File:  [Local Repository] / gnujdoc / autoconf-2.54 / install-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Sat Sep 21 08:48:42 2002 UTC (18 years ago) by futoshi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
Add Autoconf-2.54

    1: @c This file is included by autoconf.texi and is used to produce
    2: @c the INSTALL file.
    3: 
    4: @ifclear autoconf
    5: 
    6: Copyright @copyright{} 1994, 1995, 1996, 1999, 2000, 2001, 2002 Free Software
    7: Foundation, Inc.
    8: 
    9: @c This file is free documentation; the Free Software Foundation gives
   10: @c unlimited permission to copy, distribute and modify it.
   11: @c 
   12: このファイルはフリーのドキュメントです.Free Software Foundationはそれを
   13: 無制限にコピーし,配布し,そして編集する許可を与えています.
   14: 
   15: @end ifclear
   16: 
   17: @node Basic Installation
   18: @c @section Basic Installation
   19: @section 基本的なインストール
   20: 
   21: @c These are generic installation instructions.
   22: @c 
   23: 以下は一般的なインストールの説明書です.
   24: 
   25: @c The @command{configure} shell script attempts to guess correct values
   26: @c for various system-dependent variables used during compilation.  It uses
   27: @c those values to create a @file{Makefile} in each directory of the
   28: @c package.  It may also create one or more @file{.h} files containing
   29: @c system-dependent definitions.  Finally, it creates a shell script
   30: @c @file{config.status} that you can run in the future to recreate the
   31: @c current configuration, and a file @file{config.log} containing compiler
   32: @c output (useful mainly for debugging @command{configure}).
   33: @c 
   34: @command{configure}シェルスクリプトは,コンパイル時に使用する様々なシス
   35: テム依存の変数の正しい値を推測します.パッケージのそれぞれのディレクトリ
   36: の@file{Makefile}を作成するために,これらの値が使用されます.システム依
   37: 存の定義を含んでいる,一つ以上の@file{.h}ファイルも作成します.終りに,
   38: 現在のコンフィグレーションを将来再生成するために実行可能なシェルスクリプ
   39: ト@file{config.status}と,コンパイラの出力を含んでいるファイル
   40: @file{config.log} (主に@command{configure}のデバッグで役立ちます)を作成
   41: します.
   42: 
   43: @c It can also use an optional file (typically called @file{config.cache}
   44: @c and enabled with @option{--cache-file=config.cache} or simply
   45: @c @option{-C}) that saves the results of its tests to speed up
   46: @c reconfiguring.  (Caching is disabled by default to prevent problems with
   47: @c accidental use of stale cache files.)
   48: @c 
   49: 再コンフィグレーションのスピードをあげるため,テストの結果を保存する追加
   50: ファイルも使用することが可能です(通常,@file{config.cache}と呼ばれ,
   51: @option{--cache-file=config.cache}や短い@option{-C}で利用可能になります).
   52: (古いキャッシュファイルを偶然使用することによる問題を避けるため,キャッ
   53: シュはデフォルトで利用不可能になっています.)
   54: 
   55: @c If you need to do unusual things to compile the package, please try to
   56: @c figure out how @command{configure} could check whether to do them, and
   57: @c mail diffs or instructions to the address given in the @file{README} so
   58: @c they can be considered for the next release.  If you are using the
   59: @c cache, and at some point @file{config.cache} contains results you don't
   60: @c want to keep, you may remove or edit it.
   61: @c 
   62: パッケージをコンパイルするため,通常行なうこと以外のことをする必要がある
   63: 場合,@command{configure}がどのように調査したのかを理解し,次のリリース
   64: に反映できるように,@file{README}にあるアドレスに差分や説明をメールして
   65: ください.キャッシュを使用していて,@file{config.cache}が含む結果に保持
   66: したくないものがある場合,削除しても編集してもかまいません.
   67: 
   68: @c The file @file{configure.ac} (or @file{configure.in}) is used to create
   69: @c @file{configure} by a program called @code{autoconf}.  You only need
   70: @c @file{configure.ac} if you want to change it or regenerate
   71: @c @file{configure} using a newer version of @code{autoconf}.
