.tex
  215:     *Help*         1287  Fundamental	
  216:     files.el       23076 Emacs-Lisp     /u2/emacs/lisp/files.el
  217:   % RMAIL          64042 RMAIL          /u/rms/RMAIL
  218:  *% man            747   Dired          /u2/emacs/man/		
  219:     net.emacs      343885 Fundamental   /u/rms/net.emacs
  220:     fileio.c       27691 C              /u2/emacs/src/fileio.c
  221:     NEWS           67340 Text           /u2/emacs/etc/NEWS
  222:     *scratch*	   0	 Lisp Interaction
  223: @end smallexample
  224: 
  225: @noindent
  226: @c Note that the buffer @samp{*Help*} was made by a help request; it is not
  227: @c visiting any file.  The buffer @code{man} was made by Dired on the
  228: @c directory @file{/u2/emacs/man/}.
  229: バッファ@samp{*Help*}は、ヘルプ要求で作られたものです。
  230: このバッファはファイルを訪問していません。
  231: バッファ@code{man}は、
  232: ディレクトリ@file{/u2/emacs/man/}に対してdiredが作ったものです。
  233: 
  234: @need 2000
  235: @node Misc Buffer, Kill Buffer, List Buffers, Buffers
  236: @c @section Miscellaneous Buffer Operations
  237: @section その他のバッファ操作
  238: 
  239: @table @kbd
  240: @item C-x C-q
  241: @c Toggle read-only status of buffer (@code{vc-toggle-read-only}).
  242: バッファの読み出し専用状態を切り替える
  243: (@code{vc-toggle-read-only})。
  244: @item M-x rename-buffer @key{RET} @var{name} @key{RET}
  245: @c Change the name of the current buffer.
  246: カレントバッファの名前を変更する。
  247: @item M-x rename-uniquely
  248: @c Rename the current buffer by adding @samp{<@var{number}>} to the end.
  249: 名前の最後に@samp{<@var{number}>}を付加して
  250: カレントバッファ名を変更する。
  251: @item M-x view-buffer @key{RET} @var{buffer} @key{RET}
  252: @c Scroll through buffer @var{buffer}.
  253: バッファ@var{buffer}をスクロールする。
  254: @end table
  255: 
  256: @kindex C-x C-q
  257: @findex vc-toggle-read-only
  258: @vindex buffer-read-only
  259: @c @cindex read-only buffer
  260: @cindex 読み出し専用バッファ
  261: @c   A buffer can be @dfn{read-only}, which means that commands to change
  262: @c its contents are not allowed.  The mode line indicates read-only buffers
  263: @c with @samp{%%} or @samp{%*} near the left margin.  Read-only buffers are
  264: @c usually made by subsystems such as Dired and Rmail that have special
  265: @c commands to operate on the text; also by visiting a file whose access
  266: @c control says you cannot write it.
  267: バッファは、@dfn{読み出し専用}にもなります。
  268: そうすると、その内容を変更するコマンドは許されません。
  269: モード行では、左端付近に@samp{%%}や@samp{%*}を表示して、
  270: 読み出し専用バッファであることを示します。
  271: 通常、読み出し専用バッファは、テキストを操作する特別なコマンドを持つ
  272: diredやrmailなどのサブシステムが作ります。
  273: 書き込みを禁止されたファイルを訪問しても
  274: 読み出し専用バッファが作られます。
  275: 
  276: @c   If you wish to make changes in a read-only buffer, use the command
  277: @c @kbd{C-x C-q} (@code{vc-toggle-read-only}).  It makes a read-only buffer
  278: @c writable, and makes a writable buffer read-only.  In most cases, this
  279: @c works by setting the variable @code{buffer-read-only}, which has a local
  280: @c value in each buffer and makes the buffer read-only if its value is
  281: @c non-@code{nil}.  If the file is maintained with version control,
  282: @c @kbd{C-x C-q} works through the version control system to change the
  283: @c read-only status of the file as well as the buffer.  @xref{Version
  284: @c Control}.
