File:  [Local Repository] / gnujdoc / cvs-1.10 / README.ja
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Fri Apr 30 08:46:00 1999 UTC (21 years, 6 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New file

    1: このアーカイブには、CVS 1.10 に含まれている cvs.texinfo の日本語訳が含
    2: まれています。これは cvs-1_10-ja.texi.tar.gz のバージョン 1.01 です。
    3: CVS 1.9の cvs.texinfo の日本語訳は廣保 誠さんによっておこなわれました。
    4: そのバージョンは cvs-jp-19991025.tar.gz として配布されています。CVS
    5: 1.9 から CVS 1.10 の cvs.texinfo の訳への更新は Yoshiki Hayashi が行い
    6: ました。
    7: 
    8: このアーカイブには以下のファイルがあります。
    9: README.ja		このファイル
   10: cvs-ja.texinfo		CVS 1.10 の cvs.texinfo の日本語訳
   11: CVSvn.texinfo		CVS 1.10 のソース配布から抜き出したもの
   12: cvs-ja.dat		訳語の部分的一覧
   13: 
   14: @documentencoding
   15: @documentlanguage
   16: は、現在リリースされている GNU Texinfo 3.12、Emacs 20.3 の texinfmt.el 
   17: では扱えないため、@iftex で囲ってあります。TeX にかけるときは、GNU の 
   18: anonymous ftp もしくはそのミラーサイトから最新の texinfo.tex を取得し
   19: てください。txi-ja.tex ができれば、`Appendix' を `付録' とするなど、日
   20: 本語での表示をすることができるようになるでしょう。
   21: 
   22: Info, dvi への変換
   23: Emacs 上で Info ファイルに変換する方法以外は、GNU Texinfo をインストー
   24: ルする必要があります。Texinfo は、GNU の anonymous ftp からか、そのミ
   25: ラーサイトから取得できます。その場合は、現状では 3.12 よりも後のバージョ
   26: ン (pretest版) が必要です。http://texinfo.org 参照。
   27: 
   28: Info への変換
   29: makeinfo cvs-ja.texinfo
   30: とするか、Emacs から、
   31: C-x C-f cvs-ja.texinfo
   32: M-x texinfo-every-node-update
   33: M-x texinfo-format-buffer
   34: C-x C-s
   35: とします。makeinfo を使う場合は、Texinfo 3.12 よりも後のバージョンを使用
   36: してください。(今は pretest 版しかありません。)
   37: 
   38: dvi への変換
   39: ptex、もしくは jtex が必要です。私の環境では jtex の動作は未確認です。
   40: Bourne shell 系は
   41: export TEX=ptex
   42: C shell 系は
   43: setenv TEX ptex
   44: とし、
   45: texi2dvi cvs-ja.texinfo
   46: とします。
   47: また、
   48: ptex cvs-ja.texinfo
   49: texindex cvs-ja.??
   50: ptex cva-ja.texinfo
   51: でも可能です。詳しくは、GNU Texinfo に含まれている texinfo.txi を読ん
   52: でください。
   53: jtex を使う場合は上記の ptex のところを jtex に変更してください。
   54: 
   55: Yoshiki Hayashi
   56: <g740685@komaba.ecc.u-tokyo.ac.jp>

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>