   72: @c 
   73: ファイル@file{configure.ac} (または@file{configure.in})は,
   74: @code{autoconf}と呼ばれるプログラムで,@file{configure}を作成するために
   75: 使用されます.それを変更したり,新しいバージョンの@code{autoconf}で
   76: @file{configure}を再生成したい場合だけ,@file{configure.ac}が必要です.
   77: 
   78: @noindent
   79: @c The simplest way to compile this package is:
   80: @c 
   81: このパッケージをコンパイルする最も単純な方法は,以下の通りです.
   82: 
   83: @enumerate
   84: @item
   85: @c @code{cd} to the directory containing the package's source code and type
   86: @c @samp{./configure} to configure the package for your system.  If you're
   87: @c using @code{csh} on an old version of System V, you might need to type
   88: @c @samp{sh ./configure} instead to prevent @code{csh} from trying to
   89: @c execute @command{configure} itself.
   90: @c 
   91: パッケージのソースコード含んでいるディレクトリに@code{cd}して,システム
   92: に対するパッケージのコンフィグレーションを行なうために@samp{./configure} 
   93: と入力してください.System Vの古いバージョンの@code{csh}を使用している場
   94: 合,@code{csh}自身から@command{configure}を実行しないようにするため,
   95: @samp{sh ./configure}と入力する必要があるかもしれません.
   96: 
   97: @c Running @command{configure} takes awhile.  While running, it prints some
   98: @c messages telling which features it is checking for.
   99: @c 
  100: @command{configure}の実行にはしばらくかかります.実行中,調査している特
  101: 徴を伝えるメッセージを出力します.
  102: 
  103: @item
  104: @c Type @samp{make} to compile the package.
  105: @c 
  106: パッケージをコンパイルするために@samp{make}と入力してください.
  107: 
  108: @item
  109: @c Optionally, type @samp{make check} to run any self-tests that come with
  110: @c the package.
  111: @c 
  112: オプションとして,パッケージ付属の自己テストを実行するため,@samp{make
  113: check}と入力してください.
  114: 
  115: @item
  116: @c Type @samp{make install} to install the programs and any data files and
  117: @c documentation.
  118: @c 
  119: プログラムと,全てのデータファイルと,ドキュメントをインストールするため,
  120: @samp{make install}と入力してください.
  121: 
  122: @item
  123: @c You can remove the program binaries and object files from the source
  124: @c code directory by typing @samp{make clean}.  To also remove the files
  125: @c that @command{configure} created (so you can compile the package for a
  126: @c different kind of computer), type @samp{make distclean}.  There is also
  127: @c a @samp{make maintainer-clean} target, but that is intended mainly for
  128: @c the package's developers.  If you use it, you may have to get all sorts
  129: @c of other programs in order to regenerate files that came with the
  130: @c distribution.
  131: @c 
  132: @samp{make clean}と入力することで,ソースコードディレクトリからプログラ
  133: ムのバイナリやオブジェクトファイルを削除することが可能です.(異なる種類
  134: のコンピュータに対するパッケージをコンパイルすることが可能になるように)
  135: @command{configure}が作成したファイルも削除するためには,@samp{make
  136: distclean}と入力してください.@samp{make maintainer-clean}ターゲットもあ
  137: りますが,主にパッケージ開発者用です.それを使用する場合,配布物の付属ファ
  138: イルを再生成するため,いろいろな種類の他のプログラムを入手する必要がある
  139: かもしれません.
  140: @end enumerate
  141: 
  142: @node Compilers and Options
  143: @c @section Compilers and Options
  144: @section コンパイラとオプション
  145: 
  146: @c Some systems require unusual options for compilation or linking that the
  147: @c @command{configure} script does not know about.  Run @samp{./configure
  148: @c --help} for details on some of the pertinent environment variables.
  149: @c 
  150: @command{configure}スクリプトが知らない,通常は使用しないコンパイルやリ
  151: ンクのオプションが必要なシステムもあります.妥当な環境変数の詳細を得るた
  152: めに,@samp{./configure --help}を実行してください.