  285: 読み出し専用バッファで変更したいときには、
  286: コマンド@kbd{C-x C-q}を使います(@code{vc-toggle-read-only})。
  287: これは、読み出し専用バッファは書き込み可能にし、
  288: 書き込み可能バッファは読み出し専用にします。
  289: 多くの場合、これは変数@code{buffer-read-only}を設定することで動作します。
  290: この変数は各バッファでローカルな値を持ち、
  291: 値が@code{nil}以外だとバッファは読み出し専用になります。
  292: ファイルが版管理の下に置かれている場合には、
  293: @kbd{C-x C-q}は版管理システムを介して
  294: バッファだけでなくファイルの読み出し専用の状態も変更します。
  295: @xref{Version Control}。
  296: 
  297: @c @findex rename-buffer
  298: @c   @kbd{M-x rename-buffer} changes the name of the current buffer.  Specify
  299: @c the new name as a minibuffer argument.  There is no default.  If you
  300: @c specify a name that is in use for some other buffer, an error happens and
  301: @c no renaming is done.
  302: @kbd{M-x rename-buffer}は、カレントバッファの名前を変更します。
  303: ミニバッファ引数として新しい名前を指定します。
  304: デフォルトはありません。
  305: すでに他のバッファに使っている名前を指定すると、
  306: エラーになり、名前は変更されません。
  307: 
  308: @c   @kbd{M-x rename-uniquely} renames the current buffer to a similar name
  309: @c with a numeric suffix added to make it both different and unique.  This
  310: @c command does not need an argument.  It is useful for creating multiple
  311: @c shell buffers: if you rename the @samp{*Shell*} buffer, then do @kbd{M-x
  312: @c shell} again, it makes a new shell buffer named @samp{*Shell*};
  313: @c meanwhile, the old shell buffer continues to exist under its new name.
  314: @c This method is also good for mail buffers, compilation buffers, and most
  315: @c Emacs features that create special buffers with particular names.
  316: @kbd{M-x rename-uniquely}は、
  317: 他のどれとも違う唯一の名前にするために、
  318: カレントバッファ名に数字の接尾辞を付け加えて似た名前に変更します。
  319: このコマンドは引数を必要としません。
  320: このコマンドは複数のシェルバッファを作るのに便利です。
  321: バッファ@samp{*Shell*}を改名すれば、
  322: @kbd{M-x shell}をふたたび実行して
  323: バッファ名@samp{*Shell*}の新しいシェルバッファを作れます。
  324: 一方、古いシェルバッファは、新しい名前で存在し続けます。
  325: この方法は、メイルバッファ、コンパイルバッファ、
  326: 特定の名前のバッファを作るEmacsの多くの機能にも有効です。
  327: 
  328: @findex view-buffer
  329: @c   @kbd{M-x view-buffer} is much like @kbd{M-x view-file} (@pxref{Misc
  330: @c File Ops}) except that it examines an already existing Emacs buffer.
  331: @c View mode provides commands for scrolling through the buffer
  332: @c conveniently but not for changing it.  When you exit View mode with
  333: @c @kbd{q}, that switches back to the buffer (and the position) which was
  334: @c previously displayed in the window.  Alternatively, if you exit View
  335: @c mode with @kbd{e}, the buffer and the value of point that resulted from
  336: @c your perusal remain in effect.