  153: 
  154: @c You can give @command{configure} initial values for configuration
  155: @c parameters by setting variables in the command line or in the environment.
  156: @c Here is an example:
  157: @c 
  158: コマンドラインや環境変数で変数を設定することで,コンフィグレーションパラ
  159: メータの初期値を@command{configure}に与えることが可能です.例えば以下の
  160: ようにします.
  161: 
  162: @example
  163: ./configure CC=c89 CFLAGS=-O2 LIBS=-lposix
  164: @end example
  165: 
  166: @c @xref{Defining Variables}, for more details.
  167: @c 
  168: 詳細は,@xref{Defining Variables}.
  169: 
  170: 
  171: @node Multiple Architectures
  172: @c @section Compiling For Multiple Architectures
  173: @section 複数のアーキテクチャに対するコンパイル
  174: 
  175: @c You can compile the package for more than one kind of computer at the
  176: @c same time, by placing the object files for each architecture in their
  177: @c own directory.  To do this, you must use a version of @command{make}
  178: @c that supports the @code{VPATH} variable, such as GNU @command{make}.
  179: @c @command{cd} to the directory where you want the object files and
  180: @c executables to go and run the @command{configure} script.
  181: @c @command{configure} automatically checks for the source code in the
  182: @c directory that @command{configure} is in and in @file{..}.
  183: @c 
  184: それぞれのアーキテクチャに対するオブジェクトファイルをそれ自身のディレク
  185: トリに置くことで,同時に1種類以上のコンピュータに対するパッケージをコン
  186: パイルすることが可能です.こうするために,GNU @command{make}の様に, 
  187: @code{VPATH}変数をサポートする@command{make}のバージョンを使用する必要が
  188: あります.オブジェクトファイルと実行可能なファイルを配置したいディレクト
  189: リに @command{cd}して,@command{configure}スクリプトを実行してください.
  190: @command{configure}は,@command{configure}があるディレクトリと@file{..} 
  191: でソースコードを自動的に調査します.
  192: 
  193: @c If you have to use a @command{make} that does not support the
  194: @c @code{VPATH} variable, you have to compile the package for one
  195: @c architecture at a time in the source code directory.  After you have
  196: @c installed the package for one architecture, use @samp{make distclean}
  197: @c before reconfiguring for another architecture.
  198: @c 
  199: @code{VPATH}をサポートしない@command{make}を使用する必要がある場合,ソー
  200: スコードディレクトリで,一度に一つのアーキテクチャに対してパッケージをコ
  201: ンパイルする必要があります.一つのアーキテクチャのパッケージをインストー
  202: ルした後,他のアーキテクチャに対して再コンフィグレーションするため,
  203: @samp{make distclean}を使用してください.
  204: 
  205: @node Installation Names
  206: @c @section Installation Names
  207: @section インストール名
  208: 
  209: @c By default, @samp{make install} will install the package's files in
  210: @c @file{/usr/local/bin}, @file{/usr/local/man}, etc.  You can specify an
  211: @c installation prefix other than @file{/usr/local} by giving
  212: @c @command{configure} the option @option{--prefix=@var{path}}.
  213: @c 
  214: デフォルトで,@samp{make install}はパッケージファイルを,
  215: @file{/usr/local/bin}や@file{/usr/local/man}等にインストールします.イン
  216: ストール先の接頭辞は,@option{--prefix=@var{path}}オプションを 
  217: @command{configure}に与えることで指定することが可能です.
  218: 
  219: @c You can specify separate installation prefixes for architecture-specific
  220: @c files and architecture-independent files.  If you give
  221: @c @command{configure} the option @option{--exec-prefix=@var{path}}, the
  222: @c package will use @var{path} as the prefix for installing programs and
  223: @c libraries.  Documentation and other data files will still use the
  224: @c regular prefix.
  225: @c 
  226: アーキテクチャ特有のファイルと,アーキテクチャ非依存のファイルを,別々の
  227: インストール先の接頭辞に分けて指定することが可能です.