  337: @kbd{M-x view-buffer}は、既存のEmacsバッファを調べることを除けば、
  338: @kbd{M-x view-file}(@pxref{Misc File Ops})によく似ています。
  339: 閲覧(view)モードには、バッファを簡単にスクロールするための
  340: コマンドがありますが、変更するコマンドはありません。
  341: @kbd{q}で閲覧(view)モードから抜けると、
  342: ウィンドウにまえに表示していたバッファ(とその中での箇所)に切り替わります。
  343: あるいは、@kbd{e}で閲覧(view)モードから抜けると、
  344: 閲覧していたバッファとそのポイント位置はそのまま残ります。
  345: 
  346: @c   The commands @kbd{M-x append-to-buffer} and @kbd{M-x insert-buffer}
  347: @c can be used to copy text from one buffer to another.  @xref{Accumulating
  348: @c Text}.@refill
  349: コマンド、@kbd{M-x append-to-buffer}と@kbd{M-x insert-buffer}は、
  350: 1つのバッファから別のバッファへテキストをコピーするのに使います。
  351: @xref{Accumulating Text}。
  352: 
  353: @node Kill Buffer, Several Buffers, Misc Buffer, Buffers
  354: @c @section Killing Buffers
  355: @section バッファの消去
  356: 
  357: @c @cindex killing buffers
  358: @cindex バッファの消去
  359: @c   If you continue an Emacs session for a while, you may accumulate a
  360: @c large number of buffers.  You may then find it convenient to @dfn{kill}
  361: @c the buffers you no longer need.  On most operating systems, killing a
  362: @c buffer releases its space back to the operating system so that other
  363: @c programs can use it.  Here are some commands for killing buffers:
  364: Emacsのセッションをしばらく続けると、
  365: たくさんの数のバッファが溜っているでしょう。
  366: もう必要としないバッファを@dfn{消去}したほうがよいと思うかもしれません。
  367: 多くのオペレーティングシステムでは、
  368: バッファを消去するとそのメモリ領域を解放して
  369: オペレーティングシステムに返すので、
  370: 他のプログラムが使えるようになります。
  371: バッファを消去するコマンドをいくつかあげます。
  372: 
  373: @c WideCommands
  374: @table @kbd
  375: @item C-x k @var{bufname} @key{RET}
  376: @c Kill buffer @var{bufname} (@code{kill-buffer}).
  377: バッファ@var{bufname}を消去する(@code{kill-buffer})。
  378: @item M-x kill-some-buffers
  379: @c Offer to kill each buffer, one by one.
  380: 1つ1つ各バッファを消去するかどうか聞いてくる。
  381: @end table
  382: 
  383: @findex kill-buffer
  384: @findex kill-some-buffers
  385: @kindex C-x k
  386: 
  387: @c   @kbd{C-x k} (@code{kill-buffer}) kills one buffer, whose name you
  388: @c specify in the minibuffer.  The default, used if you type just @key{RET}
  389: @c in the minibuffer, is to kill the current buffer.  If you kill the
  390: @c current buffer, another buffer is selected; one that has been selected
  391: @c recently but does not appear in any window now.  If you ask to kill a
  392: @c file-visiting buffer that is modified (has unsaved editing), then you
  393: @c must confirm with @kbd{yes} before the buffer is killed.
  394: @kbd{C-x k}(@code{kill-buffer})は、
  395: ミニバッファで指定した名前のバッファを消去します。
  396: ミニバッファで@key{RET}だけ打ったときに使われるデフォルトは、
  397: カレントバッファを消去することです。
  398: カレントバッファを消去すると、別のバッファが選択されます。
  399: どのウィンドウにも表示されていない、
  400: もっとも最近に選択されたバッファです。
  401: ファイルを訪問して修正してある(編集後に保存していない)バッファを
  402: 消去しようとすると、バッファを消去するまえに@kbd{yes}での確認を求めます。
  403: 
  404: @c   The command @kbd{M-x kill-some-buffers} asks about each buffer, one by
  405: @c one.  An answer of @kbd{y} means to kill the buffer.  Killing the current
  406: @c buffer or a buffer containing unsaved changes selects a new buffer or asks
  407: @c for confirmation just like @code{kill-buffer}.
  408: コマンド@kbd{M-x kill-some-buffers}は、
  409: 1つ1つ各バッファについて消去するか聞いてきます。
  410: @kbd{y}と答えると、そのバッファを消去します。
  411: カレントバッファや未保存の変更を含むバッファを消去しようとすると、
  412: 新しいバッファを選択するか@code{kill-buffer}のように確認を求めてきます。
  413: 
  414: @c   The buffer menu feature (@pxref{Several Buffers}) is also convenient
  415: @c for killing various buffers.
  416: バッファメニュー機能(@pxref{Several Buffers})も、
  417: さまざまなバッファを削除するのに便利です。
  418: 
  419: @vindex kill-buffer-hook
  420: @c   If you want to do something special every time a buffer is killed, you
  421: @c can add hook functions to the hook @code{kill-buffer-hook} (@pxref{Hooks}).