  228: @command{configure}に@option{--exec-prefix=@var{path}}オプションを与えた
  229: 場合,パッケージはプログラムとライブラリをインストールする接頭辞として,
  230: @var{path}を使用します.ドキュメントと他のデータファイルは通常の接頭辞を
  231: 使用します.
  232: 
  233: @c In addition, if you use an unusual directory layout you can give options
  234: @c like @option{--bindir=@var{path}} to specify different values for
  235: @c particular kinds of files.  Run @samp{configure --help} for a list of
  236: @c the directories you can set and what kinds of files go in them.
  237: @c 
  238: さらに,一般的でないディレクトリへの配置を使用する場合,特定の種類のファ
  239: イルに対し異なる値で指定するように,@option{--bindir=@var{path}}のような
  240: オプションを与えることが可能です.設定可能なディレクトリリストと,そこに
  241: 置きたいファイルの種類のリストを見るために,@samp{configure --help}を実
  242: 行してください.
  243: 
  244: @c If the package supports it, you can cause programs to be installed with
  245: @c an extra prefix or suffix on their names by giving @command{configure}
  246: @c the option @option{--program-prefix=@var{PREFIX}} or
  247: @c @option{--program-suffix=@var{SUFFIX}}.
  248: @c 
  249: パッケージでサポートされている場合,@command{configure}にオプションの
  250: @option{--program-prefix=@var{PREFIX}}や
  251: @option{--program-suffix=@var{SUFFIX}}を与えることで,プログラムの名前に
  252: 余分な接頭辞や接尾子を付けてインストールすることが可能です.
  253: 
  254: @node Optional Features
  255: @c @section Optional Features
  256: @section オプションの機能
  257: 
  258: @c Some packages pay attention to @option{--enable-@var{feature}} options
  259: @c to @command{configure}, where @var{feature} indicates an optional part
  260: @c of the package.  They may also pay attention to
  261: @c @option{--with-@var{package}} options, where @var{package} is something
  262: @c like @samp{gnu-as} or @samp{x} (for the X Window System).  The
  263: @c @file{README} should mention any @option{--enable-} and @option{--with-}
  264: @c options that the package recognizes.
  265: @c 
  266: @command{configure}への@option{--enable-@var{feature}}オプションに注意を
  267: 払うパッケージもあり,そこでの@var{feature}はパッケージのオプションの部
  268: 分を示しています.@option{--with-@var{package}}オプションに注意を払うパッ
  269: ケージもあり,そこでの@var{package}は@samp{gnu-as}や@samp{x}(X Window
  270: System用)のようなものになります.@file{README}でパッケージが理解する
  271: @option{--enable-}と@option{--with-}オプションについて述べているでしょう.
  272: 
  273: @c For packages that use the X Window System, @command{configure} can
  274: @c usually find the X include and library files automatically, but if it
  275: @c doesn't, you can use the @command{configure} options
  276: @c @option{--x-includes=@var{dir}} and @option{--x-libraries=@var{dir}} to
  277: @c specify their locations.
  278: @c 
  279: X Window Systemを使用しているパッケージに対して,@command{configure}は通
  280: 常,Xのインクルードファイルやリンクファイルを自動的に見つけますが,そう
  281: でない場合は,@command{configure}オプションの
  282: @option{--x-includes=@var{dir}}と@option{--x-libraries=@var{dir}}を,そ
  283: の場所を指定するために使用することが可能です.
  284: 
  285: @node System Type
  286: @c @section Specifying the System Type
  287: @section システムタイプの指定
  288: 
  289: @c There may be some features @command{configure} cannot figure out
  290: @c automatically, but needs to determine by the type of machine the package
  291: @c will run on.  Usually, assuming the package is built to be run on the
  292: @c @emph{same} architectures, @command{configure} can figure that out, but
  293: @c if it prints a message saying it cannot guess the machine type, give it
  294: @c the @option{--build=@var{type}} option.  @var{type} can either be a
  295: @c short name for the system type, such as @samp{sun4}, or a canonical name
  296: @c which has the form:
  297: @c 
  298: @command{configure}が自動的に判定できない特徴もあるかもしれませんが,パッ
  299: ケージを実行するマシンのタイプで定義する必要があるものもあります.通常,
  300: パッケージは実行されるものと@emph{同じ}アーキテクチャでビルドされている
  301: と仮定され,@command{configure}はそれを判定することが可能ですが,マシン
  302: のタイプが分からない旨のメッセージを出力した場合,
  303: @option{--build=@var{type}}オプションで与えてください.@var{type}は,
  304: @samp{sun4}の様なシステムタイプの短い名前や,以下のような様式の標準的な
  305: 名前にすることが可能です.