  422: バッファを削除するときに、毎回何か特別なことをしたいならば、
  423: フック@code{kill-buffer-hook}にフック関数を追加します(@pxref{Hooks})。
  424: 
  425: @findex clean-buffer-list
  426: @c   If you run one Emacs session for a period of days, as many people do,
  427: @c it can fill up with buffers that you used several days ago.  The command
  428: @c @kbd{M-x clean-buffer-list} is a convenient way to purge them; it kills
  429: @c all the unmodified buffers that you have not used for a long time.  An
  430: @c ordinary buffer is killed if it has not been displayed for three days;
  431: @c however, you can specify certain buffers that should never be killed
  432: @c automatically, and others that should be killed if they have been unused
  433: @c for a mere hour.
  434: 多くの人々がやるように、何日にもわたってたった1つのEmacsセッションを
  435: 実行する場合、数日前に使ったバッファで一杯になることがあります。
  436: コマンド@kbd{M-x clean-buffer-list}は、
  437: それらのバッファを消去する便利な方法です。
  438: 長い期間にわたって使っていない未修正のバッファすべてを消去します。
  439: 3日間表示していない普通のバッファは消去されます。
  440: しかし、特定のバッファを自動的には消去しないようにしたり、
  441: ほんの数時間使用しないだけで消去するようにも指定できます。
  442: 
  443: @c @cindex Midnight mode
  444: @cindex 真夜中モード(Midnight mode)
  445: @vindex midnight-mode
  446: @vindex midnight-hook
  447: @c   You can also have this buffer purging done for you, every day at
  448: @c midnight, by enabling Midnight mode.  Midnight mode operates each day at
  449: @c midnight; at that time, it runs @code{clean-buffer-list}, or whichever
  450: @c functions you have placed in the normal hook @code{midnight-hook}
  451: @c (@pxref{Hooks}).
  452: 真夜中(midnight)モードをオンにすれば、
  453: このようなバッファの消去を毎日真夜中に行わせることもできます。
  454: 真夜中(midnight)モードは、毎日真夜中に動作します。
  455: 真夜中に、@code{clean-buffer-list}、あるいは、
  456: ノーマルフック@code{midnight-hook}に指定した関数を実行します。
  457: 
  458: @c   To enable Midnight mode, use the Customization buffer to set the
  459: @c variable @code{midnight-mode} to @code{t}.  @xref{Easy Customization}.
  460: 真夜中(midnight)モードをオンにするには、
  461: カスタマイズ(customization)バッファを使って、
  462: 変数@code{midnight-mode}に@code{t}を設定します。
  463: @xref{Easy Customization}。
  464: 
  465: @node Several Buffers, Indirect Buffers, Kill Buffer, Buffers
  466: @c @section Operating on Several Buffers
  467: @c @cindex buffer menu
  468: @section 複数バッファの操作
  469: @cindex バッファメニュー
  470: 
  471: @c   The @dfn{buffer-menu} facility is like a ``Dired for buffers''; it allows
  472: @c you to request operations on various Emacs buffers by editing an Emacs
  473: @c buffer containing a list of them.  You can save buffers, kill them
  474: @c (here called @dfn{deleting} them, for consistency with Dired), or display
  475: @c them.
  476: @dfn{バッファメニュー}(buffer-menu)機能は
  477: 『バッファに対するdired』に似ています。
  478: このコマンドは、バッファ一覧を収めたEmacsバッファを編集することで、
  479: さまざまなEmacsバッファを操作できます。
  480: バッファの保存、消去(ここではdiredとの一貫性のために@dfn{削除}と呼ぶ)、
  481: 表示を行うことができます。
  482: 
  483: @table @kbd
  484: @item M-x buffer-menu
  485: @c Begin editing a buffer listing all Emacs buffers.
  486: すべてのEmacsバッファの一覧を収めたバッファを編集し始める。
  487: @end table
  488: 
  489: @findex buffer-menu
  490: @c   The command @code{buffer-menu} writes a list of all Emacs buffers into
  491: @c the buffer @samp{*Buffer List*}, and selects that buffer in Buffer Menu
  492: @c mode.  The buffer is read-only, and can be changed only through the
  493: @c special commands described in this section.  The usual Emacs cursor
  494: @c motion commands can be used in the @samp{*Buffer List*} buffer.  The
  495: @c following commands apply to the buffer described on the current line.