  306: 
  307: @example
  308: @var{cpu}-@var{company}-@var{system}
  309: @end example
  310: 
  311: @noindent
  312: @c where @var{system} can have one of these forms:
  313: @c 
  314: @var{system}は,以下の形式の一つが可能です.
  315: 
  316: @example
  317: @var{os} @var{kernel}-@var{os}
  318: @end example
  319: 
  320: @c See the file @file{config.sub} for the possible values of each field.
  321: @c If @file{config.sub} isn't included in this package, then this package
  322: @c doesn't need to know the machine type.
  323: @c 
  324: それぞれのフィールドでの可能な値は,ファイル@file{config.sub}を参照して
  325: ください.@file{config.sub}がパッケージに含まれていない場合,パッケージ
  326: はマシンのタイプを知る必要がありません.
  327: 
  328: @c If you are @emph{building} compiler tools for cross-compiling, you
  329: @c should use the @option{--target=@var{type}} option to select the type of
  330: @c system they will produce code for.
  331: @c 
  332: クロスコンパイルに対するコンパイラツールを@emph{ビルドしている}場合,コー
  333: ドを生成しているシステムのタイプを選択するために,
  334: @option{--target=@var{type}}オプションを使用すべきです.
  335: 
  336: @c If you want to @emph{use} a cross compiler, that generates code for a
  337: @c platform different from the build platform, you should specify the
  338: @c @dfn{host} platform (i.e., that on which the generated programs will
  339: @c eventually be run) with @option{--host=@var{type}}.
  340: @c 
  341: プラットフォームに対して生成しているコードが,ビルドしているプラットフォー
  342: ムと異なるクロスコンパイラを@emph{使用}したい場合,@dfn{host}プラットフォー
  343: ム(すなわち,生成されるプログラムが実行されるプラットフォーム)を
  344: @option{--host=@var{type}}で指定すべきです.
  345: 
  346: @node Sharing Defaults
  347: @c @section Sharing Defaults
  348: @section デフォルトの共有
  349: 
  350: @c If you want to set default values for @command{configure} scripts to
  351: @c share, you can create a site shell script called @file{config.site} that
  352: @c gives default values for variables like @code{CC}, @code{cache_file},
  353: @c and @code{prefix}.  @command{configure} looks for
  354: @c @file{@var{prefix}/share/config.site} if it exists, then
  355: @c @file{@var{prefix}/etc/config.site} if it exists.  Or, you can set the
  356: @c @code{CONFIG_SITE} environment variable to the location of the site
  357: @c script.  A warning: not all @command{configure} scripts look for a site
  358: @c script.
  359: @c 
  360: @command{configure}スクリプトを共有するため,デフォルト値を設定したい場
  361: 合,@code{CC},@code{cache_file},そして@code{prefix}の様な変数のデフォ
  362: ルト値を与える,@file{config.site}と呼ばれるサイトシェルスクリプトを作成
  363: することが可能です.@command{configure}は,存在する場合は
  364: @file{@var{prefix}/share/config.site}を探し,その後で,存在する場合は
  365: @file{@var{prefix}/etc/config.site}を探します.また,@code{CONFIG_SITE} 
  366: 環境変数をサイトスクリプトのある場所に設定することも可能です.警告:全て
  367: の@command{configure}スクリプトがサイトスクリプトを探すわけではありませ
  368: ん.