  496: コマンド@code{buffer-menu}は、
  497: すべてのEmacsバッファの一覧をバッファ@samp{*Buffer List*}に書き、
  498: そのバッファをバッファメニュー(buffer-menu)モードにして
  499: 選択します。
  500: そのバッファは読み出し専用で、本節で述べる特別なコマンドでのみ変更できます。
  501: 普通のEmacsカーソル移動コマンドは、@samp{*Buffer List*}バッファでも使えます。
  502: つぎにあげるコマンドは、現在行に書かれているバッファに作用します。
  503: 
  504: @table @kbd
  505: @item d
  506: @c Request to delete (kill) the buffer, then move down.  The request
  507: @c shows as a @samp{D} on the line, before the buffer name.  Requested
  508: @c deletions take place when you type the @kbd{x} command.
  509: バッファを削除(消去)するように指示し、1行下へ移動する。
  510: この指示は、その行のバッファ名のまえに@samp{D}を表示する。
  511: 指示した削除は、@kbd{x}コマンドを打ったときに実行される。
  512: @item C-d
  513: @c Like @kbd{d} but move up afterwards instead of down.
  514: @kbd{d}に似ているが、1行下へ移動するかわりに上へ移動する。
  515: @item s
  516: @c Request to save the buffer.  The request shows as an @samp{S} on the
  517: @c line.  Requested saves take place when you type the @kbd{x} command.
  518: @c You may request both saving and deletion for the same buffer.
  519: バッファを保存するように指示する。
  520: この指示により、行には@samp{S}が表示される。
  521: 指示した保存は、@kbd{x}コマンドを打ったときに実行される。
  522: 同じバッファに対して、保存と削除の両方を指示できる。
  523: @item x
  524: @c Perform previously requested deletions and saves.
  525: まえに指示した削除と保存を実行する。
  526: @item u
  527: @c Remove any request made for the current line, and move down.
  528: 現在行に対する指示を消し、1行下へ移動する。
  529: @item @key{DEL}
  530: @c Move to previous line and remove any request made for that line.
  531: 1つまえの行に移動し、その行に対するどんな指示も消す。
  532: @end table
  533: 
  534: @c   The @kbd{d}, @kbd{C-d}, @kbd{s} and @kbd{u} commands to add or remove
  535: @c flags also move down (or up) one line.  They accept a numeric argument
  536: @c as a repeat count.
  537: @kbd{d}、@kbd{C-d}、@kbd{s}、@kbd{u}コマンドは、
  538: フラグを追加または削除して、1行下へ(あるいは上へ)移動します。
  539: これらのコマンドは、反復回数として数引数を取ります。
  540: 
  541: @c   These commands operate immediately on the buffer listed on the current
  542: @c line:
  543: つぎにあげるコマンドは、現在行に書かれているバッファにただちに作用します。
  544: 
  545: @table @kbd
  546: @item ~
  547: @c Mark the buffer ``unmodified.''  The command @kbd{~} does this
  548: @c immediately when you type it.
  549: バッファに『変更なし』と印を付ける。
  550: コマンド@kbd{~}を打つと、ただちに実行する。
  551: @item %
  552: @c Toggle the buffer's read-only flag.  The command @kbd{%} does
  553: @c this immediately when you type it.
  554: バッファの読み出し専用フラグをトグルする。
  555: コマンド@kbd{%}を打つと、ただちに実行する。
  556: @item t
  557: @c Visit the buffer as a tags table.  @xref{Select Tags Table}.
  558: タグテーブルとしてバッファを訪問する。
  559: @pxref{Select Tags Table}。
  560: @end table
  561: 
  562: @c   There are also commands to select another buffer or buffers:
  563: 他のバッファや複数のバッファを選択するコマンドもあります。
  564: 
  565: @table @kbd
  566: @item q
  567: @c Quit the buffer menu---immediately display the most recent formerly
  568: @c visible buffer in its place.
  569: バッファメニューをやめる。
  570: このウィンドウには、ここに表示していたもっとも最近のバッファを表示する。
  571: @item @key{RET}
  572: @itemx f
  573: @c Immediately select this line's buffer in place of the @samp{*Buffer
  574: @c List*} buffer.