  369: 
  370: @node Defining Variables
  371: @c @section Defining Variables
  372: @section 変数の定義
  373: 
  374: @c Variables not defined in a site shell script can be set in the
  375: @c environment passed to @command{configure}.  However, some packages may
  376: @c run configure again during the build, and the customized values of these
  377: @c variables may be lost.  In order to avoid this problem, you should set
  378: @c them in the @command{configure} command line, using @samp{VAR=value}.
  379: @c For example:
  380: @c 
  381: サイトのシェルスクリプトで定義されていない変数は,@command{configure}に
  382: 渡す環境変数で設定することが可能です.しかし,パッケージによってはビルド
  383: しているときに再び@command{configure}を実行し,カスタマイズされているこ
  384: れらの変数の値が消えてしまう可能性があります.この問題を避けるため,
  385: @samp{VAR=value}を使用して,それらを@command{configure}コマンドラインで
  386: 設定すべきです.例えば,以下のようにします.
  387: 
  388: @example
  389: ./configure CC=/usr/local2/bin/gcc
  390: @end example
  391: 
  392: @noindent
  393: @c will cause the specified gcc to be used as the C compiler (unless it is
  394: @c overridden in the site shell script).
  395: @c 
  396: これで,(サイトシェルスクリプトで優先されない限り)Cコンパイラとして
  397: @code{gcc}を指定します.
  398: 
  399: 
  400: @node configure Invocation
  401: @c @section @command{configure} Invocation
  402: @section @command{configure}の呼び出し
  403: 
  404: @c @command{configure} recognizes the following options to control how it
  405: @c operates.
  406: @c 
  407: @command{configure}は,処理方法を制御する以下のオプションを理解します.
  408: 
  409: @table @option
  410: @item --help
  411: @itemx -h
  412: @c Print a summary of the options to @command{configure}, and exit.
  413: @c 
  414: @command{configure}オプションの概要を出力して終了します.
  415: 
  416: @item --version
  417: @itemx -V
  418: @c Print the version of Autoconf used to generate the @command{configure}
  419: @c script, and exit.
  420: @c 
  421: @command{configure}スクリプトの生成に使用したAutoconfのバージョンを出力
  422: して終了します.
  423: 
  424: @item --cache-file=@var{file}
  425: @cindex Cache, enabling
  426: @c Enable the cache: use and save the results of the tests in @var{file},
  427: @c traditionally @file{config.cache}.  @var{file} defaults to
  428: @c @file{/dev/null} to disable caching.
  429: @c 
  430: キャッシュを可能にします.調査の結果を,通常は@file{config.cache}という
  431: @var{file}に保存し,使用します.キャッシュを利用不可能にするため,
  432: @var{file}はデフォルトで@file{/dev/null}です.
  433: 
  434: @item --config-cache
  435: @itemx -C
  436: @c Alias for @option{--cache-file=config.cache}.
  437: @c 
  438: @option{--cache-file=config.cache}の別名です.
  439: 
  440: @item --quiet
  441: @itemx --silent
  442: @itemx -q
  443: @c Do not print messages saying which checks are being made.  To suppress
  444: @c all normal output, redirect it to @file{/dev/null} (any error messages
  445: @c will still be shown).
  446: @c 
  447: 調査したり作成したりしているメッセージを出力しません.通常の出力も全て省
  448: 略するためには,(エラーメッセージは表示されますが)@file{/dev/null}にファ
  449: イルをリダイレクトしてください.
  450: 
  451: @item --srcdir=@var{dir}
  452: @c Look for the package's source code in directory @var{dir}.  Usually
  453: @c @command{configure} can determine that directory automatically.
  454: @c 
  455: ディレクトリ@var{dir}でパッケージのソースコードを探します.通常, 
  456: @command{configure}はディレクトリを自動的に決定することが可能です.
  457: @end table
  458: 
  459: @noindent
  460: @c @command{configure} also accepts some other, not widely useful, options.
  461: @c Run @samp{configure --help} for more details.
  462: @c 
  463: @command{configure}は,広範囲では役に立たないかもしれませんが,その他の
  464: オプションも受け入れます.詳細を知るために@samp{configure --help}を実行
  465: してください.

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>