  575: @samp{*Buffer List*}のかわりに、この行のバッファをただちに選択する。
  576: @item o
  577: @c Immediately select this line's buffer in another window as if by
  578: @c @kbd{C-x 4 b}, leaving @samp{*Buffer List*} visible.
  579: @kbd{C-x 4 b}のように、別のウィンドウでこの行のバッファをただちに選択する。
  580: @samp{*Buffer List*}はそのまま。
  581: @item C-o
  582: @c Immediately display this line's buffer in another window, but don't
  583: @c select the window.
  584: 別のウィンドウにこの行のバッファをただちに表示するが、
  585: そのウィンドウを選択しない。
  586: @item 1
  587: @c Immediately select this line's buffer in a full-screen window.
  588: この行のバッファを画面一杯のウィンドウにただちに選択する。
  589: @item 2
  590: @c Immediately set up two windows, with this line's buffer in one, and the
  591: @c previously selected buffer (aside from the buffer @samp{*Buffer List*})
  592: @c in the other.
  593: ただちに2つのウィンドウにして、
  594: この行のバッファをその1つに、
  595: (@samp{*Buffer List*}バッファを除いて)まえに選択していたバッファを
  596: もう1つに表示する。
  597: @item b
  598: @c Bury the buffer listed on this line.
  599: この行のバッファを一覧の最後に移す。
  600: @item m
  601: @c Mark this line's buffer to be displayed in another window if you exit
  602: @c with the @kbd{v} command.  The request shows as a @samp{>} at the
  603: @c beginning of the line.  (A single buffer may not have both a delete
  604: @c request and a display request.)
  605: @kbd{v}コマンドでバッファメニューをやめたときに、
  606: この行のバッファを別のウィンドウに表示するように印を付ける。
  607: この指示は、行頭に@samp{>} を表示する。
  608: (1つのバッファに、削除指示と表示指示の両方を付けることはできない。)
  609: @item v
  610: @c Immediately select this line's buffer, and also display in other windows
  611: @c any buffers previously marked with the @kbd{m} command.  If you have not
  612: @c marked any buffers, this command is equivalent to @kbd{1}.
  613: ただちにこの行のバッファを選択し、
  614: 別のウィンドウ群には@kbd{m}コマンドで印を付けたバッファ群を表示する。
  615: 印を付けたバッファがなければ、このコマンドは@kbd{1}コマンドと同じ。
  616: @end table
  617: 
  618: @c   All that @code{buffer-menu} does directly is create and switch to a
  619: @c suitable buffer, and turn on Buffer Menu mode.  Everything else
  620: @c described above is implemented by the special commands provided in
  621: @c Buffer Menu mode.  One consequence of this is that you can switch from
  622: @c the @samp{*Buffer List*} buffer to another Emacs buffer, and edit there.
  623: @c You can reselect the @samp{*Buffer List*} buffer later, to perform the
  624: @c operations already requested, or you can kill it, or pay no further
  625: @c attention to it.
  626: @code{buffer-menu}が直接行うことは、
  627: 適切なバッファを作成してそれに切り替えてから、
  628: バッファメニュー(buffer-menu)モードにすることです。
  629: それ以外の上に述べたことはすべて、
  630: バッファメニュー(buffer-menu)モードが用意した特別なコマンドで
  631: 実装されています。
  632: その結果、@samp{*Buffer List*}バッファから別のEmacsバッファへ切り替えて、
  633: そこで編集できます。
  634: あとで@samp{*Buffer List*}バッファをふたたび選択してすでに指示した操作を実行したり、
  635: このバッファを削除したり、無視したりもできます。
  636: 
  637: @c   The only difference between @code{buffer-menu} and @code{list-buffers}
  638: @c is that @code{buffer-menu} switches to the @samp{*Buffer List*} buffer
  639: @c in the selected window; @code{list-buffers} displays it in another
  640: @c window.  If you run @code{list-buffers} (that is, type @kbd{C-x C-b})
  641: @c and select the buffer list manually, you can use all of the commands
  642: @c described here.
  643: @code{buffer-menu}と@code{list-buffers}の唯一の違いは、
  644: @code{buffer-menu}は選択されたウィンドウで
  645: @samp{*Buffer List*}バッファに切り替えることです。
  646: @code{list-buffers}は別のウィンドウにこのバッファを表示するだけです。
  647: @code{list-buffers}を実行し(つまり、@kbd{C-x C-b}と打つ)、
  648: @samp{*Buffer List*}バッファを手動で選択すると、
  649: ここに述べたすべてのコマンドを使えます。
  650: 
  651: @c   The buffer @samp{*Buffer List*} is not updated automatically when
  652: @c buffers are created and killed; its contents are just text.  If you have
  653: @c created, deleted or renamed buffers, the way to update @samp{*Buffer
  654: @c List*} to show what you have done is to type @kbd{g}
  655: @c (@code{revert-buffer}) or repeat the @code{buffer-menu} command.
  656: バッファを作成したり削除したりしても、
  657: バッファ@samp{*Buffer List*}は自動的に更新されません。
  658: その内容はただのテキストにすぎません。
  659: バッファを作成/削除/改名したら、
  660: 現在のバッファの状態を見るために@samp{*Buffer List*}を更新する方法は、
  661: @kbd{g}(@code{revert-buffer})を打つか、
  662: @code{buffer-menu}コマンドを再度実行することです。
  663: 
  664: @node Indirect Buffers, , Several Buffers, Buffers
  665: @c @section Indirect Buffers
  666: @c @cindex indirect buffer
  667: @c @cindex base buffer
  668: @section 間接バッファ
  669: @cindex 間接バッファ
  670: @cindex 基底バッファ
  671: 
  672: @c   An @dfn{indirect buffer} shares the text of some other buffer, which
  673: @c is called the @dfn{base buffer} of the indirect buffer.  In some ways it
  674: @c is the analogue, for buffers, of a symbolic link between files.
  675: @dfn{間接バッファ}は、他のバッファとテキストを共有します。
  676: そのような他のバッファを間接バッファの@dfn{基底バッファ}と呼びます。
  677: ある意味で、ファイルのあいだのシンボリックリンクに似ています。
  678: 
  679: @table @kbd
  680: @findex make-indirect-buffer
  681: @item M-x make-indirect-buffer @var{base-buffer} @key{RET} @var{indirect-name} @key{RET}
  682: @c Create an indirect buffer named @var{indirect-name} whose base buffer
  683: @c is @var{base-buffer}.
  684: @var{base-buffer}を基底バッファとする間接バッファ@var{indirect-name}を作る。
  685: @end table
  686: 
  687: @c   The text of the indirect buffer is always identical to the text of its
  688: @c base buffer; changes made by editing either one are visible immediately
  689: @c in the other.  But in all other respects, the indirect buffer and its
  690: @c base buffer are completely separate.  They have different names,
  691: @c different values of point, different narrowing, different markers,
  692: @c different major modes, and different local variables.
  693: 間接バッファのテキストはつねに基底バッファのテキストと同じです。
  694: どちらか片方を編集して変更すると、他方のバッファでもすぐにそれが見えます。
  695: しかし、それ以外のすべての点では、
  696: 間接バッファとその基底バッファは完全に別のものです。
  697: これらは、異なる名前、異なるポイントの値、異なるナロイング、
  698: 異なるマーカ、異なるメジャーモード、異なるローカル変数を持ちます。
  699: 
  700: @c   An indirect buffer cannot visit a file, but its base buffer can.  If
  701: @c you try to save the indirect buffer, that actually works by saving the
  702: @c base buffer.  Killing the base buffer effectively kills the indirect
  703: @c buffer, but killing an indirect buffer has no effect on its base buffer.
  704: 間接バッファではファイルを訪問できませんが、
  705: 基底バッファではできます。
  706: 間接バッファを保存しようとすると、実際には基底バッファを保存します。
  707: 基底バッファを消去すると間接バッファも消去されますが、
  708: 間接バッファを消去しても基底バッファには影響しません。
  709: 
  710: @c   One way to use indirect buffers is to display multiple views of an
  711: @c outline.  @xref{Outline Views}.
  712: 間接バッファの使い方の1つは、アウトラインを複数の視点で表示することです。
  713: @xref{Outline Views}。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>